私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

うわさのチャンネル!! (1973)

該当番組画像募集



チャッチャー チャッチャッチャーチャラー
オープニングは音楽が流されるだけで、
金曜10時!うわさのチャンネル!!というタイトル表示、
それから提供紹介となるテロップ画面のバックでは、
和田アキ子、せんだみつおらのレギュラー陣が、
揃ってカメラに向かってじゃれてくる絵で、
そこには巨大なムク犬も一緒に映ってました。
これぞこの番組のアイドル犬で、ダレ犬って言ったかな。
動物嫌いの和田アキ子は、この犬も本当に嫌がっていて、
何かあるとせんだらは、この犬を和田にけしかけてましたっけ。
和田は本気で逃げてたし、あまりにしつこいと涙目にまでなってました。
図体はでかいけど、見るからにおとなしそうで、可愛かったんですけどね。
和田アキ子がじゃないですよ(笑)。

そんなオープニングがサラリと終わるとすぐCM。
そしてCM明けに始まるのが、この番組のメイン、ゴッドねえちゃん。
画面向かって右から一列に指パッチンしながら音楽に乗って現れ、
  今日は東に明日は西に。流れ流れてさすらいの。
  その名はアコのゴッドねえちゃん。
  さて、あっことなき探求心に駆られたこの面々。
  今日はどんな事にあいなりますやら
とかいうナレーションがかぶさる出だしでした。
本当は「飽くこと無き探求心」なんでしょうけど、
「あっことなき探求心」って聞こえてたんですよね。
で、「アッコと亡きタンキューシン?」と聞こえて、
和田アキ子以外のメンバーは亡き者の設定なのか?とか、
なんかムリヤリな解釈をしてました。お子ちゃまだったからね(笑)。

どんなコーナーかというと、説明のしようが無い(苦笑)。
ただただメンバー間で悪ふざけしているような、ダラダラした作りでした。
とにかくのべつまくなしに、和田がメンバーをハリセンでブッ叩いてた。
覆面レスラーの魔王デストロイヤーもいて、やたら4の字固めやったり。
あれは学校でも流行ったんだ。ひっくり返る逆4の字と併せて(笑)。
あとは、せんだやデストロイヤーがそんな和田に逆襲するため、
とにかく生き物をやたらと和田にけしかけてた。
爬虫類は勿論、哺乳類でもアウトなんですよね、彼女。
本気でスタジオ中逃げ回って、カメラはそれを追っかけて
セットの外のスタッフとかも映しちゃう感じで。
これは井原高忠が手がけた生番組だったらしいですが、
ゲバゲバの頃は生だろうと台本に拘った井原・日テレも、
こういうその場のノリで作っていっちゃう番組をやり始めたんですな。
よく考えてみれば、ひょうきん族に先駆ける作りだったと言えるでしょう。
スタッフこそ出なかったですけどね。

マギー・ミネンコという外人女性もいて、つんつるてんの着物を着てました。
で、何かあると「乳モメー」と胸を張るのが持ちネタで、
せんだがお言葉に甘えてと両手を出すと、アッコがハリセンでどつく
というのがお定まりのパターンになってましたっけ。
この「乳モメー」でブレイクした彼女、レコードまで出して、
番組中でも歌ってました。走れブンブンって言ったかな。
  国道沿いを西へ行く 荒くれ本牧 ヘッドライトの横須賀
  走れーブンブン だけどーブンブン
  背中のカモメが ウインクをしてる
なんて歌だったかと思います。

生だったというわりには何故か結構VTRが現存していて、
よく懐古番組で流されますけどね。
まだ14歳だった浅野ゆう子が「まーた開いて」のところで、
騙されて一人だけ大股開いちゃって恥ずかしがるシーンとか、
徳光和夫が4の字固めをかけられて、「あした父親参観日だよ(泣)」と
悲痛に苦悶するシーンなどが有名ですけど、ぜんぶ生で観てました。
OPで紹介されるスポンサーでは、コーセー化粧品が印象に残ってます。
多くの人気お笑い番組の例に漏れず、この番組も叩かれましたね。
でもそれより何より、番組の作り自体がアドリブの反応ばかりに頼ってて、
早晩マンネリに陥るのが宿命だったですけど。
アドリブはスパイスとしてピリッときかせるくらいがいいんでしょうね。
全編アドリブのお笑いは、かなりの引き出しが要求されて至難と言えます。
とまれ、この番組でのゴッドねえちゃんのキャラ設定は、
和田アキ子の芸能人生を大きく転換させることになりました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
中洲産業大学
のタモリさんが可笑しかったです。
タモリさんの「芸」は凄かった!と思います。
それから、所ジョージさんも出演されていましたよね。
ある回の終わりに、タモリさん(確か・・)が「(所ジョージさん)がレコードの売り上げの100万円を寄付した」というようなことを仰って、他の出演者もびっくりしていました。所ジョージさんは「言わないでくださいよ」と困っていました。
せんだみつおさんもビックリして、「なんで、なんで?」という感じで質問すると、所さんが「若い頃に大金を手にするとろくな事ないですから・・」と言っていました。
私の中ではこのときから、所ジョージさんの好感度グーンとアップでした。
2006/10/11(水) 06:53:01 | URL | モデラート
戦友です(笑)
ゴットねえちゃん!
このコーナーではせんだ氏をはじめ、湯原昌幸氏(後あのねのね)、マギーミネンコさん(後シェリー)など本業ではいまひとつパッとしなかった方達が輝いていましたね。
まあ、今見れば本当に身内受けのバカ騒ぎと言えばそれまでなんですが、ドリフターズ等の考えられた笑いではなく、突発的な笑いと言うのを見せてもらえたような気がします。
タモリ氏も確か途中参加だったと思いますが人気が高まるにつれせんだ氏が嫉妬のコメントを出していたのが懐かしい。

和田さんが番組を去り、山城新吾氏が出てから少し番組から離れました。
そこで裏番組の必殺を見始めたら、
あら?和田さん出てる・・・。
2006/10/11(水) 10:33:15 | URL | nenkorhoads
おネエちゃん、やめて~~!!
この番組の思い出というと、ゴッドねえちゃんにせんだみつおがイジメられて「おネエちゃん!やめて~」と叫んでいる事でしょうか。よく毛深いせんだ氏の足に強力なガムテープを巻いて、勢い良く剥がしたり、必ずデストロイヤーにかけられる4の字固め、マギー・ミネンコ、シェリー、木の葉のこ女性陣も結構いろいろイタブられてたり・・多分人間の残酷な暗いヨロコビ(イジメ)を初めてテレビでギャグネタで放送したんじゃないでしょうか。クレージーキャッツ、ドリフターズ、コント55号私の親世代に「品がない!!」と言われたネタはあると思うんです。(私は「ちょっとだけよ~アンタもすきね~」が好きでしたよ。)でもストレートに人を引っぱたいたり、服を脱がそうとして笑いをとる番組ってこれが全国ネットでは初めてなのかも・・関西のどつき漫才(夫婦で飛び蹴りとかするヤツね。あれ観たときは、すごい衝撃!)とかに通じるものがあってやっぱりゴッドねえちゃんが関西人だから?
今はお昼の「マンネリの御大タモリ」も3ヶ国語麻雀の切れ味のいいギャグや半裸で床に這いつくばってイグアナになりきってた新人でしたものね。ある意味すごい番組でしたよね。
2006/10/11(水) 22:00:07 | URL | オバ
あったあった(笑)
思わず読んでて笑ってしまいますね(笑)。

● モデラートさん
こういう番組をご覧とはイメージと違いますね(笑)。
タモさんはもちろん、所さんなんかは更に後期ですね。
ギリギリで覚えてますが。
中州産業大学だのイグアナだの四ヶ国語麻雀だのは、
いろんな番組でやってたんで、どうも記憶が曖昧です。
所さんはいい人を全面に出しても、それが嫌みにならないですね。
人徳と言うほか無いです。
100万円! 100万円! の、ドバドバ大爆弾も
木曜特集でやりたかったんですが。
あの番組では、若い奴に何十万円も与えてたよなあ(笑)。

● nenkorhoadsさん ←なんて読むんだろ?(笑)
湯原さんいたっけなあ。せんみつ・湯原コンビですね。
あのねのねいた! いやあ、懐かしい(笑)。
ねのねは、わりと人気ある時期に出てたでしょ。
タモさんに嫉妬のせんださん、ありましたね(笑)。

ああ、和田さん降板して山城さんになったんでしたっけ。
忘れてたなあ。
必殺うら殺しでしたっけ、和田さんが出たの。
殴り殺すという(笑)。

● オバさん
はいはい。覚えてましたよー、ブログ界の鈴木健二。
この番組をご覧だったと言ってましたよね。

ガムテープ、あったあった(笑)。
あの痛がるのが可笑しかったんだ(笑)。
残酷系のギャグって、実はお笑いでは定番で、ツッコミの時にドツいたり、
ドリフでも金ダライとか有りましたよね(笑)。
この番組は、更にエスカレートさせたわけですけど。
ワタクシはお笑いバーリトゥーダーですから(笑)、
この番組も楽しめましたけど、いま考えれば批判もまあわかります。
わかりますが、一つくらいこんな番組あってもいいじゃないかと思いますね。

タモさん、30にして新人でしたからねえ。
当時、我が地方に来てサイン会みたいのやったんですが、
全然ナメて観てたんで、まったく興味ありませんでした。
すぐに消える芸人だなと思ってましたね。
まさかお昼のリーダーとして何十年も君臨しようとは、
夢にも思わなかったです(笑)。
2006/10/11(水) 23:39:19 | URL | ごいんきょ
マギーミネンコは
「燃えろブンブン」です。
第二段は打って変わってしっとりとした「涙の河」この曲が大好きでした。

この番組大好きだったです。金曜日の夜10時からだったでしょうか。実は祖父が亡くなったのが金曜日。真っ先に「今日はこの番組が見られないな…」と頭をよぎりました。(反省)
2007/01/06(土) 22:19:25 | URL | ダイアナ・シールズ
(苦笑)
ああ、燃えろブンブンですか。
吠えろブンブンっていう犬のマンガがあった気がしますが、無関係なのかな?
そう言えば二曲目もあって、それは色物じゃなかったのは覚えてます。
が、曲は勿論タイトルすら覚えてません。
そうですか、いい歌だったんですか。

>真っ先に「今日はこの番組が見られないな…」と頭をよぎりました。
いや、笑っちゃいましたけどね(苦笑)。
ガキってのはそんなもんだったりします。
ワタクシは爺ちゃん大好き人間でしたが、
それでも死んだ時に悲しくはなかったですからね。
年寄りが死ぬのはごく自然に受け止めてました。
2007/01/06(土) 22:46:27 | URL | ごいんきょ
マギーミネンコ燃えろブンブン
今思えばこのレコードが義兄がレコードを持っていてレコードをあげるよと言ってた事があるその時はいらないとことわった事を思い出します。今思うともらっておけば良かった。出来ればダウンロードして思い出の一曲にしたい
2008/11/17(月) 08:11:01 | URL | (ハンドル未記入)
だけーどぉ,ブンブン!とばすー,ブンブン!
既出ですが,ハレンチパラダイスっつーCDにありますよ。
2008/11/17(月) 21:35:30 | URL | いくちゃん
そもそも、マギー・ミネンコって名前からしてインパクトありましたけどね(笑)。
あげくはブンブンって歌だもの。
そりゃ子供は覚えちゃいます(笑)。
2008/11/18(火) 03:20:59 | URL | ごいんきょ
750のエンジン 雨のサタデ-ナイト
私の彼氏は荒くれ 街の嫌われ者
だけど~ぶんぶん 飛ばす~ブンブン

せんみつ&湯原+ずうとるびの時によく見ていました。
多分その頃ってずうとるびは4人とも10代だったのでは?

最後のコーナーで、部屋のセットに隠されたダイヤの指輪を視聴者が電話を通じて探すというのがあって、何故か裸の女の人が出ていました。
ゲストの男性アイドルの顔が時々抜かれて、鼻の下長~くしてるのが面白かったのを覚えています。

今振り返ると10代だったずうとるびは毎週キレイなモデルさんの裸が拝めてラッキーなお仕事してたんだなぁと思ったりします。
2009/06/05(金) 05:55:10 | URL | じゃりんこ
うわさのチャンネル
エンデング曲のタイトルがしりたいです。やってられない音頭?じゃないですよねえ。
2009/07/31(金) 06:39:28 | URL | ひろちゃん
栗咲ジュンだっけ?
なんか色の黒い女性歌手で、エンディングで、♪う~わさのベースボ~ル~、巨人軍~、何人出ますかおったのしみ~、おったのぉ~しみ、アッププ~(だか、あっちちぃ~)って歌ってましたよね。
巨人の選手の名前を織り込んだ歌詞だったと思うんですけど。
一番初めの歌詞だけなんとなく覚えてるのが、「柳田腰のお嬢さん」っていうところかな。
「柳腰」と「柳田(選手)」を掛けてたんだけど、ここしか覚えてないや。
2009/10/03(土) 01:04:38 | URL | ななお
↑ レコード持ってました! が・・・・・
レコード持ってたけど 歌詞が思い出せないぃぃぃ(>_<)

柳田腰のお嬢さん・・・僕の子供は河埜鳥(コウノトリ)・・・・二浦ウラウラ・・・・・

ああああ 思い出せない(--;)

レコードジャケットは 浴衣のおねえさんだったような・・・・
2009/10/31(土) 00:40:07 | URL | ダウム
「ろ」→「る」
今更ですが、よく間違える人が多いんですよね、マギー・ミネンコの歌のタイトル。正しくは「燃えるブンブン」です。
2009/11/07(土) 18:34:38 | URL | 石毛零号
「エンディングテーマ」1番の歌詞です。
『うわさのチャンネル』のエンディングテーマですが、1番の歌詞は次の通りです。

ヤナギダ腰のおねえさん ぼくの子供をコウノ鳥
たまにナガシマ クロエたら うぶな心はカトウなる
ニウラウラウラいい天気 ぼくとデートをいたしましょう
タカハシわたって オガワをのぼって ミズタニあたりで クニマツよ
うわさのベースボール巨人編
何人出ますかお楽しみ アッホ
お楽しみ アッホッホ

…いかがでしょうか? 胸のつかえは取れましたたでしょうか?
この曲の題名は『うわさのベースボール巨人編』で、葵美音子さんが歌っていました。なお葵さんは『必殺仕置屋稼業』のテーマ曲も歌ってらっしゃいました。
2009/12/18(金) 20:02:32 | URL | 甚六
金井 克子さんの・・・
こんにちは。
いや~うわさのチャンネル懐かしいですね。当時私は小3位だったかな。毎週見てましたね。(笑
山城新悟さんと、せんだみつおさんのコントとか、四の字固めに悶え苦しむ徳光さんに爆笑してましたね。
こんな衝撃的な事もありましたよね?
せんださんが、金井克子さんの胸のあたりに噛みついて、なかなか離れずにとうとう失神状態に・・・。
衣装の上からとはいえ、よくあんな事が出来ましたよね。(爆笑
2013/06/11(火) 11:54:37 | URL | 言えねー言えねーもう言えねー
このスレも結構あいだ空いちゃってますね。


● じゃりんこさん
え。ずうとるびが跡を継いだのですか。
ワタクシは和田さんの時しか見てなかったようです。

でも、うわ~~~、エライ懐かしい!
そうそう。有りましたね~、ダイヤを探すコーナー。
ソファの上にある座布団の下とか、置物の裏とか。
これは本当にあの当時以来の記憶掘り当て。
ノーホジ感覚、ありがとうございました(笑)。
でも、ワタクシが見ていた頃はヌードのお姉さんなんかいなかった気が。


● ひろちゃんさん
エンディング曲、ワタクシが見ていた頃はOPと同じだった気が。
つまり、なんの変哲も無い番組専用テーマ曲ですが。
本文冒頭にも書いてますけど、誰もあれじゃ判らないですよね(苦笑)。

ただ、うわさのチャンネル主題歌として幾つかレコード化はされていて、
「うわさの小唄」「うわさのベースボール」「もしも音頭」とか、
五月みどりさんの「ブギウギ小唄」とか、色々あったようです。


● ななおさん
レコードにもなった、「うわさのベースボール 巨人編」ですね。
日テレは同じ金曜の『スターに挑戦』でも、「プロ野球小唄」というのをED曲にしてました。


● ダウムさん
ジャケットは着物姿の栗咲ジュンさんでしたね。


● 石毛さん
ああ、燃えるブンブンですか。どっちにしても意味わからないけど(笑)。


● 甚六さん
情報ありがとうございました。


● 言えねー言えねーもう言えねーさん
えー。そんな事あったんですか?
今なら炎上モノですね(苦笑)。
ところで、「言えねー言えねーもう言えねー」ってなんの番組だったか?(笑)
2013/11/12(火) 22:04:38 | URL | ごいんきょ
「言えねー言えねー・・・」も、「うわチャン」だと思いますが・・・。たぶん・・・。
こんばんは。忙しそうですね。(笑)

「言えねー言えねー・・・」は、「うわチャン」の、山城さんとせんださんのコントのコーナーですね、たしか・・・。
刑事と変質者が取り調べ室で・・・。
刑事役の山城さんが変質者役のせんださんに詰め寄る訳ですね。「下着泥棒はおまえだろー」とか何回かやり取りがあって、それに対してせんださんが「言えねー言えねーもう言えねー」と、こんな感じだったと思いますが。(笑)
せんださん、最近見かけないですね。お元気なんでしょうか。寂しいナ。
2013/12/23(月) 17:52:30 | URL | 言えねー言えねーもう言えねー(長いなこれ)笑
あー。この番組でしたっけ。
よく思い出せないんですが、使われ方は思い出しました。そんな感じでしたね。

取り調べで少し話しかけて、ハッと慌てて、言えねー言えねーもう言えねー。
せんださんのギャグでしたか。
貴重な数少ないギャグなのに、本人ももう忘れているみたいですね(笑)。
2013/12/26(木) 22:51:26 | URL | ごいんきょ
んがちょこちょっとどこ♪

「ここっ!」なんてエンディングで五月みどりさんが唄っていたのはうわさのチャンネルでしたっけ?「たんたんタ~モリの・・か~んがえてますよ~ドゥ~ワ~」なんてコーナーもあったような・・。関係ないですけど「タモリのグスタフおじさん」て番組ありましたよね。
2014/09/05(金) 18:51:46 | URL | hey
初期のタモリさんって、なんか好きじゃなかったんだよなあ。
すぐ消えると思ってたし(笑)。
だからか、タモリさんとか所さんとか出てきてからは見てないんですよね。
ど素人と思ってましたし、二人とも(笑)。
でも、テレビってど素人の方が受けるんですよね。
なまじ芸があると駄目。
宴会芸程度で無いとテレビの小さな画面では逆に映えないのです。
日本では特にね。

幻のグスタフおじさんをご覧でしたかあ。
覚えている事ありますかねえ。
2014/09/06(土) 07:21:59 | URL | ごいんきょ
懐かしい!
初めて書き込みさせていただきます。
この番組、好きでした。

いつも防具を着用していた「ツルツル怪人」という人が出ていました。そのあだ名の通り、頭はツルツルでした。名前は、塚田進さんだったと思います。

また、名前は思い出せませんが、言葉を間違え、皆がこけると、「間違えてしも~た~」と叫ぶ、若い女性がいました。

和田アキ子さんがこの番組を離れた後、レギュラーとなった千昌夫さんが進行役を務める「パッキン女学院」というコーナーがありました。

コーナー名通り、外国の金髪の女性が出ていましたが、その中に、小学生ぐらいの女の子がいました。

よくおしゃまなことを言って、皆を笑わせていました。

以前、調べたところによると、この女の子は、大相撲の千秋楽で「ヒョーショージョー」と言って場を和ませていた、パンアメリカン航空の偉いさんの娘だそうです。
2014/09/08(月) 01:50:53 | URL | ワン太郎
あなたが書き込んで下さるのをずっと待ってましたよ(笑)。

防具とは、剣道の防具ですか。
それは覚えてないなあ。
後期ですね、多分。
間違えてしもたーは誰だろう。

千昌夫さんがやってたんですか。
金髪好きで売ってましたからね。
あのデビッド・ジョーンズさんの娘さんも出てたんですか。
それは見たかったな。
2014/09/11(木) 05:54:57 | URL | ごいんきょ
木ノ葉のこさん。
タレントの【木ノ葉のこ】さんって、デビューが「うわさのチャンネル」じゃなかったっけ〜〜!?ちゃんちゃこりんのアタマにツンツルテンの着物着て…「おねえちゃま〜〜!!」ってゴッドねえちゃんを呼んでいましたな(^◇^;)
2014/12/09(火) 10:37:19 | URL | マスダっち1971
当然ながら見ていました!
一家揃ってお笑い番組・俗悪番組を欠かさず視聴する(笑)我が家では当然この番組も見て一家揃って大爆笑してました!
とにかくシッチャカメッチャカな番組!というのが印象で、大人になってから当時のVTRを見て、「あれ?当時は大爆笑してたんだけどなあ。」
とちょっとガッカリ・・・・・、これ生放送というライブ感で大爆笑していたんだなと。

只、今振り返るとあれだけコメディの完成度にこだわっていた井原氏にこんなハチャメチャな番組を作らせた「打倒ナベプロ!」という執念の凄まじさに空恐ろしいものすら感じますね。
一方ナベプロも戦争のそもそもの発端となった月曜8時の時間に、元々は桂三枝のネタとして使われた「電線音頭」を三枝降板後も大々的にフィーチャーし、テレビ史でも空前絶後といえる乱痴気騒ぎを演出(伊東四朗の話だと当時「伊東さん、とうとう頭がいかれて精神的な病になったらしい」と業界関係者内で噂されたらしいです(笑))と、ある意味日テレナベプロ戦争の頂点だった様にも。

ひょうきん族も「打倒!全員集合」という意味で、この番組をお手本にしたフシも感じられますね。
2014/12/09(火) 20:42:12 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
● マスダっち1971さん
え?そうなんですか?
そう言えば出ていた気がするし、デビュー直後だった気もする。
服装からして、マギー・ミネンコさんの後釜だったのかな。


● TXさん
井原さんはこの当時は編成局長でして、制作総指揮みたいな感じだと思うんですよね。
だから井原さんもこの番組を内心ではどうしようもないと思ってたんでしょうが(笑)、
視聴率を取れれば最悪ではないという商売人の視点も持ってましたからね。
この枠は元々、渡辺プロに任せるつもりだったけど、お宅が紅白歌のベストテンの裏に番組作るなら、
もう余所に回すと啖呵を切って出来たのがこの枠だという事になってまして、
それでホリプロの和田アキ子さんが刺客に抜擢されたと。
井原さんと堀威夫さんはツーカーの仲。
堀さんと渡辺晋さんは微妙という感じだったと思います。
そんな経緯ですから、意地でも成功させなければいけなかった枠で、
本当になりふり構わず(笑)という感じでした。
普遍性は無いですね。ただの垂れ流しだと思います。
数字取れなかったら本当に最悪の番組だったと思います(笑)。
2014/12/10(水) 20:02:10 | URL | ごいんきょ
「金曜10時!うわさのチャンネル!!」のあとは…
「金曜10時!うわさのチャンネル!!」のあとは…22時54分から丸井提供「スポーツニュース」かと思いきや…「うわさのチャンネル!!」が放送開始した1973年頃は、丸井提供「われら夫婦」を放送していました(^◇^;)丸井提供「スポーツニュースは1972年4月〜1976年3月まで、平日版は23時10分〜23時15分に放送していたんですね(^◇^;)
2014/12/11(木) 18:32:53 | URL | マスダっち1971
『われら夫婦』って、知らないような、有ったような。
見れば思い出しそうですが。
それにしても、ガッツさんの旭化成押しと
マスダっちさんの丸井押しは定番ですな(笑)。
2014/12/11(木) 21:07:36 | URL | ごいんきょ
そうですか〜〜!?(^◇^;)
ワタシの丸井押し…定番になっちゃいました!?いや〜〜ん!!小っ恥ずかしい〜〜(^◇^;)ガッツさんが旭化成押しとは!!
2014/12/12(金) 18:25:35 | URL | マスダっち1971
上部中央検索窓で、「旭化成」を検索すれば納得(笑)。
2014/12/12(金) 20:36:06 | URL | ごいんきょ
ザ・デストロイヤー
「うわさのチャンネル!!」にプロレスラーのザ・デストロイヤーさん…出ていましたよね!?デストロイヤーさんはどちらのお国のお方ですか!?日本語は…話せたんすか!?
2015/01/19(月) 10:39:31 | URL | マスダっち1971
うわさのチャンネルの後に
マスダっちさんのコメントにありましたが、「われら夫婦」って丸井提供の5分番組が放送されていたんですか。
スポンサーがスポンサーだけに首都圏だけの放送でしょうが、当時北海道に住んでいたので当然その番組は知る由もありませんでした。
しかしあの「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」の後継番組「みごろゴロゴロ大放送」内のパロディー番組にも「われら夫婦」というミニ番組があり、スポンサーが丸井のパロディーで「丸くない(○I○Iの「○」に×印を重ねていた)」だったり「○×△□」と出ていました。
そのパロディー番組は夫婦の生活をドタバタコントで紹介するものでしたが、本家「われら夫婦」は夫婦生活をシリアスに紹介するものだったのでしょうか?

「みごろ~」が終了して5年後に北海道から首都圏に父の転勤で来て初めて○I○Iを見て、ようやく先の「丸くない」や「○×△□」の元ネタと理解しました。同時に北海道で「まるい」といえば「丸井今井」「まるいいとう」「くにい」と思っていたのが首都圏ではまさにそのままの「丸井」のことで、カルチャーショックでした。
2015/01/19(月) 18:49:23 | URL | リオ
魔王からデスへ
ザ・デストロイヤーといえば、私が思い出すのは力道山との死闘であり、恐ろしい存在「魔王」でした。それが、この番組に出てからというもの、ゴッドねーちゃんから「こら、デス!」とか呼ばれて、一気にイメージダウン。私なんかは「デストロイヤーおもしろい」とか言って、楽しんでましたが、嘆かれていた往年のプロレスファンの皆さんは多かったんじゃないでしょうか。
 この番組中のデストロイヤーといって一番記憶に残っているのは、徳光アナがゲストで出演したときのことです。リハーサルではなかったんでしょうが、デスに四の字かけられて、その痛さを自ら実況中継するはめになったんですね。半泣きで痛みを訴える若き徳光さんを笑って見てました。
2015/01/22(木) 22:06:08 | URL | みのモンタナ
「死んでもマイクは離しません!」
とか言っておきながら、最後おもいっきり放り投げてましたね。「俺ギャラでてねーんだぞ!」と悪たれついてました。
デストロイヤーの覆面は奥様の手作りとご本人が言っていたのを聞いたことがあります。全日に移籍後は大変な親日家となり、「うわさの~」の効果もあり大人気でしたね。そんな中、全日の中継ではブッチャーと死闘を繰り広げ、白いマスクが鮮血で真っ赤に染まるのを見た時は「うわさの~」とのギャップに思わず手に汗握ってました!そのブッチャーも日本で人気が出て水着の女の子を抱えて海で戯れる的なサントリー飲料のCMがありましたっけ。
2015/01/23(金) 16:52:15 | URL | hey
魔王の事
マスダッチさんへ!白覆面の魔王事、センセーショナル・インテリジェント・ザ・デストロイヤーさん〔これが正式なリングネームの筈です〕はアメリカバッファロー州生まれのドイツ系アメリカ人でシェラキュー大学出身、今でも年に一度は来日し、麻布十番の祭りには顔を出すそうですよ!
2015/01/24(土) 02:17:07 | URL | かむい
ですとろいや~ いちばーん!!
ホーガンあたりが「1番っ!」と叫び、外国人向けの土産物のTシャツや鉢巻に「1番」の文字が躍るようになって久しいですが、元祖はやはりデスさんでしょう。「うわさの~」でも盛んに「デストロイヤー1番!!」と叫んでましたっけ。
そんなデスさんが頑なに口を閉じ、アッコさんたちが話しかけても人形のように動かない時がありました。しつこくアッコさんが呼びかけるとおもむろにむにゅっと口を開け、そこからは大量の○○○が出てきたのです。やっと口を開いたデスさんが一言、「むまし!」・・・それマムシですから。
2015/01/24(土) 13:30:33 | URL | hey
● マスダっち1971さん
たしかアメリカの人で、今は小学校だか児童施設の教師をやっていたかと。
探せばYouTubeに動画あるかと思います。
日本語はほとんど話してないですよね。


● リオさん
みごろごろごろって有ったかなあ。
みごろ食べごろも、まだやってないんですよね、ここ。


● みのモンタナさん
うーん、でも、正直言ってプロレスでの人気は翳ってましたからね。
だからああいう路線もやってみたんじゃないでしょうか。
あの後は、プロレスでの使われ方が難しくはなりましたよね。
徳光さんとの絡みは、懐かしもので定番ですけど、
あれは生で見てたからなあ。


● heyさん
そりゃ、お約束ってもので(笑)。
「押すなよ」って言っているのに、押さなかったら悪いじゃないですか。
それと同じで、離さないって言ってるんだから、離させないと笑いになりませんからね(笑)。
局アナですから本当にギャラは無かったか、微々たるものだったと思います(笑)。
デスとブッチャーの試合も有ったかな。
その頃は見てなかったかも。
全日本プロレスのスレも有りますよ。

デスさん、一番って叫んでましたっけ? それは覚えてないですね。
蛇の玩具ですよね(笑)。


● かむいさん
インテリジェント・センセーショナルですね。
今は教育者のようですから、本当にインテリだったんでしょう。
え。今でも毎年来ているんですか。
2015/01/25(日) 05:46:07 | URL | ごいんきょ
アッコさんが歌ってましたよね
アッコさんとスリーディグリーズで、番組最後に歌ってませんでしたか?曲目がわかりませんか?‘地球が壊れそうだ、それ逃げろここから・あいつの広い胸にそれ逃げろ独り占めするなら今’という歌詞だったと思います。誰か教えて
2015/02/05(木) 17:17:04 | URL | フレンドパーク
エンディング主題歌というのは覚えてないですね。
ワタクシの記憶では、OP主題曲と同じのが流れていたかと。
たまたまその回だけだったのでは?
2015/02/08(日) 08:04:44 | URL | ごいんきょ
デストロイヤーさん
麻布十番の祭りには毎年来てるそうですが、丁度夏休みシーズンで
日米ジュニアレスリング大会の引率責任者でも有るためそれも兼ねてきてるみたいですよ!
2015/02/08(日) 17:20:05 | URL | かむい
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
裏モノ日記 2009年 08月 14日(金曜日) http://www.tobunken.com/diary/diary20090814144259.html 一方の山城新伍、この10年は老人ホーム住いだったという。 70...
2009/08/18(火) 06:56:17 | トンデモない一行知識の世界 2 - 唐沢俊一のガセビアについて -
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。