私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



ザ・チャンス! (1979)

該当番組画像募集

さてさて、今回から火曜の番組を扱っていこうと思ったはいいんですが、
当初の懸念通り、一週間もつかどうか怪しい感じです…。
週の中頃は一時代を築くような番組がわりと少ないような。
それでもまあ、ボチボチとはありますんで、ボチボチと発掘して参ります。
皆さんは、火曜日と言って「これだ!」と答えたくなる番組、ありましたでしょうか。

ワタクシの場合、まずはぴったしカンカンという事になりますかね。
しかしながらよく考えてみれば、その前の夜7時からは
このザ・チャンスがあったわけで、火曜はTBSって感じでした。
もっとも、この当時は他の日を含めても、TBSを一番観ていたでしょう。
で、この番組なんですが、当初はピンク・レディーが司会してました。
前番組『飛べ!孫悟空』からのスピン・オフですね。
本当に、この手法をよく用いる局です。
で、ピンクがアメリカ進出って事で、いつの間にか伊東四朗になってました。

内容は、会場から素人を何組か舞台に上げて、値段当てで選抜。
選抜された1組が本格ゲームにチャレンジして、
見事クリアすると!それはもう、豪華な豪華な賞品がゲットできるというもの。
ゲットという英単語を最初に普及させたのがこの番組で、
「ナウ、ゲッザ・チャンス」という言葉をCM入り直前などに合い言葉にしてました。
その時にはVサインをするのですが、伊東四朗は「チョキ」と口にしましたね。
とにかくその賞品の豪華さには毎回目を見張ったもので、
司会者が「賞品はこちら」と舞台中央を指すと幕が左右に開き、
小川哲哉が張りのある声で、「さあ、行って戴きましょう、ヨーロッパです!」
などと案内。絢爛な効果音とともに賞品のお姿が現れるや、会場はいつも騒然。
その賞品の魅力を余す所無くこれでもかと小川がアナウンスし、
「締めて××万8000円の賞品です!」と紹介するのでした。
賞品は本当にいろんなものがあって、どれも50万円以上100万円未満でした。
だからそれだけでは特に驚きでもないんだけど、
この番組は毎週3組か4組ほどが挑戦しており、全組が成功する事もあったし、
番組全体として、高額商品をこれだけ出してしまう番組というのは無かったです。
いろんなクイズ番組で、ハワイ旅行だのの賞品を獲得する人が、
同じ回で二人、三人出現する回ってありましたけど、
それはもう非常に稀な話で、この番組ではそれが毎週の恒例って感じで、
その効果で、「うわー、スゲエ番組だなー!」となっていたわけです。
毎回一組だけが高額商品に挑戦では、ああまで盛り上がらなかったでしょう。

挑戦するゲームは本当に星の数ほど有りましたけど、
一番記憶に残っているのが、パットですね。
十メートルほどのパッティングを1発で沈めればOKだったかな。
当時はまだゴルフも一般的ではなく、みんなパッティング下手でした。
そんな時代なのに、ピンク・レディーのミーは、当たり前のような口調で
「ちょっとやってみますね」と無造作に打って、
ほとんど毎回キレイに沈めてまして、それが印象に残ってます。
コイツら、やっぱゴルフとかやってんだなーと納得。
ゴルフは金持ちしかできない時代で、ワタクシでも嗜む現在とは隔世です(笑)。
素人さんは案の定、大概は撃沈しておりました。
これでも簡単な方のゲームだったんですけどね。
ピンクの頃はルーレットのやつもあったような。

あとは、伊東四朗になってからの危険な崖ゲーム。
3つの賞品が並べられ、その値段を推理。
全てよく見る品なので大体の値段はわかりますから、あまり大きくは外れません。
で、どのくらい外れたか登山姿の人形が崖に向かって歩いて知らせてくれます。
この時にかかるヨーデルが今でも頭にこびりついてますね(笑)。
ヨッヒヒヨッヒヒヨッホッホ ホリヒーホリヒー ホリヒロヒロヒロロ
というヨーデルに乗って、人形が右に進んでいくんですけど、最右が崖。
崖近くになると会場も挑戦者も悲鳴ですよ(笑)。
直前で止まると「ホーッ」と安堵の息が合唱されたりね(笑)。
で、先に言ったようにあまり大外れしないのが普通なのですが、
そう思っていると人形がいつまでも止まらずに、一気に崖下に落ちたりして、
伊東が商品前のパネルを上にずらすと、そんなすんのかよという時もありました。
軽快なヨーデルと、人形が落ちる時の間抜けさがなんか好きだったですね。

ゲームの内容を見るために伊東が封筒の中を見る時、
「ニン」と言うのがけっこう流行りました。あと、商品目録授与の時に
♪ニーンニーキニーンニン ニキニキニンニンニン と歌ったり。
考えてみれば、これも飛べ!孫悟空のニンニキニキニキから来てたんですよね。
当時は気付かず、伊東のオリジナルギャグとばかり思ってた(苦笑)。
提供は、ヤンマー、グリコ乳業などでした。
風に逆らう 俺の気持ちを 知っているのか 赤いトラクタア~
燃える男の 赤いトラクタア それがお前ーだぜ~~
小林旭が熱唱してたなー。
トラクターをあそこまでカッコよく売ったのも初めてでした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
なーう・げっざ・ちゃんす!
この番組、毎週のように見てましたよ。
・・・伊東(四朗)さんのころは。(爆)
チャンスゲームの中で個人的に好きだったのは
○バスケットゲーム
○じゃんけんゲーム
○海賊船ゲーム
○デッドヒートゲーム
あたりでしょうか。

>ピンクレディーのころのルーレット
・・・それはひょっとして、抽選で選ばれたのに
チャンスゲームに挑戦できなかった人がラストで挑戦する
「ザ・ビッグホイール・ボーナスゲーム」
のことでしょうか?
2006/09/14(木) 03:25:37 | URL | ファイアー負男EX
ピンク・レディー
この番組をピンク・レディーがやっていた事を知らない人も多いようで、
すっかり伊東四朗さんの番組という事になってますが。
デッドヒートゲームって、なんかありましたね。

ああ、ザ・ビッグホイール・ボーナスゲームっていうんでしたっけ。
名前や内容はすっかり」わすれてますが、
ピンクがでかいルーレットを回して会場全体で見守ってました。
2006/09/14(木) 06:20:24 | URL | ごいんきょ
あれ? 水曜日?
 TBした私のブログの方に、この番組のTシャツの写真を載せたのですが、そこには
wed. Pm 7:20 TBS
と書かれています。

 途中で放送曜日が変わったのでしょうか?
2006/09/16(土) 19:24:38 | URL | 自由人大佐
火曜日最強の二階建て
それは日テレのスターアクション!&それは秘密です!!か。
はたまたTBSのザ・チャンス&ぴったしカンカンかってくらいですが。
当初は火曜日のその二階建てで、
ヤンマー一社提供だったかもしれないです。
で、パットの距離を指定する目印とか、
値段を当てる品物のそばなんかに、
ヤン坊マー坊人形を置いてたと思います。

しかし、身の回りに二人もテレビ出場者がいる人って
あんまいないんじゃないでしょうか。凄いすね。
2006/09/16(土) 23:02:36 | URL | ごいんきょ
もしも梧空がもっとブレイクしていたら
この番組への転換はは少なくとも遅れていたかも知れず俺っちも裏のキャプテンハーロックとかに辿りついてなかったかも知れず司会の方もどうなっていたやら

ちぃとマニアックな番組になるかも知れんのだがタレントに似せたパペットという梧空の概念はこの番組のちぃと後でテレ朝により「せんだみつおのアラビアンナイト」で真似されておりこれも又成長していたら歴史が変わっていたかも

ちなみにこのアラビアンナイトは或いは試作品的な物として扱われていたかも知れず日曜午前にひっそりとオンエアされていて勿論ゴールデンへの昇格は無かった

PS火曜の番組なら何時かは影の軍団やってちょ
2006/09/17(日) 15:40:09 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
説明せねばなるまい
>自由人大佐殿

おっしゃるとおり、この番組は放送時間が変わっています。
○スタート当初は火曜夜7時→
○JNNの夕方のニュースが7:20まで延長されたことに伴い
水曜夜7時20分に移動→
○最後は木曜夜に移動して終了

番組Tシャツがあるということは、身内の方がどなたか出場されたのでしょうか?
いやーうらやましい。

>ごいんきょさん
たしかスタート当初は「飛べ!孫悟空」からの流れで
ヤンマーの1社提供でした。
で、火曜日にこの番組を放送していた間は
スポンサーとして紹介されていました。
水曜日に移動するときにスポンサーを降りたと記憶しております。>ヤンマー
その当時にはヤン坊マー坊人形を使った
その名もずばり「ヤン坊マー坊ゲーム」(笑)
というゲームもあったと思います。

ところでゴルフゲームに関して本文中に
>「ちょっとやってみますね」と無造作に打って、
>ほとんど毎回キレイに沈めてまして
というくだりがありますが、
もしかしてバスケットゲームのときも
ミーさんがフリースローをやったんでしょうか?
2006/09/17(日) 20:51:55 | URL | ファイアー負男EX
説明されねばならないし、加えて説明せねばなるまい
● ガッツさん
あれー? 飛べ!孫悟空って一般的じゃないですか?
自分の周りは結構観てましたね。
ワタクシは、恒常的には観てませんでしたが。

せんみつのアラビアンナイトはたしかに知らないなあ(笑)。
しかも、当時せんみつって、既に時機をかなり逸していたのでは(苦笑)。

影の軍団… 申し訳ない。今んとこ手材料不足です。
それよりも個人的には破れ傘刀舟やりたいくらいで(笑)。
今回の予定には入ってませんけど。

● 負男さん
ワタクシがサボッちゃったのをフォローして戴き、恐縮です(笑)。
そうそう。その説明をするの忘れちゃいましたね。
前の時間のニュースコープが、なぜか
7時20分まで拡大されたんですよね。
で、ぴったしカンカンはそのままで、
ザ・チャンスが水曜移動となりました。

Tシャツに関しましては、大佐殿の
TB記事をお読みになれば解りますよ。

負男さんのTB記事を読んでちょっと思い出しましたが、
「ヤンマーファミリーアワー。ザ・チャンス!」って、
たしかに哲ちゃんが言ってたような気がします。
おっしゃるように、水曜移動に伴い、提供を降りました。
代わりに、ナビスコとか養命酒とかやってましたね。
ヤン坊マー坊ゲームって、内容は思い出せないなあ。

パッティングゲームですけど、
本文中ではミーさんについてだけ書きましたけど、
ケイさんもたまにやって、できるのかな?と観てたら、
やはり簡単に沈めてビックリした事があります。
でも、ミーさんがやる場合が多かったように思いますね。
フリースローは、今のところよく思い出せませんが、
少なくともピンクの二人はやってないですよね。
たしか、きちんとしたバスケの選手(外人?)が出てきたんじゃ?
2006/09/17(日) 22:07:37 | URL | ごいんきょ
便乗人形劇
もしかしたらどこかの項目(記事)ですでに答が出ているかもしれないけど、「せんだみつおのアラビアンナイト」とは「ウルトラ千一夜・大冒険!走れアリババ」の事ですね。清水由貴子ちゃんのモルギアナ姫が可愛かったです。
2009/11/02(月) 05:46:36 | URL | 石毛零号
正式名どうもm(__)m
そういやそうしたタイトルであったと思い出した
そういやこの番組はエンディングもせんみつ自らがボーカルしていたとも覚えておりドリフの梧空とはこの面でも違うと感じていたっけかな

でもドリフは好きでもpレディーそんなに好きになれずにいたし裏の方になんか男臭さとか感じていたのでキャプテンハーロックの方へ流れたんだっけ
2009/11/03(火) 15:36:52 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● 石毛さん
いや、初耳だなあ、そんな番組(笑)。
よくご存知で。


● ガッツさん
せんださんの主題歌、ぜひレコード化して欲しかったですけどね。
2013/11/10(日) 19:38:01 | URL | ごいんきょ
教えてください
昔のテレビ番組に 亀がひっくりかえたマークがでて、ずっこけた~なる ナレーションが あった番組ありましたとね?
2016/04/27(水) 17:42:21 | URL | しん
赤白パネルマッチですね。
上部中央検索窓から該当スレをご覧下さい。
2016/04/29(金) 13:14:29 | URL | ごいんきょ
本田美奈子
 彼女がゲストで出たとき、とりもちに引っかかり殆どのパチンコ球を撒き散らし、伊東四郎に「だめもとで入れてみようか・・・」この後奇跡が・・・まるでデキレースみたでした。
2017/02/13(月) 02:50:16 | URL | クッキーモンスター
天の声
小川哲哉さん、文化放送「決定!全日本歌謡選抜」のDJでもおなじみでしたね。
後年は大竹まことさんにバトンタッチしておりました。
2017/02/13(月) 19:03:59 | URL | TSUSHIMA
● クッキーモンスターさん
本田美奈子さんの時代までやってたっけと思ったら、昭和61年までやってたんですね。
ゲームはどんなゲームだったんでしょう。


● TSUSHIMAさん
ワタクシ、全日本歌謡選抜も聞いていたんで、非常に馴染みある声でしたがね。
あら。この番組の天の声、後任は大竹産だったでしたっけ。
ちょっと感じが違うなあ。どういう人選だったんだろう?
2017/02/19(日) 12:59:08 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
♪ぼくの名前はヤン坊 ぼくの名前はマー坊 ふたりあわせてヤンマーだ きみとぼくと
2006/09/14(木) 03:16:46 | そんなこんなで3分経過。@ココログ
 このTシャツは、TBS「ザ・チャンス」に伯母が出場して、商品を取れなかった時の「残念賞」です^^; 何故ウチにあるのかな(?_?) 私はあまりこの番組は見た記憶がありません。たぶん裏番組を見ていたのだと思います。しかし、伊東四郎さんの「ナウ・ゲット・ザ・チャン
2006/09/16(土) 01:12:37 | 失われた時を求めて
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ