私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



あんぜんパトロール (1986)

あんぜんパトロール(1986)
ウホホーイ ウホホーイ ウホホーイ ウホホーイ

いや、遠藤章造ではなく、林家正蔵の方でね。
ウホホイが「しょうぞう」という名前でくくられる日が来た。
ここに笑い神の意志を感じない者はおりますまい(笑)。
そもそも林家正藏という名は落語の大名跡の一つでありましょうが、
それが諸事情で喜久蔵さんのお師匠さんに継がれたところから混乱が生じます。
このキクちゃん、しょっちゅう師匠のモノマネをするんですが、故人そのままですね。
口移しで稽古しているうちに師匠のモノマネが上手くなる芸人は多いですが、
この方のはまさに名人級。って、モノマネ名人と言われても嬉しくはないでしょうが。
で、そのキクちゃんのお師匠の前に正藏を名乗っていたのが、現正藏のお祖父ちゃん。
つまりは、林家三平師匠のお父さんということに相成ります。

「二木二木二木二木二木の菓子」だの「二木二木二木二木二木ゴルフ」
っていう三平師匠のCMを関東人なら12チャンネルで目にした事がありましょう。
林家三平という人は、元祖テレビ落語家みたいな人でしたね。
立つ。動く。客をいじる。 本来の噺家のスタイルからははずれており、
後のコント55号などと同様、テレビの特性を本能的に察知していたんでしょうな。
それ故に高座方面での評価は当然低かったでしょうが、
お茶の間の人気は、そりゃーアイドル並みの時期もありました。

あ、今このページを開いたお客さん。今ちょうどあなたの話をしてたんですよ。
なんてね(笑)。そんな感じで落語とも雑談ともつかない事やってましたね。
人気はあれども実力どうよって見方をされていたのと、
現に名人達人と言われる人間が使用していた事とで、
親父の正藏の名を継ぐ事を嘱望されつつも悲願果たせぬまま他界。
この事は他ならぬ当時の正藏師匠を傷つけ、師匠は即座に名跡を海老名家に返還。
林家彦六としてその後を全うしました。

で、残った名跡を誰が継ぐのかというのが落語マニアの興味となった時期もありまして。
歌手活動をしていた時期もある泰葉と結婚した春風亭小朝が狙ってんじゃないかとか、
海老名みどりと結婚した峰竜太の方がこぶ平よりは噺が上手いんじゃないか(爆)、
などなど、いろんな名前が取りざたされてきましたが、先般、ついに継がれましたね。
林家こぶ平。落語なんか親父よりしてなかったじゃねぇか。
そんな意見もありましょうが、あけすけに言ってしまえば、
おかみさんの目が黒いうちに海老名家の人間が正藏を継がねばならなかったんでしょう。

実力よりも名前がモノを言う世界。落語界もアレですな。
べつに、こぶちゃんが落語ヘタとは言ってないんですが、
名前にとらわれてしまう、名前が芸人を超えてしまっているというのがね。
やはり現代の落語というのはお笑いという範疇ではなく、芸事に過ぎないんでしょうな。
古典は勿論ですけど、新作落語でもしばらくスターが出てないですね。

こぶちゃんもね、あんぜんパトロール隊長の時は弾んでたよ(笑)。
「あんぜんパトロール」の横断幕を掲げた車であちこち回るんですよね。
全編ハイテンション。始めから終わりまでハイテンション(苦笑)。
で、身の回りのいろんな事の安全確認事項を指導する番組で、
訪問された素人の子供さんが棒読みで演技してたりするのが笑えます(笑)。
失敗例を担当するのは勿論こぶちゃん。
「床に物を置いたらあぶないよ」とか、そんなしつけ番組でしたね。
パトパトバードという洗面器をひっくり返したような頭の人形も出てました。
たしか最初の頃は、『ぴょん太のあんぜんパトロール』って番組じゃなかったかな?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
記憶が
薄っすらと蘇ってきました。パトパトパトパトパトロールでしたかね?
それしか思い出せませんでした。
2005/04/15(金) 21:39:18 | URL | キャサリン
急激に!
思い出してきましたよ!
カバンの中で筆箱がカチャカチャカチャカチャお喋りしてる~
今日も安全パトパトパトパト、パトロールゥ~だ!
パトっていう人形キャラが出てましたよね?
こんな時間に何やってるんでしょう。私ったら…
2005/04/16(土) 03:43:40 | URL | キャサリン
パトパトバード
パトっていうのは愛称で、正式にはパトパトバードというのです。
『12のさんすう』のタップ同様、手を入れて口を開閉させる人形で、
下から棒が出ていて、それで手を動かすタイプですね。
江口寿史が『キャラ者』という漫画でネタにしてましたが、
ロケに出た際は特に周りから浮いてて、本当に下の方が気になったものです(笑)。
2005/04/16(土) 07:12:56 | URL | ごいんきょ
俺っちは前身の
郁恵ちんのテーマソングで始まる「ピョン太の安全教室」やその又更に前身の「安全教室」まで覚えている
兎のピョン太が主に交通安全を学んでいくという番組でその声は野沢雅子女史であったと記憶している

今もしこの種の番組が復活したら連れ去りのほうに重きが置かれたりして
2005/07/24(日) 15:37:14 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ピョン太
おぉ。やはり前身はピョン太のやつでしたか。
テーマソングが榊原郁恵さんというのは思い出せないですね。
ピョン太の声が野沢雅子さんというのも思い出せないな (^_^;
そうそう。当時は交通安全を主にやっていたと思いますね。

更にその前に普通の『あんぜんきょうしつ』もあったんですね。
本当に普通の内容だったんだろうなあ(笑)。
2005/07/24(日) 19:16:12 | URL | ごいんきょ
東海地方では
この番組、東海地方では、例の「天皇崩御」に関する89年1月7日朝の特番体制から教育テレビが通常編成に戻った、その最初の番組です。おお、このブログの趣旨にピッタリ? ちなみに教育テレビが通常編成に戻ったのはどうも地域別のようです。
「あんぜんきょうしつ」「安全教室」は知ってますよ。小学校では一時期、給食の時間に全校で一斉視聴してました。
2006/12/14(木) 16:23:36 | URL | かじか
安全教室
昭和末期から平成初頭、テレビ編成もかなり激動しましたっけねえ。
いつも録画していたテレビ探偵団も、途中でぶち切ってニュースが入り、
また再開したりしたのでテープが尻切れになったり。
そこまでする必要あるのか?と思いますけど。

安全教室ってなかなか学校で放送する時間枠が無いと思うんですよね。
給食時間とは思いつかなかった(笑)。
2006/12/15(金) 02:45:15 | URL | ごいんきょ
テーマソングは、泰葉さんだって。
覚えてますよ!!初代の隊長が、林家正蔵さん(当時・林家こぶ平)でしたね。テーマソングは、お姉さんの泰葉さんが歌唱されていたそうっす!!
2013/02/03(日) 12:44:09 | URL | マスダっち
えー。それはまったく気がつかなかったな、短い歌だったし。
泰葉さん、もっといろいろ見せて欲しいです(?)
2013/02/05(火) 23:17:27 | URL | ごいんきょ
中尾隆聖さんの初代パトパトバードの声。
「あんぜんパトロール」といえば、パトパトバードがいましたね。あの声が好きでした。声は中尾隆聖さんが、初代・パトパトバードの声を担当されていましたね。
2017/01/18(水) 07:26:32 | URL | マスダっち1971
パトパトバードの声までは覚えてないなあ(笑)。
誰かピョン太の事を覚えている人はいないだろうか(笑)。
2017/01/22(日) 16:58:54 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ