私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

テレビお料理教室 (1974)

紀文のはんぺんバターでジュッ
中火で両面きつね色
なんたらかんたらパーラパーラ
紀文のはんぺん バター焼き


この、なんたらかんたらの部分がわかる方、ぜひ教えて下さいね。
こんなんばっかやな、いいかげん魔(笑)。
さて、たしか夕方近くにやっていたと思うこの番組、
ミニ番組ゆえに資料も極めて少なく、記憶で語るほか有りません。
まあ、資料を入手できるとしても記憶で語っちゃうブログなんですけどね(苦笑)。

以前の記事で、スポンサー名とメインパーソナリティー名は
同時に冠されづらいという事を書いた事があるのですが、
『紀文 土井勝テレビお料理教室』と読み上げられていた
この番組は、そういう意味で珍しいタイトルでした。
ミニ料理番組としてはキューピー3分クッキングが既にあったのですが、
こちらの方は時間帯もあって、そちらほどはメジャーでないかもしれません。
どいまさると聞くとアナウンサーしか思い出さない人も多いと思います。
でもビートたけしは、土居まさるがなんかの番組の司会に決まった時に、
「次の番組は土井勝だぜ(笑)。料理研究家の(笑)」
とか嘲笑していた事がありました。司会できんのかと(笑)。
ワタクシはてっきりギャグで言っているのか(?)判然としませんでしたが、、
後に、本当に恥ずかしそうに訂正していました。
こういうのは、かなり珍しい例でしょう(笑)。
普通はやはり、アナウンサーの土居まさるの方が知名度高いでしょうね。

この番組は要するに普通の料理番組で、3分クッキングと違うのは、
講師が男の土井勝であること、何より、素材が紀文製品である事でした(笑)。
やはり、はんぺんを使った料理が多かったように記憶してます。
しかし記憶というのは往々にして作られるものですから、
実際にはごく普通の素材で作っていた事が多かったのかもしれません。
でもそれじゃ、わざわざ『紀文 テレビお料理教室』にする意味が無いよな(笑)。
料理教室となってますが、もちろん包丁の使い方とか
一から教えていたわけではなく(笑)、普通に料理作ってました。
その流れで道具や調理法の解説とかはあったでしょうけどね。
夕ご飯のメニューを考えている主婦に美味しそうな料理を作って見せ、
紀文の製品を使って夕食を作って貰おうという単純な意図だったでしょう。

流れるCMはもちろん紀文で、冒頭のはんぺんの歌は歌える人も多いでしょう。
バター焼きだけでなく、フライ揚げなどのバージョンもありました。
紀文という名称は紀伊国屋文左衛門から取ったという解説を何かで読んだのですが、
実はこれは誤りで、公式サイトによると奥さんの名前が文子だったとか。
恩人から貰った紀伊国屋の屋号と、その一字をつけた名称だったのですね。
件の土井勝先生は残念ながら既に他界されていて、
現在は実子である土井善晴がきちんと跡を継いでいるのですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
うわ、なつかし!
なんたらなんたらパーラパーラ→パセリのみ~じんぎ~りパーラパーラだったと思います。
2006/07/12(水) 01:09:42 | URL | kashi
パセリですか!
ああ、そう言われればそんな気もします。うん、そうかも。
わざわざありがとうございました。

フライ揚げバージョンの歌詞をご存知の方も教えて下さいね(笑)。
2006/07/12(水) 01:34:54 | URL | ごいんきょ
このCMソング
もう1パターンの歌詞がなかったでしたっけ?
うる覚えなんですが

♪紀文のはんぺん斜めに三角
横に包丁サッと入れ
バターで炒めてサササのサ
紀文のはんぺんバター焼き♪

この歌詞がなんか頭に残っているんですが?
2006/07/12(水) 09:14:10 | URL | nenkorhoads
紀文のはんぺんシリーズ
ああ、そういう歌詞もありましたね。
おそらく結構経ってからだと思います。
なんで歌詞替えたんだろう?
2006/07/12(水) 17:54:25 | URL | ごいんきょ
3分クッキングは
今も昔も日テレ制作とcbc制作のものがあり関東以東が日テレで東海以南がcbcでありここの土井先生と同様にcbc制作分は男の宮元先生が担当し今はこの土井氏の例と同様に息子が担当している

やはり俺っち名古屋人なのでこちらの方に馴染みがある

ちなみにこの土井先生担当の番組も東海エリアでも少々ではあるがオンエアされておりその中の先代の土井レシピの中には5分番組中に出来上がるという和え物もあったと記憶している
2006/07/23(日) 21:43:05 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
へえ驚いた!
3分クッキング、中部以西は違うんですか。
知らなかったなあ、全国ネットとばかり思ってました。
しかも、そちらは男の講師で、やはり二世とは。

で、土井先生の方もやはり紀文製品ばかり使っていたわけではないんですね(笑)。
そりゃそうだ。
でも、やはりはんぺんとかよく使ってた覚えがあるなあ。

本文で書き忘れたんですが、番組の冒頭は、
紀文・土井勝のテレビお料理教室。味の名門・紀文がお送りします。
という風にアナウンスしていたと思います。
2006/07/24(月) 00:40:27 | URL | ごいんきょ
つボイノリオさんの、
C部日本放送のラジオ番組で、
「聞けば聞くほど」という
全国的にも有名な朝の番組が
あるのですが、
この番組の中で、
「ラジオクッキング」という
コーナーがあり、
二代目宮本先生が、
料理の講師をなさっています。
「ラジオクッキング」の
コーナー自体は、
「聞けば聞くほど」の番組よりも
長寿で、初代宮本先生の頃から
続いているという偉大な
コーナーです。
「聞けば~」のHPが
ありますので、
ご興味があれば、C部日本放送の
HPをお訪ねになられては
いかがと存じます。
2006/07/24(月) 00:51:37 | URL | 藤四郎
これはこれは
おそらく関東人には馴染みが薄いと思われる宮本先生。
中部の方々にはけっこう有名なお料理の先生なんですね。
こういう話が聞けるのもネットならではですなあ。
2006/07/24(月) 00:58:45 | URL | ごいんきょ
私が聞いたのは
♪紀文のはんぺん いかがです
白身の魚と 山芋で
ふんわり真っ白 おいしそう
紀文のはんぺん バター焼き
という歌詞でした。たしか小学生の頃(80年代前半)に聞いた覚えがあります。楠トシエさんが歌っていたような。
今時期の紀文といえばおせちのCMを思い出しますが、今年はまだ見てません。(すでに流れていると思われるが)
2006/12/27(水) 21:27:29 | URL | 北国の人
紀文 土井勝テレビお料理教室
タイトルコールに助詞の『の』は一文字も入ってませんでした。
こういうタイトルコールは珍しかったのでよく覚えています。

● 北国の人さん
あ、そんな歌詞も覚えあります。
でも、それもバター焼きなんですか。
バター焼き、バージョン多いですね。
フライ揚げバージョン覚えている人はいませんか?(笑)
2006/12/27(水) 22:08:50 | URL | ごいんきょ
フライ揚げとバター焼き
私が覚えているバター焼きはたぶんごいんきょさんのパターンだと思います。

フライ揚げの方は歌詞は覚えていないんですが、画面は四角いはんぺんを対角線で二つに切って切り込みを入れてその中に具をつめてパン粉をつけて揚げる…というものだったと思うので、途中まではnenkorhoadsさんが書かれている歌詞なのではないかと思うんですが…。バター焼きでは「横に包丁さっと入れ」る必要がないですし。

はんぺんと言えばおでんか網焼きくらいしかしなかったので、当時びっくりした記憶があります(笑)。
2006/12/28(木) 08:06:33 | URL | ダイアナ・シールズ
この番組っておそらく「おかずのクッキング」の前身だろうと思います。こちらもテレ朝の夕方の番組で同じ土井勝さんがやっておられた5分番組でした。でもこちらは「の」が入ってますよね。1993年に朝日系になった山形テレビではネットチェンジの日からの放送でした。
 キューピーラジオクッキングは「聞けば聞くほど」に包含されるかなり前から放送しています(昔は独立番組でした)。たぶん、テレビの3分クッキングと同じくらい歴史があるんじゃないでしょうか。
2006/12/29(金) 02:43:31 | URL | (ハンドル未記入)
味の名門 紀文がお送りします
● ダイアナさん
あー、なんかそんなような気がします。
歌詞についてはまったく思い出せないですね。
横に包丁サッと入れって有ったとは思いますが。
バター焼きとフライ揚しか無かったんでしょうか。

多分ワタクシが紹介したものがシリーズ最初だと思いますけど、
あんな手短に、一応は料理を、それも美味そうに紹介したという驚きが有りましたね。
画面は歌詞に沿った調理のアップシーンの連続で、皿に盛って終わりでした。

● ハンドル無しの方
ですね。おかずのクッキングの前身です。
おかずのクッキングのテキストは、テレビ朝日の出版展開の端緒となってます。
上のコメントで言った「の」については、スポンサー名、
またはメインパーソナリティ名を表す場合についてです。
この番組の場合はその両方が列記された珍しいケースなんですね。
だから、その「~の」が無いわけです。
もっと具体的に言えば、ウィキペディアさんに
『土井勝の~』と書いてあるのは誤りだと(笑)。

山形での放送はほとんど最近なんですね。
ラジオクッキングというのは初めて聞きましたね。
関東でもやってるのかな?
2006/12/29(金) 03:32:21 | URL | ごいんきょ
土井勝さん
このTVのCMで、我が家でもはんぺんをバター焼きにするようになりましたね~。

土井さんは、大昔は陸上の選手だったようです。
というのも、戦争で中止になったまぼろしの東京五輪の出場候補になってたとかいうエピソードをご自身が、テレビ朝日の何かの番組でおっしゃってのを記憶してまして。

土井先生のしゃべりは、大泉洋が「水曜どうでしょう」で物まねしてます。
ということは、北海道でも、彼の幼少時にネットしていたのかな?
2006/12/30(土) 22:39:53 | URL | 桃
土井先生の真似?
はんぺんって、おでんではインパクト弱いマイナーキャラだと思うんですよ(笑)。
あれ? そう言えば「おでんダネ」バージョンも有ったような気がする。
ま、そんな淡泊なはんぺんに脚光を当てたCMというのは間違いないと思いますね。
3分クッキングどころか、15秒クッキング(笑)。

はー。五輪候補とはこれまた凄いですね。
手先の器用さと運動神経と、多少関係があるかもしれないですね。

しかし、モノマネできるほど特徴ありましたっけ?
想像しづらいです、土井先生のモノマネって。
2006/12/31(日) 10:12:26 | URL | ごいんきょ
大泉洋の物まねで
記憶がよみがえりました。
やわらか~い関西イントネーションなのです。
2006/12/31(日) 21:38:27 | URL | 桃
うーむ
そう言われるとそのモノマネを見てみたくなるなあ。
でも、土井勝先生のモノマネが通じる人ってかなり少ないでしょうね(笑)。
2007/01/01(月) 09:21:30 | URL | ごいんきょ
「非情のライセンス」再放送を昭和53年頃にやっていて、そのすぐ後にやっていたのでセットで見ていました。
一つの料理に一週間ぐらいかけて、気の長い番組でしたね。「この続きは明日ということで・・・」
土井勝先生の声帯模写、私の持ちネタは「出合い物ということでござぁあすね」と「マヨネーズなどかけていただきますとお子たちにも美味しく召し上がっていただけます。ではということで」です。
2008/02/19(火) 01:15:16 | URL | あぶもんもん
あ。
一つの料理を一週間かけてたんでしたっけ?
続きは明日って、そう言えば言ってたような。
土井先生のモノマネって貴重じゃないかな。
今度テレビで披露してくださいよ(笑)。
2008/02/19(火) 06:48:57 | URL | ごいんきょ
煮つけなど、鍋を火にかけたまま「続きは明日ということで」と終わってました。別スレ「世界の料理ショー」でグラハム・カーが「でもってこの鍋をオーブンに入れると、下のオーブンから焼き上がったのが出てくると思うでしょう? 実はその通りなんですよッ」なんてやっていたのと好対照でした。
2008/02/19(火) 22:29:07 | URL | あぶもんもん
ふーん。
それで翌日になったら、煮込めているという寸法ですか。
たしかに説得力あるかも(笑)。
世界の料理ショー、本当にそんな感じでしたっけ。
2008/02/20(水) 06:30:29 | URL | ごいんきょ
コーラ
そういえば、たしかこの番組だったと思いますが、カレーの味を美味しくする秘訣として、コーラを入れるという奇策を紹介していました。海原雄三の怒声が聞こえてきそうですが、たしかに美味しくなります。
2009/05/16(土) 15:46:18 | URL | あぶもんもん
雄山はそういう試行で怒声など挙げないでしょう。
料理の鉄人の道場さんのプライベートを紹介した番組が当時あって、
冷蔵庫にあるもので適当に料理を作ってたんですが、
ジュースとかジャバジャバ入れちゃうんですね。
おいおい大丈夫かと思いましたが、みんな美味しいって食べてて(笑)。
天才的な料理の才能が有る人は、味覚もそれだけ発達していて、
頭の中であるていど味を組み立てられるんでしょう。
2009/05/23(土) 07:22:55 | URL | ごいんきょ
フライ揚げ
♪紀文のはんぺん斜めに三角
 横に包丁さっといれ~
 鳥のひき肉タマネギみじん
 切り~
 バターで炒めてサササのサ
 袋に入れたら衣を付けて
 油で揚げたら出来上がり~
 揚げて良かった紀文の
 はんぺんフライ揚げ

 だったのでは?
2009/10/15(木) 23:50:55 | URL | ぱぱち
知ってますよ!!『紀文 土井勝テレビお料理教室』!!現在の『おかずのクッキング』の原型だった番組でしたね。紀文の一社提供でしたね。
2011/08/09(火) 00:12:02 | URL | マスダっち
● ぱぱちさん
随分ほっぽらかしですみません。
歌詞、そんなような気もしますけど、さすがに覚えてないです。
なんでそんなに記憶できるんですか(笑)。


● マスダっちさん
「紀文、土井勝テレビお料理教室。味の名門、紀文がお送りします」というオープニング提供テロップで始まって、
♪ 紀文のはんぺんバターでジュッ というCMが挟まれるんですね。
2011/08/11(木) 21:37:41 | URL | ごいんきょ
土井信子先生をご存じですか??
そういえば・・・・・ごいんきょさん、料理研究家の土井信子先生をご存じですか??土井 勝先生の奥様で、土井善晴先生のお母さんです。私は知らなかったんですが・・・・・昨年の夏ごろにお亡くなりになったそうですよ。享年79歳だったそうです。
2011/08/16(火) 15:30:12 | URL | マスダっち
あらあ、それは存じませんでした。
それでは職場結婚だったわけですか。
2011/08/26(金) 05:43:36 | URL | ごいんきょ
土井信子先生は、昨年の夏にお亡くなりになった時は・・・・・享年78歳で、79歳にはなっていませんでした。失礼しました。そうですね、土井 勝先生と土井信子先生は職場結婚だったのかな。結婚してから夫婦で「土井勝料理学校」を開校されたみたいです。でも・・・・・勝先生が1995年にお亡くなりになってから、「土井勝料理学校」は閉鎖されたらしいです。そういや、紀文のはんぺんのテレビコマーシャルで[バター焼き]バージョンじゃなくて、[フライ揚げ]バージョンもありましたよ!!
2011/08/27(土) 23:05:49 | URL | マスダっち
そうなんです。
バター焼き、フライ揚げと来たんで、
もっと色々やってくれるのかなと楽しみにしてたんですが、
ワタクシの記憶ではこの2つだけだったんですよね。
2011/08/28(日) 22:42:19 | URL | ごいんきょ
ハッチャキ・ダンス
 ふと気づいたんですが、
♪紀文のはんぺんバターでジュ、の部分は
♪ババアンビビインブブウンべ、と同じメロディーですね。作曲者が同じだったりして。
2011/09/22(木) 13:35:01 | URL | あぶもんもん
どうでしょう。
似てると言えば似てるけど、そこだけだと著作権も生じないくらい短くて、
偶然似てしまうというのは充分あるでしょう。
2011/10/10(月) 19:18:19 | URL | ごいんきょ
はんぺんのCMでここまで!
「紀文のはんぺんななめに三角」で検索したらヒットしまして、こちらを見ております。たまたまスーパーで練り物のSALEをしていて、紀文のはんぺんの大判がさっと目に飛び込んできました。そしたら、急に例のはんぺんの唄が頭に浮かんだんですよ。しかし、こんなマニアックなコメントが入っていると楽しくてやめられませんね~(^o^)。
そうそう、それでCMは確か小林亜星さんの作曲だったと思います。あの方のCMソング数はハンパないですからね。隠れたミリオンセラーのオンパレードかも…^^;)
2011/11/08(火) 01:39:03 | URL | ありじゅく
ははは。
今でも何かの拍子に頭に過ぎるメロディーって有りますよね。
だから単純なCMソングって、最も効率的な宣伝方法だと思うのですが。
2011/11/13(日) 14:56:59 | URL | ごいんきょ
土井先生 懐かしいです
初めまして
土井先生のところで働いていました
土井善晴さんがまだ小学生だった頃です
紀文提供のこの番組はまだしていませんでした
当時は NHK今日の料理 KTV YTVの料理番組に出演されていまして 私はTV局での録画取りに助手としてついて行っていました
当時は どいまさるといえば土井勝であって NHKに出ていましたので全国的に知られていました 料理界のカリスマ講師だったのです 
土居まさるは関東での深夜のラジオ番組から出てきて若者には知られているレベルでした
元陸上選手で幻の五輪短距離の候補選手だったというのは本当です 学校に時々往年のメダリストが来られていました
土井信子先生は とってもおきれいな方でした
2014/06/04(水) 02:05:00 | URL | TOSSY
初めまして。
芳春先生が小学生というと、けっこう前ですね。
昭和30年代とかですか。
この番組は、まだまだ始まってませんね。

NHK『今日の料理』は、ご夫婦で出演されたという事になりますから、
なかなか珍しい事例となっていると思います。
夫婦、そして子供まで料理研究家といのは、今のところ珍しい事例でしょうかね。


土居まさるさんが出てきたのは昭和40年代中頃ですから、それまでは土居先生の独自看板ですね。

オリンピック候補とは凄いな。
それでいて、料理のような繊細さを必要とされそうなものも得意なんて。
人間の五感すべてが発達した超人でらしたのかも。
2014/06/04(水) 07:03:40 | URL | ごいんきょ
土井先生(先代)は標準語
息子さんは関西弁バリバリですけどお父さんは標準語だったような?あまり関西弁が良いイメージではない時代だったから配慮したんでしょうか?ハンペンのフライはごちそうだったなぁ。亡き母を思い出しました。(涙)
2014/06/06(金) 18:56:04 | URL | とらお
土井勝先生の関西言葉
土井先生は香川県高松の生まれでしたので関西訛りでした NHK「きょうの料理」に出ておられたので 全国放送ですから 誰にでも分かる言葉ということで イントネーションは関西弁でしたが単語は標準語を使うようにしておられました 
当時 大阪では 鶏肉はかしわと言っていましたが それでは通じないので鶏肉というというようにです
NHKでは 味の素は化学調味料になりました

2014/06/06(金) 20:25:01 | URL | TOSSY
TOSSYさんの言う通り、柔らかみの有る関西弁でした。
標準語の言葉を関西弁の感じで喋ると、とても良い感じになりますね。
同じく料理人の神田川俊郎さんも、近い感じだったかと思います。

ダウンタウンにせよ上岡さんにせよ、東京でも超一流になるには、
コッテコテの関西弁では難しいんですよね。
それこそ、藤田まことさんの昔から。
関西人の人数ばかりテレビの中でやたら増えましたが、
そこら辺を全く研究していない愚か者があまりにも多すぎますね。
プロ意識というものがテレビ全体から希薄になりました。絶滅と言ってもいいくらいに。
2014/06/07(土) 06:37:49 | URL | ごいんきょ
吉本弁、芸人弁
知人の大阪ネイティブの方(戦前からの大阪市内在住の中産階級家庭出身者)に「最近のテレビの関西弁は吉本弁であり芸人弁だ。」と言われたのを思い出しました。
2014/06/07(土) 09:28:44 | URL | とらお
神風親方
 土井勝の話し方は、本当に柔らかでした。
 ほっくりと煮ふくめた里芋みたいな。
 アクセントで関西弁とわかるだけで、言葉の形や表現はいわゆる『共通語』でした。『お子たち』(『お』が高い)という言葉は関東では聞かないな、と思って見ていましたが。
 昔のテレビはドラマ以外は今より方言が閉め出されていました。各地の方言が許容されるようになったこと自体はいいんですが、『どぎつさ』などを売り物にするために使わなければならないのは、悲しいと思います。
 私の友人の河内出身の人も、たとえばさんまの大阪弁は今では誰も使わないと言ってました。
『土井弁』をちょっと強めにすると、向こう正面の神風解説者っぽくなります。「アサシオ(サが高い)はねえ、ここで前にィ出なあかんですねェ」とか。二人の言葉はなんとなく似てるな、と思っていました。
 土井先生の物まねは、歯医者で口を開けるときのようにノドの奥を後ろに引いて、ノドを狭め気味にすると同時に口の内部をふくらませるのがコツです。大友柳太朗と同じ系統です。
 おたえしくださぁあせ。
2014/06/07(土) 14:32:24 | URL | あぶもんもん
お子達という言葉
あぶもんもんさんへ
お子達という言葉に強い印象を受けられたご様子ですね
私はいつも聞いていたので大して気にもとめまていませんでした
昨年 料理写真の草分けだった故佐伯義勝さんの写真展が大阪で開催されたのを見に行きました 画廊に詰めておられた佐伯先生のお弟子さんで昔撮影に同行しておられた方も土井先生の使われていた「お子達」という言葉が強く印象に残っていると言っておられました 
今は誰もあんなに優しい気持ちのこもった言葉を話さなくなっていますね
私は両親とも大阪市内生まれ育ち ネイテイブでした
2014/06/07(土) 17:52:57 | URL | TOSSY
土井 勝先生の「お子達」発言
そうそう!勝先生は「お子達」って言ってた!「この料理は、お子達も好きですね。」って。「おかずのクッキング」になってからも言ってたよ!
2014/06/08(日) 18:49:52 | URL | マスダっち1971
愛情をこめた料理
といった類いのフレーズは昨今「くさい」などと言われがちかもしれません。何にでも使うからそうなっちゃったんでしょうけれど、「くさい」と思う人にはぜひ土井勝の料理を見てほしかった。
 言葉遣いだけでなく、料理のつくりかたが本当に優しかったと思います。大事に、大事につくっているというのが伝わってきました。だから、真上から映した雪平の中の煮魚なんかもう実にうまそうでした。その部分だけ空気が違うんです。
 最近の料理番組はコツ伝授が流行っていて、「ひと手間かけるだけで」などと言って、食べる人を「おおー」と驚かせるテクニックばかり見せている気がします。土井勝先生の番組は(私は今でも本を参考にさせてもらっているので先生とお呼びしますが)、そういうことを殊更強調せず、家庭でもちょっとだけプロのように見せられる料理を優しく教えてくれるようでした。
2014/06/09(月) 15:11:30 | URL | あぶもんもん
土井勝先生の料理本
土井先生の著書に「基礎日本料理」というのがあります 近年復刻版もでているようです 私は 先生のサインと落款の入った本を持っています
料理の味は 人の味 土井勝と書いて頂いています
ネットで 東京のパティシエのひとが この本を取り上げて これ以上ないほどひどいことを書いてあるのを偶然目にして悲しく思っていました 亡くなられて20年にもなるのに まだみんなの記憶に残っていて温かい気持ちになる書き込み とても嬉しいです 
2014/06/09(月) 20:17:44 | URL | TOSSY
方言の良さって、土着の暖かみだと思いますしね。
きれいな方言を広めて欲しいですね。
笑いも必要ですけど、そこばかり強調されてしまうのは惜しいです。

土井先生の本を貶しているブログ見つけました。
その人もそれだけ真剣に料理を考えているようですけど、
反論できない人を斬るのは卑怯としか言えないし、あの場合あまり意味が無いです。
自分を売り出す以外の意味が無い。

故人を過度に貶さないというのは、日本人の宗教観も有りますけど、
向こうは弁明・弁解が何も出来ないというのが一番大きいのだろうともいます。
言ったもの勝ちですよね。

あく抜きを極度に嫌っている人のようですけど、
そんなの人それぞれで、あくを嫌う人もいるわけだし、
料理なんて趣味嗜好のものだという根本が理解できてないのではないでしょうか。

ただ、ワインについての話は傾聴の余地も有る気がしました。
もう少し他者に対しての自分の見解の述べ方を研究された方が良い人ですね。
勿体ないと思います。
2014/06/11(水) 01:14:12 | URL | ごいんきょ
えぐみ
「えぐみ」という言葉も、土井勝先生の番組で知りました。「えぐい」という言葉は必ずしも関西弁ではないのかもしれませんが、それまで知らない言葉でした。最近よく使われる「エグい」は、何だかずっとどぎつく感じられます。
「ですからここでしっかりアクを抜いていただかないと、あとでえぐみが出てしまうということで」
 と言う時の「えぐみ」は、ほのぼのした感じがしました。

 子供が、里芋のぬめりが嫌いというのでおばあちゃんがしっかり洗って作ってくれた煮物を、栄養価がないと言って捨てる鬼嫁みたいなことはしないほうが、お子たちのためにはいいと思います。
2014/06/11(水) 15:37:04 | URL | あぶもんもん
栄養重視という考えも有りましょうが、やはりネバネバや苦みが嫌いな人もいるわけで、
それをなんとかしようという苦闘が料理という概念を生んだと思うのですね。
ただ素材を丸ごと使えば良いという発想だったら、和食はここまで進歩していたかどうか。
要は、単に嗜好の問題だと思います。
大事な事は、それぞれの良い面を磨く事であって、故人の業績を誹謗する事ではないでしょうね。
2014/06/13(金) 22:23:06 | URL | ごいんきょ
おふくろの味
『おふくろの味』という言葉を普及させた功労者でもあったんですね。私はずっと『肝っ玉かあさん』の主題歌が始まりかと思っていました。
2014/06/30(月) 21:50:45 | URL | あぶもんもん
扇谷正造さんが昭和32年に「おふくろの味」という本を出してます。
それから、この言葉が普通に使われるようになりました。
2014/07/03(木) 22:32:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。