私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



世界まるごとHOWマッチ (1983)

世界まるごとHOWマッチ


一週間、木曜の番組をやって来ました。
やはり、時代を超越する番組というのは平日には出づらいようで、
いわゆる長寿番組というのは日曜、次に土曜が多いというのは、
印象ばかりではなく、実際そうなってます。
まあ、それでも敢えてワタクシの昭和木曜を整理すると、
7時タイムショック、7時半ライオンこども劇場、8時石井ふく子ドラマ、
9時ナショナルゴールデン劇場、10時娘をよろしくってな感じでしょうか。
その、娘をよろしくはフジテレビでしたが、後年その時間帯では、
それ以上に長寿で、ワタクシも楽しんだ番組がTBSでありました。
今回、それを木曜特集の締めと致します。
本当は、ドバドバ大爆弾なんてのもやりたかったんですけどね(笑)、



「大橋巨泉の、世界まるごとハウマッチ」

という小倉智明のコールで始まるこの番組。
木曜夜の楽しいひとときを提供してくれたトークバラエティでした。
おいおい、これはクイズバラエティだろ。と言われればそうなんですが、
ワタクシはクイズそのものよりも、巨泉とたけし、石坂のやり取りが
何よりの楽しみだったし、巨泉自身も自伝の中で、会話を楽しむ番組として
作っていたという感じのコメントをしております。
一応の番組内容は、世界中の何か、品物は勿論ですが、何かの権利とか、
何かにかかった費用とか、とにかく値段を当てるもので、
世界中の様子をビデオで観るクイズと言えば、
既になるほど・ザ・ワールドが有ったので、さほど目新しさは感じなかった。
トークの楽しさが無かったら、ただの二番煎じとしか映らなかったでしょう。

司会は、その大橋巨泉。当時既にクイズダービーという
不動の人気クイズ番組をTBSで抱えており、加えて、
以前から人生の目的としていた50歳でのスローダウン、
まあ隠居みたいなもんですな、が目前の年齢ともあって、
当初は引き受ける気は更々無かったようです。
で、断るためにいろいろと難癖をつけて曰く、
プライスクイズなんてありふれた企画はオレはやらないんだよ、
ってなもんだったんですが、どうにも食い下がってくるので手段を変え、
石坂浩二とビートたけし、この二人揃えたら引き受けると言ってしまった。
当時たけしはメディアを縦横無尽に駆け回るオイソガ氏でしたから、
こう言えば諦めるだろうと思ったらしいんですが、敵は上手だったと。
巨泉は既に、石坂の博識とたけしのキャラとをいじりながらなら
なんとかなると思っていたようで、この点はズバリの番組進行でした。
正に我々は、その言葉の掛け合いに魅せられていたわけですから。

ナレーターの小倉智明は、その昔テレビ東京でパソコンサンデーなんていう
朝のパソコン番組をやってたのをワタクシは観ておりましたので、
ああ、あのエラーマンが目立った番組に出られてると嬉しかったです(笑)。
パソコンサンデーについては、日曜特集PART2の時に改めまして。
小倉は、この番組中でもたびたびその名人芸を披露しておりましたが、
実力のしっかりしたアナウンサーで、にもかかわらずの当時の境遇について、
巨泉に相談を持ちかけ、それで巨泉事務所に移籍したのでした。
そして与えられたチャンスがこの番組だったわけですが、
それを活かすべく非常にハジケたナレーション。
声の部分部分を突拍子もなく裏返したり、
他の有名ナレーターたちのパロディよろしく斬り込んだり、
この番組の人気獲得に、彼のナレーションもまた、大きく貢献しております。
この番組で見事大成功を収め、今ではひとかどの位置を占めてますね。

石坂浩二は文字通り博識で、特に異国の話なんかも詳しかったので、
この番組のために存在したような人材でした(笑)。
外見も語り口もスマートで、しかも洒落も通じるんだから無敵です。
たけしは主に巨泉へのツッコミ役のような感じでしたが、
たけしが間違った時などは逆に巨泉にツッコまれ、
その時のちょっとはにかんだよなバツの悪そうな態度との対比が面白かった。
巨泉にツッコめる人間もたけしにツッコめる人間も、
なかなか芸能界にはいませんから、
この二人の掛け合いはそれだけバリューが有ったわけです。
他に外人枠もあり、ハンサムな弁護士ケント・ギルバート、
筋肉モリモリのチャック・ウィルソンが主な二人ですか。
チャックはやたらとかけ離れて安い値段を回答する事が多く、
ケチャックという別名で巨泉に呼ばれる事に。

これら回答者の回答がズバリ正解ですと、ホールインワン賞として
大トロフィーが運ばれ、世界一周という凄い商品が得られました。
近いだけですとニアピン賞で、これは完全に巨泉の独断。
どのくらい近ければという数値が決まってるわけではありませんでした。
遠くはないけどニアピンと言うほどでもない場合は「貸し」とか言って、
その後の問題でそんな感じの回答がもう一度あった場合に、
合わせてニアピンという感じでやっていました。
ニアピンが十本貯まっても世界一周獲得ですが、
途中3本とか5本でも、どっかの旅行と交換可能で、
巨泉がその度に一応は確認するんですけど、レギュラーはもう、
十本ためて世界一周以外は目もくれておりませんでした。
でも、たまに出るゲストで、3本くらいで交換した人がいた気がします。
2桁違う回答だと、ロストボールとしてニアピン一本持っていかれます。
手前にニアピントロフィーが一本も無い場合は、デビルくんが置かれます(笑)。
回答者から取り上げたロストが10本貯まると、視聴者プレゼントが行われました。

「せーの、ハウマッチ」で全員が一斉に回答フリップ表示。
回答は必ず現地価格でするので、通貨単位も現地のものをその都度使用。
「1ドル、約200円です」みたいなアナウンスをしてました。
元だのマルクだのは勿論その前から知っていたんですが、
この番組ではいろんな通貨も知ることが出来まして、
最も記憶に残っているのがセネガルのCFAフランですかね。
シーエフエーフランとも読むけど、セーファーフランとも読むと。
この時も石坂浩二が蘊蓄を披露し、たしか
シーエフエーと読む事が多いとか言っていたような気がしますが。
石坂もたけしもずっとレギュラーでしたので、
何度も世界一周を獲得しましたが、石坂は一週に二回獲得があったような。
片方がホールインワンで、片方がニアピン十本だったかな。
そういう回は新聞のテレビ欄がそれなりのサブタイトルになっているので、
視聴率も特に高かったし、故に世界一周獲得シーンを観た人は多いでしょう。

当初は木曜の夜10時からで、ワタクシはこの時間での放送が好きだった。
10時ともなるとあまりクイズバラエティはやってないし、
夜も更けてからのトークという感じが好きだったんですね。
これも後に巨泉自伝を読み、巨泉自身の狙いでもあったと知り、
またまたしてやられたと思うわけですが。
夜10時からだと、少し艶のあるトークも可能なわけですね。
ラスベガスなどの歓楽街の紹介で、ちょっと夜の街を映したりもでき、
その映像に小倉がブッとんだナレーションをかぶせる事もできたわけで(笑)、
そういう全体的な雰囲気が好きだったので、8時に移動になった時は、
ちょっと楽しさが減るんじゃないかなと不安でした。
で、実際にワタクシは、ちょっと引く事になるんですけど。
ここらは巨泉も懸念した事で、10時から動かす気は無かったようですが、
これまた制作側にしてやられて(笑)、ゴルフコンペという餌を撒かれて、
それにまんまと食らい付いてしまったらしいです。
元々50歳でセミリタイアという人生設計を立てて、
その通りに運んできていた巨泉が、それを少々延長する事になったのは、
ビートたけしという希有な芸人と一緒に仕事できたからだと言ってます。
しかし、それも90年までの事で、そこで彼は一旦レギュラーを全て整理。
その後は極端に仕事を減らして、あまり日本には居住しなくなりました。

提供はそれこそ色々ありましたが、オッペン化粧品、山発産業、
リンナイ、日本電装なんてとこがありました。
山発産業ってなんだろと思って調べたら、
こここそフェミニンの親会社だったんですね!
で、今はライオンに吸収されているようですが。
そのライオンも、この番組のスポンサーでありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
枠移動
制作の毎日放送は後に、この枠で「よしもと新喜劇」を放送してました。当時は「関西の伝統番組ゴールデンに進出!」ってずいぶん騒がれました。
 で、当時ニフティのテレビフォーラムに出入りしてた私は「かつてMBSが『HOWマッチ』を22時から20時に移したのは、実は今回の布石だったりして・・・」って書き込みしたら、関西の人から「それってメチャクチャ長い前フリやんけ!」ってツッコミ入れられました。そのツッコミのよさに脱帽でした。
2006/12/16(土) 22:07:16 | URL | かじか
新喜劇
先日のめちゃイケで新庄さんが出た時、
「しんは新喜劇の新、じょうは品川庄司の庄」と供述してたのは可笑しかった(笑)。
新喜劇ってゴールデンでやった事なかったんですか。
2006/12/17(日) 06:45:33 | URL | ごいんきょ
あれこれ
「大橋巨泉の、世界まるごとHOWマッチ」毎週見ていました。
夜10時時代も夜8時時代も覚えています。

とりわけ印象に残っているのは以下の3つです。

①ボリビアペソ
当時の南米はハイパーインフレの時代でした。ウィキペディアによると当時の「10,000ボリビアペソ=0.1円」だったとか。ただ、それ以上に「コーヒー1杯飲むのに札束がいくらか必要」という話が印象に残っています。あとブラジルからの問題の時に取材当時から、OA時の間にあまりのインフレに通貨単位(クルゼーロ→クルザード)と為替レートの変更があった、というエピソードもありました。

②尾上辰之助さん
ゲストで最も印象に残っているのが彼、尾上辰之助さんでした。
何しろ、桁違いに安い金額か、桁違いに高い金額しか書いていなかったような記憶があります。ついには巨泉さんに「梨園の金銭感覚はいったいどうなってるんでしょうか?」と言われていた覚えがあります。
(ただ、中村勘九郎さんがゲストで出演したときは比較的常識的な金額を出していた覚えがありますが)

③デンソーパーソナル無線「ハローコール」のCM
この番組で圧倒的にインパクト大のCMでした。
とにかく、竹中直人さんの物まね(?)が凄まじかったです。
「はろ~こ~る、はろ~こ~るというんじゃ、ぷるぷる、ぷるぷる~」
と言うフレーズが特に残っています。
2007/05/03(木) 23:19:56 | URL | yig
欠かさず見ていた人は多いと思うのに、ようやく初めてコメント戴けました(苦笑)。

ボリビアペソってのもセーファーフラン、クルゼイロなどと共に印象的な名前ですね。
そうそう。インフレが凄い国ありましたっけ。
各国の経済状況もわかりましたね。
当初は円で回答させる案も有ったらしいですが、
この辺は巨泉さんの狙いで良かったと思います。

辰之助さんも勘九郎さんも可笑しかったですね。
で、彼らがウケた時にたけしさんが一歩引いてしゃべって、
番組構成上立派な態度なので巨泉さんに誉められた逸話が有りました。

ハウマッチのスポンサーもあまり覚えてないですね。
竹中さんのCMも有った気はしますが、
この番組とは結びつかないです。
2007/05/04(金) 08:23:57 | URL | ごいんきょ
西村知江子さん
がアシスタントでした・・か。
もう何年もTBSラジオの月曜の朝に西村知江子さんの声を聞いていますが、この声とお名前は昔どかかで聞いたはず・・とずっと思っていました。
ラジオを聴いているときはお顔は想像もつかなかったのですが、この番組のことを思い出した途端、西村さんの顔まではっきり思い出せました。

巨泉さんはたけしさんのことはたけし、石坂さんのことは兵ちゃんと呼んでいましたね。
2007/12/20(木) 21:03:13 | URL | モデラート
ああはいはい。そんな名前だったかも。
顔と声も、なんとなく覚えてます。

石坂さんは本名が武藤兵吉なんですね。
ちょっとイメージと違う語感かも。
この名前は、水島信司氏が何故か野球狂の詩で、
水原勇気のコーチ兼ライバルの登場人物の名前として使っています。
2007/12/21(金) 06:27:52 | URL | ごいんきょ
杉田平和町
ついにゆうゆうワイドも2009年3月27日の放送をもって終了となり、2009年3月30日からはラジオビタミンが放送されるようですが、西村知江子さんは出ないようです。
2009/02/12(木) 02:58:32 | URL | (ハンドル未記入)
毎日放送での吉本新喜劇中継
そもそもは日曜お昼の放送で(その為大正テレビ寄席はごく初期以外放送されなかった)、TBS系になってからは日曜夕方や土曜お昼等に時間帯を移動させながら続けていました。
ゴールデンに進出したのは「吉本新喜劇ギャグ100連発」というビデオソフトが発売され、それが関東でも大いに売れた余勢を買った形だった様な(笑)。
ただやはり吉本新喜劇は土日のお昼か昼下がりに観るものだよなぁ、と私も思いましたね(笑)。
2009/02/12(木) 20:11:30 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
共産圏の取材
ずっと思っていたのだが
共産圏の取材のときは
大変だったんじゃないかな。

警備がものすごくきつくて
何のために取材するんだ
などと、詰め寄る光景を
想像してしまうのだが。
よく、取材できたよな。
当時は旧ソ連、中国、東欧など
社会主義国多かったからなあ。 

2009/02/12(木) 23:36:12 | URL | 梅吉
● 杉田平和町さん
時の流れが止まっているかの如き悠久のTBSラジオも、少しずつ時は流れているんですね。

● TXさん
ほぉ~。大正テレビ寄席を関西でも見られた時期が有ったんですか。
それは意外な。
それにしても、あれだけ一世を風靡した番組を拒絶し続けたあたりが、
良くも悪くもいかにも関西だなーと。

● 梅吉さん
そうですね。当時はまだベルリンの壁崩壊前の時代ですから、
共産圏はいろいろと大変だったでしょう。
人気番組じゃないとやってられないでしょうね。
2009/02/14(土) 06:44:16 | URL | ごいんきょ
山発産業
「HOWマッチ」のスポンサーで
デンソーと並んで印象が強いのがここでしたね。

ただ、この場合、CMよりも提供よみのほうが印象大です。

他のスポンサーが会社名を読み上げている中、
「毛染めパオン」
「コミュニケーション」
「モンシック」
というふうに商品名で言っていました。
でも、何故か、「フェミニン」と言っていた記憶はないのですが……

新聞では「山発産業」と書いてあったりするんですね~!

CMは野川由美子さんの「パオン」のCMぐらいしか覚えがないかな?

それにしても「山発産業」と「ヤマハ発動機」と混同しそうな感じですよね。
(「ヤマハ発動機」の略称が「ヤマ発」)

2009/04/25(土) 23:19:48 | URL | yig
商品名で提供読みする会社もわりと有りますね。
山発産業なんて聞き慣れないと思ったら、そういう事でしたか。
2009/04/25(土) 23:25:49 | URL | ごいんきょ
毛染めパオン
 山発産業、いまは「シュワルツコフ ヘンケル」という社名ではなかったかしら?たしかドイツのヘンケル社の系列だったような。
 で、ヘンケル社とライオンの合弁
による「シュワルツコフ ヘンケル ライオン」という社名になって、さらにはライオンが退いて今日に至るのではないかと。
 野川由美子さんのCM、私も覚えてます。
 「コミュニケーション」は多岐川裕美さんがCMをやっていたんじゃないでしょうか。
 「モンシック」は
 ♪シックなヘアカラー モンシック
 というフレーズが記憶の片隅にあります。
 「フェミニン」はなんとなく70年代のテレビ番組のイメージが強いかもしれません。
 「HOWマッチ」をはじめとする在阪局制作のテレビ番組でCMをよく見かけましたね。とくに毎日放送系の番組が多かったような。
2009/04/26(日) 21:26:50 | URL | 北国の人
パオン トリートメントカラァ♪ ってCM無かったかな。

2009/04/27(月) 00:53:15 | URL | ごいんきょ
みっちゃん
この番組のOPでよく出演者に観客席から
「○○ちゃん!」
という黄色い歓声が上がっていましたね。

例:石坂さんは「へいちゃん!」
  たけしさんは「たけちゃん!」

遂には巨泉さんまで「きょちゃん!」と呼ばれた訳ですが(笑)

タイトルの「みっちゃん!」は草笛光子さんがゲストで登場した時に挙がっていたのですが、そのときの巨泉さんのせりふが
「みっちゃんって、みっちゃんみちみちじゃない……(以下失念)」
後のことはご想像にお任せします。

2009/04/29(水) 23:10:45 | URL | yig
ああ。元々は巨泉さんが兵ちゃん兵ちゃん読んでたからですけど、
そのうち紹介の時に客席から掛け声がかかるようになりましたね。
それにしても色々面白い視点を持ってるなあ。
あぶさんもTVブログをやるべきだと思うんですがねえ。
2009/04/30(木) 00:44:36 | URL | ごいんきょ
使用上の注意……
昔は、風邪薬みたいに『使用上の注意…』書いてくれたのに、ヘンケルライオンになってから省略…。

ヘンケルシュワルコフさん、復活してください。
2009/08/30(日) 15:21:19 | URL | 毛染めフェミニン
ホールインワン
ホールインワン賞の世界一週旅行に実際に行った人はいたのか気になる
2010/09/10(金) 22:58:05 | URL | 髭ゴジラ
パオン
山発産業というのは、「毛染めパオン」あるいは「フェミニン」という名前でCM出していましたね。
特に関西の局にはよくCM出していたようです。愛ラブ爆笑クリニックとか、ひらめきパスワードとか、素敵にドキュメントなど。ちなみに世界まるごとハウマッチも関西の局である毎日放送が製作元ですね。

CMには野川由美子さんとか、イーデスハンソンさん、乙羽信子さん、小松政夫さんとか、田中好子さんとか、さらに遡ると青木エミさんも出ていたようです。
2013/07/14(日) 02:03:45 | URL | ハウマッチ
んーと、何故かyigさんの事をあぶさんと呼んでますね。
間が空いた事ともども失礼しました。


● 毛染めフェミニンさん
何故その様な事を懇願されるのか理由がわかりづらいですが。


● 髭ゴジラさん
あれってお金にも換えられると公言してましたけど、石坂さんとかは
今度は行きますって言ってた事も有りますよね。


● ハウマッチさん
フェミニンという名とCMを見た事はよく覚えているのに、
どんなCMだったかが一つも思い出せないんですよ。
故に、出演者もまったく覚えてません。
小松政夫さんって(笑)。
2013/11/12(火) 21:29:30 | URL | ごいんきょ
何やら日本まるごとHOWマッチが一夜限りで放送との情報が
管理人さん、大変ご無沙汰しています。何やら毎日放送が2015年3月22日の夜10時に一夜限りで「小倉智昭の日本まるごとHOWマッチ」として全国ネット特番で放送されるそうです。かつて高視聴率をたたき出して人気番組になったあの「世界まるごとHOWマッチ」を再現させるそうです。すでに収録済みですが、番宣によるとあの前田憲男のテーマ曲もそのまま再現させています。ただ、同じ日にテレビ朝日で「ビートたけしのスポーツ大将2015」と被るのが痛いですが・・・・・。どんな内容になるのでしょうか?楽しみです。
2015/03/22(日) 01:33:25 | URL | 名無しですいません
スポンサーについて補足
番組開始当初は同時刻前番組「木曜座」からそのままスライドで提供された5社+ライオンの6社体制でしたが木曜20時へ移動後何社か入れ替えがあった上に某とある大きな事件の影響で一時期提供クレジット読みが見合わせられたりした不自然な期間もあったそうです。ただ、スペシャルを放送したときはこれ以外にいくつか大きいスポンサーも付いていたようです。では、今回はこれにて。また
2015/03/23(月) 02:01:37 | URL | 名無しですいません
毛染めパオン・おまけ
巨人の山倉和博捕手が出演していた「育毛剤エンダッタ」のCMもありましたね。
2017/01/28(土) 20:05:12 | URL | TSUSHIMA
● 名無しですいませんさん
こちらこそ返信をご無沙汰してしまって申し訳ありません(苦笑)。
あらー。そんなに復活番組が有ったんですか。
あのOP曲好きだったけど、前田憲男さんだったんですね。
前番組は木曜座か。あれって、やはりあまり人気は無かったんですかね。
幾つか話題作も有ったんですが。


● TSUSHIMAさん
まったく知らないのですが、山発産業という話がネット上に。
2017/01/29(日) 07:17:25 | URL | ごいんきょ
1988年に、司会者の関口宏さんがゲスト解答者として出演したのを見たことがあります。
「石坂浩二さん、ビートたけしさんだって司会できる」と言われたことがあるのは、私だけ?
2017/04/04(火) 01:44:42 | URL | スターアーク
名古屋では視聴率30%台の人気番組。
最高視聴率は、多分松田聖子さんがゲスト解答者で出演した回?
2017/04/04(火) 01:46:59 | URL | スターアーク
関口さんが回答者に出るって珍しいですね。
ワタクシは覚えてません。

東京でも30%行ってた気がしますね。
聖子さんが結婚した頃とかで注目浴びて太のかな。
2017/04/16(日) 11:20:55 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ