【個人誌】 稀覯盤目白押しのライト版巻之弐(特集:昭和30年代) 販売中  
私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



ふるさと紀行 (1963)

夏休みという事で、紀行番組をやってみたいと思います。
もちろん冬休みでも春休みでも正月でもGWでもいいわけですが、
たまたま資料を持っていて、それを忘れないうちに記事にしておこうと、
そんな楽屋オチはどうでもいいですね(苦笑)。
長寿紀行番組と言えば、日テレの『遠くへ行きたい』が、
わりと目立つのではないかと思います。
しかし上には上があるもので、昭和38年から続いている番組があるのです。
名鉄グループ提供、ふるさと紀行。
ふるさと紀行と言っても、提供が名鉄なのでその範囲はかなり限られ、
中部東海地方から、いわゆる上信越まであたりしか扱わないようです。
シリーズの都合から関東や関西の一部を扱う事もありますが、
それは例外的な事のようです。

放送開始当初の日曜早朝の番組らしい、おっとりとした番組ですが、
多くの紀行物と違い、シリーズ単位となっているのが特徴です。
開始当初は不定期形態でしたが、しばらくして一年1シリーズで定着したようです。
で、そのシリーズに沿った内容のフィルムが、
ナレーターの案内で淡々と映し出される、内容は紀行ものの王道ではあります。
当方が持っている資料では、ナレーターは首藤満となってますが、
ロングラン番組ですので、これはかなりの変遷があると思います。
では実際にどんなシリーズがあったかを列記してみます。
今回は当ブログではたまにしかやらない、
確実な資料を基にした記事ですので、安心してご覧下さい(笑)。


ふるさと紀行
滉仏法僧の里、鳳来寺 ~愛知・奥三河~
滉旧東海道 ~岡崎~
北陸街道
揖斐峡谷の古寺
戸隠、野尻湖
松本平
伊那谷の詩情
水郷 ~木曽川下流~
知多
熊野
大井川
木曽の御嶽さん
郡上節考
奥飛騨と円空
黒部峡谷
合掌造りの里 ~岐阜県大野郡白川村~
生きている城下町 ~金沢~
若狭路
岬の詩 ~渥美半島~
長良川の叙情
陶土の町 ~東濃~
西三河の英雄たち
ふるさと紀行 城シリーズ(全26本)
ふるさと紀行 街道シリーズ(全26本)
ふるさと紀行 民家シリーズ(全23本)
ふるさと紀行 紀行シリーズ(全26本)
ふるさと紀行 人シリーズ(全26本)
ふるさと紀行 民話と伝説(全26本)
ふるさと紀行 もののふの詩(全52本)
ふるさと紀行 民謡のふるさと(全26本)
ふるさと紀行 ふるさと百年のあゆみ(全38本)
ふるさと紀行 日本の姿シリーズ(全38本)
ふるさと紀行 日本の四季シリーズ(全52本・本シリーズよりカラー)


シリーズ化以後は面倒くさいのでサブタイトルは省略しました(笑)。
西三河の英雄たちとかいうサブタイトルがあるのですが、
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康はみな東海出身だと、
名古屋出身の友人が教えてくれたのを思い出しました。
「でも、なぜかそういう認識は薄いんだよな。
 名古屋は関東・関西に比べて印象薄いし」と笑ってましたけど(笑)。
たしかにワタクシも、タモリの名古屋人叩きくらいしか印象が無い(苦笑)。
しかし、地理的には勿論、近代史的にも、実は日本の中心は中部地区。
それをまったくアピールしない中部地方は、実は奥ゆかしいのかも?

フジテレビで放送していた時期もありますが、
関東はあまり扱われないという事もあってか?
今ではネットはされていないようですね。
同じ様な提供・同じ様な番組で、関西地区の近鉄提供
真珠の小箱もありましたが、こちらは既に放送終了しているようで、
おそらくはパクリと思われる(苦笑)当番組がどこまで続きますやら。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
健在ですが…。
「ふるさと紀行」は、東海テレビでは日曜朝6時45分という
地味な時間帯で、今でも細々と続いています。
ttp://www.tokai-tv.com/culture/furusatokikou/index.html

ただし、今は名鉄グループは提供から離れています。
なぜか今は「(愛知県)田原市観光協会」が提供しています。

(参考)現在の名鉄グループ提供番組
ttp://www.tokai-tv.com/yumenochikara/index.html
2006/09/16(土) 15:09:01 | URL | 部隊長
継続こそ力
という事なんでしょうか。
名鉄が降りちゃっても、地元を紹介する番組を残したい
という事で、田原市が義勇に駆られた?(笑)
再び大手のスポンサーが付いてくれるのを
待っているんじゃないかと思いますが、
そうではなくて、田原市が大金持ちなだけ?(笑)
2006/09/16(土) 22:53:00 | URL | ごいんきょ
1960代 放映 細江町 畳表の仕事主婦
昔のことでタイトルを忘れましたが私の母は畳表を織っている場面ですがもう一度みたいのですがどうしたら見られるのでしょうかお教えくだされば有難いとおもいます。宜しくお願いいたします。
2008/06/06(金) 14:26:45 | URL | (ハンドル未記入)
以前は
お久しぶりです。
以前はこの番組、宮城でも放送されてたと聞いています。要は名鉄グループの企業があればどこでもいいんです。
2008/06/07(土) 10:53:01 | URL | かじか
名鉄グループ
 この番組は東京へ行った時に見たことがあります。名鉄グループのCMも流れていましたが、静止画だったような。鉄道のCMではなく、系列のホテルやロープウエーのCMを流していた記憶があります。
 仙台でもたしかに流れていました。(手元にある仙台放送の2000年4月の番組表で確認。名鉄グループとスポンサー表記あり)ウィキによると、宮城交通というバス会社が名鉄グループの一員だそうです。
 名鉄グループといえば私は「苫小牧と仙台・名古屋を結ぶ(あるいは動く海上ホテル)」太平洋フェリーが思い浮かびます。
 あとは名鉄観光、中日本エアライン(現在のエアーセントラル)ぐらいでしょうか。
 北海道では網走バス、網走観光開発(ホテルや流氷砕氷船の運営会社)も名鉄グループに入っています。
 余談ですが、UHBでは開局して間もないころに放送されていました。(昭和50年代前半までと思われる。開局当初は平日の帯番組として、のちに平日週1回の放送になった。午前11時30分からの放送。)
 もしかしたら、その後も放送日時を変えてやっていたかもしれません。
2008/06/07(土) 21:49:15 | URL | 北国の人
● 未記入さん
なんと。
そのタイトルの回にお母様がご出演されているという事でしょうか。
それは是非見たいでしょうねえ。
この番組に関しては、映像は保存されているはずなんですが。
なにぶんまだまだテレビ映像資産の文化的使用に関しては、
そのとばくちにもさしかかっていない状況で、視聴の方法は非常に限られております。
横浜にある放送ライブラリーでは、この番組の一部を視聴する事が出来ます。
但し、ご指摘のタイトルの回はまだ収録されていないようです。
という事は、どうにも手が無いと思われます。

● かじかさん
おや、しばらくぶり。
東日本ではけっこう放送されてたんですね。

● 北国さん
太平洋フェリーという言葉からサンフラワーを思い出しましたので、
まったく関係ないんですが、サンフラワーについて書き留めておきます(笑)。
フェリーと言えばサンフラワー。
♪ サンフラワー サンフラワー
  太陽に囲ーまれて ゆこう~
というCMソングをバックに紹介されるCMが懐かしい。
優雅な船旅に憧れました。
サンフラワーというと必ずサフラワーオイルを思い出すのですが、
話が離れすぎますのでそちらは語らないでおきます(笑)。

北海道にもそんなに名鉄が浸透していたなんて。
四国・九州ではどうなんだろう。
2008/06/08(日) 06:40:32 | URL | ごいんきょ
名鉄と四国
四国内で名鉄グループと言えば、トラック輸送の四国名鉄運輸、そして名鉄観光の支店が各県にあるくらいでしょうか。
ただ繋がり自体はこれ以外にもあるようで、例えば高知市内を走る路面電車を運営する土佐電鉄には、名鉄の岐阜市内線を走っていた車両が、当時の塗色(赤一色)のまま走っています。
名鉄バスも、高松や徳島と名古屋を結ぶ高速バスを運行していますし、北国の人さんが言っていたエアーセントラルは松山・徳島と名古屋を結ぶ便を持っています。
2008/06/08(日) 13:06:53 | URL | うみがめ
ふるさと紀行のネット局
長年関西テレビがネットしていましたなぁ。後はフジテレビでも飛び飛びながらかなりの数放送されていた様に聞いております。近鉄グループ提供のMBS制作・NET系→TBS系全国ネット番組「真珠の小箱」と並ぶ「実は複数局ネットでありながら地元の人もローカル番組と思われがちな番組(笑)」の代表ですな。
ちなみに「ふるさと紀行」の場合は地方のローカル局で何故か平日昼前に集中放送されたりと、フジ系局の空き時間になったローカル枠の穴埋めとして使われている事もまれにある様です。
2008/06/08(日) 19:53:24 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
MBSがまだNET・東京12クロスネットだった頃に
「真珠の小箱」の名古屋でのネット局は名古屋テレビでも中京テレビ(初期の頃はNETメインながらNET人気番組は悉く日テレメインだった名古屋テレビにて放送されるという不遇極まりない放送局だった)無く、東海テレビだったんですなぁ。おそらく近鉄の意向に依る所も大きかったと思いますが。近鉄は伊勢地方の電鉄会社を吸収して成立した事情もあって中京の政財界(特に三重県方面)とも関係が深く(近鉄バファローズを四日市市に移転させる計画もあったらしい)、その関係で三重放送が母体の一つで未だに三重県も株主として加わっている東海テレビでのネットとなったのでしょう。
只その一方で東海テレビは中日新聞とも「直系」とも言われる程関係が深く(中部日本放送の方は東海テレビ設立時の事情から、それ以来中日新聞とはやや距離を置きテレビメディアという観点に立った上での信念も相まって独立色を貫いていると言われている)中日新聞と名鉄は一時期ドラゴンズの共同オーナーとなった事もある位関係性も深いという事情が「ふるさと紀行」の開始に繋がったのでしょうね。
2008/06/08(日) 20:25:21 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
● うみがめさん
四国情報ありがとうございます。
そう言えば四国・香川県に丸亀って有ったなあ(笑)。

● TXさん
真珠の小箱とこの番組の相似性って有りますね。
これまた種々の情報ありがとうございます。
2008/06/11(水) 06:33:48 | URL | ごいんきょ
末期のスポンサーとなった田原市観光協会について
田原市自体がかなり裕福な地域なんですよ。トヨタの田原工場があって工業生産高が2兆円を超える一方、農業の方も野菜や花卉の栽培が盛ん(特に電照菊が有名だったと思います。又ブロッコリーの生産高は日本一との事。)な日本でも有数の近郊大規模農業地帯でもあり、結果田原市自体の財政も今や日本でも数少なくなった(溜息)普通交付税不交付自治体なんですね。
観光スポットとしては島崎藤村の詩「椰子の実」(後に唱歌ともなった)の舞台となった事等で知られる伊良湖岬が有名でしょうか。
2008/06/14(土) 10:54:29 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
世界のトヨタが関わる自治体は潤沢って事ですか。
下請けの取り分を徹底的に削って、本社が太るという搾取構造ですけどね。
日本の自治体が概ね破綻したのは、例によってアメリカの策謀に踊らされて、
中央が地方にバカスカ金を使わせたからですね。
そして破綻を補うために、いくつもの外患誘致が計画されている昨今という事情です。
2008/06/17(火) 07:15:52 | URL | ごいんきょ
だって世界のトヨタは・・・・
三河モンロー主義ですから(爆)。
これ名古屋の財界辺りが言った言葉の様に思っていますが(笑)。
名古屋でも案外疎んじられがちなのは名古屋近郊出身のイチロー選手が大の日産ファンで日産のCMにも時たま出ている事でも分かるでしょう(笑)。
まぁ昔は名古屋方面もトヨタを盛り立てようという機運もあったらしい(プロ野球の日本シリーズMVPの景品がトヨタ車になったのは中日ドラゴンズが初優勝した昭和29年から)
ですが、トヨタが名古屋財界を相手にせず中央の財界との関係作りばかり重視した事で名古屋の方も相手にしなくなったんですよ。
それでバブル期以降名古屋は比較的経済が順調な数少ない地域となった途端、世界のトヨタが名古屋に対してラブコールを送りまくり、と(笑)。
只名古屋の方は「どうせ金目当てでしょ(冷たい目)」と表面上だけの付き合いに徹している(名古屋程度の都会で表面上の付き合いに留まっているというのはつまりは・・・)のがトヨタと名古屋の関係なんですな(笑)。
その辺はJリーグの名古屋グランパスエイトの人気の無さを観ても分かるでしょう(笑)。

ちなみに名古屋財界や放送界の協力で成立した中京テレビ(開局当初はNET系列局を想定していた)に対して開局した1969年から1973年まで「NTVとNETの不人気番組+東京12ch」と言う不遇極まりない立場を強いた
名古屋テレビ(言い換えれば名古屋テレビの番組編成が決まらないと中京テレビの番組編成が全く決められないという訳で)の大株主がトヨタ自動車なんですよ(笑)。
まぁ如何にもトヨタ自動車らしいと言うか何と言うか(爆)。
2008/06/17(火) 20:32:45 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
名古屋テレビとトヨタ自動車
名古屋テレビの開局当初からの一貫しての筆頭株主がトヨタ自動車なんですよ。
「世界のトヨタ」が筆頭株主なのも相まってNTV・NET(というより読売・朝日両新聞と言うべきでしょうが(笑))双方とも名古屋テレビとの関係を重視していたんですな・・・・・・。只、その名古屋テレビの役員構成はトヨタ自動車の意向で朝日系が完全に中心となっていた訳ですが(おそらく当時日本一の発行部数の新聞が朝日だったからだと思われる(笑)。)
その一方で中京テレビには中央メディアからは日経が加わった(開局当初の頃まではNETの大株主だった。その後朝日新聞とのNET株⇄東京12チャンネル株交換により東京12チャンネルをグループ企業とした)訳ですが、名古屋テレビは「日テレ主体のNETとのクロスネット局」の立場を崩そうとせず、又中京テレビが当時はアンテナが普及していなかったUHF局だった事もあって放送番組の7割を占めて更に「全日19時から22時までのネット契約」まで結ばせていたNTV、3割の比率ながら朝日系役員が中心を占めていた事から5:5の比率を要求していたNETという状況でクール毎に番組編成がどう決まるか予断を許さないつう状況(勿論名古屋テレビの番組編成が決まらないと番組編成自体が出来ない中京テレビにとっても名古屋テレビ以上に予断を許さなかった訳で(笑))だったそうです。
状況が激変する切っ掛けは名古屋テレビが1972年秋クールからNTVとの「全日ゴールデンタイムネット契約」を破って土曜日のゴールデンタイム番組のNETへの変更(つまりは仮面ライダーシリーズやキカイダー等が放送したかった、と(笑))を決定した事からです。NTV側はこれを契約違反として裁判まで持ち込み最終的に20時台のみNETへの変更で和解した(つまり一番放送したかったと思われる仮面ライダーは放送できなかった、と(笑))のですが、その時点でNTVは名古屋テレビとのネットを諦め、中京テレビとのフルネット構築を模索し、NTV,NET,名古屋テレビ、中京テレビ四者の話し合いで1973年春から「NTV-中京テレビ、NET-名古屋テレビ」
に一本化する事となりました。
以来、中京テレビは文字通りの最弱局の立場から脱し、現在では名古屋の放送局の中でもトップ争いをする程の番組制作力を誇る放送局となる一方、名古屋テレビの方はそれまでとは一転して現在まで苦難の道を歩み続ける事になった訳です・・・・・・・・・・・。

私はこの名古屋テレビの歩みが親会社であるトヨタ自動車の将来を・・・・・とそれ以上はさすがに言うつもりは無いですが(爆)。
2008/06/17(火) 21:17:33 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
最後に私らしく中京テレビと東京12チャンネルについて
1973年より晴れてNTV系となった中京テレビですが、日経との関係もあり東京12チャンネル→テレビ東京との関係もテレビ愛知開局まで続きます。
中京テレビ製作の「お笑いマンガ道場」が番組開始時から長らく東京12チャンネルにマイクロネットされていました。他の地方局では放送時間がマチマチだった「お笑いマンガ道場」が関東では東京12チャンネルの番組として同時間に観ることが出来た訳です。
一方、東京12チャンネルの方も「プレイガール」をマイクロネットではありませんでしたが、あの伝説の「金曜10時!うわさのチャンネル」を差し置いて金曜22時に放送されていたそうです。ちなみに「金曜10時!うわさのチャンネル」の方は金曜深夜に「うわさのチャンネル」という題名で放送されていたとの事です。
中京テレビの設立経緯よりNTVの方もこういった措置を容認したものと思われます。
2008/06/17(火) 21:39:01 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
もう一つNET系列となってしまってから以降の名古屋テレビ
中日ドラゴンズホーム戦の中継権が与えられる事
が一切無く(これは未だに続いている)、よってつい最近まで名古屋の放送局でありながらドラゴンズ戦がホーム、ビジター双方とも放送される事自体がありませんでした。(ちなみに日テレ系となった中京テレビは当然の事ながら後楽園での巨人x中日戦が放送されていた訳で)。
最近でも数試合程度巨人戦以外の中日ビジターゲーム(おそらく岐阜で数試合行われる中日がビジターという形でゲーム(大抵相手は本拠地での観客動員に苦しんでいる広島辺りですが(笑))と思われる)を自社制作で深夜に録画中継する程度の様です。
最後発のテレビ愛知でも巨人戦以外の中日ホームゲームを比較的多く放送しており遂には日本シリーズでも中継権を獲得した訳ですが(笑)。

2008/06/17(火) 22:46:17 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
モンロー主義とは、プルプルのおっぱいやおパンチラを絶対視する主義でしょうか。
それならワタクシも賛同します(笑)。
トヨタについては、いま中日・東京新聞紙上でコラム連載をやっておりまして、
それを読む限りでは、おごりも普通にあるし、しかし情の部分もゼロではない感じです。
以前よりはそういうのも無くなっているでしょうが。
マンモス企業が独善的になるのはよくある事です。
うちの指示に従えなければ取引しませんと言えば、
大抵の下請けや取引先は泣く泣く飲まざるを得ないというのは、
べつに車業界に限った話でもないですね。

お笑いマンガ道場が12チャンでやってたというのは初めて知りました。
いつの間にか日テレ夕方で始まっていた感じなんですよね。
唐突に。

中日戦は小学生の頃に名古屋まで見に行きましたが、
ドラゴンズ主体のミニ番組が有って、当時は羨ましかったです。
一応は中日ファンだったのでね。
あれはどこの局だったか忘れてしまいましたが。
2008/06/19(木) 23:26:11 | URL | ごいんきょ
地元の者としての追記
tx殿の東海エリアに対する知識の深さには地元の者としても脱帽している
只旧名古屋テレビ現メ~テレは数年前からビジターのドラゴンズ戦ならオンエアするようになったという事も追記せねばなるまいかな
親がトヨタなのでグランパスエイトの試合なら何処よりも゜放送しているし
ちなみにふるさと紀行や名鉄の話題として今現在の土曜11;40~午後零時の時間は名鉄アワーとも言いえる封で現在故郷紀行のナレーターの高井一アナの歳時記的な番組や地元限定みたいな旅番組とか二つスポンサー担当している

にしてもごいんきょ殿がドラファンとは驚いたわな
2008/06/21(土) 18:44:02 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
あ。名鉄アワーって有るんですね、今でも。
ふるさと紀行の精神は引き継いで。

昭和50年前後の中日は好選手の固まりだったですからね。
アンチ読売のワタクシとしては、自然の流れです(笑)。
2008/06/24(火) 07:15:16 | URL | ごいんきょ
NHK「新日本紀行」の後発だったとは言え、この名番組を世に送った歴史を持つ局が今や

「ふざけ心で作ったテロップをうっかり画面に送出してしまった」一件で今や総スカン状態なのは全く以って嘆かわしい限りですm(_ _)m。
2011/09/05(月) 21:41:28 | URL | ナベチン
前回お送り致しましたコメントに重大なミスを発見致しました。
調べたところ、こちらの「ふるさと紀行」のほうがあちらの「新日本紀行」より開始が半年ばかり早い事実が判明しました。大変失礼致しました。

NHKがパクるほどの番組を世に送った局とも有ろうものが…(>_<)
2011/09/07(水) 23:01:18 | URL | ナベチン
養護する訳でないとしても
今回のこの局がやってしまった事はカルト教団絡みの出来事や公共放送を私物化しようとした出来事と比較すれば只の放送事故とさえ受け取れ得るのかも
それを他者の不幸は蜜の味とばかりに袋だたきにする事こそ問題なのでと思ってしまう
勿論他者を傷つけた事は事実としても目糞鼻糞を笑うという言葉の通り襟を正すべき教訓なのに何やらそれにかけた態度もちらほらな感じかな
2011/09/09(金) 22:03:33 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
個人的な話で恐縮ですが、ここの局には私の出身高校が初めて生んだ女子アナが所属していて(無論先方は当方のことなど知りませんが)、
YouTubeですが彼女の活躍を拝見していただけに
彼女の気持ちを思うと残念な限りです。
2011/09/10(土) 22:37:28 | URL | ナベチン
● ナベチンさん
あー。新日本紀行は同年ですけど、数ヶ月遅れになるんですね。
この頃、地方から東京へ人口が大挙流入しているので、
ふるさとを望める番組に需要が増えたんでしょう。


● ガッツさん
んー。おっしゃる事もわかるのですが、あれは絶対に有ってはならない事故です。
現場に緊張感が無さ過ぎなんですね。
つくづく今のテレビは、悪い意味での遊びが蔓延してるんでしょう。
「職場の空気は軽く。仕事の意識は重く」が、ワタクシの考えです、いま思いついた(笑)。
ワタクシは、社長の首が飛んでもおかしくないくらいだと思ってました。
批判は有って当然ですし、いまテレビが集中砲火を浴びている印象なのも、自業自得だと思いますよ。
2011/09/11(日) 20:22:45 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ