私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



美の美 (1974)

おそらくタイトルを見てぴんと来る人は100人に一人といないでしょう。
でもいいや。ダテに「大全集」と銘打ってるわけではないので、
人気と無縁だった番組だって、等しく扱っちゃうのです。
と言うか、完全にワタクシの気分でやりたい放題なだけなんですが。

1986年頃だったかと思うのですが、NHKでルーブル美術館やりました。
有名なルーブル所蔵の美術品を、映像で保存し我々に見せてくれたもので、
当時出始めたハイバンド・ベータという高解像度ビデオを入手した
ワタクシは、その高解像度の恩恵を確認する意味で、それを録画しました。
しかし解説等があまり面白く感じられず、すぐ消しましたけど。
と言って、ワタクシはゲスな野郎でゲスから、
美術館なんか興味は無いし、知識もほとんど有りません。
年代相応にワタクシよりも学が無かった我が父など論外!
ところがこやつが、ある時にトチ狂うのです。

東京12チャンネルの、おそらく人に歴史ありでも観ていたんだと思いますが、
その時に流れた『美の美』の番宣スポット。
たしかミロのビーナスが映ってただけと思いますけど、
『美の美』というネーミングにちょっと惹かれるものがありました。
いいネーミング・センスだと思います。
そのスポットを観ているだけで、なんか自分が高尚になった気がする。
「気がする」ですよ。勿論、気の迷いなんです。ココ重要(笑)。
当方に輪を掛けておばかな我が父も、まんま感化されたんでしょう(苦笑)。
次の瞬間、驚くべき一言を発します。
「ウチも美の美を観てみるか?」
うーーーん…それはどうだろう、絶対に我々が観て面白い番組とは思えない。
ところがワタクシもおばかでは人後に落ちませんので、
この時かなり感化されており、なしくずし的に同意してしまうのです。
母親もおばかでしたから、なしくずし的に同意。
こうして次の放送日、本当に彼は忘れずに、
美の美にチャンネルを合わせました。

そこに映し出されたのは厳粛な美の世界。
エンターテイメント性のかけらも無く、淡々と美術が映され、語られます。
(面白くねー)
そう思ったのは放送開始から5分と経っていませんでした。
ああ、なんでこんな馬鹿な事をしているんだろう、この家。
この番組はウチが観るような番組じゃねぇよ。
何が美の美だ。山本山を連想して気に入っただけなんだよ、本当はきっと。
オマイラ面白いか、これ?
ああ、今すぐにでもチャンネル替えてしまいたい。
しかし、それは我がおばかさを認める事になりはすまいか。
そんな葛藤は我が父にもありありで、彼の表情にはみるみる死相が。
替えろ。 意地張らずに替えろ。
すぐに彼も己のアホウさに気がついたと見え、
「替えようか」と素直に一言。 もとよりこちらには異存は無い。
開始から5分そこいらが、我が家の高尚さへの耐性限界でした。
嗚呼たれぞ知るおばか一家(苦笑)。おばけ一家なら番組にもなるのに。

今回この記事を書く為の下調べの意味で少し検索したらば、
驚く事にこの番組が今、上映中なんですね。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20060309et0b.htm
なんと、制作数のほとんどを、映画監督・吉田喜重が撮っていたのでした。
次は8月13日にゴッホを扱った回をいくつか流すようですね。
ワタクシも当時よりは多少経験値は上がっていると思うので(笑)、
都合がつけばぜひ観たいんですけどねえ、当時を思い出す意味でも。
と言うか、こんだけの映像資産を眠らせておくのは惜しいでしょう。
スカパーなりでそのうち、どっかが放送してくれるのは間違いないでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
こんばんわ!
ふと思い出して「美の美」とぐぐったらヒットしたので驚きました!あまりに古いのでヒットしないと思っていたので・・・確か、毎週土曜日の午後一時半に放送されていたような気がします。当時中学生だった私は帰宅部で授業が終わるとまっすぐ帰り、母親が働いていたのでカップ麺を一人で食べながら、現実離れした映像に見入ってました。何故か、今日ふっと思い出してしまったのですよ・・・
2006/08/24(木) 21:31:50 | URL | おんぶおばけ
おんぶおばけもありますよ(笑)
なぜかおんぶおばけには目もくれず、
美の美に書いて下さったおんぶおばけさん。
おんぶおばけの記事もありますので、宜しかったらどうぞ。

美の美は、月曜の夜10時から放送されていました。
当時12チャンネルの土曜午後はザ・ロンゲスト・ショーというのをやっていましたので、
その時間帯に放送されていたというのはありえません。
おそらく、後年に再放送していたんじゃないでしょうか。

ちなみにワタクシが土曜に帰宅してすぐチャンネル入れたのは、笑って笑って60分でした。
同じカップ麺すすりながらでも、観てきた番組は雲泥の差ですね(苦笑)。
2006/08/25(金) 00:45:48 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ