私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ミッドナイト・プロムナード (1960)

江口以蔵と申します。
只今、これまで誰も踏み込まなかった禁断の領域を侵すかの如き、
野心作を鋭意執筆中であります。
即ち、日本のエロテレビ史を解きほぐす作業。

各局の社史では、この手の番組は扱われて来なかったものが非常に多い。
局としては、できれば隠したい部分だから。
そして、様々な先人たちが著してきた星の数ほどのテレビ関連書物でも、
これら番組が一つの番種として総括された事は無かったでしょう。
個人としては、できれば隠したい部分だから。

ならば滅私の語り部たるワタクシが著さなければ、
あれほど一般男子の血湧かせ、肉躍らせたあれら番組たちが浮かばれないではないか。
そう思い立ち、既に昭和30年代の部分は概ね書き終わっております。
さすがに昭和30年代のエロ番組は非常に限られているので、まあ楽でした。
と言っても、テレビ史の新たな部分を掘り起こした自負はございます。

そして昭和40年代に入ると、やや躊躇う部分が生じました。
ワタクシが知っている番組だけの記述で良いのかと。
勿論、滅私の文化の語り部たるワタクシは、あまり趣味でもないとは言え、
いずれこういう日も来るであろうと、気がつく限りのエロ番組を見てきたつもりです。
が、しかし、如何せんテレビ番組の数は多すぎる。
ワタクシが気がつかなかったもの、気がついていても、家庭の事情や
時間的制約などにより、視聴できなかったものも数多いと思われます。

そこで、皆様のご協力を仰ぎたい。
果たして、どんなエロ番組がかつて有ったのかを。
平成の今ではとても考えられなくなった、昭和ならではの、あの風俗。
あなたの記憶だけで消し去ってしまうのは、あまりにも惜しい。
我々は同志です。誰もあなたを蔑んだりしない。

さあ、あなたも滅私の文化の語り部と成って下さい。
まずはご記憶の番組を、上部中央検索窓で調べてみて、
既に当ブログで扱っているものでしたら、そこのコメント欄に、
まだ当ブログで扱っていないものでしたら、ここのコメント欄に、
是非、その番組のご記憶を残して下さい。
いずれ、世界記憶遺産となるやもしれぬ、貴重なご記憶を。

さて、そのようなコメント掘り起こしを目的としまして、
暫くの間、エロ番組特集と致します。
格調高い当ブログでは通常なら有り得ない話なのですが、これも滅私の決断です。
と言っても、滅私の文化ブログであるここでは、
既にかなりのエロ番組が扱われて来ておりますが、
なんとか、まだ扱っていない番組を探し探し、やってまいりたいと思います。
今回は、昭和30年代の可愛いお色気番組の代表作である、これです。


そもそもは『エイト・ピーチェス・ショー』として始まりました。
昭和30年代特集で扱った『ピンク・ムード・ショー』の時に少しだけ触れました、
同じフジテレビで放送していた、レビューショー番組です。
こちらの方が先に始まり、当時の刺激が少なかった男性陣を楽しませ、
かなりの人気を博したがため、更に過激にしたピンク・ムード・ショーが生まれたのです。
しかし、そちらは、当時としての過激さが祟って監督官庁よりお目玉を食らい、
撤退する羽目となったのでした。

そんな中この番組は、上品な色気という事で、視聴者からも評判が良く、
勿論、評論家陣や官庁などからも叩かれた事は無いと思います。
エイト・ピーチェスというのはSKDの踊り子を集めたもので、
8つの桃という事なんでしょう。
彼女らが、歌の背後で踊りを披露するのですが、
その衣装や振り付けが、当時としてはなかなか刺激的だったわけです。
今じゃビキニの衣装なんて、中学男子でもなんとも思わないかも。

ピンク・ムード・ショーが終わった後も、品の有るお色気として生き残ったこの番組、
残ったパイを独り占めできたという事か、人気も上々だったようで、
更に踊り子を増やすというテコ入れが行われたのでした。
それが、ファイブ・フェザース。
少し名前が軽くなったように、エイト・ピーチェスよりはお色気抑え気味
てな感じの風評が多かったかと思いますが、それでも本人たちは、
お色気を盛り込んだ振り付けが嫌な感じだったといいます。

このファイブ・フェザースは、エイト・ピーチェスと交互に出演し、
彼女らが出演する際の番組題は、『ファイブ・フェザース・ショー』。
引き続き存続していた『エイト・ピーチェス・ショー』と隔週放送で、
総合的な枠名が必要になった感じで、『ミッドナイト・プロムナード』
という枠名が、新たに付けられたのでした。
元々『エイト・ピーチェス・ショー』でやっていた番組枠に、
新たに上位枠名が付加されるというのは、テレビ史的に珍しい例だと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
エアロビサイズ
本格的なおヌードの出る番組ではないのですが、その昔(1982年頃)TBSで『エアロビサイズ』なるミニ番組がありました。一応、当時流行り始めたエアロビクスを紹介する、いわば、スポーツ番組という括りなのでしょうが、外国人のお姉ちゃん達がかなり際どいハイレグレオタードを身につけていまして、しかもその妖艶な動きを、絶対狙ってるだろ、というカメラアングルで撮りまくっているのです。 当然、当初は深夜枠で放送していたのですが、 何をトチ狂ったのか、TBSは夕方に再放送をしだしたのです。小生はそのけしからん毛唐共を糾弾しようと、攘夷を叫ぶ幕末志士のような覚悟をもって、金髪女性の研究にいそしむべく、その5分間にチャンネルを合わせるのでした。
2015/05/27(水) 23:20:41 | URL | カースケ
うおー。ありがとうございます。
ですなあ。我々は志士です。
これまで誰もが避けていた番組評論を開拓するという。
昭和テレビの夜明けは近い。

有りましたねえ。
その後、『エアロビクス』となって、レコードにもなっているのです。
レコードは持っていたのですが、すっかり忘れておりました。
非常に助かりました。
それの前に、日本テレビで『ヨガでおはよう』なんてのをやっていたのも、ついでに思い出しました。
2015/05/27(水) 23:44:00 | URL | ごいんきょ
『レモンエンジェル』と『読切美人』
床に就こうかとベッドに潜り込んだら、思い出した『あっちの番組』がありました。
『レモンエンジェル』エロアニメビデオとしてヒットした『くりぃむレモン』のTV版として放送されました。確かフジテレビだったと思います。テレビとはいえ、そこそこ露出はあったようです。(小生、あまり見てなかったのです)現在も活躍中の声優、桜井智さんが、この番組のイメージキャラクターのアイドルグループ出身ですが、本人の中では恐らく黒歴史でしょう。
『読切美人』女性タレントが小説を朗読するだけのプログラムなのですが…番組前半はベストセラーや名作を読んでいたらしいのですが、小生全く覚えてません(笑)この番組の目玉は後半で、フランス書院などのアダルト小説を、AV女優等が朗読するのですが、彼女らはかなり短いミニスカートで椅子に座り、ときどき足を組み替えたりするわけです。こともあろうにその瞬間、画面は太もものアップに切り替わったりするというけしからん内容なのです。
2015/05/29(金) 01:19:41 | URL | カースケ
レモンエンジェル
関西では、全話を2回か3回に分けて一挙放送してました。自分が所有しているのはDVDですが、桜井智本人が実写で出演している「レモン白書」は、実写パートがカットされています(ちなみに本人たちは脱いでいません)。
BD化の機会があるなら、実写パートの収録をお願いしたいですね。
2015/05/29(金) 19:28:24 | URL | 関西人
● カースケさん
レモンエンジェルはいずれやりたいのですが、いろんな意味で面倒臭い題材なんですよねえ。
読切美人はすっかり記憶から抜けてました。
見た記憶は有りませんが、雑誌などで噂は知っていたような。
貴重な情報でした。


● 関西人さん
一挙放送ですか。
関西方面の方、他の地方の方にも、
地方局制作のエロ番組情報は特にお願いしたいところです。
2015/06/01(月) 07:14:12 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ