昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



バットマン (1966)

バットマン(1966)BATMAN
もうすぐ渡辺謙ハリウッド進出作として公開ですか。
なんだか検索しても新しめの作品の情報が氾濫していて、探すの面倒なんで
今回はほとんど記憶だけで書きます。まあ、いつも似たり寄ったりだけど(苦笑)。

とにかくバットマンと言えばオープニングですよね、OP。
はー… アメリカの漫画ってあんななんだ… と不思議な気がしたそのOPは、
バットマンの原作となったコミック版の絵が、そのまま止め絵で何枚か出されて、
悪人をぶっ飛ばす絵には「SOCK!」とか「POW!」とか「ZOK!」なんて、
破裂型の吹き出しでセリフが書かれていたんですね。
セリフというか、効果音なんでしょうけど。

♪ バラバラバラバラバラバラバラバラ ← エレキサウンドがたまらなかった
  バットマーン バットマーン バットマーン バットマーン
  バットマーン バットマーン バットマーン
  バットマーン バットマーン バットマーン
  ダダダダダダダダダ バットマーン

おぉ。なんと楽な歌詞である事よ。「バットマーン」のコピペだけで済む(笑)。
日本でも「ルパン・ザ・サード」とか「ルパン」だけ繰り返す歌詞がありますが。
子供には覚えやすくていいかもしれませんね。
実際、このバットマンは完全にキッズ・オンリーなテレビドラマだった。
出てくる悪人がナゾラーですからね、ナゾラー。
原語ではリドラーというらしいんだけど、それも向こうの言葉で
ナゾナゾを出すという意味らしいし、その名の通り、ナゾナゾで犯行予告するヤツ。
悪人はナゾラーも含めて大概レギュラーみたいな感じで、
他にはジョーカーとかペンギンとかがよく出てきましたかね。
みんなそれぞれキャラがあって、ジョーカーはジョークグッズを使ったり、
ペンギンは鳥を使ったり、それぞれちょっと間が抜けた感じの悪事を働く。

日本での放送は日曜夕方6時半からで、後に鬼太郎とかサザエさんを輩出する枠ですね。
この番組のスポンサーは、たしか松下電器だったと思います。
そもバットマンとはなんぞやと言えば、小さい頃はよくわからなかった。
後年知るには、スーパーマンとかスパイダーマンのような特殊能力がある
超人ではなく、あくまでも普通の人間らしいんですな。
ちょっと他人より鍛えていて、お金持ちなんで特殊なグッズを持っていると。
それがあんな突飛な格好をして出歩くという設定も設定ですが(苦笑)、
このバットマン、子供心にもビミョーにエロティックだったよな。
あのコスチュームは子供でも見るからに妖しいし(笑)、
秘密の地下室とか持ってんですよね、お金持ちだから。
そんな閉鎖された感じとか、そういう場所で、
やはり変な格好してるロビンと二人で生活?してるしね。
バットマンがあの格好で捕らえられたりすると、エロチックな感じ倍増でした(笑)。
ああ。ワタクシは男色の方はノンケでございますよ。でも、妖しい感じは覚えましたね。

地元の警察?から連絡を受けると、本棚がスライドして地下への入り口が開く。
そこから、ロビンと二人で棒をつたって下へ降りるんですね、消防団のように。
これ、登り棒使ってごっこ遊びした人、多いと思いますよ。
特殊能力は無かったと言われると、たしかに肉弾戦が多かった気はする。
で、相手はなんだかんだでひょこっと逃げちゃうんだよね。
なんでかと言うと、バットマンは地球の平和を守ってる訳でもなんでもなくて、
自分が住んでる地区だけの揉め事を引き受けてる。
だから、退治しちゃったら仕事なくなるじゃない(笑)。
しかし、相手側も含めて変な連中がいっぱいいる地区だよなー(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
初めまして
ハナユビです。
通りすがりに読ませていただきました。
私も、昭和大全盛を幼少で過ごしました。非常にグラグラくる内容ですね。
チョクチョクきます。

ちなみに、バットマンは見てました。
悪者とぶっ飛ばすとBoonなど、擬声語が画面に出るといったアメリカンな感じでしたね。

男の子は一家に一台バットマンカーのミニカーを持ってた記憶があります。

じゃまた寄ります。
2005/05/15(日) 10:20:20 | URL | ハナユビ
はじめまして
>ハナユビです。
という自己紹介が、ヒロシです…を思い出させますね。

と、書き出しからよそ様をパクっておいて(笑)、
そうそう。吹き出しが出るのは格闘シーンもでした。
コミックのノリをそのまんま実写化してましたね。

バットカーのミニカー、ありましたか。
貧しい家の子には縁が無かったですよ(笑)。
2005/05/15(日) 20:17:50 | URL | ごいんきょ
そんな捉え方だったのか
日本放映版の正式タイトルは「怪鳥人間バットマン」でしたね。「怪鳥」って・・・。蝙蝠は鳥じゃないし・・・。
2007/05/31(木) 00:41:43 | URL | 石毛零号
ああ、そう言えばそうですね。
今の今までまったく疑問に感じませんでした(笑)。
2007/06/01(金) 01:44:31 | URL | ごいんきょ@世界最低ブログマスター
バットマンカー
私の記憶ではバットマンカーのハンドルはまん丸ではなく、飛行機の操縦桿のように上部に切れ目(?)があるというか、「C」の空いている部分が上の方にあるデザインだったような気がします。「さすがは特殊マシン、普通の車とは違うんだな。でも回しにくそうだな」なんて感じていたんですが、この記憶に間違いないでしょうか。確認できる資料写真等を見た事がないもんで・・・。
2007/06/01(金) 14:51:20 | URL | 石毛零号
どうでしたっけ。言われればそんな気もするし。
アメ車だなーとかしか見てなかったですね。
2007/06/02(土) 06:56:22 | URL | ごいんきょ@世界最低ブログマスター
リスニング力
最初♪バットマン~の歌詞が♪ペッペー~としか聞こえなかった事を告白致そう
あれから様々な英語番組に出会いリスニングする力は付いたものの今でもこの曲だけはそう聞こえてしまう事も事実だとしておこう
尚キーワード農協牛乳で子この前ググッてみたらyoutubeでのタモリの空耳アワーの映像が介されこの作品に関連した曲での個人として大笑いした空耳が今のところ聞けるとも報告いたしておこうかな
ps報道番組なら公共放送の午後7時のニュースの歴史というのもよろしいかも
2007/06/02(土) 14:29:25 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ぺっぺーっていうのは、バックの音楽はそう聞こえますけどね。
歌は、バットマン~としか聞こえなかった。
だって、タイトルがそうだし(笑)。

現在記事で進行中の報道番組カテゴリ特集の事ですね。
NHKでやるとしたらNC9の方になると思います。
7時のニュースはあまりに地味過ぎ(笑)。
2007/06/03(日) 05:08:03 | URL | ごいんきょ
アダムウエストバットマン
遅れて投稿すいません。小生このバットマンの大ファンなので通り過ぎることができませんでした。放映当時のS41、民放1社の地域に居た私は見たくてもみれず、桑田次郎作のマンガを読み漁っておりました。後年マイケルキートン主演映画が公開される折に某局で深夜再放送され、毎回欠かさず見ていました。当時ビデオテープが高価な為、残すことができず、最初の2エピソードのみ残してあります。好きな敵キャラは、ナゾラー・ジョーカー・キャットウーマン・エッグヘッド・エジプトキング等々。はやくDVD化して欲しいものです。
2008/12/08(月) 12:44:13 | URL | 心は少年
ここは投稿時期に旬とか遅れとか無いんですよ。
漫画版は桑田次郎さんでしたか。
要するにほとんどの敵キャラが好きという事ですね(笑)。
2008/12/09(火) 06:55:11 | URL | ごいんきょ
バットカー(コーギー?)欲しかったなぁ
モンキーズカーも欲しかった。
マッチボックス(キャラものなし)しか、買えなかった。

 少年マガジンの洞窟の図解は、今でも、おぼろげながら、覚えています。
2010/03/18(木) 00:39:02 | URL | 昭和ど真ん中
バットマンのレコード
バットマン放映時、ベンチャーズのカバー盤レコードが人気ありまして、隣町のレコード店に買いに行ったところ、在庫が無く、ザ・クリー・シェイズとうグループのカバー盤(B面:秘密諜報員)を買ってきてしょっちゅう、聴いていました。ベンチャーズの「蜜の味」というのも無く、ハーブ・アルパートの盤を買いましたが、こちらは当たりでこちらもヒット盤となりました。
バットマンの吹替えは広川太一郎、ロビンは太田博之、ナレーション・ロイ・ジェームスでしたよね。よくあるシーンはビルの壁を屋上の紐をつたって登るというか、歩くところがありましたが、子供心にも明らかにカメラを90度寝かせて取っているのがわかりました。
ナゾラー(リドラー)役のフランク・ゴーシンという人は、アメリカの有名な映画俳優の声帯模写のタレントで個性的な顔をしていますが、以前エド・サリヴァン・ショーに出ているのを見たことがあります。どっかで見た顔だなと思いました。「エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ ノーカット完全版」というDVDが発売されていますが、そこにもこの人の声帯模写芸が収録されていますよ。
2010/03/19(金) 00:33:56 | URL | ブロンソン
● 昭和ど真ん中さん
♪ マッチボックス知ってるかい
  パーパゴン ママーゴン ババゴーンよ~
  ポケットに入っる 車だぞ!

大友さんの図解ね。
あんな事をどのくらいの時間で考えていたんだろう(笑)。


● ブロンソンさん
ベンチャーズは、いろいろテレビ音楽のカバーもやってるんですよね。
グリーンホーネットとか。
バットマンのTVオリジナルはネルソン・リドルでしたっけ。

そうそう。わかりますよね、、カメラトリック(笑)。
アメリカドラマでも、芸人が子供番組の悪役をやったりするんですね。
2013/11/04(月) 21:57:27 | URL | ごいんきょ
うれしい知らせ
今年の後半には、とうとうDVDがリリースされるとか?ただし、英語版ですが…気合い入れて買うぞ!!!
2014/07/04(金) 12:56:09 | URL | 心は少年
向こうで出た以上、こちらでもいずれ出ると思うのですがね。
それまで待つという手も有りますが、出なかったら取り返し付かないのがコワイことですね(笑)。
と言うか、今まで出てなかったとは意外でした。
2014/07/08(火) 07:25:24 | URL | ごいんきょ
DVD予約しちゃいました。
ワーナーブラザーズとFOXとの間のLawSuiteが解決してこれでアダムウエスト版バットマンDVDリリースに障害がなくなったというNewsがでたのがもう3年ほど前の話で、いつかいつかと待ち望んでいたところ、とうとうこの秋にリリース予定とのNewsが今年の初夏でした。最近Amazonでチェックしてみたら、なんと日本では、日本語も含むBilingal仕様とのことで、思わずそのまま購入予約を入れてしまいました。早く届かないかな……
2014/10/21(火) 21:52:49 | URL | 心は少年
へえ~。
ワタクシも10億くらい貯まったら昭和テレビDVD全部揃える予定なので、特に羨ましくないです(笑)。
2014/10/23(木) 23:44:40 | URL | ごいんきょ
訃報
初代バットマンのアダム・ウェスト氏が去る9日、バットコプターで天に駆け去りました。白血病とのこと。享年88歳でした。ペンギンもジョーカーもナゾラーもゴードン長官もオハラ署長も、そろってあちらでお待ちかねでしょう。南無頓生菩提。
2017/06/13(火) 02:47:57 | URL | 権兵衛
新参者から失礼をいたします。
拝啓 よろしくお願いいたします。
「バットマン」まず思い起こすのがカッコいいテーマ曲でしたが、初回放映の数十年後、ごいんきょ様もご存知の「某超マニアの方」より入手した、バットマンのほぼ全シリーズの日本語版、更にアメリカ原語版が35年以上前から存在していました。当時フィルムの配給元の「MGM日本支社」に問い合わせた処「この作品の写真は?日本には無い」と断言。写真ですよ写真、、、、活動写真じゃあ無ぇってんだよおおおおおおっ、、、と(大爆笑) この後に様々な動きもあったようで、しばらくしてほとんどのバットマンシリーズの日本語版と原語版が入手出来ました。と言う事は、おそらく国内の何処かで放映されていたのは確実です。またこの魅惑的なテーマ曲ですが、日本語版と原語版は当然微妙に違いがあり、肝心要の「メイン=主要部=-略 銀のベルトをきりりと締めて、とってもイカス、銀色の靴、、」と言う部分が無かったバージョン?もありましたね。これが不思議でした。なお前記の「某超マニアック氏」からの提供ビデオで、何故かとんでもないビデオがありました。これは当時「アメリカでの人気ヒーローが一同に集まってクイズに答える」と言う、日本でもあるようなクイズ番組ビデオが存在しました。当然全て現地録画の言語版で、中にはバットマン&ロビン、スーパーマン、他アメリカンヒーローが「かなり老けてトウが立った状態?」で出演されていましたね。何故かバットマン、記憶に残るのはその正体実体と、決して月光仮面の様な超ヒーローでは無い事。つまり恋愛にも悩むし悪党の作戦に填まり苦悩する姿、何かとても人間的で共感できる部分が多かったと思うのです。今改めて視直せば、やはり傑作でしたね。  合掌    
2017/06/13(火) 20:43:36 | URL | よしたかくん
お笑い・蝙蝠男 その1
バットマンとロビンが、出動の際に鉄棒を伝って地下室に下りるのは、たぶん「ディーン・マーティン・ショウ」のオープニングにディノが棒すべりで登場するパフォーマンスの頂きでしょう。…待てよ?ひょっとしてあっちの方がパクったか(笑)。全米放送開始は「バットマン」が1966年1月、「ディーン・マーティン・ショウ」が65年9月で、後者の方が4か月ほど早いですが、ディノがこの棒すべりを始めたのは、どうや同番組のシーズン2(1966年9月~)からくさいので、微妙なところです。ともあれ、バージェス・メレディスの葉巻をくわえて「フィー、フィー」とうなりながらカニ歩きをするところ、「分身」の大塚周夫共々抱腹絶倒。名悪役でならしたシーザー・ロメロのジョーカーも笑わせどころ満載。ジョーカーはピエロくずれだけに、パントマイムのみだったとずっと錯覚していましたが、今改めてYou-tubeを見直すと、結構ベラベラ御託を並べていますね。記憶違いの思い込みというのは、つくづく怖いものです。ともかく回によっては「ルーシー・ショウ」よりもずっと笑え、歴史に残るお笑い番組でしたな。よく分からなかったのがあの「小原」署長。なんでゴッタムシティの警察署長ともあろうものが日本人で(再笑)、しかも誘拐犯人や身上つぶしたおっさんと同じ苗字なのか(再々笑)、さらに、どうして署長ともあろうものが、いつでも番兵よろしく、ゴードン長官(これは向こうの役名の肩書では"Commissioner"で"Mayor"ではないので、「市長」ではなく「長官」と訳した方が無難そうです。もっとも、本当の役職は何なのか、今でも分かりませんが)の脇に案山子のように突っ立っているのか(再々々笑)、ともかく突っ込み所は満載で、毎週毎週飽きが来ませんでした。

ところでこのテレビ・シリーズ、Wikipedia始め資料には正式日本語タイトルが「怪鳥人間バットマン」となっているようですが、最初から最後まで毎週一回残らず見ていた身には、こんなタイトル、後にも先にも一度として目にした憶えがないのですが。はてさて。
2018/04/05(木) 07:19:01 | URL | 権兵衛
お笑い・蝙蝠男 その2
因みに、バットマン悪役出番一覧(SEASON1のみ)は、

E1/2 ナゾラー→ E3/4 ペンギン→ E5/6 ジョーカー→ E7/8 ミスター・フリーズ(アイスマン)→ E9/10 ゼルダ→ E11/12 ナゾラー→ E13/14 気違い帽子屋→ E15/16 ジョーカー→ E17/18 False Face→ E19/20 キャットウーマン→ E21/22 ペンギン→ E23/24 ナゾラー→ E25/26 ジョーカー→ E27/28 King Tut→ E29/30 The Bookworm→ E31/32 ナゾラー→ E33/34 ペンギン  (*原則として2話完結、オリジナル放送順)

横文字で記したお三人は日本名を忘れました。しかし、見事なローテーション、登板間隔です(再々々々笑)。これだと、どいつもこいつも捕まるとあっという間に脱獄し、平均二月後にはまたなぜか同じ町に舞い戻ってきて、また性懲りもなくとっ捕まっていることが分かります。この町の監獄は底の抜けたバケツかって(再々々々々笑)。因みに、フランク・ゴーシンのナゾラーは、あんまり捕まり過ぎて疲れたのか、はたまたなぞなぞの種が尽きたのか、シーズン2は完全にお休みでした。
2018/04/05(木) 09:26:49 | URL | 権兵衛
権兵衛さんへ
小生は地方在住ゆえ当時は見たくても見ることかなわず、桑田次郎連載のまんがを毎週見ていました。なので、DVD発売時にはとびついてしまいました。ちなみに、横文字で表記された悪役の日本名は以下の通りです。
False Face:怪人百面相
King Tut:キングタット(英語読みのまま)
The Bookworm:本虫
それと、気違い帽子屋は、本編ではいかれハットと呼ばれていたと思います。
2018/04/05(木) 22:03:01 | URL | 心は少年
深謝
「心は少年」さま

貴重なご教示、心より御礼申し上げます。

この四人は、ペンギン、ジョーカー、キャットウーマン、ナゾラーの「四天王」に比べると、日本での人気・知名度は今一つだったのか、「得意技」などを覚えていられる方は比較的少ないかも知れませんね。デーヴィッド・ウェインが演じた「いかれハット」はひょっとして、DVD発売時に差別語を忌避してそう変えたのでしょうかね?当時の「少年画報」の漫画版でもその名前になっていたかどうか、それ以前に漫画の方でも登場していたのか、当方はこの辺り記憶が曖昧で、「気〇〇〇・・・」が誤りであれば正しておきたいのですが、ご記憶ではいかがでしょうか。漫画版とテレビ版は、登場人物名は間違いなく同じだったと思いますので。

また、映画ではリー・メリーウェザー、テレビではジュリー・ニューマーが扮した「キャットウーマン」は放送では「ミス・キャット」と呼ばれることもあったような気がします。
2018/04/06(金) 01:06:14 | URL | 権兵衛
訂正
一点修正させてください。いかれハットではなくて、いかれシャッポーでした。
投稿後に気が付きました。申し訳ないです。
それと、ご指摘通り、本編ではキャットウーマンとは呼んでおらず、ミスキャットと呼んでいますね。
桑田版のまんがの方は、TV版の内容とは関係なく、当時のAmecomiから題材を取っていたいた様で、ご指摘の所謂四天王はあまり出てこなくて、ClayFaceとか、TV版ではあまり馴染みのない悪役を扱っていた様ですね。
2018/04/06(金) 21:42:01 | URL | 心は少年
Re.
再度のご教示ありがとうございます。

ご紹介の"Clay Face"は、コミック・ストリップ版では七代目まで続いたという人気キャラクターだったのに、66年のアダム・ウェスト版TVシリーズではとうとう一回も登場していませんね。TV版はマンネリ化を恐れるあまりか、後半になると極力「四天王」の出番を減らし、とっかえひっかえ新顔を登場させて新味を出そうとしたようですが、結局どいつもこいつも人気が出ず、原語版のキャスト一覧を調べても、ほとんど一回二話かぎりでお払い箱でした。「帽子屋」も実は二回四話かぎり、往年の名子役ロディ・マクドウォールが扮した「本虫」も二話でおさらばだったことが分かりました。道理で覚えていないわけです(苦笑)。さらに、"Miss Cat"という呼称はアメリカにはなく、あくまで"Catwoman"ですから、この名前は日本独自のものだったようですね。

結局、アメリカでのバットマン人気というのは、1930年代以来長く読み継がれてきたコミック・ストリップに支えられているのであって、テレビ・シリーズといってもワン・オヴ・ゼムに過ぎなかった訳でしょう。66年のテレビ版が意外に短く、通算3シーズンに過ぎなかったのも、案外その辺りに原因が潜んでいるかも知れません。逆に、皮肉なことにコミック版では数あるキャラクターの一人に過ぎなかったペンギンやジョーカーが、テレビ版によって逆にトップ・スターに昇格したのではないかと考えています。

ところで、あのブルース・リーがS2三話分に出演していますね。ほんの端役ですが、どう考えても日本人の「カトー」役。二回目の登場では相棒のグリーン・ホーネットと組んで、ギャング一味の切手偽造計画を阻止すべくバットマンと協力する、基本的には善玉の役でした。
2018/04/07(土) 14:09:24 | URL | 権兵衛
権兵衛さんへ
Catwoman初登場は1941年のBatmanComic創刊号ですが、その時はCatwomanという呼び名ではなく、MissCatでした。
Jokerも同じくBatmanComic創刊号での初登場で、その後人気が高く何回もComicに登場しています。2代目RobinことJasonToddを爆死させたのもJokerですので、Jokerに関しては、Comicに於いても相当人気が高かったものと思います。
一方Riddler(邦名ナゾラー)はGoldeAgeComicではあまり登場しておらず、AdamWest(TV)版で人気が出てComicでも扱う様になっていったんだと思います。
又、Jokerよりも更に前に登場してComicではそれなりの人気があったと思われるDr.Strangeという悪役があおりますが、こちらは、最近のアメリカドラマのGothamに登場するまでは、ほとんど登場していなかったはずです。
最後に、グリーンホーネットについてですが、ミスターカトー役のブルースリーと共に、グリーンホーネットという表題の別番組で人気がでたので、AdamWest(TV)版へのゲスト出演となった次第です。こちらの番組はバットマンより少しアダルトな雰囲気で、愛車のグリーンビューティが発進していくシーンはかなり良いですよ。どういう訳か1シーズン(全26話)で終了でしたが。ちなみに、このグリーンホーネットの正体はデイリーセンチネル新聞社の社長ブリット・リードで、あのローンレンジャーが銀山を掘り当てた財産で創設された新聞社をその孫として譲り受けたことになっています。
アメコミ世界のなんと複雑な人間関係ですね!!!
2018/04/08(日) 14:53:00 | URL | 心は少年
御礼
「心は少年」さま

数々の恥ずかしき誤謬の訂正と再三にわたる貴重なご教示、心より御礼申し上げます。

元よりもう「恥をかいて覚える」というような年ではありませんが、もう一度顔を洗って修行し直して参ります。
2018/04/08(日) 17:57:51 | URL | 権兵衛
少年マガジンの図解
大伴昌司(当時は知りませんでした)のバット・ケーブの図解は、当時ワクワクしながら、見てました
2018/04/13(金) 21:20:52 | URL | 昭和どまん中
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ