私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



蜜の誘惑 (1978)

江口以蔵と申します。
只今、これまで誰も踏み込まなかった禁断の領域を侵すかの如き、
野心作を鋭意執筆中であります。
即ち、日本のエロテレビ史を解きほぐす作業。

各局の社史では、この手の番組は扱われて来なかったものが非常に多い。
局としては、できれば隠したい部分だから。
そして、様々な先人たちが著してきた星の数ほどのテレビ関連書物でも、
これら番組が一つの番種として総括された事は無かったでしょう。
個人としては、できれば隠したい部分だから。

ならば滅私の語り部たるワタクシが著さなければ、
あれほど一般男子の血湧かせ、肉躍らせたあれら番組たちが浮かばれないではないか。
そう思い立ち、既に昭和30年代の部分は概ね書き終わっております。
さすがに昭和30年代のエロ番組は非常に限られているので、まあ楽でした。
と言っても、テレビ史の新たな部分を掘り起こした自負はございます。

そして昭和40年代に入ると、やや躊躇う部分が生じました。
ワタクシが知っている番組だけの記述で良いのかと。
勿論、滅私の文化の語り部たるワタクシは、あまり趣味でもないとは言え、
いずれこういう日も来るであろうと、気がつく限りのエロ番組を見てきたつもりです。
が、しかし、如何せんテレビ番組の数は多すぎる。
ワタクシが気がつかなかったもの、気がついていても、家庭の事情や
時間的制約などにより、視聴できなかったものも数多いと思われます。

そこで、皆様のご協力を仰ぎたい。
果たして、どんなエロ番組がかつて有ったのかを。
平成の今ではとても考えられなくなった、昭和ならではの、あの風俗。
あなたの記憶だけで消し去ってしまうのは、あまりにも惜しい。
我々は同志です。誰もあなたを蔑んだりしない。

さあ、あなたも滅私の文化の語り部と成って下さい。
まずはご記憶の番組を、上部中央検索窓で調べてみて、
既に当ブログで扱っているものでしたら、そこのコメント欄に、
まだ当ブログで扱っていないものでしたら、ここのコメント欄に、
是非、その番組のご記憶を残して下さい。
いずれ、世界記憶遺産となるやもしれぬ、貴重なご記憶を。

さて、そのようなコメント掘り起こしを目的としまして、
今回より暫くの間、エロ番組特集と致します。
格調高い当ブログでは通常なら有り得ない話なのですが、これも滅私の決断です。
と言っても、滅私の文化ブログであるここでは、
既にかなりのエロ番組が扱われて来ておりますが、
なんとか、まだ扱っていない番組を探し探し、やってまいりたいと思います。



さて、その第一回目は、記事題のように『蜜の誘惑』です。
おそらく、ほとんど誰も知らない番組でありましょう。
それもそのはず、これは、TBSの昼ドラだったのです。
なに!? 昼の日中からエロ番組とな!?
と今ならそうなりますが、昭和50年代前半は、昼ドラの異常なる
性愛路線の盛り上がりが有った、唯一無二の時期なのです。
どうです。こんな事、今迄どんなテレビ本も書いてなかったでしょう。

その嚆矢となったのが、おそらく東海・フジテレビの『三日月情話』。
そちらに関しても、可能だったらいずれ扱いたいのですが、
かの実相寺昭雄がその異端ぶりを存分に発揮した、異様なドラマでした。
かの藤田弓子がオープニング映像から妖しい裸体を披露していた、
伝奇ドラマと申しましょうか。

以後、当ブログで最も読まれた記事であろう、日本テレビ『犯される』等、
各局で真っ昼間から、そのものズバリの女体が開陳され続けたのです。
ですが、昼ドラなどは特に、時間的にも量的にも、見ていない番組が多い。
他にどんな番組が、女体をブラウン管に照らしてきたのでしょう。
TBSでは13時から、『花王愛の劇場』をやっておりましたが、
勿論、天下の花王はそんな路線に手を染めなかったと思います。
軽い情感描写は日常茶飯事でしたでしょうが、生の女体は扱わなかったでしょう。

この『蜜の誘惑』は、その直後の13時半からの枠でした。制作はMBS毎日放送。
『三日月情話』が東海テレビ制作だったように、功を焦る地方局こそが、
この手の路線を邁進していたという面が有るのでしょう。
では、ワタクシは何故、そんな昼の番組を見られたのでしょう。
実は、事前に新聞記事でこの番組の事を知っていたのでした。

一般紙がそんな記事を扱う訳は無いので、スポーツ新聞だったのだろうと思います。
何故スポーツ新聞を読んだのかが思い出せないのですが、
当時はプロ野球や高校野球に半端でなくノメリ込んでいた時期でしたから、
たまに買ったりしてたんですかね。どうも記憶には無いのですが。
とにかくその記事は、昼のドラマでレズシーンが描写されるという事を報じたもの。
しかも写真も有って、完全なるヌード。

ヌードで女性同士の絡みが有るというのは、おそらくこれがテレビ史上初だったはず。
と言うか、レズシーンそのものが初だった可能性も高いです。
いかん。これは絶対に見ねば。心に固く誓いました。
テレビの神様のお計らいでしょう、ワタクシはその放送日、
中間テストというやつで、学校が早く終わる日だったのです。
心待ちにした日々、そして、その日。

ところが好事魔多し。
その頃の同級生とはよく麻雀をしていたのですが、その日も、
テストが終わったら午後は麻雀をやろうとなってしまったのでした。
中間テスト期間中なのに、麻雀。
うーん、全科目終わったからだったかな。覚えてませんが、
いずれにせよワタクシは、学校のテストで勉強なんかしたこと無いので同じ(笑)。

麻雀はいつもワタクシの家でしておりましたので、
そういうテレビも見ようと思えば見られる。
だが、どうしよう。できればコイツらの前では見たくない。
個人としては、できれば隠したい部分だから。
最初はテレビなどつけずに、何食わぬ顔で麻雀をしていたものの、
1時半になると、もう辛抱たまらず、当たり前のようにテレビをつけました。

♪ カラ… クル…
なんとも妖艶な、不思議な主題歌が流れる。
友人たちは、なに?なに見るの?と怪訝そうに気にする。
ワタクシは何も言わず、ただ麻雀を進めていたのであります。
やがて、核心の場面に。
画面の中で裸の女性二人が、静かに寄り添う。
片方は胸を正面から露出しているが、もう片方は彼女の背中にもたれる感じ

そう。
レズシーンと言っても、テレビではこれが限界でした。まして昼間では。
そうした映像を、やはり当時流行だったデビッド・ハミルトン調というか、
ソフト・フォーカスで、やや綺麗に、幻想的に映す映像でした。
ただ、お胸はきちんと映ってましたけどね。
記憶には無かったけど、どうも一人は高田美和だったらしい。
そう言えば、あまり豊かな胸ではなかった。
高田美和は、この頃、露出が増えていた時期ですね。

周りの連中はおーおー騒ぎ、ワタクシを好奇の目で眺めましたが、
ワタクシは事も無げに、まるで料理番組を見るかの如く、
普段と変わらぬ態度で通したのであります。
どうも谷崎潤一郎の卍を原作としているらしいのですが、
映画の卍は高瀬春菜が物凄いパイオツカーデーな体当たりの演技だったのに、
こちらの方は正直、期待が大きすぎて、なんだ、こんなもんかって感想でした。
そんな思いで再びテレビを消しに行くワタクシの股間に、
興味の視線を注いでいた I くん。
立ってないからー! いや、立って消しに行ったんだけど。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
堅物といわれた?MBSが
 思い切った路線に出ましたね~。
高橋信三さん(お色気路線をとても嫌っていたという経営者)がいなくなったから出来たのかな?
 小説を原作としているので文芸ドラマと解釈できると思います。たぶん。
 濃密な内容とハウス食品、北日本食品(ブルボン)というスポンサーのギャップがまた…。(地方局の社史掲載の番組表より出典)
 当時の1時台後半は東海テレビを筆頭に、MBS、CBCがそれぞれしのぎを削っていましたね。
 この作品の半年後には「幻の初夜」という作品を制作していましたが、そちらも気になるところです。

 
2015/09/12(土) 23:34:59 | URL | 北国の人
MBSって堅物なんですか?
TBSはどちらかと言えばそういう感じも有りましたけど、
それでも他局よりは少なめでも、やはり幾つかはエロ番組ありましたしね。

幻の初夜は、気がつかなかった。
気がついていたら見ていたのに。

核心画面ですが、本文での描写は、ビリティスかも(苦笑)。
この番組も映像処理していて、なんか綺麗な感じにしようとしていたのは同じなので、混同しました。
きっと影響を受けていると思います。

実際には、裸の二人が一緒に横になるところまでは映してましたね。
2015/09/13(日) 02:38:10 | URL | ごいんきょ
よみうり以外の在阪局は基本エロ嫌い
11PMを制作した読売テレビ以外の在阪局は基本エロ嫌いですな・・・・。
1970年代、TBSの深夜番組を早々に打ち切って、プロポーズ大作戦等の自主制作に切り替えた朝日放送といい、やはり23時ショーを早々に打ち切り映画枠(間もなく自主制作&再放送(東京12新作も含む))に切り替えた毎日放送といい、やや時代を下ってオールナイトフジのネットを拒絶し、エンドレスナイトを始めた関西テレビといい、何故かテレ東深夜番組の時差or遅れネットにこだわるテレビ大阪といい。
在阪局のそんな姿勢は必ずしも在京キー局に頼らずとも、自主制作で対応出来るだけの能力もスポンサーも人材も確保出来るという事情に依る(つうかスポンサードネットの形が少ない深夜番組のネットは、逆に自前でスポンサーを確保しにくいというデメリットの方が大きい)所も大きいと思いますね。
私なんかだと「トゥナイトとかが下品だからって、代わりが芸人集めて馬鹿騒ぎする番組(何故か観たくも無い芸人の裸を散々見せ付けられたり(笑))てんじゃなあ。」等と評していますけどね。

そんな在阪局の中でも、毎日放送は準教育局として開局し、教育・教養番組に熱心なイメージがあり、又23時ショーを早々にネット拒否したりとエロに走るNETとの対比が鮮明でしたから、お堅いイメージが付いたものと思われます。
2015/09/13(日) 14:55:46 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
これがアニメという風だと
毎日制作のマクロスシリーズは萌えがあるとしても基本エロくなくガンダムシードや進撃の巨人にしても演出がハードでも基本エロではない

でも食戟のソーマとなるとグルメ物なのに何故かエロい
2015/09/14(月) 22:45:49 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● TXさん
ああそうか。元々は教育局ですもんね。
でもNETは、わりと早めから、と言うか開局当初からエロ全開でしたが(笑)。
東映という映画会社が背後にいた事も大きいかもしれませんね、NETの場合は。

鶴光さんの、「ええか、ええのんか」のお陰で、エロ話と言えば関西弁という感じにワタクシの中では有りますが(笑)、
実際には関西の方が堅いんですかね。
11PMも関東の方が突っ走り気味だったような。
尤も、関西も『大人の子守唄』とか有りますけどね。


● ガッツさん
ああ。毎日制作のアニメだとという事ですね。
そう言えば、エロ系アニメも毎日放送は縁が無さそう。
キューティーハニーはNETだし、ふしぎなメルモは朝日放送だし。
2015/09/23(水) 20:13:42 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ