私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ズバリ当てましょう! (1961)

ズバリ!当てましょう(1961)
ナショナル~ ナショナル~ プライスクイズ~
  バーリバリ ズバリと~あてましょう~


松下電器と言えば泉大助。東芝と言えば押坂忍。
この名が即座に連想されなければ昭和テレビマニアとは言えません(笑)。
どちらも提供番組のスポンサーコールから間のCMまで一手に引き受け、
『専属タレント』として一時代を風靡しました。
そして、両社が提供するバラエティ番組は、当然のように彼らが司会しました。
高度成長期庶民の物欲を煽り立てた、この『ズバリ!当てましょう』は、
プライスクイズの名の通り、品物の値段を当てるだけという非常に単純な企画でした。
解答者も一般人。華やかさの欠片もありませんが、当時はまだ日本も貧しく、
ちょこっと出演するだけで膨大な商品や破格の金銭、海外旅行を獲得できれば、
それだけで一定の集客効果が有ったのであります。

で、この番組は何がウリだったかと言えば、なんと言ってもズバリ賞でした。
出題された品物の値段を完璧に当てると、もらえる商品はなんと!
ナショナル電化製品一式!という、夢のような待遇が待っていたのです。
後方にそびえるカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機のような大物から、
前方に並ぶトースター、ミキサー、掃除機といった小物まで一揃いが、
光り輝くように毎週毎週冒頭で紹介され、庶民の購買欲を刺激しました(笑)。
当然めったに出るものではないのですが、たま~に出るんですよね。
「ズバリ賞の方がいらっしゃいます!」と泉大助が興奮の面もちで叫ぶや、
見ているこちらもワクワクハラハラ。
ま、出演している方はもっとでしょう(笑)。
で、ズバリ賞が発表されるや、冒頭で紹介された電化製品一式が、
またまた光り輝くようにジャーンと登場して、なめ回すようにカメラが映し出す。
テレビ一台、冷蔵庫ひとつだけでも、当時としては垂涎の賞品ですよ。
それが、ジャジャーンとまるまる一式映し出され、
ドカーンとよその一般人が持っていってしまう。
なんで、初期のテレビはこうまで貧乏人を羨ましがらせたのだろう(苦笑)。

そんなズバリ賞は滅多に出ないので、通常は一番近い人が正解者となります。
しかし、たとえ1円でもオーバーすると駄目という、変なルールでした。
正解が1000円だとして、極端な話、1001円と答えると失格で、
1円と答えた方が近いことになってしまうのです。
で、正解を発表する時に「内輪で一番近い方は…」という言い方をしてました。
考え中には チンコンチンコン…というレジスターのような音が流れ、
ブーッとブザーが鳴るまでに解答の値段を打ち込むと、
前面パネルに1桁ずつめくり式の数字で表示される仕組みでした。
たまに芸能人大会もあって、カネやんが元気だったのが印象深いですね。
金田正一。
当時の野球選手では随一のタレント性で、いろんな番組に出てましたが、
この番組にも何回か出てたよなー。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
荷物運び
こんばんみー

ピンポンパン卒業後、
ゆきえたんは、この番組の司会になったんですよね!
でも、途中で、団進也さんと荷物運びにかわっちゃいました。
ゆきえファンとしてはかなり頭にきていました!
でも、石坂浩二さんと司会者として復活しました。
でも、この頃から、ゆきえさんは大人っぽい化粧と服装になって、あんまり嬉しくなかったです。

で、私の1番欲しかったトップ賞は、「ステーション」と言うラジカセでした。
2005/06/01(水) 16:37:17 | URL | きの字
酒井ゆきえ
こんばんもー。
って、これを書いている今は朝ですが。

ズバリ!当てましょうにゆきえさんが出ていたというのは意外です。
ワタクシは、末期は見てないんですよね。

石坂浩二さんが司会やってましたか。
なんでも鑑定団の前身ですね。(ちょっと違うか)
2005/06/02(木) 06:45:07 | URL | ごいんきょ
内輪で一番近い
という意味が分からなくて(幼かったため)、どの組が一番なのか計算も出来ずにいましたが、そのうちにだんだん分かるようになり、番組と共に成長していった感じです(笑)。
同点決勝になると、オーバーしても近いほうが良かったような・・
そのときの問題は意表をつくものがありました。例えばザルとか(笑)。
お正月には女優さん大会があり、振袖姿の女優さんがずらりと8人並び、とても華やかでした。
2007/01/27(土) 00:06:42 | URL | モデラート
意外と人気薄
やっと二人目ですか、この番組へのコメント。
けっこうポピュラーな番組だと思いましたがねー。

そうそう。同点決勝はそういうルールになりました。
余計に一問増えるんで、急に進行が慌ただしくなるんですよね(笑)。
キンコンキンコンの考え中の音も早回しになるし。

ザル覚えてますよ(笑)。
2007/01/27(土) 00:48:45 | URL | ごいんきょ
「当時」の小学生は・・・
1968年生まれの私からすると、小学生の頃には、タイムボカンシリーズが終わってチャンネルをそのままにしておいても、「ズバリ!当てましょう!」(既に当時スポンサーをコールしてない)という声が聞こえてくると「あ、まんが日本昔ばなしに変えなくちゃ」って思っちゃうんですよね。
 ということで、名前をよく聞くわりには内容を覚えてない番組なんですよ。
2007/01/27(土) 11:47:59 | URL | かじか
同点決勝
>余計に一問増えるんで、急に進行が慌ただしくなるんですよね(笑)。
(笑笑笑)ごいんきょさんのこの一行を読んで、スタジオの雰囲気がブワーッと甦りました。
いつも冷静な泉大助さんも早口になっていました(笑)。
2007/01/27(土) 14:58:47 | URL | モデラート
早回し進行
● かじかさん
この番組はその昔は夜の9時台に放送していて、
ワタクシはそちらの方が思い出深いんですけどね。
ライバル東芝の特ダネ登場も同様です。
1960年代までは、夜8~10時台でも30分番組が結構ありました。
7時に移ってからは、たしかに印象が薄くなってますね。


● モデラートさん
うん、ワタクシも自分で書いていて、
ああそうだったよなあと笑ってたんですけどね(笑)。
泉さんの早口がまざまざと記憶に甦りました(笑)。
2007/01/28(日) 06:32:13 | URL | ごいんきょ
ズバリ!産みましょう
ウチのお袋が好きだったんです、この番組。これを見てから寝ようとしてたら急に催して(?)、翌日早朝に産まれたのがボクちゃんです。
2007/06/04(月) 21:35:31 | URL | 石毛零号
私も7時派
私も7時からやっていた(いわゆる第2シリーズ)の印象が強いです。
リリーズがアシスタントで、番組の最後に
♪風邪をひいたら 大変~
という歌を歌っていたのをうっすらと覚えています。
ちなみに9時から放送されていた第1シリーズ時代は、日曜日の昼12時15分(もしくは11時30分から)に放送していた地域が多かったようです。北海道もご多分に漏れず、STVで日曜昼12時15分から放送していました。(第2シリーズはフジ系のUHBで土曜7時から放送)
2007/06/04(月) 23:13:58 | URL | 北国の人
● 石毛さん
はあ。自宅産って事なんでしょうか。昔は珍しくなかったようですが。


● 北国の人さん
はいはい。やってましたねー、リリーズ。
歌は覚えてませんけど、久々に思い出したんでエライ懐かしい。
2007/06/05(火) 04:49:11 | URL | ごいんきょ
キミは何曜生まれ?
>>ごいんきょさん
いやいや、「ズバリ」は21時からの放送でしたので、それから病院に運ばれ、翌朝に誕生しました。「ズバリ」のおかげで、自分が生まれたのは日曜日だったとすぐ分かります。

>>北国の人さん
第2シリーズの司会は泉大助、あかはゆき、ザ・リリーズでしたね。その歌は「恋に木枯し」ですね。ザ・リリーズの歌では、それが一番好きです。
2007/06/05(火) 21:53:14 | URL | 石毛零号
そんな急な話が昔は有ったんですね。
生まれた曜日はなかなかわからないですよね、普通(笑)。
2007/06/06(水) 05:30:34 | URL | ごいんきょ
オープニング
泉大助が司会の頃
ナショナル、ナショナル
プライスク~イズ
と、いうジングルありました。
新鮮味あふれるジングルだったのを
今も覚えています。 
2009/03/07(土) 01:59:29 | URL | 梅吉
この番組も先日のフジテレビ特番で流れましたが、
そこでこの稿でも触れているカネやんがズバリ賞を出していて驚きました。
2009/03/07(土) 07:11:05 | URL | ごいんきょ
泉大助
今もご健在のようだが
また、テレビに出てほしい。
ズバリ~復刻版の司会担当してほしい。 
ズバリ~はいまもオンエアしても
良いクイズ番組だと思う。
タレントばかり  
出さなければ、だが。
   
この時代のクイズ番組は
泉さんももちろんそうだが
クイズグランプリの小泉博さん
と、いい
タイムショックの田宮二郎さん
山口崇さんと、いい
アップダウンクイズの小池清さん
と、いい
桂三枝師匠と、いい
押坂忍さん、土居まさるさん
と、いい
百万円クイズハンターの柳生博さん
と、いい
現在も続いているアタック25の
児玉清さんと、いい   
どれも、皆 
明るくてほのぼのとした
毒っ気のない司会者のクイズ番組が
多かったから心地良く気分良く
彼らのクイズ番組を見ることが出来た。
いまはシンスケ、若手芸人
タレントばかりのクイズ番組が
多すぎてお茶濁している。
こういう時代だからこそ
視聴者参加型クイズ番組
作ってほしいのによ。
でも、難しいのかね。 
2009/05/03(日) 01:52:03 | URL | 梅吉
泉さんももう80を超えてらっしゃるようですし、出演はなかなか厳しいかもしれないですね。
素人参加番組も、このネット時代ではより難しくなってそうです。
著作権、肖像権なんかの絡みも有るんじゃないのかな。
2009/05/04(月) 01:08:03 | URL | ごいんきょ
トップ賞
>後方にそびえるカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機のような大物から、
前方に並ぶトースター、ミキサー、掃除機といった小物まで一揃いが、
光り輝くように毎週毎週冒頭で紹介され、庶民の購買欲を刺激しました(笑)。

このズバリ賞の紹介の後に、トップ賞の紹介があり、賞品はナショナルの電化製品1点(毎週違うもの)だったように思います。
ごいんきょさんの仰るように、ひとつでも羨ましいはずなのですが、ズバリ賞の後だったので、これだけ・・とちょっと気の抜けた感じがした記憶があります。
2010/06/03(木) 21:24:08 | URL | モデラート
家電品への憧れ
この時代って、ちょっとした新製品が出ても、大々的に宣伝してたんですね。

家電品への憧れが強かった時代を感じさせます。

今だったら、トップ賞は、3Dテレビ、ブルーレイレコーダー、ドラム式洗濯機、IHクッキングヒーターでしょうか(エコキュート、ソーラーシステムは、それだけで100万円を超えそうなのでアウト)。
2010/06/05(土) 11:08:55 | URL | 10000k
これにも出演しました。
>ごいんきょさん、最近更新やレスがありませんが、お元気でいらっしゃいますか?

小川宏ショーやベルトクイズQ&Qに「出演しました」とコメントさせて頂きましたが、このクイズも出演しています。「婚約者大会」でまさか出演できるとも思わず、出演交渉の電話を頂いてから婚約者である主人に話しました(笑)。昭和52年のことなので、司会は泉さん、アシスタントがどなただったのか、酒井さんだったような気もするのですが・・。

ゲストが婚約したての小川知子さんと林与一さん。
出題に関連して、その直前にホームラン記録を作った王さんの映像が流れました。

第1問目で、とても大きな鳥かごとそのなかにインコのつがいが入っていて、それを内輪で一番近いということでもらいました。確か10万円くらいのものです。とても新居には置けず、主人の実家が広いので、そこで飼ってもらいました。

その後の出題は、主人と私の意見が合わず(苦笑)、主人はトップ賞ねらいで、内輪、内輪、オーバーしないことを優先したいという意見で、
私は、それよりも、やはりできればズバリをねらいたいほうで、あの短い時間でもめてしまって、なんかペースが狂ってきて(苦笑)、何も取れず、トップ賞も駄目でした。
2010/07/02(金) 18:00:03 | URL | たかちゃん
「ズバリ当てましょう!」の第2期なら・・・・・。
「ズバリ当てましょう!」ですか・・・・・。「ズバリ当てましょう!」第1期はあまりよくは覚えていないですね。よく覚えているのは、「ズバリ当てましょう!」の第2期ですかね。「ズバリ当てましょう!」の第2期って、1975年10月にスタートしたのですよね??第2期スタート当時の司会が確か泉 大助さんと、あかは ゆきさんで、アシスタントがザ・リリーズでしたね。
2011/05/20(金) 18:58:37 | URL | マスダっち
● モデラートさん
そうですね。トップ賞はナショナル製品ひとつでした。
トップ賞でそれなのだから、ズバリ賞がいかに破格だったかですよね。


● 10000kさん
ですねえ。なにしろ、普通の家では湯沸かし器すら無かったでしたからね。
今ならもっといろんな物が並びそうですけど、
それでもあの頃の豪華絢爛感にはならない気がします。


● たかちゃんさん
なんだかご心配をお掛けしていたようで、申し訳ないです。
しかも、そんなコメントへの返信が今頃という(苦笑)。
ここは不定期に1年未満の休止が時たま有りますので、
気楽に眺めていて戴ければと思います。

いやあ、そんなにいろいろご出演とは素晴らしい。
きっと、テレビ映えするお姿なのではないでしょうか(笑)。
アシスタントは勿論、酒井ゆきえさんです。

あ。林与一さんと小川知子さんがカップルだったんでしたっけ。
それにしても、インコの問題、なんとなく記憶にありますねー(笑)。
当時の値段で十万円って、物凄い大きなインコのようですね(笑)。
あー、なるほど。出演者の苦悩がよく伺える、大変貴重なコメントでした(笑)。


● マスダっちさん
60年代には、夜9時代のクイズ番組も結構あったんです。
おそらく、高度成長期は定時に帰れる層が少なかったとかで、
団欒の番組をその時間帯にも用意していたのではないかと。
泉さんは第一期の方も一貫して司会でした。
あかはゆきさん、懐かしい名前ですね。
2011/05/20(金) 21:11:38 | URL | ごいんきょ
2007年6月4日の石毛零号さんのコメントで......
2007年6月4日の石毛零号さんのコメントで、石毛さんのお母たまは「ズバリ!当てましょう」がお好きだったとは!!放送の翌日に......石毛さんが誕生したのにはビックラこきましたな(^^;)
2017/01/11(水) 17:52:35 | URL | マスダっち1971
「ズバリ!産みましょう」って......(^^;)
「ズバリ!当てましょう」ならぬ「ズバリ!産みましょう」ですか......(^^;)
2017/01/11(水) 17:56:31 | URL | マスダっち1971
記憶があります。
今年もよろしくお願いいたします。 確か山梨では日曜の昼間にやってました。明るいナショナルの歌をバックに、ナショナル坊やが気球に乗って世界の国々を廻るオープニングでした。『ホノルル』という字幕を覚えています。そのあと4人の女性コーラスが、あのテーマソングを歌うお馴染みのシーンなんですが、下に字幕で『第回』と表示され、けっこう長いことやってるなあと思いました。『ズバリ賞』を2回取ったハゲ頭のオジサン(俳優?)もいた気がします(^^;)
2017/01/12(木) 20:16:17 | URL | bean。
● bean。さん
おや? 今回はお名前が和風ですね(笑)。
今年から心機一転でしょうか。
こちらこそよろしくお願い致します。

日曜昼ですか。あまり違和感無いですね、家族向けだし。
気球のOPも有った気がしますねえ、言われれば。

ズバリ賞を2回も取った人ですか。誰だろう。

2017/01/15(日) 13:11:06 | URL | ごいんきょ
ズバリ!当てましょう
前任の泉大助さん司会の頃はかすかな記憶しかありませんが、末期の石坂浩二さん&酒井ゆきえさん司会の頃は明らかに記憶があります。「ピンポンパンのおねえさんが出てる!」と思ったものでした。
問題の品物、当時の松下電器が寄贈した浅草寺の大提灯の現物が登場したのは記憶にあります。



2017/01/16(月) 23:01:04 | URL | TSUSHIMA
https://www.youtube.com/watch?v=UOhX1lva8x0

リリーズが可愛い。
別にファンじゃないけど。
荷物運びさせられて可哀そう。
2017/01/17(火) 15:51:15 | URL | ヤングマン
「ズバリ!当てましょう」じゃなくて、「ズバリ当てましょう!」が正しい。
2017/01/17(火) 18:54:08 | URL | (ハンドル未記入)
Re:これにも出演しました。

昭和52年でしたら、酒井ゆきえさんではありませんね。
なぜなら、当時はまだピンポンパンのおねえさんでしたから。
2017/01/20(金) 03:13:29 | URL | (ハンドル未記入)
● ヤングマンさん
その人のお父さん、よくぞこんなに遺してくれたなーと思いますよ。
本当は、放送ライブラリとかで保管して欲しいくらいなんですがねえ。
そうするとみんなが見られなくなるし。


● 未記入さん
かなり恒常的に書き込まれていますし、そろそろWebネームを固定して下さい。(以前と同じでも変えても良いです)
少し運営方針を変えますので、ご協力をお願い致します。

番組題に関しましては、確かにそうですね。
画面上のロゴだとどちらとも取れるのですが、一列表記ではそのようになっていました。
2017/01/22(日) 16:46:26 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ