私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



妖術武芸帳 (1969)

妖術武芸帳


TBS日曜夜7時栄光のタケダアワーも、円谷の『怪奇大作戦』が
妖怪ブームを怪奇ブームに拡大解釈して大失敗。
裏にさして強力な番組も無いのに衰退を始めていました。
そこでテコ入れを図ったと見え、今度は東映で、妖術を扱った作品の登場です。
主役の誠之介には、ロカビリー全盛時代に活躍した歌手、佐々木功。
後に宇宙戦艦ヤマトの主題歌でアニメソングの重鎮としてブレイクしますが、
この頃は役者として転身を図っていたようです。

しかしねえ、子供たちがワクワクしていたのは、異形の『妖怪』ですから。
この妖術武芸帳、たしかに特撮も出色の出来で、妖術の描写も凄く、
或る程度の年齢になるとそこそこ面白いです。
しかし、その年齢層に受けるには内容が幼稚。
ハッキリ言って、アンバランスなんですよね。狙いが絞れてない。
それならまだ、怪奇大作戦の方が説得力はあるでしょう。
いくら人間が不思議な妖術を使っても、異形の妖怪の方に
子供はパッと心を掴まれてしまいます。そこが怪獣ブームにも共通。

そもそも既にこの頃、当の妖怪ブーム自体が下火になり始めてましたから。
この番組は非常に良くできたモノでしたが、てな事情でわずか1クール、
全13回で消える事となりました。
『婆羅門妖法の巻』なんて出ていたけどね。
その他の巻を見る事はできませんでした。
無駄なサブタイトルでしたね(苦笑)。

主題歌はあの、尾崎紀世彦がいたザ・ワンダース。
ウルトラセブンの冒頭、「♪ セブーン セブーン セブーン セブ-ン」
の部分を歌ったのも彼らで、尾崎の声も聞こえます。
元々、葵公彦が歌った別の歌でOPが既に作られていましたが、
どうもノリが悪くて古めかしい歌ですね。
だからかオクラ入りになり、よく知られるOPになりました。
よく知られるって… こちらも知ってる人は少ないか(笑)。

後に丹下段平の声をアテる藤岡重慶演じる覚禅なるキャラクター。
「俺様はある時は敵! ある時は味方!」。カウボーイですか?(笑)
ちなみに、妖怪ブーム終焉を悟り急遽路線変更を図った後番組、
『柔道一直線』が、この枠に再び息吹を吹き込んでくれる事になります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
かまきり仙人
「妖術武芸帳」はカルトですね。覚えている人はあまりいないんじゃないでしょうか。
日曜日の午後7時、「怪奇大作戦」の後番組、この後番組が、「柔道一直線」という間に挟まれた仇花のような番組でしたね。
「怪奇大作戦」は今でこそもてはやされていますが、当時は暗くてあまり楽しめませんでした。その後番組がこれでしたが、引き続き見ていました。赤影風の妖術物時代劇でしたが、この当時は既に古臭く、受ける要素もなかったです。やはり、この頃は、翌日、学校で昨日あれ見たとか言って友人と盛り上がるような話題性のあるものが望まれていましたからね。
確か、かまきり仙人とか、卍党っていう悪者が出てきた気がします。
尾崎紀世彦のいたグループが主題歌を歌っていたんですね。知りませんでした。
2006/09/01(金) 17:12:02 | URL | ブロンソン
全13回をリアルで観た人は
そうそういないんじゃないかと思われますね。
そもそも、怪奇大作戦の時点でかなりパワーダウンしちゃってましたから(笑)。
でもあれは、好きだった人間は本当に思い入れ強い番組でした。
この妖術武芸帳は、そうしたカルト人気からも外れている気がするなあ(笑)。
ワタクシも、オープニングをチラッと観たぐらいだったですね、当時は。
この怪奇大作戦~妖術武芸帳の頃に
アップダウンクイズの視聴が固定化しちゃいました、我が家は(笑)。
2006/09/01(金) 23:08:09 | URL | ごいんきょ
ウルトラQの頃から…
我が家では日曜7時は、タケダアワーでした。これもしっかり見ています(もっとも記憶は薄~いですが)。ささきいさお(当時は佐々木功)さんが颯爽としていた記憶がありますが、実際、今の眼で見直してみたいな・・とも思います。赤影的な部分と隠密剣士っぽい部分とがミックスされて、結構好きでしたよ。
>「一直線」
そうです!そうでした!!これの後番組ですよね。ちょっと記憶が整理できました。
2006/09/01(金) 23:28:55 | URL | おやじバンザイ
わりと面白い
この記事を書いた頃に東映チャンネルでやって、
それで観ましたけど、けっこう面白かったです。
妖術の描写が驚きで、なんで人気出なかったのか不思議なくらいですよ。
たしかに、隠密剣士の特撮化という感じでしょうか。
2006/09/02(土) 00:28:05 | URL | ごいんきょ
卍党
卍党は赤影の方ですか...。
今、赤影の方を読んでいてわかりました。記憶って曖昧ですね。かまきり仙人も、あやしくなってきました。
2006/09/02(土) 03:01:42 | URL | ブロンソン
そんなものかと
ああ、ツッコミ忘れて申し訳ないです(苦笑)。
卍党は赤影ですよね。
かまきり仙人っていたかなあ?
もっと忍者っぽい名前の相手が出てきたような。
2006/09/02(土) 19:28:49 | URL | ごいんきょ
書き込み少ないですね
 実は、鬼堂誠之介というキーワードでくぐってみたら、ここにたどり着いた私であります。怪奇大作戦の後番組でしたか。この番組もてっきり円谷だと思ってたんですが、東映だっんですね。そういえば「赤影」の乗りが有るような無いような…すいません、あんまり憶えてないんですよ。
 ただ、船に乗ったおっさんが、掛け軸の絵の中に入って行く場面が非常に鮮明に残っていて、それと主人公の名前だけが手掛かりでした。CSでやってたんですか? 切らなきゃよかった。見たかったなぁ。でも東映チャンネルかぁ。あのチャンネルはコストパフォーマンスが悪くて(って、単なる貧乏人ですね。)。
2007/05/21(月) 18:04:16 | URL | つー
ワタクシもその言葉でググってみましたが、
相当深層にあるんじゃないですか?
よく根気よく見て下さいました(笑)。
普通に妖術武芸帳ですと2番目に来るようですけど。
船の話は、おそらく第1回だと思います。
妖術の描写はいま見てもなかなか凄いですよ。
2007/05/22(火) 06:49:36 | URL | ごいんきょ
あるじゃない。妖術武芸帳の記事
あるじゃないですか。妖術武芸帳の記事が。と思ったら、コメント数が少ないですね。

小さい頃見ていたので、覚えている話は少ないですが、一番記憶に残っているのは、水の流れる筒の中に悪い妖法師がいてるってやつ。
と、主人公の誠之介が音で相手の術を破るという話ですね。
私は結構はまっていたと思います。オープニングも結構好きで、YouTubeで見つけたときは思わず喜んでしまいましたね。
2010/03/20(土) 00:13:32 | URL | sunkiss
何故か有るんです、この番組の記事(笑)。
そしてコメント少ない上に、返信も遅くて(苦笑)。


そも妖術とは心の技
深く沈むれば万人その掌中にあり

オープニング主題歌、ワタクシも好きです。
というナレーションもハマってますね。
2013/01/31(木) 22:35:11 | URL | ごいんきょ
オープニング
オープニング、かっこいいですよね。あの語りも雰囲気出してましたが、言葉の意味がわからず、覚えにくい語りであった気がします。好きだったのに、すぐ終わったしまったのが残念です。話は、はっきりいってほとんど覚えていません。でも、ある朝、起きた藤岡重慶さんが、塩で歯みがきするシーンがあって、そうか、江戸時代はこうして歯みがきしていたんだと、勉強した気になってました。
2014/06/19(木) 23:43:15 | URL | みのモンタナ
そも妖術とは心の技 深く沈むれば万人その掌中にあり
無にせんか 己が意のまま げに恐るべし恐るべし

ってあれですね。格好良いです。
塩って、本当に歯磨き効果あるみたいです。
それなりに濃くしないといけないみたいですが。
2014/06/20(金) 22:27:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ