私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

朝まで生テレビ! (1987)

朝まで生テレビ!



第一回テーマが中曽根政治の功罪でした。
今や大勲位のあの方も、当時は現役の首相でした。
最初はテレビ朝日ローカルだったんじゃないかと思います。
ワタクシは第一回は見ようと思っていて見逃したんですけど、
第二回からは欠かさず見る様になりました。
大島渚が出なくなったあたりから、視聴機会は減りましたが。

そう。この番組を大きくしたのは、なんと言っても大島渚です。
既に70年安保の頃から、政敵?小田実らとこうした番組で
同じよう~な事をずっとしてきましたね。
で、盛り上がってくると?怒鳴りだす。
当時からそれが、一部視聴者にはウケていて、ご本人も
或る程度確信的にパフォーマンスしていたんでしょう。
竹村健一とは本当にケンカしました(苦笑)。

この番組でも、どんなテーマでも出演し、皆勤賞でした。
あとは桝添要一も皆勤だったと思いますね。
ワタクシは、桝添のしゃべりにはあまり芸が感じられず、
それほど好きではありませんでした。
ワタクシが芸を感じて好きだったのは、やはり大島渚、
野坂昭如、小田実の討論御三家を筆頭に、
右翼のニューリーダーとも言われた野村秋介などですが、
この番組でブレイクした言論人と言えば、なんと言っても西部邁でしょう。
登場当初はなんだか通り一遍の事をブツクサ言ってるだけで
あまり記憶にも残らなかったのですが、いつの頃からか
その延々遅々として本題に入らぬトークがブレイク(笑)。
本人も自覚し、「1分で終わるから」と懇願して出番を貰うや、
例によってくどくどと語りだし、1分などどこ吹く風。
これがパターンギャグになってましたからね(爆笑)。

このようにね、優れた論客は、まず己のしゃべりを芸に昇華できますね。
つまらん人間は、ただ自分が言いたい事を羅列するだけ。
最初のうちは仕方ありませんけど、何回も出ていてこんな人間、
どのみち自分の仕事の能力も低いんじゃないかという気になります。
大島、野坂は勿論、小田実の様なガチガチの左の人間ですら、
話術が巧みな人間というのは、笑いの間というのがわかっている。
最近はこういう人間がいなくなったので見る気になりません。
せいぜい小林よしのりくらいじゃないでしょうかね。
西部なんかにも、また出て来てもらいたいもんです。


当初はタブーを次々と破っていく姿勢で波紋を呼びました。
原発もそれなりのタブーでしたが、なんと言っても部落差別でしょう。
長年テレビではタブーだったこの話題を、真っ正面からテーマに据えた
この回は、冒頭からなんとも言えない緊張感が漂っていました。
あれだけの空気を味わった討論番組、後にも先にもありません。
この後はもう、ほとんどなんでも扱っていこう状態ですね(笑)。
天皇は言うに及ばず、在日、右翼、宗教、ヤクザ、慰安婦…
いやー、あらためて考えても、田原総一郎、そしてプロデューサーは
よくもまあ、無事にやってきたなと思います。
宗教の回では、当時次々ベストセラーを繰り出して話題だった
大川隆法率いる幸福の科学と、謎の集団・オウム真理教が激突。
オウムの側は麻原を始め、上祐、村井ら、主立った幹部が総登場。
幸福の科学側は大川こそ出席しませんでしたが、広告塔だった
放送作家、景山民夫も出席。なかなか見応えがありました。
その後オウムは、サリン事件で世間から疑惑の目を向けられている最中にも
上祐ら幹部が出席し、追求されました。

当初はまさか、こんなに長く続くとは思いませんでした。
それは関係者こそが一番、そう思っているでしょう。
田原総一郎が関われなくなった時が、この番組の寿命なのでしょうか?
田原は東京12チャンネル(現テレビ東京)在職中から、
こうした硬派の番組を一貫して作り続け、
自身の意見は前面に出すけども、対峙する相手にも常に語る場を与え、
非常に尊敬すべき仕事をしてきた、希有なジャーナリストだと思います。
少なくともテレビ報道の世界に限れば、最も称えられるべき業績でしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
OPだけ見てました(-.-;)
さすがに徹夜して見る勇気がなかったもので。
例のテーマ曲が流れて番組開始→討論テーマの紹介→パネリストの登場(大島渚監督はいつも最初に登場していた気がする)→田原総一朗さんの登場→ファックスによる意見受付の告知→司会(当時)の渡辺アナが「朝まで生テレビ第○○回、徹底討論(以下、その日のテーマ)朝6時までまいります!」とコールして(まいります、の部分は一緒に司会をされていた田丸美寿々さんと一緒に)CMに入る、という流れだったような。うろ覚えな記憶をほじくり返してみましたf^_^;。OPの流れは今も変わっていないのかしら?
OPの後には必ず「お刺身居酒屋瑠玖(るっく)」(北海道でのスポンサー)のCMが流れており
♪すごいぞ瑠玖 刺身がでかい うまいぞ瑠玖 カニ ウニ キンキ
ボリュームガンガン お刺身居酒屋瑠玖
というふざけた内容の歌が印象的でした(^_^;)。
この番組の前に流れていた「CNNヘッドライン」を見るのもひそかな楽しみでした。(北海道では通常月曜~木曜の放送で、金曜日分は朝まで生テレビがある日しか放送されなかった。)
2007/05/16(水) 20:18:40 | URL | 北国の人
北海道で流れ始めてからは、もうそのスタイルでしょう。
CMよく覚えてますね。
当初は関東ローカルで、あと広島だけだったかな、放送してたのは。
ごく初期はあんなショーアップしたパネリスト紹介じゃなくて、
全員がもう席に着いていて、その模様を映しながら
スーパーで名前だけ出してました。
田原さんも司会じゃなかったです、たしか。

大島渚、野坂昭如、小田実の御三家も、みんな病に伏しているようですね。
時の流れは寂しいものです。
2007/05/17(木) 02:38:23 | URL | ごいんきょ
オウム
☆北国の人さん

こんにちは。同じ島の住人です。

>OPの後には必ず「お刺身居酒屋瑠玖(るっく)」(北海道でのスポンサー)のCMが流れており
♪すごいぞ瑠玖 刺身がでかい うまいぞ瑠玖 カニ ウニ キンキ
ボリュームガンガン お刺身居酒屋瑠玖

瑠玖のCM、懐かしいです。
狸小路店に行って、ウニ丼、食べましたよ。
♪メガネサロンー ルック♪も、同じグループの会社なんですね。

関東圏から越してきて、まず驚いたのは、
この瑠玖のCMと、山親爺のCMです。
♪出てきた 出てきた 山親爺ー
笹の葉担いで 鮭しょってー スキーに乗った 山親爺ー♪
あまりにコテコテで、ビックリしました。
(道民にしか解らないネタで、すみません)


☆ごいんきょさん

>その後オウムは、サリン事件で世間から疑惑の目を向けられている最中にも
上祐ら幹部が出席し、追求されました。

その回は一部だけ、ビデオに残っています。
当時、毎週、
この番組をビデオを三倍にして録画していたのですが、
一度観たら、別の番組を重ねて録ったりしますよね。
後日、その、重ねた方の番組を観ていて、終わったら、
続きに「朝まで…」が残っていて、そのまま、観てしまいました。
あの、教祖様が、皆さんと同じイスには座らずに、
一段高いところにいましたよね。
放送当時は、まだ、怪しいけど、証拠がない、って頃でした。
私が後日観た時は、もう、関係者は逮捕された後でした。村井は亡くなっていて。
その後、そのビデオは、永久保存版にしました。(でも、その後一度も見直していませんが)
DVDに落としておこうかな。
2007/05/17(木) 09:52:40 | URL | 秋桜
ワタクシもひとつだけ
秋桜さん、こんにちは。

わたくしは当時、今ではニュース等のコメンテーターの大谷昭宏さんのファンで、所用で大阪にいったときに事務所まで会いにいったことがありました。気さくな方でした。当時はこんなにテレビには出ていなくて、窓友新聞っていう会員むけの新聞を出していました。もうお亡くなりになりましたが、同じく読売新聞出身の黒田清さんと。
読売新聞を辞めたのは、いろいろ社内ともめたみたいな事情があったようですが。

ひとつだけ、天皇関係かのビデオが残ってるかと思います。西部さんとの言い争い(?)を文にしたのが載っている書籍もあったんですが、こっちは処分してしまいました。
オウムのも多分とったかと思いますが、こっちは上に何かをいれてしまったかも。

オイラ的には、この番組、月に一度しかないので、全部録画してみたいところだけれども大抵忘れてましたね。2回も撮り忘れると、もういいやとあきらめて見なくなっちゃいました。
2007/05/17(木) 13:19:00 | URL | くりお
取り急ぎ、訂正。
この間から何回も訂正に来ている気がします。間違いばかりで恥ずかしいです。

この番組は、毎週、じゃ、ないですね。毎週、って、書いちゃいました。すみません。

それから、くりおさん、色々な所でのコメントをありがとうございます。
今、ちょっとバタバタしているので、後ほど、ゆっくり出直してきます。
2007/05/17(木) 15:12:03 | URL | 秋桜
● 秋桜さん
あら。北海道人だったんですか。
結構な勢力ですね、当ブログの北海道勢(笑)。
オウムは都合3回出たのかな。
最初の時は、幸福の科学はわかるけど、なんでこんな団体を?
と不思議な感じがしました。
テレビ朝日ならではのコネで何か有ったんですかね。
オウムも北朝鮮との繋がりが噂されましたが。
わかる人にはわかる訂正コメントは大丈夫ですよ。
直近コメント表示も最近すぐに流れちゃうので、
大事に使って欲しいです(笑)。


● くりおさん
大谷さんもよく出てましたね。
でも、どんな事を言ってたかとかの印象は弱いな。
天皇については、正式にテーマにする前に、
昭和天皇のご病気の最中、テーマがそちらに流れたことがありました。
栗本慎一郎さんが、こんなテーマ語らせられたくないって事で、
途中で逃げてしまいましたっけ。途中退場の最初でした。
2007/05/18(金) 00:57:06 | URL | ごいんきょ
松尾たかしやビートたけしが
マネやってましたよね。
松尾さんのはビデオにまでなったのかな。テレビでやってるのはチラチラとみただけですが、おもしろかったです。
たけしは、犬の着ぐるみとか着てやってました。わん太とかヘンな名前で。

大谷さんを知ったのは大谷さんが40歳前後のときだったかな。マンガの原作もかいてらして、ドラマ化され水谷豊と柏原よしえが主演でした。
2007/05/18(金) 19:36:17 | URL | くりお
キッチュ(松尾)さんの『朝までナメてれば』はオリジナルビデオで、
ワタクシはそれも見ました。
大島さんのモノマネが秀逸で、それはよくテレビでもやっていたんですが、
田原さんや西部さんなども、あまり似てないけど(笑)、
メイクなどでフォローしつつ、上手くまとめてました。
大島さんの真似で「バカヤロー!」と言って、
田原さんの真似で「やめなさいよ」とかフォローして、また大島さんの真似で
「あんたがツネッて合図したから言ったんじゃないか!」
というのがオチだったですね。
ちなみに、大島さんが竹村健一さんにバカヤローと言ったのは
このキッチュが登場当初のネタにしていたので知ったのですが。

この番組中で大島さんがバカヤローと言った事は無いと思います。
EXテレビの方では、酒の勢いが有って、
島田洋七さんに激励の意味ででしょうが、
バカヤローと言った事が有ります。

大谷さん、漫画原作やってましたっけ。
そう言えば黒田清さんもこの番組に何度か出てましたね。
大谷さんはわりと思想色が薄めの感じでしたけど、
黒田さんはたしかモロの左で、
ワタクシとは考え方が大きく違ったように思います。
2007/05/19(土) 04:16:10 | URL | ごいんきょ
> この番組中で大島さんがバカヤローと言った事は無いと思います。

一度だけある、と御本人の著書に書いてありました。
2009/02/08(日) 03:47:16 | URL | (ハンドル未記入)
ああ、そうなんですか。
いずれにせよ、朝生と言えば大島さんのバカヤローのように思われてますが、
そんな事はないという事ですね。
その書名はご記憶じゃないでしょうか。
2009/02/08(日) 23:20:10 | URL | ごいんきょ
平成に入ってから、NHKで
「万延元年のニュース」
だったかな?そんなような単発番組がありました。(注:フットボールではありません)
これは、幕末の頃にニュースがあったらどうなるかというシミュレーション番組で。冒頭は春ということで米米clubのファンクフジヤマをBGMに傘踊りしてたのですが、開国するか否かで揺れてるときに花見どころでないということで識者による討論へ移る設定になりました。
ところが、この部分の冒頭に「朝生」のテーマミュージックが流れたのです!
ここにこの曲を配置するNHKの遊び心にも感心しましたが、NHKだから「日曜討論」のテーマとは限らないのにも妙に感心しました。
2009/05/05(火) 19:24:45 | URL | かじか
近年はNHKも砕けてきたと言いますか、砕けすぎとも思いますがね(笑)。
あそこは官僚的で貫き通して欲しいです。
2009/05/06(水) 10:19:33 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
小学館で発行しているSAPIOに連載中の、 小林よしのり先生によるゴーマニズム宣
2008/12/19(金) 07:13:05 | 私的 昭和テレビ大全集 語彙版
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。