私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



お笑い頭の体操 (1968)

お笑い頭の体操

はい。気分次第の気ままなブログ(笑)。
土曜特集っもう一週延長です。
まだまだ深夜番組もやってないし、全員集合もこの機会にやりたいし、
扱うべき枠はもう一週くらい分くらいは楽にあるんで。
例えば本日の、TBSロート枠もそうでしょ。

「お笑い、頭の体操」
という巨泉のタイトルコールと共にスタートしていたこの番組。
考えてみれば、頭に「巨泉の」と付けてませんね。
この番組がスタートしたのは昭和43年とかなり古く、
巨泉の威光はまだそれほどでもなかったんでしょう。
ちなみにこの枠の前番組は、こりゃまた結構という、やはり巨泉の番組。
後番組は、これはもう有名なクイズダービー。という事で、
土曜夜7時半TBSは、四半世紀にわたりロート製薬-大橋巨泉枠でした。
巨泉がセミリタイア宣言するにあたって一番慰留され、
一番切るのをためらわれたのがこの枠のクイズダービーだったと自伝にあります。
Web上でもそういう記述が見つかりました。
http://www.kyosen.com/naga/naig_444.html (4/9付)

巨泉前武ゲバゲバ90分の時には巨泉の名にそれなりのバリューが有り、
そう考えると、日テレ以外のTBSで初のヒットとなったこの番組で、
「巨泉の」という形容が使われるタレントにまでなったと言えるでしょう。
当時、多湖輝(たご・あきら)の『頭の体操』という本が
大変なベストセラーとして持て囃されており、十集以上出されたと思います。
これはヒネリをきかせた発想の転換が要求される問題を集めた本でした。
タイトルは、この本から取った事は間違いないでしょう。
こちらは出されたお題に面白可笑しく回答するのが目的で、
だから「お笑い」頭の体操なんですね。
TBS社史ではクイズ番組クイズ番組って紹介してるけど、
この番組をクイズ番組と認識してる視聴者います?(苦笑)
お笑いバラエティですよね。クイズと言うよりは大喜利でした。
出演者ではなんと言ってもヨイショッと月の家円鏡がメインでした。
ハチャメチャなノリの林家三平と違い、キッチリと自分を落とす円鏡は、
昭和40年代のテレビ・ラジオでは結構な位置を占めてました。
円蔵になっちゃった時は些かガックリしたものです。

あと、歌奴も出てたかな。円歌。山のアナアナ。
お笑い畑からの出演は毎回落語家がいても二人くらいで、
あとはみんな普通のタレント・歌手がやってました。
当時大活躍だった横森良造によるアコーディオン伴奏で(笑)。
ふーん、和田アキ子ってこんなこと言えるんだな、
佐良直美って、こんな短い間に機転がきくんだな、
みんな司会もできるわけだよなあ、タレントって凄いな。
なんて考えたのは本当に小さい頃だけで(笑)、
だんだんとその仕組みに疑惑の目を向けるようになっておりました。
あんなに淀みなくネタ回答をいきなり出来るワケ無い。
数年前に出版された巨泉自伝では、きちんとタネ明かしされました。
問題はあらかじめ教えられている。これはまあいい。
だから回答者はあらかじめ回答を考えられる。これも当然だ。
更には作家による回答例が3つほどあってそれから選んで回答できる。
ん? つまりヤラセかい! って、想像はついてたけど(笑)。
番組としてはこれはアタリマエ。目くじらを立てる気は毛頭無いですが、
問題はお笑いの人間がどうしていたかという事。
もし作家の回答を使用してたなら、それは幻滅ですわなあ。
なお、件の本で巨泉は、笑点もそういう作りのはずだなどと、
他局のまったく関係ない番組にまで余計なお世話発言を(笑)。
あれもあらかじめ問題はわかっているんだろうけど、
作家が回答も作ってるとしたら、それは裏切りだと思うよなあ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
横森良造さん
最後の問題が替え歌コーナーで、横森良造さんがアコーディオンを抱えて出ていらして、全員が前に立って歌ったような・・。
円鏡さんが特に、音が取れなくて自分の音程で歌いだしてしまうのです、すると横森さんはすぐにその音程に移調するのですよね。
その伴奏に毎回感動していました。
2006/10/30(月) 08:30:35 | URL | モデラート
さすが
その通りでしたね。そうそう(笑)。
言われればまざまざと思い出すなあ(笑)。
横森さんは当時いろんな番組で見ました。
素人の歌なんかでも瞬間的に音程を合わせてましたね。

ただ円鏡さんの場合は、一曲のうちに移調が何度もあって(笑)、
いつも苦笑しながら演奏してましたけ。
2006/10/31(火) 01:56:05 | URL | ごいんきょ
円鏡のだじゃれ
ロート、ロート、ロート製薬~。ロート製薬のビルのバックに流れるコーラスで始まり、“お笑い、頭の体操~”という巨泉氏のコールに乗ってチャラリララ、チャラリララ、チャラリララ、チャッチャーという音楽に乗ってスタジオが映し出されたこの番組。巨泉氏の司会番組としては、やはり最も懐かしく、印象深いですね。

土曜日の7時半は、これを観た後、「素浪人月影兵庫」「大吉」、途中から「8時だョ!全員集合」、「キイハンター」を観、そして寝るというのが、我が家のパターンでした。当時のTBSの隆盛ぶりがわかります。

ほとんど、円鏡さんのだじゃれで持っているといってもいい番組でした。また、そのだじゃれが、とてもくだらなくて良かったですね。その面白さは、「笑点」の木久蔵の比でなかったと思います。
新幹線の駅に当てはめ、物語を作るというのがあって、新大阪を、新おっさんか(新しいおじさんに会ったという意味)というのがあって、大笑いしました。

また、円鏡さんが、当時あまりに売れっ子だった為、頭が円形脱毛症になって、一時期かつらをかぶっていましたよね。
2006/11/19(日) 01:48:13 | URL | ブロンソン
ヨイショッと
土曜のチャンネルはどこもそんな感じだったでしょうね(笑)。
ただ7時半は、子供の間ではやはり仮面ライダーが強かったかな。
親がチャンネル権が強い家ではこの番組だったかも。

>新大阪を、新おっさんか
あまりにくだらな過ぎて笑っちゃいました(苦笑)。
これも作家が書いたのかなー?
だとしたら、円鏡さんのキャラによくマッチしてる(笑)。

あ。カツラかぶってた時期ありましたっけ。
なんか有ったような気がします。
2006/11/19(日) 04:55:35 | URL | ごいんきょ
笑っちゃった作品
佐良直美(さがら・なおみ)さんがよく出てらっしゃいましたね。
駅名でダジャレを言う問題で、『「代々木(よよぎ)」に「よよぎ(泳ぎ)に行きます。」』っていうのが、ツボでした(笑)!
2009/09/14(月) 21:49:09 | URL | ななお
なおあまりある 松岡きっこ
 子供と坊主めくりをやっていてふと思い出しました。「なおあまりある」を使って短歌を作れ、というお題。松岡きっこが
♪風呂あがり~胸はタオルで隠せども~なおあまりある下は手桶で~
 同じく解答者として出ていた藤村俊二の「オホッ」と驚いた顔、司会は巨泉。こう考えるとゲバゲバの面子ですが、ゲバゲバにこんな大喜利みたいなコーナーありましたっけ。松岡きっこは「頭の体操」に出てましたでしょうか。もう記憶がハッキリしません。
 下は手桶でって、ここ二十五年のテレビと比べたらスケベでもなんでもありませんが、当時、しかも松岡きっこみたいな美人の口から出たのが刺戟的で、妄想をたくましくしていました。「頭の体操」から話が離れますが、トーク番組で小林千登勢が懐妊の秘訣を語って、「終わったあと逆立ちしてしばらくじっとしていた」と言っていたのもボルテージ高かったです。
2010/07/05(月) 16:52:42 | URL | あぶもんもん
デカンショ節の替え歌で…
「デカンショ デカンショで 半年くらす ヨイヨイ!」の、デカンショ節が替え歌のお題だった時です。
西川きよしさんの答えは
「♪ポルノ ポルノで 若者騒ぐ ヨイヨイ! ポルノ女優は 寝て騒ぐ」でした。
当時中学生だった私めは、家族の前でどのようなリアクションをするべきか、かなり迷った覚えがあります。
今考えたら、大した内容じゃないんですがね。

なお、この時は丁度年末と言うこともあり、最後はメンバーが大合唱となりました。
「♪ことしは~ これでおしまい 頭の体操 ヨイヨイ! 新春三日は特番だ! み~んな み~んな 見て下さい!」
オイルショックの直後でしたが、なんとなくのどかな光景でした…。

おじゃましました。
2010/07/08(木) 13:06:16 | URL | 甚六
ポルノ 待ッてました!
 今では昔からある普通の単語みたいに聞こえますが、昭和40年代中頃の日活ロマンポルノから流行った言葉でしたね。甚六さんが書かれた回の頃はまだ新鮮な響きがあったと思います。
 私がポルノという言葉を初めて耳にしたのは、やはり同じ頃の「待ッてました!」で、ハナ肇が「世の中はどこもポルノ、ポルノだ。うちもポルノでいこう」とか何とか言っていましたが、結局ポルノとは何のことか今ひとつよくわかっていないというオチだったと思います。
2010/07/09(金) 16:16:48 | URL | あぶもんもん
のどかな時代の
お久しぶりです。
あぶもんもんさんの,松岡きっこさん,お笑い頭の体操に何度か出ておられます。私も見ていましたから。
ほかに,田坂都さんなんかも出ておられましたね。風吹ジュンさんは2回出ていたのを覚えています。
甚六さん,よく覚えておられますね。私は,クリスマスのときだったか,当時のド近眼こと月の家円鏡さんがビッツラプレゼントをもらって喜んでたのを記憶しています。
塚田茂さんとか,いろんな方が出ていましたね。
横森先生はね,おいらがスタ誕のオーでションで時の過ぎゆくままにを歌ったときに即興でピアノをあわせてくれたのですごい人だと思いました。もちろん予選おちでしたがね。ふふっ。
2010/07/09(金) 21:09:48 | URL | いくちゃん
日本「三大」アコーディオン奏者
いくちゃんさん、スゴイですねえ。
スタ誕の予選会ですか。と、いうことは、会場は有楽町の「よみうりホール」でしょうか? 

この「よみうりホール」(東京の予選会場)と、本選会場の「後楽園ホール」は地下鉄でたった3駅、車なら10~15分位の距離ですが、スターを目指す人にとっては「遠く、険しい道のりである」と、誰かが言っていたような気がします・・・。

ところで、『お笑い頭の体操』の横森良造先生ですが、改めて言うまでもなく「日本を代表する」アコーディオン奏者ですよね。そこで、横森先生にあとお2人を加えて「日本三大アコーディオン奏者」を考えてみました。
お1人は、皆様お馴染みのcoba(小林靖宏)さん。そして、もうお1人は・・・、そうです!大阪を、いや日本を代表する音曲漫才「横山ホットブラザーズ」の横山マコトさん!
いかがでしょうか?
え?「お~ま~え~は~、あ~ほ~か~」トホホ・・・。

おじゃましました。
2010/07/23(金) 04:47:24 | URL | 甚六
印象に残っている場面
左卜全さんがゲストの時。

最後の創造力テスト(替え歌)で、出演者が回答席を立って
セット中央の横森さんの前に集まるタイミングで、
なぜか巨泉さんがすぐに卜全さんのところに歩み寄り
「卜全さんはこの曲を知らないんですよねえ」
などといきなり切り出したので、まずその違った入り方で驚きました。

さらに驚いたことに、卜全さんは「そうなんですよぉー」などと
言いながらそのままの流れで一番手として、元歌を知らないはずの
替え歌を、メロディーを無視して「謡い」終わったのでした。
そう、まさに出来合いの回答を読み上げるかのように。

この回見るまで、ヤラセなんて方法想像もしてませんでしたよ

前川清さんの回答はいつも格の違う見事さで、スゴいと思ってたのになあ。
「桶屋が儲かるとなぜ風が吹くのか」の理由を答えるテストで
他の回答者が長々と何段階もの過程を経る答えを挙げてて、
子供心に(長ぇよ)と思ってたら、前川清さんはあの抑揚の無い声で
  「風が吹くと、桶屋の鼻息が荒くなります」
  「それで風が吹きます」
と簡潔にして明瞭な最短のお答え!
・・・あの時は前川清さんを尊敬したもんでしたよ、ええ。
2010/09/11(土) 17:21:49 | URL | 通りすがり
一部訂正
×
  「風が吹くと、桶屋の鼻息が荒くなります」
  「それで風が吹きます」

  「桶屋が儲かると、桶屋の鼻息が荒くなります」
  「それで風が吹きます」
2010/09/11(土) 21:14:01 | URL | 通りすがり
横森さん 
横森さん
お亡くなりになりましたね。

後半の音楽に合わせた
大喜利コーナーには横森さんは
欠かせない存在でしたね。
横森さんもまた
お笑い頭の体操には
欠かせない存在でした。

ご冥福をお祈りします。
合掌。
 
2012/09/26(水) 02:04:39 | URL | サイドスロー
ここも結構レスしてなかったんですね~。

● ななおさん
代々木プール有りますからね。
地元の人は最初から使ってたと思われますが(苦笑)。


● あぶさん
きっこさんも余りある胸してたからな~(笑)。
千登勢さんのような人がそんな発言&行動を…
山本さんが妬ましい(苦笑)。

何故そこまでポルノに反応を?(苦笑)


● 甚六さん
なんだかよくわからないネタだなあ。
寝て騒ぐって、なんの事でしょうね。
特番なんか有ったんですか。

アコーディオンも独特の雰囲気でいいですよね。
そうか。ホットブラザースでも見てたんだ。


● いくちゃんちゃん
たしかに、きっこさんは結構よく見た気がします。
有ったなあ。なんか懐かしい、ビッツラプレゼント。
ビッツラって、なんなんだろう?

これまた唐突なカミングアウト(笑)。
漫画家志望で歌手志望。なかなか多才な方とお見受けしました。



● 通りすがりさん
卜全さんの音痴ぶりというか、けっこう凄いものが有りましたからね。
あれでも大ヒット曲を持つ歌手なんだよなー(笑)。
リハーサルというか、事前の打ち合わせで、こうしましょうという事だったんでしょうけどね。
たしかに卜全さんが自分で替え歌を考えるとは考えづらいです。
と言うか、全てのタレントでそれは感じてたんですけどね(苦笑)。

前川さんの読み上げが想像できます。
その理屈だと、桶屋は永久機関で儲かりますね(笑)。


● サイドスロー
この番組、スター誕生等々、昭和の即興歌唱場面と言えば横森さんの存在がすぐに思い起こされます。
2012/09/26(水) 06:44:37 | URL | ごいんきょ
クイズ番組形式の大喜利路線は後継のクイズダービーでも
この番組の特徴だったクイズ番組形式の大喜利路線は後のクイズダービーでも、篠沢教授等の珍回答に巨泉が茶々入れたり、正答率が低いのを「上品な結果」、正答率が高いと「実に下品極まりない」と教授自ら述べたりという形で継承された様にも(笑)。
私個人としてはお笑い頭の体操の方が馬鹿馬鹿しくて好みだったですけど・・・。
2013/06/16(日) 18:28:30 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
たしかに役割分担を考えて差配してましたね。
前番組のこれでノウハウを培った面は有るでしょう。
2013/11/13(水) 23:21:13 | URL | ごいんきょ
天地真理さん とんちが効いている 
天地真理さんの出ていた回です。

オープニング 
天地  わたし、お菓子屋さんです。
巨泉  うちはどこ
天地  すぐチョコです。

天地  デパートの1階と2階
    どっちが高いか。
巨泉  そりゃ2階だよ。
天地  違うもん 
    デパートの1階は
    ダイヤモンド売り場だもん。

天地  殿、おやつにしましょうか。    八つもいらない
    まんじゅうはひとつで沢山だ

ま、台本通りなんでしょうけど
真理ちゃんのとんち
ツボにはまるんですよね。

真理ちゃんやタレントのみなさんは
笑点やこの番組見て勉強してるのかな。 
2013/11/23(土) 12:41:12 | URL | サイドスロー
全回のまとめレスで敬称省略してしまってますね。
サイドスローさんには申し訳ないです。

1階ダイヤ売り場っていうのはよく出来てるなあ。
真理さんって、かなりお笑いセンス有りますね。

って、当時の視聴者は思ってたのなあ。
おそらくプロレス見るのと近い感覚だったでしょうね。
2013/11/23(土) 14:11:38 | URL | ごいんきょ
TXが無いテレビなんて・・・
>なお、件の本で巨泉は、笑点もそういう作りのはずだなど

ガキの頃から関西のお笑い番組で育った私なんて、小学校に入る頃には「どーせ構成作家か番組スタッフが答えまで作っているんだろ」位にしか思っていませんでしたよ(笑)。
ドリフとか欽ちゃんにしてもタイトルロールでの構成の筆頭に出て来る田村隆(ドリフ)や大岩賞介(欽ちゃん)辺りの指示通りに演技しているだけなんじゃ?位にしか。
寧ろ後にいかりやを始めとするドリフのメンバーや欽ちゃんが番組作りの中心となっていた事が分かって逆に驚いた程で(笑)。

何しろ関西で朝から晩まで放送されていたお笑い番組でどう考えても機転が利かなそうな若手芸人までいっちょ前(一人前)の反応するんだから、さすがにねぇ。
なので(やはり関西で多く製作された)素人参加番組での「予定調和で無い」お返しやお笑い番組でも所謂「すべり芸」に大爆笑する様な嫌な人間になってしまいましたわ(笑)。
2013/11/26(火) 09:13:29 | URL | ガキの頃から関西のお笑い番組で育った私にとっては
巨泉さんとか、この番組って、あまり関西ウケしないように思いますがねえ。
2013/11/29(金) 01:33:09 | URL | ごいんきょ
天地真理さんでもうひとつ
これも天地真理さんが
出ていたときのネタです。
放送日の翌日が母の日です。
それにちなみ本来母の日は
カーネーションを贈るのが
習慣になっていますが
カーネーションではなく
他の花を贈るとしたら
どんな花を贈るかというお題。

天地 お母さんにパンジーの花を
   プレゼントします。
巨泉 ありがとうよ、真理。
天地 だからこっそり
   私のパンジー穿かないでね。巨泉 バレたか
   だって大きさ同じだったんだ   もの。

このときの真理ちゃんの言い方も
またかわいかった。

いまだったらこういうやりとりだと
娘がお母さんにキレる感じ
娘が母にキレる光景が思い浮かび
ますからね、 

 
2013/12/02(月) 11:01:13 | URL | サイドスロー
たしかに笑点と同じ様な展開ですね。
パンジー履かないでか。
これはあまり上手くはないかも。
作家が悪いんですけどね(笑)。
2013/12/04(水) 01:07:44 | URL | ごいんきょ
関西では長らく(というかABCネット時代)火曜7時30分でしたからね
>巨泉さんとか、この番組って、あまり関西ウケしないように思いますがねえ。

関西では腸捻転解消まで、火曜19時30分に遅れネット(例の「部長刑事」の影響)の状態でした(玉突きで本来のTBS火曜19時30分枠番組(「歌まね読本」〜「55号決定版」)は、土曜18時00分枠で遅れネット)から、関東等と比べると温度差があったかもしれないとは思いますけど、私個人は円鏡師匠の下らない駄洒落とかがツボで(笑)。
系列局がMBSに変わって、ようやく同時ネットとなったものの、それから間もない時期での終了と相成った訳(ちなみに火曜19時30分枠も同時期に「55号決定版」が終了し、同じコント55号を軸として「お笑い頭の体操」的要素も垣間見えるクイズ番組「ぴったし・カンカン」がお目見えする。)ですけど、淡々と最終回の報告と視聴者への挨拶をした巨泉に対して、円鏡師匠の笑顔が実に寂しげだったのが40年近く経った今でも強く印象に残っていますね。
2014/06/11(水) 17:27:46 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
巨泉さんみたくハッキリと自分の意見を言う人は、関西の人には理解されやすいというのおは有るのでしょうか。
2014/06/13(金) 22:25:30 | URL | ごいんきょ
最終回
タレントのみなさんはこの番組や笑点
見てこの番組の流れやコツをつかんだんでしょうね。

番組も視聴率はうなぎのぼりで好評
だったようですが
当時巨泉さんのといいますか
巨泉の~大橋巨泉の~
というタイトルでなかったのは
なんらかの配慮なのかな
と、思うのですが。




この番組がこれだけ好評なのに
終了する理由は番組的に寿命が
来てしまっていたことと
てこ入れを行っていたとしても
せいぜい2~3年で終わっていただろうという巨泉さんなりの読み。
あと巨泉さんがアメリカかカナダで見た
あるクイズ番組をヒントにして
そのクイズダービーをスタートさせたのがきっかけで好評だったにも関わらず終了してしまった。
で、最終回で円鏡さんがその
クイズダービーにあたしも出たいと
言ったら
巨泉さんにダメですと言われた。
理由はお笑い頭の体操の中で
円鏡のちの8代目橘家円蔵が
放送禁止用語をうっかり
言ってしまったかららしいのですが。
これは記憶にありません。
知ってる人がいれば教えていただきたいくらいですが。
そういえばクイズダービーに
円鏡のちの8代目橘家円蔵師匠は
出てるのを見たことがありません。
スポンサーのロート製薬ヨイショっと
とビッツラプレゼントにちなんだ
なぞかけが好きだったものですから。
































2015/07/22(水) 07:18:29 | URL | サイドスロー
この番組が始まった頃は、「~の」と司会者名をつける事は一般的では無かったのですよ。
クイズダービーにあたしも出たいですか。
円鏡さんならではだな(笑)。
回答者側では記憶に有りませんが、たしか出場者側で出たような気が?
2015/07/26(日) 07:51:11 | URL | ごいんきょ
大辻伺郎
皆様よくご記憶なので、屋上屋を重ねるようですが、巨泉氏への手向けに、記憶している珍答をもう一つだけ。
確か、替え歌を即興でこしらえるコーナーで、かの故・大辻伺郎が、「ぎんぎんぎらぎら夕陽が沈む」のパロディで、

ぎんぎんぎらぎら 長ドス抜いて
ごぞんじ健さん 殴り込み
まっかっかっか 血しぶきが
唐獅子牡丹もまっかっか
ぎんぎんぎらぎら 陽が沈む

見事でした。即興にしてはあまりに完成度が高すぎ、当時でさえ、これはどう考えてもあらかじめ作られたものと
しか感じられず、今でも80%方そうだったと思いますが、反面、大辻が極めて頭がよかったという点を考えれば、あるいはひょっとして? という疑問も拭えません。

いずれにせよ、もう皆あの世へ行ってしまいました。大辻氏もまた、巨泉氏の早稲田「中退の後輩」でしたね。巨泉氏は「大辻」と呼び捨てでした。
2016/07/23(土) 16:00:24 | URL | 権兵衛
大辻伺郎さんは俳優ですからね。
当然、台本通りだったでしょう(笑)。

若くして亡くなったので意外でしたが、巨泉さんの一個下なんですね。
そりゃ「大辻」です(笑)。

昭和9年会が出来る前は、たしか昭和6年生まれとか逆サバ読んでたので、
永六輔さんが「早稲田の先輩」て言ってたんですからね、巨泉さんを(苦笑)。
2016/07/25(月) 07:10:13 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ