私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ダイヤモンドサッカー (1968)

noimage.jpg

♪ 三菱電機 三菱でーんーき~ ♪

「サッカーを愛する皆さん、こんにちは」
この出だしで涙がチョチョ切れるあなたは、かなりの昔からのサッカー狂でしょう。
前項で触れた企業OP、三菱電機もこのように連呼する場合がありました。
三菱電機提供、三菱ダイヤモンドサッカー。
スリーダイヤモンドマークの三菱提供だから、こんなタイトルなのです。
もっと以前には、日本テレビのプロレス中継も『ダイヤモンド・アワー』でしたね。

当時は、プロ野球ですら男だけの興味の対象で、まだ閉ざされたイメージがありました。
ましてやサッカーに於いておや。
子供達は一応やる時もありましたけど、やはり野球がメインだったですよね。
ゴムマリの野球だったから狭い神社とかでもできたし。
サッカーは、どうしたって広いとこでやらないと面白くないですからね。
それでも、ワタクシが子供の頃はそのように、徐々にプレーする機会も出てきました。
以前は、サッカーのサの字すら日本には無かったんじゃないかと錯覚するほど。
そこに革命的な事が唐突に起こります。
1968年のメキシコオリンピックに於いて、日本サッカーチームが銅メダルを獲得。
まさに青天の霹靂のようなニュースでした。

日本のサッカーってそんなに強かったのか!?
日本が世界的にそこそこのレベルを獲得しているスポーツなんて、
バレーボールだの体操だの、せいぜいが野球という、世界的にはあまり普及していない
スキマ産業ならぬスキマスポーツしか無いというのが常識でした。
サッカーって、なんだ? それまでサッカーなど見向きもしていなかった日本国に、
にわかサッカーブームのような事が巻き起こります。
不動のサッカー王国・ブラジル、神様・ペレの妙技が喧伝されたり、
スポ根作家と崇められた梶原一騎が、『赤き血のイレブン』という
サッカーものの漫画連載を始め、より子供達の間にサッカーは認知されていきます。

しかしこのダイヤモンドサッカーは、そのビッグ・ニュースより前、
1968年4月6日に放送を開始しているのだから大金星でありました。
第一回から金子勝彦アナの実況で、解説は岡野俊一郎さんですね。
当初は日曜日の朝10時からの1時間番組だったようです。
1970年。「モーレツからビューティフルへ」と富士ゼロックスがCMしたその年は、
まさにテレビ放送がほぼ全てカラー化されてきた年であります。
そんな70年代幕開けの年、4月6日、月曜夜10時に45分番組としてゴールデン進出。
夜7時過ぎの番組の9割9分がカラー番組である中、この番組はポツンと白黒での放送。
それと言うのも、提供されるヨーロッパのサッカーフィルムがモノクロだったんでしょう。
しかし、そこに展開されていた血潮沸くプレーは、本場のサッカー映像に飢えていた
コアなサッカーマニア達を驚喜させ、その事はいまだにあちこちで語り継がれますね。
同じ日の夜7時からは、日テレでかの『赤き血のイレブン』前夜祭が放送され、
翌週から本格的にアニメ本編の放送が始まるのでありました。

ワタクシは当時まだ、プロ野球すら興味が無い頃で、サッカーも同様です。
でも、なぜか見た記憶があるんで我ながら結構不思議だったんですがね。
先の『プレイガール』執筆のため、いろいろ資料を調べててわかりました。
これ、プレイガールの後の時間帯だったんです (^▽^;
プレイガールをまんまとせしめる事ができた日、そのまま12チャンネル入れっぱなしで
ダイヤモンド・サッカー見てた時もあったわけですな。
もっとも月曜22時と言えば、当時最強の『夜のヒットスタジオ』がありまして、
通常はどうしたってそちらを見ているわけなんですけどね。
本気のサッカーファンの皆さん、すみません。こんな男の記事で(苦笑)。

今回、この記事を書くためにネットでもいろいろ検索してみました。
この番組を毎週楽しみに見ていた人たちは、金子勝彦アナが言うように、
まさにサッカーを愛する人たちであったわけで、それが伝わる記事ばかりです。
のみならず、その金子アナを始め、12チャンネル関係者、三菱関係者、
サッカー関係者達の献身的な努力も数多く語られています。
ワタクシは一時、プロ野球にかなりノメリました。
故に、野球関係者、特にセ・リーグの関係者がどれほどあぐらをかいてきたか、
嫌というほど見てきましたし、現に、昨年あれほどの事があった今ですら、
それを押し切ろうとする動きを見せ続けられております。
日本のプロ・スポーツ興業が今後どうなるか、誰にも断言はできないでしょう。
しかし、サッカーがスポーツ興業の盟主になるのを、ワタクシは歓迎できる。
逆に、現今の姿のプロ野球が盟主になるのは、不愉快であります。
かつて永田雅一が己のプライドに縛られ、パ・リーグそのものを沈めてしまったように、
まったく同じ構図で、プロ野球人気は沈んでいくでありましょう。
そしてそれが相応しいと、元マニアだったワタクシですら思うのであります。
なまなかじゃないですよ。野球の浮上は。




関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
安田のサッカーボール
私がこの番組を毎週見ていた時は、日曜の夕方6時から6時45分だったように記憶しています。45分なので、前半を放送したら、後半は次週という形でした。
番組の最後にプレゼントがあり、葉書を出して応募したら、ヤスダのサッカーボールが当たりました。番組の終わりに手書き風な文字で、当選者の名前が出ました。今なら「賞品の発送をもって・・・」で処理するところでしょう。
後日送られてきたボールも、送り主の欄に手書きで普通の住所と安田という普通の名前が書かれていて、暖かい感じがしました。
2006/08/15(火) 21:09:14 | URL | モデラート
企業に社会貢献の理念が有った時代
この年は、ダイヤモンドサッカーの他にも人に歴史ありとか、
なつかしの歌声、ローラーゲームなどが始まり、
東京12チャンネルの番組制作が活気づいてきた年で、
しかも翌年からのエログロ路線も無く(笑)、社史的には特筆すべき年でしょう。

ダイヤモンドサッカーについては、放送曜日や時間帯の変遷がけっこう激しかったようですね。
三菱もテレ東も、自前ソフトを作りたい計算はあったでしょうが、
ずいぶんと長いこと地道にやっていたと思います。
ああ、そうだ。2部構成だったような気もします。

ええ!?
当ブログ常連さんには、結構プレゼント当たったとか
出演した人が近所にいるとかいう人が多いですね。
ワタクシ、なんにもない(笑)。なーんにも(苦笑)。

それは今でもあったら結構なお宝グッズですよね。
2006/08/16(水) 00:46:42 | URL | ごいんきょ
岐阜放送では
ウィキペディアにも書いたのですが、岐阜では三菱がスポンサーになっていないにもかかわらずダイヤモンドサッカーと名乗ってました。オープニングでタイトルが出てくる部分には、ブルーバックのタイトルロゴをかぶせ、「三菱」の文字が出てこないように処理されてました。
 他地域の系列外では名前もオープニングも変えて放送されてたんですが・・・。
2006/12/15(金) 11:53:50 | URL | かじか
三菱ダイヤモンドサッカー
おや。ウィキペディア執筆者のお一人だったんですか。
道理でいろんな番組に精通してらっしゃる。
ダイヤモンドサッカーまで見てましたか(笑)。

オープニングは本文に書いた通り、三菱のスリーダイヤモンドマークの画面だったか、
♪三菱電機 三菱でーんーき~ と始まってました。
その後に出る番組タイトルは『三菱ダイヤモンドサッカー』となっていたと思います。
ただの文字タイトルだったと思いますね。
2006/12/15(金) 20:13:04 | URL | ごいんきょ
サッカーを愛する皆さん、こんにちは
金子勝彦さん、本日もスカパーの中継で実況やっていました。
(試合:マンチェスターユナイテッドvsボルトンワンダラーズ、解説は元ジュビロ磐田監督桑原隆氏)

静岡では”ワールドサッカー”というタイトルで土曜日の朝6時台に、SBS(静岡放送、TBS系の放送局)
で金子さん実況の海外サッカーの中継を放映していた記憶があります。
(小学校に行く前、朝ご飯を食べているときに見た記憶あり)

そういえば、2006FIFAワールドッカップの決勝戦もスカパー版は金子さんが実況していました。
2007/03/18(日) 00:37:01 | URL | yig
ワールドサッカーにゴールデンサッカー
yigさん。実はKBS京都でもワールドサッカーって名乗ってたんですよ。三重テレビでは「ゴールデンサッカー」と名乗っていて、静止画の自社オープニングの後、TXでのタイトルが出終わったあたりのオープニングから流していました。
2007/03/18(日) 19:32:30 | URL | かじか
金子勝彦さん
いいですよね、こういう人が生涯現役でいてくれるというのは。
ワタクシはサッカーは野球に比べてほとんど見ないんで、
サッカーに関してはあまり大きな口はきけませんが。
いろいろ地方事情を書いて下さって助かります。


しかし、モデラートさんがここの
第一コメンテーターだったというのも意外だった(苦笑)。
池中玄太で楽譜が当たったり、結構恵まれていらっしゃる(笑)。
2007/03/18(日) 20:08:30 | URL | ごいんきょ
金子さんと岡野さん
私がこの番組を観ていたのは1974年のw杯西ドイツ(旧)大会の決勝戦が日本で中継されてから後だったので、番組ではその予選が1試合2週に亘って放送されていました。
実況金子勝彦さん、解説岡野俊一郎さん、なのですが、二人とも楽しくて仕方ないという感じで、ヨーロッパや南米のサッカーを語っていました。
Jリーグが出来るなんて夢にも思わなかった時代です(笑)
2007/03/18(日) 22:34:54 | URL | モデラート
西ドイツ大会
ワタクシが目にしだしたのはそれより時期的には少し前だったと思います。
西ドイツ大会の頃もチラとは見た事ありますね。
関係者にしてみれば、当時からプロリーグ結成は悲願だったでしょう。
そういう熱気は有りましたよね。
2007/03/19(月) 07:25:30 | URL | ごいんきょ
ドラム・マジョレット
ダイアモンドサッカーのテーマソングです。これを聞くと、1970年メキシコ大会の試合の数々が、思い出されます。同大会はペレ、ベッケンバウワー、ミューラー、ボビーチャールトン等伝説の数多の名選手を排出した大会でした。(ご存知なくば、ごめんなさい)当時私は中学生で、この番組を通じて、「外国といえばアメリカ」という世界観を根本的に変えてくれた番組です。色々な事を教えて頂いた番組でしたが、「英国とイングランドはちがうのだ」等今の日本人でも間違えがちな問題も、岡野、金子氏よりご指導頂いた次第です。又決して高視聴率は期待できないサッカー番組のスポンサー三菱の企業の志の高さ、称えてあまりあると、思います。
2007/05/06(日) 07:53:19 | URL | t.sato
神様ペレがいたんですもんね。
ペレの神技は別格で、聞き及んでない者はいなかったです。
皇帝ベッケンバウアーもその後の地位を占めましたね。
今と違って試合中継も非常に限られていましたから、
挙げられた名前のプレイヤー達は、本当に伝説的な存在でした。

サッカーはアメリカ以外の、ヨーロッパや南米という、
普段は日陰っぽい国々が主流なんで、そういう意味でも斬新でした。
イギリスとイングランド、ありがちな間違いですね(笑)。

東京12チャンネルは読売戦のナイターというキラーコンテンツから溢れていたので、
自前のスポーツコンテンツを育てる必然性は有ったんでしょうが、
それにしてもじっくりとやっていましたよね。
三菱の確固たる協力も外せないでしょう。
2007/05/06(日) 23:32:30 | URL | ごいんきょ
かすかな思い出・・・・
三菱電機製掃除機「風神」。
2009/03/04(水) 00:26:28 | URL | (ハンドル未記入)
ワタクシにとって風神は、ダイヤモンドアワーの日本プロレス。
こちらでも当然CMやっていたんですね。
どんなCMだったんだろう。
2009/03/05(木) 23:57:48 | URL | ごいんきょ
RCCテレビでは「ワールドサッカー」。
三菱らしきCMの“チラ見え”はありました。
何年か後には「モンティパイソン」があったりと、
RCCテレビの金曜深夜が、今から見ても濃すぎでしたホント。
2009/04/03(金) 16:25:51 | URL | 週刊げっきんLIVE
RCCとは広島の局ですね。
ちょうど開局50周年ですか。
フジやテレ朝と同じで、なかなか古い局ですね。
東京12チャンネルの直系列局が無かったもんで、
一社提供番組に関していろいろ有りますねえ。
2009/04/03(金) 23:23:58 | URL | ごいんきょ
コメントありがとうございます。
“旧広島市民球場の50年”は、放送しても。
自社制作番組の回顧がないのは、ツライもんです。
ニュースの50年は、開局記念日よりは、
8/6にありそうな気がします。
2009/04/04(土) 07:52:49 | URL | 週刊げっきんLIVE
そう言えば広島球場も県民挙げて直したんでしたね。
たしかに何か回顧特番やって欲しいとこです。
2009/04/05(日) 21:23:22 | URL | ごいんきょ
ジョージ・ベスト
 w杯に出場できない弱小国「北アイルランド」のジョージ・ベストのプレーが見れたのも、唯一この番組でした。テーマソングが始まるとワクワクしたのを思い出します。
2009/11/09(月) 15:28:46 | URL | (ハンドル未記入)
岡野氏
岡野俊一郎さんの著書に、ダイヤモンドサッカーが20年の放映を終えるパーティーでのエピソードがありました。
当時の三菱商事の社長さんに「どうして終わるのか」と聞かれた岡野さんが「テレビ東京の中川社長に聞いてください」と答えたところ、聞かれた中川社長が「岡野さん、番組が終わる理由を知ってる?」と聞いてきたので「理由を一番知りたいのは私です」と答えたとか。

あの頃、本当に多忙だったはずの岡野さんですが、この番組の収録は本当に楽しかったのではないかしらと想像します。
前にも書きましたが、試合を観ながらの金子さんとのやりとりからも伝わってきました。

1974年のW杯の決勝戦の中継では、「サッカーを愛する皆さん、ご機嫌いかがですか」という金子さんの第一声が感動のあまり涙声だったそうです。
私は金子さんの涙声は覚えていませんが、弟と二人で夜中の中継を観て、サッカーの面白さを初めて味わいました。
2011/05/14(土) 12:10:45 | URL | モデラート
● 未記入さん
なるほどー。通な視点です。
ジョージ・ベストという名前だけはワタクシですら聞き及んでいるのですから、
本当の名選手だったんでしょうね。


● モデラートさん
ダイヤモンド・サッカーの終了は1988年。
つまり、実生活上の昭和最後の年となるわけで、
ここいらにも悪戯な神の意志が垣間見えます。
ワタクシには、なんとなくわかりますよ。
Jリーグ結成の動きが出てきたからですよね。
テレビ東京の人たちが「理由を知りたい」と言っているのは、
「これだけやってきたのに、どうして悲願のプロ・リーグができるという時に、
 この番組が終わらなければならないのか」
という悲痛な叫びなんだろうと推察します。
サッカーは野球よりも上等と書きましたけど、やはり不義理はしているわけで、
バブル以後の経済人には義理もへったくれも無い、ヤクザ以下の連中ですな。
でも、金子さんのサッカー愛は、そんな次元も超越しているのでしょうが。
2011/05/20(金) 22:34:52 | URL | ごいんきょ
日本にサッカー文化を根付かせたこの歴史的番組も、テレ東50周年記念回顧特番ではしっかりと笑いのネタ扱いでした(苦笑)。「1年前の試合を放送」と紹介されれば、物心ついた時から海外のビッグマッチをカネを払えば自宅で楽々観られる環境にある若者たち(笑)が見たら、毎週毎週1年前の試合を放送しているのかと思い込む視聴者が出てもおかしくありません。「1年前の試合を放送する場合もあった」と説明するのが正しいでしょう。岡野俊一郎氏とのインテリジェンスに富んだやり取りが印象的だった金子勝彦アナでしたが、箱根駅伝ダイジェスト&10区生中継ではCM明けキューに気付かず(それともディレクターのキューを出すタイミングが遅かったのか?)、紙コップのお茶を飲んでるシーンが映ってしまいました。解説者の方はCMが明けてからお茶を飲み出していました(笑)。
2014/03/05(水) 21:17:01 | URL | ナベチン
あれは酷かったなあ。
この番組は、数少ないテレビ東京の誇りですよ(笑)。
関係者が重ねてきた黎明期の努力を、ああした形で表現するというのは、
あまりにも不見識としか言えません。
今の芸NO人を司会にするから、いちいちそんな展開にしないと不安なんでしょうけど。
普通にやってくれればそれで良いのですが。

一年前の試合を、なぜ放送していたのか、そこを説明しないと、
この番組の異議というのは伝わらないし、
恵まれない中で懸命に作っていた人々に非常に欠礼だと思いますね。
そんなくだらない作り方は、フジにでも任せておけばいいんです。
飲み物はおかしかったけど(笑)。
2014/03/07(金) 07:09:16 | URL | ごいんきょ
岡野俊一郎さん
ダイヤモンドサッカーを観ている頃、日本のサッカーが不甲斐なくて、応援メッセージを岡野俊一郎さんに送りました。
岡野さんはお返事を下さいました。
我が家では、私のような底辺のファンまで大事にする岡野さんは凄い人だねと父が言い、その筆跡の美しさに母が驚きました。

岡野さんの訃報を聞き、言葉がありません。
ご冥福をお祈りします。
2017/02/03(金) 18:16:15 | URL | モデラート
サッカーという競技のファンを増やす事に心を砕いていたんでしょうね。
2017/02/09(木) 23:05:26 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。