私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ボナンザ (1960)

ボナンザ(1960)BONANZA
西部劇ってのはアメリカ人にしてみりゃこっちの時代劇みたいなもんで。
水戸黄門を筆頭に、時代劇の人気番組は超長寿番組となるこちら同様、
かの地でも西部劇のヒット作は桁外れの長寿だったりします。
代表は、なんと言っても『ガン・スモーク』。
20年、900本近い話数を誇りますが、更に前身のラジオドラマ期があるというから凄い。
そしてこの『ボナンザ』も15年近く、440本もの制作話数を誇る、
西部劇のスタンダードであります。

「ボナンザ」というのは金属多保有地層帯の事らしいです。
そう言えばオープニングの冒頭では地図が出てきますね。
で、非常にノリの良いウエスタンのリズムをバックに、その地図がメラメラと燃える。
物語の主役は、農場所有のカートライト一家でした。
だから日本では、昭和41年から放送された際に『カートライト兄弟』という
タイトルで放送されていた事もありますね。

ガン・スモークとかバークレー牧場なんかでもそうなんですが、
スタンダードな西部劇って、単純に舞台背景が開拓期西部であるというだけで、
あくまでも人間ドラマが主体だったりします。
ワタクシとしましては、派手なドンパチが目立つ『拳銃無宿』とか、
『ローハイド』なんかの方が好きなんですけどね。
この番組も、牧場での使用人達やインディアンらの人間ドラマを描いてます。
まだ国産ドラマが未熟だったテレビ創世記だから人気も有ったんでしょうな。
今は亡き作家・景山民夫が、懐かし外国ドラマ特集のゲストに出て、
「ボナンザ見たいね」とリクエストしてたのを覚えてます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ボナンザ
なつかしですね。再放送で何度か見ました。そこで私が捜している、テレビシリーズ西部劇「コルト45」?をご存知でしょうか。大瀬孝一の「若君日本晴れ」の後時間にやっていたような気がします。新型のコルト拳銃をセールスしながら西部各地の街の悪人どもをやつける展開でした。このシリーズだけは再放送を見たことがありませんが、ご存知の方はよろしく。
2006/04/14(金) 16:06:00 | URL | 尾JAL丸
西部劇
ようこそです。
いま何かと大変なJALがハンドルに組み込まれてますな。
事情は聞きませんが(笑)。

コルト45ですか。名前はもちろん知ってますが、見た事ないんですよ。
再放送されないですよね?
おそらく吹き替えのフィルムが残ってないんでしょうね。
あらためてアフレコして放送するとは思えないんで、
そういう作品も再見が非常に困難ですね。
2006/04/17(月) 07:42:08 | URL | ごいんきょ
西部劇で一番NHK「カートライト兄弟」
「センテニアル」「ワイオミングの兄弟」「西部二人組」「カートライト兄弟」「ヤング・ライダース」「警察署長」とNHKはかなり西部劇を放送していた。しかし、私は、この「カートライト兄弟」と民放の「ライフルマン」が、少年の頃好きだった作品です。少年だった、40年も前の頃、民放の方でもNHK以上に西部劇は放送されており、父親の管理する家族の宝物であったTVの電源を父につけさせる為に、番組情報をかき集め、父に報告したことを、想い出しました。とりあえず、CS放送で上記に作品が放送されることを願うしだいです。
2006/05/16(火) 13:21:27 | URL | はっしゅう
各家庭のテレビ事情
を聞けると凄く嬉しいもんです。
これはテレビが贅沢品だった世代じゃないと語れませんしね。
いいお話を有り難う御座いました。

ワタクシは西部劇はやっぱりドンパチが好きなんで、
拳銃無宿に尽きるんですよね。
はっしゅうさんがお書きになっている作品も、
尾JAL丸さんのコルト45同様、再建困難かと思われますねえ。
フィルムそのものは当然アメリカにはあるはずですが、
日本語音声がどうにも難しいのではないかと思います。
2006/05/16(火) 23:16:36 | URL | ごいんきょ
ローハイドの歌
ローハイドの主題歌を歌ってたフランキー・レインさんが6日に心不全のため93歳でお亡くなりになったそうです。
不謹慎かもしれないけど私は英語がよくわからないので(当時も今も)歌よりあのムチの音(?)の方が印象に残ってます。ご冥福をお祈りいたします。
2007/02/12(月) 16:22:39 | URL | オンデン1970
そうだったんですか
えー、そうだったんですか。ちょうどローハイドはBS2で再放送中(といってもNHKでの放送は初めてですけど)ですが、昔オンタイムで見たわけでもなく、今回の放送でも途中から一度見ただけなので、1回ちゃんと最初から見ようと思っていた矢先でした。
 ご冥福をお祈り致します。
2007/02/13(火) 00:20:36 | URL | かじか
フランキー・レインさん
そうなんですね。
訃報が有りましたが、お悔やみして下さる方が来られるとは思ってませんでした。
外国作品特集の時に、ローハイドやろうかなとは思っていて、
自分の思い出はその時に語ろうと思います。
2007/02/13(火) 00:25:29 | URL | ごいんきょ
コルト45
ジョン・ウェインのファンだった私は、テレビの西部劇は欠かさず見ていました。この「コルト45」ももちろん見ていました。
この頃は、スティーブ・マックィーンの「拳銃無宿」もそうですが、テレビ西部劇は30分番組がほとんどでした。
オープニングで、西部の町の通りに右のほうからガンマンが歩いてきて、画面の中央まで来るとこちらに向き直って腰の二挺拳銃のコルト45を抜くと、バンバンと何発もぶっ放す。銃声のするたびに、C-O‐L‐T‐45という文字が出てきて、タイトルになるというものでした。タイトルがそろうとナレーションが入り、「陸軍情報部のクリストファー・コルト大佐が、名前も同じコルト銃器会社のセールスマンとして、西部を旅しながら、任務を果たしていくのである」といった意味のことを述べていました。コルト大佐には、ウェイド・プレストン。クリント・イーストウッド同様にイタリアに行き、仲代達矢と共演した「野獣暁に死す」などマカロニ・ウェスタンに何本か出演していました。
当時の外国テレビ映画には、日本側で主題歌をつけていました。デューク・エイセスの「ララミー牧場」や小坂一也の「無敵のライフルマン」などが有名ですが、この「コルト45」にも日本版の主題歌がありました。男性コーラスで
「♪赤い夕陽が荒野に落ちて
  明日を知らない夜が来る 
オーケイ オーケイ
  ウゥーウウウウー 
  おいらは平和を売る男
  コールト フォティファイブ
  コルトー フォティファイブ♪」
というような歌でした。 
なお、主役のコルト大佐の吹き替えは、川合伸旺。この人、時代劇の悪代官をやらせたらピカイチ。まさに「お主も悪よのう」を絵に描いたような容姿でした。声優としては、ポール・ニュ-マンの吹き替えが持ち役。
   
2007/04/04(水) 22:46:43 | URL | 漫中老
日本語版主題歌
初期の外国作品は、声の吹き替えも残ってないし、
日本語版オープニングもほとんど残ってないようなんで、
当時の視聴者の記憶語りってとても貴重だと思うんですよ。

しかし、コルトって完全に私企業だと思うんですが、
そこまでプッシュするって、コルト提供だったのかな?(笑)
ボナンザにも日本語主題歌有ったのでしょうか?
2007/04/05(木) 06:28:23 | URL | ごいんきょ
コルト「45(2)
コルト45といえば、「西部を征服した銃」といわれ、通称はピースメーカー。西部劇で最もよく登場した銃ですが、一方で、米陸軍に正式採用された拳銃でもありました。そして、コルト・ガバメント(通称GIコルト)になっても、1985年にイタリア製のベレッタM9にその座を譲るまで、米陸軍で使われました。
コルト社がスポンサーだったかどうかはわかりませんが、こうしたコルト社と米陸軍との関係から、コルト社の名前を使うことはさほど問題にならなかったのではないでしょうか。

「カートライト兄弟」には、日本語の主題歌はありませんでした。「バークレー牧場」も「ブロンコ・シャイアン」にも「マーベリック」にもなかったと思います。あったのは、子供を対象にした「ララミー牧場」や「ライフルマン」くらいでしょうか。そういう意味からも、アダルト・ウェスタンだった「コルト45」に日本語の主題化があったのは珍しい例だと思います。
2007/04/05(木) 23:55:48 | URL | 漫中老
西部劇
西部劇をまったく見なくなってしまったのも寂しいですね。
スポーツ特集の次は外国ドラマ特集をやる予定なので、
そこでララミー牧場でもやってみようかと思います。
漫中老さんに書いてもらいたいくらいですが(笑)。
2007/04/06(金) 06:33:28 | URL | ごいんきょ
ララミー牧場
ぜひお願いします。
もう、頭の中で、デューク・エイセスの歌が聞こえてきました。
「♪草は青く 山遠く・・・・」
2007/04/06(金) 21:37:11 | URL | 漫中老
ララミ~♪ララミ~♪
漫中老さま、はじめまして。

 漫中老さんは、スリム派?ジェス派?私は断然ジェス・ハーパーです!(はぁと)たぶん何回目かの再放送を見ていたんだと思いますが。

漫中老さんは大阪の方ということでしたが 「箕面小学校 84回卒業6年4組Homepage」というところへいかれましたか?かなり懐かしいことになってます。
http://hccweb1.bai.ne.jp/kakinoki/

ごいんきょさま、
外国ドラマ特集、私からもお願いします。「♪セブニセブン、サンセッ!☆☆」
2007/04/06(金) 23:39:03 | URL | オンデン1970
サンセット77
オンデン1970 さん、はじめまして。

あの当時は、日本中がジェス派でした。来日した時の騒ぎはすごかったです。あのあと、映画の「続・荒野の七人」でユル・ブリンナーと共演したころがビークでした。それでも、1986年公開ののアラブ・ゲリラにハイジャックされ、バグダッドに監禁された人質を救出する米軍特殊部隊の活躍を描いたチャック・ノリス、リー・マービン主演の映画「デルタ・フォース」にロバート・フラーが出ているというので、目を皿のようにして見ていたら、輸送機のパイロットになって1カットだけ出てました。しかし、メル・ギブソン、ジョディ・フォスターが共演した西部劇「マーベリック」では見つけることはできませんでした。


「箕面小学校 84回卒業6年4組Homepage」拝見しました。最後の「テレビが家に来たころ」は素晴らしいですね。これを見ると、いろいろ当時のことが思い出されます。
2007/04/07(土) 00:52:21 | URL | 漫中老
● 漫中老さん
ララミーは当時のフィルムが残ってないようで、これまで懐かし物番組でも
一度も映像が出た事が有りません。
資料もそうは多く無いので、なかなか難儀です。
できれば漫中老さんに書いて戴きたいです(笑)。


● オンデンさん
当時再放送が有ったんですか。
じゃあ素材がどっかに残っててもよさそうだけどなあ。
2007/04/07(土) 05:58:48 | URL | ごいんきょ
ジョッシュ・ランダル
「コルト フォリファイブ フォリファイブ」と、主題歌を覚えた。「フォーティファイブ」を、フォーリーファイブと、TをR読みするのは、アメリカ人で、「弁護士ブレンストン」(キングスイングリッシュを話す)は、絶対にウォーラーとは言わなかった。とは、当時の何かに書いてあった、ように記憶する。
「拳銃無宿」はよかった。あれでかどうか、すっかりS・マッキーンファンになってしまい、多分、日本で上映された彼出演の映画の全ては見た、と自負しています。
端役で、一瞬しかスクリーンに現れなかった、ポ-ル・ニューマンの「傷だらけの栄光」。最初にみたのは、シナトラの「戦場より永遠に」かも知れない。「突撃隊」は、完全に主役級だったし。「荒野の七人」は、高校時代でしたね。
2010/03/07(日) 17:27:49 | URL | お猿さん
● お猿さんさん
返信が遅れて申し訳ないのですが。

コルト45、森永提供ですね。
拳銃無宿も面白かったです、本当に。
しかし、マッキーン映画全ては凄い。
2013/11/04(月) 22:27:32 | URL | ごいんきょ
テーマ曲が印象に残っています。
この西部劇ドラマは自宅のテレビで視ていましたけれど、当時の風潮として「勧善懲悪⇒ハッピーエンド」で一話完結モノの典型だったと思います。
ドラマの内容はともかく、テーマ曲が出色でした。テレビでは楽団演奏が流れていたと思いましたが、主演のローン・グリーンの独唱によるシングル盤を聴いたことがあります。中々素敵な歌いっぷりでした。同レコード盤を入手したかったのですが、既に廃盤で購入できなくなっていました。
だいぶ後になって、西部劇ファンとしての延長でカントリー音楽を聴くようになり、ジョニー・キャッシュのアルバムに挿入されていたのを聴けるようになって悦に入っておりました。
2015/12/19(土) 14:33:34 | URL | 凸椪
ボナンザの主題曲は当時も人気だったようで、仰るようにグリーンさんのシングルの他に、
LPとかも発売されています。
あの当時、テレビ番組のLPが出される例は、多くはありませんでした。

グリーンさんのシングルは、オークションで安価で入手可能ですよ。
500円前後で入手できます。
2015/12/20(日) 10:41:00 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
もうかれこれ、30年以上も前になりますか、NHKの土曜日の夜、「西部二人組」というアメリカのドラマをやっておりました。当時、中学生だったのですが、テレビ好きの僕は、これは面白いと毎週欠かさず見ておりました。また、NHK放送終了後、5年後ぐらいに、関西の民
2006/09/17(日) 09:27:36 | はっちんずBLOG
どんな人生にも雨の日はある 景山民夫 探偵物やアクション物など、日本人作家には
2006/12/03(日) 11:37:46 | すばらしき新世界
昨日、コルト45とう懐かしいTV番組の主題歌はないかと探していた。コルト45は私が6,7歳の頃得意で歌っていたテープを聴かされたことがある。そんな懐かしい曲。私が最初に出会ったポップスといえるかも?以下のページに歌詞が載っている。結局音源は見つからなかった。
2007/04/24(火) 22:15:00 | 温故知新~温新知故?
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ