私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ダメおやじ (1974)

いわゆる外人タレントとして、日本で大活躍した人って、誰が最初でしょうね?
ペッツィ&クリスとかいましたけど、一曲だけでしたもんね。
ワタクシは、かのアグネス・チャンを思い浮かべるのですが、
それ以前にいたかな?
日本語もたどたどしい彼女が歌う草原の輝きは瞬く間に大ヒット。
その後もヒット曲を連発し、押しも押されもせぬトップ・アイドルとなります。
ん? ダメおやじの話じゃねーのかよ?と訝しがるアナタ、しばしお待ちを(笑)。
ここから少しずつ近づいていきます。想像はつきづらいでしょうけどね。

で、そんなアグネスが歌番組に出ると、
必ず「アグネス・チャンちゃん」と呼ばれてました。
まあ、あまりにお手軽なシャレですね(笑)。
アグネスとのトークになると司会者はみんな必ず例外なく、
「アグネス・チャンちゃんはどう、最近?」
みたいな語りかけをして、軽い笑いを拾う。
ワタクシはさすがに辟易しましたが、
本人はもっとだったんじゃないでしょうか(笑)。
そんな折、スター誕生というスカウト番組の大手で、
ある男性歌手がデビューにこぎつけました。
その芸名を聞いた時、ワタクシは耳を疑いました。 その名も

すみあきくん

いやいや。例えば四条小路すみあきという芸名の人の姓を略して
くんづけしたとかではなく、芸名がまんま、「すみあきくん」。
当時ワタクシはまだ子供と言ってよい年齢でしたけど、ツッコみましたね。
 すみあきくんくん言わせたいだけやろ!
 アグネス・チャンのええとこ取りやろ!
当時はまだツッコミに関西弁は使ってませんが(笑)、
ガキのワタクシも呆れるネーミング・センス。
アグネス・チャンはいい。
張(チャン)という苗字が中華系によくある事は誰でもなんとなくわかるし、
外国人タレントとして売っているんだから。
しかし、「くん」という名前の日本人はいないじゃあないか。いたらゴメン(笑)。
あざとさばかり目立ってしまう事になった気がしましたが、
ワタクシはそんな名をつけられた彼がなんだか不憫で、
それからちょっと気にかけるようになりました。
ほとんどの人が覚えていないであろう彼をワタクシがよく覚えているのは、
そのような心理によります。
ほどなく彼はたしか『満員電車』というデビュー曲を引っさげてスタ誕で披露。
ところがこの曲も、そんな名前を与える事務所らしい、
まったく売れそうにない曲でした。
「朝~、起きて~、みると~」とか、物凄くけだるい感じというか、
もっとハッキリ言えばリズムもテンポも無いというか(苦笑)、
絶対に売れないと思いましたし、事実、売れませんでした(苦笑)。
その後、スター誕生ですら、彼を見ることはできなくなってしまいました。
ああ、不憫なすみあきくんは一曲だけで芸能界から消えてしまったのだろうか…

「すみあきくん」という名前を見ただけで、
ある程度アニメに詳しい人はピンと来ていたでしょうが、
一般的な方にはここからようやくダメおやじの話になりますよー(笑)。
それからどのくらいの時が過ぎたものか。
数ヶ月か半年くらいだとは思いますが、少年サンデーで長期連載されていた
ダメおやじが、やっとアニメ化されるという知らせ。
ところがなんと、マイナー極まりない、
地方局の東京12チャンネルという事でしたが、
当時、子供の部 漫画6段だったワタクシは、
そのアニメも第一回からチェックしました。
12チャンネルという事で、内容はかなり落ちちゃうんだろうなー
という不安も抱きつつ。
OPが始まり、「わしはダメダメダメおやじ~」という
大泉滉の歌声が流れます。なかなか合ってる人選じゃんと少し安心。
間奏部のセリフで「ゲバラバヘバラバテレビレビー」
と小気味良いリズムで雷門ケン坊が歌っており、
タコ坊の声は雷門ケン坊か、合ってないけど仕方ないな、と、
やや達観したような見方をしていると、
その画面に「すみあきくん」の文字が!
まさかと思って翌週以降も気にかけて観ましたが、
間違いなく音楽担当で「すみあきくん」の名がクレジットされていました。
ああ、すみあきくん、こんなとこで頑張っていたんだなと嬉しくなったもんです。

ダメおやじの大泉滉と、オニババ役の声は合っていたと思うんですが、
ワタクシは雷門ケン坊のタコ坊は???って感じでした。
でも、当時の子役では一頭抜けた存在でしたから、
仕方ないかと思った次第です。
雷門ケン坊。
どうしても由来が思い出せずにググってみましたが、
どうも今ひとつパッとした情報が無いですね。
ワタクシの記憶ではたしか、笑点に出てた気がすんですけど…。
その名は雷門助六から戴き、落語界入りする前から声優など、
子役として活躍はしていたようです。
まあ、そんな雷門ケン坊は、女の子のキャロライン洋子とともに
70年代前半を代表する子役スターで、当ブログ主要想定閲覧者層の方々なら、
いろんな番組でその名を見聞した記憶があると思います。

大泉滉。
バタくさい顔に素っ頓狂な声と発声で、
画面に出ればたちまち一番目立っちゃう。
でも二枚目というのではないし、いわゆるキワモノ的な声なので、
どうしても一流スターと言われるような位置には行けなかったかと。
赤影でのジュリアン役が今でも忘れられません。

お話自体は、その名の通り、会社でもダメ、だから給料も安くて
家族にも馬鹿にされている、ダメおやじのお話。
家族に馬鹿にされているというか、イビられているんですね。
ほとんどゴーモン(笑)。
基本的にギャグ漫画ですので、描写は非常にキツイです。
頭にモリぶっさされて突き抜けてたりね。死ぬつーの(笑)。
どんな物凄い拷問にあっても、所詮はギャグ漫画ですから、
翌週にはまた何事もなかったように新しい話が始まってるわけです。
だから残酷なんてまったく思わなかったし、
あれを残酷だというのは少し過敏な気がします。
まして当時は、親父の威厳がまだしっかりしていた頃で、
親父を恐い、威厳があるもののように描いている作品は
テレビにも漫画にも溢れていましたから、あれで成立していたのです。

テレビの方は2クール26本、タコ坊の弟になる
イカ太郎が生まれて最終回としてました。
原作の方は延々と続いて、少年サンデー長期連載記録街道を驀進してました。
末期には世情も男が段々と弱くなり、女性の力も上がってきて、
女が男をイビる構図がギャグとしてさほど成立しなくなりだし、
とうとう原作者の古谷三敏は、ダメおやじを大社長にしてしまいました。
家族ももちろん大金持ちになり、以前のテイストとは180度転換した
ほのぼのチックな路線へとなって、そのまま終了します。
どギツイ描写をやり続けるというのは、すぐ飽きられて難しいんですね。

この番組ではデビルマン等と同様、本放送時はEDが有りませんでした。
OPも後に観た地方版よりも速くて短いですし。
短いけど、雷門ケン坊が読む10秒くらいの予告が有ったと思うんですが、
これは現存していないんでしょうか? その後に観た事がないです。
ただ翌週のタイトルを読み上げるだけでしたけどね。
EDは有りませんでしたが、ほとんど毎回の話で、
物語が佳境になると(そんな大袈裟な番組じゃないけど)、
決まって流れる歌が、なんとも哀愁を帯びていて、当時の愛唱歌でした。
地方版では二番がEDに正式に流されるフォーマットでした。
曲名は、BAD FATHER 愛のテーマというんですね。
もちろんゴッドファーザー愛のテーマのパロディになってるわけで、
曲も詞も良くできていましたけど、タイトルも秀逸でした。
こんなあまりにマイナーすぎる番組のED曲には勿体ないです(苦笑)。
すみあきくんが作ったOPの方もノリのいい曲なんでよろしく(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
私はサンデーでも、テレビでも
見ていました。

確かに当時はまだ父親の
威厳があった時代で、
「ダメおやじ」というネーミングは
インパクトありましたね。

♪ダーメ ダメダメ ダメおやじー
 ダーメ ダメダメ
 ダメおーやーじー♪
という歌だったと記憶していますが、この「ダメ」の連呼は、
印象深かったですね。
(記憶違いだったら
 お許しください)

話は変わりますが、
ベッツィー&クリスは1曲だけでは
ありません。
訂正させていただきますと、
2曲です。
彼女達の名誉をここに回復
いたします。

それから外タレにアグネスを入れるのであれば、フィーフィーも
入れてあげてください。
日本デビューは
アグネスよりも少し先輩です。

フジの番組で、「アジアのアイドルNO.1今夜決定!」(正確な番組名は失念しました)というのがあって、
アグネスとフィーフィーのどちらが、アジアンアイドルNO.1かを
いろいろな角度で探っていくのでしたが、わたくしは、子供心に、
「フィーフィーってアイドルだったの?」とツッコミを入れておりました。
ダメおやじと違う話題が
長くなりましたことを
お許しください。
2006/07/22(土) 00:27:27 | URL | 藤四郎
挿入歌
♪夢に見ます親子4人が仲良く暮らす家庭をたとえ貧しくても~と続くこの歌はよく聴くと哀歌の元祖のドナドナにメロディーが似ており和製のドナドナとして評してもよろしいのかも

でもまぁその当時から旧東京12ch今のテレ東制作という面に関して懸念があったとは知らなんだ

俺っちなんか当時はその存在さえ知らず知った後も大江戸捜査網とか楽しく見ていた記憶もあるし

俺っちとしては大泉氏は赤影の外人役も記憶にあるけどその他にもブラック魔王のビックリー役とかも印象的だったかな
2006/07/22(土) 15:26:08 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ダメオヤジをもって、サンデーと決別
オイラも、サンデー連載当初から見ていましたぞ。
画風が赤塚不二男で、涙目の描写も似ているのに、やっぱり別物(当たり前か)。
とにかく、子供に罠を仕掛けられるとか、ダメオヤジが何かやらかすとか、定番のストーリー展開は、ドリフトか、水戸黄門を彷彿したもんです。
コミックの後半のウンチク、ホノボノ漫画も捨て難く、ついに最終回まで見ました。
それをもって、サンデーとは決別。
印象に残る逸品ですね。

※当時、おはよう子供ショーに古谷(原作者)がコーナーを持って、出演していたのをフッと思い出しましたよ。
2006/07/22(土) 19:34:53 | URL | ハナユビ
まさかの反響(笑)
こんなマイナー番組に、すぐにこんなにレスがつくとは思いもよりませんでした。
さすがはこんなマニアックなブログを読んで下さるお歴々(笑)。

● 藤四郎さん
そうそう。このタイトルからして一種のタブー破りだったんですよね。
ベッツィー&クリスが一曲だけというのはあくまで印象的な話です。
尾崎紀世彦もヒット曲と言えるのは数曲ありますけど、
人々の記憶には『また逢う日まで』だけだと思いますよね。
そんな感じです。

おお、そうだ。欧陽菲菲がいましたね! 彼女は台湾か。
しかし、アグネスと菲菲が対決した番組なんてあったんですか。
観たかったなあ。
どちらも何十年も日本にいるのに、来た当初とあまり日本語のレベルが変わらないというのも共通してるかと(笑)。

>ダメおやじと違う話題が長くなりましたことをお許しください。
何度もあちこちで言っているんですけど、昭和時代の話ならさほど違和感ないブログと思いますし、
そのつもりで色々な話題でツッコんでいただける書き方をしておりますので、むしろ有り難いです。

● ガッツさん
ああそうか。言われればドナドナからパクッたのかもしれないですね。
ちなみにその歌詞は地方版EDで流れていた2番と思われるやつで、
劇中で流れていた私が好きだった歌詞はまた違います。

懸念というのは要するに予算も取れないだろうなーとかね。
その当時からというか、当時だからこそ尚更でした(笑)。
案の定、ほとんで絵は動いておらず、紙芝居に近かったですね(苦笑)。

ビックリも忘れじのキャラクターです、たしかに。

● ハナユビさん
ああ、ワタクシもダメおやじが最終回になって、
心置きなくサンデーと訣別できた気がします。
その後も高橋留美子ものは観ましたが単行本だけで、
本誌の方はそれが契機で観なくなりました。同じです。
一時代が終わった感じでしたね。

こどもショーに古谷三敏が出ていたというのは驚きです!
まったく覚えてないですねー。
どんなコーナーだったんでしょうか。
気が向いた時にこどもショーのページで教えて戴けると有り難いですけど…。
赤塚不二夫がニャンダのデザインしたり繋がりがありましたから、
そのコネだと思いますけどね。
映像は残ってないのかなあ?
2006/07/22(土) 22:24:17 | URL | ごいんきょ
道民が選ぶワースト番組NO1
北海道でも放送されていましたが、
スポンサーが付かなかったのかCMは無かったです。代わりに子供にお手伝いを勧める道徳CMみたいなものが流れていました。

北海道ではワースト番組の筆頭に挙げられ、道新で叩かれまくっていました。視聴率も振るわず。1クールぐらいで打ち切られたと思います。
2007/05/13(日) 09:26:17 | URL | 北海道人
それって同時期って事ですかね。
北海道でもこんなどマイナーアニメやってたんだ(笑)。
叩かれたのは全国的にそうなんでしょうが、
アニメに関しては、関東ではまったく無視されている状態でした(笑)。
よく言われるけど、悪い反響でも無いよりはましかもしれないです。
打ち切りにしちゃったのは叩かれた事だけでなく、
視聴率も振るわなかったからでしょうね。
そもそも原作だってなんであんなに続いたのか謎ですけど。
2007/05/14(月) 01:59:31 | URL | ごいんきょ
ダメおやじの人間ドック
「ダメおやじ」と聞いて連想するのが「人間ドック」。
逆に「人間ドック」と聞いてもやっぱり「ダメおやじ」を連想してしまいます。
なぜなら、おもちゃ売り場で見た「ダメおやじの人間ドック」というおもちゃのせいなのです。
おやじの内臓がパズルになっている「パズルパーフェクション」みたいなものでした。
「人間ドック」という言葉をこの時初めて知ったため、
「内臓を出して検査するのが人間ドック」
という誤った知識を長い間持ち続ける羽目になりました(笑)

子供だった当時は「ダメおやじ」なんて言葉自体、口に出しただけで怒られそうな気がしていましたっけ…
2008/02/15(金) 01:49:52 | URL | みゅう
うーん。
人間ドックという言葉が流行り始めた当時で、これまた当時ウケてたパーフェクション。
バラバラになって映えるキャラをダメおやじに見立てましたか(笑)。

ダメおやじという言葉自体に嫌悪感を持つ人もたしかにいて、
だから見せてもらえない家は有りました。
2008/02/15(金) 06:11:45 | URL | ごいんきょ
この記事、面白い
数あるごいんきょさんの記事の中でも、今回の記事が一番面白いです(まだ読んでない記事を除く)。
スレタイと関係ない前置きの長さ、素晴らしいw。しかも「すみあきくん」から「ダメおやじ」につながるとは。
本題に入った後の考証もいいですね。懐かしさいっぱいです。
一つ前の記事が「凸凹大学校」でしたが、松竹映画「ダメおやじ」の主演は三波伸介氏でしたね。意図的に並べたのでしょうか。
2009/11/01(日) 11:54:36 | URL | 石毛零号
すみあきくん事岩田純明です
「ダメおやじの唄」に纏わる記事懐かしく拝見しました。

このテーマ曲は何件かのプロの方に依頼があり私の所にも事務所を通じてお声がかかりました。
いわゆるコンペでした。
私の「ダメおやじ」が漫画のイメージに近かったのでしょうね。
最近まで中国の方で放送していると聞きました。
レコーディングでは事前に大泉滉さんに私のデモテープを聞いて頂いていて本番では非常にお上手にお歌いになられてました。     さすがに役者さんだと感心致しました。
レコーディングではギターを弾いて参加しテいます。


2010/12/24(金) 11:54:28 | URL | 岩田純明
オニババの声は西岡慶子さんです。
岩田純明さん御本人のコメントにビックリ致しました。
お元気そうで何よりでございます。

なお、オニババの声は西岡慶子さんでした。西岡さんが曾我廼家五郎八さんの娘さんである事は、皆様ご存知かと存じます。
数年前、NHKの朝の連ドラで、藤山直美さんと西岡さんのやり取りを見て、
「おお、寛美の娘と五郎八の娘が掛け合いをやっとるわ!」と、感激したものでした…。

おじゃましました。
2010/12/24(金) 21:44:20 | URL | 甚六
この記事を書いた当時、「すみあきくん」で検索してもほとんどヒットせず、
かろうじてヒットしても「知らない人」「聞いた事ない」とかそんな記事ばかりでしたが、
今では当記事の他に、更に上位にも幾つか有益情報が有って、
またしても水戸黄門のテーマ曲を歌いたくなりましたが(笑)。

先日、「さかなくんがクニマス発見」というNHKニュースになった時、
ツイッターで「呼び捨てするな!」とかのノリの冗談コメントが殺到し、
NHK側の対応者が生真面目に「さかなくんさん」と謝罪・訂正した事が、
ネット上や一部マスコミで少し笑えるニュースとなりました。
その際、関連して「アグネス・チャンちゃん」を思い出していた人も多く、
話題は広がり、いろんな敬称込みネームが展開されていきましたが、
ワタクシは当記事を読んだ人などが「すみあきくん」出してくれるかなー
と少し期待したんですがね。
まあ当記事をご覧の方は、思い出して戴けたと思うんですけど。


● 石毛さん
あー、そうですね。
ワタクシも割と面白く読み返す方の記事です。
中には、こりゃ酷いなと思う記事も幾つか有りますけど、
大抵は書いている本人は何度も何度も面白く読み返していて、
ゲラゲラ笑っちゃう事も度々ですねー。
こんな返しでいいですか?(笑)

この記事に関しては、正味で当時に感じていたままを書いてますし。
アグネス・チャンちゃんとすみあきくんくんの対比も、
当時から書いたままを感じていたんです。
石毛さんのコメントからすらももう一年以上前の事なので(苦笑)、
どういう流れでその記事順番になったかは忘れてしまいましたが、
ただの偶然で、映画版の事はまったく思い出してませんでした。


● すみあきくんさん
そうでした。岩田すみあきさんでしたね。
「岩田すみあきくんの芸名は『すみあきくん』に決まりました」という、
スタ誕アシスタントの言葉を思い出した気がします。

前述の流れでネット検索されてみたんでしょうか。
上位ブログの方にもコメントされてますね。
当ブログもお陰様でこれまで何度かご本人様登場の過去がございますが、
こんなに番組に関連したコメントを戴けたのは初めてで(笑)、
なんだか凄く得した気分です。ありがとうございました。
いつもながら記事中で好き勝手な事を書いていて冷や汗ものですが(苦笑)、
子供時分の記憶を書き残しているだけですのでご理解戴ければと思います。

なるほど。どういう流れでアニメソングを担当されたのか、
当時からけっこう不思議だったのですが、そういう事情だったのですか。
これだけ良いテーマ曲を作っていたのに、その後にまったく展開が無かったのも、
マイナー局のマイナー番組故でしょうし、ちょっと悔しい感じです。
ゲバラバヘバラバテレビレビは強烈なインパクトでしたねー。
どのような発想だったのでしょう(笑)。
すみあきくんのギターが聴けていたなんて、これから聴き返す時の楽しみが増えました。


● 甚六さん
アニメ版の本編を見て一番最初に一番強く感じたのは、
随分とオニババに合った声だなーという事でした。
全体の出来はいかにも12チャンネルのチープさバリバリで、
中でオニババの声のハマリ度と楽曲の良さが際立って光っていて、
なんだか勿体ない感じすらしたものです(笑)。
しかし、そんなキャリアある人だったとはいま改めて知りました。
2010/12/25(土) 06:58:40 | URL | ごいんきょ
テレビドラマ
すみあきくんと言えばダメおやじ以外に日本テレビの石坂浩二主演のドラマ(タイトル忘れました)の挿入歌で確か葵テルヨシが歌っていた「ぜいたくな青春」というのも作詞・作曲してましたよ。
なかなかいい歌で好きでした。
でもヒットしてませんね。
2010/12/25(土) 13:41:08 | URL | 長次郎
主題歌の続き

♪ワシはダメダメダメおやじ
今日も家ではオニババが
早く帰れとツメを研ぎ
ワシの帰りを待っている

ワシが何をしたのでしょう
このまま居たんじゃ殺される
助けてお願い ユキコ タコ坊
お願いだ~
2011/01/04(火) 05:14:57 | URL | (ハンドル未記入)
● 長次郎さん
やはり番組がヒットしないとねー、苦しいですよね。
ドラマタイトルは『男なら』のようですが、
ワタクシもまったく記憶に有りませんもの。


● 未記入さん
本放送当時、この番組のOP曲と挿入歌(関東ではED無し)は、どれほど歌った事か。
と言うか、この年になるまで度々口ずさんでいるわけですが(笑)。
あの後、すみあきくん作曲のアニソンがまったく出なかったのが、本当に悔しい感じでした。
今ならわかるのですが、アニソン界というのは非常に人的繋がりが強固で、
新規参入が甚だ難しい業界だったんですよね。
2011/02/11(金) 05:20:37 | URL | ごいんきょ
サンデーの連載を読んでました
途中まではドタバタの親父虐待漫画でしたが、ドカベン読みたさにチャンピオンに浮気して、サンデーに戻ったら社長編、ホンワカ漫画になってました。何があったんでしょうか?お金が出来て大事にされるようになったのかな?
2014/06/17(火) 20:19:11 | URL | とらお
ヒミコという若い女社長と公園で偶然話をしているうちに、見出されて抜擢されて、
なんだかあれよあれよと成功してしまったのです。
ヒミコ社長はけっこう好きでした(笑)。
2014/06/20(金) 23:02:13 | URL | ごいんきょ
物心ついて初めて見たACが確かこれ
オニババで思い出したのが70年代末頃にやってた公共広告機構(現ACジャパン)のCM オニババが息子を叱りまくった末に口からマシンガンが出てきて息子を蜂の巣にしてしまう…という凄い内容でした 当時子供心にダメおやじやぐうたらママと同じ作者の絵とは思えませんでした
2014/07/11(金) 18:57:09 | URL | 鉄ドン
あれー、そんな内容でしたっけ。
新聞広告では白いオニババだったような(笑)。
2014/07/25(金) 06:56:20 | URL | ごいんきょ
あれから40年近く・・なんとCD発売されています!!
あの衝撃の漫画と印象に残るあのメロディーと歌詞♪ 子供の頃、バカボンかダメおやじかというくらい人気があった事を思い出しました。
今でも、ダメおやじのBGMはテレ東の「モヤモヤさまぁ〜ず」でも使われていました♪ なつかしww

さて、タイトルの件ですが。なんと「再デビュー」を果たされています★『近江の国の子守唄/夏の風』というCDでタワレコ大津店で平積みでコーナー化されていたので、思わず買ってしまいました♪♫ い〜〜〜〜歌でしたよ♪ 今もいい声されてます♪ (購入したCDの帯みてると滋賀で起業されて成功されているらしいです)

下記、資料です♪
http://www.amazon.co.jp/近江国の子守唄-夏の風-岩田純明/dp/B019TWOPC8
2016/04/19(火) 10:30:58 | URL | (ハンドル未記入)
へー。
ダメおやじが話題になっていた学校なんて、結構珍しかったかと(笑)。

成功されているのですか。それは何よりです。
きちんと本名での発売で良かったですね(笑)。
でも、すみあきくんという名前にもワタクシは愛着が有ります。
2016/04/29(金) 12:20:41 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ