私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

おとなの子守唄 (1983)

江口以蔵と申します。
只今、これまで誰も踏み込まなかった禁断の領域を侵すかの如き、
野心作を鋭意執筆中であります。
即ち、日本のエロテレビ史を解きほぐす作業。

各局の社史では、この手の番組は扱われて来なかったものが非常に多い。
局としては、できれば隠したい部分だから。
そして、様々な先人たちが著してきた星の数ほどのテレビ関連書物でも、
これら番組が一つの番種として総括された事は無かったでしょう。
個人としては、できれば隠したい部分だから。

ならば滅私の語り部たるワタクシが著さなければ、
あれほど一般男子の血湧かせ、肉躍らせたあれら番組たちが浮かばれないではないか。
そう思い立ち、既に昭和30年代の部分は概ね書き終わっております。
さすがに昭和30年代のエロ番組は非常に限られているので、まあ楽でした。
と言っても、テレビ史の新たな部分を掘り起こした自負はございます。

そして昭和40年代に入ると、やや躊躇う部分が生じました。
ワタクシが知っている番組だけの記述で良いのかと。
勿論、滅私の文化の語り部たるワタクシは、あまり趣味でもないとは言え、
いずれこういう日も来るであろうと、気がつく限りのエロ番組を見てきたつもりです。
が、しかし、如何せんテレビ番組の数は多すぎる。
ワタクシが気がつかなかったもの、気がついていても、家庭の事情や
時間的制約などにより、視聴できなかったものも数多いと思われます。

そこで、皆様のご協力を仰ぎたい。
果たして、どんなエロ番組がかつて有ったのかを。
平成の今ではとても考えられなくなった、昭和ならではの、あの風俗。
あなたの記憶だけで消し去ってしまうのは、あまりにも惜しい。
我々は同志です。誰もあなたを蔑んだりしない。

さあ、あなたも滅私の文化の語り部と成って下さい。
まずはご記憶の番組を、上部中央検索窓で調べてみて、
既に当ブログで扱っているものでしたら、そこのコメント欄に、
まだ当ブログで扱っていないものでしたら、ここのコメント欄に、
是非、その番組のご記憶を残して下さい。
いずれ、世界記憶遺産となるやもしれぬ、貴重なご記憶を。

さて、そのようなコメント掘り起こしを目的としまして、
暫くの間、エロ番組特集と致します。
格調高い当ブログでは通常なら有り得ない話なのですが、これも滅私の決断です。
と言っても、滅私の文化ブログであるここでは、
既にかなりのエロ番組が扱われて来ておりますが、
なんとか、まだ扱っていない番組を探し探し、やってまいりたいと思います。
今回は、関西ローカルでの代表的エロ番組と言える、これです。




検索してみて驚いたのですが、2000年代に復活していたのですね。
そんな馬鹿なと思いましたが、動画を見て少しだけ納得。
そりゃ、昭和時代のままでは流せません。
そんでも、2000年代としては少し見慣れない感じでした。
もう少し的確に表現すると、アナクロな感じ(笑)。

あの手の番組は、昭和末期で絶滅という事でいいのではないかな。
どうせあの当時のようには出来ないし、また、やる必要無いし、
やってはいけないと思いますしね。
あれはあの時代だけテレビに咲いた徒花だったという事で、
その頃を過ごした人間の記憶の中でひっそり寄り添っていれば良いのではと。

では、その昭和おとなの子守唄はどんな番組だったか。
実はワタクシ、恒常的な視聴はしておりませんでした。
この手の番組は滅私の気持ちで、研究目的で残らず見ていたワタクシにして、
何故そのような事だったのか忘れておりましたが、
これまた調べてみたら、土曜0時からの放送だったのだと。

その当時の関東土曜深夜って、テレビ史上で最も過激な放送が、
そちこちのテレビ局で目白押しだった時分ですからねえ。
たしかに何度か見たのですが、UHFのため、かなり映りが悪かったので、
関東他局でもその手の番組に不自由しないとあっては、
わざわざ雨降り画面を長時間眺めている気にはならなかったものでした。

で、ワタクシ、あまりに映りが悪かった記憶なので、
千葉テレビだとばかりおもっておりましたが、
ウィキペディアを見ると、関東での放送はTVKだけだったと有るなあ。
うーん。うち、TVKはよく映ったんだけどねえ。
千葉テレビでやってなかったかなあ。

ま、その後に怒濤の如く流れ込んでくる、関東局のエロ場面の数々を前に、
こんな所で油を売っていてはいけないという意識だったのかもしれません。
なにしろ覚えている限りでは、サタデーナイトショーやオールナイトフジといった、
関東側先行番組の、そのまま焼き直しのようなものでしたっけ。
それと、鶴光の司会が関東人のワタクシには今一つだったというか。

オールナイトニッポンサンデースペシャルを血肉のように育ったワタクシが、
何故そのような感覚となったのかと言えば、この理由はハッキリしております。
先行サタデーナイトショーの司会・明石家さんまが、関西人司会者でありながら、
そのお洒落な感覚と若さで、非常にナイトショーの司会に打って付けだったのですね。
そちらを血肉のように摂取していた当時のワタクシにすれば、
鶴光の司会はなんやどんくさい感じに映りましたんや。

んまあ、テレビ史上最大の怪物の登り調子と比べられたんじゃ、
鶴光師匠も分が悪くて当然でしょうが、番組そのものも、なんか物真似臭プンプンでね。
それかた裸の見せ方が、そのまんまというか、工夫が無かった気が。
たしかこの番組でも、サタデーナイトショーそのまんまに、
AVだかピンク映画だかの一部を流して、出演者を呼んでいた気が。
で、鶴光が、あのえげつない声で…

いや、この番組では、実は大人しい感じで喋ってたんですよね、司会なりに。
でもオールナイトニッポンの印象があまりに強いものだから、
あのダミ声を聞くだけで、なんだかえげつない感じに(苦笑)。
その後、またニッポン放送に夕方で帰って来た時には、
あー、サンスペが帰って来たと嬉しくなったのに。
あの顔も関係しているのだろうか(笑)。

見た回数や時間が少ないので、あまり具体的には覚えておらず、
鶴光がやたら、らしくない喋りでゲストと話していたのと、
おっぱいとかの見せ方が、そのまんま露出って感じで、面白味が無かった、
そんなような印象が残っている番組であります。
実際にきちんと見ていた方に、補完して戴きたく思います。

ただ、このブログで知った意外な事実として、
実は関東人の方がテレビ番組は助平だったというのが有ります。
関東ローカルのエロ番組は枚挙に暇が有りませんが、
関西ローカル番組でエロ番組と言えるのって、これくらいしか思い当たりません。
どうして関西の方がエロの本場って感覚になっているかと言えば、
他ならぬ、かの鶴光がサンスペで、「ええか? ええか?」などを流行らせ、
関西弁=ど助平という印象を定着させてしまったというのが有ると思うんですよね。
ま、ワタクシの中だけでなんでしょうけど(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
猿真似も何も
猿真似も何も、そもそもこの番組は「独占!男の時間」以来、長らく東京12チャンネルの土曜深夜番組をネット受けしていたサンテレビが、テレビ大阪開局でネット出来なくなったのを受けて、代わりに自主制作したって手合いの番組(恐らくネットしていた東京12チャンネル土曜深夜番組のローカルスポンサーに付いていた筋(つまりは「ファッション」ホテルやお水関係等ですね)からの要望があったものと思われる)ですので、サンテレビの制作能力からしてもサタデーナイトショーとかの二番煎じ的になるのは致し方ないかと(笑)。

毎日放送がTBS系列となって以降、東京12チャンネル系列局の様な番組編成となったサンテレビ並びにKBS近畿放送(後に京都放送)の両局ですけど、スポンサードネットの形態なのは極少なく、その殆どが独自に地場企業等のローカルスポンサーを付けてネットする番販ネットでしたので、テレビ東京との関係がほぼ切れた後も、スポンサーを繋ぎ止める為に類似番組を自主制作する必要に迫られたという訳ですね。
2015/10/04(日) 20:27:30 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
猿真似とは言ってないなあ。
物真似臭とは言ってますが(笑)。
司会をお笑い要素の強い落語家にしているのも含め(笑)。
2015/10/05(月) 02:37:01 | URL | ごいんきょ
エロと言えば
鶴光先生の美女診断懐かしい。
2015/10/05(月) 13:04:31 | URL | 僅僅
ご覧でしたか。
ぜひ詳しい番組内容を教えて頂きたいですね。
2015/10/11(日) 03:45:12 | URL | ごいんきょ
おとなの子守唄でなくてすいません
どうもご無沙汰です、RCカーグランプリの時にコメント
させていただいたものです。

自分は83年だとまだまだ11PMのうさぎちゃん(笑)すら理解できぬ年頃
だったので、90年代にこの番組の後継にあたる「おとなのえほん」
という番組をみていました、まぁ中学生くらいでしたエエ(遠い目)
その頃は父が千葉勤務でしたので千葉テレビで見てました
場合によってはテレビ埼玉やTVKの電波入ったので見れました。
年末年始の番組編成によっては「おとなのえほん」の同じ回なのに
千葉→TVKではしごして2時間見ていた記憶もあります。

ちょっと長くなったので一旦投稿します
2015/10/17(土) 19:44:57 | URL | ミドルサーティーマン
おとなのえほん
続きです
自分が見始めたのは鶴光さんの弟弟子・鶴志さんと
桂文福さんが司会、んで人気AV女優の浅倉舞さんが
アシスタントをしていた時期でした。

ただそれよりも残り10分くらいにやる2本流すAV紹介
コーナーが楽しみで、そこまで両親にばれぬように
息をひそめながら見てたのも青春の思い出です(爆)
いまも現存するhmpさんというメーカーの作品のみの
紹介だったのでソフト系が多かったですが、キレイな
お姉さんのパイオツが見れただけでも幸せでした

でもなんで中学生(笑)がAVメーカーを知っているのか?
実は級友の親父さんがレンタルビデオ屋を経営していて
そこで洋画の合間に流していたんですねAV宣伝。
親父さん→級友から教えてもらいました、今なら著作権
侵害モノの「おとなのえほん」録画したものでこういう
メーカーだと。見たことあると当然言いませんでしたけど

とまぁいろいろな思い出があるので、深夜のエロテレビと
いえば自分は「おとなのえほん」になりますね。
同じ頃合いに当時の12チャン、あとテレビ埼玉制作の
エロテレビがあると思いますがおそらく触れるだろうと
踏んでいますのでここでは触れずに待機してます。ではでは
2015/10/17(土) 20:20:53 | URL | ミドルサーティーマン
● ミドルサーティーマンさん
ああ~、おとなのえほんってのも有ったか。
そちらを千葉テレビで見たのかな。
出演陣には見覚えが無いのですが、チラッと見て映りが悪くて諦めたのかも。

うーん、番組内容なんかかあして、やはりそちらを見たのかなあ。

いやいや。ぜひ題名だけでも書いて下さいよ。
けっこうど忘れしているものも多いので、情報が欲しくてワザワザこんな事してるのですから(笑)。
2015/10/18(日) 13:57:49 | URL | ごいんきょ
ガナルカナル・タカ司会
テレ玉製作の方はガナルカナル・タカ司会のあの番組ですね(笑)。
只、既に東京に住んでいましたが、電波状態が悪く観る事は適いませんでしたけど。
2015/10/18(日) 22:39:21 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
序でに関西に於けるエロの取り扱いについて考察
関西の場合、腸捻転解消以前は「MBSがネットを断ったNET・東京12チャンネル番組」、解消以降は「東京12チャンネル番組並びに若干のABCがネットを断ったNETテレ朝番組」をサンテレビやKBSが代わってネットを受けていた経緯から、何時しか「エロ番組=サンテレビ・KBSといったローカルUHF局が流す番組」という暗黙の認識が確立していた様に感じられ、準キー局たる在阪VHF局が安直なエロ番組を手掛けるのは局の沽券に関わるという感覚を(11PM制作に関わっていた読売テレビも含め)各在阪局が共有していた様に思います。
只、落語等の演芸由来の艶話については民俗文化に繋がるとして大らかな扱いで、その辺が夫婦でおノロケ話を披露したりする夫婦番組の隆盛に繋がったかと思います。
2015/10/18(日) 23:06:57 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
レスありがとうございます
レスポンスありがとうございます、いやはや番組名書き込んでよろしいのなら(笑)

テレ東は90年代「エロテレビの金字塔」(爆)といっても過言ではない、言わずと知れた
「ギルガメッシュないと」ですね。これはこれで自分は思い出がありますけど、絶対に
コチラで取り扱うでしょうからタイトルだけ。

テレビ埼玉はTXの無いテレビなんて・・・ さんの書き込み通りです
無いと思っていましたがwikipediaにも記事はありまして「艶々(つやつや)ナイト」です
MCがタカさんへ変わる前段階がありまして、不誠実かつ未熟な中学生では理解できぬ
エロトークを繰り広げていた記憶があります。もちろんタカさんになってからは上記
「ギルガメ」路線へと舵を切り、中学生に判りやすかったのは言うまでもありません。

「おとなのえほん」はMCとアシスタントによるエロ・フリートークがありまして
OPとED、それにコーナー間に差し込んでいました。コーナーは「もしもしピエロ」
とかラブホで素人男性(と言う名の役者さん?)とAV女優さんが対戦したり、
AV女優さんのヌード撮影とかやってましたね。上記で書き込んだように自分が
見てた頃に出ていた女優さんはhmp作品に出ているモデルさんが多かったので
どちらかといえばセクシー系よりは可愛い系に寄っていたかなと思います。

また思い出して書き込めることがありましたらココに来ますね
2015/10/19(月) 06:49:47 | URL | ミドルサーティーマン
在阪局発のお色気番組
在阪局発のお色気系番組として、比較的知られているのはMBSが東京12チャンネル向けに制作し、土曜深夜に放送された藤田まこと・桑原幸子司会の「夜の大作戦」ですかねえ。
ショークリメと称して、ゴーゴーダンスを踊っているスカート姿の女性たちの足下から送風機が稼働して、スカートが捲り上がるって名物コーナーがありました。
とは言えお色気と言えるのはその位で、後は藤田まことが関西系お笑い芸人達と演じるエロ話系コントのコーナーや、そのコントコーナーから派生した歌手経験もある藤田まことが「十三(じゅうそう)の姉ちゃんは〜♪」等と「十三の夜」を歌うコーナー(ちなみに十三は(戦前の岡場所由来と思われる)ファッションホテル街で名を知られた新大阪駅そばの街)等々とどちらかと言えばお笑い色が強いバラエティ(「やりすぎコージー」の線が一番近いか?)だった様ですね。

とは言え、東京12チャンネル側から観ると、この放送枠が(MBSとのネット解消後)、あの「独占!男の60分」に繋がっていく訳ですが。

夜の大作戦に関しては、私の若干の記憶に加えて、以下のブログを参考にしました(って殆ど丸写し(汗))。
://d.hatena.ne.jp/kazegakusi/20080330
私にとっては小坊の頃、エロネタとしてよく十三ネタを使わせてもらった(深夜番組など知らない周りの同級生から全く反応が無かった思い出が)って程度でしか無いですけどね。
2015/10/20(火) 14:52:48 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
独占!男の時間
独占!男の時間でしたね。失礼しました。
2015/10/20(火) 14:55:18 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
大雑把なMBS→東京12・土曜夜のナイトショー番組の変遷。
当時のテレビ欄の出演者の顔ぶれを見ると・・・・「夜の大作戦」の最初の頃は桑原さんのほかに、沢たまき姉御(笑)と辺見マリさんも藤田さんのアシスト役でレギュラー出演していたみたいですね。ただ、開始から1年のタイミングで辺見さんが結婚引退で降板、沢さんもその頃から出演が不定期になって自然降板となって、藤田さんと桑原さんのコンビだけが残った形になったようですが。

その後、昭和47年の10月改編で八木治郎司会・レツゴー三匹レギュラーの「夜の大放送」に、更に48年4月からは坂上二郎・山城新伍を両メインに南陽子という若手女性タレントをホステスに起用した「夜の大行進」への変遷を経ながら、毎日放送発・東京12チャンネルネット受けの大人向けバラエティーショー路線は49年まで継続。その後、東京12チャンネル自体が同系統の番組製作をそのまま引き継いで(恐らく、50年春から腸捻転解消によって、MBSがTBS系に編入する事を見込んでの措置だったものと思われます)あの野坂昭如(!)の司会による「男のスタジオ」を経て、50年4月から山城・長谷直美の司会による「独占!男の時間」が開始した・・・という経緯を辿っています。
2015/10/22(木) 01:05:30 | URL | (ハンドル未記入)
● TXさん
『夜の大作戦』ってのは関東人には盲点でした。
名前は何かで聞いた気がしますが。
「十三の夜」って、その番組で歌ってたんですか。
なかなか貴重な情報でした。


● ミドルサーティーマンさん
ギルガメに関しましては、平成番組なので、ここの範疇ではないのですがね。
艶々ナイトもそんな感じなのかなあ。
平成になっても、暫くは細々とその手の番組は有ったのですね。


● 未記入さん
『男の時間』にそのような歴史が有ったとは。
これも非常に参考になりました。
よく調べてみたいと思います。
2015/10/22(木) 04:44:11 | URL | ごいんきょ
どうも失礼しました

エロテレビネタにスケベが爆発してしまい暴走してしまいました。
どうしても平成(90年代)エロテレビがストライクゾーン、年齢的にも
中坊なのでストラックアウト。ですんで11PMのうさぎちゃんなどは
リアルタイムだとわからないので、此処のサイトのようなところで
後追いになります。

まぁ話が噺へと逸れてしまいますけど、鶴光さんもその類でしょうか
先日亡くなられた圓蔵さん、志の輔さんの前のペヤング当代文楽さん、
それから志ん朝さんなどテレビやCMで見かけた噺家さんが高座へ
シフトする形でテレビからフェードアウトしていくのが噺家の
しきたりなのですかね。年齢や継いだ名跡によって看板を背負う
という面もあるのでしょうが。
2015/10/23(金) 10:55:03 | URL | ミドルサーティーマン
年を取って噺が上手くなるのと、年老いて騒がしい仕事に嫌気が出てくるのと、
それなりの立場になってきて責任感が出るのと、
自分の出自に対する愛着が深まるのと、
様々な気持ちが複合するんでしょうかね。
2015/10/26(月) 07:05:55 | URL | ごいんきょ
大人の子守唄めっちゃ懐かしいです。
当時高校生だったんでおもいっきり
ストライクゾーンでした(笑)
アシスタントやってた竹下ゆかり
可愛いかった。数年後AVやめて
大阪のス○リップ劇場に出てる
って聞いた当時大学生の私は友人
数名と見物に行きました😅
関係ないですが、今思ったら当時の
TVって放送コード?揺るかったんか
裸どころか、絡みのシーンも普通に
放送してたし、アクションカメラって
番組もあったけど、これって放送コード
どころか犯罪やし(笑)何ておおらかな
時代やったんやろ(笑)
2015/11/07(土) 01:25:03 | URL | (ハンドル未記入)
竹下ゆかり!
名前そのものが懐かしい(笑)。
で、実見できたんでしょうか?

昭和50年代は、ちょっとエロ方面でテレビが暴走した時代ですね。
アクションカメラも既述ですので、上部中央検索窓をご利用下さい。
2015/11/15(日) 20:12:19 | URL | ごいんきょ
なにはともあれ、おとなの子守唄なんですよねぇ
ウィキによれば83年~87年の放送だったんですねぇ…
実はこの番組に私の妻が出たんですよ
といってもほんの1分程だったんですけどね
覚えてませんか?
街頭ロケで素人のカップルに声かけて、ラブホでベッドインしませんか?的なお節介な接待をするをする番組コーナー
結婚して3年経った頃、28歳の妻がどういう訳か男と一緒に歩いているところを、学光さんに呼び止められてインタビューされちゃってるのを、本当に偶然オンエアを見ちゃったんですよねぇ…
85年だったかなぁ…
反射的に当時買ったばかりのVHSデッキに録画して、唖然としながら何度も再生したのを昨日のように覚えてます
なんと言っても私の知らない男と一緒にいたんですから…複雑な気持ちでしたねぇ
その後、色々ありましたけど、別れる事もなく今に至っています
でも、今でも気になりますよ
妻がその男とどういう関係だったかなって…
2016/04/09(土) 21:56:20 | URL | もしもしピエロ
おっと、書き忘れたので…
ちなみにオンエアはどうなったかなんですけどね
学光さんの話の内容がラブホに一緒にって感じになっていき、それを不味いと思ったのか、妻が急にその場を走って逃げ出してしまって、それをカメラが追っかけ廻すみたいになってました
学光さん、それを見て、綺麗やったなぁと言いながら、指にリングがあったという仕草をして、あれ、不倫やでぇって冷かしてましたよ
真実は如何に…ですが、洞察力はさすがって思いました


そのオンエア上はでは、妻がその手の誘いにしている結婚指輪を学光さんが目ざとく見つけたようで、わぁ、不倫ちゃいまっかって一緒にいた男を冷かされてて
2016/04/10(日) 09:37:50 | URL | もしもしピエロ
なんか街で素人さんに声かけするような映像は見た気がしますが、
ベッドインを促すコーナーだったんですか。
意図がよくわかりませんなあ(笑)。

綺麗な奥さん、羨ましいですねえ。
だからスタッフも声かける気になったのでしょうが。
生放送ではないのだから、本当にまずい関係だったら、
奥さんなり男なりが局側に抗議してオンエアさせませんよね。
だから二人ともやましくない関係だったのだろうと思いますよ。
いつまでもお幸せに。

ま、映像を見たら感想も変わるかもしれませんが(笑)、
しかし時にはわからないふりというのも人間関係に於いて非常に大事ですもんね。
2016/04/11(月) 06:40:51 | URL | ごいんきょ
コメントありがとうございます

同意など求められることもなく、勝手にオンエアされてしまってたようですよ。
正直、内容が内容だっただけに、当時はマジで抗議してやろうかとも思いました。

今考えれば、そういうのが許されてしまう時代だったかもしれませんね。
2016/04/29(金) 14:26:46 | URL | もしもしピエロ
今でもマスコミの横暴は往々にして話題になりますが、
昭和時代は本当にやりたい放題でしたからねえ、新聞もテレビも。
2016/04/29(金) 17:24:16 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。