私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



スター千一夜 (1959)

スター千一夜

夜が来ればスター千一夜
  お尋ねしましたこの方を
  おしゃべりしましょうこの方と
  あの言葉 あの笑顔 素敵なお話を
  それではスター千一夜 スター千一夜
  ご一緒にどうぞ
 (作詞:野坂昭如 作曲:いずみたく)


モノクロ時代は夜9時台にやっており、
その当時の初期OP、お覚えの方いらっしゃいますかね?
最後の「ごいっしょに、どうぞ♪」がツボというか、
まだ世の中全体がウブだった時代ならではなんです。
第一回は長門裕之・津川雅彦兄弟でした。
なぜか苗字が違うこの二人、ワタクシは小学生時代に、
どうも二人の顔が似ている気がしたので母親に、
「長門裕之と津川雅彦って似てると思わない?」と振った事があります。
こちらはネタ話で振ったのですが、「兄弟だもん」で終わりました(笑)。
なんと! 兄弟にしちゃー似てないなー。と驚き。
どっちやねん(笑)。

ワタクシは栗原玲児司会はなんとなく覚えてますが、それ以前は
初期テレビ界で活躍していた三木鮎郎がこの番組の代名詞でした。
その後夜7時45分から8時の枠に移動。カラーになると、
司会者も華を求められたのか、一般タレントから起用されます。
石坂浩二、関口浩の二人が特筆される存在ですが、他にも
坂本九も忘れがたいし、田宮二郎もやっていたらしいですね。
この頃のOPは「スター千一夜」という男声ナレーションで始まり、
チュチュチュルー チュチュチュ チュールル
という女声スキャットの流れる中、女性アナによるゲスト紹介がされてました。
「きょうのゲストは俳優の~さん。最近いつも重厚な演技を見せる~さんも、
 子供達の前では勝手が違うそうです。そんな~さんとお子さん達の、
 おうちでしか見られない部分をお話ししてもらえるでしょうか?」
みたいな感じね。自作だけど、雰囲気出てるでしょ?(笑)
そう言えば子供連れで出演するスターも結構いましたね。

開始当初は映画会社による五社協定が強固で、いわゆる大スター…
つまり映画スターは出演してくれなかったようです。
しかし、プロレスの力道山やプロ野球のON、金田ら、
相撲の栃若大鵬などのスポーツ界の大物は、
当時この番組くらいでしかトークを観る事ができませんでしたから、
その辺が結構大きなウリになっていったのではと思います。
テレビタレントにしても、番組中に見せるのとはまた少しだけ違う面も、
観られないわけでもありませんでした。
が、一番注目を浴びたのは、なんと言っても外国タレントだったでしょう。
当時は正に高嶺の花のような外国俳優やミュージシャンに、
果敢に出演交渉して、貴重なトークを聞かせてくれました。
視聴率的にもっとも注目されたのは、芸能人同士の婚約発表、結婚披露宴などで、
スター千一夜が無くなってからは、それだけで独立して
テレビ番組として中継されるようになりましたが、
スタ千健在の頃は、この番組で報告するのがパターンでした。
披露宴の中継が一般化する前は、結婚報告みたいな感じで、
結婚後まもなくに夫婦揃って出演するパターンだったと思います。

そうして回を重ねるに連れ番組のステータスも上がると、
その頃には映画も完全に下り坂がミエミエになっており、
また、作品のプロモーションもさせてもらえるという事で、
綺羅星の如き映画スター達も次々と出演を承諾しました。
こうして、スターの出ないスター千一夜と言われた番組は、
スタ千に出なければスターと認められない程になっていったのです。
最多出演は吉永小百合の90回。2位は王貞治でした。
吉永は、自局フジのプロデューサーがかっさらっていったので(笑)、
当然のようにこの番組で婚約報告。その一回分も入ってますね(笑)。
野球選手の場合はグラウンドでのインタビューも多かったと思います。
最高視聴率は、昭和41年の「王貞治・恭子 結婚おめでとう」で、
45.9%だったらしいです。

フジ開局2日目から1001回どころではない長寿を誇った番組でしたが、
最後の頃は視聴率的にも苦戦したようで、ワタクシも、
ビートたけしや、やすしきよしが司会してたなんてまったく知りませんでした。
明石家さんまがこの番組に出るのが夢で、最後の週になんとか出られて
ギリギリ間にあったと言っておりましたが、司会はやすきよだったのかな?
だとすると、さんまを贔屓にしていたやっさんの計らいもあったんでしょうか。

提供は、観ていた人にはお馴染み、旭化成。
♪ サランラップ とか、♪ 旭化成 ハマナカ手芸糸 などが有名ですね。
「これからは キュプラと呼ばず ベンベルグ」
なんていうCMがワタクシは印象的でした。
いや、今までだってキュプラなんて言った事ねーし(笑)と、
ツッコミながら、キュプラだのベンベルグだの、一体なんなんだと
疑問に思ってましたが、そういう説明はまったく無かったです(苦笑)。
ネット社会になり、ようやく検索して長年の疑問も解けました。
http://www.asahi-kasei.co.jp/fibers/bemberg/what_01.html
ああ、繊維のブランドなんですね。
そう言えば別のCMで、「コットンから生まれた」のなんだの有りました。


いつもコメント下さるガッツさんの強力なプッシュで(笑)、
この項を書き始めましたが、出演回数2位で、最高視聴率も記録した
王貞治氏が、おりしも胃を全摘出という大手術に成功というニュース。
昨年ですか、当ブログ休養前の『あゝプロ野球』の項で懸念した
「悪い事」が、次から次と野球界を襲っている現状。
不正ドラフト問題が起きてミスタープロ野球長嶋茂雄が倒れても、
何も野球の神様の意志をくめずに、いまだドラフトもほっぽらかし。
あれだけ世間を騒がせておいて、一年以上もほっぽらかしで、
できればこのまま押し通そうという呆れた精神構造。
今のプロ野球を象徴する王監督の胃が蝕まれてしまったのも、
そういう腐った野球界を身を以て表現させられてしまったとも思えます。
王監督の健康は間違いなく完治するはずですし、
できればまた監督に復帰して欲しいものです。
毎度の脱線で、野球にまったく興味のない方には失礼しました(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
厚い御礼とともに色々と
参ろうかな
エンタメニュースが発達しておらず克芸能人やアスリート達が等身大でなく雲の上の存在であった頃のシンボル的な番組であったのは言うまでも無くこの事はタイトルそのものが語っているかもと思いつつもし万が一平成の今にしかもゴールデンに帯として復活するなら一時間番組の中継ぎの5分番組としてなら或いは再現し得るかもと思いつつ執筆を楽しませていただいたのである

ここ素朴な疑問として当時は特に繊維会社として成り立っていた旭化成提供のこの番組に果たして例えばレナウンの下着のcmがリアルタイムの頃の青島氏とかは出ていたのであろうかと思うのだがどうであったっけ

ではここからはcmの話

一昨日志保実悦ちゃんやキャンディーズが出ていたと報告したストッキングのレオナについて先ずキャンディーズについて語るなれば彼女達もcm本数多かれどもご存知の♪おせちもいいけどカレーもねというのとこれ以外で個々の独立したcmソングをを披露したという記憶はないのでレアなものかも知れない

悦ちゃんに関してもjac系の彼女が空手か何かの構えを披露しそして足元の製品へと目を行かせるという段取りのcmなのだが今で言う美脚をアピールし得るものなので是非現在でも我こそはと思う娘にやってもらいたいcmでもある

さて後は藤四郎殿とかのコメントとか待つ事にに致そうかな
2006/07/19(水) 21:58:21 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
スター、それははかない
でも、はきもののストッキングの宣伝してたんですね。
レオナのCMは覚えてないですが、どんな歌だったんでしょうね。
キャンディーズは他にもCMソングありますよ。
タイアップがはばをきかせる前は、結構タレントにCMソング歌わせてましたよね。
くーろは強いぞ、はよく覚えてますけど。

競合相手のCMに出演している正にその時期は出られないでしょう。
青島氏なども、レナウンのCM契約期間以外では出演しているはずですけどね。

ミニ番組で芸能人が代わる代わる出演するというのは、たまーにあります。
それがスタ千のような親しまれ方をするかと言えば、難しい気がしますね。
そもそもスターという言葉自体、ほぼ死語ですしね。
最近じゃ、にしきのあきらの代名詞にまで格下げされてるし(苦笑)。

志穂美さんのも覚えてないなあ。
話を聞いて無性に観たくなりましたが(笑)。



>さて後は藤四郎殿とかのコメントとか待つ事にに致そうかな
コメント入力もそれなりに手間かかりますからね。
気が向いた時に気が向いた事を書いて戴ければ何よりです。
2006/07/20(木) 00:28:58 | URL | ごいんきょ
毎日のように見ていました。その割には、
覚えている回が少なくて、
記憶力の悪さを痛感している
この頃です。

覚えているのは、わたくしの方でも
取り上げたのですが、
チェリッシュの松崎さんが、
彼女を番組に連れてきて、
悦っちゃんと三人で出演していて、
番組の空気が極めて悪かったことを
思い出します。

家族で見ていて、「チェリッシュの2人が結婚したらいいのにね~。」
なんて余計な突っ込みをしていたものでしたが、その余計なブラウン管越しの突っ込みが現実のものとなった時は、妙に嬉しかった思いがありました。
それにしても、松崎さんの当時の彼女はその後いかがお過ごしなのか、
気になる今日この頃です。
2006/07/20(木) 00:42:15 | URL | 藤四郎
チェリッシュ
チェリッシュの二人は売れる前から名前は知ってました。
たしか、全日本歌謡選手権にあの二人も出ていたと思います。
この辺はその番組を語る時に取っておきます(笑)。

スタ千って、やはり当時ですから、予定調和的な話が多かったですからね。
話の内容はあまり印象に残らないでしょうね。
ワタクシもほとんど覚えてないです(笑)。

チェリッシュは4人組だかだったんですよね。
あの二人が残った時点で、結婚は既定路線だったんでしょうね。
ヒデとロザンナとか、あの辺の男女デュオは結婚するのがデフォでしたし。
2006/07/20(木) 01:15:37 | URL | ごいんきょ
そういや
キャンデイーズが歌ったオリジナルのCMソングに三洋の♪黒は強いぞとかエアコンの♪冷え冷えとかも思い出した

でも確かこのレオナが唯一30秒のCMとして歌と共に作られていたと記憶している

♪若さにハイハイカラフルレオナ~
という歌詞で30妙のCMとして記憶している

でもその他にも特筆すべきかも知れないCMもあり例えばなるほど以降はオンエアがゼロかも知れない当時の旭ダウのスタイロ畳のCMなんかは我が国唯一の畳のCMなのではなかろうか
2006/07/21(金) 22:52:44 | URL | 熱血王  ガッツィンガー
畳、それは日本人のふるさと
はーはー。レオナは30秒だったんですか。
うーん、歌詞を観ても思い出せないなあ。
本当に観た事が無いんだろうなあ。

まして、スタイロ畳なんて初めて聞きましたよ(笑)。
畳のCM、たしかに他には無いかもですね。
ガッツさんは時折、意外な視点を下さいます。
2006/07/22(土) 00:13:42 | URL | ごいんきょ
懐かしくて涙が出ちゃう!
懐かしいぃぃぃぃ!
これは、死んだお袋が大好きで、見てましたよ。
オイラ的には、つまんねぇ番組!なぞと思ってましたけどね。
確かクイズグランプリで15分、スタ千で15分ですよね。

文学歴史の10!

とかの後にやるスタ千は、子供心に静かで、つまらなくて、何言ってるのか分からなくて…。
退屈極まりない思い出があります。

この年になって、話題になると、ノスタルジーがビシバシですなっ!!
2006/07/26(水) 12:21:20 | URL | ハナユビ
何もかも懐かしい
そうなんですよね。
つまらなかった番組も、時を経れば楽しみになってくれたりね。
ああ、我が家ではあんな時にあんな番組見てたっけとか、
そんな記憶を鮮やかに甦らせてくれるのも、テレビとか歌の魅力の一つですね。
特に我々の時代は、テレビは一家に一台ですから、余計にそうした想い出があります。


本文で書き忘れたのですが、
クイズグランプリに続けて放送されていた頃のEDは、
「明日のゲストは~さん」というフリップが映って、
OPと同じスキャットテーマが流れる中、
「明日は~さんをお迎えします。最近いつも重厚な演技を見せる~さんも、
 子供達の前では勝手が違うそうです。そんな~さんとお子さん達の、
 おうちでしか見られない部分をお話ししてもらえるでしょうか?」
てな感じの女性アナによる予告がありました。
本文と同じ内容しか書けないですみません(苦笑)。
続けて、「提供は旭化成グループでした」と締められて、
♪ ポン とテーマの締めの音が鳴って終わっていました。
2006/07/26(水) 23:33:03 | URL | ごいんきょ
見ていましたよ~♪
スター千一夜懐かしいですよね~
毎日とは行かないけれど、時々拝見しました・・・|▽//)ゝ
昭和45年生まれはスター千一夜終息期で最終回を見た一人です。
本当にスターさんの素顔が見られる貴重な番組でしたね・・・(^-^)
スペシャルとして復活してほしいです!
(^^)
2006/08/25(金) 17:53:31 | URL | mikeneko
旧タイトル
古くからのファンには更に懐かしい、
旧タイトルのテーマソングMIDIを、順調なら明日にでも掲載します。

最終回の頃は観てないんですよね。
誰が出て誰が司会で、どんな終わり方だったんでしょう。
2006/08/26(土) 06:56:49 | URL | ごいんきょ
三木鮎郎さんの
頃から観ているはずなので、テーマソングを聴いたら記憶が甦るのではないかしら・・と楽しみにしていたのですが、♪ご一緒にどうぞのフレーズが何となく聞き覚えあるかな・・というくらいで残念です。
子供には話しも難しくて、内容は殆ど分からなかったし・・。
覚えているのは、三木鮎郎さんの笑顔ばかりです。
姉がタイトルを「すたーちーよる」と読んだので、暫くそういう題名なのだと信じていました。
今でも、「スター千一夜」の文字を見ると、頭の中で「すたーちーよる」と呟いてしまいます。
2006/08/30(水) 15:22:27 | URL | モデラート
どうも…
幼少期の記憶ゆえ、小泉博さんの「クイズグランプリ」と混同してしまいそうです。しかも。記憶があるのは、最晩年期。司会では…石坂さん、関口さん、故・荻島真一さん。女性では…浅茅陽子さん、壇ふみさん…ってとこでしょうか。「恐縮です!!」なぁ~んて輩がテレビを席巻し始めて、こういう「華やかな芸能界」を垣間見る落ち着いた番組は、すっかり割を食ってしまった…という感があります。逆に今の時代、こういう番組は新鮮…でもないかw
スポンサーが旭化成・・ということは、これの発展形が「なるほどザ…」ってな解釈で良いのでしょうか?
2006/08/30(水) 22:25:11 | URL | おやじバンザイ
対談番組の記憶に残らなさ
日本語としてちょっと言い回しおかしいですけど(笑)。
昔の対談番組って、まず内容は覚えてないですね。
本当に当たり障りのない、誰が答えても同じ様な、
教科書みたいな返答ばかりだったからでしょうが。
それが良かったか悪かったかと言えば、
結局はどちらとも言えるんですけど。

● モデラートさん
初期は夜の9時過ぎにやってたんですよ。
子供の頃は読み間違いやりますね。
ワタクシは『侍ジャイアンツ』を『とくジャイアンツ』と読んでました。
待ではなく特と間違えるあたりが間抜けです(笑)。
もちろん今でも、『サムライジャイアンツ』と読みながら、
『とくジャイアンツ』の事も思い出します(笑)。

● おやじバンザイさん
あと坂本九ちゃんなんかも、その頃で印象に残る人でしょう。
この番組が終わる事が決定してなるほど!に移行ではありましょうけど、
勿論、番組そのものはスタ千の発展形ではないですよね。
スターをやたらと集めてわいわいクイズをやる番組の元祖だったかも。
2006/08/31(木) 00:21:25 | URL | ごいんきょ
フジテレビの看板番組
このブログを拝見していると、懐かしさがこみ上げてきて、また来てしまいました。今、夏休みなもので、すいません。

“スター千一夜”という三木鮎郎さんだったかの掛け声で始まる15分番組でしたよね。その前に、小泉博司会のクイズグランプリをやっていました。ノンセクションの30とかいう言い方が忘れられません。
肝心の「スター千一夜」は、テーマソングがどうしても思い出せません。中身も石坂浩二、関口宏、坂本九の司会は、覚えているんですが、個別の詳しい内容は全然記憶にないです。ただ1回だけ、石坂浩二の司会だったか、坂本九だったか忘れましたが、この二人と萩本欽一がゲストに出て3人とも29歳なんです。と言っていたのを覚えています。調べてみたら3人とも'41年生まれですから、'70年の放送ということになります。内容は、全く覚えていないのですが、たぶん近況を話し合ったのだと思います。

思えば、この頃のフジテレビは、ヒットパレード、ラブラブショー、夜のヒットスタジオ、それにこの番組といい、エンタテインメント番組では記憶に残る番組があるものの、全体の視聴率ではTBS、NTVの後塵を拝していましたが、非常に品のいい、でしゃばらない控えめなイメージの局だったような気がします。今、その面影は、全然ないですね。
これも時代を反映しているのでしょうか。
2006/09/01(金) 04:01:42 | URL | ブロンソン
フジテレビの明暗
>このブログを拝見していると、懐かしさがこみ上げてきて、また来てしまいました。
>今、夏休みなもので、すいません。
いや、ありがたい限りなのに、そこで謝られちゃうと、
なんかワタクシが悪いのかなという気になります。ごめんなさい(笑)。

あの声は三木さんなんですか?
クイズグランプリも既に記事にしております。
旧テーマは既にMIDI化していて、本記事の♪マークをクリックして戴ければ聞けます。
新テーマの方も思い出せませんか?
ワタクシは昨日のようにまざまざと思い出せますね、音楽に関しては。
何しろ毎日聞いてましたから(笑)。

フジテレビの路線が大きくハジケるようになたのは、
非常に暗い時代を経た反動なんでしょう。
社内でかなりのゴタゴタがあり、本当に暗いムードだったようです。
2006/09/01(金) 07:13:53 | URL | ごいんきょ
キャンディーズのCM
YOUTUBEサーフィンの結果レオナのCMは未だ見つけてないとしつつ3O秒CMはレオナだけという発言は完全に撤回せねばならないと報告致す
今話題の三洋電機のCMでは「黒は強い」という15秒のものの他に30秒のものが存在している事が判明しその他TDKのカセットテープのCMでも30秒のものがあるとこの度判明した
しかし純ポップ的で商品名別の歌詞に置き換えるとかさえすれば昔で言うA面の曲のカップリングとかになりえる歌はこれしかないというのは覆っては無いてというのも事実かな

ちなみにあの今話題のエビちゃんプロデュースのストッキングが意外にもフクスケから発売されるそうななので旭化成にも嘗ての栄光を取り戻してもらいたいかも
2007/03/31(土) 22:45:34 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
30秒CM
CMっておそらく通常30秒が基本だと思うので、
大企業のCMは大抵30秒以上の長バージョンが有りますね。
今話題の三洋ですか。いい話題は無いようですが(苦笑)。
昔から画期的商品を作る技術力、開発力は有るのに、
販売がどうしても野暮ったかった感じで、伸び悩んでましたっけ。
2007/04/01(日) 05:57:03 | URL | ごいんきょ
お相撲さん
大相撲千秋楽の翌日、月曜日は決まって優勝力士でしたね。こういうお約束もいいものでした。
私が一番覚えているのは輪島。12回目の優勝を果たした場所でした。調べたら昭和52年11月場所らしいです。「大横綱双葉山と並ぶ記録を達成されて、お気持ちはいかがですか」と問われた輪島、「・・・そうスね・・・双葉関の・・・爪の垢になりたいスね」
2008/05/20(火) 15:29:19 | URL | あぶもんもん
ああそうそう。
という事は、あれって生だったのかな?
ビデオ撮り、当日放送でしょうね。
それにしてもよくコメントまで覚えてますね。
2008/05/22(木) 07:01:35 | URL | ごいんきょ
レナウンのcm
youtubeサーフィンの結果青島氏のみでなくコント55号の下着のものも確認されしかもコント仕立てで前者よりも入れ込みのあるものが見つかりもしかしたら旭化成はそうしたライバルのcmについて寛大であったかもとも思うのだが?
もっとも他のものと比較して衣類のcmというのは絶対数今も昔も少ないとしても
2008/12/11(木) 21:47:35 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
55号のなんか有りましたっけか。
下着のCMと言えば、なんと言ってもワコールは忘れられません。
折角なので記事にしますね(笑)。
2008/12/13(土) 06:40:55 | URL | ごいんきょ
スタ千の司会
坂本九さん、ビートたけし
関口宏が司会してましたよね。

旭化成は手芸糸、冷凍食品
サランラップで
よくお世話になりましたし
いまもサランラップのお世話に
なってますです。 
この後なるほどザワールドに
移るんですよね。 
 
2008/12/14(日) 23:15:44 | URL | 梅吉
♪ 電子レンジには サランラップ
というCMソングとなるほどザ・ワールドがセットで記憶されます(笑)。
電子レンジ登場以前から有ったらしいですけどね。
2008/12/15(月) 07:27:22 | URL | ごいんきょ
又youtubeでの話題として
cmの歴史part7という映像にやっとこの番組時代のcmを見つけられた

内容は当時放送済みのライバルレナウンのそうイエイエの物に限りなく近いとして片づけ得ようがそれでも独自性もインパクトも織り込まれていた作品で一度見たら忘れられないかも
ちなみに同じ映像のこのcmの前の物は味の素よりキツイと揶揄しておられたハイミーの物なのだが映像の料理はうまそうに見えた
2009/02/21(土) 15:18:26 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
スターが本当にスターであった時代
この番組って本当に芸能人がスターで一般人から見たら手の届かない位置にいた時代のものですよね。
私が記憶にあるのは今の貴乃花親方が小学生の頃お兄ちゃんと一緒に出てたのとか・・・・・。
他はあまり覚えてない?けど司会者はなぜかよく覚えてます。関口宏、坂本九、石坂浩二・・・。
みんなバタ臭い話し方してましたっけ。
2009/02/22(日) 16:33:43 | URL | 緑のおばさん
● ガッツさん
どうせ話をするならURLまで貼ってもらえると助かるんですが。
ハイミ~ ササッサー♪ じゃないんでしょうね。

● 緑のおばさんさん
そうですね。
考えてみれば、スター誕生という番組は、
スターというものの認識すら変えてしまったのかもしれません。
ごく普通の素人時代からみんなが見ていて、
そういうスター達が芸能界の中枢を担っていったんですからね。

この番組は芸能人家族もよく出ました。
あの海老名一家も三平師匠健在の頃に出ていたはずです。
その頃は金髪豚野郎はいませんでしたが(笑)。
2009/02/23(月) 07:29:41 | URL | ごいんきょ
いつも何となく
観ていたためか、特に覚えている回はないのですが、それでも何故だか記憶に残っている場面がいくつかあります。

井上順さんと奥様の青木エミさんとエミさんのおばあさまが一緒に出演されたとき。
順さんがエミちゃんエミちゃんと言って満面の笑みを浮かべていたことや、3人がとても仲良しだと話されていたことを覚えています。

岸辺シローさんが奥様とお子さんと出演されたとき。
お子さんが1歳前後だったか、この子はいろんな芸をして面白いですと仰って、確か岸部さんがドスコイと言うとお子さんが四股を踏むというような感じで、とっても可愛かったです。

じゅんとネネさんの登場の仕方が変わっていてぼんやり記憶にあります。
左右にいくつか窓があり、右の窓からじゅんさんが左の窓からネネさんが顔を出したかと思うと、今度は左の窓からじゅんさんが右からネネさんが・・、不思議だなぁと思って観てました。

萩本欽一さんが結婚してましたごめんなさいって仰ったのもスター千一夜ではなかったかしらと思うのですがどうでしょうか。
2009/03/18(水) 21:49:10 | URL | モデラート
そうなんですよねえ。
当時の芸能人のやり取りは表層的で、あまり印象的な話が無くて。
だから記憶に残っているのは結婚した時とか、スポーツで優勝した時なんかになりますね。
大相撲でも優勝決定の翌月曜日に優勝力士が出演するのが恒例だったと思います。
「そうですね」しか言ってなかった北の湖氏(笑)。

この番組でそんな幾つもエピソードを覚えてるの、制作者を除けば、
きっと日本でモデラートさんだけですね(笑)。
欽ちゃんのはなんとなく覚えてますが。
2009/03/25(水) 05:19:21 | URL | ごいんきょ
関口宏って意地悪?
後に離婚しちゃったけれど、萬屋錦之介・淡路恵子夫妻の自宅でインタビュー、という回があって、結婚何周年ということで行ったと思うんだけど、そのときの司会者、関口宏って意地悪だなぁ~と思いましたね。
淡路さんが連れ子で再婚したのは当時の人なら誰でも知ってることなのに、お子さん(ビンボー・ダナオさんとの間の子、島英津夫さん)の年を聞いたあとに、結婚されて何年です?みたいなことを聞いて、「子どもの年齢>結婚年数」にさもビックリしたようにふるまっていたんですよね。
一瞬「わざと?」って思いましたね。
2009/09/22(火) 10:08:51 | URL | ななお
勘九郎と陸奥嵐
 今の中村勘三郎、当時はまだ勘九郎が出た回をたまたま見ていました。昭和40年代後半か50年頃だったでしょうか。
 勘九郎が相撲ファンだとかいう話だったと思いますが、「好きな力士は」「そうですね・・・陸奥嵐さんなんか好きですね」「はあ、なかなか渋いですね」
 私も(子供でしたが)渋いなあと思いました。当時は「渋い相撲ファン」というと「陸奥嵐ファン」みたいな一般の諒解があったような気がします。
2010/04/23(金) 17:02:34 | URL | あぶもんもん
もしかして
この番組放送前の昭和32年誕生の旭化成のコマソンがyoutubeに見つかった
作詞作曲は上にあるこの番組のテーマ曲と同一と記されていた
この番組の前はどこで流れていたのやら
2012/03/11(日) 14:48:17 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● ななおさん
う~ん。
誰でも知っているような事だったから、敢えて子供は二人の子ではない
という事を前置きしておいたんだろうと思うのですが。
あくまでも再婚夫婦という事でね。


● あぶさん
陸奥嵐。知らないなー(苦笑)。


● ガッツさん
調べたら、「江上トミの味八丁」という番組が有りました。
2012/03/14(水) 22:45:58 | URL | (ハンドル未記入)
CMばかり記憶が残って・・・。
たしか月曜~金曜の夜7時45分
に放送していたと思います。
タレントやスポーツ選手がゲスト
出演して対談したり、披露宴の
録画中継をやっていたみたいですが
内容はほとんど忘れました。
CMのほうは、サランラップ
ハマナカ手芸糸・レオナ66パン
ティーストッキング・スタイロ畳
子供服のザバ・商品名は忘れました
が、缶に入っているパン生地などが
けっこう記憶に残っています。
子供服のザバはブレザーで、汚し
ても家で洗えると言うのが売りで、
男の子用女の子用がありました。
缶に入っているパン生地は、ロール
パンとクロワッサンだったような?
我が家にオーブンレンジがやって
来て早速買って作りましたが、
すごいおいしいって事も無くて
こんな物かなあって思いました。
2012/08/10(金) 02:37:33 | URL | くも
そうですねえ、たしかに。
スポンサーとしては最良の番組だったかも(笑)。
ワタクシは、♪ 旭化成 ハマナカ手芸糸 も忘れ難いですけど、
「これからは キュプラと言わず ベンベルグ」と、何故か575で訳のわからない言葉を並べたやつとか(笑)、
♪ ふっくっむっすめっ ふっくっむっすめっ お酒は灘の福娘 「本当は娘上戸なの」
とかが記憶に残るところです。

レオナ66パンティーストッキングも懐かしいですね。
パンティーという言葉はすっかり死語になって(笑)、パンティーストッキングという言葉の中で細々生きてますね。
これだって、もうフルで呼称する人はほとんどいないだろうけど。

ザバは知らないなあ。ザブなら知ってるけど(笑)。
畳はガッツさんが書いてたけどワタクシは覚えてませんし、
パン生地も覚えてないですねえ。
福娘と言い、70年代になると飲食品にも進出してるんですね、旭化成。
2012/08/11(土) 02:01:34 | URL | ごいんきょ
ザバのCMをやっていたのは
1973~74年くらいだった
と思います。
子供服はブレザーでしたが、汚し
ても家庭の洗濯機で手軽に洗える
と言うのが売りみたいでしたね。
スタイロ畳は軽くて持ち運びが楽
と言うのが売りで、家にもほしい
ねって両親とCMを観るたび言って
いました、大掃除のたびにしんどい
思いをしてましたから・・・。
2012/08/11(土) 21:17:18 | URL | くも
ザバって名前も安直すぎますが(笑)。
そう言えば、昭和40年代の大掃除描写って、必ず畳まではがしてやってましたね。
庭に畳を横テントみたくして干して。
そこまでやるお宅も見なくなって久しいです。
2012/08/14(火) 19:28:57 | URL | ごいんきょ
中村勘三郎さんを偲んで
今日、中村勘三郎さんが亡くなったと流れ、三木あゆろうさんのトーク番組に子供の頃度々出演し可愛いかった勘九郎ちゃんを思い出し、番組名がわからず検索し見つけました。トーク番組のはしり、雲の上のような芸能人の私生活が垣間見え子供心に楽しい番組でした。このようなコーナーは昭和の人間にとって思い出を振り返るうれしいものです。また時間があるときには覗かせていただきます。勘九郎さん安らかに。
2012/12/05(水) 10:26:56 | URL | yumikojiji
やっぱり「勘九郎ちゃん」って言ってしまう
勘九郎ちゃんが出たのは覚えてないけれど、結構有名人が親子で出ていましたよね。
覚えてるのは、神津善行さん一家?
中村メイコさんと、次女のはづきさんが出てたんだけど、カンナさんは学校が厳しいとかでいなくて。
でももっと小さいころはよくテレビに出てたと思うんだけど、その時は中学生になってたのか、出られなくて、でも声だけはOKだったらしく、声だけの登場で、トークしてました。
その時の司会って誰だったのかなぁ~?関口宏かな?
勘九郎ちゃんって昔は子役ちゃんとしてドラマにも出てましたよね。
思い出したのは、モーニングショー(木島則夫の)で、子役特集というか、当時活躍していた子役ちゃんにインタビューしてる場面に出てたことかな。
見たのを覚えてるってことは
祝日だったんでしょうね、学校行ってる時間だし(笑)
チャコちゃんの四方晴美さんも出てたっけかな。
 あのころ、昭和30年代後半~40年代って子役ちゃん大活躍の時代でしたね。あ、今もか。 
 勘三郎さんのご冥福をお祈りいたします。
2012/12/06(木) 18:26:30 | URL | オリビア
● yumikojiji
勘三郎・勘九郎さんファンの方ですか。
全てに魅力的な人でしたからね。
玉三郎さんとか、歌舞伎の方もちょくちょく出ていた気はしますが、
やはり勘三郎さんの記憶が最も強いですね。
一般受けまで考えていた人なので。


● オリビアさん
中村メイコさんもよく出てましたね。
家族で出たのも見た気はします。
モーニングショーはさすがに覚えてませんが、ドラマは「ぼくの母さん」ですかね。
池内淳子さんが母親役だったのかな。
2012/12/07(金) 02:06:04 | URL | ごいんきょ
旭化成・・・
スター千一夜本当に懐かしいですね~(*^_^*)
子供ながらも見ていましたよ~(*^_^*)
今は芸能人の婚約とか結婚はファックス発表とか後々報告がお約束だけど、この番組で婚約会見に結婚披露宴を見ていたであまりにもきらびやかな世界でしたね・・・(*^_^*)
旭化成のコマーシャルと言えばやっぱりハマナカ手芸糸!(*^_^*)
当時母が鉤針編みやレース編みをしていました(ミケネコ自身も母の影響で編み物を小学6年生の頃に始めました)秋近くになるとこのハマナカ手芸糸のコマーシャルが流れていて・・・
♪旭化成 ハマナカ手芸糸~
これが流れると編み物する人が増えた事でしょうね~(*^_^*)
2014/09/21(日) 01:18:39 | URL | みけねこ
スタイロ畳
スタイロ畳ってダウ加工という会社さんですよね・・・(*^_^*)
旭化成関連会社なんですね~(*^_^*)
このスタイロ畳の看板があるんですよ~(*^_^*)
ミケネコが住んでいる千葉県柏市の旧沼南町と印西市境に畳屋さんがあってスタイロ畳の看板ありますよ~(*^_^*)
2014/09/21(日) 01:24:42 | URL | みけねこ
そういえば
「サランラップ」の発売元も昔は旭
ダウと言ってたような。
 たしか、ダウケミカルという会社との合弁だったと思います。
 ダウ化工は札幌の隣、北広島市に工場があったような・・・。
 スタイロフォームなど断熱材のイメージが強いです。
2014/09/22(月) 22:49:52 | URL | 北国の人
● ミケネコさん
ハマナカ手芸糸って、やはり手芸に使ったんですねえ(笑)。
んー、いいですねえ、女の子が手芸をする様子。

ガッツさんが言っていたスタイロ畳、
その後、CMソングの音盤を入手しまして、
そちらのジャケットでCM場面らしいものを見る事が出来ました。
時代劇のような、侍の夫がスタイロ畳の家に帰ってくるCMのようです。
そう言えば旭ダウという会社が有りましたね。


● 北国さん
昭和57年に独立してますね。
スタイロフォームで作った畳だったのか。
2014/09/24(水) 07:08:33 | URL | ごいんきょ
ガッツさんの「旭化成」押し…凄ぇ〜〜!!
「うわさのチャンネル!!」のスレで、ごいんきょさんが言っていたガッツさんの「旭化成」押し…凄ぇ〜〜!!ガッツさんは「旭化成評論家」だな!!(^◇^;)
2015/01/22(木) 10:31:38 | URL | マスダっち1971
あと、日産の nardo さんもいますよ(笑)。
2015/01/25(日) 06:54:06 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ