私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

桃太郎侍 (1976)

桃太郎侍(1976)
ひとぉ~つっ!
人の世 生き血をすすり

ふたぁつっ!
不埒な悪行三昧

みっっつ!
醜い浮き世の鬼を 退治てくれよう
桃太郎


時代劇、いいですねえ。予定調和。
年寄りが時代劇を好んでみていた理由が解る年になりましたよ(笑)。
ここには人権屋さんはいらっしゃいません。
「彼らにだって悪行を重ねた理由があるのだ。
 それを明確にしないうちに斬り捨てるのはいかがなものか」
こんな事を言って悪人が生き延びるのを助けるヤツぁ出てきませんからね。
しかと悪事を働いた事が明らかな人間がのうのうと生き延びる。
そんな世界は正視に耐えないもんでございますね、下々と致しましては。

山手樹一郎原作のドラマ化で、同じ東映では1962年にNETで制作されております。
その後、67年には三船プロにより日本テレビでドラマ化。
更に時が過ぎた1976年に、過去一作ずつ制作した東映と日テレがドッキング。
これが大当たりして、ロングランとなったのは皆さんもご存知でしょう。
高橋英樹、一世一代の当たり役であります。
大名様のご落胤である双子、松平備前守と桃さんを、一人二役で演じておりました。
50人の子を孕ませた十一代将軍・家斉の子という噂もあるようで、
今や一介の浪人たる彼の元には、そんな身分を頼みに悪事がタレ込まれ、
許し難い悪人どもを、たった一人でバッタバッタと斬り倒すという単純さ。
その情報屋は植木等がやっておりましたね。

三波春夫御大のテーマソングも良かったね。
「逞しい、後ろ姿に、どこの御方と訪ねたら
 オレぇ~の 名前は 桃太郎~」
うーん。古き良き時代劇がここにあるなあ(笑)。
作曲が平尾昌晃というのは知ったとき意外でした。

とにかくね、長い(笑)。
最後のお決まりのシーン、勿体つけすぎなんですよ(笑)。
ズバ ビシュ ドスッ と何人も斬ってから、「ひと~つ」。
ビシュ ザス と数人斬ってから、「人の世 生き血をすすり」。
チン ズバッ ガシュッ とまた数人斬って、「ふたぁつ」。
いいから普通に斬れよとも思いますが(苦笑)、それじゃあ面白くないもんね。
最初の頃はそんなには勿体つけてなかったはずですし、何よりも登場時、
あの「ポンポンポンポンポンポン」という舞は無かったと思います。

なぜ桃太郎が般若面を着けて登場するのだろう? 般若って鬼だと思うのだが?
犬、猿、雉はいないのかい? ただ鬼のようなヤツをやっつけるから桃太郎?
それじゃああまりに芸が無さ過ぎるネーミングではなかろうか?
なんで人斬りの前に舞うんだ? なんで折角つけてる面をはずすんだ?
斬られた連中がいちいち画面の外に消えるように倒れていくのは何故だ?
等々、疑問は要らない。頭の中を無にして見る。それが時代劇である!(笑)
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
なんで・・
桃太郎が「ひと~つ」と言っている間に悪者は切りつけて来ないんだ?

なんてことを回りで言われても、父は時代劇が大好きで毎週観ていました。
仕事で色々なストレスを抱えているとき、この予定調和が楽なのだそうです(笑)。
私は最後の10分を見れば事は足りるんじゃない?なんて悪口を言いながらも、不思議です・・「ひと~つ・・」を唱和したくなるのですね。それでほぼ毎回45分した頃に父の側に行って桃さんと一緒に「ひと~つ」とやっていました(笑)。
2008/01/17(木) 06:59:37 | URL | モデラート
その問いに対する答えは簡単なんですよ。
仮に口上の途中で斬りつける奴がいても、一刀の下に切り倒されるのです(笑)。

時代劇の醍醐味は、勧善懲悪・予定調和ですね。
それは日本の歴史を作ってきた為政者達が、
少なくとも外見は身綺麗であるよう連綿と意識してきたという歴史があるから、
あまり違和感なく受け入れられる世界だろうと思いますよ。
2008/01/18(金) 07:14:04 | URL | ごいんきょ
海外で知り合った台湾出身の友人が「オレ日本語が話せる」というので何かと思ったら、「ひとぉ~つ」から「退治てくれよう桃太郎」までスラスラと演じてくれました。台湾でも日本語のまま(字幕つきでしょうけど)やっていたらしく、大好きだったとのことでした。

般若の舞の衣裳って、毎回別のを来ていませんでしたっけ。桃さんは衣裳持ちだな~と思った覚えがあります。記憶違いかもしれませんが。
2008/03/20(木) 23:57:37 | URL | あぶもんもん
ひと~つ
人よりハゲがある。
なんて口上をやったものですが。
今では胸が痛んでとてもできませんね(苦笑)。

衣装は同じだとばかり思ってましたが。
桃さんって家柄良かったんでしたっけ。
そう言えば今、時代劇チャンネルで白黒時代の桃太郎侍やってますね。
スタイルがまったく違うので、まるで別の作品みたいですが。
高橋英樹版が単純で面白み有りますけど、
白黒版も思ったより面白いです。
2008/03/22(土) 03:35:22 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。