私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



がんばれ!ベアーズ (1979)

今回は heyさんの依頼によるスレ建てで、ご自身による紹介文を利用させて戴きました。
(改行の手直しのみさせて戴いております)




がんばれ!ベアーズ
1979年10月から1980年3月まで金曜18時からの30分日本テレビ系列で放映されていたこの番組、なぜか最近無性に見たくなりました。
同タイトルで76年公開の映画(原題The Bad News Bears)がありましたがウォルター・マッソー、テイタム・オニールといったアカデミー受賞者らが出演しパート3まで制作された人気シリーズとなりました。
しかし私はこのTV版ベアーズがすきでしたね。

大筋はほぼ同じで、アカデミー俳優さえ出てませんがマッソーの役どころモリス・バターメイカーを名脇役ジャック・ウォーデン(富田耕生)が演じドラマを安定させています。
ところがそれを上回る活躍をするのがベアーズのメンバーたち。
テイタム演じた紅一点のピッチャーのアマンダ役のトリシア・キャスト(土井美加)は日本ではテイタムに負けない人気があったと思います。
その他、キャッチャーで巨漢のエンゲルバーグ(山本圭子)、彼の返球するボールはチョコバーでべっとり!なんてことも。

アマンダが来るまでピッチャーをやっていたルディは赤いサスペンダーがトレードマーク。
いつも半袖を肩までまくりリストバンドをしていた喧嘩っ早いタナー(小宮和枝)。
伝説の黒人選手に憧れるアーマッド(野沢雅子)。
野球はダメだけど記憶の天才めがねのオギルビー(松金よね子)。
同じく運動音痴のルーパス(吉田理保子)。

そんな10歳のルーパスを「ルーパス、男って奴ぁよう、負けるって分かってても闘わなきゃなんねーんだよ!」とハーロックのように説教たれる当時8歳のコリー・フェルドマンことレジー(堀絢子)。
バターメイカーがスカウトした不良のケリー(三ツ矢雄二)。なぜか途中でジョッシュという別の子にチェンジしましたが。
あとマスコット的なメキシコ系のホセとミゲール。二人はセリフなし。というか英語が話せない・・。

以上野球がほとんど出来ないベアーズの面々を任される羽目になったのがマイナーリーグあがりで今はプールの清掃人のバターメイカー(当時変わった名前だなーとおもってましたが、なんかジャムおじさんみたい)。
映画では市議会に頼まれてこのお荷物チームを任されましたが、TV版は清掃を頼まれたプールの家主と口論になり頭に来て家主のキャデラックを運転しプールにダイブ!ってことで社会奉仕?で監督にされたんだと思いました。

腐れバターと呼ぶタナー、送球をよけるルーパス、バババブ~ンッ!と走り回るレジーその他とても試合なんてできるような状態じゃないチームにうんざりしたバターメイカーだったが、ライバルチームのライオンズの監督ロイ(羽佐間道夫)にコケにされて火がついた!
知り合いの娘で野球経験のあるアマンダをピッチャーに据え、不良だが抜群の運動神経のケリーをスカウトしてなんとかチームをかたちにしていった・・。

2シーズン全26話もあるので、野球中心というよりメンバーひとりひとりを主役に据えて毎回笑いあり感動ありのドラマに仕上がっていた。
内輪もめでチームの雰囲気が悪い時バターメイカーがみんなに「アーマッドのエラーしたボールを追いかけたのはルーパスだ。そのルーパスの返球が駐車場までころがってったのを拾いに行ったのがレジーだ。これはなんだ!チームワークだ!」とメンバーをまとめます。
単にドタバタお子様向け野球ドラマではなく、毎回このように心に染み入るセリフがあったように思います。

テレビ画面の右下に<2ヶ国語/BILINGUAL>が出現しだしたのもこの頃だった気がします。うちのTVは当然2ヶ国語受信能力なんか持ってませんでしたが、ベータビデオはありましてそれに2ヶ国語変換スイッチなるものが付いているのをある日突然発見したので、ビデオ回線でテレビを視聴しスイッチを入れた途端バターメイカーが英語でしゃべりだしたのには驚きと感動でした!オープニングテーマが映画と同じビゼーのカルメンでしたね。

これに気をよくして「奥さまは魔女」の再放送時にもやってみてサマンサが「ダーRRIN!」と巻き舌で言った時にはさらに感動しました。
原語もいいけどこのベアーズの面々の声、子供の声ならこの人!という方々のオンパレードでした。やっぱこの頃は吹替えがいいや。
原語はオープニングがビゼーのカルメンでしたが日本版ではマリリン(現マリーン)の歌う「青春カーニバル」という曲が流れました。

♪悲しいときにくれる小さな魔法は
 空飛ぶほうきで星の彼方に
 青春It is My Bears夢中で追いかけた
 空を突き抜ける風はBlow Up!Blow Up!
 チャンスを待つよじゃだめ明日の幸せ今
 しっかりつかんでヒットとばそうTry again!・・・

とまあ悪がきどもを優しく見守る応援歌的な素敵な曲でした。
このオープニングでボールを追いかけてきたメンバーが取れずにごっちんこ!二人一組で名前と役名が紹介されました。そうそうラファント校長先生(鈴木弘子)を忘れてました。今じゃ日本でも珍しくないけど、アメリカって女が校長先生なんだーと妙に関心したものです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
本当に好きだった事が伝わるなあ(笑)。
ここから日テレ金曜18時が子供向け番組になるんですね。

ワタクシは映画版すら見てないんですが、多分、女性ピッチャーで話題を呼んだのが『野球狂の詩』の真似じゃないか!と気に入らなかったんだと思います。

今はそんな思い込みも無いので、Amazonプライムに有れば見てみようと思ったんですが、無いですね。
テレビ版は更にハードルが高いな。

昭和54年に二ヶ国語対応のビデオが有ったって凄いすね。
一号機じゃないですか。
お宝ビデオ持ってそうで羨ましい(笑)。
2016/11/23(水) 05:53:54 | URL | ごいんきょ
ドリームボール
スレ建てありがとうございました!
『野球狂の詩』も好きでした。てか映画版の木ノ内みどりさんが。
アニメでも最初水原勇気の声をやられてたのに途中で例の逃避行で降板・・。なんか後味悪かったです。ん・・後藤が悪かったのかな?
お宝ビデオいっぱいありますよっ!なつかCM・映画・ドラマそれからごいんきょの嫌いな部類のお色気系とかハッハッハッ羨ましいでしょう!!
だがしかし!すべてベータ、そのデッキが壊れててもう何十年も視聴してないのです・・・。
まさに宝の持ち腐れたぁこのことですね、トホホ。
2016/11/23(水) 11:10:48 | URL | hey
映画版の内容は度外れて酷かったなあ。
あ、あれは『ドカベン』か(笑)。
でも『野球狂』の方も、間違い無く酷そうな…

あら。テレビの方の声も木之内さんだったんですか。
最初の方だけチビッと見て、日本アニメの例の緩い動きと絵だったので見る気が無くなったという。
しかも水原編は、ワタクシは番外編と思っているので(笑)。

うーん、お宝は再生してあげたいなあ。
play back と resurrection の両方の意味で(笑)。
2016/11/23(水) 19:48:21 | URL | ごいんきょ
面白かったです
当時は、この「ベアーズ」に影響されてか日本では「レッドビッキーズ」が長いこと放映されてましたね。あと、前に触れた「トライデントガム」や「ちょっと、これなめてみて?」「うーん!」画面がシャカシャカ震えるフリスクみたいなキャンディー、あとお口で溶けて手で溶けないm&mとか、アメリカのCMの吹き替えの多い時代でしたね。「日本ワーナー・ランバート」って会社でしたっけ?
2016/11/24(木) 21:24:41 | URL | bean.
ワーナー・ランバート
ファイザーに吸収されてしまいましたが、医薬品系の会社でしたね。
だからママもOK!だったんでしょうね!
当時は黒船CMが多かったです。水・ぬるま湯・お湯~どれでも洗える「全温度チアー」なんて洗剤も懐かしいです。P&Gでしたかね。
ベアーズではいつも泥んこになってたレジーのママも全温度チアー使ってたかも!?
あるエピソードで3塁にいたレジーがバターメイカーに「レジー!ホームに帰れっ!」て言われて、走って家(ホーム)に帰っちゃったことがありました。
あのちっちゃなレジーが「スタンドバイミー」ででかくなってタバコ吸ってた時には正直びっくりしました。
2016/11/27(日) 11:56:13 | URL | hey
● bean.さん
あ、そうそう。本当に黄色い猿めが猿真似ばかりしやがってガッデム。
なに人なんだと(笑)。
『レッドビッキーズ』もまだ扱ってないですね


● heyさん
トライデントシュガーレスガムの会社がですか。
まったく知らなかった。
ま、チョコレートは明治とか、キャラメルは森永とか、ガムはロッテとか言えないですもんね。
「トライデントシュガーレスガムはワーナーランバート」とか言っているうちに15秒の半分くらい使っちゃうよ(笑)。

全温度チアーでプロクター&ギャンブルサンホームが襲来してきたんですよね。
画期的なCMでしたが、こちらも更に名前が回りくどい。
早口言葉かと思いました(笑)。
あー。吹き替えだと、ちょっとわかりづらくなっている部分ですね。
ただ「帰れ! 帰るんだレジ-!」の方が良かったかも。
って、今更翻訳者に意味無い駄目出ししてもな(苦笑)。


ウィル・ウィトンさんって事でしょうか。
2016/11/27(日) 18:38:29 | URL | ごいんきょ
スタンド・バイ・ミー
ごいんきょのおっしゃるウィル・ウィトンさんは主演の子でリチャード・ドレイファスが成人してからを演じていました。
ちっちゃなレジーはスタンド・バイ・ミーでは大きな黒縁のめがねをかけ、父親からの虐待がトラウマになっていた少年です。実際演じたコリー・フェルドマンも子役時代に業界内で幼児に対する性的虐待を受けていたことを告白しました。
その反動か青年期は大麻中毒になったり、子役によくある転落パターンが待っていました。
グレムリン、グーニーズ、スタンド・バイ・ミーと続けて人気作に出ていただけに残念ですね。
2016/11/28(月) 12:01:17 | URL | hey
アメリカの芸能界って子度役への性的虐待は日常茶飯ですか。
日本も大きな事は言えないでしょうけどね。
片端から捕まえるわけにはいかないんですかね。
2016/11/30(水) 23:33:17 | URL | ごいんきょ
当時番組録音したカセットテープまだ持ってるなあ。DVD出たけどあのフィリピン人ぽい声の主題歌入ってないとか。
「待つよじゃだめ」の所が聞き取れなくてずっと謎だったけど(チャーターメンって聞こえた)最近やっと判明。ずっとアーメッドだと思ってたけどアーマッドなのか…
2017/02/07(火) 04:55:09 | URL | (ハンドル未記入)
Ahmad Abdul Rahim
彼のフルネームです。ん~何と読むのでしょう・・・?
(ハンドル未記入)さんのおっしゃるように「アーメッド」かもしれません。
吹替え版でバターメイカー(富田耕生さん)やベアーズのメンバーたちが彼のことを「アーマッド」と言っているように聞こえただけで確信はありません。
私も♪夢中で追いかけた~を「宇宙で追いかけた~」と聞き違えていたくらいですから・・。


2017/02/09(木) 14:36:13 | URL | hey
あら。日本版主題歌は処分されてしまってるんでしょうか。

宇宙規模の野球なんて素敵やん、ベアーズ(笑)。
2017/02/09(木) 23:28:55 | URL | ごいんきょ
>何と読むのでしょう
アーマッド・アブドゥル・ラヒームでは?
2017/02/15(水) 23:48:20 | URL | esme
Oh,God!
esmeさんが読み方の提案をしてくださったので、本気で調べてみました。
テレビ・映画版に共通するキャラクターなのですが、映画の宣伝や評判を見るとアーマッド、アーメッドどちらもありました。
日本人はなんでも読みやすいようにカタカナ表記してしまうからどっちが正しいってないかもですね。
俳優のウォーレン・ベイティはちょっと前まではウォーレン・ビューティーでしたし。
当の本人にこっちが正解っ!て言ってもらわないとわかりません・・。
それより、ミドル・ラストネームのアブドゥル=ラヒームって「慈悲深い神の使徒」という意味なんだとか。元NBAのシャリーフ・アブドゥル=ラヒームという人のWikiにでてました。
ごいんきょが「宇宙規模の野球なんて素敵やん」ていってくれたけど、「神懸かってまっせ!ベアーズ」。
2017/02/16(木) 17:53:13 | URL | hey
そもそも日本語で発声できるかどうかもわかりませんしね。
英語のfの発音だって、正確には「ふ」ではないのですから、
その辺はそこそこ近ければなんでもいいんじゃないですかねえ。

向こうの人の名前って、宗教絡みの名前が多いですよね。
ミッチェルとかミッシェルだって、ミカエルから来てるというような。
ま、現代ではそんな意識はせずに呼んでいるのだとは思いますが。
2017/02/19(日) 13:12:47 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ