私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RCカーグランプリ (1984)

該当番組画像募集


ラジコンカーという物は、ワタクシが子供だった昭和40年代から既に有りましたが、
ワタクシの如き非富裕層の小倅など、とても手にできる物ではありませんでした。
周りに一人二人いるスネ夫のような所有者を、いつも羨ましく眺めるのみ。
サンダーバード秘密基地も、変身サイボーグも、ローラースルーも、なんだってそうさ。
ラジコンカー以前には、出来合いのミニサーキットで腕を競う、
ミニレーシングカーが有りまして、ワタクシはサンタさんにお願いしました。
でもワタクシは良い子ではなかったので、サンタさんはプリッツ一箱しかくれませんでした。
ワタクシは良い子ではなかったかもしれない。
でも、あのスネ夫のような奴だけには毎年来ていたサンタさん。
ワタクシはサンタなんてロクな野郎じゃないと思いましたし、
神様とやら仰る御仁も同然と認識しました。

そんな個人のねじ曲がった根性はどうでも良いのですが(笑)、
ワタクシの幼少時の憧れ、レーシングカーも、母親の病気が一段落した
小学校高学年の頃に、自分が持っていたピンボールゲームと交換してくれる奴がいました。
どちらも飽きていたのでしょう。なかなか効率的な方法だったと思います。
ああ、憧れのレーシングカー。
しかし、いざ実際に手にした物は、きっとあまり良い品ではなかったのでしょう。
すぐに脱線したり、走り様も格好良い物ではなく、憧憬は砕けました。
そして、そんな時分に富裕層のお坊ちゃまがお遊びだった車の玩具は、
既にラジコンカーとなっていたのであります。
しかしワタクシは、その頃はもう玩具はさほど欲しい対象とはなっておらず、
レーシングカーに幻滅していたのも有りましたから、興味を持ちませんでした。
持ったところでどうせ手に入りませんし。
でも、大した物じゃないだろうと思っていたラジコンも、
昭和末期ともなると、かなりの出来映えとなっていたのでした。

そんな本物のカーレースさながらの迫力でラジコンカーを競い合わせたのが、
このRCカーグランプリ。RCというのはラジコンカーの略なのでしょうが、
わざわざ「アールシーカー」と読ませてました。
「星のマークでお馴染みの、田宮模型の提供でお送りします」と、
12チャンネル時代の小倉智昭が案内しておりました。
田宮模型と言えば、ワタクシが子供の頃からの憧れのプラモ会社。
しかし、少年マガジンに広告は出ていても、テレビCMなど記憶に無く、
そんな田宮がいつの間にか、12チャンネルとは言え冠番組まで持っていたなんて。
テレビ東京だから枠を持てたのか、それだけ田宮が大きくなっていたのかは知りませんが、
そのうち日ペンの美子ちゃんもテレビCMになるかもという時代の訪れを感じました。

番組としては、視聴者の、主に子供達がRCカーを競争させるという単純なもの。
条件はオンロードとオフロードの両方ありまして、好みでしょうけど、
やはりオフロードの起伏激しい道でのやり取りが見応え有りましたね。
いたずらに速度を出せば良いというものではなく、どちらかと言えば、
着実に進ませていく方が結果として早かったかと思います。
でも、なるべく速い記録も作りたいわけですけど。
この頃から、テレビ東京は子供心を鷲掴みにするような番組を量産。
スーパーカークイズだのファミっ子大作戦だの、そうした流れは平成の世も続き、
ポケモン、そして妖怪ウォッチに至るまで、子供世界の流行を発信し続けております。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
どうも始めまして
毎度楽しく読ませていただいて
います30半ばの人間です。

 さて「ラジコン」ですが、商標権の
問題だそうです。ピコピコハンマー
などの増田屋コーポレーションで
商標登録しているそうで、同業
他社の製品だとRCカー(タミヤ)や
R/Cカー(京商)と銘打って販売
しているそうです。

30半ばなので小学生低学年の
時分ですけど、日高のり子が
司会進行で出ていた記憶はあり
ます。もっとも自分が南ちゃんの
声優さんだとわかるのは、文化
放送のラジオ番組でしたけど。

長文失礼しました
2014/12/20(土) 06:40:20 | URL | ミドルサーティーマン
小倉のお兄さんの真骨頂
この番組といえば、何はなくとも小倉智昭氏の流れるように絶妙なRCカーレースの実況が最大の見所でした。
「世界まるごとHOWマッチ」の出題VTRのナレーションと並んで、小倉氏が現在の地位を獲得するきっかけを掴んだ番組の一つだと言っても過言ではありません。
正直司会者としてはあまりいい印象はないんですけど、ナレーターとしてはトップクラスにすごい人でした。
番組内では「小倉のお兄さん」と自称していたので、てっきりもっとお若い方と思っていましいたけど、結構な苦労人だったんですよね。

この番組はテレビ東京製作ですけど、田宮模型のお膝元の静岡県を初めとして、テレ東系列局のない地域でも結構ネットされていて、ほぼ全国ネットに近いくらい多くの地域で放送されていました。
田宮模型もかなり力を入れてやっていたんですね。

途中からミニ四駆ブームが到来して、次第に番組もミニ四駆に時間を割くようになり、RCカーは徐々にサブ的扱いになっていった記憶があります。
2014/12/23(火) 13:17:54 | URL | 通りすがり
● ミドルサーティーマンさん
はじめまして。
早く書き込んでくれないかなと、ずっと待ってましたよ(笑)。
ああー、なんか不自然だと思ったら、そういう事でしたか。
単なる略語が商標になってしまうのも、どうなんでしょう。
商標を取る方も取る方だし、認める方も本当にどうかしている。
日高のり子さんは、オンロードやオフロードの主題歌も歌ってましたね。


● 通りすがりさん
あ、田宮は静岡でしたか。
そうそう、ミニ四駆がね、かなりのブームでしたっけ。
2014/12/28(日) 08:35:00 | URL | ごいんきょ
日高のり子と小倉智昭
確かに日高さんは『タッチ』の浅倉南のイメージがお強いでしょうが、同時にこの番組のMCのイメージも有りましたからね~


ちなみに……


この番組の番組提供読みとナレーションをつとめていた小倉智昭さんは現在『情報プレゼンター・とくダネ』のメインキャスターをなさっていますからねえ!
2015/02/08(日) 22:32:49 | URL | 強竜再燃
小倉さんは元12チャンネルアナウンサーで、パソコンサンデー当時から好きでした。
2015/05/06(水) 11:03:40 | URL | ごいんきょ
別番組のイメージ強すぎて
永井範子(旧姓:伊東 営業名:日高のり子)笑福亭鶴光のオールナイトニッポンのがけっぷちトリオ後は野々村俊恵(今は禁句:坂上とし恵)浜田朱里こっちのイメージが強すぎる

(5/7 01:58投稿)
2015/05/15(金) 07:06:47 | URL | 名無しのおばん
のんこさんも、がけっぷちトリオで弄られてましたね。
2015/05/15(金) 07:13:55 | URL | ごいんきょ
イースト
小倉智昭さんは現在は大橋巨泉さんの番組制作をしていたイーストに所属していることを知っていましたか?
2015/07/01(水) 14:57:26 | URL | 強竜再燃・低空飛行
その辺は、巨泉さんの自伝に書いてありますね。
小倉さんが巨泉さんに相談したんだそうです。
イーストではなくて、巨泉さんの事務所ですね。
2015/07/01(水) 23:24:25 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ