私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



お笑いマンガ道場 (1976)

今回はカースケさんのリクエストによるスレ建てです。



♪ お腹がすいたら面白い
  お腹がいっぱいならなお面白い
  お笑いマンガ道場よー
  マンガ マンガ マンガ がおー
  マンガはやっぱり楽しいなー


ワタクシが一番最初にこの番組を見始めたのは、いつになるのか。
ウィキペディアで見たら昭和55年の10月みたいですね。
新聞テレビ欄の日本テレビ金曜夕方の5時半の所に、
いきなり「お笑いマンガ道場」と載ったんですね。
お笑いもマンガも初段程度の実力は有るだろうと自負していた頃のワタクシですから、
一も二も無く視聴を決めたわけなのですが。

そのテレビ欄に新番組としての表示が無いのでおかしいなと思っていましたが、
番組冒頭、なんの挨拶も無く、いかにもいつも通りという感じで始まりまして。
うーん、やっぱり新番組ではないのか。いつ始まっていたのだろうと不思議な感じでした。
その謎もネット時代になって解決しまして、元々は中京テレビ制作の番組なんですね。
そして開始当初は、日本テレビではなく東京12チャンネルで放送されていたと。
いやー、まったく気付かなかったな。
そして先述の時から、本来のネット局である日テレにやって来たという事ですが。

番組冒頭は司会の柏村武昭がいきなり簡単な挨拶をして始まる形で、
まどろっこしくないなと思いつつも、なんか味気ない始まり方だなと。
彼が「第、一回戦」と声を出すと、一回戦のタイトル画が映されます。
全体でたしか三回戦くらい有ったように思います。
一二回戦が終わるとケロッグのCMに入り(関東)、CM開けに三回戦という形ですね。
ケロッグのCMは、あのトラちゃんの絵が動くコーンフロストのCMが記憶に残ってます。
あと、番組終了後のCMだったかな、「強い子の、ミロ♪ (フィフィフィー)」
がよく流れていたような感じがするものの、こちらはケロッグほど確かな記憶ではありません。

各回戦は「ひらめきスピードまんが」など様々な趣向のものが有りましたが、
要するにどれも、出演者がマンガを駆使して一コマから数コマで面白いことを描くというもの。
ワタクシが見始めた当時の出演者は、鈴木義司、富永一郎の大人漫画家二人に、
車だん吉、他に元ゴールデンハーフのエバが出ていて、ああ、まだ芸能界やってんだと思いました。
それに毎週一人のゲストを加える形でした。
各回戦の呼び物は、笑点の小円遊・歌丸路線をまんま模倣した形の、
鈴木義司と富永一郎のイビリ合戦でした。
鈴木義司は表情が柔らかいからいいんだけど、富永一郎は、凄く怖い顔になる時が(苦笑)。

エバの後釜に秋ひとみが入って、彼女はかなり短かったのですが、
その後に入った川島なお美が図々しいくらいに馴染んで(笑)、
女性アイドルでありながら、参加早々から富永一郎弄りに参加しだすのですね。
これに富永一郎が物凄い形相でにらみ付ける絵が映るものだから、
見ている方としては面白いというより、ガクガクブルブルで(苦笑)。
鈴木義司とは本当は仲良いんだろうなという前提が成立するのですが、
ポッと出の女の子が登場早々こんな事をやり出したものだから、これは本当に怖かったです(苦笑)。

それでも川島なお美は恬としたもので(笑)、毎週毎週富永弄りをやってましたね。
鈴木義司の方は人が好さそうだから、弄ってもあまり面白味が無かったんだろうな。
そんな事が或る程度続いた番組エンディングで、川島なお美が富永に取り入るように近づいたり、
一言二言、後追いの言葉をかけたりしていたのですが、
それでも表情を決して和らげることをしなかった富永一郎(苦笑)。
そして、それでも富永弄りをやめなかった川島なお美(笑)。
もちろん富永の方は、川島なお美弄りなんてした事は無かったと思います。

それも数年経つうちには富永もなんとか慣れたと見え、
初期の頃ほどの殺気に満ちた視線は見せなくなり(笑)、
軽くむくれる程度になってきたので、ようやくテレビの見世物として成立しだすのですが。
三回戦まで終わった後に素人マンガ道場という部分が有り、
そこでは素人によるマンガ(主に一コマ)を富永や鈴木が批評するものでしたが、
川島なお美による富永弄りが始まって暫くすると、この二人で語る事も有ったかと。
番組中では無言で、凄まじい形相で睨むだけだった富永が、
そこで普通の会話を川島なお美と始めた事により、ワタクシの緊張は緩和されました(笑)。

更に番組最後の部分では、「だん吉~」「エバの」「オマケコーナー」という口上。
このオマケコーナーは、視聴者から送られた様々な葉書をだん吉が読み上げ、
エバが適当に相槌を打つというだけのもの。
その際、読まれた人にくだらない物が贈られるというのが面白要素でした。
オマケには何が有ったかな。なんか洗濯挟みみたいのとか、
本当に愚にも付かない物ばかりだったかと思います。
「エバの」の部分は、「ひとみの」「なお美の」と受け継がれていきました。
「ゆうこの」は記憶に無いので、森山祐子の頃には無くなっていたのかも。

漫画家二人が上手いのは当たり前ですが、だんちゃんの絵の上手さも大したもので、
とうとう漫画家協会に名を連ねてしまったのですよね。
エバはたしか下手だった気が。秋ひとみはそこそこ上手かったかな。
川島なお美はいかにも当世若者って感じのイラストっぽい上手さでしたね。
あとゲストで特に記憶に残るのが、ずうとるびの今村良樹。
ま、彼らは凸凹大学校でさんざん見てましたけどね、つくづく上手いなと。

オマケコーナーが終わると、そのまま終了部。
柏村武昭が簡単な挨拶をして、引きで全員の絵に移り、手を振ってお別れという形。
この時、冒頭で歌いました主題歌が背後でかすかに流れています。
本当の初期、桂米丸司会だったようですが、その頃はOP主題歌として使われていたのでしょうか。
とにかく変梃な歌詞なので、よく聞こえないのだけれど、記憶には残りました。
作詞は高杉珠里、作曲が永作幸男。正式題が「マンガはやっぱりたのしいね」。
うーん、すると記事冒頭の最後の部分は、「楽しいねー」が正しいのかも。

あと、最初の部分が、「お腹が減っても面白い」とか「お腹がすいても面白い」だった気も。
で、その最後部が終わるとまたCMになるわけで、更にそのCMが明けると、
EDアイキャッチ「お笑いマンガ道場 おわり」みたいなのね、
その部分が ♪ たったったったたったたったったっ ぱーぱぱぱー
という、主題歌イントロを少しいじったブリッジ音楽で締められて、完全に終わってました。
描写が細かすぎて、ほとんどの人に通じてないと思いますけど(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この番組と言えば、やはり富永一郎氏による、鈴木義司氏の土管ネタ。毎週あれが出るのを楽しみにしていたっけ。あと、森山祐子さんの時もおまけコーナーはありましたよ。
2016/08/23(火) 07:57:20 | URL | カースケ
追伸
リオオリンピックの閉会式も、安倍晋三のマリオなんかじゃなくて、鈴木義司氏が出てくれたら、個人的には受けたのですが。f(^_^;
2016/08/23(火) 08:10:32 | URL | カースケ
オマケコーナー
小学生の時、クラスのマンガがうまい子が、お笑いマンガ道場を見ている、と言っていたので、ちょっと見てみたら面白かったので、それまで見ていた土曜6時の番組から変更して、お笑いマンガ道場を見るようになりました。1977年の秋ごろです。中京テレビでした。中京テレビの映るチャンネルはU(ユー)とも呼んでいました。
それまで見ていた番組は、何だったのか思い出しているところです(笑)
素人マンガ道場、おまけコーナーと
か楽しみでした。
おまけコーナーは最初の頃は「ダン吉・エバ」で、おまけは白い紙袋にいくつか入っていて、「今日のおまけは・・」と言いながらガサゴソとさがす、どんなものが出てくるか分らないところが楽しみでしたが、のちには1個だけ箱に入っていて、今日のオマケはこれです、という風に箱を開けるという風だったと思います
。オマケBOX?だったか名まえもついていたような記憶です。
天才クイズ→お笑いまんが道場→ヤッターマン→まんが日本昔話→クイズダービー→8時ダヨ!全員集合の流れで見ていました。

2016/08/23(火) 20:35:25 | URL | Kyoko
当初、日曜の昼に放映していて、桂米丸氏が司会。
ちょっと調べてみたら、氏は1年位しかやってなかったんですね。
ということは、放映開始早々から見ていたようです。
思い返してみてまず思い出したのが、
背中に絵を描いて隣の人に伝えていくという伝言ゲームみたいなコーナーがあり、
森山ゆうこさん(最後の女性レギュラー)の背中に絵を描く時、
ブラが透けて見えていたという、ごいんきょさんがよろこびそうな(?)事でした・・・。
(この時は揃いの白いTシャツを着ていたと記憶します)

Kyokoさま。そういえば、「U」って言ってましたねー。
チャンネルが2つあった時代が終わっても言ってたけど、
いつからか「35」と言うようになりました。
2016/08/25(木) 17:25:51 | URL | naokiman
中京
naokiman様。Uはくる~っと回して合わせる方のチャンネルで、映りがいいんですよね。
2016/08/26(金) 09:41:50 | URL | (ハンドル未記入)
U
Kyokoさま・・・かな。
「くる〜っと」とは、メインチャンネルと違って、
「ガチャガチャ」ではないということですよね。
なので、ラジオのように調整がむずかしかったような。
まあ、他は、33の三重テレビと37の岐阜テレビなので、35固定でしたが。
2016/08/26(金) 11:41:26 | URL | naokiman
お笑いまんが道場・中京
はい。「ガチャガチャ」と「クル~ッ」とチャンネル2つありましたよね。三重テレビ(33)と中京テレビ(35)がはいりました。そのほかは・・ザアーッと砂嵐です(笑)。そうです、ラジオみたいですよね。
2016/08/26(金) 11:58:10 | URL | Kyoko
● カースケさん
ああ、土管ね。あれが鈴木先生の服でしたからね(笑)。
そう言えばコーナー有りましたね。でも、すぐ無くなったのかな。


● Kyokoさん
中京は土曜6時ですか。我々はタイムボカンシリーズか料理天国でしたな。
35チャンネルを普通に見ていたんですね。関東ではあまり考えられない事で。
そうそう。白い紙袋の中をだんちゃんが探してましたね。
オマケBOXは思い出せませんが。
この番組の前時間は、やはり中京地区の伝説的番組『天才クイズ』だったのですね。


● naokimanさん
米丸さん時代を御存知とは、かなり初期からですね。
いやー、ワタクシはブラ透けなんて喜びませんよ。失礼も大概にして下さい。
江口以蔵さんならきっと喜ぶのでしょうが(笑)。
そう言えば背中に書いて伝言するやつ有りましたね。
なんかくすぐったそうにするのがエロかったり。
と、江口以蔵さんなら見ていたでしょう(笑)。


UHFのチャンネルは合わせづらくてね。
なんで1~12みたく直で選べないのかと思いました。
2016/08/28(日) 21:33:46 | URL | ごいんきょ
おまけコーナー
 うろ覚えですが、エバの頃は大声で「おまけコォ〜ナァァ〜〜」とはしゃいでいた気がします。それが別の人に代わるとトーンダウンして、途中は覚えていませんが川島なお美はブリっ子アナウンサーみたいに言っていたと思います。
 どっちが先か忘れましたが、俵孝太郎がビート武に物真似されてから大人しく「今晩は、俵孝太郎です」と挨拶していたのと抱き合せで思い出します。
2016/08/29(月) 12:21:52 | URL | あぶもんもん
私も40年近く以前に…。
昔の勤務先の名古屋支店に赴任(正直に言えば「左遷」。僕にとっては“冬の時代”でした(涙)…)していた頃、確か土曜日の夕方に中京テレビで放送していたと思います。週末というのに、不遇を託っていたためにあまり名古屋の遊興街で散在する気も起きず、独身寮で寂しく自炊の夕食を平らげながら、視るとはなしに『お笑い~』に耳を傾けて行ったあとに、まだ馬場や鶴田が元気だった頃の『全日本プロレス中継』を視るのが、毎週土曜日の定番という暗いサラリーマン時代でした。ちなみにその勤務先は後年、某社に吸収合併されるという憂き目に遭いましたので、「早期退職」に応じたことも、私にとって強ち不正解とは言えなかったと思います。
ゴメンナサイ!『お笑いマンガ道場』でしたっけ?故川島なお美サンは、その頃まだ現役大学大生(青山学院大)で、期末試験でカンニングして落第したようなニュースを聞いたことがあります。別に彼女のファンだったわけじゃありませんが、青学大テニス部に所属していた女性とバイト先が一緒で…、残念ながら彼女とも何もアバンチュールに発展できなかったけれど(涙)…。
2016/08/31(水) 12:57:06 | URL | 建半
豆知識(笑)
東京12チャンネルへのネット開始当初、中京テレビと同時ネット(土曜18時)だったそうですよ。
1クールで遅れネットとなりましたけど、後も再び同時ネット(無論土曜18時)となったりと。

当時の中京テレビは日テレ系となっていたとは言え、依然日経が筆頭株主で、その関係から事実上東京12チャンネルの準系列局ともなっていましたので、東京12チャンネルへのネットを皮切りに全国の地方局に番組販売したい中京テレビ側の思惑と、腸捻転解消で毎日放送との番組融通がほぼ絶たれ、コンテンツ不足に陥る不安も否めなかった東京12チャンネル側の思惑の双方が合致したという感じですね。

ちなみに東京12チャンネルとの関係から、関西では当初毎日放送から放送されていたとの話ですが私は憶えていないなぁ。
日テレと比べてかなり早い時期から番組販売の形かと思いますが、読売テレビ(東京12チャンネル時代には、さらに近畿放送並びにサンテレビでも平行放送)からの放送に切り替わったと思います。

2016/09/01(木) 03:11:08 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
会津では土曜日の昼下がりに放送され、後に土曜日の夕方に移動して放送されていたのを観てました。

かなり後になりますが、りゅうの介と言うワニのキャラクターが出てましたね。
2016/09/01(木) 09:38:01 | URL | すーぱーぺるる
だんちゃん
 そういえばこの番組で、それまで「たんくだん吉」として「いわたがん太」と共にコント55号の番組でお馴染みだった顔が「車だん吉」に改名されていて、戦後は終わったのだなとしみじみ感じたのを思い出しました。子供の頃は「糸巻きタンク」なんて手作り玩具がまだありましたが。
2016/09/01(木) 13:36:11 | URL | あぶもんもん
> Kyokoさん

会津では土曜の昼下がりにやってたので、学校終わってお昼食べながら見てました。
2016/09/02(金) 09:45:26 | URL | すーぱーぺるる
番組中の雑談
司会の柏村さんが「エバさんはお相撲さんでは誰が好きですか?」と聞き、エバはお題に取り組みながら「若乃花」と答えていました。
(その時のお題が相撲に関係あったのでしょうか?)
その頃、(1977ごろ)若三杉から若乃花に四股名が変わったお相撲さんいましたよね?(うろおぼえです)エバとお相撲、なんだか発見でした。

Uは「UHF」というのでしたんですね!映りの良いチャンネルの代名詞の様に思っていました。


すーぱーぺるるさん、お笑いまんが道場、お昼にやってたんですね!
夕方のイメージしかなかったです。
土曜はそのあとずっとテレビでした(笑)
2016/09/03(土) 09:44:48 | URL | (ハンドル未記入)
番組中の雑談
すみません。Kyokoです。
2016/09/03(土) 09:47:33 | URL | kyoko
お久しぶりです。
名古屋制作なのに広島色の強い当番組。
富永さんは熱烈なカープファン。大分での小学校教諭時代、教え子の一人にのちにカープの監督になる阿南準郎さん(古葉さんと山本浩二さんの繋ぎで3年間、優勝1回を含め全てAクラス)がいた。因みに富永さんはカープ初優勝時に「ゴーゴーカープ」というレコードを出しています。
柏村さんは地元中国放送アナ出身なので言うに及ばず。当番組終了後は地元夕方ワイド番組で人気を博し、参院選出馬、当選。問題発言か何かで議員辞職、広島市長選にうって出るも落選。現在は地元情報番組のコメンテーターを担当しているようです。
2016/09/04(日) 09:55:57 | URL | ナベチン
● あぶさん
そんなに発声違いましたっけねえ。
エバさんも抑揚つけて喋っていただけのような。
そして、なおみさんもそれは踏襲していたように思っていたのですが。

たんくだん吉って言ってましたっけ。覚えてないなあ。
たんくから車にね。三菱自動車みたい、と言ったら不吉すぎるか(笑)。


● 建半さん
「でした」と過去形のところに希望を見たいですが(苦笑)。
その後の締めを見ても大丈夫そうで何よりです(笑)。
ああ、そうそう。マンガ道場ですよね(笑)。
全日プロは向こうでも土曜だったのですか。
カンニングで騒がれたのは覚えていますが、落第ですか。


● TXさん
あー、株主の関係で12チャンに流れていたのですか。
そして関西ではMBS… 凄い立ち位置の番組ですね(笑)。


● すーぱーぺるるさん
そちらも土曜ですか。
いましたねえ、リュウノスケ。
意味がわかりませんでしたが(苦笑)。必要だったのかと(笑)。
そう言えば、初期は空飛ぶ円盤を模した何かでしたよね。
あれの名前はなんと言うのだろう。


● Kyokoさん
なんか、エバさんが肉布団を着てやっていたコントを思い出しました。
全員集合だったのかな。
若三杉は見た目も良くて人気ありましたからね。
Uの方が映り良かったですか。Uアンテナを設置してたんでしょうか。
ウチはどれ(神奈川、千葉、埼玉)も雨降り画面でした。


● ナベチンさん
広島色強かったでしたっけ。あまり印象に無いのですが。
柏村さんは有名ですが、富永さんもでしたか。
そう言えばカープのレコード出してましたね。持ってるかも。
柏村さんの議員当時はまったく記憶に無いんですよね。
問題発言で辞めたなんて話も初耳です。
2016/09/04(日) 21:09:58 | URL | ごいんきょ
ご無沙汰しております
マンガ道場は、77年に見たのが最初で、米丸さんが司会でしたが、当時住んでいた北海道ではその頃ネットされていなくて、単発の穴埋め番組で放送されたのをたまたま見ました。
その後80年正月にまた単発で放送されたのを見ましたが、同年10月から丸一年、毎週土曜日夕方6時にレギュラー放送され、毎週欠かさず見ていました。「ドレミファドン」の前身の「家族ドレミファ大賞」の司会で知っていた柏村武昭さんが司会になっていて驚きました。

北海道でのレギュラー放送が一旦打ち切られ、その後83年と84年の各正月の単発放送を見ましたが、84年春に父の転勤で首都圏に来て毎週木曜日の夕方5時にレギュラー放送されていて再び驚きました。さすがにこの時は高校の課外活動の関係であまり見ませんでしたが。
その後知る由もありませんでしたが、北海道でもレギュラー放送が再開されたそうで。

番組で最も好きだったのは、「恐怖のしりとりマンガ」で、風船が膨らんで破裂するまでに解答者が順々にマンガを書いてしりとりをするスピード感が見物で、次はいつか次はいつかと楽しみにしていました。
2016/09/07(水) 22:09:32 | URL | リオ
「お笑いマンガ道場」初期のUFOのようなイメージキャラクターについては私は良く知りませんが、名前あったのかな?。情報求めます。

 確か、スペシャルか何かで、漫画の神様、故・手塚治虫大先生が「母ちゃん大変だ!」ねたで書いてましたね。故・川島なお美さん、車だん吉さん、富永一朗さん、鈴木義司さん、森山祐子さん、忘れられません。そう言えば、92年ごろに「ダウンタウンのごっつえぇ感じ」の「結婚前提戦士ラブラブファイヤー」で1度パロディをやったけど、局の枠を超えて車だん吉さん、富永一朗さん、鈴木義司さん、森山祐子さんのオリジナルキャストがもぐらの国の漫画道場メンバーとして出ましたね。ちゃっかり「りゅうの介」まで出てました。
2016/09/10(土) 09:45:04 | URL | すーぱーぺるる
● リオさん
へー。単発時代が有ったのですね、北海道では。
え。ドレミファドンの前身は知らなかったな。
それも柏村さんが司会だったなんて。
有ったなあ、しりとりマンガ。
そうそう。昔のNHK『危険信号』のような趣向でした。


● すーぱーぺるるさん
えぇ! 手塚先生が出たこと有るんですか。
ごっつはかなり見ていたのですが、そんなパロディは見逃してたなあ。見たい。
2016/09/11(日) 19:38:34 | URL | ごいんきょ
富永先生
エンディングの時に富永先生はほかの出演者の人みたいに手を振らずにずーっと手をまっすぐ上げたままだったのが印象的です。
2016/09/16(金) 22:24:18 | URL | Kyoko
ごっつの件
ごっつ初期にマンガ道場のパロディをやった件、よく覚えています。
なんでも松本人志氏が本文でも触れられていた素人マンガ投稿に応募したことがあるくらいのマンガ道場ファンで、このコラボが実現したとか。
コントの中で、すでにフリップに描かれているミカンを用いて漫画を描けというテーマで、松本氏は「果物屋の店先で売られているミカン」というのを出し、富永先生からその意外すぎる発想を感心されていたのが印象に残っています。

松本人志氏は尼崎出身ですから、読売テレビかサンテレビで見てたのかな?(もしかしたら初期の毎日放送時代から見ていのかも)
2016/09/17(土) 16:24:16 | URL | 通りすがり
日本テレビ系列入りした途端に最下位→トップに!
マンガ道場とは殆ど関係ない話ですが、CTV中京テレビについて少々。
名古屋初のUHF局として誕生したCTVですが、UHFアンテナの普及が中々進まなかったのは名古屋でも同様で、まして他でも言及している様に、名古屋テレビで放送されなかった(=不人気)日本テレビとNETの残りカス番組に、その隙間を日経繋がりの東京12チャンネル番組で埋めている(ニュースまでも中京テレビニュースという名で東京12チャンネルニュースが流れていたという・・・)という編成では、激しい視聴率トップ争いを繰り広げていた先行3局に追い付くなんてとてもとてもという惨状で(涙)。

そんな中京テレビでしたが、紆余曲折の末、日本テレビ系列入りに決着し、又その頃までにUHFアンテナの普及も一通り進んだ事も相まって(つうかCTVの日本テレビ系列入り決定が名古屋に於けるUHFアンテナ普及を促した?(笑))、日本テレビ系列局として再出発した1973年4月期に、いきなり視聴率トップに躍進し、以降こと視聴率面に於いて先行3局に対して互角以上の成績を残す中京地区きっての有力局にまで上り詰めていました。

そんな下地の上でのお笑いマンガ道場と思うと、少々感慨深いものも・・・・いや、そうでも無いか(笑)。

2016/09/17(土) 19:19:04 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
● Kyokoさん
そうだ。
ずーっと真っ直ぐ手を挙げたままなのが富永流でした。
あれ、全員があれだったら、かなり不気味ですね(笑)。


● 通りすがりさん
あー、なんか、松本さんのみかんは言われれば有った気が。
でも、富永先生が出たりとか、そこまで大掛かりなパロディだったという記憶は抜け落ちてるな。
松本さんも絵は上手いですから、出演できれば良かったんですがね。


● TXさん
うーん。
UHFアンテナを必要とする局がそんなに有力だなんて、なかなか想像しづらいものが。
2016/09/18(日) 08:40:42 | URL | ごいんきょ
富永先生・鈴木先生
富永先生の描く鈴木先生は辛辣でしたが(笑)鈴木先生の描く富永先生は丸顔で可愛らしい感じだったのを思い出します。
2016/09/21(水) 22:09:42 | URL | Kyoko
顔はともかく、内容は辛辣でしたよね(笑)。
2016/09/27(火) 06:47:30 | URL | ごいんきょ
アシスタントいじり
この番組のお約束として、だん吉さんによるアシスタントいじりがありました。
おでこの広い女性がアシだった頃は「デコネタ」、あごのしゃくれた女性がアシだった頃は「アゴネタ」をどこかで出すのです。すると、これもお約束として、アシスタント嬢による鉄拳制裁(無論ピコハンマーですが)が加わるのもおかしかったです。
そのうちアシスタント自体が、着ぐるみキャラという一種のネタにされてしまいましたね。
2016/11/15(火) 20:31:05 | URL | うみがめ
お笑いマンガ道場
北海道では土曜夕方の放送でしたが、放送したりしなかったりを2度繰り返していた記憶があります。
80年代初期のエバさんの頃、1度目の中断を挟んで85年4月から川島なお美さん編が放送もいつの間にか2度目の中断、そして93年4月から森山祐子さん編が再開し、94年3月の最終回まで放送されました。
おそらく番組販売の形での放送でしたが、STVは買ったり買わなかったりを繰り返していたのでしょうね。

中京テレビさん、太陽にほえろ!の岡田晋吉プロデューサーが社長を務めていましたね。
2016/11/15(火) 23:02:07 | URL | TSUSHIMA
● うみがめさん
そうでしたっけねえ。
ワタクシ、あまりそういう展開は(特に女性相手だと)好きではないので、
流して聞いていたんだと思われます。
言われれば、おでこの広い子がいたような。

● TSUSHIMAさん
関東ですら、なかなか定着しませんでしたからね。
岡田晋吉さんが中京テレビの社長だったなんて、全く知りませんでした。
なんか印象と違うなあ。生涯現役って人かと思ってた。
2016/11/15(火) 23:24:26 | URL | ごいんきょ
アシスタント
言われて思いましたけど、そんなネタもありましたね。よくキツネ目の女の子がネタにされていました。
2016/11/23(水) 18:42:39 | URL | うみがめさん
紛らわしいのでWebネーム欄に他人の名前を書くのは避けて下さいね(笑)。

キツネ目っていうと、どうしても例の事件しか思い出さない…
2016/11/23(水) 19:41:27 | URL | ごいんきょ
ごめんなさい。スマホ変えたばかりで誤ってタイトルの所に打つはずのうみがめさんの名前を、自分の名前の場所と間違えてしまったのです。陳謝致します。m(_ _)m
2016/11/30(水) 17:43:52 | URL | カースケ
てっきり、うみがめさんが自分で「さん」付けしたのかなと思って、
天狗になったのかなと思いました(笑)。
2016/11/30(水) 23:45:48 | URL | ごいんきょ
うみがめさんにもご迷惑をおかけしましたm(_ _)m
2016/12/01(木) 17:00:52 | URL | カースケ
おいらの時代が来た
うわ,久しぶりに顔出したら,こんなの見つけた。
実は,おいら,これに4回採用されておりまする。
最初と2回目は,桂氏のころ。腕時計(テクノス)を一番よかった人にはペアで,それ以外の3人には1本づついただけたわけで,今でも2本ありまする。そのあとの樫村氏のときに3回目と4回目。このころは,テクノスの時計ではなく,銅製漫画カップ2個,でした。これも4個あるはずが,1個は友人に,1個は手元にのこりの2個は行方不明であります。
4回とも富永先生から褒めていただけたのを今でも誇りに思っています。
失礼いたしました。また,ときどき来れるよう努力しますね。
2016/12/04(日) 16:40:27 | URL | いくちゃん
なんか、以前どこかでそのようなコメントを頂いてましたね。
できたら内容も教えて欲しいですが(笑)。

「努力」は要りませんよ。
ここはワタクシも含めて、書きたい人が書きたい時に書きたい事を書く場所ですので。
間が空こうが毎日だろうが、ご都合の良い時に気が向いたら参加して下さい。
2016/12/05(月) 05:29:52 | URL | ごいんきょ
豆知識2
実は放送当時年始1回目の放送分は毎年「初笑いマンガ道場」として中京テレビ制作の全国ネット番組として放送されていました。(今の中京テレビ制作日テレ計1月4日午後もしくは夕方特番の元祖であり元流番組でもありました。)この時はいつもの番組版である「おまけコーナー」は放送されないものもいつもの番組構成で30分の正月特番として放送されていました。通常とは異なり全国セールスのためスポンサーも力を入れて番組提供していました。(確か中京テレビからブルーバックで提供クレジットしていたと記憶にありますが・・・・・・。)
2017/04/01(土) 02:17:11 | URL | (ハンドル未記入)
初笑いまんが道場って名前は聞いた事あるんですがねえ。
関東でも放送されてからのは見た気が。
みんな振り袖・和服姿でね。
2017/04/16(日) 10:15:26 | URL | ごいんきょ
なるほどザワイルド
司会の柏村武昭さんは、かつて中国放送のアナウンサーを経てフリーになりましたよね。オールナイトニッポンでパーソナリティを務めて全国区になりましたよね。
2017/06/10(土) 03:08:42 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ