私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



男どアホウ!甲子園 (1970)

男どアホウ!甲子園(1970)
水島新司先生紫綬褒章記念!

なんとまあ、こんな日が来るとは夢にも思わなかったですが、
ご本人も想像した事も無かったんじゃないですかね。
漫画もサブカルじゃなくなってしまったというのは、
喜ぶべきなのか、はたまた はかなむべきなのか。
とまれ、水島新司の漫画が賞賛されて然るべしというのはそうなのであって、
あの人くらい野球というものに魅入られている人物も、そうはいないでしょう。
それ故に、氏の描く野球漫画は息づいてるんですよね。

まあ近年はバブル漫画になっちゃってるんだけど、
『一球さん』とか『球道くん』とか描いてた頃は掛け値なしで凄かった。
『ドカベン』『野球狂の詩』もほぼ同じ時期ですからね。
内容も文句のつけようが無ければ、絵の方も、グラブやボールなど、
縫い目編み目までていねいに描かれていて、野球選手もうなるほどです。
たしかに表彰されてもおかしくない人なんですけどね。
個人的には、一球さん、ドカベンの高校一年夏の大会まで、
そして読み切り時代の野球狂の詩が好きです。

そんな氏の最初の成功作とも言えるのが本作なんですが、原作付きなんですね。
原作は佐々木守。脚本家としても有名な人ですから知っている人も多いでしょう。
しかし野球には素人だったらしく、どーもめちゃくちゃな漫画でした(苦笑)。
ところどころ、あまりにおかしいのは水島新司が設定直してたようですけど。
主人公は甲子園球場のグラウンド・キーパーの孫で、父親の反対を押し切って、
その祖父は孫に甲子園という名前をつけてしまう。その名も藤村甲子園。
この甲子園、じっちゃんから野球の英才教育を受けて成長。
或る時、長嶋茂雄に対して、阪神に入って三振取ってやると宣言しちゃうんですな。
その甲子園がタイガースに入り、実際に長嶋から三振を奪うまでの成長物語で、
大河的というか、そうした構成はさすがに佐々木守を原作に据えた賜物でした。

とは言っても、長い連載のほとんどは高校野球を描いてるんですけどね。
この甲子園が通う南波高校は、ちょっと想像を絶する不良の吹きだまり。
隻眼隻手のヤクザのせがれが、モノホンのポン刀振り回してるんですぜ(苦笑)。
その名も丹下。 そのままかい(笑)。
この丹下が凄いんだ。片手でもホームランとか打っちゃうスラッガー。
他にも大熊とか東海の竜とか番長クラスがごろごろいて、お互い勢力争いしてる。
なんでこいつらが野球部で野球やってるんだ(苦笑)。
しかし甲子園は健気にも、プロ入りするためには甲子園で活躍しなければと
その番長連をうまく野球に誘導していくんですけど、またすぐに乱闘になるんだ。
なにしろ、彼自身も人一倍短気なのだから(笑)。

そんな甲子園がやっていけるのも、ひとえにできた恋女房(捕手)がいたから。
ずんぐりむっくりな体型から豆タンと呼ばれた彼は、後に東大に入学して教師になり、
『一球さん』という違う漫画で高校野球の監督になって再登場しました。
この『一球さん』は、『男どアホウ甲子園』の姉妹作的位置にある作品でした。
どちらも週刊少年サンデーで連載されておりましたからね。
甲子園が投球する時、必ず「うおおおおぉぉぉ」といううなり声を上げながら動作に入る。
一球一球、「いくでぇ、豆タン!」と合図し、「はいな、あんさん!」と返事を貰い、
「うおおおおおぉぉぉぉ」と唸ってダイナミックに剛速球のみを放るんです。

直球一本。カーブなんてとんでもない。
しかし、その直球は「剛球」と呼ばれ、相手のバットをへし折る無敵球。
最後の長嶋との対決も、そのバットをへし折り、そのままミットに収まる大団円でした。
剛球と言えば剛球仮面っていうのも出てきたな。
仮面を被って正体を隠して、宙返りしながら剛球を放る。
その体勢じゃ剛球は無理だろ、剛球は。と、子供でも疑問でしたが(苦笑)。
そもそも仮面ライダーがブームだからと言って、野球ものにムリヤリ仮面出すなよ(笑)。

長嶋の引退が原作者の想像よりも長引いたのか(笑)、甲子園は大学に進学する事になり、
それなら東京六大学と考えるのはいいんですけど、なぜだか東京大学を目指す。
あの吹きだまり南波からそれは無理があるだろうと思うのですが、
カンニングを駆使して見事に東大合格してしまうんですな(苦笑)。
しかも、そうして力業で大学に進んだのに長嶋が引退表明してしまい、
甲子園は急遽、退学して阪神へ入団するのであります。
この辺、ドラフト制度の問題もあって設定があまりに強引すぎて引きながら見てました。
とにかく甲子園は阪神に入団して、長嶋茂雄を三振に取らなければいけない。
はじめにこの設定ありきで、劇中でも何度もその三振奪取の誓いシーンが使われました。

ただ、そんな連載をずっと読んできているから、最後の二週はそれなりに感動的でしたね。
長嶋を打席に迎えて縦縞のユニフォームで甲子園のマウンドに立つ甲子園。
一緒に阪神に入った豆タンは、ツーストライクから、あろう事かカーブの要求。
甲子園はマウンドをはずし、よし見せたろやないか、一世一代の球をと言って最終回へ。
最後に放るのはカーブか、ストレートか、という形でクライマックスへ繋ぎました。
豆タンは甲子園が怒ると更に凄い剛球になるのを計算し、
カーブの要求など受け入れるはずがないとわかっていてサインを出したのでした。

とまあ、以上のお話は全て原作漫画の方の話で、当時としては画期的なロングラン連載中。
そのさなかにアニメ化された本作は、エッセンスこそ原作から貰ってますけど別物ですね。
月~土の一週間帯で10分ずつ放送し、一週間60分で一話完結というスタイルでした。
スポンサーは無い時間帯で、スポット枠という枠ですね。スポットCMを羅列する枠。
このシリーズでは他に『夕やけ番長』『男一匹ガキ大将』があって、
どれもロングラン連載中で、中途半端な形でのアニメ化でした。
漫画の方のファンとしては、それら全てが噴飯物でしたね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
おしらせ
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
長嶋茂雄さんが出ている昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2007/02/03(土) 19:43:11 | URL | kemukemu
うむ
kemukemuさんはワタクシのコメントを読んでおられないようですな。
まあいいんですけど。
できればトラックバックで下されば記事を探す手間が省けるんですよね。
2007/02/04(日) 00:33:00 | URL | ごいんきょ
スポーツマン金太郎からの
この作品以前の野球漫画の殆どは主人公がジャイアンツに入るという展開が主であったまのでこの作品がいかに画期的かは明白なのかも
もっとも読売v9以前に強かった西鉄ライオンズが舞台のヒット作とかがでていればどうなのかという風にも考えられえるが
後剛球仮面というアイデアは東映戦隊のゴレンジャーやサンバルカン等でもリバイバルしており今世紀のb級かも知れない映画の「ミスタールーキー」にもそれらしい者が出てきた

ちなみにオロナミンのCMに今春一時的ではあろうが巨人以外の選手としては初の田中マークンが起用された事も報告いたす
2008/01/19(土) 21:09:28 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
水島先生は野球どアホウですからね。
読売に媚びる漫画なんぞ描かないし、そこがとても好きでした。
西鉄も南海も強かったですが、なぜか漫画にはなりませんでしたね。
第1号チームという先行者の強みは仕方ないところでしょう。

ゴレンジャーやサンバルカンに剛球仮面出ましたか?(笑)
マーくん、オロナミンやってますか。
パ・リーグ盛り上げてほしいです。
2008/01/21(月) 02:20:34 | URL | ごいんきょ
行くで~!豆タン!
キャッチボールをする機会があれば(ほとんどないけど)、未だに「行くで~!豆タン!」と叫ぶのですが、返事が返ってくることは、まずなくなりました・・・
ごいんきょとやったら返ってきそう。
2009/06/02(火) 17:29:09 | URL | naokiman
はいはい。当然返しますよ。
5年くらいかかるかもしれませんが(苦笑)。


そんな間に、田中将大投手は凄い事になってますしね。
折しも、楽天が日本一になりましたよ。
なんという運命的な返信(苦笑)。

一年間、調子を維持し続けるというのは非常に至難ですし、
20勝を達成しても、優勝を成し遂げても、
最後の最後まで登板を続けたの事もより素晴らしいです。
日本にこんな選手が出てくるとは、考えられない事でした。
落合が上層部で復帰してくるし、田中投手は大リーグ行きそうだし、
来年はまた闇になりそうですがね。
2013/11/04(月) 21:32:45 | URL | ごいんきょ
難波高校マイナス野球
小学生時代にドカベンからの流れで単行本を読んでました。昭和50年代、既に放送困難だったんでしょうか?アニメは記憶がありません。私、中学時代の不勉強が祟り、難波高校から高校野球がなくなったような教育困難校に進学しました。生徒、教職員共に進学校ではありえない個性的な人たちの集まりでそれはそれで結構楽しかったです。「人間至る所に青山あり」って所ですか。
2014/02/22(土) 00:23:59 | URL | とらお
南波高校でした
タイトルの通りです。難波は南海電車か。(笑)
2014/02/22(土) 08:06:59 | URL | とらお
「巨人の星」=大阪読売テレビ製作、「男どアホウ!甲子園」=東京日本テレビ製作の奇妙な関係
こんな「甲子園命!」「阪神命!」「魔球なんて邪道!」「根性なんて糞喰らえ!」等々と徹頭徹尾「巨人の星」の逆をいったとしか思えない作品を、大阪局では無く、東京日本テレビが製作したってのも興味深いですな。
そこに読売新聞と阪神電鉄との、戦前の日米野球開催以来の友好関係(そもそも読売大阪本社の用地は阪神電鉄の仲介で取得したとの話も)や、大阪読売テレビが「巨人の星」を放送している事の埋め合わせ等々の大人の事情を感じるのは私だけでしょうか?
2014/02/23(日) 10:08:19 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
とらおさんへの返信です
製作したのが、後に「幻のドラえもん」と言われる日テレドラえもんを製作した日本テレビ動画(当時の社名は東京アニメ動画)でして(涙)。
他局に比べ国産アニメ進出に明らかに出遅れた日テレ(ディズニー等の海外アニメで良しとの局内ムードが災いしたとの話も)が人材不足なここと「慌てて残りカスに手を付けた」って言葉がピッタリの専属契約を結んだ設立当初から、ポルノアニメ映画の大失敗に依る倒産、そして一旦再起するものの「日テレドラえもん」製作途中での解散と中々興味深い制作会社ですけど、そんな状態ですから、日テレがマスターを保有していた期間(7年間?)を過ぎて以降は・・・・・・・・。

只、幸いな事にこのアニメは日テレドラえもんと違って版権関係が解決されている様で、VHSビデオで発売されたり、CSで極稀に再放送されたりしている様です。
2014/02/23(日) 10:29:57 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
● とらおさん
放送困難というか、形態が非常に独特ですからね。
再放送しづらい形態なんですよ。
丹波左文字もたしかに扱いづらいでしょうが(笑)。
「至る所青山有り」ですか。達見されてますな(笑)。


● TXさん
そう言えば本記事には書き漏らしましたが、
これ、放送開始しばらくして、
当時の日テレのイカレたオエライ人(名は一応伏します)が、
東京のテレビで関西弁とは怪しからんみたいな横槍を入れて、
原作完全無視の共通語漫画になったらしいですよ。
映像未確認ですけど。

CSで放送しましたか。
それは知らなかった。
2014/02/23(日) 20:55:38 | URL | ごいんきょ
タイトルも標準語で
そのイカれた日テレ幹部に製作サイド責任者が「タイトルも男大バカ後楽園に変更しましょうか?」って言ったとかって件をなんかの本で読みました。原作では甲子園が「五体満足で生まれたこのワイがなんで片目片腕の…(自粛)」なんてセリフがバンバン出て来ます。アニメではどうだったんでしょうか?
2014/02/23(日) 22:04:31 | URL | とらお
水島先生が語った原作付きの理由
何故この漫画が原作付きなのか?について水島先生が語るところに依ると、水島先生に週刊誌連載の話が来て、物語の大筋やキャラクター設定等は水島先生自身で決めたものの、初めての週刊誌連載で週毎に上手く物語の筋を引っ張ったり、盛り上げどころを作ったりって出来るか自信が無く、考えあぐねた末に
「そうだ、毎週毎週放送されているテレビドラマの脚本家の先生なら、その辺上手く処理出来るんじゃ無かろうか?」
と考え、どうせなら一番売れっ子の脚本家を、と言うことで佐々木守氏にお願いして佐々木氏の快諾を得たという経緯との事です。
なので正確には「原作・水島新司 脚本・佐々木守 画・水島新司」というべきかも(笑)。
只、水島先生にとって佐々木氏には大いに刺激を受けた様で、「あの人野球を全く知らなかったんだけど、逆に知らないが故に、例えば打ち合わせの際に佐々木先生が提案してくる僕が思いも付かない突拍子の無いアイデアや展開には、僕も大いに刺激を受けたね」と仰っていました。

2014/02/26(水) 01:44:45 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
● とらおさん
そんなオチ有りましたね。
どうも出来すぎた話ですが(笑)。
丹波左文字の事を本文中で、丹下とか書いちゃいました。
丹下は、一球さんに出てきたキャラでしたっけか。
顔が左文字と少し似てたんで、ゴッチャになってしまいました。
カタワ、メッカチという言葉が普通に使われてましたね。
馬鹿、阿呆、間抜け等、普通の悪口は問題にならないのに、
身障者への悪口は機械的に封じてしまおうというのも、些か解せないものが有ります。
人間として生きていく以上、悪口にまみれる事も有る訳で、そこを徹底的に排除しようという考えは、
実は非人間的な行為だとワタクシは思いますがね。
勿論、悪口を言う人間は咎めなければいけませんが、
そうした人間がいるという描写ができなくなってしまった事は、かなりいびつな状態だと思ってます。
アニメではどうだったんでしょう。
そもそも左文字が出てきたかどうかも判りません。


● TXさん
水島先生は貸本漫画とかで活躍はしてましたが、正直、
あまり筋運びが上手とは言えなかったですねえ。
それはご自分でも少なからず意識されてたんでしょう。
男どアホウの後、『野球狂の詩』で本格的に独自の野球漫画へと踏み切るわけですが、
そちらは読み切り形式でした。
そして、それは大変な名作の連なりで、ワタクシは本当に大好きだったんですよね。
男どアホウは、野球漫画としてはハッキリ言って駄作と評価してますが、
と言うか、ただの漫画と考えても駄作だと思いますけど、
野球狂の詩は本当に素晴らしかったし、野球狂である水島先生でなければ絶対に生み出せなかった名作です。

そちらはマガジンで、チャンピオンではあのドカベンが始まるわけですが、
あちらも柔道編と、最初の夏の甲子園までは本当に面白かった。
あの辺から、一球さんの前半までが、水島先生の全盛期と思ってます。
以後は、かなり筋運びが荒くなってしまいました。

そんなわけでワタクシは本作を駄作と思ってますけど、
その原因は、やはり佐々木守さんが野球を知らなかったからでしょうね。
とにかく筋運びが荒くて、特に野球漫画としてはなんのコクも無かった。
まあ主人公が超弩弓の剛球の持ち主である以上、
試合そのものが単調になり易いというのは有りますが。
2014/03/02(日) 04:02:19 | URL | ごいんきょ
札幌も10分でした
毎日10分、6時30分からやってました。また、札幌だからかって思ってましたが、東京といっしょだったんですね。
他に「冒険王シャダー」もここですよね。
「男どあほう甲子園」、アニメはだめだったですね。でも、マンガはそこそこでしたよ。ライバルの池畑が、東城大武蔵高校にこっそり入って、仮面投手として出てきたあたりから、けっこういけてたんですよね。ちなみに水島先生は「男どあほう・・」の前に「エースの条件」というマンガを書いていて、これ、お涙頂戴、根性話だったんですよ。私、好きじゃなかったんですが、なんか先が気になるマンガでした。あとで知ったんですが、原作者はあの「花登こばこ」さんだったんですよね。なるほど。「かよ、おみゃーに食わせる飯は、にゃーずら」。
2014/07/03(木) 20:01:04 | URL | みのモンタナ
エースの条件、アパッチ野球軍の前身ですね。
そちらでは絵が梅本さちおさんになりましたが。
あれも筋運びが荒い漫画だったなあ(苦笑)。
2014/07/04(金) 00:07:11 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ