私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

一休さん(1975)

 何回かに渡り、え?これ今までやってなかったの?なんで???という番組を続けて扱って参ろうかと思います。
 ここを始める時、恐らく1000回くらいでは番組は尽きないだろうと思ってましたが、実際に、有名作品に限っても、まだまだ扱っていない番組がごまんと有ります。
 しかし、それも2000回になる頃には尽きてくるのではと予想してますが、そこまでの道中、期末棚卸しでありませんが(笑)、ここらで扱ってない有名作を少し解放していきたいと思います。


 この番組も、ワタクシが子供の頃に大人気で、ワタクシらの世代から十年くらいは、知らない人はいないだろうってくらいの人気作ですが。
 でも、やっぱりワタクシは見てなかったんですよね~。ロボットものでもないのに。で、これまたAmazonプライムで初めて見たという次第。
 この時期、ワタクシは子供と言っても反抗期に差し掛かる頃で、とにかく子供番組が全般的に馬鹿馬鹿しくて仕方無かった。
 子供番組と言っても、ピンポンパンとかポンキッキは見てたんですが、テレビまんがとかヒーロー物なんかが駄目でね。
 でも、紙漫画は半端でなくノメリ込んでいくのですが。当時の漫画週刊誌は、子供のものというよりは学生さんとかのお兄さん向けって感じでしたから、そちらがワタクシの受け皿となりました。

 ですが、この番組のような人気作は、周りで話題となるわけです。だから、なんとなくの空気感は持っているわけですけど。
 「ソモサン!」「セッパ!」というのが、或る頃に流行り始めました。聞けば、一休さんでとんち問答をする時の合い言葉だという。
 最初の頃に流し見した感じだと、一休さんが頭の周りでグルグル円を描いて、ポクポク木魚の音をさせながら考えるという形で、その真似もたまにやる奴はいたのですが、ソモサン・セッパは、もっと流行りやすい形ですからね。まあ我々の年代で返せない者はおりますまい。

 あと流行ったのは、「慌てない慌てない。一休み一休み」ですね。これは応用範囲が広かった。
 番組の中程のCMの時間になると、登場人物たちの声で「一休!」「一休!」と呼び声がかかり、それに応えて一休さんが、寝そべりながら先の言葉を言うものでした。
 和尚さんが考えている最中にCMに入る時が有って、その時は「和尚様!」「和尚様!」と一休らが声を掛け、和尚さんが「慌てない慌てない。一休み一休み」と寝そべりながら応えるという遊びが見られました。
 御仏に使える者がなんというふしだらな(笑)。

 今はどうか知りませんが、この頃の日本人は、彦一とか一休さんのとんち話というのは必ず子供の頃に耳目にしていまして、「このはしわたるべからず」とか、屏風の虎退治の話とかは、誰でも、子供でも知っていました。
 ただ、それをテレビまんがにしたという事には、ワタクシは少々驚きまして、あれってそんなに話あったっけ?と疑問に思ったんですね。
 そんなに毎週毎週とんち話を出せるのかなと、それが気になって、ちょっと見たい気にはなったんですよね。でも、年頃の格好付けの方が上回って、子供の漫画は見たくないという思いの方が上回ったのでした。

 提供は、笹川良一御大健在の頃の日本船舶振興会。年老いた母を背負い、遥かな石段を登る笹川御大の写真が目に焼き付いた世代です(苦笑)。
 ところが、これに天敵・共産党が噛み付いた(笑)。曰く、売名行為だという事でしたっけ。なにしろ当時のCMでは、最後に必ず「会長 笹川良一」のご尊名が映し出される仕様でしたからねえ。
 そんなわけで、少しすると会長の名は表示されなくなり、画面にも目立っては登場しなくなります。
 そうなってからの戸締まり用心の歌は、これまた、当時世代は今でも歌える事でしょう。山本直純、最後期の好仕事でありました。
 番組の最後期には、ハウスが提供を請け負ったらしいですけど、なんとなくしか覚えていません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
一休さんのとんち
「このはし」「屏風の虎」以外では「お供え物のぼたもち」の話は傑作でした。
ぼたもちを食べたのは誰だ?の疑問、一休は仏像を釜茹でにすると「ほーら、くったくった(食った食った)って言ってるでしょ」と答えるのですが、すべてを御見通しの和尚、「うそつけ!食べたのは一休だろ」と一喝したのがオチでしたね。

和尚役の声優さん、アルプスの少女ハイジのおんじやドラゴンボールの亀仙人でおなじみの宮内幸平さんでしたね。
2017/03/20(月) 07:16:54 | URL | TSUSHIMA
長寿番組でしたね
一休さん、ふだんの話は桔梗屋さんと娘の弥生さんのイジワルをとんちで懲らしめるのが殆どで、印象に残ってるのが、「流行り病の熱を下げる方法、絶対他人に言ってはなりませぬ」と言われて、看板に書いて教えた話や、探させた宝箱の中にタヌキの絵が描かれていて、「タヌキの宝箱だから、から箱じゃ」と言われて「タヌキの宝物なら『唐物』ですよ!」と返した話でしょうか。
たまに、母上さまに会いたくなって屋敷の前に来ると「お前は修行の身!来てはなりませぬ!」と母上さまに追い返される可哀想な回もありましたね。 そう言えばCM前のアイキャッチ、初期はタイトルを指差し「あわてない、あわてない、ワタシは一休!一休み一休み。」と言ってました。
2017/03/21(火) 11:11:37 | URL | bean。
● TSUSHIMAさん
ぼたもちの話、一休が仏像を煮込んだのには魂消ました(苦笑)。


● bean。さん
弥生さんが苛め役なんだけど、一休にとんちでやられるという、
子供版どてらい男!と言える内容でした。
こんな解説するの、世界中でワタクシだけでしょうが(笑)。
2017/03/23(木) 07:02:13 | URL | ごいんきょ
なぜ一休さんは仏門に入ったか?
こんばんは。
一休さんはどっかの武家の息子さんでしたっけ?お家の事情で出家していた?なんか悲しいストーリーがあったような?エンディングテーマは、〽母上様、お元気でーすーか?なんて悲しい感じの歌でしたね。
2017/05/20(土) 21:25:16 | URL | とらお
天皇の子供という事ではなかったですかね。
詳しい背景は語られてないと思いますが。
歴史的には、お母さんが政敵に追い落とされた感じのようですね。

あの終了主題歌は、『タイガーマスク』と並んで終了主題歌の哀しさを印象づけました。
2017/06/11(日) 19:15:15 | URL | ごいんきょ
コマーシャル「一日一善」のパレード
山本直純先生が纏を振り上げ、高見山が大太鼓をたたいていました。歌詞は曜日ごとにありましたよね。
2017/08/07(月) 10:01:25 | URL | Kyoko
「肝心要の火曜日」しか思い出せない(笑)
「とっじまっり よーじん ひっのよーじん♪」ですよね。
どっかに歌詞載ってないかなー…あ、あった!

 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1942/sskw/youjin.htm

 一日一回 良いことを
 ニコニコ ニッコリ 日曜日

 月に一度は 大掃除
 げんげん 元気な 月曜日

 火には用心 火の用心
 かんじん かなめの 火曜日だ

 水はいのちの お母さん
 すいすい すいすい 水曜日

 木や草花は 友たちだ
 もっともっと ふやそう 木曜日

 お金は世のため 人のため
 ちょきちょき 貯金の 金曜日

 泥んこ風の子 元気な子
 どんどん出てこい 土曜日だ

  ↑
そーだそーだ、こんなんだった。作詞は武本宏一さん。
で、「一日、イチゼーン!」って音頭取ってらした笹川御大(この歌の監修者)が、
おそらく当時の日本における「おま言う」の筆頭格だったというオチが(笑)。
一休さん世代ではない私は「徹子の部屋」か何かで流れてたのをよく見た記憶が。

ちなみに最近流れているボートレースの「BOEDO」シリーズのCMは、
このCMをモチーフにした部分があるそうです。
2017/08/08(火) 07:57:51 | URL | くろねき
そういや
実際の一休宗純も高僧等の陰でしていることの告発という意味で皆の前で飲酒肉食をしたという逸話も聞くし小夜よりもはるかに年下の女子との恋話も伝えられているので生臭坊主と言ってしまえば反論はできないので船舶振興会提供というのも納得なのかも?

にしても企画段階で他のスポンサーはどこも名乗らずにいたのであろうか?
2017/08/13(日) 17:22:22 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
少年徳川家康
一休さんが放送されていた水曜7:30→月曜7:30分枠自体が、どうやら前作の「少年徳川家康」から日本船舶振興会の買取枠となっていたと思われ、寧ろ日本船舶振興会の強い意向で(一方、東映サイドから観れば長年企画段階で燻っていた)一休さんのアニメ化が実現したという感じなのかな?と。
そもそも少年期限定とは言え、山岡荘八の「徳川家康」をアニメ化し且つ母親への愛情を特に協調したなんて、会長自ら「お父さんお母さんを大事にしよう!」なんて言っていた日本船舶振興会側の意向としか思えないですしな(笑)。
又、母親への愛情については一休さんでも事あるごとに強調されていた様な。

つまりは偉人伝的且つ親孝行を推奨する番組をやりたかった日本船舶振興会(=笹川良一)側と、1960年代から一休さんのアニメ化企画を温めていたとされる東映動画側、ちなみに言えば教育局との出自に依る教育・教養番組20%以上との自主規制から、従来の学校放送に代わる教養・修養番組の必要性に迫られていたNETテレビ側の三者の利害が一致しての一休さんのアニメ化かと思われます。
2017/08/15(火) 14:40:03 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。