私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



23時ショー (1971)

江口以蔵と申します。
只今、これまで誰も踏み込まなかった禁断の領域を侵すかの如き、
野心作を鋭意執筆中であります。
即ち、日本のエロテレビ史を解きほぐす作業。

各局の社史では、この手の番組は扱われて来なかったものが非常に多い。
局としては、できれば隠したい部分だから。
そして、様々な先人たちが著してきた星の数ほどのテレビ関連書物でも、
これら番組が一つの番種として総括された事は無かったでしょう。
個人としては、できれば隠したい部分だから。

ならば滅私の語り部たるワタクシが著さなければ、
あれほど一般男子の血湧かせ、肉躍らせたあれら番組たちが浮かばれないではないか。
そう思い立ち、既に昭和30年代の部分は概ね書き終わっております。
さすがに昭和30年代のエロ番組は非常に限られているので、まあ楽でした。
と言っても、テレビ史の新たな部分を掘り起こした自負はございます。

そして昭和40年代に入ると、やや躊躇う部分が生じました。
ワタクシが知っている番組だけの記述で良いのかと。
勿論、滅私の文化の語り部たるワタクシは、あまり趣味でもないとは言え、
いずれこういう日も来るであろうと、気がつく限りのエロ番組を見てきたつもりです。
が、しかし、如何せんテレビ番組の数は多すぎる。
ワタクシが気がつかなかったもの、気がついていても、家庭の事情や
時間的制約などにより、視聴できなかったものも数多いと思われます。

そこで、皆様のご協力を仰ぎたい。
果たして、どんなエロ番組がかつて有ったのかを。
平成の今ではとても考えられなくなった、昭和ならではの、あの風俗。
あなたの記憶だけで消し去ってしまうのは、あまりにも惜しい。
我々は同志です。誰もあなたを蔑んだりしない。

さあ、あなたも滅私の文化の語り部と成って下さい。
まずはご記憶の番組を、上部中央検索窓で調べてみて、
既に当ブログで扱っているものでしたら、そこのコメント欄に、
まだ当ブログで扱っていないものでしたら、ここのコメント欄に、
是非、その番組のご記憶を残して下さい。
いずれ、世界記憶遺産となるやもしれぬ、貴重なご記憶を。

さて、そのようなコメント掘り起こしを目的としまして、
暫くの間、エロ番組特集と致します。
格調高い当ブログでは通常なら有り得ない話なのですが、これも滅私の決断です。
と言っても、滅私の文化ブログであるここでは、
既にかなりのエロ番組が扱われて来ておりますが、
なんとか、まだ扱っていない番組を探し探し、やってまいりたいと思います。
今回は、仮にも「教育テレビ」で羽を伸ばしていた深夜番組の、これです。


11PMが切り拓いた、大人の夜のお楽しみ番組。
フジテレビがテレビナイトショーで追随していた、そんな23時台。
選りに選って「教育テレビ」と銘打たれていたNETが、
その路線に割って入る事となるのです。
参入がやや遅れて昭和46年となったその理由は、
かの教育テレビ誕生の発端ともなった大宅壮一が亡くなり、
重い漬け物石が取れたような感覚となったのでしょう。

11PM以外のこの手の番組は、これまで殆ど資料では語られてこず、
しかも記憶している人も少なそうで、ネット上でもそれほど話題となりません。
しかし、ようやく23時ショーを語った関係者の本を見つけました。
作家・片岡直彦共著の、「くたばれTVがんばれTV」です。
23時ショーというのは二期ありまして、局名がテレビ朝日となってからのものと、
NET時代のものですが、この片岡は勿論、最初の参加者であります。

当初の司会者は、月曜:北山修・加賀まり子、火曜:高島忠夫沢たまき、
水曜:草笛光子・愛川欽也、木曜:悠木千帆・ケーシー高峰、金曜:神津善行。
なかなか面白い人選ですが、ワタクシ、なんか神津善行は覚えてるなあ。
たまたまチャンネルを替える時に目にしたのかもしれない。

片岡が書き残している忘れじの企画としてましては、
まずは深夜のバレーボール大会。
銀座ホステスと、オカマ軍団とを試合させたというのですね。
なおかつ、東京五輪での東洋の魔女も二人参加したというのです。
参加を口説いたのは、サインはVの作家でもあった片岡でした。

次に、ミス・ブス・コンテスト。
これ、今だと実現は難しいかもしれませんね。
大体、ミスコンテストですらワタクシはあまり好きではないのですが。
企画が出た時には、片岡も、参加者がいるのか?と訝しんだようですが、
案ずるよりで、40通も来たというのですね。
しかも、視聴率も上がったというのです。
たしかに、妙な興味はそそられます。

更に、逃げられ亭主コンテスト。
当時から女房に不倫で逃げられる男が結構いたというのも意外ですが、
それを大衆に向けて堂々と発表できる男が何人もいたというのが。
こんな具合に、コンテスト企画は週一やっていたようですね。
では、肝心のエロ企画はどうだったのでしょう。

これに関しては片岡の記述からはわかりませんでしたが、
当時のテレビ欄を見るに、アニマルセックスだのの回が有って、
なんだか12チャンネル臭がプンプン漂う番組だなと(笑)。
他にも、軽い感じのエロっぽい副題は散見されますが、
どうも、第一期はそれほど過激ではなかった感じです。
一応は、まだ教育テレビの名前だけは残ってましたしね。

ただ、ワタクシの記憶では、昭和48年だと思うのですが、
母親の友人が泊まりに来ていた時、みんなで一緒にコタツに入っていて、
テレビも見るともなしに見ていた時に、
いきなり、ビキニだかの女性が暗幕の前に現れ、露払いを務めたのです。
彼女が引っ込むとケーシー高峰らが現れ、普通の感じで番組となりました。

いきなりのビキニ女性による妖しい雰囲気に、一座は沈黙(笑)。
母親が腰を上げてチャンネルを替え、苦笑いしながら、
「こんな時間になると変な番組やってるねー」と言い、
その場は和やかに収まったのでした(笑)。
ワタクシが23時ショーで記憶している場面は、これだけです。

第二期も、まだ見る事が叶わなかったのですが、テレビ欄で見る限り、
第一期に比べると格段に過激な副題が、連日並んでおります。
既に社名もテレビ朝日となり、「教育」とは完全に縁が切れたので、
往時に出来なかった鬱憤を晴らすべく、わざわざ同題で復活させたのでしょうか。
都合、二期に渡って放送されただけに、関東10チャンネルのこの手の番組は数有れど、
『23時ショー』こそが、多くに記憶される番組名となっているのであります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
まさか23時ショー(第1期)の映像が観る事が出来るとは
まさかこの番組の映像を観る事が出来るとは、いやはや・・・・・・・。
それで最大の収穫は、この番組のテーマ曲がプリティ・マミ名義の麻里圭子さんが歌(と言っても実は笑い声だけなんですが(笑))のGirl Friendのインストバージョン?(OPにもハッキリと音楽 Girl Friendと出ていましたので確定でしょう。)なのが確認出来た事ですかね。

麻里圭子さん本人がブログで書き記している様に、彼女が23時ショーの初代カバーガールで、そのお礼代わりとして製作者側からプリティ・マミ名義でのGirl Friendのレコード吹き込みと、OP&EDテーマとしての使用と相成った(つうかどうやらインストのテーマ曲が先にあって、それに麻里さんが笑い声を入れたって感じの仕上がり
ですが)ものと思われます・・・・・・・・・、
ひょっとしたら、それで水着でポーズをとるカバーガールとしてのギャラの一部としたのかも(笑)。

私が幼少のころから(笑)、この番組を見た周りの人から「イレブンよりもエロかった」等という話を聞かされていましたけど、後のトゥナイト木曜の山本監督コーナーの様な過激さというよりも番組全体に漂う(何処か「プレイガール」に相通じる)妖しさや淫靡さがそんな印象を抱かせたのかも知れませんね。
同じ題材を扱ってもイレブンをカラッと乾いた陽性とすれば、23時ショーはジトッと湿った陰性って感じで。
2015/08/27(木) 00:12:47 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
訂正
プティ・マミですね。失礼しました。
2015/08/27(木) 20:35:19 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
ワタクシが見たのは、きっと昭和48年ですから末期で、
だからOP曲は無かったように思いますね。
いきなりバニーガールっぽい女性が出て来て、軽くコメントして番組が始まっていたような。
2015/08/28(金) 01:21:11 | URL | ごいんきょ
開始初期のメイン司会者のうち、筒井・北山・藤岡の3人はどうも最初から3ヶ月ないし半年の限定で番組への出演を引き受けたようで、すぐに筒井は神津善行に、北山は愛川欽也に、藤岡は高島忠夫にそれぞれ交代、この3人は番組の終了時まで司会を続けたみたいですね。
愛川さんは北山さんの紹介(おそらくTBSの「パックインミュージック」のパーソナリティー同士という間柄で親しくしていたものと思われる)で司会に起用されたそうです。

北山さん→愛川さんに交替した詳しい顛末は当時番組スタッフだった方が書いているブログで愛川さんの追悼記事として「23時ショー」の思い出を語っている記事が見つかったのででぜひ一読してみてください。
ttp://blog-yokohama.com/
2015/10/08(木) 19:46:01 | URL | (ハンドル未記入)
ほー。
ワタクシがこの記事を書く正に直前の時期に、たまたまそんな記事が書かれていたなんて面白いです。
皆さん、どんどんなんでも書き残して、記憶を共有させて欲しいです。
2015/10/11(日) 05:40:10 | URL | ごいんきょ
筒井康隆
 タイトルは覚えていても番組を見た記憶はあまりないんですが、ウィキで見たら司会者の面々を深夜枠に見ていたことを思い出したので、時々見ていたのかもしれません。
 最初の半年間、火曜日は筒井康隆司会だったらしいですね。筒井康隆の本に、23時ショーで歌手の名前を他の歌手と間違えてしまい、あとでその歌手からいやがらせを受けたと書いてありました。いったい誰の名前を間違えたんでしょう。本人には重大な事件だったとしても、四十五年も前ですし、皆もう忘れているようなことかもしれませんが。
2016/06/08(水) 16:03:13 | URL | あぶもんもん
なんだか名前を聞きたくなりますよね。
それだけ怒るわけだから、誰でも知っている名前なんでしょうし。
2016/07/04(月) 06:56:01 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ