昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



少年発明王(1961)

今回は0011ソロさんの投稿を元にスレ建てさせて戴きました。


 子供の頃に必ず読まされるのが、世界の偉人伝。この偉人伝の中で外せないのが
「発明王 エジソン」。児童小説では「巌窟王」、まんが雑誌なら「冒険王」、そして
偉人伝では「発明王」。
 そんな超有名な発明王にあやかった番組がありました。それが「少年発明王」。主人
公の名前が不二夫。主人公の発明したジェット機が富士号。つまりフジテレビで放送し
ているから不二夫と富士号。現在はフジテレビですが、開局したての頃は富士テレビの
名称でした。なんとも安直な命名です。

同じようにフジテレビ開局と同時に放映開始した「天馬天平」の主人公の芸名が富士八郎。
フジは8チャンネル…。こちらはもっと安直です。
 ともあれ、この「少年発明王」はあまり人気が無かった。
同じクラスでこの番組を見ていたのは、あと二人か三人程度だったかな?
「快傑ハリマオ」「少年ジェット」「七色仮面」などは、ほぼ全員が見ているような感じなのに。
学校で遠足に行くとバスの中で必ずテレビ主題歌の合唱になっていました。
ハリマオ、ジェット、などは定番だったけど、発明王を歌った記憶がありません。
 確かに印象が薄い番組ではあったけど、なぜか毎週見ていました。

「少年発明王」の主人公は、天才少年で毎回ひとつ信じられないようなすごい発明をして
事件を解決するという一話完結のストーリー仕立てでした。
 銀行ギャング団が人質を取って銀行に立てこもると、身につけた人物が透明になってしまう透明マントを作って、犯人に近づき逮捕してしまう。
 しかも、周りは大人か警察関係の人たちばかりなのに、なぜか透明マントを着けて、犯人(しかも複数!)に立ち向かうのは不二夫ただひとり!!
 そのほかには、犯罪予告をして必ず美術品を奪ってしまう怪盗(怪人二十面相のパクリ?)が、とある有名絵画を奪うとの予告の手紙を、その絵画の持ち主に送りつけます。
恐れをなした持ち主が、天才と名高い不二夫の元を訪れ、天然色複写機を作ってくれと頼み込みます。
つまり本物と複写物をすり替えておこうという作戦です。
不二夫は願いを聞き入れ、天然色複写機を作りあげ、頼みに来た人物に渡します。
ところがこの依頼人こそ悪人で、この複写機を使ってニセ札を作り出すのです。だまされたんですね。
本当に不二夫クンは、頭が良いのかと疑問がわきます。天然色というのが、時代ですよね。

当時は質の悪い白黒複写機しかありませんし、それすら超高額だったのです。
またある回では、機械の上部から牛乳とメリケン粉を入れると、機械の中からショートケーキになって出てきます。
また、肉とジャガイモとカレー粉を入れると、カレーライスになって出てきます。
つまり万能調理器なのです。しかも、米を入れていないのにちゃんとカレーライスになっているのです。
そのうえ、お皿をセットした場面も無かったなぁ。
ナゾだったなぁ…。いい加減だったなぁ…。メリケン粉というのも、時代です。
でも、この発明は覚えていても、この回のお話がどんな内容だったのか、全く覚えていません。

 半年間の放送だったから、全体で26回の放送…とすると26個の発明があったはずなんですが、覚えているのはこの3っつのみ。やっぱり印象が薄いです。
 不二夫は黒のロイド眼鏡をかけています。頭の良い子だから眼鏡をしているという設定ですね。
当時は、頭の良い子=眼鏡をかけている、という図式がありました。
この図式はかなり後々までありまして、あの「ひょっこりひょうたん島」の主要な登場人物の博士も眼鏡をかけています。
これもその図式のひとつです。
 また「ウルトラQ」の「ゴメスを倒せ!」では、一人で古文書を研究して怪獣出現を予言する少年が出てきます。
頭の良い彼もまた黒のロイド眼鏡をかけています。
ついでに言うと、この少年が出てきた瞬間、なんだこの少年発明王のガキみたいのは?……と思いましたね。
イメージとしては、このウルトラQ少年と不二夫は正にピッタリと重なります。
この眼鏡をかける頭の良い子は、わき役としては良いのですが、残念ながら主人公向きのキャラクターではありません。
きっと視聴率も良くなかったのでしょう。

主人公が眼鏡をかけた少年では、主人公らしくない!!
 きっとそのためだと思うのですが、1クール過ぎた時、不二夫は突然、眼鏡をはずして見た目は普通(?)の少年になって登場します。
この最初の登場のとき研究所の所長から「不二夫君、眼鏡はどうしたんだい?」と尋ねられると「コンタクトにしました」「ああ、
そうかい」と、説明はこれだけ。
 天才発明家なのに、自分で近眼を治す薬を作ったとかじゃなくて、コンタクトなんだ…
と、今なら思わずツッコミを入れたくなります。でも、番組のテコ入れはこれだけ。
見ている側としては、さえない顔だなぁ…と思ってはいても、すでに眼鏡込みでイメージを作っています。
眼鏡を取っただけなんですが、イメージがガラリと変わって別人に見えてしまいます。
最後回まで、どうもなじめませんでした。

 眼鏡を取った不二夫クン、以後見事に周りの少年たちと同化してしまいます。
場面がロングで何人もの少年たちが映ると、一瞬どの子が不二夫だかちょっと分かりません。
黒い眼鏡をかけていれば、たとえカッコ悪いと思っていても、一目で不二夫がどこにいるのか分かったのです。
まぁ眼鏡を取ってもあまりイイ男ではなかったので、全体として増々ボンヤリしてしまったのでした。
なんにしても、主人公をはっきりさせたかったけれど、よけいに焦点ボケを起こしてしまったのでした。

 ホント、この作品は全体的にともかく安っぽかった、チャチだった。
不二夫が発明した富士号に乗って嵐の中を飛んでいると、稲妻が光る度に機を吊るしている糸が白くクッキ
リと見えてしまったり…。 
 せめて特撮ぐらいまともだったらなぁ…。でも、どう見ても製作費がかかっていなかった作品だったのです。フ
ジが開局したばかりの頃の作品なので、余り地方にはネットされていなかったようです。
地方出身の方とお話しすると、放送されていなかったので、話題にのぼる事がまったくありません。
東京、名古屋、大阪地方では放送されていたと思われますが、これ以外の地方についてはわかりません。
 月光仮面では盛り上がるのに、少年発明王ではなかなか盛り上がらず、ちょっと寂しいのです。
あと、どんな発明があったのか、知りたいのです。
ああ、そんな発明があったなぁ…とか、いや~全然覚えてないなぁ…とかで、盛り上がりたいのです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
いやー。こんなに『少年発明王』について語れる方がいらしたとは素晴らしい。
なにしろ本当に情報が全く無いので、どれも心が躍るお話でした。

武田鉄矢さんが語った話では、日清食品の提供だったので、やたらチキンラーメンを食べていたとか。


スレ建て依頼スレの方で返信が幾つも付いてしまいましたが、そちらも以下に転載させて戴きます。
2019/01/09(水) 23:00:09 | URL | ごいんきょ
しかしまたとんでもねぇ番組が出て参りまして、、
拝啓 よろしくお願いいたします。
しかしまぁ0011ソロ様の「少年発明王」には感激いたしました。当時の自分はリアルタイムで観た記憶も、後の再放送で観た記憶すら無い、、、、
1970年代になりレトロと言うフレーズすら知らなかった頃、資料収集していて知ったのです。後に今から35年以上前、当時の製作元「共同テレビジョン」にしつこく取材し、当時のS部長から直接「少年発明王はじめ昭和30年代の作品は、フィルムのネガポジプリント含めて全て処分されていて何も無い」との責任回答を得ております。しかし悔しく残念だった、、、現在残されている資料としては「キングから出ていた主題歌のフルコーラス版、僅かなモノクロ写真、ストーリー展開」等であり、ほんの時々ネットのオークションで「当時の台本」等が出されていた事も記憶しています。
しかし0011ソロ様の素晴らしい記憶力とその摩訶不思議なストーリー展開には驚きです。ロイドメガネと言えば「まるでダメお」なんかもそうだったですよね? 不二夫君ってぇ僅かな写真で観た事はありましたが、そんな事が隠されていたのですね。感激しました。 この「天才発明家 Tエディソン=エジソン」等をモティーフにした作品は色々あった様ですが、、、自分が記憶に残っていたのは「白黒初放映のお化けのQ太郎の中のストーリー」でした。この中で2話ばっかし「発明王」をテーマにした作品がありましたね。「発明王の巻」「発明王エザソンの巻」ってぇ言う奴でしたが、、、この中で「発明王エジサン」ってぇ親父が出てきます。何でも本名は「恵時三介=えじさんすけ」だと(爆笑)
しかし、少年発明王の主題歌とBGMの件で当時お元気でした「渡辺浦人先生」にインタビューさせて頂いた際、先生から「いゃあ当時のものは譜面も何もどっかいっちゃって何も見つからないんだ。何かあったらあんたに聞けばいいんだなぁ」っと豪快に笑っておられ、提供させて頂いた音声資料のお礼に素敵なレコード=クラシック作品をお送り頂いた感激は忘れません。
どうか「少年発明王」皆様のご参加心よりお待ちいたします。 敬具
2019/01/09(水) 23:00:48 | URL | よしたかくん
チキンラーメン

 武田鉄也さんの証言によれば、不二夫クンはチキンラーメンばかり食べていたとか…。
これを見て、いろいろ記憶を探ってみたけれど、残念なことに私は発明王の劇中で不二
夫がチキンラーメンを食べているシーンが、まったく浮かんでこないんですね。まぁ、
はるか昔の作品なので、覚えていないのもしょうがないです。ただ、ひとつ気になる事
がひとつ…。この当時、番組の主人公がCMに出てきて商品を勧めるのがよくあったの
です。「月光仮面」のCMでは、祝探偵事務所の助手の袋五六八が夏バテしていると、
月光仮面本人が現れて武田薬品のパンビタンを勧めます。またある時は五六八にプラッ
シーを勧めて「お米屋さんに注文して、持ってきてもらいなさい」と忠告までしてくれ
ます。月光仮面がこんなこと、するのかなぁ?…と、その時思いました。「少年ジェット」
では、ジェットが愛犬シェーンと一緒に買い物に出かけてS&Bカレーを買います。
次の場面ではジェットがカレーライスをうまそうに食べていると、ジェットの横の床で
シェーンが同じようにカレーライスを食べていました。犬にカレーなんか食べさせても
いいんだろうか?…と、その時の感想です。これから月日が経って「巨人の星」のCM
では、星飛雄馬がボールの代わりにアースジェットを持って、カやハエを退治してまし
た。これ、マジで作っているのか?…と、その時思いました。恐るべし、大塚製薬!!
 で、発明王の提供が日清食品でしたから、当然CMの内容はチキンラーメンとなりま
す。当時の事ですから、月光仮面や少年ジェットと同じように主人公の不二夫が出てき
てCMをしていたぼんやりとした記憶があります。毎週毎週、不二夫がラーメンを食べ
ているCMが、不二夫クンはチキンラーメンばかり食べていた記憶になってしまった…
とも考えられるのです。さて、真実はいかに?
 確かめたくても、肝心の作品のフィルムが無いのでは、今となっては確かめようがあり
ませんよね。ほんと、フィルムぐらい1本でもいいから残しておいて欲しかったです。
 チキンラーメンについて、あれこれ思い出そうとしていたとき、全然別のシーンを思い
だしました。少年王のOPで、不二夫が富士号に乗って富士山をバックに飛んでいるシー
ンがありました。いくらフジテレビだからって、ここまでしなくても……。

2019/01/23(水) 15:04:54 | URL | 0011ソロ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ