私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ (1986)

該当番組画像募集


フジとTBSの土8戦争が、昭和40年代中頃から平成に至るまで、
バラエティ番組という枠組みに於いて繰り広げられ続けたんですよね。
まずはフジがコント55号の『世界は笑う』で先行したのを、
TBSがドリフターズの『全員集合』で大きく抜き去る。
それを今度は萩本欽一が単独で『ドンといってみよう!』にて追いつくも、
志村けんという新戦力加入で、TBSが再び大きく突き放す。
フジは一転、従来の笑いを崩すというゲリラ戦法で対抗し、
その『ひょうきん族』が、長年の宿敵である『全員集合』に引導を渡しました。

一時敗退したTBSは、かつてのフジが55号から萩本単独の番組にしたように、
ドリフターズの中から特に人気の、加藤茶と志村けんの二人を抜擢。
この二人の冠番組として、『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』を始めたのでした。
番組を大きく分けると前半と後半が有って、前半は二人が探偵となるコント。
特別出演の顔触れが、本格的な俳優も度々出演するなど、
こちらはドリフ伝統の作り込みコントであくまでも抗していたのでした。
そしてこの番組は、天の時、地の利、人の運、全てに恵まれて、
再びTBSに勝利をもたらし、『ひょうきん族』を終了に導いて、
見事に『全員集合』の仇を討ったのでありました。

地の利というのは、前時間帯の番組が『日本昔ばなし』『クイズダービー』であった事。
対してフジは、19時台の番組は、今一つ安定したものが育っていませんでした。
そして天の時というのが、ビデオ時代の到来。
作り込んだコントだけで構成していたなら、或いは飽きられていたかもしれませんが、
後半の素人ビデオ投稿と併存させた事が、番組構成の大きな勝因でしょう。
ビデオカメラ勃興期に差し掛かっており、自分の身の回りを映す素人が増え始めた頃で、
テレビと素人との親和性が、ここでも発揮された形となりました。
この種の素人ビデオ投稿ものの祖ともされておりますが、当時は個人宅で
ビデオ撮影機材を持っている家も少なかったので、局の方で貸し出したりしていたのですね。

ドリフ伝統の作り込みコントと、『ひょうきん族』をも上回る予期せぬ映像との組合せに
そもそも苦戦していたフジ『ひょうきん族』に、たけしのフライデー事件が生じます。
コント部分を盛り上げていた主役の一人が長期離脱という事になり、
対するこの番組には有利に働く人の運・不運が働いたのでした。
結局『ひょうきん族』を終了に追い込み、丸6年続いたこの番組も、
些かマンネリの嫌いが出てきたために『KATO&KENテレビバスターズ』と衣替えしましたが、
それも程なく終了となって、フジTBSバラエティ土8戦争の時代は終わったのでした。
しかし、「素人ビデオ投稿ものの祖」というこの番組のもう一つの顔は普遍性を持ち、
アメリカでその形式を採用した番組が、彼の国バラエティ最長寿となったとか。
それ故、この番組がビデオコーナーを始めた事は、日本以上に世界で評価されているようです。
更に、『だいじょうぶダァ』という言葉を生んだ番組でもあるのですよね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「私だ」
探偵コントの冒頭にボスから電話がかかってきて依頼が伝えられるという流れでしたね。いつも決まって「私だ」から始まる。
今みたいにスピーカーで電話の音声を聞けるみたいなシステムが普及する前でしたので、カトちゃんが受話器を取って志村が聴診器が先っぽに付いた受話器で依頼を聞くみたいなお決まりの流れがあったんですけど、こども心に「あんな受話器で音声聞けるのか!」って不思議に思ってまして(笑)。

個人的にはおもしろビデオコーナーってあんまり好きじゃなくて、その時間はひょうきん族とかに浮気してた記憶があります。
今もああいうほのぼの系の笑いがあまり好きじゃないですね。

番組最後のTVスロットマシーンのコーナーで観客の中から選ばれた挑戦者が大量の鍵の中から正しい鍵を探してプロペラ機の模型の羽が回ると海外旅行プレゼントというのもありました。
2015/01/12(月) 21:03:28 | URL | 通りすがり
んー。ギャグが子供には通じていないという(笑)。
でも、なんとなく可笑しさは伝わるんですよね。

ワタクシもビデオコーナーは、実は嫌いでした。
というのは、自分の子供を撮る親が増えてきて、
面白ビデオにするためか、危ない感じの映像が散見されて。
ほのぼのとは感じず、素人があざとくなっていく感じも嫌でした。

プレゼントは覚えてませんが、『だいじょうぶだぁ』に繋がる感じですね。
2015/01/18(日) 17:21:23 | URL | ごいんきょ
探しています
加トちゃんケンちゃんごきげんテレビの録画をお持ちの方はいませんか?いましたらrest_1castam_3@yahoo.co.jpまで連絡してください
2015/03/29(日) 14:55:59 | URL | 北橋
スイカ人間がトラウマでした。
2015/08/27(木) 09:54:56 | URL | すーぱーぺるる
スイカ人間、知らなかったのですが、画像で見ると確かに怖いですね(笑)。
志村さん、今でもやりますなあ、早食い(笑)。
志村魂でも、しっかり披露してました。
2015/08/28(金) 01:25:12 | URL | ごいんきょ
カトケンの探偵物語には名エピソードが多い
≻スイカ人間、知らなかったのですが、画像で見ると確かに怖いですね(笑)。

ほかにも蠅男もありましたね。

カトケンの探偵物語にはほかにも思い出深いエピソードが多く、潰れそうなラーメン屋を立て直すエピソード(鬼太郎ラーメンとか笑った)やクレームがついたストリップ劇場のエピソード(ビキニの女性ダンサーにどきっとした)やだいじょうぶだぁ教など、また観てみたいです。
2015/08/30(日) 09:40:18 | URL | すーぱーぺるる
蠅男の画像は見つけられませんでした。
見たいな(笑)。

カトケンもDVD化されてるようですし、そのうちCS放送とかにも出てくるでしょうね。
2015/09/09(水) 00:15:12 | URL | ごいんきょ
ほとんどビョーキ?
「でも彼女は、“切れ痔”だった」(加トケンこける)、
黒塗りベンツから何十人も出てくるその筋の人(笑)、
空き缶のポイ捨てが巡り巡ってビル倒壊…

どうも。これだけ言われれば「ああ、加トケンの『探偵物語』ね」とわかる者です(笑)。
全員集合の後番組ということもあるでしょうが、
スタントもお金かかってそうでしたねー。
2017/01/22(日) 23:55:25 | URL | くろねき
全員集合ほど語られませんが、視聴率も暫く良かったので、
この番組も記憶に残っている人は多いはずなんですよ。
2017/01/26(木) 21:53:51 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ