私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



いちにのさんすう (1975)

いちにのさんすうタイトル


ルールルール ルルルルー ルールルール ルルルルー 
ラーンララーンラ ラララララーンラ
ルーンルルーンル ランラリラーン (Hoo)
ラーンラランラン ランララン
ラーンラランラン ラララララン
ルールルール ランラララルール
ラーンラルール ララリラーン

タップラトーン!
僕、お化けのタップ。僕、凄い力を持ってるんだ。
タップラト~ン。と言うと、なんでもできるんだぞ。
でも、一日に何度も使うと、お腹が痛くなるんだ。

てな具合で、非常に軽快なOPテーマに惹かれて
いい年こいてつい観ていたこの小学一年算数の、いちにのさんすう。
タップ君はNHKキャラクターの中でもおそらく上位の人気を誇り、
その形態や挙動も含め、NHKキャラ者の代表選手みたいな存在です。
ご本人が言っているように、タップ君は不思議な能力を持つお化け。
お兄さんがけしかけてくる難問を魔法で解決しちゃう。
例えば、かたづける時に同じ用途のオモチャ同士で分けるとか、
或いは、何か物を人数で等分する時など、不思議な力を使うと、
その物が擬人化されて自分で動き出したり。

大好きだったOPは、冒頭で可能な限り歌詞をきちんと再現しました。
ラでもルでもいいじゃないかと言うなかれ(笑)。
歌手はクレジットされないんですけど、この張りのある歌声は、
これまた大好きな大杉久美子で間違いないでしょう。
放送開始が1975年という事で、正に彼女の黄金時代ですし。
タップの声をやっていたのは、きたみちえとクレジットされてますねえ。
他のアニメもやってたかなあ? あんま聞かないような気が。
でも、甲高くてとても可愛い声をしておりました。
大杉&きたのボイスパワーも、この番組の好印象に大きく寄与しております。

最初の頃はお兄さんもいたんですけど、後期になると人形だけで劇が進みました。
問題を出してくるのも人形たち。
お兄さんは、よしさんとか言ったと思いますが、他にもいたのかな?
まあこういう番組のキャラクターはわりと替わらないので、
同じ人がずっと10年くらいやっていたんだろうとは思います。
番組中では人形アニメも含むアニメーションなども駆使され、
可愛い人形のタップともども、子供達の興味を惹く工夫がされていました。
んま、いい年していたお兄さんも夏休みなんかは興味を惹かれてたんですが(苦笑)。

いちにのさんすうED
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この番組の以前に
中学生の為の数学の番組が存在しそこには当時としても珍しい八木光夫氏声ののパペットが疑問提起役として勿論小1的な観点ではなく活躍していた事は御存知かな

この番組が自然にお蔵入りしたか中学生相手にパペットは必要ないとかのクレームで無くなったかは定かではないのだがこれが無くなってからこの番組がスタートしたというのは確かであり八木氏声のゲストキャラもさりげなく出ていてこの数学へのオマージュというのも出していた

ちなみにそのパペットの正式名は忘れたものの姿は探偵風のバーバリーコート風の姿であったと記憶しており前に書いたやじろべえと同じ程の鮮明な記憶である
2006/08/27(日) 15:59:03 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
数学のパペット?
いやあ、それはまったく知らないですね。
中学生以上用の教育番組はほとんど観た事ないです。
覚えてるのはみどりの地球とか、あと科学のやつとか、
レッツ・エンジョイ・イングリッシュとかくらいで。
数学はそれほど好きではなかったのでおそらく観てないと思います。

うーん、正体が気になるなあ。
誰か教育テレビ本、本当に作って下さいよ。
いいネタころがってまっせ。
2006/08/27(日) 21:05:39 | URL | ごいんきょ
きたみちえさん
喜多道枝さんといって、フランダースの犬のネロの声をやってた人じゃないでしょうか?

数年前、喜多さんがテレビに出ていて、声優さんがどれくらい年齢層のレパートリーができるか、というのをやってました。
そして、フランダースの犬の登場人物をひとりでみごとに演じ分けてました。ネロ、アロア、おじいさん、
となりのおばさん、ジョルジュポール、ナレーターなどなど。すごかったっす。

悲しいかな・・・せっかくのごいんきょさんのルールルールが思い出せません・・・。もうちょっとで出てきそうです。こどもの声数名で『いちにのさんすう!』って叫ぶ(?)のってなかったでしょうか。なんかそれだけ覚えてるんですけど。

1975年ってかなり新しいですね。もっと前からやってるものかと思ってました。ちょうどフランダースの犬もはじまった年なので、喜多さんもお忙しかったのでは??
2007/05/13(日) 00:43:06 | URL | くりお
ああ、ネロの声そうかもしれない。
きた・みちえさんなのか、きたみ・ちえさんなのか迷ってましたが(笑)、
喜多さんだったのですね。

テーマソングの最後で、「いちにのさんすう」とタップがコールします。
それを子供の声と誤認されてるんでしょうね。
2007/05/13(日) 08:15:20 | URL | ごいんきょ
わたくしこそ・・・

多分ごいんきょさんに言われなければタップの声は喜多さんとは思いつかなかったでしょうが、そういえばネロの声だったし、当時はそんなことは思いもつかなかったんでしょうね。タップはタップだと。

↑この画像懐かしすぎますネ。



2007/05/13(日) 23:09:49 | URL | くりお
すいません。また適当こきました(苦笑)。
テーマの最後ではその回のサブタイトルをタップが読み上げるんです。
それを何か誤認されているんでしょう。
いちにのさんすうとは読み上げてないと思います。

画像は、録画してあったやつです。
これを残す気になった当時の自分に昭和テレビ大全集栄誉賞をあげたいですね(笑)。
もっといろんな番組を残しておけば良かった…
2007/05/14(月) 02:15:14 | URL | ごいんきょ
よしさんととしさん
よしさんは声優の吉村ようさんで、アニメ「ついでにとんちんかん」の抜作先生の声も演じておられましたが、若くして鬼籍に入られたそうです。
後を継いだとしさんは声優の関俊彦さんで、アニメ「F」の赤木軍馬役などでもおなじみです。現在もご活躍されております。

私の記憶は上記のご両人ですね。
2017/03/09(木) 18:25:05 | URL | TSUSHIMA
あらら。37歳没ですか。これからという時でしたねえ。
2017/03/12(日) 17:58:50 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ