私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



札幌冬季オリンピック (1972)

札幌冬季オリンピック(1972)
いよいよ夏。という事で、納涼の意味も込めましてこの記事です。
本当はただの思いつきと言うか、気まぐれなんですけど。

戦後日本の国際的イベントと言えば、1に東京オリンピック、2に大阪万国博覧会、
そして3にこの、札幌冬季オリンピックでありましょう。
まだまだアジアの小国たる劣等感を多大に負っていた当時の日本なればこそで、
その後高度経済成長を経て世界にも稀な経済大国となると、
ちっとやそっとの国際イベントがあっても当たり前という感覚で、
国民的盛り上がり、感激は希薄になっていく一方でした。
この札幌オリンピックが、ギリギリそうしたイベントの最後だったと思います。
大会ソングとして使われたのは、トワ・エ・モアの『虹と雪のバラード』。
この歌の記憶が鮮烈な人も多いだろうと思います。
そう言えば、男女ハーモニーというグループ形態も見なくなりましたね。

なんと言っても笠谷幸生ですよね。日本人にとって、スキージャンプ競技=笠谷。
大会前から非常に注目されていたと思いますが、この大会でも実力を存分に発揮。
70m級ジャンプで見事金メダルを獲得したのは、当時の方なら皆さんご記憶でしょう。
バレーボールだの体操だの柔道だの、マラソン・水泳以外は隙間スポーツでしか
活躍できなかった日本が、ウインタースポーツでも張り合えると知らしめた
国民的功績は、非常に大きかったと思います。
のみならず、日本はこの70m級ジャンプで、2位金野、3位青地とメダル独占!
表彰台に日本人ばかり3人並んだ光景は、なんとも言えない爽快な日本の記憶です。
が… この記憶があまりに鮮烈すぎて忘れてましたけど、
この大会で日本が取ったメダルって、結局この3つだけだったんですね… orz

もう一人忘れられないのが、女子フィギュア・スケートのジャネット・リンですね。
そのあまりに優雅な演技は、解説者が「妖精のよう」と形容したほど。
顔は、ワタクシはそんなに可愛いと思いませんでしたけど(笑)、
アイドル的女子アスリートの草分けのような人ですね。
すぐ後に出てきた女子ゴルフのローラ・ボーと共に、忘れ得ぬ人物です。
当時、カルピスのCMでもその演技を披露していたと思います。
CMと言えば、♪ ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー、サッポロ サッポロビール
というサッポロビールのCMも懐かしいですね。
サッポロビール絶頂の時期だったでしょう(笑)。

◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この時期の開催というのなら
雪祭りはどうしていたのかとふと疑問がわき幾ら記憶を辿っても思い出せずにいるのだが御隠居殿は覚えておいでであろうか??

にしても夏季の方の問題で野球とソフトが無くなるのかどうかと騒がれておりその問題も興味持ちつつ見ているのだが何故誰も国際的公式ルールのある「雪合戦」を昇格させようとしないのか又有るとしたら何故明らかにしないのか?

この時期恒例のニュースの様に最近毎年この競技の国際大会の映像を見るのだが結構エキサイトしている熱く奥の深いものなのに??

PSやはりこんな大イベント時も御隠居殿は朝ズバしか御覧にならないのであろうか
2006/02/11(土) 15:53:01 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
WBC優勝おめでと…う?
長いことほっぽらかしていて申し訳ないです。
着々と全エントリにコメントを遂行中のガッツさんですが(笑)。

雪祭りですか? 覚えてないですよ、そんなもん(苦笑)。
でも、会場は当然違うわけですし、おそらく時期も違うと思うので、
両方やったんじゃないでしょうかね。

で、日本がWBC優勝しましたね。
こうなると思い、ここまでコメントしなかったわけです。
嘘です。

WBCもねえ。やる前から指摘されていた問題点が見事に前面に出てきて、
アメリカの手前勝手ぶりがスポーツでも世界に喧伝されつつありますね。
韓国は納得いかないでしょうし、ワタクシも日本の優勝なんてとても喜べないです。
キューバに勝ったそのことは立派ですけど、決勝くらい3~5試合やってもいいかなとも思う。

んで、こんな高視聴率を獲得したイベントも、ワタクシはとうとう見ませんでした(笑)。、
2006/03/21(火) 18:38:33 | URL | ごいんきょ
ターニングポイント…
夕方の道内ニュースで札幌五輪の映像を見る機会がありましたが、そのとき「オリンピックがなかったら、札幌の社会資本の整備は10年遅れていた。」というコメントが出ていました。それが印象に残っています。「虹と雪のバラード」もそろそろ道内のラジオ番組で聞かれる頃になりそうです。
でも、いまひとつ印象が薄い感じは否めないような。私も1971年生まれなので、リアルタイムでの記憶はありません(^^;)。
2006/12/19(火) 17:45:54 | URL | 北国の人
虹と雪のバラード
ああ、今でも季節の風物詩なんですね、この歌(笑)。
たしかに五輪テーマという事で何度も流されてましたけど、
トワ・エ・モアの曲ではもっといいの有ったからなあ。

うん。たしかに、五輪が無ければ今でもかなり状況は悪かったと思います。
北海道はあまり有力な政治家も出てないですしね。

しかし、タイトに絵文字が使えるの初めて知りました(笑)。
2006/12/20(水) 05:22:07 | URL | ごいんきょ
ウインタースポーツにまったく縁がなかったので、ずいぶん競技をおぼえたものです。

気に入ったのは、ボブスレー、リュージュ、そしてバイアスロンかな。なかなか観る機会もなかったですから。

また、競技会場となった恵庭岳、手稲山などの地名も、大会がなければ記憶に残らなかった名前かもしれません。

選手でおぼえているのは、スキーのグスタボ・トエニ、アンネマリー・プレルぐらいですか。

スピードスケートの鈴木恵一、鈴木正樹とかも、出ていたかな(はっきりとした記憶はない)。

フィギィア・スケートは興味がなかったので、ジャネット・リンは観ていません。あとで写真で見ただけですが、おっしゃる通り、これが妖精?という印象でした。

ローラ・ボー、いましたね。ただ、プレーしている姿は見たことはありません。辛うじて記憶にあるのは、週刊誌などに水着の写真が載っていたな、ぐらいですか。

「虹と雪のバラード」って、芥川(男)さんから歌い出す曲ですよね。
それで、何年か前お二人で活動を再開した時も、白鳥(女)さんからのはいいが、「虹と雪」がライブの一曲目のときは、歌い出しがうまくいくかとても心配したとか。

でも、やはりトワ・エ・モアというと、「空よ」とか「ある日突然」、「初恋の人に~」などが、真っ先に頭に浮かびますがね。
2008/07/04(金) 21:03:52 | URL | (ハンドル未記入)
地下鉄
スポーツ方面はからきしなので、この記事も見落としていました。↑のかたが書かれたコメントで初めて知って、尻馬に乗ってしまいます。
ジャネット・リンはテレビよりむしろ、直後に出たアサヒグラフなどの雑誌ではっきり見たという感じでした。転んじゃっても3位、とかいう見出しで。
一番印象に残っているのはロドニナ・ザイツェフ組のフィギュアスケートです。今でも私は、スケート選手ときいて真っ先に出てくる名前はロドニナ、二番目は少し後に出てきたビールマン、三番目に伊藤みどりです。私の頭の中の時計は止まってます。
SAPPORO'72 は小学6年の時でしたが、私の学校では授業の一環で記録映画を見に行ったり、6年生全員で「虹と雪のバラード」を歌ったり(学芸会だったかな)と、妙に盛り上がっていました。栃木県なんですけど。それで、ゴムタイヤの地下鉄が出来たことも教わり、すごい、一度乗ってみたいと思った記憶があります。
「あなたのメロディー」で「でんでん虫のデン子さん」を歌ったのもトワ・エ・モアだった気がするんですが・・・うろ覚えです。

2008/07/04(金) 23:26:51 | URL | あぶもんもん
チェリッシュ?
すでにトワ・エ・モアとチェリッシュが記憶の中で混乱してます。「デン子」はチェリッシュだったように思います。
2008/07/04(金) 23:51:58 | URL | あぶもんもん
● カントスカンさんですね。
挙げられた競技は、札幌五輪でも種目に有りましたっけ。
ボブスレーはなんとなく覚えてますが。
でも、ほとんどスキー、スケートに目が行きますね。
それでも外国選手は覚えてません。
日本人メダル独占、笠谷選手のシーンは強烈に覚えてますけど、
それ以外はまったく(苦笑)。
そう言えば、アナウンサーがよく口にしてたK点ってのがわからなくて謎でした。
ローラ・ボー選手、たしかに戦績はアレでしょうからね(笑)。

そうか。トワ・エ・モアさんって普通は女性から歌い出すんだ。


● あぶさん
リンさんは3位だったんですか!?
あららー(苦笑)。

あ。ザイツェフってそう言えばよく聞きましたね。
ビールマンさんはスピンにその名が残ってるし。
伊藤さんは、かなり格が落ちるかと。非常に(笑)。

ゴムタイヤの地下鉄の話ってわかりませんね。
雪対策って事でしょうか。地下鉄なのに。
でも、表に出す時もあるんでしょうからね。
考えると夜眠れなくなりそうですが(笑)。

あなたのメロディーじゃなくてみんなのうたですよね?
2008/07/06(日) 22:52:26 | URL | ごいんきょ
笠谷、金野、青地、日の丸飛行隊!すごかったです。熱かったです。布団をひいて押入れから何度も飛び降りてジャンプの真似をしました。当時は幼かったので笠谷と俳優の緒形拳は同一人物だと思い込んでいたんです。なんでかわからないんですけど(笑)。
オリンピックの前年の紅白歌合戦で虹と雪のバラードを唄っていたのを覚えています。
ジャネットリンは転倒したのに銅メダルでしたよね。カルピスのCMがすごく印象的でした。
この年のミュンヘンオリンピックでの男子バレーの優勝や体操の塚原の月面宙返りとか、なんだかオリンピックで盛り上がった72年でしたよね。
2008/07/07(月) 08:22:15 | URL | gaku
デン子さん
デンデン虫のデン子さんは、みんなのうたでは男声コーラスだったと思いますが、その前にあなたのメロディーで優勝した時は、たしか男女デュエットだったような気がします。記憶が正しければチェリッシュじゃなかったかと思います。
2008/07/10(木) 00:13:03 | URL | あぶもんもん
ご容赦を
どうも、慌てていて書き忘れたようで…。それを今頃気づくなんて、何とも間の抜けた話です。失礼いたしました。

>あぶもんもんさん
札幌の地下鉄は、ゴムタイヤですよね。地上に出ている箇所もあって、そこは確か雪よけのシェルターが設けられて、駅部分は全体を覆っていたのでは。

まぁ、フィギュアに興味がなかったのは、○○回転などとジャンプばかりが話題にされていたからで。ただ、カタリーナ・ビットの演技だけは、魅せられましたね。その時から、急にフィギュア熱が高まりまして…。でも、彼女が去ってからは、また観なくなくなりましたが。

そうそう笠谷さんですけど、ずいぶんあとになって、一時、広報室に勤務していたことがありましたね。所用で電話した時には、やはりちょっと緊張しましたよ。
2008/07/10(木) 01:19:58 | URL | カントスカン
ああ、押し入れからジャンプの真似、わかります(笑)。
たしかによく飛び降りましたね、あそこから。
ワタクシは加山雄三さんと西郷輝彦さんの区別が付かなかったですから、わかります(笑)。
オリンピックは夏季と冬季が二年交替で行われますので、記憶違いかと思います。

● あぶさん
あ。あなたのメロディーで出来た曲なんですか。

● カントスカンさん
笠谷さんと同じ会社にお勤め?
2008/07/10(木) 03:08:12 | URL | ごいんきょ
日本でも長野が冬季五輪
開催地になったのはうれしい話だね。いまは、2016年に
東京オリンピック開催するといわれているけどいつの日か
今世紀中、あるいは近く
札幌冬季オリンピック開催してほしいものであります。
 
2008/07/10(木) 11:25:46 | URL | 梅吉
オリンピックの開催は
昔は夏季と冬季を同じ年にしてたんですよ。たしか12年くらい前のリレハンメルくらいからずらしたと思うのですが。確か、荻原が複合で活躍している頃に、冬季オリンピックを2年早くしたんですよ。一応、補足まで。
2008/07/10(木) 12:22:01 | URL | gaku
地下鉄
>ごいんきょさん、カントスカンさん
ゴムタイヤを使用した目的は騒音防止だったと思います。昭和54年頃に乗ったことがあり、本当に静かだと驚きました。でもカントスカンさんご指摘の地上部分については覚えていません/(_ _)\
2008/07/10(木) 23:54:03 | URL | あぶもんもん
札幌の地下鉄
 なにやら札幌の地下鉄が話題になっているので、ちょっと調べてみました。(ネタ元は毎度おなじみウィキペディアです)
 
 地下鉄の構想が出たきっかけは、昭和30年代後半からの急速なマイカー普及による交通渋滞の増加(とくに冬場)と、オリンピックの開催が決まり、観客や選手を会場まで移動させるのに新しい輸送手段が必要となった(既存の路面電車やバスだけでは需要に追いつかなくなる)ことからでした。
 ゴムタイヤ方式を採用したのは、将来廃止されるであろう路面電車(市電。現在も西4丁目~すすきの間を運行中です)と同等の利便性を確保するため、駅と駅との距離を短く(ひと区間300メートルぐらい)想定していたためだそうです。当時の市の広報には「短距離での高加減速運転にはゴムタイヤ方式がふさわしい」と記載があったようです。

 南北線平岸~真駒内間が高架になった要因は、建設費の抑制が主たるものだとか。シェルターは雪対策の他に防音にも効果があります。
 道内のJRにもシェルターのある路線があります。

 ゴムタイヤ方式のメリットは、騒音が少ないほかに乗り心地が良い、加速・減速性能にすぐれている。デメリットはタイヤの摩耗による保守費用の負担が大きい、JRとの相互乗り入れが難しい(乗り入れ用の車輛の開発にコストがかかる、JRと地下鉄の電源の違いなど)です。
 構想が上がった当時は通勤圏が今ほど広くなく、国鉄の列車の本数も多くありませんでした。(市内各地から中心部に向かう人がメインだったので、市電とバスが交通手段の中心だった。近隣の町から通う人は今ほど多くなかった)
 将来のこと(ちょうど今頃か?)考えると、ゴムタイヤ方式は必ずしも成功とはいえなかったかもしれません。

 もう一つの特徴は網棚がないことです。これは一区間の距離が短いことと、長い距離を通して利用する乗客が少ないことが要因とされています。
 あとは北海道らしく(?)冷房設備がありません。送風口や車両の窓から風を取り込んでいます。
 夏になると地下鉄の車両に風鈴が取り付けられます。テレビのニュースでも季節の話題として取り上げられます。

 http://www.city.sapporo.jp/st/subway.html
札幌市交通局のサイト「地下鉄の概要」のURLです。もしくは
「札幌市交通局、地下鉄」でご検索ください。
2008/07/11(金) 09:50:00 | URL | 北国の人
札幌の地下鉄その2
 シェルターで思い出しましたが、子供の頃、真駒内の雪まつり会場に行くため南北線に乗りました。
 そのとき初めて高架シェルターを体験しました。
 「地下鉄なのになんで地上を走っているのだろう?」と幼心に思ったものです。それからしばらく「地上鉄」と呼んでいた記憶があります。父方の伯母がこのあたりに住んでいたので、出かける途中で車の中からシェルターを見かけると
 「ちじょうてつ!ちじょうてつ!」と叫んでおりました。
 東西線は母方の祖父母の家から中心部に行く時によく乗りました。
 白石駅まで車で行き(市営バスに乗ることもあった)そこから地下鉄に乗って大通りまで行ったものです。
 東豊(とうほう)線は専門学校への通学に2年間利用しました。
 朝一番の高速バスで大通りまで行き(市民会館の裏。地下に入る前にNHKの屋上温度計とテレビ等の時計を見るのが日課だった)そこから地下鉄に乗って東区の学校まで通ってました。
 ちょうど朝のラッシュの時間帯でしたが、他の路線に比べるとそれほど混雑していなかった印象があります。
 東豊線、今は札幌ドームへ向かう人たちで賑わっています。(終着の福住駅がドームの最寄駅になる)
2008/07/11(金) 10:06:57 | URL | 北国の人
認識不足で
>北国の人さん
丁寧な説明ありがとうございます。
そうか、シェルターには防音効果もありますよね。
雪に縁のない地域に住んでいると、札幌=雪とつい連想してしまいまして…。
冷房についても、このまま気温が上がっていくと、導入を迫られる時期が来るかもしれませんね。

ただ、市電は残して欲しいな。ささら電車も風物詩になっているし、毎冬の初出動の映像を楽しみにしているので。

>ごいんきょさん
あくまで会社間のビジネスとして、連絡を取ったまでです。もうずいぶん前の話ですが。

あの会社は、品質に売上が追いついていないなと、少々歯がゆい思いで見ていました。
例えば、中野良子を起用し「女房酔わせてどうするの」のCFで話題を呼んだオールモルトも、確か商品の供給が追いつかずCFを一時中断。せっかくの勢いを自分でそいでしまったと残念に思ったものです。

2008/07/12(土) 11:44:31 | URL | カントスカン
● 梅吉さん
東京五輪、実現性はかなり低いんじゃないですか。
北京でやって間もないし。

● gakuさん
ん?
札幌五輪の年って普通のオリンピックも有りましたっけ?
じゃあワタクシの記憶違いですね。
これはまた失礼な事を。

● あぶさん
防音なら、都市部でも有ってもおかしくないのにねえ。
摩耗が激しいからか。

● 北国さん
短い距離で効果的な加速・減速を図るためのゴムタイヤという事ですね。
風鈴はいいなあ(笑)。
シェルターと言えば、地下鉄そのものが防災対策の一つでも有るんでしょうね。

● カントスカンさん
あの会社と言われましても、笠谷さんの会社を知らなかったんですが(笑)。
ハッハア、ニッカウヰスキーですか。
2008/07/17(木) 07:06:49 | URL | ごいんきょ
札幌の地下鉄
札幌の地下鉄に乗って印象的だったのが、車両の貫通路が六角形になっていたことで、これは、雪の結晶をイメージしたものでしょう(雪印のマークにも似ている)。

札幌の地下鉄が開通した頃、ブリジストンタイヤのCMで、「札幌を走る地下鉄には、ブリジストンのスチールラジアルが使われています」というのがあったのをおぼえています。
2013/03/05(火) 22:57:57 | URL | 10000k
へえ~。
時節柄も有りますが(苦笑)、強度が気になります。
以前なら技師さんの仕事に疑いなど挟まなかったのですが。

あー。なんか有ったなあ。
後半の部分はなんとなく記憶に残ってます。
札幌の地下鉄ですか。
2013/03/11(月) 00:16:13 | URL | ごいんきょ
王冠
ペプシかミリンダ(体にとっても良さそうな色をしたファンタみたいな飲料)を買って、王冠の裏の薄皮をはがすと札幌五輪競技がモチーフ化~スキー・ジャンプ・ボブスレー等の競技が優先席のマークの様にプリント~されており、10種類位あったのを友達と競って集めたものでした。その後、国旗シリーズや、おもむろに¥10・¥50とプリントされていてその場で換金できるもの等ありました。当時ジュースはペプシかミリンダばかり飲んでいた記憶があります。(ゲップ・・)
2014/10/06(月) 12:35:35 | URL | hey
ペプシとミリンダ、懐かしいですよね。
ペプシはかなりコカに負けていたので、年がら年中、そうしたお金や景品で釣ってました。
昔は店先に瓶ドリンクの冷蔵庫が置いてあり、
そこの栓抜きの所を漁ると、王冠が入っていたりしたんですよね。
そういうので小銭を稼いだりもしておりました、子供の頃はね。
2014/10/06(月) 22:45:20 | URL | ごいんきょ
笠谷の姿
2026年、冬のオリンピックに札幌が立候補することになりそうですね。ぜひやってほしいものです。
 72年の札幌五輪、地元ですから、もういっぱい思い出がありますね。フィギア3位のジャネット・リンは今でも話題になりますが、私らのクラスでは2位のカレン・マグネセンのほうがかわいいのではないかという声が多かったですね。また、学校行事として五輪観戦があって、スイスVSノルウエーのアイスホッケーを月寒体育館に見にいきました。後にも先にも生アイスホッケー見たのはあのときだけです。
 しかし、数々ある思い出の中のベスト1は、なんといっても笠谷選手の90m級ジャンプです。70m級の優勝を受けて、笠谷選手の2冠への期待が高まる中、快晴の大倉山ジャンプ台。1本目、笠谷選手の試技順は最期でしたが、みごとな飛躍で2位につけました。1本目で1位につけてのはフォルトナというほとんど無名の(確か)ポーランドの選手でした。そして、運命の2本目。ほとんどの選手が記録を伸ばせず、フォルトナも平凡なジャンプに終わります(それでも1本目の貯金で暫定1位)。今では2本目の試技順は1本目の成績で決まるのですが、当時は1本目と同じ決められた順番で飛んでました。したがって、最後の笠谷選手はそのとき計算上では94m以上飛べば優勝という状況だったんですね。そのときの解説者(誰だったかは覚えてません)が「笠谷にとってはなんの問題もありません」と言いきっていました。そして運命のジャンプ、誰もが金メダルを確信したそのとき、空中に飛び出した笠谷選手に突風が吹きつけます。大きくバランスを崩した彼は転倒を防ぐのがやっとの状態で着地します。メダルどころか、入賞さえも逃した瞬間でした。「あんな突風さえふかなければ」誰もが言います。しかし、やぶれた彼は「ジャンプに風はつきもの、それを乗り越えられなかった僕の力不足です」と(確か)言ったのでした。あれから43年、淡々と語る笠谷選手の姿が今も胸に残ってます。
2014/10/07(火) 01:03:09 | URL | みのモンタナ
カレン・マグネセンという選手も話題だったんですね。
ワタクシはジャネット・リンさんだけしか記憶できませんでしたが、
それだけ情報格差が有ったように思います。
何故、あれほどジャネット・リン旋風が起きたのか。
カルピスが押していたからでしょうかね。

ああ、70m級と90m級と有ったんでしたっけ。
そう言えば、なんか姿勢を崩して駄目だった気がするな。
悪い記憶はほぼ消えています(笑)。

さすが地元の人には一際印象も強いでしょうね。
それにしても、東京に続いてまた候補になっているとは知りませんでした。
飽和状態を通り越している東京は、ワタクシはもう勘弁してくれって感じでしたけど、
札幌なら再びでも問題無いでしょうかね。
2014/10/07(火) 07:12:25 | URL | ごいんきょ
ジャネット・リンの人気
当時のジャネット・リン人気は本当にすごかったんですが、残っている映像だけみると「さわぐほどかわいか?」
という程度ですよね。
 オリンピックの1年後に彼女は、競技とはまったく関係なしで札幌に来たんですよ。敬虔なクリスチャンである彼女が布教活動ためだけできたんですけど。私の妹がそのイベントに参加したんですが、帰ってくるなり、ジャネット・リンの人柄とかわいさを、やたら強調してました。きっとそのへんのあたりがにじみでてたんじゃないかと推察されるのです。
 4、5年前に「あの人は今」的な番組に出演していましたが、良い歳のとりかたしてましたね。
2015/10/04(日) 21:50:57 | URL | みのモンタナ
と言うか、ワタクシは当時から、ちっとも可愛いとは思いませんでした(笑)。
そういうように週刊誌とかが騒いでいるのを、物凄く冷めた感情で眺めておりました。
本当にアイドル的な人気が一般的にも有ったのかな。
少なくとも身の回りでは有りませんでしたが。
2015/10/05(月) 02:39:53 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ