私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ジャングル黒べえ (1973)

ジャングル黒べえ(1973)
ちびくろサンボ復活記念です。
いろいろ書こうかとも思いましたが、サッと行きますか(苦笑)。



時は昭和47年頃。
図書館で毎月、小学館の学習雑誌を全学年分読んでいたワタクシは、
全誌で長年連載されてストックも豊富であろうし、
人気もそれだけあるのであろう『ドラえもん』が、
まったく単行本化もテレビ化もされていない事がかねてから不思議でした。
ところが、ワタクシがそんな疑問を抱くのとシンクロするように、
すぐさまテレビ化のお知らせが、学習雑誌誌上で踊りました。
キタ~~~~~~~~~~
その日からワタクシは、当時作成していた新聞切り抜きのスクラップブックに、
ドラえもん放送開始の新聞記事を載せようと、毎日毎日、
新聞のテレビ欄を眺めては、心待ちにしておりました。
なにしろ全学年雑誌に載っているほどの人気漫画のアニメ化です。
絶対に記事になると思ってたんですよね。
少なくとも放送当日くらい、「今日から放送開始」という記事が出るだろうと。
大体の新番組で、数行の紹介くらいはしますからね。
ところがそんな或る日、藤子不二雄原作のアニメが始まるという見出しを見て
ハッとしたら、そこに紹介されていたのは、まったく見た事のない黒人の小人。
それが、この『ジャングル黒べえ』でした。
肝心のドラえもんの方は結局なんと、放送当日の紹介記事すら載りませんでした。
小学生の間で大人気長期連載中の漫画、いよいよ業界注目待望のアニメ化!
なんて心中で煽りまくってたのは、ポツ~ンとワタクシ一人だったわけです。
まさに、「オレしかいない予感!」(笑)。

ドラえもんについては、またドラえもんを語る時にタップリと語るとしまして、
この黒べえも面白そうだなとは思いました。
でもねえ。金曜7時って、裏番組がけっこう強力だったんですよね、たしか。
よくは覚えてないんですけど(笑)。
ワタクシも、再放送で思い切り堪能しましたね。

で、新聞でも藤子原作と紹介されていたんですが、実は違います。
そもそもタイトル画面にワザワザ『原作 藤子不二雄』と書いているのが、
いま思えばわざとらしい(笑)。
アニメ制作の東京ムービーが企画した作品で、どうりで当時の漫画雑誌も
全部読んでいたワタクシが、見た事も無い作品のわけです。
藤子F氏は、キャラクター設定と原案だけだったようですね。
噂では、下請けのAプロにいた宮崎駿が深く関わったとも言いますが…。
しかし、見た事が無いという部分だけ除けば、キャラの生活感も、
作品世界も、藤子作品と謳っていても全く違和感ありませんでした。

黒べえは不思議な魔術を使うピリミー族の酋長のせがれで、
飛行機を鉄の鳥と思いこんでぶら下がって日本まで来てしまいます。
墜落した黒べえを助けてくれたシシオくんの恩に報いるため、
ピリミーの魔術を使ってくれるんですが、この魔術が大体失敗。
それでも本人はシシオを助けたと思っちゃうんですけどね(笑)。
で、恩に報いたと思うと、墜落した時の穴に小石を一つ入れます。
その穴が馬鹿でかい穴で、入れる石が本当に粒みたいなものですから、
それが満杯になるまでここにいると言われ、シシオくんゲンナリ。
と言うのが導入部だったと思います。

小気味よい打楽器が鳴り響く中、「ウラウラウラ~」と踊り跳ねる黒べえが
「ベッカンコ!」とアカンベーの仕草をするのが魔法の儀式。
♪ ウララーウララーウラウララー で一世を風靡した
山本リンダの『狙いうち』が発売されたのがこの年の2月。
この作品の放送開始が3月ですから、まさに大流行中だったわけです。
黒べえは、ガッカリした時には「ウラ~」、喜んだ時には「ウラ!」
オマエはウラ星から来たウラ星人か!って思いましたね。嘘ですが。
翌年にスタートした『がんばれ!ロボコン』も、
「ウララ~」って言ってましたしねえ。なんだったんでしょう?
♪ ハーゥ~ ハーゥ~ 春うらら~ なんて歌も流行ったしなあ。
当時、日本の闇世界でウラ教って新興宗教が勢力持ってたんですか?(笑)

黒べえを追っかけて、続々とピリミーから仲間がやって来ました。
弟の赤べえはスポンジみたいに顔じゅうが赤い毛で覆われてんですね。
パオパオ。目が小さくて耳が大きくて鼻が長くて鼠色の体でパオ~と鳴く。
そら象だろと思うでしょ? でも足は二本なんだな、これが(笑)。
そしてシリーズ後半に登場し、話を盛り上げたライバルのガック。
ペリカンみたいな口して「シャーラバ~イ」とキザに決める。
『とおりゃんセコイヤ』という木が異次元の通路になっていて、
そこからいろんなもんを呼び寄せて黒べえにけしかける。
「通りゃんせ」という言葉と「セコイヤ」という木を併せた、
絶妙のネーミングなんですね。当時はよくわかりませんでしたが…。

とてもかわいらしい絵と、非常にポップで愉快な話で繰り広げられた、
この『ジャングル黒べえ』の世界。
こういうものにムリヤリ差別性を見いだし、難癖をつけて
自分達のささやかな正義感を充足させ、全体としての文化を縮小させる。
そんな人間、ピリミーにはいない。これジャングルの常識! ウラ!
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
好きでした
懐かしいですねぇ~「ジャングル黒べえ」。
キャサはパオパオが好きでした。可愛い♪
もう一度見たいなぁ。
2005/03/20(日) 01:06:48 | URL | キャサリン
もう二度と見られないかも?
なにしろ、東京ムービーの歴史からも削除されてしまっているという扱いですから…。
東京ムービーも、ヤヴァイ事にかかわりたくないという事なら、
どこか骨のあるところに版権を譲ってしまって欲しいですね。
あれは面白かったですから、死蔵させてしまうのは作品があまりに可哀想です。
2005/03/20(日) 09:04:34 | URL | ごいんきょ
ベッカンコー!
このアニメ、夕方の再放送枠でこれでもか!というほど繰り返し放送されていました。
トラをバターにしちゃう名作絵本などが取りざたされたりして、禁書扱い(?)になってしまい、この作品も二度と観られないのかなぁ。とさびしく思っていましたが、
最近どういう経緯からか、「ちびくろサンボ」も再販化されたようですし、これもまた現代の子供の目に触れる可能性も……ないですかね。
2005/05/19(木) 02:17:10 | URL | でいたん
差別って…
差別を憎むあまりに存在まで否定してしまうというのは、差別以上の罪だと思いますね。
人の考え方というのは様々ですし、地道にでも差別を憎む人が増えるような活動をすれば良いのであって、
自分達の許せない考え方は根こそぎ排除しようという連中は、ワタクシの敵です。
しかも、それが利権や自己満足に根ざした活動だったりするから、いっそう罪は重いのです。

それはそれとして、この漫画が差別的だとは思いませんし、
これが差別だとされるなら、ギャグ・お笑いモノは全く成り立たなくなるでしょうね。
差別差別騒ぐ連中は、まず表現に関しての思索を深めて欲しいと切に願います。
2005/05/19(木) 08:50:45 | URL | ごいんきょ
カックラキンって19:30からじゃなかったですっけ?
黒べえとは直接関係ないんですけどね。
たしか カックラキンはギャバンなどの裏だった気がします。
周りの皆がギャバン見てたのに 僕と数名だけはカックラキン見てましたから・・・
2005/06/20(月) 14:07:58 | URL | soze
ほんっとうに申し訳ありません!!
そうですね。19時半ですね。
これはあくまでもブログであり、一個人ワタクシがどのようにテレビを見てきたかを綴っているので、
敢えて資料性を排除して、記憶を優先させて書いています。
が、さすがにこの手の事は正しく書くべきでしたね。
しかも、その手の資料も持っているので、簡単に調べられる立場なんですから、
言い訳のしようがないです。
きっと皆さん、気づいていても馬鹿らしくていちいち指摘しなかったんでしょうけど(苦笑)。
なのに、ワザワザお知らせ下さって有り難うございます。
しかもなおかつ、黒べえの当時はカックラキンまだ始まってません!(爆)
なんでこんな記事書いちゃったんだろ… (^▽^;
ま、そういう勘違いがワタクシの記憶の中であったのは事実ですが、
記事本文の方はさすがに後ほど訂正しておこうと思います。


かてて加えて!
昨日、ワザワザ【布教活動】とまで強調してお知らせした
世界ウルルン滞在記の開始時間は、21時と書いちゃいましたけど、
正しくは【22時】でゴザイマス!
見ようと思って間違えた方はいらっしゃいませんよね? (^▽^;
もしいても、他ならぬワタクシも21時からビデオ予約して見逃してしまった事に免じてお許し下さい (;。;)
おかげで、視聴率さえ稼げればなんでもいんだという脚本家のドラマが収録されていて、
落ち込みが7倍増になりました。
2005/06/20(月) 18:56:30 | URL | ごいんきょ
僕も記憶だけですから^^;
きちんと確認したりせずに覚えてることだけで言ってるだけですから^^; 個人でやってるんですから多少の勘違いはご愛敬で
これからも頑張って下さい。
2005/06/22(水) 09:23:05 | URL | soze
どうもです
ソーズさんとお読みすんでしょうかね。
たしかにまあ、これで国家暴動に繋がるわけでもあるまいと思って敢えて適当にやってます(笑)。
キッチリ調べてから書こうとすると、その作業でテンション落ちたりするんですよね。
だからまあ、至らない点は皆さんに盛り立てて戴こうと、
非常に甘ったれ根性丸出しのブログです(笑)。
2005/06/22(水) 22:30:01 | URL | ごいんきょ
ウラ番組
ウルトラマンタロウだったような記憶があります。

2005/06/30(木) 20:12:50 | URL | まつたかぁ
タロウ伺ってませんか?
「いえ、来てませんけど。どちらさんですか」「ウルトラの母です」
こんないたずら電話をしていたおばかさんまも、もう50歳となった昨今。光陰如矢。

TBSではウルトラマンタロウやってましたね。
ワタクシは、それは見てなかったんですよね。
第二期ウルトラは、第一期から見ている人間には噴飯物でしたから。
特に、タロウはシリーズをパロディ化してしまって、本当に「フザケルナ!」って感じになって、
以後のウルトラシリーズはただの一話も見てません。
たしか、日テレのスターものまね番組を見ていたんじゃないかな。
2005/07/03(日) 08:45:16 | URL | ごいんきょ
「差別」って…
「差別」「さべつ」って…黒べえが「自分は差別されている」とでも言ってたんでしょうかねえ?なんか最近「差別」って言葉を取り違えている人が多いような気がします。子供はそんなことを考えて視ていませんよねえ。無理矢理差別化している人の方がよっぽど差別しているような気がするのですが…。
2005/07/18(月) 09:20:21 | URL | そにい
差別撤廃とサヨクの親和性
ここはあくまでもテレビブログですんで、過度にこうした話題が突出するのもアレだと思い、
最初のうちはぼかしてたんですけどね(笑)。
しかし、作品が存在していたこと自体が、制作会社の歴史から抹殺されるという、
非常に異常なる事態の渦中にある作品です故、仕方ないかもしれません。

差別というのは、完全に無くす事は不可能ですよね。
人間は一人一人、いろいろと違いがあるわけですから。
誰でも、何かしらによって、どこかで、差別される危険と格闘しております。
しかしサヨクさん達は、「差別撤廃」を平然と掲げますね。
実際、これまで実現した共産主義を理想とする国家など見まするに、
個性の排除、人間の画一化を理想としているようにも感じます故、
彼らにすれば、差別撤廃も不可能ではないという事なんでしょうか。

ワタクシは、差別主義者が表現しても良いと思いますよ。
TPOさえきちんとわきまえていればね。
反差別主義者は、それをむしろ利用すべきとすら思います。
そういう強かさが無いと、むやみやたらと規制・圧力、果ては抹殺では、
むしろ逆効果ですらあると思います。

例えば座頭市のような作品の場合、「めくら」と差別されないと、作品の意味が無いんですよね。
敵は市を「めくら」と軽んじる故に破れたりもするわけですから。
そして、こうした作品の存在がまったく許されなくなってしまうというのは、
先に言ったように、人は誰でもなにがしかによって差別されうるのでありますから、
全ての表現が規制されかねないんですよね、拡大解釈によって。
現実問題として、放送コードというのは、もうその辺までイッてしまいつつあるといいますか。
そんな社会よりは、差別表現それ自体を抹殺するのではなく、
それを反差別に活かす運用を社会全体で作っていくように、
反差別主義者は働きかけるべきであろうと。

とまあ、かように整然と語っても、実はなんの意味もないのですがね。
現実社会では、被害者と認定されると補償が得られたりしますし、
それを食い物にする不届きな人間も、実際に出てきていたわけで。
一部ネットで最近大騒ぎされている人権擁護法案というのも、
なんと言いますか、異様な法案で、
あれだけ拡大解釈可能にするという事は、それだけ規制を増やすという事で、
規制が生じれば利権も生じますし、
利権が生じれば、運用も更に拡大されていく道理です。
ネットは勿論、これまで通りの放送だけでなく、出版までも禍は及ぶでしょう。
目先の判断で、取り敢えず目障りなネットに規制をと考えているマスコミ連中は、
それがまるでわかっていないんですよね。
もっと過激に言えば、日本を亡ぼしうる法案ですね。

と、少し長くなってしまいましたが、
この作品には差別性は皆無でありますし、
これを差別とするのであれば、むしろ人間の画一化という、
非常に非人間的行為に繋がるのだというのは、もう一度指摘しておきたいです。
2005/07/19(火) 02:30:53 | URL | ごいんきょ
木の名前
とおりゃんセコイヤ、でしたか。なんか「セコイヤ」だけ頭に残ってました。木の中が階段になってるのが妙に印象的で、いまだに覚えています。確かに他の藤子作品とは違った雰囲気を持った作品でしたが、宮崎駿さんが絡んでいると聞けば納得ですね。もう一度見たいなあ。妻ともよくそんな話をします。
2005/12/24(土) 17:01:25 | URL | フリーたー
黒べえの真の産みの親は?
いや。宮崎駿さんが絡んでいたというのは確定情報じゃないんじゃないでしょうか?
そういう噂もあるという感じで読んで下さい。
いずれにせよ、藤子F氏が生み出したキャラでない事は確かなはずですけど。

通りゃんせ来いや→通りゃんセコイヤ。
なんと良く出来たネーミングなんでしょう。
シャッラバーイのキザキャラ、ガックの登場でかなり面白くなってましたが、本放送の頃は裏番組に押されてしまい、惜しい番組でした。
藤子作品がステータスを得た今やればかなりウケるはずです。
まあ、有り得ないんですけど(苦笑)。
2005/12/31(土) 15:17:57 | URL | ごいんきょ
パオパオが大好きでした。
純真な黒べえが好きでした。
赤べえはなんて叫んでいたんでしょうか?ぺけーだったんでしょうか?
良かったら教えてくださいませ。
再放送無いのかなぁ・・・
ケーブルでもいいから・・・
2006/11/19(日) 20:56:43 | URL | hazure
ピキー
パオパオはそのまんまパオーと言ってましたけど、
赤べえはピキーって言ってませんでしたかね。

再放送は東京ムービーに版権が有る限り難しそうですね。
ワタクシに譲ってくれれば、多少の圧力に屈せず放送して差し上げるのですが(笑)。
2006/11/19(日) 21:08:38 | URL | ごいんきょ
ぼいぼん
封印されていたとは。最近知りました。当時も金曜7時、前の「変身忍者嵐」から引き続き見ていましたが、日曜夜のドラえもんと同時期だった気がします。これ以前の藤子作品がアニメ、漫画ともに大好きです。あの「うーらうらうら、べっかんこー」がもう見れないなんてウソみたい。何か、自分の幼なじみが某団体に殺されてしまった感じがしますね。
2006/11/24(金) 09:05:37 | URL | (ハンドル未記入)
封印作品
テレビ関係者というのは今や、上から下まで高邁な理念なんて持ってませんからね。
表現とか創作についてつきつめて考えようなんて人間はおらず、
どいつもこいつも金と名の欲で業界に入ったか、
スポンサーや有力芸能人、政治家のコネで自動的に入った連中ばかり。
淀む一方ですよ。
見てると吐き気を催すので、今はテレビはほとんど見ません。
2006/11/25(土) 03:48:25 | URL | ごいんきょ
封印だなんてもったいない
子供の頃、よく見ていました。
よっぽど好きだったらしく、自分で描いた黒べえとパオパオの絵が、今でもうちに残ってるはずです。(しかもかなり大きいはず)
どこをどうみたら差別なのか、まったく理解できません。差別どころか、こういう漫画のおかげで外国の人に対して親しみがわくと思うのですが。
2007/04/12(木) 19:02:15 | URL | zo-3
黒べえの差別性
ちょっと直前のワタクシのコメントが過激なんですが(苦笑)、
どうにか放送業界が健全にならないかなという苦言ですのでね。
まあ、どうにもならないとも思ってはいるんですが(笑)。

黒べえのどこに差別性が有るのかは、見ていた人間にはわかりませんよ。
ムリヤリ差別性を見出そうとする人間にしか見えないものです。
そしてそれは実は、自分達は他の人間と違って高邁な、
差別心の無い人間だという誤解、慢心、盲目から生じている、
差別的行動なんですけどね。
2007/04/12(木) 20:01:05 | URL | ごいんきょ
…そういや、黒べえって、もののけ姫の戦闘モードに似てる。
2007/06/02(土) 13:06:27 | URL | 七誌
学年別月刊誌にて連載中
の漫画がアニメ化という当時の記事は俺っちの記憶が正しければ日テレのドラとこの作品とは同期なので或いはそれも正しいと思う
既に書かれている通りこの作品はタロウにドラは裏のマジンガーに白旗上げたみたいに短命に終えた
裏のタロウの怪獣に対してこの作品はジャングルの架空の珍獣とか見せるみたいにしていたので独自性が薄れていたかも
2007/06/02(土) 22:43:10 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● 七誌さん
もののけ姫見てないんでよくわからなくてごめんなさい。
多くの人には通じてるのかな。


● ガッツさん
この番組ってタロウに負けたんですかね。
それは悔しすぎる(笑)。
2007/06/03(日) 05:00:36 | URL | ごいんきょ
主役の肝付氏は
既に上に書いた通り同時進行の日テレ版のドラえもんではジャイアン役もこなしていた

ちなみに初代ドラ役の富田氏は裏のマジンガーではドクターヘル役である
2007/12/25(火) 21:32:58 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
富田さんがドクターヘルだったんだ。
悪辣な役もやってたんだなあ。
2007/12/25(火) 23:59:47 | URL | ごいんきょ
たかねちゃんが好きでした!
藤子氏のアニメには,女の子キャラがひとり入ることが多いようですが,このアニメでのたかねちゃんの目が東京ムービー系の丸っこい目だったので,可愛かった。
黒べえが映画を作る話では,たかねちゃんのお風呂シーンまであって,どきどきしていました(おいら,そんな思い出ばっかだなぁ)。
2008/01/04(金) 20:23:23 | URL | いくちゃん
たかねちゃんも可愛かったですね。
もっとも、キャラクターデザインは藤子先生とは関係ないようですが。
あの頃までの藤子女子キャラはまだ良かったんですが、
しばらくして黒目を真ん中に描くようになって、ワタクシのタイプではなくなりました。
2008/01/06(日) 07:40:55 | URL | ごいんきょ
懐かしいですね。
 これは見てました。なせかというと、あれだけウルトラに夢中になっていたのに、「タロウ」について行けなくなった現実に打ちひしがれた結果です。しかし、これは面白かった。楽しかった。ある意味、肝付さんの代表作になってもよかった作品です。せめてソフト化しないかな。ジブリ辺りが仲介して、何とかならんものでしょうかね?
 差別とか人権とか掲げて権利闘争をすることには異論を挟みませんし、時として必要な事ではあるとおもうのですが、放送禁止用語やこの手の表現に関するクレームに関しては「一部の」「羊の皮を被った狼たち」の存在も無視できません。所謂「人権屋」と呼ばれる連中です。ちびくろサンボ然り、実際には大阪辺りの人権屋が主張し始めたもので、当の当事者(国)は、「今さら、何それ?」って感じでしたからね。難しい問題ではありますが、そのことで文化や表現が歪曲されるようでは逆に不健全だとおもいますね。
2008/01/06(日) 14:37:00 | URL | おやじバンザイ
ウルトラマンタロウは我々ウルトラ第一世代を、
ウルトラから完全に足を洗わせてくれました(笑)。

差別表現の問題は難しいし、話が広がっていくのですが、
当ブログではあくまでも作品毎に扱っていくしか有りません。
そしてこの作品は、差別性は皆無だと思いますし、制作側にも自信を持って欲しいです。
2008/01/07(月) 02:25:06 | URL | ごいんきょ
タロウはあれはあれなりに
オリジナリティーや意気込みとかも受け取れるのでリアルタイムは後のレオとち同じく見ていてその後もし獅子座の次という「ウルトラマンウーマンバルゴ(乙女座の意味の仮名)」なんて出てきてたらその金曜7にヒーローになるはずのライディーンは苦戦していたろうしそうなれば日本名物のロボ物文化はどれほど進展していたろうかと感じたのだが

むしろこの作品の良さや斬新さは認めつつも前にも書いた通り怪獣物の裏なのに珍獣が目玉とか赤べえがもしかしたらo次郎の二番煎じみたいに見えためんとかその他が改善されていたらそれこそライディーンの放送がありえたのかと思う程続いていたかもとも思うのだが
2008/01/12(土) 20:58:26 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ガッツさんは大人だったんだなあ(笑)。
あれを意気込みと受け取れましたかあ。
ワタクシは、おちょくっとんのか!?と憤りを覚えましたよ(笑)。

赤べえはO二郎の二番煎じかなあ。
それを言ったら、藤子ギャグ作品ってほとんど舞台設定は似ているような(笑)。
でも、赤べえを考えたってこの作品が黒人蔑視の世界じゃない事ぐらいわかるでしょうにね。
2008/01/13(日) 11:27:09 | URL | ごいんきょ
DVD化を望む!
久しぶりに観たい
黒べい。
だいすきやった~。

人種差別でないのになぁ~
決めつけた人は、よほど普段から
差別的な事を思ってるんでしょうね。ウラッ!
2008/07/13(日) 16:11:27 | URL | ベッカンコ!!
商品化はまず無理でしょうね。
東京ムービーがワタクシに版権を預けてくれれば、
ワタクシやりますけど(笑)。
2008/07/24(木) 05:06:03 | URL | ごいんきょ
もう一度観たい!!!
あの頃の漫画はとても良かったですね。
特に黒べえは面白かったです。
現在の漫画と違い純であたたかく良かったです。
何で人種差別の問題になるのか全く分かりません。
みんな子供の頃にそんなへんな目線で見ていませんでした。
何故問題になるのか良く分かりませんね。
他に問題になるような事は沢山ありましたよ。
しかし面白い漫画でしたね。
もう一度観たいですね。
DVD出ないでしょうかね。
黒べえ再放送を切願します。

2008/10/06(月) 23:50:48 | URL | (ハンドル未記入)
差別問題と騒がれる事の大半は、当事者たちよりも周辺が騒いでいて、
その周辺の人物たちに利益が生じるのですね(名声も含めて)。
ここでは何度も言ってるんですけど、差別用語を絶滅させようというのが、
既にして差別構造なんですけどね。
2008/10/19(日) 20:05:28 | URL | ごいんきょ
神様って、あの、黒べえ手彫りのベッカンコの神ですね(笑)。
そう言えばあれも強烈な顔だったな。
2013/02/06(水) 23:35:15 | URL | ごいんきょ
皮肉な事に
このアニメは全国ネットとしてはNET(現テレ朝)系列
金曜7時枠で放送されましたが、現在その枠で30年以上もドラえもんがデンと座っているのがごいんきょさん的には実に皮肉な事で(笑)。ちなみにこの時間枠はジャングル黒べえ以来、40年間アニメ枠を維持しています。

正確には、この枠(NET製作に移行後、勇者ライディーンとかキャンディキャンディとかを放送)そのものはドラえもん開始と同時に7時30分枠に繰り下がり、メタルヒーローシリーズ(つうか初期の頃の宇宙刑事シリーズという呼び名の方が分かり易いかも)を経て、現在平成仮面ライダーシリーズ(無論、そもそもはMBS製作のシリーズ)となっているとも言えますけど、と以上チラシの裏でした(笑)。
2013/02/08(金) 20:48:23 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
あー。
そう言えば黒べえの枠にドラえもんが来てるんだなあ。
今までまったく考えたこと無かった(笑)。
狙った訳ではないでしょうが、歴史の皮肉というか。
2013/02/09(土) 21:44:51 | URL | ごいんきょ
皮肉序でに
皮肉序でに、黒べえの実製作を行った下請けのAプロダクションは、後にシンエイ動画として東京ムービーから独立(その際に「ドラえもん」の映像化権を、日本テレビ動画解散後保持していた東京ムービーから餞別代わりに送られたとの逸話も)。
一方、毎日放送はNETでの最終作「ジムボタン」がTBS「ウルトラマンレオ」を圧倒した事より、TBS系入り後も引き続き金曜7時枠を担当するものの、NETが「勇者ライディーン」と「キャンディキャンディ」の狭間の時期に放送した「宇宙鉄人キョーダイン」がまずまず当たった以外は、NETテレ朝に対して劣勢に立たされ、切り札の「仮面ライダーシリーズ」もローカル枠降格、「ドラえもん」に対抗してぶつけた「じゃりン子チエ」も関東5%関西25%の結果で結局1年で終了、最後の望みとばかりにぶつけた「三丁目の夕日」(「ちびまる子ちゃん」が存外の大成功だった事に刺激されたか?)も惨敗で1クールで関西ローカルに降格と、まるで何かに呪わ(一部自主規制(笑))様な惨状でとうとう金曜7時枠から撤退と相成る結果に。

MBS関係者が「黒べえの時に、ドラえもんの方をやっていれば.....。」と思ったかどうかは定かでは無いですが(笑)。
2013/02/16(土) 14:44:36 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
オバマ大統領誕生で、発展的解散
「ジャングル黒べえ」は小学生の
頃から中学生の頃まで、しつこい
くらい北日本放送や富山テレビで
再放送を繰り返していましたが、
ある頃からまったくテレビで見かけ
なくなりました。
おそらく「ジャングル黒べえ」が
差別作品と騒がれた頃からだと思い
ます。
この問題を調べてみたところ、告発
したのは大阪府の堺市に当時在住の
市民グループ「黒人差別をなくす会
で家族3人で活動を始め、全盛期
の頃は200人以上いたようですね
様々な漫画を絶版させたり、カルピ
スのマークを変更させたり、ダッコ
ちゃん人形の販売を中止に追いこん
だそうです。
また家族3人で渡米、当時のジェシ
ージャクソン氏から歓迎されたみた
いですね、2002年以降大きな
活動をせず、2005年に
「ちびくろサンボ」復活について
ラジオ番組で抗議して以降活動は
まったくやっていないようですね。
おそらく、アメリカで黒人大統領
オバマ氏が誕生したことで
黒人差別は事実上全世界から撤廃
「黒人差別をなくす会」を支援する
市民グループが民主党を当選させた
ので、会の設立当時からの目的達成
損害賠償も手に入っただろうし、
「黒人差別をなくす会」は発展的解
散をしたのだろうと推測しました。


2013/02/18(月) 16:11:01 | URL | くも
● TXさん
ジムボタンって、そんな高視聴率だったんですか。
なんか、まったく振り返られないですね。
例によって著作権絡みなんだろうけど。


● くもさん
まあ、そのグループについては、今は活動してないのかな、
一段落しているようですし、逆糾弾状態になってもなんなんで、この辺にしておきましょう。
2013/02/21(木) 05:24:17 | URL | ごいんきょ
ジムボタンが高視聴率と言うよりは
ジムボタンの2ケタ前後に対して、レオの後半2クールの視聴率が5〜6%近辺をウロウロと何時打ち切られてもおかしくないほどの危険水域だったってだけですけどね(苦笑)。
当時の金曜7時台での「シャボン玉スターに挑戦」の不動のトップは
全く揺るがなかった訳で。

結局、TBSとMBSとの編成間で取っ組み合いの喧嘩(実際に殴り合いしたとの話あり(笑))の末、MBS枠となった訳ですが、その際に打倒「スターに挑戦」を約束させられた様で、MBSは土曜で人気番組の兆しを見せていた「ちびっ子アベック歌合戦」をこの枠に移動させる事となります。

が、その「ちびっ子アベック歌合戦」も「スターに挑戦」を打ち負かすどころか、MBSがNET系列から離れた事でNET制作となって始めた「勇者ライディーン」に文字通り足下を掬われ半年で打ち切りに。
結局MBSは従来のアニメ特撮路線を復活させる事になります。
2013/02/21(木) 19:52:35 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
ちなみに
ちなみにそのジムボタンですが、れっきとした原作はある(黒人少年ジムが機関車と共に冒険する話)ものの、原作から一部設定を
借りた全くのアニメオリジナル(そもそもジム少年が黒人では無かったり)で、内容も悪の帝王ドリンガーに母親を奪われたジムがドリンガーに対抗する為に作られた機関車を相棒に、母親を取り戻す為に対決を挑むと、何処かで聞いたような(且つMBSが製作していた様な(笑))ヒーロー物と言った具合なので、まぁ原作者もあまりいい顔しないかもなと。
2013/02/21(木) 20:07:22 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
「ジャングル黒ベえ」は、
富山テレビで月~金曜、午前8時に
放送と、夕方4時過ぎに放送。
北日本放送では夕方5時過ぎごろ
月~金まで放送していたように
記憶しています。
小学5年生の頃、ゴールデンウイー
クで学校が休みになり、たまたま
「ジャングル黒べえ」の午前8時か
らの放送を見ていた最中
近所の豆腐店で火災が発生
うちの母親も被害のあった豆腐店
の家財道具を外に出したりして
いました。
遠くから見ていましたが、火と煙が
凄く、やじうまが集まって来るは
消防車がサイレンをならして何台
も来るは、パトカーも来るはで
大変な騒ぎになったのを
「ジャングル黒べえ」で当時の記憶
がよみがえりました。


2013/02/22(金) 14:54:30 | URL | くも
● TXさん
レオってそんなに低かったのかあ(苦笑)。
タロウで散々子供達をコケにしましたからね。
子供って、ナメられるのが意外と嫌いです。
まして、アリアリと解るとね。
ジムボタンも、根強い人気は有ると思うのですが、勿体ないですね。
キングコングとか、洋物アニメを誰か引き上げて欲しいですが。


● くもさん
ほー。
なんだか生々しい記憶ですね(笑)。
被災した方々は災難でしたが。
2013/02/22(金) 20:39:29 | URL | ごいんきょ
リアルで観てました
金曜日の午後7時からでしたね。
私もウルトラマンタロウは初めの数話で観るのを止め、その後はこっちに流れた次第でして・・・

いろいろな諸事情で、なかなか目に触れる機会の少なくなってしまった作品ですが、ウィキによると、最近になってようやく漫画のほうは復刊されたみたいですが、アニメについてはまだまだ困難な状況のようですね。

「ウ~ラウラウラ、ベッカンコー!」なんていう呪文、懐かしいですね(^^)
2013/04/29(月) 18:18:31 | URL | ほけみん
出版の方は、それなりに覚悟を決めた方がいるんでしょう。
どうも藤子作品映像は、手塚作品く比べて未開発ですね。
あまりイケイケのファンがいないのかな。
2013/05/02(木) 06:50:43 | URL | ごいんきょ
黒ベエ
本放送の頃は保育園でしたが、語尾に「コレ、ジャングルの常識!」って言ってる子は結構いました(笑)
数年後の夕方再放送のほうがしっかり見ていました。シシオの家の庭でファイヤーを焚いたり踊ったりにぎやかな場面が思い浮かびます。

再放送の時のCMで、日清焼そばだったのですが、
♪追ーいかけるさどーこまででも
追ーいかけるさOOOOOO
(忘れました。すみません)
ゆーうわく的だよおいしそーう
日清焼そば焼・こ・う!


・・という曲だったのですが、
歌っていたのは「フリッパー」という(きょうだいだったと思います)フィリピン出身のグループでしたよね。

黒ベエの再放送と一緒に思い出されます。さわやかな曲調でもっと聞いてみたいなーと思っていました。
2017/02/03(金) 10:20:44 | URL | Kyoko
最後の「日清やきそば や・こ・う」はお決まりでしたけどね。
他の部分はピンと来ないです。
フリッパー… 聞いた事あるような無いような。
2017/02/09(木) 23:02:46 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 NETテレビ(現 テレビ朝日)系 1973年3月2日~9月28日 毎日放送制作 全31回(全61話…第25回のみA・Bパート連続) キャラクターのデザインや設定が、黒人差別にあたる(のではないか...
2007/04/12(木) 17:55:46 | のすたるじっく動画館
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ