私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

関東甲信越 小さな旅 (1984)

該当番組画像募集


無いんですよ。NHKの木曜番組で扱うべきモノが(苦笑)。
一番それらしいのはふるさとの歌まつりだけど既述。
通好みではあるけれど自分もわりと好きだった歴史への招待も既述。
しょーがないんでいささかムリヤリ気味だけど、これにしました(苦笑)。
それにしても、夜の7時半というゴールデンのど真ん中で、のうのうと
こんなおっとりした番組やるのもNHKならではだよなあ(笑)。
元々は、『いっと6けん』ってタイトルで金曜夜10時からでした。
裏番組は、思い出づくり、北の国から、新・仕事人、おしゃべり泥棒
というそうそうたる面々でしたから、当時観ていた人はいないでしょう(笑)。
それから『いっと6けん小さな旅』となり、84年に甲信越地方も加わって、
放送時間も木曜の7時半からと変更し、表記タイトルになります。
裏番組は、木曜スペシャル、天国と地獄、スケバン刑事、国盗りゲーム、
キャプテン翼…。 激戦区と言って良いでしょう(笑)。
しかしながら、この時間帯の他のラインナップはどれも子供や若い人向け。
或る程度落ち着いた人々の観るような番組は、
今も昔も、NHKが一手に担っている事になります。これで良いと思いますね。
内容は、もうそのまんまタイトル通りなんですけど(笑)、
関東甲信越地方の、ちょっと出かけられるよな良い景観をルポする番組で、
甲信越まで広げたのは、関東だけだとネタに詰まったのかも(笑)。

多摩川を訪ねた回では、一応名前だけは東京都下にある(笑)青梅から、
その水源を求めて奥多摩へ。奥多摩湖は都民の水瓶であります。
更に西に行き山梨にはいると、そこでは丹波川という名前となり、
更に一ノ瀬川となって、奥秩父連峰・笠取山へ。
更に歩いていくと岩場があり、そこの50cmばかりの窪みに水たまりが。
これこそが、あの多摩川の水源地!
そんなところからこんこんと湧き出る水が、あれだけ長大な川となる。
大自然の深遠さに畏怖を覚えざるを得ません。
字でこのようにあっさりと書けばなんという事もないのですが、
途中の紅葉や緑、山鳥たちのさえずりなどをカメラが捉えつつ進めば、
それはそれは大変見栄えのする紀行番組となるわけで、
ほんの隣の県にある風光明媚に気付いていなかったのを思い知らされ、
その土地により親しみを覚えさせてくれる番組でした。
紀行ファンというのは一定の固定層がおり、
だからこそ長く続いている番組なんでしょう。
今でも放送時間を替えて『小さな旅』として続いているんですね。

ところで、「関東甲信越」以外の人はこの時間どうしてたんでしょう?
NHKというのは日本全国にありますから、
こういうローカル番組の時間は、その土地その土地で対応してたんですね。
例えば北海道では『ほっかいどう730』、
北陸東海では『北陸東海』。その、ままやないかい!(苦笑)。
関西では『ビデオ探訪』、山陰山陽では『山陰さん山陽さん』、
四国では『今夜は四国がみえてくる』、九州では『九州730』、
と言った同様の番組が、同じ時間に放送されていたのです。
でも、これって勿体ないですよね。
紀行番組ファンなら、よその土地の映像でも楽しめるわけですし。
でもまあ、NHKさんの事情があって、仕方なかったんでしょうが(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
今夜は四国がみえてくる
丁度この番組が放送されていた頃、私は四国に居を移しました。
この番組の名物コーナーに「白羽の矢」というのがありました。
四国の地図を的に見立て、そこにゲストが白羽の矢を射て、当たったところに取材に行く、という趣向でした。
所ジョージ氏の「笑ってコラえて」に「ダーツの旅」というコーナーがありますが、その原型と言っていいでしょう。
2007/04/07(土) 15:46:41 | URL | うみがめ
白羽の矢
いやあ、渋いなあうみがめさん(笑)。
裏にこれだけのラインナップが有って、この番組を見た事が有るなんて。
しかし、そんな場当たりな企画が有ったんですか(笑)。
こう言ってはなんですが、四国だからこそ成立したんでしょうね。
東京の地図でそんな事しても、絵になる景観に当たる可能性が低すぎます。
ダーツの旅というのは知りませんでしたが、
完璧にパクリじゃないですか(苦笑)。
2007/04/07(土) 18:05:34 | URL | ごいんきょ
NHKの方針
ま、NHKの方針で、70年代半ばに「木曜のこの時間はローカルでいく」ということになったんですね。
四国は昔は「ここはお四国」というタイトルだったそうです(以上は岩波ジュニア新書『テレビは変わる』より)。私が初めて四国に上陸したときも、この言葉が頭をよぎりました。
 先日の能登半島地震のときにNHKの報道では名古屋局がしゃしゃり出てきてて、地理がある程度分かってる人は「なんで?」と思ったことでしょうけど、名古屋局は北陸を含めた中部全体を管轄してるんですよね。北陸東海もそういう枠組みを象徴しているタイトルですけど、実は北陸と東海とで別内容の放送だったみたいなんですよ。これは1984年の年末に、偶然富山県の新聞をもらったことで分かったのですが、同じ時間に同じタイトルの番組があるのに内容が違うんです。そういえば今の「金とく!」も、中部ブロックで同じ内容を流すのは月一回のようです。

 「関東甲信越小さな旅」はよほど人気になったとみえて、その後とうとう地域の冠が外され「小さな旅」になってしまいました。でも、全国編成担当の目にとまりやすかったから全国番組になった、という可能性のほうが大きい気もしますね。このへんが東京一極集中の弊害でしょう。
2007/04/07(土) 18:39:42 | URL | かじか
北陸東海
もう少しだけでも凝ったタイトル無かったんですかね(苦笑)。
タイトルが同じで別の内容だったんですか?
それもわかりづらい話ですね(苦笑)。

関東甲信越小さな旅は、裏がジャリ番組ばかりだったので
一定以上の年齢の人はよく見ていたと思います。
我が両親もよくチャンネル合わせてましたから、
ワタクシも見るともなく見た事が多いです。
2007/04/07(土) 20:49:29 | URL | ごいんきょ
限られた選択肢
私が住む高知は、80年代当時民放のチャンネルが2つしかありませんでした。
ネットワークで言えば日テレ系とTBS系のみでした。(今はフジ系が加わったが)
だから、勢いNHKにチャンネルを合わせる機会も多かったのです。
2007/04/07(土) 23:22:32 | URL | うみがめ
はあ
でも裏には若向けの番組も有ったはずですから、やはりシブイ選択です。
こういう紀行番組はレスがつかない事を覚悟して書いてますが(笑)、
やはりどんな番組であれ、見ていた人はいるわけですよね。
2007/04/08(日) 00:09:19 | URL | ごいんきょ
好きな番組です
続けざまにすみませんm(__)m 歩きながらの携帯投稿ですが…

さて、これも地味な番組ではありますが、ぼくは歴史や古いもの好きな性分もあり、かなりいれこんで見ていた時期がありました。…あ、でも考えてみたら平成になってからか(^^; まあ、あまり大きくは変わっていないということで。

やはり大野雄二によるテーマ音楽の良さが番組を支えている気がします。この人の作る「寂しげなメロディ」は多くの日本人に刺さる感じで、ユニオン映画による石立ドラマにも随所に発揮されていましたね。

このメロディを岩崎宏美さんが歌っている『歌詞つき』バージョンがあり、しかもシングル発売されていたことを最近になって知り、意外と真剣に入手を考えています(笑)

番組のほうは、数年前に5分短縮されて25分枠にされてしまったのが番組の構成に存外な影響をもたらしてしまい、自分も見なくなってしまいました。


2007/12/19(水) 23:06:58 | URL | nardo
しかし、この番組にこれほど反響が有るというのは本当に意外でした。
音楽は大野雄二さんでしたか。
どんなだったか思い出せないですけどね。
ユニオンのドラマは、たしかに大野さんの名前をよく見ました。
2007/12/20(木) 06:10:37 | URL | ごいんきょ
ルパン三世愛のテーマ
関東甲信越小さな旅(現:小さな旅)のテーマが、ルパン三世愛のテーマに似ているとよくいわれますが、やはり、作曲は同じ大野雄二だったんですね。

「小さな旅」のタイトルバックに、ルパン三世愛のテーマを流しても、なんかはまりそうです(逆はちょっと無理があるかも)。
2012/06/24(日) 12:03:12 | URL | 10000k
岩崎宏美さんが発売した『小さな旅』は、発行枚数が少なめだったのか、いざ探してもなかなか見つかりません。
それでも見つかれば、競争相手も少なめなんで、そんなに高くなく、500円前後で入手できます。
2012/06/25(月) 01:00:45 | URL | ごいんきょ
岩崎宏美さん
YouTubeアップされてました。
素晴らしいですね。

OL時代、実家に住んでいたときに寝ていると、両親がこの番組をみていて、テーマ曲が聴こえて起きました。当時は「朝っぱらからうるさいなー」っていう感じでした。
いかに朝寝坊だったかがわかりますね。
特に母親はあまり旅行なぞしない(できない)ヒトだったので、こういう番組で行った気になっていたのかもしれません。

今は年をとったので落ち着いてみられると思うのですが、今度はこどもらがヘンシンものをみているという・・・


2015/05/21(木) 23:30:45 | URL | くりお
朝?
これって夜の番組だったかと思うのですが、朝に移動したんですか。
今は地上波では、旅番組くらいしか見るもん無いです。
2015/05/23(土) 07:14:17 | URL | ごいんきょ
放送時間
逆にあんまり夜の記憶はないのですけど、WIKIをみても放送時間の変遷はイマイチわかりませんが、少なくとも93年くらいは朝やってました。(あ、平成になってからか)
現在、朝8時~なのは確かですけどね。
2015/05/23(土) 21:58:35 | URL | くりお
朝に移動したんですね。
なんだかなー。
こういう紀行番組って、夜に落ち着いて見たいな。
まあ、あまり見てなかったのですが(苦笑)。
2015/05/24(日) 09:52:20 | URL | ごいんきょ
大野雄二メロディー
私も「小さな旅」と「ルパン三世愛のテーマ」はそっくりだと思った次第です。
「ルパン三世のテーマ」と「大追跡のテーマ」も似ていますね。
2016/11/17(木) 23:47:54 | URL | TSUSHIMA
まあ雰囲気は。
そう言えば大追跡もまだやってないな。
2016/11/20(日) 01:12:01 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。