私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ステージ101 (1970)

ステージ101(1970)
NHKに東洋随一の巨大スタジオが新設されるのを機会に、一般から募集した
ヤング101というメンバーを前面に押し出して歌い、踊りあかしたショー番組。
と書けばなんとなさそうですけど、NHKすらも視聴率第一主義に陥っている
現今のテレビ界では、まず実現不可能なテレビショーではありました。
何しろ、煌びやかなゲストなどは出演せず、したとしても流行りの持ち歌を
前面に出すわけではなく、あくまでもショー番組としての全体に埋没していました。
とは言え、当時は特に地方でのNHKのブランド力は今日の想像を絶するもので、
こうした内容でもそれなりに手をかけていれば、そこそこの視聴率を稼ぎました。
裏番組には8時だョ!全員集合や、近衛十四郎の素浪人花山大吉がありましたが、
このステージ101も、それらに劣らぬ知名度を持っていると思います。

当初の司会は関口宏だったようです。彼の初の司会業かもしれません。
出演者で特筆すべきは、なんと言っても田中星児ですか。
後年、TBSでブレイクする事になる彼は、『おかあさんといっしょ』をはじめ
NHKでそのキャリアを展開していたんですね。
この番組の頃から、生ギター一本で歌唱披露するスタイルは変わっていません。

ヤング101と呼ばれるメンバーは、洋楽やこの番組のオリジナル曲を
ダンスに合わせて歌っておりましたが、中でも最後期の或る二人は特記される存在です。
一人は、ヤマハポプコンで天才少女と謳われた谷山浩子。
知りませんか。そうですか。
彼女のオールナイトニッポン二部は非常にマニアックな面白さに溢れ、
当時のリスナーには伝説的な番組なのですが。
知りませんか。そうですか(笑)。

さて、もう一人の子はヤング101の頃からルックスも歌唱力も図抜けた存在で、
メンバーの中でも特別に出番が多かったように思います。
この番組の最終回で、ヤング101のメンバーは「卒業」という形で送られました。
その子はこの番組を「卒業」した後、しばらくして『雨だれ』という曲でデビューし、
たちまちのうちに売れっ子歌謡歌手となりました。
程なく、『木綿のハンカチーフ』という曲が国民的ヒットとなり、
紅白歌合戦出場歌手として、NHKに戻って来たのであります。
芸名は、ヤング101として出演していた頃と同じ、『太田裕美』のままでありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
NHKが誇るカルトな歌番組でしたね
ステージ101は、GSブームが萎んでその後アイドル歌謡が一般的に広まるその過渡期に、
当時の洋楽ポップスやフォークを中心にティーンに親しまれる音楽を前向きに模索していく番組のカラーが新鮮だったのか、
わが家は揃って毎週この番組を観ていました。
歌謡番組ではなかったため、まだ小学生だった拙にとっては少々退屈でしたが、
それでもこの番組で観てはしだのりひこや上条恒彦のファンになりました。
とても思い出深いですね。
2005/06/16(木) 20:51:41 | URL | 路傍の石
アイドル全盛前夜
なるほど。時期の解説としてはそんな感じなんでしょうね、たしかに。
小学生には見所少なかったと思いますよね(笑)。
当時は、NHKのブランド力で我が親世代以上は見ちゃいましたからね。
連想ゲームなんて、今じゃ採用されないであろう単純企画ですし。

上条恒彦。出発の歌でしたっけ。
出発と書いて「たびだち」と読む。
真剣と書いて「ほんき」みたいな。

はしだのりひこはシューベルツの後のクライマックスの頃ですかね。
花嫁で紅白にも出演しましたね。
2005/06/17(金) 06:39:59 | URL | ごいんきょ
昭和の若者です。
たった今、NHKアーカイブズでステージ101の最終回をやっていましたよ。ヤングという言葉は死語ですが、知らないヤングがたくさん出ていました。唯一、田中星児さんと太田裕美さんが分かりました。谷山浩子さんもこの番組の出身と知って驚きました。
何はともあれ、昭和ーっていい時代でしたね。
2006/03/27(月) 01:30:45 | URL | 昭和人
アーカイブズ見た
アーカイブス見ました
録画したものをみました
涙なみだ涙でした
2006/03/28(火) 02:09:24 | URL | pon
最終回
当方は、かなり以前にBSでやった時に録画し、画像はそれです。
アーカイブでもやりましたか。

つい最近新資料を入手したんですが、レッツゴーヤングはこの番組の正式な後継番組のようです。
だてにヤングという言葉は使われてないんですね(笑)。
太田裕美さんはこの番組でデビューし、レツヤンでビッグアイドルに育てられたと。

田中星児さんは、なんとのど自慢出身だったようです。
この辺の資料も入ったんで、のど自慢も近いうちにやろうかなと。

そう言えば世の中も卒業シーズンでしたね。
それもあっての放送だったんでしょう。
2006/03/28(火) 07:12:43 | URL | ごいんきょ
イントロ
思い出しました。
番組のイントロはドラムから始まりメンバーが次々にフレームインして来たんですよね。
そして合唱が始まる。

子供心にあのドラムが妙に頭にこびりついたのを覚えてます。
2008/03/22(土) 10:22:47 | URL | ドーバー・デーモン
チャーブスさん
出演者で覚えているのは、チャーブスという女の子3人組です。
ちょっとふっくらとした可愛らしい女の子達で、チャームスかなと思ったらチャーブスだったので、笑ってしまいました。
ハーモニーがとても綺麗で歌唱力が素晴らしかったです。
2008/03/22(土) 21:02:11 | URL | モデラート
● ドーバー・デーモンさん
たしかにドラムで始まってますね。
ただ、かなり短くて、すぐに歌に入りますけど。

● モデラートさん
NHKの音楽番組すべて見ていたのではないかというモデラートさんですが(笑)。
チャーブスですか。
やはりチャームスじゃおこがましいということなんでしょうね。
2008/03/23(日) 19:38:49 | URL | ごいんきょ
スタジオは102
ステージは101。空中都市は008。関係ないけど10ー4-10-10。ついでに恋のテレフォンナンバーは・・・。当時の私にはややこしかったです (^^)。
2009/02/09(月) 20:59:54 | URL | あぶもんもん
ステージ101とスタジオ102は紛らわしかったですよね。
どちらも番組はほとんど見てませんでしたが(笑)。
2009/02/12(木) 00:57:40 | URL | ごいんきょ
オープニングテーマ 
youtubeネタで恐縮ですが。 
オープニングテーマが
アップテンポでしたね。

あと、雪像ネタのコントで
一条みゆ希と、いう人が
ウィークエンダーみたいに
雪像を面白おかしく説明して
いましたね。
その雪像が動き出すという
オチになってましたが。 
その、雪像の人って
お笑いタレントか役者さんが
していたと、思ったら
ワンツーどんと、いう番組に
出ていたワンツーおじさんだった。
youtubeでみたのはそれだけです。
あと、その当時の司会は
マイク真木、前田美波里
泉未子でした。
初代司会者は黒柳徹子だった
みたいですね。
OPがミュージカルっぽくて
新鮮でしたね。
ステージ101の
ヤング101メンバーには
一条みゆ希がいたのは
知ってましたけど
谷山浩子、太田博美がいたとは
知りませんでした。
あ、そうなんですか。 
2009/02/12(木) 12:47:13 | URL | 梅吉
司会者
黒柳徹子も司会はしてたみたいですが→本当ですよ。 
初代は関口宏でしたね。
失礼しました。
マイク真木、前田美波里が
3代目でおそらく間違いない
でしょうけど。 
2009/02/12(木) 12:50:54 | URL | 梅吉
本当だ。初代は関口さんで二代は黒柳さんなんですね。
そう言えば黒柳さんはやってた様な気もしますが、関口さんはまるで記憶に有りません。
ヤング720といい、ヤング(笑)の代名詞みたいな司会者だったんですね。
2009/02/14(土) 06:55:55 | URL | ごいんきょ
涙をこえて
この番組で、シング・アウトが歌っていましたね。ヤング101も。
スケールの大きな歌で、伸び伸びした歌声、ハーモニーが素敵でした。
不意に思い出して、懐かしさに浸り、こちらに書き込みさせていただきました。

上條恒彦さんは、ヤングの中でちょっと別格のような感じがしました。

スタジオ102(笑)、我が家では朝のニュースはこれでした。
2013/02/11(月) 23:56:56 | URL | モデラート
ヤング101は、デューク・エイセス初代リーダーの和田昭治さんが指導していたのかな。
その中から4人を抜擢して、サントリーレッドのCMで起用。
それが、後にアニソンやパンポロリンで活躍する、こおろぎ'73でした。
おじゃまんが山田くんのOPも歌ってましたよ。
2013/02/21(木) 03:48:33 | URL | ごいんきょ
このステージ101は殆ど記憶もなく、後継のレッツゴーヤングも裏のフジテレビのアニメを見ていた為たまに見てただけの私が言うのもアレですが、NHKはステージ101以来45年続けた若者向け(笑)音楽番組に来春終止符を打つそうです。
上條恒彦さん、同郷。私の親父の高校の後輩。応援団だったようです。「出発の歌」で聴かせた圧倒的な声量はさもありなん、ですね。
2015/12/30(水) 17:26:44 | URL | ナベチン
名前
「チャーブス」じゃなく「チャープス」、「泉未子」じゃなく「泉朱子
」(いずみ・しゅこ)ですね。
2015/12/30(水) 20:51:19 | URL | オリビア
チャープスさん
オリビアさん
チャープスさんだったのですね。ずっと思い違いをしていました。
最近になって、同級生がステージ101のオーディションを受けていたと知り、大いに驚いていたところでした。
2015/12/30(水) 21:21:24 | URL | モデラート
● ナベチンさん
なんでなんでしょうかね。
でも、永遠に無くなるわけではないでしょうから。
上條さんが応援団だったという話は初耳です。
歌声喫茶出身という話は有名でしたが。


● オリビアさん
その通りなのですが、たしか、語源は「ブス」から来ていたような。


● モデラートさん
へえ。
モデラートさんも誘えば良かったのにね(笑)。
2016/02/28(日) 22:56:39 | URL | ごいんきょ
こちらは
番組自体放送当時は知らず、終了から30年近くたって「TSUTAYA」で借りたCDで中村八大先生作曲のオープニング曲を聴いて知りました。
同じ放送時間の後番組「レッツゴー・ヤング」の前身だったそうですね。
ヤング101のメンバーには、田中星児さんや太田裕美さん、谷山浩子さん、後に「それ行け!カープ」を歌った塩見大治郎さん、意外なところでは、往年の歌手・伊藤久男さんの息子で、後に予備校講師を兼ねてTBSラジオの深夜番組「スーパーギャング」のパーソナリティもされた「ワニ」こと伊藤悟さん等々、後々有名になるメンバーが多いのに驚きました。
余談で僕は高校3年の予備校の夏期講習と冬期講習で地理を受講しましたが、そのときの講師が伊藤さんでした。
2016/05/13(金) 20:27:54 | URL | リオ
あ。
ステージ101って、レッツゴーヤングの前番組だったのか!
今更知りました(笑)。
なんだか夜8時頃の番組って印象が強いので。

あー、おやこ刑事の主題歌を歌った汐見大治郞さんも。
予備校講師になる人がいたなんてねー。
2016/05/19(木) 23:22:44 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。