私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



トゥナイト (1980)

トゥナイト(1980)
エロい事を書くというのは勇気が要ることです。
誤解する人がいるかもしれませんからね。
ワタクシは非常に真摯な紳士なのですが、こういう番組の記事を書くような人は、
もしかすると、とてもイヤらしい、ともするとすけべえなのではなかろうかと。
とんでもない!
ワタクシは当時から民俗学的視点に近い位置でテレビを眺めていましたし、
そういう観点から、例え嫌悪感を抱いても、いわゆるエッチな番組も見ていました。
本当にイヤでした。女性の人格を無視し、ただ裸を流せば視聴率を取れるという考え。
それを見るという事は、そうした番組に賛同するという事に通じますからね。
イヤでイヤで堪りませんでしたが、その時代時代の文化を把握するためには
絶対に避けて通れない分野がエロである事もまた、どうしようもない真理なのです。
そんな、イヤでイヤで吐き気のする思いで眺めていた番組の一つが、この番組です。
以下の記述は制作者に配慮して喜んで観ていたように書いていますが、
本当の本当は、物凄く嫌な思いで見ていた事を理解して下さい。
特に女性の方、誤解しないでネ(笑)。

さて、このトゥナイト。当初の司会は作家の利根川裕(ゆたか)。
作家でありますから本来はピリッとした視点を持っている人のはずですが、
この番組では完全なる司会役に徹していて、自分の意見はほとんど言ってませんでしたね。
曜日によって扱う内容が変わるのですが、ワタクシが一番観ていたのは木曜日。
と言うか、ほぼ全ての男が木曜を心待ちにしていたでしょう。
にっかつの山本晋也カントクによる風俗レポート。
ああ。女性を性の対象として商行為を行う。なんと汚らわしい!
こんな汚らわしい事をきちんと糾弾するためにも、よく実態を知っておかねばならないと、
ワタクシは生理的嫌悪感を懸命に抑えて、毎週木曜日は視聴していたのです。

関西で発祥したノーパン喫茶も、関東で初めて扱ったのはこの番組でしたよね。
それから火がついたように関東でもバンバン開店。
ノーパン喫茶。その名の通り、ノーパンのウエイトレスが給仕する喫茶店。
それだけでコーヒー一杯にウン千円払うという。なんと馬鹿馬鹿しい(笑)。
しかし、テレビに映ったミニスカ・パンスト・おっぱい丸出しのウエイトレスには、
その馬鹿馬鹿しいという理性を吹き飛ばす何かがありました。
いや、ワタクシ以外の男の理性をね(笑)。

あとは覗き部屋。女性が自分の部屋にいるような小芝居をしながら、
だんだんと自分の体にタッチしていって、あれやこれや…
おで、こんな記事書いてていいのかな?(苦笑)
ワタクシはこの番組、大嫌いでしたよ。反吐が出そうでした(笑)。
まあ、そんな感じで次から次といろんな風俗産業が生まれてましたね。
それを毎回毎回レポートしている山本カントク。
ある時、呆れながらこう呟きました。「ほとんどビョーキ(苦笑)」。
このフレーズは決まり文句となり、ついには一部で流行語となります。
そんな元気だった風俗産業も、1985年の風営法改正により、
あまり派手にできなくなってしまって一気に衰退。
つまらない世の中になってしまいました。
と、ワタクシ以外の男性は嘆いたと思うんですよ(笑)。

黒木香も衝撃的だった。
脇毛を誇示しながらお嬢様言葉でいたぶられる才女のAV。
あまりの衝撃映像に、民俗学的見地から探求しようと、
すぐさまビデオを借りに行きました。学術的な研究熱心でした。
彼女のキャラはあまりに立っていたので、しばらくはテレビ界でも持て囃されました。
朝まで生テレビ!にまで出たんですからね。
しかしワタクシは黒木香よりも、その作品の監督、村西とおるの方が気になりました。
あのキャラも凄かったよなー。声もしゃべり方もいい芸してた。
クリスタル映像ですかね。民俗学的見地からお気に入りリストに入れました(笑)。

他の曜日でもいろいろやってたんですよ。
ハッキリ言ってしまえば11PMのパクリみたいなもんでしたが(苦笑)、
イレブンよりも細かくコーナーを分けて、いろんな事を扱っていたと思います。
象徴的なのが件の木曜日。
山本カントク控えし風俗レポートの前のコーナーで、この番組で火のついた、
ある追求レポートがスタートします。 それこそ、ロス疑惑報道!
週刊文春編集長を毎週ゲストに迎え、文春で『疑惑の銃弾』キャンペーンを張っていた
ロス疑惑報道を、テレビではこの番組が精力的に追っかけておりました。
映画出演とかもされてる公人とも言える人なんで名前を書いちゃいますけど、
三浦和義さんですね。この方ご自身もほぼ毎週インタビューに答えてた。
毎週毎週事態が新展開をしていき、ちょっと見逃せなかったです。
詳しく書こうかとも思いましたが、なかなか扱いが難しい事件ですし、
かなり長くなってしまうのでやはり触れるのはこの辺までにしておきます。

1994年には司会が石川二郎に替わり『トゥナイト2』となりましたが、
カントクはトゥナイトの顔としてそのまま最後まで出演しました。
この度ブロードバンド番組として復活したようですが、それにも出演。
元は特定曜日の特定コーナーのレポーターに過ぎなかった者が、
番組を象徴する存在にまで、いつの間にかなっておりました。
そう。まさにトゥナイトは、風俗レポート番組だったのであります。
ワタクシは、だから嫌いでしたよ、ええ。
毎週毎週みるのが苦痛でした。毎週毎週(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
山本カントクの名前はあれで全国区になりましたね
山本カントクのレポぶりは爆笑でしたね。
「それでは早速突入してみたいと思います」という感じで始まって、
目前で繰り広げられる痴態に、場を盛り上げるあの名セリフ。

「すんごぉいですねぇぇぇ」

ホントに木曜の晩ともなると、今日はあの日かとそわそわしたものです。
恐らく日本全国の男子のうち50パーセントくらいが、そんな状況だったと思います。
拙なんかもも~楽しみで楽しみで・・・いえいいえ誤解しないでください。
性風俗学的探求の好奇心を満たすために観ていただけです(って、そのままやん)。
2005/04/25(月) 14:02:11 | URL | 路傍の石
すごいですねぇ
ありましたねえ。そうそう。それも忘れがたいフレーズです。
木曜トゥナイトは民俗学的な探求心をそそられましたね。
しかし当時は、本当に毎週毎週新しい風俗産業が出てきたんですよね。
よくもまあ人間という生き物はここまで性を遊べるものだと、
生物学的にも興味をそそられました。
学問熱心だったなあ、みんな(笑)。
2005/04/26(火) 00:38:02 | URL | ごいんきょ
昨夜の夕餉の買出し時にて
そこは名古屋唯一の鳩のマークの某全国区のスーパーであったのだが店内のbgmとしてこのオープニングテーマが流れてきたのである

異論もあろうが確かにこの曲であるとの確信もある

この曲の知名度が意図的な悪戯心は別として少なくとも薄れてしまったのは事実であろうからこれも時の流れと言うやつなのかも

psにしても御隠居殿は今のテレビは殆どご覧にならないしこの番組の木曜深夜枠も我慢して視聴しておられたとの事なのでまるで何か特定の信奉をしておられるか何かの主義主張を実践しておられるみたいな印象さえ伺えるのだが??

俺っちなんか自他共に認められている世俗的な人間なのだが
2006/04/15(土) 16:00:09 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
OPテーマ
♪ 馬のマークの参考書
なんてCMを思い出してしまいましたが、
おっしゃっているのはサトーココノカドーですね(笑)。
そこのBGMにかかったんですか。
あの曲はトゥナイトのオリジナルではないですから、可能性はあるでしょう。
OPテーマは2つあったと思います。
ワタクシは初期の方が好きでした。

そうそう。
この番組も我慢して観てたんですよ。
ワタクシはエッチな番組が大嫌いです。いやホント。

次は11PMでもやってみるか。
嫌だけど(笑)。
2006/04/17(月) 07:47:29 | URL | ごいんきょ
シャカタク
あとで思い出したんですが、OPテーマはシャカタクでした。
スーパーで流されても不思議はないんですよ(笑)。
2006/04/30(日) 11:33:51 | URL | ごいんきょ
えび通り
ロス疑惑の初放送の回は、確か保険医を取り消された歯科医の特集が放送される予定だったような気がします。その後その特集は放送されなかったんじゃないかな~
2006/12/07(木) 21:07:24 | URL | 大橋美歩
さすがに
それは覚えてないですが(苦笑)。
ただワタクシの記憶では、最初から週刊文春の後追いで大々的にやってましたから、
いきなり企画変更という形ではなかったと思いますよ。
2006/12/07(木) 22:39:11 | URL | ごいんきょ
もう一度番組放送してください
2006/12/09(土) 14:00:05 | URL | 河本健
ネット版
再放送は無理ですよね(笑)。
復活という事でしょうか。
それもテレビ表現の規制が当時より厳しい今日では難しそうです。
ただ、たしかネット版で復活したと思いますよ。
2006/12/09(土) 18:06:45 | URL | ごいんきょ
トゥナイトのテーマ
トゥナイトのテーマは、明らかにシャカタクの「ナイトバーズ」をパクってますが(特に最初のピアノと、サビの女性のコーラス)、微妙にメロディーが違います。

当時のフュージョンブームがわかります。

ほんとなら本物を使いたかったのでしょうが、著作権や番組イメージの関係でダメだったんでしょうね。
2011/10/14(金) 21:26:13 | URL | 10000k
うぅ…
また一つ、長年の疑問が解決しました。
トゥナイトの初期テーマは、Nightbirds だったのですね。
いま聞いてみましたが、間違いありません。
初期はシャカタクのこれがテーマで、しばらくして「トゥナイトのテーマ」としてレコード化された音楽になりました。
最初は、あれ?少しアレンジ替わったなと思ってたんですよね。

初期にシャカタクが使われたのは間違いありません、
利根川さんもシャカタクの名を出してましたし。
曲もNightbirdsで間違いないと思います。
あのピアノ部分から始まる感じでした。
2011/10/15(土) 00:14:42 | URL | ごいんきょ
木曜日だったかな?
山本監督の性風俗レポートのコーナーを楽しみにしていました。当時部屋にテレビはありましたがビデオはなくリアルタイムで見てました。前半は乱一生さんの普通のコーナーがあったのかな?それを悶々と見ていた記憶があります。風俗嬢が顔だけでなく裸も写っていました。今なら全身モザイクでしょう。
2012/08/23(木) 20:14:47 | URL | とらお
Nightbirds が初期テーマと書きましたが、最初期はどう始まっていたかが思い出せません。
とにかく覚えているのは、この曲が最初にかかった日(つまり月曜日と思われる)、
それはもしかしたら第1回だった可能性も少ないながら有りますけど、
利根川さんが、「主題歌は、これ、シャカタクですね?」と傍らの男性アナに聞いたのはよく覚えてます。
男性アナは肯定して、いま注目されているグループであるような紹介をしていたと思います。
画面にシャカタクは出ず、曲がOPに使われただけです。
そもそもワタクシはシャカタクなんて上のコメントを書いた時も知りませんで、
その利根川さんのコメントでしか記憶に有りません。
今は、男女七人シリーズの挿入歌に使われたとかわかりますけどね。
「シャカタクは使われてない」と断言している人は、残念ながら誤りです。


● とらおさん
あー、乱一世さんって懐かしい名前だなあ。
顔はまったく思い出せませんが(笑)。
あれって木曜でしたっけ。
じゃあ、疑惑の銃弾コーナーが終わってかなり経ってからの木曜ですかね。
2012/08/23(木) 22:02:40 | URL | ごいんきょ
疑惑の銃弾
早速のレスありがとうございます。乱一世さんてCM前のコメントで「皆さん(CMの間に)トイレに行っておいて下さい。」みたいな事を言っちゃって干されてしまった記憶がありますが・・・。疑惑の銃弾は生物の女性教師が大好きで翌日の授業はほとんどその話ばかりで授業になっていなかったのを思い出しました。
2012/08/24(金) 07:58:23 | URL | とらお
その話はよく言われますけど、乱さんだったんですか。
しかし生徒に疑惑の銃弾話をする教師って(苦笑)。




そう言えば件の三浦さんもお亡くなりですし、
この番組の疑惑の銃弾コーナーで覚えている話もボチボチ書いていこうかな。

もういい加減ネタも無くなった頃、田原さんが画面に向かって、
「Aさん、あなた、三浦さんに頼まれて何かを埋めましたね?
 その話を聞かせて下さい」とか訴えた事が有って、
あれにはちょっと魂消ました。

局に電話が掛かってきて、そういう話をして切れたらしいんですよね。
で、どうなるかと翌週ワクワクしながら見たら、
そのオッサンの電話出演が実現していたのです。

で、何を埋めたんです?と聞かれたそのオッサンは、「箪笥」を埋めたと言うんですね。
てっきり死体を埋めたのかと思ったら、もっとそれっぽい内容(笑)。

でも、ワタクシは自分の審美眼に多少の自信を持ってますけど、
あの人の話し方は、信憑性がかなり薄いと思いました。
田原さんの質問に答える度に、ちょっと考えるんですよね。
思い出すではなく、その場で考えている感じ。

おそらく局の人間も、田原さんも、事前の打ち合わせでそれは感じていたろうに、
それでもネタ繋ぎにはなると思って出したんでしょうね、きっと。
2012/08/25(土) 00:38:52 | URL | ごいんきょ
トゥナイトのテーマ
オープニングだったかエンディングだったか忘れましたが、
Night Walkerという曲が流れていた時期があったような。
今調べてみますと桑原佑典という人の曲らしいのですが、
ナンデモアリのwiki先生にも記述がなくて、
遥か昔のことでありますから記憶も曖昧味です。
2014/04/25(金) 08:04:08 | URL | よたろう
ああ。それはレコードA面の曲で、オープニングで使われたのはB面の「TONIGHT」です。
シャカタクのナイト・バーズを何ヶ月か使った後、犯罪的模倣曲のそちらが、
何も言わないまま、あたかもずっとその音楽を使っているような顔で静かに変更されました(笑)。
2014/04/29(火) 03:35:51 | URL | ごいんきょ
司会の人選やテーマ曲選曲は「ウイークエンダー」からの影響の様な
司会に、NHKにも頻繁に登場する良識派文化人(利根川さんなんて、後にNHK教育の「芸能花舞台」の司会を長らく務めた位で)を起用とか、テーマ曲の選び方辺りで、「11PM」以上にごいんきょさんの様な良識派市民(笑)からの非難を浴びた番組として知られる「ウイークエンダー」からの影響を感じますけどね。
製作スタッフの構想として「11PMのフォーマットに、ウイークエンダーの洒落た要素を加えて、マンネリ感漂うテーマ曲&巨泉・義一両司会11PMに対抗」があったのでは無いか?と思える程です・・・・・ってどちらも日テレ(且つワイドショー系番組)じゃ無いかと(笑)。
2014/04/29(火) 11:57:36 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
でも、11PMにそんなに近いとは思わないんですよね。
コーナーは完全に分断されてましたし。

加藤芳郎さんって良識派文化人でしたっけ?(笑)
2014/05/07(水) 00:55:57 | URL | ごいんきょ
リニューアルして再登場希望
23時台ってホントにつまんない番組ばかりなんで週一回でもいいから再登場希望です。夕方の横並びニュースショーのニュース以外のエネルギーをこの時間帯にも振り向けて欲しいです。
2014/07/05(土) 09:07:44 | URL | とらお
うーん、難しいだろうなあ。
風俗レポを今のテレビでやるというのは(笑)。
それに、どうせ「お笑い芸人」がレポーターやると思うとウンザリです。
「お笑い芸人」というのは、特に面白くもない事でもゲラゲラ自分達が笑う人たちという意味ですが。
2014/07/11(金) 07:16:34 | URL | ごいんきょ
玉利さん…
トゥナイトといえば、夜の雰囲気、あるいは水商売メイク的な女性アシスタントの印象が強いのですが、
トゥナイト卒業後に裸になってしまった斎藤陽子さんなどはその代表ですか。
局アナだったという雪野さんもチーママ的でした。
私は玉利かおるさんの記憶が強いのですが、この方のお顔にはアクの強さがありました。
ところが先日、あの人は今的な番組に出られており、話し方やマナーの講習会などを切り盛りされているとのこと。
当時と比べてとても上品な印象があり、同一人物かと驚きました。
ある意味、いい時代の番組でしたね。
2014/07/20(日) 18:21:51 | URL | 元朗
いましたねえ、斎藤陽子さん。かなり後期ですが。
玉利さんも後期ですね。
ワタクシなどは、トゥナイトと言えば西村知江子さんとなりますが。
初期は利根川さんと西村さんで、知的な雰囲気が結構ありました。
山本監督が番組イメージを根底から変えてしまい(笑)、
そこからポルノ女優とかがアシスタントに出るようになったりしましたけど。

玉利さん、やじうまワイドも見てましたけど、ワタクシは当時から上品だったと思いますよ(笑)。
2014/07/27(日) 07:49:44 | URL | ごいんきょ
木曜日だけ別の番組の様でしたな(笑)
私もトゥナイト時代の(23時ショー時代を受け継いだと思われる)利根川裕・西村知江子が司会進行するサラリーマン男性向けの知的で洒落たワイドショーってイメージが強い(無論、23時ショー時代からの文化批評的に過激エロを取り上げるなんて事はままありましたけどね。)ですけど、山本監督が登場する木曜だけは番組開始のハナっから歌舞伎町の風俗店サービスが映し出されたりと、他の曜日の様な知的要素など欠片も感じられないエロ全開の別番組と化してましたね(笑)。
あの番組内容に「どうせ関西とかじゃ放送されないんだから(笑)」的な良い意味での居直りすら感じてしまったのは私だけでしょうか?

さすがに過激が過ぎたと感じていたのか、風営法の影響でやや視聴率低下が見受けられ出した時期に、九州朝日放送も一時期ネットを打ち切って、自社制作「ドォーモ」を立ち上げたりと(トゥナイトIIの途中より時差ネットでネット再開)。

そのドォーモも女性司会者の出産シーンを映像に収め(ええ、そのまんまです。)、日本民間放送連盟賞の最優秀賞を受賞した(な位なので決してエロ企画ではありませんけど)事で全国的に知られる事となりますが。
2015/08/11(火) 22:58:34 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
11PMが展開した、政治からエロまでという男性向け深夜番組の定型は、
けっこう根強く残ったという感じですね。
一人で両方をこなした人は、巨泉さんくらいでしょうが。
山城新伍さんは柔らかすぎたし。

歌舞伎町レポートとかは、やはり他の地方では放送しづらいですかね。
しかも、あの内容だし(笑)。

妊娠・出産・性教育は、搦め手からエロを扱いたいときによく使われる手ですが(笑)。
2015/08/24(月) 03:16:45 | URL | ごいんきょ
「心霊治療」
深夜番組『トゥナイト』で最も印象的なのは、やはり木曜日の山本(晋也)カントクによる風俗レポートでした。一切のアポなし飛び込み取材のように言われてましたが、果たして実際は…??山本カントクは学校の先輩にあたるので讒言は控えたいのですが…。
それに加えて(曜日は忘れましたが…)フィリッピンで行われていた「心霊治療」なるものでした。治療がインチキだトリックだ…と、散々物議を醸しましたが、これも果たして…??
2015/10/17(土) 15:24:11 | URL | 超小っ人
え? アポ無しって言ってましたっけ?
ワタクシが見ていた限りでは、きちんと了解を取ってのインタビューのように感じてましたけど。

ありましたねー、心霊手術。
フィリピンで取材したのですが、明らかなインチキでね。
よく取材を受けたなと思いますが、日本円の魅力には勝てなかったんでしょうね(笑)。

目には本当に指を入れていて、そこだけはじっくり撮らせてました。
でも、コンタクトレンズをしている人が当たり前になった今、あんなのはなんの脅しにもなりません(笑)。
他の部分は、本当になるべく手の部分を映させないように、必死で体をよじらせてました(笑)。
報告者が、フィリピンは銃の所持が自由だから、
身の危険を感じて、なかなか深く追求できないって言ってました。
2015/10/18(日) 13:49:02 | URL | ごいんきょ
夏の想い出…
すっかりご無沙汰しております。
ごいんきょ様、お元気でしょうか?(^^)
超個人的な思い出話になってしまいますが、かなり後期にこの番組に出た事がありまして(笑)
風俗じゃないですよ(笑)

たしか“夏の想い出”とか言うタイトルで、要は夏が終わった9月頃に、取材形式で恋バナを披露させられた次第でありまして笑
レポーターはイエローキャブのグラドルさんでしたね…。

OA見たら何だか(テレビに取って)都合のいい部分だけ切り貼りで編集されて、まるで私が恋狂いみたいなイメージに出来上がっていて、憤慨した記憶が(笑

まあ、テレビなんだから“そういうもの”なのでしょうけどね(笑)
2016/01/15(金) 02:47:54 | URL | カピバラ
えっえっーーー。
カピバラさんって、コンパニオン系の人だったのかな。
その時のビデオとか持っていないんでしょうか。
2016/02/15(月) 01:53:36 | URL | ごいんきょ
VHSに…
ありますね。
先日大量にテープ発掘したので探してみます!笑

そう、昔入ってたコンパニオン会社からの仕事で出たのです。

ちょっとやばい事言っちゃったかなーでもまいっか~なんて軽く考えてたら、後日アチコチから"見たよ~(ニヤニヤ)"って感じで言われて、テレビの恐ろしさを実感した次第であります…(^^;)
2016/02/22(月) 23:27:00 | URL | カピバラ
見つかったら是非アップして下さい。
トゥナイトの映像は、まず出て来ませんよ。

やはりコンパ系の人でしたか。
それで娼女の一面も非常に合点が(笑)。
2016/02/24(水) 06:52:00 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
本ブログのコメント欄でのやり取りで、 ようやくと思い出したトゥナイト初期テーマ曲。 ずっと聞きたいと思っていたので、もう、感激です。 Shakatak - NIGHT BIRDS 記憶では、たしかイントロ部は無くて、ピアノソロから使われてたと思う。 このバンドがシャカタクという…
2011/10/16(日) 08:49:47 | 私的 昭和テレビ大全集 ノーホジ版
木曜に「疑惑の銃弾」と山本晋也の風俗レポという 最強の組合せで放送していたトゥナイト。 毎週欠かさず見ておりました。 なので、テーマがパクリ曲に替わった時もよく覚えてます(笑)。 もっとも、このナイト・バーズの前が思い出せませんが。 Night Birds ナイトバー…
2014/04/29(火) 12:34:38 | 私的 昭和テレビ大全集 ノーホジ版
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ