私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ウルトラマンA (1972)

金曜の名番組枠って多いんですが、それだけ長期枠だったりするので、
生半可に書けなかったりするんですよね。
ちょっと書き出してみようと思うと、あーだめだ凄い長くなる
って感じで萎えちゃって、なかなか適当なものが見つかりません。
で、新ウルトラシリーズとあいなるわけですけど、
リク戴いたレオは、ワタクシが子供番組から離れた時期で、
今回はパスでございます。Aで勘弁してください(笑)。


帰マンからの新ウルトラシリーズは、小学館の学習雑誌で
最新ニュースを大きく取り上げられたものです。
内山まもるによる漫画版も連載されていたかな。
で、帰マンが終わる事となり、新番組の告知が数ヶ月前に発表され、
そこでのタイトルは、ウルトラA(エース)となってました。
うん、いいんじゃない、と思った当時のワタクシ。
と言うのは、「帰ってきたウルトラマン」って、呼びづらい(苦笑)。
普通にウルトラマンって呼べばいいと思うなかれ。
我々の気持ちとして、ウルトラマンは、ウルトラマンしかいないんだ
というものが、無意識にもあったと思いますね。
つまり、帰ってきたウルトラマンはたしかにウルトラマンなんだけど、
それはあくまでも帰ってきたウルトラマンであって、ウルトラマンじゃない。
わかるかな? わかんねぇだろうなぁ(笑)。
でも、ジャックなんて取って付けた名前が一番気にくいませんが(笑)。

で、ウルトラマン、ウルトラセブン、ときたんだから、
次もウルトラなんとかにすればいいのに、とは最初から思ってたんで、
ウルトラAという名前には納得してたんですよ。
ところが翌月だかの速報では、なぜか「ウルトラマンA」というタイトルに。
なんじゃそら(笑)。かっちょわりぃ~~~~。どう考えてもマンが余分。
ウルトラAで良かったのに、なんで替えたんだ!と憤慨しましたが、
どうも、いつもながらの商標の問題だったようですね。
でもウルトラマンAは無いだろうと。替えろよと(苦笑)。
新期円谷のネーミングセンスの無さには憤りを覚えたもんです。
もっとも、次作のタロウに至っては怒りを通り越して呆れ、
子供番組から足を洗ういいきっかけを戴きました。
馬鹿馬鹿しくて相手してらんない。本当に当時、そう思いましたね。

でもまあ、Aに関しては、ギリギリで許容範囲でしたので、
最初のうちは少し観ました。これは帰マンの時も同様だし、
当時の数多あったヒーロー物ほとんど、こういう付き合いでした。
最初の数回観て感じがわかったら、あとは付き合えないって感じでしたかね。
例外は本家仮面ライダーとキカイダーくらいだったと思います。
Aに関してはなんで最初の数回観る気になったかと言えば、
怪獣じゃなくて超獣が出るってニュースだったんで。
子供騙しよのう(笑)。
怪獣の何十倍も強いっていう触れ込みなんですよね。
でも、見かけも動作もどこが違うのかと(苦笑)。
で、そんなに強い超獣も、Aにかかっては怪獣と同じにやられちゃうし。
結局おんなじやん。観る前から想像はしてたけど(笑)。
それでも、異次元人ヤプールがなんか気に入ったんで、しばらくは観ました。
好きだった光速エスパーのギロン星人のテイストに近かったですからね。
巨大ヤプールとかなったのには幻滅しましたが(苦笑)。

前作 帰マンでは変身を凝りすぎて、いつの間にか変身するという
わけのわからない方式にして失敗してるのに、
この番組でも凝っちゃって、男と女の隊員が合体して変身でした。
それじゃあごっこ遊びできへんがな(苦笑)。
バロム1もたしかに合体だった。
でも、あれは男の子同士だからごっこ遊びできるの。
実際の子供達の集まりにしずかちゃんはいないの(苦笑)。
で、これも前作同様、途中から仕様変更となりました。
南隊員は星へ帰っちゃうんでしたっけか。
いずれにせよ、主人公の北斗隊員一人で変身するようになりました。
ワタクシが実際に観たのはこの辺までかな。
たしかこのAからウルトラファミリー化が進んで、
学習誌のニュースでそれを見て、とてもついていけないというか、
過去の名作を冒涜された気持ちになり、かなり憤ったですね。
ウルトラの父って…  ゾフィーまでなぜか兄弟になってるし…
自分達が作った名作をわざわざ矮小化する愚かさは、
子供だったワタクシの嘲笑の対象でありましたよ。
その気分は今でも変わりません。
あのファミリー路線だけは絶対に許せない。


ま。ここはワタクシの番組との関わり合いを中心に語る、
あくまでも私的なブログですんで、今回はちょっと辛辣ですけど、
こう接していた視聴者が実際にいたという話で、
それ以上でも、それ以下でもありません。
ワタクシが辛いコメントをしている記事には、
やはり皆さんコメントしづらいようなんですが(苦笑)、
むしろ、自分は楽しんで観てましたというコメントを戴ければ、
本記事の毒を中和して戴けるので助かるんです(笑)。
ワタクシはあくまでもスレ主に過ぎないんで、
ワタクシの意見に流されたり、過分に配慮する必要はありません。
これは全てのワタクシの記事・コメントに言える事でございます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
帰ってきたウルトラマンの名前のことだけれど、この題名制作側が当初はゼットンに敗れて光の国へ去ったウルトラマン(つまり初代、この呼び方がわからない?)が地球に帰ってくるという設定になっていたそうです。つまり同一体にするつもりだったからこの題名だったのですよ。
2006/10/13(金) 16:25:27 | URL | 田毎の月
女子が変身する巨大化ヒーロー
その一号としてこの作品の南とお思いの御仁も多かろうがそれは違う

実はCMの世界ではそれに先んじる兵が居り松下の掃除機の隼のCMでは後の同社のフレーズで言う綺麗なお姉さんがヒーロー隼に変身し見事にゴミラと名乗るごみ怪獣に勝つと言うストーリーでYOUTUBEに証拠映像もある
2006/10/13(金) 22:20:54 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
隼!(笑)
● 田毎の月さん
うーん、その辺はどうも、曖昧で行くという戦略だったと思いますよ。
円谷の中にもいろんな人がいて、それぞれに温度差があるんでしょうけどね。
新マン番組中では前作のウルトラマンに関しては出てこないし。

● ガッツさん
隼って、懐かし過ぎるがな(笑)。
そんな古い動画がどうして上がってるんだろう?
2006/10/13(金) 23:40:18 | URL | ごいんきょ
リクエストがあれば合体変身ごっこにつきあったと思うけれど、誘われなかったですよー。
やっぱり男の子としても、しずかちゃんと合体変身するのはいいけど、ジャイ子と合体変身するのは嫌だったんじゃないですかー?(笑)
2006/10/14(土) 20:21:59 | URL | Daaw
ウルトラタッチ
ボクとでよかったら合体してぇ~~~! (^o^)ノ

なんて、セクハラレスをしたくなってしまうじゃないですか (^▽^; (笑)
でも、男の子数人の中で女の子一人が混じって遊ぶって、無いでしょ。
ガキの頃は必ずからかわれると思うんですよね。男も女も。
また、変身の仕方自体が真似不可能でした、これ。
ウルトラタッチって言ったかな。
空中回転して空中でタッチですからね(笑)。
2006/10/14(土) 23:28:44 | URL | ごいんきょ
テアブルモンスター アタッキング クルー
私的には、タックパンサーですね。
コロナマーク2でしたか。
TDF PO-1が当然1位、次はマットビハイクル(ビークルのローマ字読みだったのは有名な話)、そしてタックパンサーですね。
2006/10/15(日) 01:56:00 | URL | W.B.
兄弟仁義捜査網
新マンの38話でしたか・・ハヤタとダンが現われて、ナックル星人に捕らえられた新マンを助けて「ウルトラブレスレット」を手渡す・・というやつ。この時はホントに1大イベントだった記憶がありますが、今にして思えば「兄弟=ファミリー化」の予兆だった気がします。でも、まぁそれなりに面白く見ていた、というのが正直なところです(前作同様の強引な後半・設定変更も含めて)。TACの隊長さんが「伊坂十蔵さん」なのも、なかなかヨカッタですw
 ちなみにワタクシもタロウでウルトラに訣別したクチです。
2006/10/15(日) 03:20:39 | URL | おやじバンザイ
欧米かっ!(笑)
● W.B.さん
新ウルトラシリーズでは、防衛軍名称がアルファベット3文字になりましたね。
MATだのTACだのZATだの。どれがどれだか覚えられへんわ。
昔は良かったなあ。ウルトラ警備隊とか、科学特捜隊だもの、単純明快(笑)。
正体がコロナちか聞くと、一気に夢が醒めるなあ(苦笑)。

● おやじバンザイさん
ナックル星人、ありましたね。
普段は観なくなったワタクシも、ベムスターやナックル星人の時は観ました。
まんまと策に嵌ってましたね(笑)。
あそこでもって、新マンと旧マンは別人であると、
ハッキリと意思表示されました。
まあ、実際に見た目から違ってたんですけど、
開始当初は、同一か別人かは曖昧でいく戦略だったようです。

そんな事より、セブンとマンの共演は、なんか違和感ありました。
だったらなんでセブンのピンチでマンが来ないのよという話です。
ファミリー作るなら過去の名作を巻き込まず、自分達だけでやれと言いたいんですが。
あのウルトラマンやウルトラセブンの思い出を勝手に捻じ曲げないでくれと。
まだこんなに力説できるほど初期ウルトラが好きだったんだなあ、
なんだかんだ言って(苦笑)。
2006/10/15(日) 06:37:19 | URL | ごいんきょ
名前について
初代ウルトラマンは後に「ジョー」になったと思います。
人が増えて「小学○年生」なんかに漫画になって連載されてる頃に出たような気がします。
でも、漫画のウルトラマンの眼に目玉を書くのはいただけなかったなー

チーム名ですが「MAT」だけ判ります。「モンスターアタックチーム」の略だそうです。
2006/10/29(日) 22:29:55 | URL | ZERO
尾崎兄弟か!(笑)
ジャックにとどまらずジョーって…
お前らはゴルフの尾崎兄弟か!って話ですね(笑)。

ああ。我々の後の世代のマンガだと目が書いてありますね。
昆虫かよと(笑)。
内山まもる先生の頃はそんなの無かったと思うんですが。

MATの頃はまだ割とわかりやすかったんですね(笑)。
2006/10/29(日) 23:27:43 | URL | ごいんきょ
エースの命
 ウルトラマンAで一番好きだったのは「三億年超獣を超えてゆけ」ですね。

ヤプールに力を与えられた漫画家が描く通りに話が進行して行き、Aと三億年超獣ガランとの闘いでは、リアルタイムで描かれるマンガの通りに闘いが繰り広げられ、現実と二次元が交錯した、どっちが現実だか判らない不思議な感覚に捉われました。
(私的には、怪奇大作戦をも含めてウルトラシリーズ中、屈指のアンバランスゾーン的な映像だったと思っています。)

「帰ってきたウルトラマン」で、セブン、初代ウルトラマンが援護に来てくれたときは狂気乱舞しました。

作品世界が違って、ヒーローの共演はあり得ないと思ってましたから。(実際なかった。)

まさしく夢の共演で、その後「マジンガーZ 対 デビルマン」など、永井豪作品では定番になっていくわけですが。

Aでは、初期作品は結構面白かったんですが、円谷一が死去してからは質が落ちまして惰性で観てましたね。

でも、Aからは光学合成技術が格段の進歩を遂げ、メタリウム光線が初めて七色になり、バーチカルギロチン、サーキュラーギロチンなど数枚の光の刃物(?)で相手をぶった切る表現が可能となりました。

「死刑!ウルトラ五兄弟」でゾフィーのM78光線が初めて披露され、ウルトラ兄弟中、最強であることを示していました。

こないだ、メビウスでは夢にまで見た、ゾフィーの変身シーンが拝めました。
2007/04/15(日) 23:03:01 | URL | なにわオタ
ゾフィゾフィゾフィゾフィ
三億年超獣を超えていけの界は、どうも見てないのか思い出せないです。
なにわオタさんの話を聞くと面白そうなんですが(笑)。

うーん、リアルタイムでQやマンやセブンを見てきた人でも狂喜できましたか。
まあその辺はただの好みの差ですからね。
ワタクシは、ヒーロー共演だったら納得できたんでしょうが、
「家族」という設定がどうしても我慢ならなかったです(笑)。

英二さんに続いて一さんも亡くなって、円谷も大きく揺らぎましたね。
でも、今にまで考えてみればよくやってるとは言えますか。

ゾフィーってまだ変身してなかったんですか。
もっとも、あれもウルトラマンの兄ってムリヤリ過ぎるだろと、
ガキの頃はどうにも我慢ならなかったんですけど。
と言うか、今でも納得してないんだから成長無いって事かな(苦笑)。
2007/04/16(月) 03:45:59 | URL | ごいんきょ
再放送
多分Aだったと思ったが・・・(OR,タロウ)1979年の早朝に再放送してたんす。当時は、番組開始が5時半だか6時だかで、TBSの放送開始がみたくて早起きしてました。
TBS、東京放送・・・というナレーション。映像出力なんとかヘルツなどのデータ。それはいいけれど、バックで色とりどりのフラスコだかメスシリンダーだかがごっちゃごっちゃ動いてました。あれは一体ナニ??鳥がでてきたのは日テレだったかな。今ってそういうのやってるんでしょうか?一晩中テレビってやってるんですよね。

それからすぐ、Aがはじまったと思います。・・・んー書いてるうちにタロウのような気もしてきた。篠田三郎が・・・!
CMは吉野家、日刊アルバイトニュース(きたきたきたきた・・・キター!日刊アルバイトニュースなのだ)その後、建こう守り5型(農協?)モンチッチやがんばれライオンズの番組が続いてました。

エースで思い出されるのは、バイオリンの回ですが、先日、スカパーでやっててオオッっと見てたら、バイオリンがでかくなってとんでいくっていう設定で、よくみたらコントラバス(チェロ?)やないけ。バイオリンにあるはずもない足がついてたよ。バイオリンのおけいこ(NHK)もいつなくなったんでしょうね。
2007/05/08(火) 23:41:22 | URL | くりお
マーチ
実は私の小さい頃も、夕方5時からウルトラマンシリーズの再放送があり、外に遊びに行ってもこの時刻には帰ってくるので、テレビっ子のはしり故に親に怪訝な顔をされました。ちょっと遅くまで外へ遊びに行かないと、「再放送まで時間がないから外へ行くのやーめた」ってなりますしね。

 ちなみに学研の百科事典のレコード巻に「マーチ・ウルトラマンA」というのがありました。
2007/05/09(水) 00:23:23 | URL | かじか
● くりおさん
TBS朝の再放送はワタクシもよく見てました。
ビッグXとかパーマンとか怪物くんとか。 って古過ぎか(笑)。
バイオリン超獣なんていたかな。ワタクシがもう見なくなってからでしょうね。


● かじかさん
百科事典の話、よーわからんです(苦笑)。
2007/05/09(水) 01:09:25 | URL | ごいんきょ
ウルトラA
同調するわけではありませんが、「ウルトラA」に始まり「タロウ」の件りまでが当時の自分の思いとあまりにも同じでビックリしました。ほんと。
当時小学館の雑誌にウルトラ兄弟のパワー比べが載っていて、ゾフィーが1位、エースが2位、一番好きな初代マンが最下位でショックでした。因みに次の年もあって、1位は変わらず、2位はタロウ、エースは怠けてて5位か何かで、初代マンは新しい必殺技で望んだにも関わらずまたも最下位・・・
あとからあとから勝手に話つくるなよ!と思いながらも楽しんでましたね。はじめのうちは。
2009/02/27(金) 11:45:40 | URL | naokiman
そうですか。
そんな印象を抱いた子が結構いたんですかね。

そうそう。
新メンバーが出ると我々世代のヒーローの能力を惨めなものとして宣伝しちゃうんです。
まるで車や電化製品のような扱いでした。
そういう意味でも、作品世界を一緒くたにしたのはとにかく許せない。
まあ、ワタクシは勝手にウルトラマンとウルトラセブンは単独世界の作品として扱ってますし、
そのためにもその後の作品はまるで無視しておりますが。
2009/03/01(日) 06:26:28 | URL | ごいんきょ
食わず嫌い
いま東京MXで「A」を放送しているのですが、毎週必ず観ています。ボクも「A」でウルトラから離れた一人なんですが、でも参考までに観てみようかななんて思いまして。
そうしたら意外と面白いんです。もちろん、隊員同士の信頼度、協調性が悪かったり、Aのスタイルが最悪だったりと問題点も多くあります。またウルトラシリーズの1作品として見た場合、第一期(Q、マン、セブン)の出来には遠く及ばないのは当然です。でもウルトラシリーズとは別の独立した作品として見れば、これはこれでなかなかと思えます。今後も(MXの放送に)期待します。

ところで誰も指摘していないからボクが訂正しますけど、「ジョー」とは初代マンではなくて、アニメ「ザ・ウルトラマン」に付けられた名前ですね。アニメ版のマンは途中から、「ジョーニアス」という「本名」を名乗ります。そのアニメ版マンが映画「怪獣大決戦」に実写出演した時に、「ジョーニアス」では長いので「ウルトラマンジョー」となりました。
2009/11/26(木) 16:10:31 | URL | 石毛零号
入院中に
放映中の昭和47年初夏に盲腸と腹膜炎で入院しました。6人部屋の子供部屋は重病人ばかりで空気が重く、長引く入院生活で本人ばかりか付き添いの家族も殺気立っていて、お気楽な盲腸の私と母親は気まずい立場でした。代わる代わるお見舞いが来るのも癇に障ったらしく、事あるごとに母親は看護婦さんを介して注意を受けていたようです。その話を聞いた祖父が事務長さんに直談判し「金はあるから個室にしてくれ。入院して気を使ってはかなわん。あと孫(私)がウルトラマンを見たがっているからカラーテレビもよろしく。」との事で向こうも商売ですからその晩から個室になりました。事業が順調で小銭のあった爺さんに感謝しながら個室で金曜7時のウルトラマンAを入院中2回楽しみました。ゴルゴダ星の回だったと思います。
2012/12/26(水) 20:22:05 | URL | とらお
● 石毛さん
随分と時間があいてしまいましたが宇(笑)。
もうご覧じゃないかもなあ。

独立した作品としてみれば、面白い部分もあるかもしれませんね。
ワタクシにはそれは不可能ですが(笑)。

ジョーってアニメ版でしたか。
ご指摘ありがとうございます。
初代ウルトラマンには愛称が無いって事かな。
ジムとかどうだろう(笑)。


● とらおさん
へえ。お爺さんがお金持ちで良かったですねえ。
ワタクシは盲腸すらなった事がない息災者ですので、
2週間くらいなら病院でAを見たのも良い想い出になるかなあと思っちゃいます。
2013/01/04(金) 09:34:16 | URL | ごいんきょ
はじめまして
ネットサーフィンして辿り着きました。
古き良き昭和時代のTVに関するブログということで、懐かしい番組名が目白押しですね!
過去の記事もまたゆっくり拝見させていただきます(笑)

アラフィフ世代の私も、ごいんきょ様と同様、Aでウルトラシリーズにサヨナラしたくちで・・・やはり夕子がリタイアしてしばらくして観なくなった記憶があります。

厳密に言えば、初代マンとセブンは再放送、帰マンはリアルで全話視聴、Aは途中でリタイア、タロウは初めの数回のみ、レオは結局一度も観ることがなかった・・・といった感じです。

特にタロウ以降の低年齢層向けのストーリー展開は、成長していく自分とのギャップがどんどん離れていった感じで、興味がなくなってしまいましたね・・・
ただごいんきょ様と違うのは、ウルトラ兄弟の客員出演は、個人的には嫌いではありませんでしたが(笑)

最近この歳になって、何故か子どもの頃に観た特撮番組を懐かしむようになり、AのDVDをレンタルして、つい先日全話視聴し終わりました(^^)今観返しても面白かったし、次はマンやセブン、帰マンのDVDを観ようかと思ってます。
2013/04/16(火) 22:44:32 | URL | ほけみん
はじめまして。
当たりハズレの激しいブログですので、ハズレの記事を読んでも見捨てないで下さいね(笑)。

>Aは途中でリタイア、タロウは初めの数回のみ、レオは結局一度も観ることがなかった・・・

おお。ワタクシもそのまんまです(笑)。

>特にタロウ以降の低年齢層向けのストーリー展開は、成長していく自分とのギャップがどんどん離れていった感じで、興味がなくなってしまいました

おお、まさしくそのまんま(笑)。


>ウルトラ兄弟の客員出演は、個人的には嫌いではありませんでしたが(笑)

いや。客員出演は、それほど嫌じゃなかったですよ。
帰マンの稿で少し書いてますけど。
嫌と言うか絶対に許せないのは、後付けのファミリー路線です。
だから、いまだにA以降は見る気にならないですね。
2013/04/20(土) 06:57:42 | URL | ごいんきょ
TAC隊員さんの中で
山中隊員(かな?)射撃の上手なキャラの人。昭和40年代後半は刑事ドラマの犯人役を良く演じてましたね。CSで良くお見かけします。
2014/07/19(土) 11:23:56 | URL | (ハンドル未記入)
↑ハンドル未記入でした↑
失礼しました。
2014/07/19(土) 23:25:24 | URL | とらお
Aになるともう、隊員一人一人は覚えてないんですよね。
それでウィキペディアを見てみたら、あまりに膨大な記述でウンザリしました。
使う技だの兵器だの、あんなに網羅して解説する必要無いでしょ(苦笑)。
百科事典で、特撮専門誌じゃないんだから。
そんなのは専門サイトでやってればいいと思うんですけどね。
日本の現今芸能とか子供向け番組の書き手には、
客観性というものが少し足りないように思います。
2014/07/27(日) 06:26:07 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
Q: どのウルトラマンが好きですか?A: セブンです。新着情報30件→goo ランキング思い出に残るウルトラマンランキング1ウルトラセブン2ウルトラマン3ウルトラマンタロウ4ウルトラマンエース5ウルトラの母6ウルトラの父7ウルトラマンレオ8ウルトラマンジャック9ゾフィー10
2006/11/09(木) 18:06:37 | 好き好き大好き!
TBS系 1972年4月7日~1973年3月30日 全52話 円谷プロダクション製作ウルトラシリーズ第5作で、第2期ウルトラシリーズの第2作。男女合体が衝撃的でした。この男女合体シーンでは意味もな...
2007/02/05(月) 20:33:29 | のすたるじっく動画館
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ