私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



WEEK ENDER ウイークエンダー (1975)

該当番組画像募集


チャラララ! ピーピ~~ チャラララ!
という緊迫感あふれる音楽による提供紹介でスタート。
考えてみれば、この番組には通常のOPがありませんでした。
連想ゲームの男性キャプテン・加藤芳郎がキャップで、
他に毎週5・6人のレポーターがいるという構成。
CM明けにいきなりパトライトが回る画面にけたたましい音楽が流れ、
「新聞によりますと」という出だしの事件解説ナレーションは、
「~な事件と言えそうー。です」と締め括られるのがパターンでした。

レポーターで一番記憶に残るのが、桂朝丸。後のざこばですね。
とにかく早口で大声で滑舌悪くべらべら捲し立ててた。
「コイツはほんまに悪い奴なんや。この顔見たらわかりまっしゃろ!」
ってよく言ってたんだけどね。あんた、他人のこと言えんだろ。
と思いましたけどね(苦笑)。今でこそ和服姿でそれなりだけど、
当時はまだ若く、角刈り三白眼の労務者風。コワかったです(笑)。
青空はるおもいた。泉ピン子がブレイクしたのもこの番組ですね。
彼女は、それほど極端なレポートはしてなかったと思うけど、
やっぱり加害者とされる側はクソミソに言ってました。
須藤リカいましたね。須藤かずみ名義だったかな。
海のトリトンのテーマソング歌手から、出世なのか、格下げなのか(笑)。

扱う事件は、わりと小さめの事件ですよね。
小さな町の強盗事件とか、ちょっと間抜けな泥棒の事件とか。
新聞紙上の片隅に載っているような事件を、
わざわざ現場まで聞き込みに行って後追い調査。
被害者・加害者それぞれの人間関係なんかも報告してしまう、
ハッキリ言って大きなお世話番組でしたかね。
もっとも、今のワイドショーもあんま変わってないか。
ワタクシはウイークエンダーはともかく、ワイドショーの報道姿勢には、
もう20年以上前から怒り心頭になっておりまして、
その頃からほとんど改善されている様子はありません。

報告は写真や図のフリップとレポーターのしゃべくりだけでしたが、
真ん中あたりの一つだけ、再現フィルムで事件を再現してました。
このコーナーこそが、この番組が高視聴率を稼いだ本丸(笑)。
初期はごく普通の再現フィルムでした。
ところが或る頃から、段々とエロっぽくなってくるのです。
おっぱいくらいは当たり前のように映るようになった頃には、
クラス中の男子がこの番組を見ていたかと。ゲスな奴らめ。
被害者や当事者達の家族の気持ちになったら、
そんな興味本位な描写があってはならないとワタクシは思います。
ですので、ワタクシは興味本位ではなく、人権的に由々しき哉と、
怒りにわなわな震える思いで毎週このコーナーを観てました。欠かさず。
内容は段々とエスカレートしていき、おっぱいが映るくらいだったのが、
男がおっぱいをモミモミするようになったりして、
ワタクシの怒りも更にエスカレート。絶対に視聴対象から外せなくなります。
それはとうとう、女の人のおパンティーの中に男が手を入れ、
まさぐるという、およそテレビ映像史上最凶の場面まで輩出!
うーん、けしからん! けしからんすぎる!!
ウイークエンダーから目を離してはいけない、そんな使命感がありました。
社会正義に燃える高邁な倫理観に基づく視聴意欲でした。

さすがにこれは行き過ぎだったとみえ、非難が大きかったのか、
この後このコーナーの映像は急速にトーンダウンしていきます。
大人しくなったウイークエンダーにはあまり興味は無い。
もうワタクシが目を光らせている必要は無いですからね。
しかしワタクシは、目を離してはいけないとは思いましたが、
抗議まではしてません。ただ、毎週毎週このコーナーだけは観ました。
他のコーナーは、TVKでやってたクイズハッピーチャンスの方を観たりして、
観ないようにしても、再現フィルムだけは絶対に見逃すまいと。
大人しいトーンになってからも、もしかしたらまたいきなり、
ああいう映像を出すかもしれない。それはけしからん。
ワタクシが目を光らせておく必要がある。そういう使命感で、
しばらくは10時20分頃から40分頃までは、欠かさずこの番組を観ました。
こないだのウイークエンダーでまたエッチなフィルムやったぞという
友人の自慢げな報告を聞いたら嫌ですからね。社会正義的に(笑)。
土曜の夜はウイークエンダーからサタデーナイトショー。
社会正義感に燃えたなあ(笑)。


ウイークエンダー
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
すどうかずみ
懐かしい~。
加山雄三の「高校教師」に、四方晴美なんかと一緒に、女子高生役で出てましたね。
2006/10/20(金) 09:57:45 | URL | はくめい
ピン子さん繋がりで
藤岡琢也さんの訃報が入ってますね。
サッポロ一番のCMが一番印象にあります。
これは単独スレ建てますね。

高校教師、まだ完全に観た事ないんですよー。
しかし、すどうさんや四方さんが出ていたなんて!
チャコちゃん後の四方さんの映像って貴重ですね。
2006/10/21(土) 01:26:48 | URL | ごいんきょ
「ピー音」無しの番組。放送禁止用語OK?
予め言っておきますが一部下品な表現があります。スミマセン。

ウィークエンダーは我家では「大人番組」という事で思春期女子は見てはいけない番組でした。しかしそこは思春期。禁断の番組は父が不在時を狙って見ちゃうんですね。ピン子さんは露出狂の事件を面白おかしく話すんですが、今では「ピー」だの「銃声」だの効果音を被せる「放送禁止用語」を当時は、本業の漫談調でぽんぽん流してました。「春先になるとアタマいかれたオヤジがxxx出しちゃうんだよ。でオヤジは♪オレのxxx舐めろ~♪なんて喜んでんだよ!」思春期女子には毒が強過ぎで今でも憶えてるんですね。下積み当時のウィークエンダーのVTR「大物女優泉ピン子」はあんまり見たくないかも・・・
まぁ今なら「ピー」連発で訳がわからなくなりそうですが・・
75年当時は「言ってはいけない言葉」がどんどん増えていた時代なんでしょうか。同じ日本テレビのルパン三世一部(本放送)でルパンが敵に「気違いだ」というセリフは再放送分ではしっかり消されています。
ウィークエンダーは「大人番組」ってことでお目こぼしがあったのかしら。

2006/10/21(土) 03:31:48 | URL | オバ
言葉狩り
いくら探しても下品な表現が見当たりませんが(笑)。

女の子も思春期はエッチ番組を観たい… それはそうでしょう。
しかし、女の子であるが故に男子以上に視聴が至難であった事は容易に想像できます。

伏せ字にされた部分がわかりませんが、
オレの「アメ玉なめろ」ですかね。
ずいぶん優しい犯人さんですなあ(笑)。
ここは、番組に沿った内容でしたらそのまま書いて下さって大丈夫ですよ。
文責はワタクシが請け負います。
と言うかこの場合は、絶対にそのまま書いて欲しかった気がします。
是非あなたの口で×××の部分をそのまま言って下さい。

趣味丸出しですんません(笑)。

昭和50年代に入ると、言葉狩りが横行してきます。
要するにイチャモン付けて、そこに付け入って何かをせしめるという構図で、
作品の意図や表現の本質とは無関係に、
形式的に表現規制がされていきました。
テレビ文化というのは、この意味でも非常に罪深いです。

当時はまだ完全に要項が決まっていたわけでもなくて、
キチガイという言葉はわりと使われてました。
ウルトラセブン再放送での、「まるでキチガイ病院だ」というキリヤマ隊長のセリフもそのままでしたし、
怪奇大作戦の精神病患者を扱った作品も放送されてました。

これらの是非はケースバイケースのような気がしますが、
奥さまは魔女のグラディスさんに関する精神病扱いの表現が、
現在では完全に削除されてしまっているのは腹立たしいです。
2006/10/21(土) 03:51:07 | URL | ごいんきょ
なんか苦労を思い出した。
再現フィルムをガキのオイラが見るのは、大変な困難がありました。
親は起きてTVを見ている。
再現フィルムの時間を狙って、トイレに行くフリをする。
でも、居間を通り過ぎる一瞬に、見たいお宝映像が映っているとは限らない。
チャンスは帰り道。
ちょうど、見ることが出来た時、ますます寝られない。
これだけ苦労して、ファイ現フィルムにHな画像が1秒たりとも無い時だってある。
クラスの男達は、みんな同じ苦労を強いられてた。
コメントを書いていたら、哀しくなってきた♪
2006/10/22(日) 09:59:40 | URL | ハナユビ
おゝ戦友たちよ(笑)
そう。
この手の映像を見るに当たり、ガキである身は結構な苦労を強いられます。
そういう苦労話は、具体例の違いはあれどみな同様で、
そういう記憶を共有できる者、皆これ戦友であります(笑)。

ワタクシは、テレビの神様のご加護があって(笑)、
そういう映像が見たい年代には、親が習い事をしておりまして、
金曜や土曜日は大抵出かけておりました。
だから、金曜スペシャルもウイークエンダーも、普通なら余裕で観られたんですが、
時折いつもより早く帰ってくることがありやがりましてですね(笑)、
音量を小さめにしながら息を潜めて観ておりましたね。
音を小さくする理由は二つあり、外に聞こえないようにするためと、
親が帰ってくる時の外の足音を聞き分けるためと。
忍びの道は厳しいものよのう(笑)。
2006/10/22(日) 17:33:29 | URL | ごいんきょ
例によってテーマ曲
 こちらのブログ、何かリニューアルしてません? 「私的」という文字が追加され、しかも回転までしてる!

 さてさて、私が登場するとかなりの確率で「テーマ曲」情報を書きますが、今回ももちろん書かせていただきます。

 有名なところでは「新聞によりますと‥‥」の部分の「チャッパラ、パラッパー」という音楽は、クインシー・ジョーンズの「鬼警部アイアンサイド」です。もちろん同名番組のテーマ曲です。

 そして、ごいんきょさんは「通常のOPが無い」と書かれていますが、シュールな絵の静止画にスタッフ名が書かれたOP映像の記憶が私にはあります。その映像とともに流れるテーマ曲は、バリー・ホワイト率いるラヴ・アンリミテッド・オーケストラの「Rhapsody in White ラプソディ・イン・ホワイト」です。現在は輸入版でのみ聴くことができます。
 HMVのリンクを貼っておきますので試聴してみてください。きっと記憶が蘇ると思いますヨ。(HMVではこの曲をダウンロードで購入することができるようです。)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/445278
2006/10/26(木) 22:36:51 | URL | 自由人大佐
ブログタイトル変更
ええ。リニューアル… っつほどのもんじゃないですが(苦笑)。
かなり以前に告知はしてたんですけど、
ワタクシは告知してから実現させるまでわりと時間がかかる質なもので(苦笑)。
「私的」とわざわざ明記したのには大きく2つの理由があります。
一つは、過大評価されると困るという事。
たまに、このブログを各種疑問の回答として紹介されてるんですよね。
でも、今回の例でわかるように、ここは基本的に適当で(笑)、
資料性とか正確性をうっちゃってでも、記憶で語る事を重視してます。
2つ目として、当方の記述にたまに過剰反応される方がいらっしゃいます。
反論はべつに構わないんですけど、あまりに記述意図とかけ離れた捉え方をする人がたまにいて、
それにまともに相手すると場が必要以上に荒れるので、申し訳なくも相手をやめたり、
不本意ながらコメントの削除をしてしまいます。
以上2点とも、ここのブログタイトルにも原因があるかなとも思いましてね。
いかにも昭和のテレビを扱う決定版サイト!! みたいに思われるのは、ちと想定外です。
そもそもは「ブログ版」とワザワザ銘打った事にその辺の意味合いを持たせていたんですが、
それをもう少し解りやすくしました。
また、この度、資料版というタイトルのブログを新設したというのもあります。
あれだってブログでやってるわけですから、ブログ版ですしね(笑)。
そちらと区別するというのが、あまり大きくはないけど3つ目の理由です。

改めて書いておきますが、ここは昭和テレビ百科事典でも
昭和テレビ公式サイトでもなんでもないんで、過度にアテにしないで下さい。
ここを証拠として採用するのは見識を疑います(苦笑)。
ここはあくまでも一つの参考として、その他の情報と照合して、
確度を自分なりに確認し、それを明示してよそに提示するのが知的誠実さであり、
これからのWeb人にあるべき姿勢だろうと思います。
この辺は、改めて注意書きに書き足そうと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて本題ですが、今回の情報はウィキペディアでは確認してましたが、
よそさまの記述をそのまんま拝借というのはWeb仁義にもとりますので、
敢えて自分の記憶と知識だけで記述しました。

新聞に拠りますと の部分は、アイアンサイドですね。
ただ、これ以外にもう一つあったような気がします。
アイアンサイドが初代か二代目かは忘れましたが。

オープニング、音楽聞いて思い出しました。
ああ、そう言えばありましたね。
なんか地味なOPだから忘れちゃったんだな。
すると、アバンタイトル提供紹介の方の音楽はなんでしょうかね?
本記事で書いたやつ。

ありがたい情報でしたけど、それより何より、
大佐殿ご自身のこの番組の思い出はどうされましたか?(笑)
ははーん。さてはゲスな見方をしてたから書けないんですね。
ワタクシと違って(笑)。
2006/10/26(木) 23:32:32 | URL | ごいんきょ
9時には寝る良い子
>大佐殿ご自身のこの番組の思い出はどうされましたか?(笑)

 ヤですヨ~。前にも書きましたが、私は「9時には寝る良い子」だったのですから、この番組を見られるわけがないじゃないですかぁ~。(汗)
 それでなくても、中学校3年生までの最も多感な時期を6畳二間の社宅で過ごしていたので、この番組を見るのはミッション:インポッシブルでした。

 では、なぜOPテーマ曲を知っているかというと‥‥、えーと、んー、そのー、なんですかー‥‥、あ、そうそう、前の番組の続きでOPだけ見たんですヨ! そうだそうだ、そうだった・・・・・・・・。

 ‥‥実は夏休みなんかに、親子揃って見たりしてました‥‥(^^ゞ 同級生の間で話題になっていたので興味があったし、何といっても父が欠かさず見ていましたから^^;(スケベ親父め。)

 「再現フィルム」の時間になると、私は視線をどこへやったら良いかソワソワしておりました。TVを凝視するのもマズイし(別にマズくもないのですが)、変に席を立ったり喋りだしたりするのも唐突な感じだし‥‥。「全く見た気がしなかった」というのが正直なところです。

 だから、この番組はホントにほとんど見ていません。でもキョーレツに記憶に残っている番組です。
2006/10/27(金) 00:40:22 | URL | 自由人大佐
一家揃って
我が家も初期の頃は一家で観てましたね。
最初は再現フィルム目当てじゃなかったと思うんだけど。
そのうち両親が習い事しだして、土曜日は準完全フリーとなりました。
テレビ放送に本格的なエロが出だした頃、そういう状況になった。
テレビの神様のお導きと考える他ないです(笑)。

親父さんにそんなこと言っちゃいけませんよ。
いわゆる助平だからこそあなたがこの世にいるのですし(笑)、
あなただって同じ事を…(笑)。
考えてみれば、同級生もほとんど知っていたという事は、
どの家も一家で観てたんでしょうね。
どこの親父さんも子供の目を気にしながら、
子供はもっと親の目を気にしながら(笑)、
観ていたものと思われます。
こういう番組の思い出は人間臭くてたまらなく好きですね(笑)。

>だから、この番組はホントにほとんど見ていません。
いやー、ワタクシも忘れていたOPを覚えていたのにはお見それしました(笑)。
2006/10/27(金) 07:29:37 | URL | ごいんきょ
ざこばさん
見ることができないのが残念・・・
ざこばさんも出てたんですね。
2006/11/12(日) 13:54:08 | URL | 70年代後半生
再見絶対不可番組
なんですよね、これ。
再放送はおろか、ソフト化すら絶対に不可能。
何百年経ってもなかなか難しいでしょうね。
困った話です。これは仕方ないんですが。
家庭用VTRに残してる人いるのかなー?

ざこばさん、桂朝丸当時のブレイク番組ですね。
やたらつっかえながら「~なワケだァ!」を連呼してて、
正直、なんて喋りが下手な落語家だと思いました(笑)。
「この顔、悪いヤツってわかりまっしゃろ」ってのも決めセリフで、
あんたが言うなよってテレビの前でツッコませるためだったんでしょうね。
しかし、いくら犯罪者とは言え公共の電波でそんな暴言、
よく放送してたなあと(苦笑)。

ざこばさんと言えば、平成の番組ですが、らくごのごは欠かさず観てました。
いい年してよく泣いてたけど(苦笑)。
2006/11/12(日) 19:25:51 | URL | ごいんきょ
ウィークエンダーと大江戸捜査網
ざこばさん(長丸さん)は確かに「○○なわけや!」を連発してましたね。
 自由人大佐さん、オープニングって、冒頭では禁煙マークみたいなのが出てて、一緒にスポンサークレジットもやってたんですね。でCMの後、煙草の煙が妙に印象的な黒っぽい画面の、確かにシュールな本編オープニングをやってそのままスタジオへ・・・という流れでした。
 ところで、この番組や11PMってやはり内容が問題になって、番組を買わないって宣言した局も各地で出現したんです。当時は他系列の番組で埋めればいい地域も多かったので。で、中京テレビでも声を受けて労組がネットに反対し、放送がなくなりました。では何を放送してたでしょう? これが「大江戸捜査網」なんです。もともと中京は開局当時、NTVとNETのエエトコドリを名古屋テレビにされてしまうという苦境を東京12に救ってもらった経緯があって、東京12とは関係が深かったんです。
 その後深夜で復活し(この頃はよく見てました)、さらに22時での復活を果たしますが、大江戸捜査網はネットワークタイム終了後の23:55に移りました。これが何と、日産のオープニングつきで流れてたんですよ。たぶん22時時代もそうだったんでしょう。こんな状態がテレビ愛知開局まで続きました。
 あるテレビ雑誌で「『新聞によりますと・・・』って新聞くらいどこの家にもあると思うんですけど」ってツッコミ入れられてました。
2006/12/15(金) 12:10:31 | URL | かじか
タイトルロゴ
その画像を載せてありますのでもう一回記事の再末尾をご覧下さい。

ほーう。
この番組の後番組が大江戸捜査網とは、関東人はブッタマゲーションです(笑)。
日産のオープニングが有りましたっけ?
どんなのでしたっけ?

新聞によりますとこうこうです。
それではもっと詳しく事件を見てみましょうという意味の出だしですから、
非常に幼稚な揚げ足取りですね、それ(苦笑)。
2006/12/15(金) 20:23:46 | URL | ごいんきょ
日産のオープニング
日産のオープニングはですね、音楽を聞いてもらうとよくわかると思います。ラジオCMではよく流れてたんですが、女性の合唱で「♪トゥールール~トゥットゥットゥットゥルットゥール~」と歌うやつです(ってこれで分かりますでしょうか)。松下や東芝が明るいナショナルだの光る東芝だのとやるのと同じ構図です。
 私が以前勤務してた会社は都市対抗野球によく出てましたが、相手が日産主体のチームだったことがありました。このとき、この曲を相手スタンドが歌っててびっくり。歌詞があったんですね~。
2006/12/16(土) 20:26:16 | URL | かじか
世界の恋人?
ああ、有名なあれですか。
その昔、パック・イン・ミュージックのオープニングに使われていたやつですね。
歌詞は通常は使われませんが、有るんですよね。
最後の部分が ♪ 世界の恋人~ ってなるのかな。
かなり適当に言ってますけど(笑)。

しかし、この曲が大江戸捜査網のOPに使われてましたっけ?
この曲を使った日産のCMが冒頭に来ていただけじゃなかったですかね?
どんな映像でしたっけ。
2006/12/16(土) 21:07:19 | URL | ごいんきょ
日産劇場?のOP
あ、すみません。あれはスポンサークレジットがわりに流されてたと思います。私が見たときのバージョンでは、アメリカの荒野を車が横切ってゆく実写で、後のほうで日産の当時のロゴが出てくるというものでした。でCMが入り、それから大江戸捜査網のオープニングだったように思います。
2006/12/16(土) 22:32:44 | URL | かじか
日産OP
あ、そんなの有りました、そう言えば。
ナレーションは有りましたっけ?
2006/12/17(日) 07:13:31 | URL | ごいんきょ
ナレーション
うーん。ナレーションはあったようななかったような。
2006/12/18(月) 01:14:03 | URL | かじか
無いかな
きっと無かったんでしょう。
あまり印象に残ってないですからね。
2006/12/18(月) 07:06:12 | URL | ごいんきょ
どなたかご存知ですか?
管理人さんが冒頭で言われている、

チャラララ! ピーピ~~ チャラララ!

この曲ご存知の方いらっしゃいませんか?
youtubeでこの番組の冒頭部分みてから気になってます。
あのアバンギャルドな曲を知ってる方は御教授願います。
子供の頃、親に隠れて見ていた40才です。

2007/02/15(木) 04:49:58 | URL | todd
へえ
youtubeに有りますか。
特番で一部流されたのかな?
曲名はワタクシもわかりません。
2007/02/15(木) 07:11:37 | URL | ごいんきょ
一応
url 貼っておきます。
タイトルから提供ベース、オープニング、司会の挨拶まで見れます。

http://www.youtube.com/watch?v=MKSkKQVoSoE&mode=related&search=

リンク貼りNGだったら削除願います。
2007/02/15(木) 23:25:46 | URL | todd
世の中広い
こんなの録画してた人がいるんだ。驚きですね。
2007/02/16(金) 00:50:17 | URL | ごいんきょ
親と一緒に見てました(^o^;)
ちょうど夜更かしというものを覚えた頃でしたね~。(幼稚園~小学校低学年にかけての頃です。我ながら何という子供だったのでしょう。大佐さんもびっくり?(^_^;)
親は「どうせ何をやってるかわからないだろうから、別にいいか」と思っていたのでしょうね。(実際そうでした)
大山のぶ代さんも出ていたような気がします。再現フイルムの記事を担当していたのは、きれいなお姉さん系の人だったかしら?
ざこばさんもピン子さんも、芸のプロだけに喋りが達者だったことは幼心にも覚えています。今この手の番組をやるとしても、映像がメインでレポート(語り)は二の次になってしまうのでしょうね。
2007/02/26(月) 17:37:20 | URL | 北国の人
年末
幼稚園でこの番組を見ていた記憶が有るのは凄いですね。
まあワタクシもその時期の10時代の番組で覚えているの有りますけど。
大山さんも出てたかな、そう言えば。
再現フィルム担当の女性は、ああいうフィルムを扱うので、
他のレポーターに比べるとかなり深刻なトーンでやってました。
たしか年末にピン子さんメインで復活させてましたよね。
見ようと思ってたんだけど見逃しちゃいました。
2007/02/27(火) 06:55:02 | URL | ごいんきょ
高見恭子さん
私はこの「ウィークエンダー」は中学~高校時代(年代でいうと80年代初中期)によく見ていました。
「グランド劇場」~「ウィークエンダー」後、風呂に入って「ベストヒットUSA」が土曜9時以降の視聴パターンでした。

私が印象に残っているのは前半の
「朝丸さん~高見恭子さん~井口成人さん」の流れと、最後の青空はるおさんの「のぞき、痴漢」ネタです。特に前2人!!朝丸さんは言うまでもなく凄かったし、高見恭子さんのリポートもしゃべりが面白かったと記憶しています。
残念ながら、再現VTRはあまり印象に残っていないです。(後番組のほうが過激なことをやっていたので………)

あと、「サビをとり、動きをよくする KURE 5-56」のCMが懐かしいです。
2007/04/26(木) 22:48:52 | URL | yig
クレ
その頃って土曜ワイド劇場が始まってた頃ですか。
ワタクシはそちらを見るようになってましたね。
だから高見恭子さんに関してはそれほど覚えてません。
朝丸さんがトップでしたっけ。初期はそうでもなかったような。
はるおさんは初期からトリだったかもしれない。
そう言えば痴漢デバガメネタやってたかな(笑)。
クレのCMですと♪ クレポリメイっト の方をよく覚えてます。
2007/04/27(金) 01:10:19 | URL | ごいんきょ
家族団らん
土曜日のテレビといえば、夕方タイムボカンや怪人二十面相、ドンチャック物語(ロッキーチャックではありません)草原の少女ローラ(大草原の小さな家ではありません←しつこいって)、お笑い頭の体操クイズダービーギャートルズ、ドリフ、アイフルバーディGメン、そしてウィークエンダーたまにテレ東映画、男の時間・・・と家族で楽しんでおりました。再現フィルムで『上の口でいいでしょ?』と女性が車の中で男性にナニかをする場面でも、テレ東で関根恵子が上半身ハダカになっても、あき竹城さんがナニをゆっても、平然とみてる家族だったので、完全にマヒしてましたね。プレイガール等もゼンゼンOKスリルなしで逆につまんなかったかも。

番組のこと細かはやっぱり言われればああそうか、状態ですけど、CMは覚えてますね。川口技研のスベラーズ、マルマンICライター。マルマンは時計の画面だったような。

あ、草原の少女ローラは月曜日だったかな??







2007/04/28(土) 22:12:17 | URL | くりお
上の口でいいでしょ?
なんかそんなシーン有った気がする(笑)。
日本映画名作劇場も既述です。
あんな番組取り上げるのはここだけでしょう(笑)。
関根恵子さんには随分とワクワクさせて戴きました。
あとは八並映子さんとか、渥美マリさんとか、
名前を番組欄で見るだけで朝からワクワクして、
授業が身に入らなかったくらいで(笑)。

スベラーズ有りました!
いやー、これも懐かしいな。
長門勇さんだったかな。
2007/04/29(日) 02:54:39 | URL | ごいんきょ
転ばぬ先のスベラーズ
ラジオで毎朝、長門勇さんのスベラーズのCMを聴いていますが、
そんなに昔からあったのですね。
第二の藤田まことさん?
2007/04/29(日) 07:05:31 | URL | モデラート
長門勇さん
ああ、やはり長門さんでいいんですね。
しかし、今もやってるというのは驚きました。
最初、階段から滑り落ちて苦悶の表情を演じ、
スベラーズを貼って普通に階段を下りるという王道CMでしたね。
「川口技研のスベラーズ。 スベラー、ズ♪」と最後に締めてました。
2007/04/29(日) 07:52:04 | URL | ごいんきょ
長門氏は
既に書いた通り彼がレギュラーかゲストに出ていた時代劇の半数か三分の一ほどのもので「はっはっはとははとはとはとは」の掛け声の大人の「せっせっせえのよいよいよい」みたいな元祖野球拳的なお座敷遊びがあったのが鮮明に記憶しているので関テレの火曜10時のサンマッサーとかこの番組でのスベラーズとかに顔が出ていても或いは不思議でないかも

にしてもこのお座敷遊びが少なくとも彼の出ていた時代劇だけでも実在しているのはどんなにそんなものはにないといわれても否定はしないのとしつつもどんなにググッても今のところ引っ掛からない
2007/04/29(日) 15:58:45 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
上の口(笑)
ごいんきょさん、マジに覚えてるんですか??そりゃすごい。
ワタシも数ある再現フィルムの中で覚えてるのがこのセリフだけですよ。

百円ガスライターチルチルミチルもこの番組でやってましたっけ?
あ、でもマルマンICライターがあるんだから、やってるわけないか。

泉ピン子さんもこの頃ははっきりいってブスでした。しかし80年にはいってから、幸せの黄色いハンカチ(テレビ版、スーちゃんも出てた)じゃものすごくきれいになっててびっくり。しかし渡鬼の2シリーズ目まではなんとかみられたものの、だんだん太って今に至っております。個人的には好きな女優さんですけど。

スベラーズ・・・そのまんま・・。
当時の商品名ってまんまが多いですよね。いつの間にか消えた全温度チアーって・・・水、風呂の残り湯、お湯デス。
2007/04/29(日) 22:36:08 | URL | くりお
● ガッツさん
なんだろう?
長門さんは時代劇でもよく見ましたからねえ。


● くりおさん
いや、セリフは覚えてませんが、カーセックスシーンで、
女の人が顔を下の方に持っていくようなのは見た気がします。
しかし女性って下にも口が有るんですかね。コワイ(笑)。

百円ライターチルチルミチルって有りましたね。
ピン子さんはかなりタイプでした。
2007/04/30(月) 01:36:47 | URL | ごいんきょ
え゛え゛ーっ
『上の口でいいでしょ?』と言うシーンが当時の再現フィルムであったんですか?そりゃ凄すぎるよ!!私が見た頃にはそんなシーンはなかったような………

気を取り直して。
「川口技研」といえば長門勇さんですね。ホームセンターでもかつては商品で思いっきり主張していました。「当社CMタレント 長門勇」と彼の写真とともに……
そういえばこんなHPもありました。
http://www.kawaguchigiken.co.jp/suberazu/index.html
ちなみに私は川口技研といえばOKアミドを思い出します。但しウィークエンダーでは見たことがありませんが。

最後に当時見たCMで1つ思い出したものがあるのでそれで締めます。

「これからもひとつ、ながーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい、お付き合いを」
提供は永井の海苔でした。
2007/04/30(月) 20:36:29 | URL | yig
カーセックスシーンは有ったと思いますね。
上の口でいいでしょも、あの番組なら違和感は無いです(笑)。
長門さんはすっかり川口技研の専属タレントだったんですか。
OK網戸ありましたね。でも、長門さんじゃなかったような。

永井の海苔は、♪ なーがい海苔です永井さーん
てのをまず思い出しますが、そのCMも有りました。
ウイークエンダーのスポンサーは一つも覚えてないですね。
各社枠なので、相当に変遷が有ると思われますし。
2007/04/30(月) 21:17:11 | URL | ごいんきょ
ひっぱるなあーー
上の口シリーズ。
タクシーの後部座席じゃなかったでしょうか?
どっちかが運転中はかなりムリがあるんじゃないかと・・・。
でも当時はシートベルト義務違反にならなかったし。そういう問題。
イエローカードが登場しそうなのでこのへんで・・・。

あみどーかうならーおーけーあみど
天地総子さん??
ヤルマンでよくかかっていて、
小俣さんがいつだったか、思わず『いい声ですねー』って言ってました。

そうだそうだ、当時の思い出といえば、ちょうどウィークエンダーの時間に、前の道をラーメンや(屋台じゃなくて車で)とおってました。
一度も買わずに終わっちゃいましたけど・・・それだけ家族でテレビにかじりついてた?






2007/04/30(月) 22:25:15 | URL | くりお
ごらんのスポンサー
確かにウィークエンダーのスポンサーは入れ替わりが激しかったです。
それゆえに、インパクトの強いCMや、普段あまりお目にかかれないCMは記憶に残りやすいです。

♪ なーがい海苔です永井さーん
の歌は確か熊倉一雄さんの歌でしたよね。間違いがなければ、今もたまにスポットで見ることがあります。

♪あみどーかうならーおーけーあみど
そのラジオCM、たまに耳にします。天地総子さん(かもしれない)ですよね。

天地総子さんといえば「テンヨのだしつゆビミサン」を思い出しました。


2007/05/01(火) 00:15:40 | URL | yig
OK網戸は
「四季の歌」の芹洋子さんが歌っていたような気がする今日この頃ですが・・・?
2007/05/01(火) 19:07:34 | URL | 北国の人
● くりおさん
タクシーの中で「上の口でいいでしょ?」は有り得ないでしょ(苦笑)。
ワタクシが覚えているシーンは、止まっている普通の車の中ですが。
そう言えばあの時代、ウチの方にもたまに夜泣きそば来ました。
いま考えると衛生的に嫌なんですけど、何故か美味いんですよね、雰囲気で。


● yigさん
エステー科学かなんかで加藤芳郎さん出てなかったですかね?
永井さんの歌は熊倉さんかも。
OK網戸は天地さんっぽいですね。


● 北国の人さん
言われれば芹洋子さんっぽいですね。
適当ですいません(笑)。
2007/05/01(火) 20:27:55 | URL | ごいんきょ
OK&テンヨ
うわー懐かしいOK網戸。やるMAN時代はよく聴いてたなあ。もう終わってしまったんですね。東海地方でもよく見たOK網戸ですが、CMは関東だけみたい。
テンヨのうち、だしつゆも関東でしか見たことないですねー。男声のしか分かりませんが。
2007/05/01(火) 22:58:20 | URL | かじか
OK網戸
の歌は今朝もTBSラジオで聴きました(笑)。で、スベラーズは流れなかったので、OK網戸と交代で流れているのかしら・・
2007/05/01(火) 23:12:56 | URL | モデラート
● かじかさん
ワタクシもやるMANで聞いたから記憶に有るのかな。
テンヨの、だしつゆ♪ って男声の歌ね。
ワタクシもそれしか思い出せません。

● モデラートさん
ラジオも聞かなくなってかれこれ十年近いんですよね。
2007/05/01(火) 23:26:56 | URL | ごいんきょ
いろいろと
OK網戸の件でみなさんありがとうございます。
歌ってる歌手はワタクシもなんとも判断できませんが、芹洋子さんと言われればああそうか、と膝をうった次第です。

モデラートさん、こんにちは。
ちょうど網戸の季節ですし、もしかして5月からOKモードになったのでは?あしたはどうなっているんでしょうか??スベラーズは季節関係ないし。

テ・ン・ヨの、ダ・シ・ツ・ユ!!
と勢いがよいのが男性バージョンですね。

ごいんきょさん
んーーなんか走ってるクルマっぽかったんですが。
タクシー内ってやっぱアウト??オイラ的にはストライクですが(笑)

YOUTUBEのみてみましたけど、この頃は提供のテロップはバックが無地(青とか)でしたね。
今は、必ず本番組がバックに流れていて音声もかすかに聞こえて印象度が低いんじゃないかな。
提供オンリーの場面ってどっかやってます?
あと、CMとCM(または番組)の間の1秒くらいに、左右対称の模様がクルっと前後に入れ替わるっていう(うまく表現できませんが)の、確かにありましたよね?あー誰か覚えてないかなあ。こういう、番組でもCMでもないことってどこも話題にできなくて・・・。

音楽は懐かしかったですけど、イラストが覚えているのとは違ってましたね。ハイヒールから舌がでてるのとかシュールなのがみたかったのですが。

2007/05/01(火) 23:33:44 | URL | くりお
まワタクシがなんとなく覚えているシーンがそれだとは限らないですからね。

左右対称の模様もイラストも今のところわかりませんね。
2007/05/01(火) 23:59:20 | URL | ごいんきょ
スベラーズ
くりおさん、こんばんは。
何となく聴いていたスベラーズのCMをちゃんと聴いてみようと思うと、流れないのですよね(笑)。

「ワシがちょっとコマーシャルせんかったら、階段からコケとる人が多い・・・」とか言ってたような・・てことは、CMは一時中断していたのでしょうか?
「人生七転び八起き・・」というのもあったかしら・・
2007/05/03(木) 00:18:49 | URL | モデラート
天地さん?それとも、芹さん?
OK網戸のCMの歌、果たしてどちらなのでしょうか?
本人出演のCMならともかくも、ラジオCMでしか聞いたことが無いだけに………
(本人出演CM
 天地総子さん:「テンヨのだしつゆビミサン」
 芹洋子さん:「おむすびころりん野沢菜茶漬」)

くりおさんのおっしゃております
「提供オンリーの場面(ブルーバック)」
静岡では再放送のドラマで見かけます。

そういえば、「新聞によりますと~」のバックに流れてくる曲(チャッパラ、パラッパー)、「We are the world」のpvで指揮やってるクインシー・ジョーンズさんの作品なんですよね。
「愛のコリーダ」の曲もありなすよね。
2007/05/03(木) 00:27:02 | URL | yig
● モデラートさん
でしょうね。しばらくやってなかったんでしょう。
そう言えばスベラーズが出てすぐに、敷居すべりという姉妹品も出たかな。
これは名前の通り障子や襖の滑りをよくするものでしたが、
和室が激減してしまいましたからねえ。

● yigさん
芹さんの方が声は近いですかね。
提供紹介の時の緊迫感ある音楽は、誰にもわからないんでしょうか。
2007/05/03(木) 04:18:09 | URL | ごいんきょ
そういえば
yigさん、こんにちは。
言われてみたら、UHFはブルーバック?が結構あったかも。
非常に新鮮です。
今は、ドラマのエンディング、翌週の予告がゴチャゴチャと流れる中なので、予告がみたいときは提供が邪魔なんですよね。

モデラートさん、こんにちは。
OKはやるまんでよく聞きましたけど、スベラーズはしばらく聞いてないような。
かじかさん、こんにちは。
やるまんの後番組、なんだっけ。ヤングネクステージとかってやつ、もう終わりってどういうこと??新聞のラジオ版でみただけで、聞いてはいなかったけど。

あ、今思い出した!
ウィークエンダーの提供してた
オドイーター、ありましたよね。
足のにおいをとるやつ。
オドって足のにおいのこと?それを
食べる(イート?)っていうネーミング。
2007/05/03(木) 23:28:19 | URL | くりお
UHFは今でも普通に提供紹介していると思います。
今のやり方はスポンサーに失礼だと思いますね。
効果が有るのか無いのかは知りませんが。

オドイーター有りましたけど、この番組だったんでしたっけ?
それはオドロイター。
2007/05/04(金) 08:38:22 | URL | ごいんきょ
アイアンサイド
新聞によりますと~
あのジングルの部分は
youtubeで見たんですが。
ほんのちょっとかかってました。

フルでアイアンサイド
youtubeで
楽しめるのは聴けるのは
熱帯JAZZ楽団のやつだけですね。

ピン子さん、朝丸さん、
すどうかづみさん、高見恭子さん
青空はるおさん、スイッチョンさんの事件レポート
youtubeで楽しむことは
出来ないものか。

加藤芳郎先生は事件について
コメントあんまりしてないのも
意外と、いう気がしましたが。
時代が時代なのかな。
いまは情報番組でもワイドショーでもコメンテーターだけじゃなく
キャスターですら
言いたい放題ですからね。

プロデューサー、視聴者も
それで良いと、思ってるんだろうか。 
  
2008/10/21(火) 12:25:42 | URL | 梅吉
初期OPから朝丸さんのレポート冒頭までは、
CM込みでファイル版の方に一時あったんですけどね。

加藤さんは完全な司会役。
昔の司会者ってあんな感じでした。
ニュースステーション以後に、番組作りが大きく変わったと思います。
2008/10/24(金) 19:02:07 | URL | ごいんきょ
この番組について
当時保育所に通っていた私が両親に「この番組面白いよ!」と勧めた番組です。
私的には「基本的には大人向けの番組だろうけど子供の私が見ても充分面白い位だから、これは両親にも勧めなければ!」という親孝行の思いからだと思われます。
そんな事もあって我が家では一家揃って見ていた番組です。小学4年くらいになると私は一足早く就寝したり、見るにしても再現フィルムの時間は私だけテレビから離れるというのが暗黙の了解となっていましたが・・・・。
犯罪抑止という観点で見ると、この番組が果たした役割は非常に大きかったと思いますし、そういう観点からの評価が待たれる番組だと思います。まぁ毒をもって毒を制すという感じではありましたが。

2008/11/02(日) 11:07:57 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
幼児がこの番組を勧めたというのも…(笑)。
しかし当時としてはずいぶんと夜更かしな子でしたね。
2008/11/02(日) 12:26:56 | URL | ごいんきょ
この番組でも
おいらは風吹ジュンを見てたなぁ。再現フィルムのコーナー,短期間だったような・・・。
2008/11/03(月) 21:33:17 | URL | いくちゃん
えー。それは記憶にないなあ。
やってましたっけ?
2008/11/03(月) 21:44:43 | URL | ごいんきょ
今も
エロネタ、スケベネタ
封印すればこういう
ノリの番組はできるはずだと
思うのですが、難しいかなあ。
 
2008/12/14(日) 10:57:18 | URL | 梅吉
いやー。当時のままのノリでは不可能ですよね。
容疑者はあくまでも容疑者という捉え方になってますし、
現行犯だろうが敬称を付けないといけない世の中ですからね。
2008/12/15(月) 07:10:30 | URL | ごいんきょ
提供紹介の時の緊迫感ある音楽
あけましておめでとうございます。
2009年もよろしくお願いいたします。

さて本年度一発目のコメントですが、「提供紹介の時の緊迫感ある音楽」についてこんな動画がUPされていました。
http://jp.youtube.com/watch?v=8hbKphtDiOk

ちなみに
アーティスト名:CHASE(チェイス)
タイトル:BOCHAWA(ボッチャワ)
です。
但し、この曲の入ったCDは、現在輸入盤しか無いようです。

"CHASE"というと"Get it on(邦題:黒い炎)"が最も有名ですね。こちらは収録アルバムが普通に発売されておりますし、現に自分も持っております。
こちらの動画:http://jp.youtube.com/watch?v=dgUv6YlbMbw

「黒い炎」=「ひらけ、ポンキッキのアイキャッチの平仮名3文字の言葉作りに流れるBGM」ですね。
2009/01/01(木) 16:22:48 | URL | yig
おお。さすがここの皆さんの情報網は凄い。
世界あの店この店もわかりましたしね。
ポンキッキの方はわかりません。
ワタクシが見なくなってからかな。
2009/01/10(土) 07:12:54 | URL | ごいんきょ
Chaseでしたか
確かにChaseそのもののけたたましいブラスロックですなぁ(笑)。
そのChaseのアルバムは4chのアナログレコードとして1970年代に発売されていた事を知る方はもう極少ないでしょうね(笑)。
そんなレコードもあったんですよ。当然対応する機器やコンポも発売されていました。メーカーに依って規格が違うという乱立振りで統一規格化が事実上困難となり1970年代半ばには市場から消え去ったいわば黒歴史的な存在ですが(笑)。
ちなみに我が家には東芝の4chステレオコンポがありましたが、対応した4chステレオレコードを掛けた記憶がまるで無かったですな
(笑)。
2009/01/10(土) 16:58:38 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
フォーチャンネルステレオ。
なんと懐かしい響きだろう(笑)。
その後、ドルビーサラウンドに喰われてしまいました。
日本はどうしてもソフトが弱いんですよね。
しかも、その弱点を克服するためにバブル期にハリウッドの映画会社を買収しまくり。
堀江ライブドアと同じような海賊商売をして、日本人の信用を著しく下げてくれました。
2009/01/15(木) 06:58:02 | URL | ごいんきょ
アイアン再度
OP、映画「キル・ビル」でも使っていたので、なんでだろうと思って調べたら、「鬼警部アイアンサイド」とわかり、よく見直したら自由人大佐殿がすでにかかれていました。
ところが、私の記憶にあるアイアンサイドのテーマ曲は、
 ラシドラシラミファ ラシドラシラミファ
で始まるものです。シリーズによってテーマ曲が違ったんでしょうか。この曲を聞いたのは1972年から74年頃だと思います。この曲、初め「アダム12」だと勘違いしていたのを、改めてアイアンサイドだったと確認したという、当時の覚えがあるので、記憶違いでなくアイアンサイドだと思うんですが、どなたか事情をご存知ないでしょうか。
2009/01/17(土) 00:42:39 | URL | あぶもんもん
特命捜査官キングだったかも
すいません。すぐ上のコメントに「記憶違いでなくアイアンサイドだと思う」などと書いてしまいましたが、よく考えたところ、私が覚えている方の曲は特命捜査官キングの OP だったかも知れません。しかしググっても YouTube でも出ていないのでわかりませんでした。
2009/01/19(月) 20:30:33 | URL | あぶもんもん
再現フィルムと「前略おふくろ様」
はじめまして。
再現フィルムについて改めて私などが語ることはないかとは思いますが、1点奇妙な記憶を。

再現フィルムで、江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」みたく天井裏を徘徊しのぞきをくりかえしていた男が見つかってつかまる、というこのうえのないどうでもいい事件(笑)を例によって扱った回があるのですが、天井の異変に気づいた夫を「なんにもないわよ!それにしてもあんたこのごろ変よ!」と妻がベッドで抱きつくこれまたどうでもいいシーンがありました。

ある日、「前略おふくろ様」でショーケンが非番の日に映画を見に行くシーンがあり、画面は映っていないのですが、流れたのはこの再現フィルムのこのシーン・・・子供心にこれに気づいた人間はこの世に何人いるか?と思ったものでした。
2009/01/20(火) 04:35:44 | URL | チョビ猫
● あぶさん
そうですね。
ワタクシの持っているCDでも、おそらくあぶさんご指摘のテーマが収録されています。
アイアンサイドはほとんど見ていなかったので、ワタクシには事情がよくわかりません。

● チョビ猫さん
これは貴重な証言。
傷だらけの天使方面からも新情報ですね。
2009/01/23(金) 06:56:50 | URL | ごいんきょ
探偵ナイトスクープや  
噂の東京マガジンとどことなく
似てる雰囲気はあるけど。
でも、ウィークエンダーほど
過激ではないよね。
エログロが1番の売りだものね。
エロじゃない事件、珍しい事件の
ほうが好きだったけど。
あとは、小早川正昭氏の
新聞によりますと~
が、いつも楽しみだった。
たとえていうなら
テレビで見る大衆週刊誌かな。  
2009/01/31(土) 01:14:24 | URL | 梅吉
ああそうですね。
テレビで見る週刊実話という感じで(笑)。
たまに笑えるニュースも扱ってましたね。
2009/01/31(土) 13:14:47 | URL | ごいんきょ
「最終回」を収録しました。しかし…。
『哀愁学園』から『ウイークエンダー』まで、いろんなところに出没致しまして、甚だ恐縮です。
今から25年前の話です。当時、社会人2年生だった私は、仕事(番組制作)の関係でVTRが必要になり、シャープの「マイビデオ」を思い切って買いました(約12万円でした)。
ところが、当時はビデオテープが恐ろしく高価でした。ノーマルの120分で定価が4000円!それを1割引の3500円位で買うため、「何でも録り放題!」というわけにはいきません。100円ショップ花盛りの今では、とても考えられない事です。
で、我が家にVTRがやってきたのが、丁度『ウイークエンダー』最終回の日でした。これで今みたいに1本100円のテープなら、迷うことなく標準モードで全編を収録しますが、1本3500円ではそんな勇気はありませんでした。結局、司会の加藤芳郎さんが、締めくくりとしてレポーター陣に感想を聞いている(画面下では、出演者らのロールテロップが流れ始めている)場面からRECボタンを押して、そのまま提供クレジットまで収録しました。5分もなかったと思います。当然のことながら、「再現フィルム」などは残っておりませんし、言うまでもなく3倍モードでの収録でした。要するに、最終回の「お別れ挨拶」のみを録画した訳です。
ちなみに、120分のVHSテープが1本1000円程度で買えるようになったのは、それから1年後(1985年頃)のことでは…と思います。更にもう1年経つと、1本500円とか、3本セットで1000円なんて価格が当たり前になっていったと記憶しています。
改めて、時の流れを痛切に感じますねえ。
2009/12/25(金) 11:26:31 | URL | 甚六
いやいや。いろんな話に絡んで下さるのはありがたいです。
なかなかそんな人、実生活で見つけ出すのは難しいですからね(笑)。
インターネットならではです。

おやまあ、関係者の方だったんですか。
ウイークエンダー最終回という事は、1984年5月ですね。
たしかにその頃から、ビデオも一気に普及し出しました。
ワタクシはその翌年ですか。
テープはもう少し安くなってまして、1500円くらいだったような。
廉価の物ならたしかに千円前後で有ったように思います。

でも、最後だけでも残せて良かったじゃないですか。
ワタクシも、録っておけば良かったと後悔している番組、いっぱい有りますよ。
2010/01/14(木) 00:43:29 | URL | ごいんきょ
当時学校で流行りました
当時、学校で流行りました。
小学生でしたが、しっかり見ていましたねぇ。
スポンサーは確か「川口技研」もあったと記憶しています。
スベラーズのcmを長門勇さんがされていたと・・・・(違うかな?)
三面記事のパネル紹介で「桂 朝丸(現:桂 ざこば)」さんが紹介するのを学校で画用紙に知人の顔を描いて三面記事風にして遊んでました。
加藤芳郎さんが紹介してパネルを展開する朝丸さん。
「今回の事件は○○で・・・」
「これが犯人の○○だ(パネル展開)」
「まぁ~、こいつが悪いんだ!」など知人を犯人にして学校では「ウィークエンダー」遊びが当時大流行しましたねぇ。
懐かしいです。
2010/08/14(土) 09:48:28 | URL | のぶ
ごらんのスポンサーの提供でお送りしました。
参考までに、最終回(1984年5月24日)の提供スポンサーは次の通りでした(拙宅のビデオライブラリーより)。

ジョンソン
ナガイの海苔
サッポロ一番
金鳥
大塚化学
道三めん
カメラのさくらや

なお、森永製菓も番組内でCMを流してましたが、提供クレジット(社名)は出していませんでした(いわゆるPT扱いだと思われます)。

おじゃましました。
2010/08/22(日) 01:22:43 | URL | 甚六
道三めん
どうも、ごぶさたです。

拙ブログでも「ウィークエンダー」のCMをテーマに記事かいたのですが(TBあり)………

いやあ、甚六さんのコメントにはぶったまげました(笑)。

「道三めん」愛知県のテレビでしかCM見たことがないのですが、全国ネットでOAされてたんですかあ~(驚)。

「どーさんめん!」
(声は”カルビーの~ポテトチプス”と同じ)
のジングルが頭ん中かけめぐってますね(笑)。
2010/08/31(火) 23:41:51 | URL | yig
● のぶさん
たしかにスベラーズのCMを見たような気はしますね。
同級生を犯人役にですか(笑)。
そう言えばやったかなあ。

● 甚六さん
なんと。
YouTubeにアップしているのは甚六さんだったのかな(笑)。
先日お亡くなりになった園佳也子さんが懐かしい
金鳥サッサのCMは見た気がします。
森永はワースト番組の提供に名を連ねたくなかったんでしょうかね(笑)。

● yigさん
いまだに読みが判らない yig さんですが(笑)。
川口技研は、おそらくやってました。
昭和50年頃、つまり、本当の初期でしょう。
2010/09/03(金) 06:52:47 | URL | ごいんきょ
最後は、コックローチでした。
最終回、「金鳥」のCMは「コックローチ」で、山田邦子さんが出ていた“コックローチ相談室編”でした。
内容は、「映像・音声ともにオリジナル」パターンと、「映像はオリジナル、音声は差し替え」パターンの“二階建て”(30秒CM)でしたが、後半の「差し替え分」では、明らかにセリフと口の動きが合っていませんでした。まさに古い時代の制作手法ですね。

なお、YouTubeにアップロードされている映像は、当方所蔵のものではございません。なぜならば、未だにアップロードの方法を知らないからでございます・・・。

おじゃましました。
2010/09/04(土) 10:47:14 | URL | 甚六
ウィリー
ウィークエンダーの再現フィルムで
どきどきしてた あの頃ですね。
深夜番組 おとなの番組
2010/11/30(火) 14:02:02 | URL | 村石太ちゃんマン
● 甚六さん
山田邦子さんがCM出演している時期まで続いていたというのが、少し意外でした。


● 村石太ちゃんマンさん
ウィリーね。わかります。
2010/12/01(水) 02:02:26 | URL | ごいんきょ
再現フィルム
この番組が始まったのは、確か昭和50年の4月で当時私は高校3年生であった。学校で何かやると同級生はもとより教師まで「ウィークエンダーに出るぞ」とよくいわれたものである。さてこの番組の中心はなんと言っても再現フィルムである。どんな事件を取り扱ったは個々に覚えていないが、初期にこんな物語があったを記憶している。
 とある漁師町の島の中学校に若い女性教師が赴任した。
 しかし複数の男子生徒は学校より漁のほうが大事だといって欠席する。
 それを注意しにきた女性教師を生徒の複数の父親が「生意気だ」と言って後日女性教師の下宿まで押し駆けて強姦する。その父親が「おれの今日の水揚げは5万円だ。漁師のせがれは学校より漁だ。」と叫んでいたシーンは未だに忘れられない。因みに女性教師役は東映のトラック野郎シリーズで桃次郎の行き着けのソープランド嬢役の相川圭子であったと思う。
2011/01/11(火) 00:49:01 | URL | おっさん
うーん、本当にそんな事件が有ったんですかね。
俄には信じ難いですが。
2011/02/08(火) 03:21:28 | URL | ごいんきょ
堂々と放送されていたポルノ
これも11PM同様、クラスの殆どの奴が見ていましたね。

私の場合、自由に見れるTV受像機が無かったので滅多に観れませんでした。

それでも何回か観ることができました。

集団レイプのが多かったです。
その頃は、おっぱいすら映らなくなっていたのですが、犯されて苦痛の表情がアップで映し出さて、5、6人に犯られた後、悲しそうに泣いているのがリアルで、今のそっち系AVよりはるかにエロかったです。

妙に生々しく、本当に犯られているみたいでした。
女優さんの演技も真に迫っていたし。

あれDVD化したら、絶対売れると思います。
2011/11/11(金) 17:42:00 | URL | わい
今はねえ、もっと凄い、世界最エロのAVが有りますからねえ。
それにして個人テレビは欲しかったですよね。
ベルトクイズQ&Qでラテカセを取る子たちの気持ちがよくわかった(笑)。
2011/11/13(日) 14:18:14 | URL | ごいんきょ
再現VTRの話ばかり出てますが
例の♪バッババッババッバー♪もそうですがタバコ持った手が歩いてるあのマークも印象的でしたね 翌日のTVジョッキーの口爆弾と双璧じゃないでしょうか 他にも独占女の60分のオッパイハート(?)やお笑いマンガ道場のUFOやルックルックの目玉みたいな魚とか 昔の番組はこのテのマークが多かったように思います

そういえばルックルックでもウィークエンダーと同じようなコーナーやってましたね 事件現場の地図のようなテロップのバックでパトカーランプが回ってたのが印象的でした ちなみにこの場面のBGMの♪バババババーババババーバー♪はブラッド・スウェット&ティアーズの「スピニング・ホィール」でした
2012/05/14(月) 23:53:03 | URL | 鉄ドン
バリーホワイトの
ラプソディホワイトは動画サイトで
オープニングの部分聴いて
この番組らしくないなあ
と、いう感じはあった。

オープニングは女の裸が
エロティックに描かれていた
時期もあったな。
 
 
 
2012/08/03(金) 01:56:14 | URL | サイドスロー
あれはプロデューサーだったかな、の選曲で、
よほどお気に入りだったと見えて、レコード化もされました。
例のタバコを持つ指のマークがジャケットデザインでした。
2012/08/03(金) 05:03:25 | URL | ごいんきょ
泉ピン子よりも朝丸、はるお、すどうかづみ  
みなさんはこの番組というと
加藤芳郎先生の電気スタンドと
泉ピン子のイメージが強いと
思うのですが
加藤先生は当時、もう年齢からして
ニュースの詳しい内容を電気スタンドで光を照らし合わせて見ていたのかもしれないけど。
 
僕自身、初期のころは見てなかったせいもありますが
この番組というと朝丸の
わけだぁ~
と、青空はるお、すどうかづみ
なんですよね。
いずれもレポートぶりは立て板の水という感じでした。 

泉ピン子のレポートって
人気もあったとは思うけど。 
あまりにも過激すぎて
問題が多々あったみたいだね。
もともと、ピン子は芸人だったし
当時はそのせいもあって
ストリッパーとも交流があったみたいだけど
そのストリッパー団体からも
総スカン食らってたらしいし。
大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録にくわしいことが掲載されてる。 
 
2012/08/03(金) 13:15:55 | URL | サイドスロー
● 鉄ドンさん
飛ばしてしまって申し訳ないです。
レコードジャケットは、正にそのマークでした。
ライナーにはプロデューサーだかが、その曲に対する思い入れを綴っておりましたです。
ルックルックというより、それ以前の『あなたのワイドショー』の頃からの伝統的コーナーでした。

本当だ。
イントロがそのまま使われてたんですね。
うーむ。ネット時代、どれだけ目ウロ情報に巡り会えたか。


● サイドスローさん
加藤さんの電気スタンドってわからないです。
末期はそんなもの使ってたんですか。
ピン子さんにも一回くらい脱いで欲しかったなあ(笑)。
2012/08/04(土) 05:15:24 | URL | ごいんきょ
要は匿名、匿名性、報道倫理を厳守すればリメイクもアリかな。
いまだとこの番組に近いのは
2ちゃんねる、BLOGOS
週刊現代、週刊実話、週刊大衆
噂の東京マガジン
探偵ナイトスクープ
R25に内容などを含めて
これらに近いかな。
以前だとすでに休刊している
噂の真相に近いかもしれないけど。
匿名、匿名性などを守る、考慮する
報道倫理などを守れば 
そういう配慮を守るなどを守れば
こういう番組はリメイクして
復活しても良いのではないかと
個人的には思うのですが。
それこそ、ウィークエンダー21
みたくしてさ。
でも、事件を起こしたとき 
未成年は匿名で済ませることは
出来ても
20歳以上の人は実名報道されることは多いだろうし
イニシャルでの報道は少ないからなあ。 
ゴールデンタイムと、いう
時間帯からしていずれにしても無理かな。

でも、人権などを叫ぶ
BPOなどのいわゆる 
人権団体が神経質すぎると、ぼくは
思うけどね。

単にエログロがきつすぎる
レポーターの発言がどきつすぎる
と、いう問題だけではないのかも
しれないけど。
それ以外のジャンルなら
取り上げる話題、情報には
事欠かないはずでしょう。
いまなら、生活保護の問題
孤独死。震災後の東北のいま
いじめ自殺問題、消費税増税の問題などがあるし、
そういう話題を取りあげられそう
だろうけど。  

でも、高見恭子や石田夏子は
わりと控えめな感じで、極力抑えてレポートしてた感はあったけどね。
    
2012/08/09(木) 11:42:30 | URL | サイドスロー
うーん、どうなんだろうな。
ワタクシは実際の事件を見せ物にするというのは、
公共電波ではあるまじきと思ってるんですけどね。
阿曽山大噴火という人が裁判ウォッチャーとか言って、ラジオとかで裁判を笑いのネタにしてますけど、
それって倫理的にも勿論問題あると思うんですけど、
愉快犯を産む危険性も孕んでいて、如何なものかと思ってますね。
裁判芸人とかやるなら、大川興業みたいに非電波でやるべきです。
2012/08/11(土) 02:13:21 | URL | ごいんきょ
ボッチャワ
OPの音楽「CHASE(チェイス)」の
「BOCHAWA(ボッチャワ) 」
フルバージョンがアップされていましたのでTBしてみます。

タイトル通り「最後まで聴いて」
みるとおおっ!と思い出されるかもしれませんね。
2015/09/22(火) 00:35:18 | URL | yig
懐かしいな。
日本でこんな番組の顔になってるなんて知ったら断ってたかも(笑)。
2015/09/23(水) 21:11:10 | URL | ごいんきょ
THE CHASE
ワールドツアー中の飛行機事故でメンバー全員お亡くなりになられていますね。

「BOCHAWA」「黒い炎」、ブラスロックの名曲ですね。
2016/11/22(火) 13:11:25 | URL | TSUSHIMA
ラプソディ・イン・ホワイト
なんかの本で本で読んだ事がありましたが、ウィークエンダーの細野プロデューサー、最初はこの曲でなく、同じバリー・ホワイトの「愛のテーマ」を使いたかったそうですが、キャセイパシフィック航空にCMソングとして先に取られたため、「じゃあB面にするか」とでこの曲にしたそうです。
2016/11/22(火) 13:16:57 | URL | TSUSHIMA
あらー。そんな事故が有ったなんて。
しかも、あの Eye of the tiger のサバイバーって、その事故で難を逃れた人が結成したグループだなんて。

キャセイ航空のCMでしたっけね。
なんか、もっと身近にもよく聞いたような気がするくらいの浸透度。
両A面扱いで問題無い名曲ですね、両方とも。
2016/11/22(火) 22:12:40 | URL | ごいんきょ
レス感謝です
バリー・ホワイトは2003年に鬼籍に入られましたが、まさか自身の曲がえげつない番組のオープニングで使われるとは思ってもいなかったでしょうね。

「愛のテーマ」、北海道ではSTVラジオ「オハヨー!北海道」のオープニングでおなじみです。
2016/11/23(水) 04:51:24 | URL | TSUSHIMA
どうなんでしょう。
ウィークエンダーのテーマとしてレコード化されているので、
日本の番組で使われたこと自体は知ってたでしょうね。
内容までは見てないだろうけど(笑)。

ラジオにはイージーリスニングがよく合いますからね。
2016/11/23(水) 05:49:20 | URL | ごいんきょ
この番組のエンディング
エンディングに使われていた曲は「What`s going on」(マービンゲイの曲)で彼は1984年に父親の銃弾に倒れました。
2017/02/11(土) 00:50:11 | URL | クッキーモンスター
あー、そうだったかな。
なんか聞き覚えが有るような気はするんですが、開始から再現フィルムの部分を主に見ていたから、
終了部分はそんなに覚えてないんですよね(苦笑)。
2017/02/19(日) 12:23:17 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶を
拝啓 正直このとんでもない悪名高い番組がこれほどごいんきょ様のところで盛り上がってるとは、、、正直脅威でした。お恥ずかしながら自分も録画していた一人で、お詫びいたします。これは、一体何故こんな番組に当時割りと効果だったビデオテープ=最初はβ後にVHSを使ったのかは謎です。この皆様が興味持たれる「再現フィルム」ってぇ物は、実は当時からかなり問題視されており、当該事件の被害者加害者双方からかなりのクレームが来ていた事は当時の新聞や週刊誌に書かれています。対して日テレの担当者からは「常に弁護士立会いで製作している」と突っぱねてましたが。当時担当弁護士は丸山何某と言うオールバックのメガネかけた丸々肥えて脂ぎった親父でした。何せレポーター連中が端からえげつない連中ばかりで。特に「ピン子」は例のストリップ小屋騒動で「一回1万ならあたしもやりたいわ」なんてぇ抜かしてストリップ業界全体を敵に回し大変だった事がありましたね。この再現フィルム登場人物役者で「三条たか子」と言う女優がいて、よく出演していましたし、男優でも名前は思い出せないが何人か「メジャーの成り損ない」みたいな人=高土新太郎とか居ましたね。フィルムってぇ事は少なくても初期はビデオテープでは無かった様で、記憶ではフィルム独自のトーン=出色色合いがそんな感じだったかと。また音楽ですが「バリーホワイトのテーマ曲」は後半にレコードプレゼントがありましたね。かなりの応募があった様です。また「頭のナレーションのバックに被るBGMは間違いなく鬼警部アイアンサイドのテーマ曲の一部を利用」したものです。まぁ良くも悪くも歴史の残らざるを得ない番組でしたね。敬具
2017/04/20(木) 10:18:17 | URL | よしたかくん
ウィークエンダーの終焉
人権意識の高まりによってこの手の番組は放送が難しくなったのもありますが、80年代に入って裏のNHK教育でスタートした若者向けのトーク番組「YOU」が引導を渡したとの向きもあるようですね。
2017/04/27(木) 07:38:36 | URL | TSUSHIMA
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「連想CM」第3弾。これもバラエティーに富んでいるかも? (例によって番組内容のテーマではありません。念のため)
2010/07/28(水) 23:13:18 | Mr.yig
最後まで聴いて見るととある番組が見えてくる…かな?
2015/09/22(火) 00:28:01 | Mr.yig
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ