私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



理科教室 小学校2年生

昨日、一回書き上げたんですけど、その後に資料が見つかって、
いや、そら先に探せばいいんですけど、そういういい加減さはしょっちゅうの人なんで
そこは取り敢えずおいておきまして(苦笑)、
で、かなりテキトーすぎる記事だったんで結構書き直しました。
それでも及ばない所が多いので、あとは皆さん任せです(笑)。
はーてな はーてな
どこかで見たぞ どこかで聞いた
みんなで遊ぼう はてなで遊ぼう


ついでに2年生の理科もやっちゃおう(笑)。
先にエントリーした1年生の理科は、検索すると多少は引っかかります。
が、この2年生の理科は、少なくともワタクシの検索では見つかりませんでした。
うーん、この主題歌も忘れがたい素朴さがあるんですけどねえ。
てな事で、思い出した方は是非コメントを下さいませ。

OP主題歌の一行目は、「なーんだろうなーんだろう」だったような気もします。
でも番組のタイトルが『はてなはてな』だった時期もあるようなので、そうしておきました。
理科教室なのに、「遊ぼう」と歌っているのが非常に違和感あったというか、
当時は遊びと勉強をごっちゃにするなんて発想がタブーの時代でしたから、
いいのかなこんな歌詞?って感じで子供心にも聞いてました。
OP構成自体は1年生理科と同じですね。
最初にタイトルが出て、それをサッちゃんがめくるとその日のサブタイトルが出るパターン。

OPの感じも、番組進行の感じも1年理科とほとんど同じだったとは思います。
そして進行役の人形は、男の子のカンちゃんと女の子のサッちゃん。
2人合わせて「かんさつ」でーす(笑)。
1年生理科の先生は男だったと思いますが、
この2年生理科の先生は女だったかもしれません。
進行自体は、1年生理科とそれほど変わらなかったと思います。
カンちゃんとサッちゃんが町や山を歩いていると、ふと植物の芽や、影の形に気づく。
素晴らしい注意力です。さすがは2人合わせてかんさつちゃん(笑)。
その素朴な疑問を「どうしてかなあ?」とか呟くと、
スタジオの先生が解説してくれるというパターン。
或いは先生も直接解説はしないで、いきなり記録フィルムで実際に様子を見たり。
そのフィルムを観ながら人形達が、「うわあ、すごいやー」とか言うのも同じです(笑)。

子供番組の中で、NHK教育テレビの番組というのは、
我ら世代にとっては最大の共通言語とも言える存在で、
学校で否応もなく全員揃って見ておりましたので、
その世代別視聴率はおそらく100%近いものがあるはずなのです。
或る意味、少年ドラマシリーズだの、人形劇などよりも実はメジャーで、
情報提供の潜在需要があるはずなのですが、現在までそういう動きは有りません。
ぜひ、どこかで教育テレビ番組研究本を出してください。

いつもいつも他人任せで申し訳ないんですけど(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
教育テレビって、
お笑いの穴場ですよね。

昨年、高校講座・地学を観ていて
あまりに面白かったので、
わたくしの方でも記事にした
ことがあります。

概ね、以下の通りです。

伊藤孝先生:わかりましたか?
生徒役:全然、わかりません!!!
先生:では、もう少しわかりやすく
   説明しますね。

と言って先生は「わかりやすい」
説明を始めるのですが、
わたくしから見ても、
先ほどの説明よりも難しい。
そこで生徒役の方が視聴者の声を
代弁。
「せんせーい。ますます、
 わからなくなりました!!!」

そこで先生、
「そうですか。。。それでは、
 もっとわかりやすい説明を
 しますね。」
と言って説明をするのですが、
混迷が混迷を呼び、
番組が成立しない危機に。。。

しかし、そこは教育テレビ。
実に難解な説明を聞いても、
終了間際には生徒役の方が、
「なるほどー。
 せんせーい。
 やっとわかりましたー。」
と予定調和にて番組終了。

なんだか取り残されたような、
気分になりましたが、
そこは大人のわたくし、
「お笑い番組」だったのだと
軽く受け流したのでありました。

教育テレビ、侮りがたし、です。
2006/08/06(日) 03:43:44 | URL | 藤四郎
高校向けも(笑)
もうテレビをほとんど観なくなったワタクシですので、
いわんや教育テレビなど絶対に観ません(笑)。
そんなお笑い教室みたいな高校授業があるのですかー。

そう言えば数年前に、やっぱりさんま大先生に出ていた子が出演してたので、
道徳番組を観た事がありますが、ちょっとぶったまげました。
それは、本当に意図して破壊的な番組にしてるんですよね。
お笑いというかなんと言うか、少し呆れた記憶があります。
いくらなんでも道徳番組で笑い取る事を計算する必要はねーだろと。
教育テレビは、意図せず笑いの対象になればいいんです(笑)。
そういう番組を制作したい人は民放に行きましょうね。
2006/08/06(日) 18:45:56 | URL | ごいんきょ
記憶が薄れて‥‥
 私の不確かな記憶でも、歌の出だしは「♪は~てな は~てな」です。歌詞はごいんきょさんの書かれている通りに私も記憶しています。

 こちらに登場するのはカンちゃんとサッちゃんでしたか。どの理科教室にもミルちゃんとキクちゃんが登場していたような錯覚をしていました(^^ゞ

 最近、「懐かしのこども番組グラフィティー 教室のヒーローたち」というDVDがリリースされました。(もちろん私はゲットしましたヨ)その中に「理科教室」が収録されていますが、歌は入っていません(T_T)

 思えば「理科教室 小学校1年生」「同 小学校2年生」というタイトルは、現在ではあり得ません。なぜかって? 小学校の1年生と2年生は、今は理科は習わずに「生活科」なのです!
2006/08/06(日) 23:16:07 | URL | 自由人大佐
あ、肝心なことを書くのを忘れた(^^ゞ
 上のコメントのリンク先は、その「懐かしのこども番組グラフィティー 教室のヒーローたち」のDVDに関するamazonのページです。

 で、ついでなので、今度のリンク先はNHKエンタープライズの同DVDのページへのリンクを貼っておきました。
2006/08/06(日) 23:22:13 | URL | 自由人大佐
理科が無い?
ああ、やはりはーてなでしたか。
検索しても見つからないわけだ(苦笑)。

アレ? そのDVDにカンちゃんとサッちゃん出てますよ。
主題歌が無いのは本当に噴飯モノですね。
泉朝人さん監修と言いますが、彼は甘いなと(苦笑)。
しかし、ほとんどのDVD持ってるんですね。
羨ましいなあ(苦笑)。
ちなみに今回のは当方も持ってますけど。

しかし小さいうちから理科を習わせないというのは非常に怪しい感じがします。
生活科って? 実験とかはしないという事なんでしょうか?
日本は理科系が弱くなっていると言われますが、
弱くさせられてるんじゃないでしょうねぇ?
2006/08/06(日) 23:32:00 | URL | ごいんきょ
生活科
 「生活科」というのは、社会と理科の合科授業です。児童の身の周りを観察させ、考察させるという教科ですネ。「町の様子」や「アサガオの成長」などを観察・調査しているようなので、やっていることは昔と変わりありませんが、週あたりの時間数が減らされています。そして、浮いた時間が「ゆとり」となる‥‥、そんな夢を文科省が抱いたのでしょう。

>アレ? そのDVDにカンちゃんとサッちゃん出てますよ。

 はい。「懐かしのこども番組~」のDVDを見るまでは錯覚しておりました。ちょっと書き表し方がマズかったですネ。ごめ‥‥、おっと、謝るのは禁止でした(^^ゞ

>しかし、ほとんどのDVD持ってるんですね。

 たまたま私がDVDを持っているものにコメントしているだけですヨ。
 『ピュンピュン丸』、『謎の円盤UFO』、『アイアンキング』、『人造人間キカイダー』などのBOXセットを買った時は勇気がいりました。アニメ・特撮が好きなので、そちらを優先して買いました。
 『俺たちの旅』や『河童の三平』、『金八先生 第1シリーズ』とか、欲しいソフトは山ほどあります。バラ売りになったらゆっくり買おうと思っていましたが、なかなか買えませんネ。(BOXを買ってしまうからお金が無い‥‥^^;)
2006/08/10(木) 00:52:52 | URL | 自由人大佐
ハテナ
歌ばっかりなんですが、

♪ハーテナ、ハーテナ
どこかで見たよ、どこかで聞いた
みーんなでア・ソ・ボ、
ハーテナでア・ソ・ボ

何ていう番組のテーマだったんでしょうね?

あと、よく視てたのに、『笛は歌う』がありました。

♪ピッピロ 誰かがー
ピッピロ 何処かでー
ピッピロ 素敵なー
笛を吹いているー

大和田りつ子お姉さん、はせさんじ、先生は、うえだこうどうさんでしたかねぇ。
マニアックすぎました?
2006/08/10(木) 21:49:40 | URL | W.B.
? ?
● 大佐殿
ああ、あの悪名高い「ゆとり教育」ね(苦笑)。
べつに自分は締め付けられてたとは全然思いませんし、
あの年代は水を吸うように知識を吸収するので、とても大切な時期なんですけどね。
自ら国力を落とす政策を採っているのか、どっかの圧力があるのか???
ゆとりの問題は塾の方にこそあるわけで、
学校教育を減らしたら教育格差は増すばかりですね。
日本のアメリカ化(=貧困層創出&多民族化)が非常に気になります。

DVDはそうでしたか。
てっきり、全部コレクションしておられる富豪なのかと(笑)。

● W.B.さん
>何ていう番組のテーマだったんでしょうね?
志村~、上、上(笑)。
どこかで見た「よ」でしたか。

笛はうたうはマニアックでもありません。ここではね(笑)。
ピンポンパンの項とそのコメント欄で少し既出です。
石下恭子さんの後は大和田りつ子さんだったんですか。
2006/08/10(木) 22:46:19 | URL | ごいんきょ
カン坊の元の名は次郎
ちなみに女子の方のパペットの名は思い出せないもののその事は教材にやじろべえが出てきた時♪やじろべえやじろべえやじろべえ次郎べえ次郎べえ次郎べえ~と揶揄気味におもしろがっていたとの確かな記憶があるので

にしてもハイテク時代なのでもう嘗て二年生必修とされた豆電球なんて完全に時代遅れのお蔵入りかも
2006/08/19(土) 13:27:40 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
やじろべえ!
たのしきょうしつに続いて、なんと懐かしい事を教えてくれるんだろう、ゲロゲーロ(笑)。
あったなあ!やじろべえの話。
いやあ、ワタクシもそれ観たと思いますよ。
次郎くん当時は毎年やっていたネタなのかなあ(笑)。
女の子はおそらく、花子ちゃんとか、そういう無難な名前でしょうね。
この辺はきちんと調べないとわからないなあ。
誰か教育テレビ本つくってください(笑)。
2006/08/20(日) 00:15:06 | URL | ごいんきょ
かんちゃんでしたか・・・
3年生の男の子を、今まで「さんちゃん」とおもっていました。だからOPも
さんちゃん 見てるよ きのうもきょうも すいすいうごくよ おおきなめだま さんちゃん1,2の3ねんせい。ぼくらも1,2の3ねんせい。みんな まけずにさんちゃんと、かんさつノートをつづけよう。

と、思っていました。3年生だから「3ちゃん」とじぶんで思い込んでいたんですね~。
2007/01/24(水) 00:24:21 | URL | gonbe
いや
2年生理科の話ですからね。
3年生は、その歌詞だとさんちゃんでいいんじゃないですか?
2007/01/24(水) 02:03:45 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ