私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



続々今年の抱負

おめでたい方は明けましておめでとう御座います。
昨年に書きました抱負の幾つかは実現できました。
今年は、残る抱負の実現に全力で当たりたいと思います。


● 電子書籍・昭和テレビ欄大全集の発行
昨年は昭和29年度を出しました。
なかなか捗りませんが、今年は最低でも30年度は出せると思います。


● 個人誌・レコード版ライトの出版 
昨年は巻之伍「魅惑の番組ジャケ」を出しました。
今年も最低一冊は出したいと思います。


● レコード版 巻之壱 PDF版配布(書籍購入者のみ)
なんとか昨年に実現できました。
本誌を購入された方で、閲覧できていない方はご連絡下さい。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


● 電子書籍・昭和エロテレビ史(江口以蔵 氏)
なかなか手が掛かる内容だけに三年目に入ってしまいましたが、
今年はこれを最優先で進めたいと思います。


● ネットラジオのようなもの
『昭和テレビ探偵団』をやる前に話を磨こうと思っていましたが、
予想に反して『探偵団』の方が進んでしまいましたので、
取り敢えず、こちらの試みは中座という形となります。


● 昭和テレビ探偵団
実地でテレビの話を聞きに行くという企画でしたが、
年頭には予想していなかった形で話が進み、
結果的に昨年に活動を開始する形となりました。
昭和テレビ探偵団
昨年度に登場して戴いた方々は、関係者が
日高欽治さん、萩勇さん、阿部正吉さん(以上、広告関係者)、小林正夫さん(元大映制作者)、
橋本一郎さん(元朝日ソノラマ)、そして一般人の方がお一人参加して下さいました。

この方々のお陰様で、取り敢えずは企画倒れに終わらずに済みました。
以上の方々には、この場をお借りしまして、重ね重ねのお礼を申し上げます。
一銭にもならず、誰がやっているとも知れぬ最果てのブログ主と、
わざわざ直接お話し戴けました事は、上記の方々のご人徳と、
文化へのご理解の賜物以外の何物でもございません。

本年も引き続き、昭和テレビを肴にワタクシとワイワイ語って下さる方を募集しております。
取材対象者募集



以上、昨年の抱負は自己採点で70点てところでしょうか。
勿論、その多くはワタクシの力によるものではないのですが。
本年は、とにかく昭和エロテレビ史に全力を注ぎたいと思います。

あとは、探偵団の方で一人くらいは今年も語ってくれる人が出て来たらいいなと。
こちらは、なかなか難しいとは思いますが。
関連記事
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ