私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



BIG3 世紀のゴルフマッチ (1988)

該当番組画像募集


たけし、タモリ、さんま。
この三者を一括りに称して「BIG3」と呼んだ、最初の番組だったかと思います。
三人の中ではいち早く抜けた感じのビートたけし。
芸歴の長さはさんまにすら負けるものの、『笑っていいとも!』大成功で抜けたタモリ。
この両者に比べてやや年少で、軽い役割の明石家さんまは、この頃、
この両者の間を行ったり来たりする小判鮫、世渡り上手の罰当たりという売り方でした。
つまり、たけし・タモリが二大巨頭であって、その間でどちらに付くのか、
『ひょうきん族』と『いいとも!』、どっちを取るのかという弄られ方をしていたのです。
そうやって、二人の間に立って狼狽するさんまの姿が可笑しかった。

そんな弄り弄られが何度か有った後、この三者による新春ゴルフ企画が立ち上がったのです。
ここに於いて題名に『BIG3』と振られ、明石家さんまも名実共に両者と並んだのでした。
第一回では、まださんまも遠慮が有って、「僕なんか」みたいに言っていたと思います。
もちろん口だけで、既に二人より俺のがおもろいという自信は有ったでしょうが(笑)。
今年は『笑っていいとも!』終了の年でもありましたが、
その特番で、さんまタモリが実に久しぶりに雑談を再現した企画が有りました。
かつてその企画を毎週録画する程の楽しみにしていたワタクシは、
血湧き肉躍る思いで見ておりましたが、やはり、いきなりでは駄目ですね。

完全には呼吸が合うはずもないし、何より違うのは、既に明石家さんまは、
たけし・タモリをも超えるほどのお笑い巨人となっているという点。
あの頃だったらタモリの言う事に諂う感じで、それが卑屈な面白さになっていたのに、
一歩も引かぬどころか絶対に譲らないという感じで張り合ってしまい、
あの頃のような軽い笑いを実現できなくなっておりました。
物凄く面白い両者を共演させたら倍面白くなるかというと、
お互いが魅力を打ち消し合ってしまう場合の方が、お笑いでは多いですね。
いいとも最後でお笑い巨頭揃い踏みみたいな場面が有りましたが、あれが最たる例でした。

しかしこの当時は、さんまが一歩引いて、たけしタモリの接着剤役に徹していたので、
それなりに破綻せずに楽しめたのでした。
例えばタモリたけし二人だけが揃うと、いつもギクシャクした感じでしたが、
間にさんまが入ると、両者から上手く笑いを引き出していたものです。
また、両者もさんまを弄る事によって場を繋ぐ事が出来たのでした。
そんな役割に徹していたから、という訳では決してなく(笑)、
あくまで笑いを取りに行く事を最優先するという姿勢だったために、
明石家さんまはこの企画で、とうとう一度も優勝できませんでした。

たけしも何度か優勝してますが、殆どはタモリの優勝。
二人がともすれば笑いを取りにはしる中、タモリだけは何処吹く風で、
常に最善の戦術、打球を心掛ける。
ま、その姿と二人との対比がまた可笑しいというのは有りましたが。
そんな姿勢の差が最も顕著に表れたのが、「英語禁止ホール」。
ゴルフ用語の殆どは英語ですし、そうでなくても日常使う英語も多いのですが、
そのホールで英語を使うと一打罰となってしまう特別ルール。
たけしもさんまも、ここでいつも大きく減点されていたため、優勝できなかったのでした。

対してタモリは、ここでも独自路線を貫き通し、冷静に冷静に日本語のみを使う。
たまーに、つい英語が出たりしても、二人と比べると些細なものでした。
とにかく精密機械のようにゴルフに没頭していたタモリと、
その姿を揶揄しながら、お笑い優先でやっていく両者という構図でした。
あれから早四半世紀。
いまだにこの三者、BIG3で通りますもんね。
テレビの笑いが、作り事から本当に有る事へと変貌していった時期に、
ちょうど居合わせる事が出来たという事が大きいでしょう。

それはもう天運と呼ぶべきもので、その後に彼らを誰も抜けなかったのは、
単純な技術的な事とか、そうした次元の問題ではないと思います。
それでも、とうとうタモリに一区切りが付き、たけし・さんまも
引く事を意識し始めたりと、時代の変革期は近づいております。
三人とも一線を引いてからも、舞台などで共演を見せて欲しいですね。
それはこの当時からの、ワタクシの願望でした。
「寝たきり老人」ならぬ「動いたっきり老人」たちが、
いつまでも馬鹿な事を言い合って笑わせてくれる姿を見られるというのがね。



些かこじつけがましいですが、当ブログも当初の目標だった
十年千番組を無事に達成する事が出来ました事も有り、
これから、こちらの活動はやや引き気味となるかもしれません。
しかし、別の方法で新たな昭和テレビ大全集の活動を展開していく予定です。
新年に告知させて戴きますので、そちらの方も宜しくお願い致します。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
元日の名物番組
確かこの番組の前日譚的な出来事として、第1回のテレビ夢列島(敢えて27時間テレビではなくこの名称を使わせていただきます)にフライデー事件の責任をとって謹慎中だったビートたけしが登場し、タモリ・明石家さんまと鼎談を繰り広げるというのがあったと思います。
そして、その流れからBIG3ゴルフへと発展したのではないかと。

さんま以前にBIG3の一角として数えられていたという萩本欽一の低迷と休業があり、そこに上手くさんまが紛れ込んで今まで続く巨匠のポジションに入ったというのは、まさに彼の強運ぶりを物語ってますね(もちろんそれに見合う実力もありましたが)。
あの時はまだ東京再進出に必死でもがいていた笑福亭鶴瓶が未だに悔しがってるのも笑えます。
伝説のテレ東開チン事件が無くてもっと早く東京でもブレイクできていれば、確かに鶴瓶がBIG3に入っていてもおかしくはなかったでしょうしね。

あ、話が逸れたんで番組の話も。
英語禁止ホールや日本語禁止ホールでついうっかりしゃべりすぎてドツボにはまるさんまと、それに引きづられるたけし、そして我関せずのタモリ。もうそれだけでBIG3の性格や関係性が出てて、実に面白かった。
あとは、番組独自で作った変なクラブ(シャフトが曲がりやすい素材で作ってあるから全然ボールが飛ばない等)に四苦八苦する3人っていうのもありましたね。

そして、もうひとり忘れてはいけないのは逸見政孝氏。
彼の沈着冷静、時々悪ノリという独特の雰囲気があのBIG3とぶつかり合った時に予想以上の化学変化が起こったのが収穫でした。
個人的には逸見氏も含めたBIG4でいいんじゃないかと思ってます。
2015/01/01(木) 14:29:45 | URL | 通りすがり
そうです。
夢列島でたけしさんが久々に二人と絡んだんですよね。
ワタクシはアレ、丸々24時間録画しましたから(笑)。
あそこでゴルフの話が出たんでしたっけ?
また見返したくなったな(笑)。

欽ちゃんとBIG3との間には、やはり違いが有ると思います。
欽ちゃんは、テレビの作り事をぶち壊した張本人なんですよね。
だからテレビのお笑いを分析すると、「欽ちゃん前」「欽ちゃん後」と分けられて、
BIG3は欽ちゃん後の存在であるという学説をワタクシが提唱しています。
たった今(笑)。

鶴瓶さん、悔しがってるんですか(笑)。
たしかに、なんか大物色が無いですもんね(笑)。
でもそれはやはり、単独司会で大成功したバラエティ番組を持ってないからですよね。
でも、鶴瓶さんは今の位置が似合うと思います。

ああ、変なクラブで打ってましたねえ。
プロゴルファー猿かと思いましたが(笑)。

逸見さんが亡くなってから、かなりになりますね。
アクの強すぎる三者揃いでは、逸見さんのような無色の人が合ってますよね。
いいとも最終特番で大物が壇上に揃いすぎて、誰も収拾を付ける事が出来なくなってましたが、
そう言えば逸見さんがいたなら、あの場もなんとかなったかも。
2015/01/03(土) 09:09:06 | URL | ごいんきょ
『明石家さんま愛車破壊事件』の呪い
このBIG3のFNS特番の“事件簿”ですね、平成5年放送の『1億2450万人の平成教育テレビ』内で放送されていた『BIG3スペシャル』で明石家さんま愛車破壊事件を逸見政孝さん・ビートたけしさん・タモリさんの3人でしでかした事が有りますが、さんまさんの愛車を破壊したが故に“不幸”がこの3人に降りかかってしまったことは言うまでもありません。
逸見さん→さんまさんの愛車破壊事件のおよそ2ヶ月後、東京女子医大病院に入院して闘病生活に入るも110日後に力尽き病死
たけしさん→逸見さん死去の翌年の8月、バイク事故を起こし顔面麻痺になる
タモリさん→21世紀に入りプライベートでゴルフのラウンド中にゴルフボールが顔面直撃し、当時のレギュラー生放送『笑っていいとも!』を1週間休む
この3人の憂き目は破壊事件との因果関係は無いとは言い切れないでしょう!
2015/02/08(日) 00:54:47 | URL | 強竜再燃
でもあれ、さんまさんが車の鍵を渡したんですよ(笑)。
2015/02/08(日) 08:18:40 | URL | ごいんきょ
とはいえですね……
無いとは言い切れませんよ!


クルマの鍵を渡したばかりに逸見さん、たけしさん、タモさんの3人に“さんまさんの愛車の祟り”が有ったのは間違ってなくもないんですから!
2015/02/08(日) 21:54:58 | URL | 強竜再燃
逸見さんのような愛された方の死をネタにするのは不謹慎ですね。
2015/05/06(水) 10:52:36 | URL | ごいんきょ
不謹慎かなぁ
逸見さんの闘病をネタにしては居ませんよ。


しかし逸見さんの事ばかりクローズアップしていますが、ビートたけしさんのバイク事故といい、タモリさんのいいともアクシデント休養といい、さんまさんの愛車破壊事件の罰が当たったとしか考えられないんですよね……


しかも愛車破壊事件は2年続けて逸見さん、たけしさん、タモさんが仕組んだイタズラとしか言いようがありませんよ!

大竹しのぶさんがこの当時の映像を宮藤官九郎さんのラジオ番組にゲスト出演した際に、こともあろうか観せられた挙げ句、ニッポン放送の煙山アナウンサーの実況付きそっちのけで「ひど~い、許せな~い」とか言っていましたから、3人に罰を当てさせたのはしのぶさんなのではないかと推測出来ますよ!
2015/07/01(水) 11:32:16 | URL | 強竜再燃・低空飛行
あの、たけしさんは存命ですしお笑いの人だから構いませんが、
亡くなった人に冗談でも「罰」という言葉を使うのはやめてください。
2015/07/01(水) 23:21:12 | URL | ごいんきょ
コレは申し訳ない
ごいんきょさんも逸見さんのファンだったんですね。


ホントに申し訳ない
2015/07/02(木) 05:50:57 | URL | 強竜再燃・低空飛行
ファンという事もないのですが、
癌を公表する時の、絞り出すような無念さはよく覚えてますし、
おそらくそういう人は多いと思いますので。
或る程度、寿命を全うした人ならともかく、
あれだけ若くして亡くなってますので、
不特定多数を対象とした場で軽く扱うのは適さない気がします。
ファンというより、管理者としてのお願いですね。
たしかに個人としてもノレませんでしたけど。会見見てますので。
2015/07/02(木) 06:36:48 | URL | ごいんきょ
逸見さんの後継者は三宅アナウンサーかも
BIG3をコントロールして来た逸見政孝さんがあの様な形でこの世を去っていったのは僕もショックでしたが、この逸見さんがフジテレビから独立する前にフジテレビに入社した三宅正治アナウンサーには逸見さんと同じ様なオーラがありますので、いつかBIG3の番組が復活したら三宅さんが進行役をつとめるかも知れません。


三宅アナウンサーは新人の頃、逸見さんから新人教育を受けていたのが奏功し、現在に至る感じがするのです。
2015/07/05(日) 04:31:25 | URL | 強竜再燃・低空飛行
三宅アナ態度でかい。女子アナをいつも呼び捨てにして一体何様のつもりだ。不愉快千万!
2015/07/12(日) 17:19:46 | URL | (ハンドル未記入)
BIG3復活ねえ。
フジ24時間テレビとかでしょうか。
8時間交代で司会とか面白そうですが。

身内に敬称を付けないのは社会的常識ですね。
2015/07/18(土) 06:48:46 | URL | ごいんきょ
態度でかいという奴に告ぐ!
知らないとお思いでしょうが、逸見さんも三宅さんを教育していた当時、幸田シャーミンに対して態度がでかかったんですよ!


ウソじゃないよ!


タレントに転身し亡くなるまでの約6年、バラエティー番組で先輩タレントの山城さんに対してでかい態度をとってたんですから!


フジテレビの三宅アナウンサーは逸見さんと似たようなところがあるのはそこなんですよ(笑)


三宅アナウンサーを名指しで『態度がでかい』というのは疑問なんだよね(怒)
2015/07/20(月) 10:43:24 | URL | 強竜再燃・低空飛行
「奴」はいけませんね。
イエローカードです。
投稿者相手に喧嘩腰でコメントするのはやめてください。

態度がでかいと感じるのも不愉快と思うのも視聴者の感想の一つで、
表現が稚拙ではありますが、それだけでは規制対象とはしません。
場合によっては削除対象になりますが。
ですが投稿者相手の挑発発言は、規制対象となりますのでご留意下さい。
2015/07/20(月) 11:29:21 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ