昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



がんばれ!マリンキッド (1966)

 ただいま、毎週土曜(都合によっては金曜)22時より、YouTube生配信にて昭和アニメソング史を回顧しています。
 現在のところ昭和45年放送開始分まで済んでおりますが、今後も色々と題材を考えながら続けていくつもりです。
 そんな具合ですので連動させるように、暫く昭和テレビまんがを扱おうと思います。
 その第一回目ですが、生配信でも情報の少なさを嘆いた、この番組を実見していた人を探そうという意味も含めてのスレ建てとなります。


♪ 鉄より固ーい真っ赤なスーツ


 ビクターのコーラスグループ・トニーズが歌う、のどかな主題歌で始まっていたと思われるこの番組は、実は前身が有りまして、その名を『ドルフィン王子』と申します。
 かの『ドルフィン王子』こそは、日本初の連続カラーアニメにして、初めてテレビアニメ史という概念の書物を刊行した杉山卓を制作組長としていた番組でした。

 ん? 「日本初の連続カラーアニメは『ジャングル大帝』じゃねーのかよ」と訝しがる貴方はなかなかの通。
 そう。かの『ドルフィン王子』こそは、わずか3回しか放送されなかったために、『連続放送』とは実質的に解されず、記録からは除外されている悲劇の番組なのです。
 提供は松下電器。思えば『ジャングル大帝』は三洋電気提供だったわけですが、カラーテレビ普及にカラーアニメを使おうという発想も、松下が三洋に先駆けていたわけです。
 何故3回しか続けられなかったか。
 当の杉山が書き残してくれておりますが、要するに資金難だったのです。
 制作の”テレビ動画”という会社は、フジテレビ系の共同テレビと東京光映というCM制作会社の共同出資で作られた会社とかで、第一作に”怪盗プライド”(放送はドルフィン王子より後)を制作した後、このカラーアニメを企画したのでした。

 ところが、放送局も何も決めないうちに行き当たりばったりで作り始めたがために、3本制作したところで資金が行き詰まったというのです。
 彼らがそのように行き当たりばったりに始めたのは、親会社筋のフジテレビが面倒を見てくれるだろうという考えが有ったからで、実際に結局はフジテレビがその3本を放送してくれたわけです。

 赤いウェットスーツを着た”マリン”という少年が、噛めば水中でも息ができるオキシガムを駆使して、白いイルカと人魚を仲間に海中で活躍するという設定は、最初の『ドルフィン王子』も、この『がんばれ!マリンキッド』も共通。
 そして、この”マリンキッド”は13回で終わるのですが、更に数年後、『海底少年マリン』と再び題名を変えて登場した際に、再放送時まで含めて無事に全73回の長期放送が成されたのでした。

 カラー制作されたのは、”ジャングル大帝”もそうだったわけですが、海外セールスも考慮しての事でしょう。当時、カラー制作は非常にコスト高だったでしょうが、海外に販路を見出せれば、それも解決するわけです。
 従って設定も非常にSF的で、キャラクター設定もバタ臭い感じ。
 それらが功を奏したか、この”マリンキッド”放送開始時には、アメリカで十局、その他アルゼンチン、カナダ、ブラジル、香港など十ヶ国での放送が決まっていたのでした。
 しかし、キャラクター設定が日本人向けというよりはバタ臭い感じだったためでしょうが、当時の新聞発表で”アメリカのテレビまんが”と紹介される有様(笑)。
 当時の制作者たちは、それをどんな思いで読んだんでしょうかね。
 或いは誇らしい事だったのかもしれません。

 『ドルフィン王子』時代から少年の名はマリンだったらしいですが、イルカは”シロ”と日本調(笑)。この『マリンキッド』からはホワイティと改められています。
 また、人魚の女の子も、”マリーナ姫”から”ネプティーナ”へと改められ、どちらも『海底少年マリン』に於いてもその名で引き継がれました。


 たった3回しか放送しなかった『ドルフィン王子』は勿論、13回の『マリンキッド』も、ワタクシは見ていた人に会った事が有りませんし、証言も見たことが有りません。
 二作とも放送用のフィルムがいまだに見つかっておらず、主題歌からしてどんな歌手が歌うどんな歌だったのか、確定はしていません。
 なんとか補強証言を得たいと思ってのスレ建てですが、なかなか難しいでしょうねえ、当時に見ていた人が書き込んで下さるのは。

 なお、『海底少年マリン』につきましては別スレがきちんと有りますので、そちらにお書き下さい。ここでは『ドルフィン王子』と『がんばれ!マリンキッド』に関する情報をお願い致します。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ