私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

くいしん坊!万才 (1974)



食いしん坊!万歳と書いたり、くいしんぼう!バンザイと書かれたり、
正しくは『くいしん坊!万才』ですが、いきなり正しく書けと言われて
正解できる人も少ないでしょうね。
なんてさりげない出だしですけど、誤字で検索する人の事も考えた
ちょっとした頭脳プレーなんですよと内幕暴露&自画自賛して始まります(笑)。
「渡辺文雄の、くいしん坊!万才」
キッコーマンの提供でお送りします。

1975年6月30日、ドイツ式焼きじゃがでスタート。
5分の帯番組というのは結構あなどれず、
テレビ史に残るような大番組ってたしかに無いんでしょうけど(笑)、
なにしろ毎日の放送ですから、観ている側も意識しないうちに、
だんだんと心の中に入り込んでいたりするもので。
意識しないで観ているものだから最終回となっても
特に感慨も無かったりするんですが、かと言ってそう軽い位置でもない、
ちょっと独特な存在ですよね。

このくいしん坊!万才は一応現在でも続いている、
年数だけを考えれば30年を超える長寿番組となっております。
歴代のくいしん坊と食した料理の数は以下の通り。

渡辺文雄515食、竜崎勝390食、友竹正則794食、宍戸錠590食、
川津祐介228食、梅宮辰夫623食、村野武憲617食

ここまでが昭和時代。村野の途中から時代は平成となり、
辰巳琢郎、山下真司、宍戸開、松岡修造と、現在まで11人が務めています。
宍戸錠・開は親子でのくいしん坊だったわけですね。
じゃあ梅宮アンナもいつか?って、そんなワケなくて(笑)、
番組の雰囲気からも男が務めるという内規はあるようです。
ちなみにウィキペディアで宍戸錠は509回となってますが、
当方が持っている資料では前述のように590回ですね。
どちらが誤記なんでしょうか?

個人的に印象深い出演者は、初代の渡辺文雄、最多出演の友竹正則、
村野や辰巳も他の番組でよく知っていたので注目してましたが、
やはり特筆すべきは梅宮辰夫でしょう。
辰っちゃん漬けなど商売展開もしている高名な料理マニア。
そのルーツを紐解けば、前略おふくろ様での板前姿に辿り着きます。
テレビの中で作って食べて、実生活にも活かした料理バカ一代。
この番組で知り合った地方の人々とは、
その後も200人以上と年賀状のやりとりをし続けたと言います。
真の誠意大将軍、それはあなたです(笑)。

それまでも料理番組はイヤってほどありましたが、
作る方ではなく、食べる方に主眼を置いた番組って、これが最初でしょうか。
このすぐ後に10月から、TBSで料理天国が始まりますが。
ただこちらは洋酒のサントリーが提供であり、
ちょっと高級志向というか、洋食がメインだったと思います。
しかし、この番組で紹介される料理はほとんどが郷土料理や家庭料理。
もっと解りやすく書くと、一見しただけでは正体不明(笑)。
美味しそうなものも多いんですけど、郷土料理とかって、
結構アクが強そうというか、強烈な感じというか、
もっと解りやすく書くと、見るからに不味そうなものも多かったです(苦笑)。
でも、そういう時の方が実は観ている方としては面白い(笑)。
それを口にした時の彼らのリアクションが、この番組の隠れた楽しみでした。
おいおい、こんなの本当に食べられるのかよ?
ってな感じの料理を口にして、どんな感想を言うのだろうと(笑)。
「ブホッブホッ」とむせたり、一瞬動作が止まったりしながらも、
決して「不味い」とは言わず、なんとか褒め言葉を探す健気さが面白かったです。
勿論、物凄く美味そうに食べる時の方がはるかに多いのですが、

ワタクシだけが意地悪いんじゃないですよね?
くいしん坊!万才って、そうやって観てるでしょ、みなさん?(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
渡辺文雄が印象に残っています
 以前『バーディ大作戦』のところで書きましたが、私は夜9:00には寝る子でしたので、この番組が見られるのは土曜日だけでした。
 ということは、私は土曜日の9:00台にフジ系列の番組を見ていたのですネ。何の番組だったのでしょう?

 当時の私には「深夜(笑)の謎の番組」という認識でした。

 見始めたのが渡辺文雄さんが務めていた時期でしたので、とても印象に残っています。
 その後大人になってから、ビデオで『ウルトラセブン』に渡辺さんが出演されているのを見つけて、何だか嬉しかったです。

 公式サイトによると、宍戸錠さんは「509回」となっていますヨ。
 今は月曜日だけの放送なのですネ。

 私は「郷土料理」がとても美味そうに見えてしまうので、単純に「美味そうだなぁ~」と思って見ています。
2006/07/15(土) 19:48:13 | URL | 自由人大佐
フジ土曜
と言えば欽ドンが9時までやってましたが、その後はなんだろう?
高島忠夫のゴールデン洋画劇場とかありましたけど。

宍戸錠さんは509回ですか。
じゃあ手持ちの本が間違ってるのかな。

文中にも書いている通り、ほとんど美味しそうなんですが、
ごくたまーに物凄いのが出るんですよね。
誰だったか忘れたけど、まいった話をしてたの覚えてますよ。
2006/07/16(日) 06:58:30 | URL | ごいんきょ
やっぱり友竹正則かな?
我家では、初代から見ていました。
当時、料理番組は開発途上にあり、世界のお料理ショーのような輸入品、お料理天国のような、料理人が作ったものを食べるだけといった、番組が多かったような…。

ただ、料理番組をウンチク番組からバラエティーに押し上げた、製作者各位に乾杯って感じですか?

今、放映されてる様々な企画…。

例えば、料理番組に名湯秘湯をくっつけるとか。
例えば、2組出して正解者しか食えないとか。
例えば、秘境の料理を食いに行くとか。

オイラは大好きで、結構見てますぞ。
当然、食いしん坊…もね。
2006/07/17(月) 18:49:42 | URL | ハナユビ
食べてナンボ
という番組は、これが正真正銘のパイオニアかもしれないですね。

温泉と料理というのは黄金パターンになってますよね。
中高年にはたまらないジャンルというか(笑)。
2006/07/17(月) 21:44:45 | URL | ごいんきょ
くいしん坊!ションボリ
子供の頃は早くに寝かされていたものの、家が狭かったので、布団にいてもテレビの音は丸聞こえでした。
眠れなくてモンモンとしているときに「くいしん坊!万才」のテーマ曲が流れてくると非常に焦ったものです。
そんなことを懐かしく思い出しながら、久しぶりに見てみようと今日、21時54分前にテレビをつけて待っていたら…あれれ?
「君のもとへかける虹」…これ、地元のテレビ局製作の番組?
いつの間にか、私の住む北海道では「くいしん坊」は放送されなくなっていたのでした。
今まで全然気づかなかったことに自分でもびっくり…

「くいしん坊」の公式ホームページを見ると、なんと
「今回の特集は函館の旅」!
地元北海道ネタなら尚更見たかった…
TOPページのきれいな夜景の写真を見ていると、
少し悲しい気分です(涙)
2008/02/19(火) 00:32:25 | URL | みゅう
同じ時期にサントリーの「素晴らしい味の世界」もやってましたよね(と、ついつい他の番組にふってしまうんですが)。私は両方好きで見ていました。サントリーは音が美味しそうだったしキッコーマンは食べっぷりが。しかし撮影が(特に食べるのが)相当ハードだと当時何かで読みました。歴代食いしん坊の方々は健康のために交代したんじゃなかったでしたっけ。サントリーの方は解説だけですが、何人か交代しました。川津祐介は両方に出ていたんですね。彼が「味の世界」で「まったり」と言ったのが、私がこの言葉を聞いた初めてでした。
2008/02/19(火) 00:47:30 | URL | あぶもんもん
● みゅうさん
焦ったというのは、早く寝ないとって事なんでしょうか。
今の放送状況はどうなんだろう。

● あぶもんもんさん
素晴らしい味の世界ってのは今のとこ思い出せないですね。
健康問題で交代した人もいるのかな。
イメージダウンになるからそういう話は言えないでしょうね。
2008/02/19(火) 06:47:06 | URL | ごいんきょ
のぞき見とタンスの攻防
そうですそうです。
早く寝ないと~って思うと余計に目が冴えて大変でした。
当時、二段ベッドの上段から首を伸ばすと、隣の部屋のテレビがちょっと見えました。
眠れない時はコッソリのぞき見してたのですが、
親に見つかってしまうと、なんと手前にあるタンスの扉を開け放ち、
テレビが見えないようにされるのです。
これはかなり頭に来ましたが、ふすまを閉められて真っ暗になるよりは
マシかと諦めていました。
やがて中学生になる頃、引っ越して念願の一人部屋をもらったのですが、
深夜のテレビを覗くことはもちろん、音を聞くことも出来なくなってしまいました。
かなり辛かったです(笑)

ウィキペディアによると、
現在「くいしん坊!万才」は、関東と山形のみの放送ですが、
お正月だけ、全国ネットのスペシャルを放送しているそうです。
来年は忘れずにチェックしなくては…
2008/02/20(水) 21:59:10 | URL | みゅう
ああ、そういうテレビの苦労話、
今のガキにはわからないだろうなあ。
子供の時分は自由気侭にテレビを見られる環境になりたかったですが、
大きくなってみれば、そういう我慢を強いられていた事も
スパイスの一つだなと思いますね。
2008/02/21(木) 05:19:36 | URL | ごいんきょ
季節感ある料理
友竹さんの頃、よく見ていました。秋冬に囲炉裏端で郷土料理(里芋のいなんとか汁みたいなやつ)をモンペ姿のおばちゃんの説明と給仕で頂いたりして。囲炉裏が羨ましかった。提供のキッコーマングループのマンズワインのジュリーを使った艶っぽいCMを思い出しました。ワインが今よりはセレブ(笑)な飲み物だった時代でした。
2014/07/27(日) 19:45:28 | URL | とらお
いかにもの郷土風景を多用してましたね。
ああ、そう言えばマンズワインはキッコーマンでしたか。
♪ あーなーたにぃ 今夜は~ ワーインをー振ぅりぃ掛け~~
とか歌ってましたね。
あれ、NHKのビッグショーでよく歌えたなと思いました。
2014/07/29(火) 06:47:56 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。