昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



億万長者と結婚する法(1959)

今回は0011ソロさんによるスレ建てです。


 マリリン・モンローが主演した映画「百万長者と結婚する方法」をテレビドラマ化にした作品。
 映画では3人のモデルが百万長者の玉の輿を目指して奮闘するのだけれど、テレビ版では設定が少し変更になってました。
 題名が少し違うのは百万は百万ドルの事で、億万は日本円の1億円を指すらしい。
 当時は今と違って固定相場制の時代で、1ドル=360円でしたから、ちょっと日米で金額が釣り合いませんけども。
 方法を法に変えた理由は、ちょっと分かりません。とりあえず題名を少し違えて映画とテレビの区別をつけたかったのでしょうか。

 ただ私が見たのはテレビが先で、映画が後でした。
 億万長者ではモデル役は一人になっていて、あとの二人はバリバリの職業婦人(古い!)です。
 映画版ではモンローが演じたポーラが、テレビ版では唯一のモデル役のロコになり、このロコを演じていたのがバーバラ・イーデン。
 後に彼女は「かわいい魔女ジニー」のジニーになります。

 OPで3人の紹介場面では白い水着姿のロコが「あたしロコ。モデルなの」と向井真理子の色っぽい声
で自己紹介をしています。
 ただ、この時代ですから水着はビキニではなく、ワンピースなのです。
 大体3~4回に1回は、かなり強引(?)にロコの水着の撮影場面が入ってました。
 今も昔もサービスショットは必要なんですね。

 ただ、撮影現場のシーンではロコが普通のドレスを着ていた場面もありましたから(ただし、肩が全部見えているちょっと
色っぽく見えるドレスだった)ロコはいわゆるピンナップ・ガールでは無く、そこそこ売れてるモデルという設定だったんでしょう。
 ロコの性格設定は映画とほぼ同じで、極度の近眼なのですが、眼鏡の女性は男性にモテないと固く信じて、私生活では眼鏡をか
けても、特に男性の前では絶対に眼鏡をしません。
 おかげで人物を間違え、案内表示が読めずまるで逆方向に進み、男性とレストランに入るとメニューが読めない…というお
決まりのパターンになります。

 私生活でかけている眼鏡なんですが、トニー谷がかけているような、今だったら「ドラえもん」に出てくる金持ちのおば様がかけているような眼鏡で、おしゃれな眼鏡ではありませんでした。確かにこの眼鏡じゃあ、色っぽくはないです。
 この当時、可愛いデザインの眼鏡って無かったのでしょうか?
 ストーリーは億万長者とうまくいきそうになるけれど、最後はやっぱりダメになる、まさに鉄板の大人向けコメディーとなっていました。
 大人向けドラマとしては、あの「サンセット77」「パークにまかせろ」などの大人向け作品より早く制作されていたのです。

 それにしても、ロコ以外の二人の名前と職業が出てきません。
 一人が何かキャンバスに向かっているシーンと、もう一人が大きな会社の受付をしているシーンを覚えているのですが、これが二人の職業で画家と受付嬢なのか単なるワンシーンなのかもわかりません。
 二人の名前、職業などご存知のかた、お教えください。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
これ、YouTube版の生配信で扱いました。
昭和34年フジテレビの番組で、なんと開局日から始まっているんですね。
ちなみに、『クランチ船長』『うちのママは世界一』も開局初日からの番組です。

 いつもながらの素晴らしいご記憶ですが、他二名の職業について補足しますと、ミケはウォール街の秘書、ロリはクイズ番組のホステスですね。
 第2期からはロリが消えて、代わりにリサという役が出て来ますが、こちらの職業は今のところ不明です。

 アメリカドラマに関しては大概、当時の映像を見る事が出来ます。
https://www.youtube.com/watch?v=vfR-nLuv2Cg
2019/02/16(土) 06:41:08 | URL | ごいんきょ
CTVA(The Classic TV Archive, http://ctva.biz/index.htm)によると、リサも秘書のようです。

関西ではKTVではなく、フジテレビと同日に開局したMBSでの放送でした。

現在のようなネットワークが確立する前なので、他にも裸の町1期がKTV発RKB-THK-NET、阪名福は1958年12月開始(KTV放送開始日の産経新聞に掲載された当番組の提供スポンサー小西六写真工業の広告より)で東京のみ2ヶ月遅れでしたし、
かわいいアリス(原題「This is Alice」、東京12チャンネルでは茶目っ子アリスと改題)がNET-KTVだったりします。
2019/02/16(土) 08:17:54 | URL | WD-40
ありがとうございます

 三人組の残りの名前と職業、ありがとうございました。教えていただくと、そうだった
と思い出すのですが、一人では中々物事が出てきません。特にロリは受付嬢ではなくて、
クイズ番組のホステスだっんですね。とってもスッキリいたしました。
 父親はマリリン・モンローとバーバラ・イーデンを、この番組を見ながら比べて「モン
ローの方がイイ女だ」と言ってました。そりゃそうだ…と今なら思います。でも、バーハラ
が「かわいい魔女ジニー」に出演したときは31歳だったとか。それはそれでスゴイような
気がします…。 
2019/02/18(月) 17:43:50 | URL | 0011ソロ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ