私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ミクロイドS (1973)

ミクロイドS


全員集合の項でも書いたように、70年代後半の8時だヨ!全員集合
その人気は鬼神の如くで、お笑い番組としては空前絶後の視聴率50%超。
考えてみれば、近衛十四浪主演時代劇の素浪人シリーズが
あれだけウケたのだって、子供達をも視聴に巻き込んでいたからで、
夜8時に子供番組という選択肢は十二分に有り得たわけです。
素浪人シリーズから土曜夜8時の王座を奪い取られたNETは、
子供達を奪い返そうと、純然たる子供番組を全員集合の刺客として抜擢。
夜8時からヒーローものとアニメを放送するという掟破りに出ました。
夜8時から特撮ヒーローもの人造人間キカイダー、
続く8時半からアニメのデビルマンというラインナップが発表された時、
多くの子供たちが、比喩ではなく、本当に嬉しい悲鳴をあげたものです。
どっちを観たらいいんだ~~~!!!
でワタクシは、キカイダーやデビルマンの項で書いたように、
ザッピングでやり過ごすという、非常に安直な方法で凌ぎました(笑)。
そうこうするうちに半年が過ぎ、デビルマンは終了となるのですが、
子供達の嬉しい苦痛はまだまだ続くのでありました。
後番組ミクロイドSは、またまた漫画。
ワタクシの土曜ザッピングジプシー生活はまだまだ続くのでした(苦笑)。

黒い悪魔の陰謀が 恐怖の地球に塗り替える
心を忘れた我が国は 幸せ求める夢が無い
ミクロ! ミクロ! ミクロー! ミクロの三勇士
ミクロイドSが立ち上がる

主題歌はかなり気に入りましたね。曲も詞も良い。
曲は後に思うのですが三沢郷さんで、サインはVとかエースをねらえ!とか、
弾むような曲調が多くて、どれも好きですね。
このミクロイドS、手塚治虫原作でチャンピオン連載とあったので、
チャンピオンを読んでみると、あまりのシリアスさにぶったまげたものです。
思えば前作デビルマンも、マガジンの原作版は凄惨だった。
このミクロイドSはデビルマンほどではないけど、
やはり描写がアニメよりも凄惨でシリアスだったんですね。
アニメ版はかなり子供向けに対象年齢を落としています。
そう言えば当初の原作タイトルはミクロイドZだったのに、
アニメ化にあたってスポンサーのセイコーに配慮してSに替えたという話、
今ではあまりにも有名なんですけど、ワタクシ実は、覚えてないですね。
スポンサーがセイコーだったにしては、CMをよく覚えてない。
それは考えてみれば当然の話で、CMになったらその度にTBSに回して
全員集合をチェックしてたんだから。CMの記憶があるはず無いです(苦笑)。

アニメ版は特にマメゾウが明るくて子供を対象にしたようなキャラで、
番組全体の雰囲気を支配していた感じですかね。
ワタクシも、あの明るい感じは嫌いじゃなかったです。
ストーリーは単純な人間防衛ものだったけど、昆虫のように小さい
ギドロンが人間を追い詰めるという設定に、より恐怖を感じました。
だって相手は小さいから、気付きづらいじゃない。
実際にハチとかコワイ虫いるし、わりと感情移入しやすい設定でした。
アゲハは綺麗だし、ヤンマは格好いいしね。
なんであんなにキャラクターをスムースに受け入れられたんだろうと考えるに、
この三人の声、みんな白黒版サイボーグ009をやってたんですよね。
009もかなり好きだったし、この三人の声も好きだったんで、だから
当時はそんな事は気付いてはいなくとも、自然と受け入れてたんでしょう。

ところがしばらくすると、大好きだった主題歌がガラッと替わってしまいます。
あの緊張感ある出だしが好きだったのに、なんだかホンワカした曲に…。
画面はまったく同じでしたけどね。いやー、あれには正直ガッカリした。
まして当時は、1クールで主題歌が替わるなんてほとんど無かったですしね。
そして後にTVK、テレビ神奈川でこの番組を再見した時、
ワタクシは更にブッたまげる事になるのです。
オープニングが異常に長い! 観たことの無い画面もある!
予告ってこんなに長かったか!?
なんでエンディングがあるんだ! しかもこれもオープニング曲じゃねえか!
これはデビルマンの項でも書いたように、本放送当時は56分からニュースで、
丸々30分放送枠がある地方局で流される場合は、
このようなバージョンもこの枠のアニメには用意されていたのでした。
そんな事はずっと後年になってからわかる事だし、
この時はまだデビルマンの地方バージョンを観る前だったので、
当時はかなり悩んだものです。「俺の記憶がおかしいのか!?」

もっとも、エンディングについては、絶対に無かった!
と断言できなかったという事もあって、余計に疑心暗鬼となったのですが。
だって、本編が終わってCMに入ったら、すぐに全員集合に入れてたんだから。
その後もちょくちょくチャンネル回してエンディングをチェックしようと
してたとは思うんだけど、実際にエンディングを観た記憶が無いのだから、
有ったか無かったか確固たる記憶なんかあるわけないのであって。
ホント、かなり長いこと自分の記憶力を疑わせてくれた、
変なトコで罪作りな番組だったのです、ワタクシにとって。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
opテーマの歌詞は
♪心を忘れた我が国は~でなく♪心を忘れた科学には~というのが正解なんだぞい

手塚氏の不変的なテーマとしての科学の平和的利用と言う意味が恐らく込められていると思うし

ところでこの番組はアースやフマキラーとかの提供にはならなかったのは何故なのであろうか
2006/11/05(日) 22:21:47 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
いけねぇ(苦笑)
いや、そこはね、後の方の文でギャグにするつもりで書いてたんです。
それが書いてるうちに、ワザと間違って書いた事を忘れてしまいました(苦笑)。
全員集合のコメント欄での話とカブらせてネタにするつもりだったんだよなあ。
仕込んだネタを忘れてほっぽってしまう。
芸人として失格です(笑)。

で、ガキの頃はそう聞いてたんですよね。
我が国っていうのは勿論、ヤンマ達がいたギドロンの国ね。
意味もちゃんと通ってるでしょ(笑)。

セイコー以外にもスポンサー有ったんじゃないかと思うんですよ。
2006/11/06(月) 00:01:53 | URL | ごいんきょ
ほんとにザッピングで疲れました
 今のTVならリモコンの「6」と「10」(関東ローカルの話)を押すだけで済みますが、昔はTVの近くまで行って、チャンネルのダイヤル式ツマミを、えーと
360÷12=30 
で、「6」から「10」まで4つ分回すから‥‥
120度!
直角以上もひねってガチャガチャガチャガチャッと回していたわけですネ。親にも「そんなにしょっちゅう回したらTVが壊れる!」なんて怒られながら見てました(^^ゞ

 ビデオで「東映動画主題歌大全集」というのがあるのですが(たしかDVD版もあると思います)、それにはローカル・ヴァージョンのオープニングとエンディングも収録されています。
 ごいんきょさんのおっしゃる「ホンワカ」した歌というのは、「ヤンマだアゲハだマメゾウだ」のことでしょうネ。あれはそもそもエンディング用の歌だそうです。
 オープニングとエンディングが入れ替わった例としては、
『科学忍者隊ガッチャマン』のエンディング主題歌だった「ガッチャマンの歌」が評判が良く、オープニングの「倒せ!ギャラクター」と入れ替わったのがあります。
『海のトリトン』でも、最初はエンディングだった「GO! GO! トリトン」がオープニングに昇格し、新エンディングに別の歌が採用されたり。
『仮面ライダー』でも2nd.エンディングだった「ライダーアクション」がオープニングに昇格したり。
と、けっこう前例(上記は全て'72年のできごと)はあるのです。

 三沢郷さんの曲調は、「仰々しいイントロと、それに負けないダイナミックでドラマチックなメロディ」と言われています。TVサイズはたったの2小節ですが、それでも充分迫力のイントロですよネ。レコードサイズは8小説あります。
 氏がアニメ・特撮作品に残した主題歌は、ごいんきょさんが挙げられた他には『正義を愛する者 月光仮面』(アニメ版)、『デビルマン』、『ジャングル黒ベエ』、『流星人間ゾーン』があります。劇伴では『ファイヤーマン』も手掛けられていたハズです。どれもイントロからグイグイと引き込まれます。(「月光仮面」は昔の歌詞に別のメロディを付けた傑作です!)

 途中でミクロイドたちのエネルギーの消耗が激しいとかで、小型の戦闘機のようなものが登場しましたネ。考えてみると、もの凄いナノ・テクノロジーです(^o^)

 いよいよ最終話が近付いた頃に、ギドロンの発する酸っぱい匂いで彼らの侵攻に気付くミクロイドたち。「匂いで気付く」ということに、妙に恐怖を感じたものです。
2006/11/06(月) 03:46:58 | URL | 自由人大佐
テレビが壊れるじゃないの!
キカイダーの項でも書いてますけど、こう言って怒られた子供、
当時は多かったんだろうなあ(笑)。
なにしろ、あのチャンネルガチャガチャは、やっている方も怖かった。
でも、仕方ないんでやってたんですけどね。
だから、ダイレクトでボタン選局が出来るテレビが出た時は、
それはもう感激したものでした。
最初のウチは、意味も無く飛ばし選局してみたりね(笑)。

東映TVアニメ主題歌全集は、DVD版で初めて本放送バージョンが収録されました。
ビデオ版はおろか、LD版ですら収録されず、
オリジナル派のワタクシは憤っていたものです。

アニメでは、OPとEDが入れ替わるというのは割と昔からありましたね。
タツノコは多くて、ハクション大魔王が最初だったかな。

三沢さんの曲は、弾んでる部分が特に好きですね。
き・ら・め~く 風ーが走る みたいなの(笑)。

あれ。ジェット機は途中からでしたっけ。
OPでは流れていたんで、あまり意識してませんでした。
たしかに昆虫にとって、飛ぶというのはかなりの消耗でしょうね。

ギドロンってたしか蟻でしたよね。
だから蟻酸で酸っぱい臭いがするという事なんでしょう。
2006/11/07(火) 05:14:21 | URL | ごいんきょ
最近u-tube画像で地方版エンディングをはじめて見てビックリ。夕方の再放送の頻度が同時間帯のデビルマン、ハニーほどではなく印象が薄いせいだったと思います。途中で主題歌が変わったのは残念。恩師ノラキュラ先生の話とヤンマの人間時代の話が好きでした。
2006/11/13(月) 12:49:24 | URL | ぼいぼん
なぜか少ない再放送(笑)
そうですね。
デビルマンは結構再放送されたし、
キューティーハニーも、まあ、何度かされました。
でも、この番組は、再放送という再放送は記憶に無いですね。
TVKが映らないと、たしかにあの地方版を見る機会は無かったでしょう。

あゝ恩師ノラキュラ先生の回ですね。
それはなんとなく覚えてますが、
ヤンマの人間時代って覚えてないですね。
と言うか、ミクロイドって人間を小さくしてたんですか。
そんな基本的な事をたった今知りました(苦笑)。
2006/11/14(火) 00:24:58 | URL | ごいんきょ
私は知っている
小型の戦闘機のようなものに乗るようになった理由は、エネルギーの消耗が激しいからよりも、飛ぶ時の羽音によってギドロンに現在地を知られて攻撃されることがわかったからです。

私はこれをみて、あり地獄がウスバカゲロウの幼虫だと知りました。
2006/12/08(金) 23:47:23 | URL | キロロ
薄馬鹿下郎
あ、そうなんですか?
でも単純に考えて、羽音よりもジェット音の方が大きいような(笑)。
ワタクシもそう言えば、これでカゲロウとアリ地獄の関係を知ったのかもしれません。
2006/12/09(土) 06:18:11 | URL | ごいんきょ
後年
自由人大佐さん。「U」もありましたから、13で割らないといけないですね。
 さて、後年、手塚さん原作の似たようなアニメがありました。「ワンダービートS(スクランブル)」といいます。ニュースコープが80分になった後、どうも19:20スタートだと視聴率が悪いということで、水曜だけ19:30とその前とに枠を分割し、同時に始まったアニメです。この番組がすごいのは、スポンサーはテルモだったこと、最後に手塚が実写で登場して解説することです。メルモもミクロイドSもコレもどことなく共通点を感じます。
2006/12/16(土) 23:28:28 | URL | かじか
算数の時間(笑)
そうですね。
たしかに昔のテレビは12チャンネルまでのダイヤル式でしたが、
時計のように整然としてなかったのは、間にUが有って半端な数だったからですね。
さて、それでは何度になるか、よいこのみんなは画面の前で計算してみてね(笑)。

ワンダービート有りましたね。
ワタクシはほぼアニメから足を洗っていたので見てませんが。
テルモ提供は話で知ってましたが、手塚さんが実写解説してるんですか。

メルモとの共通点ってわからないですね。
テルモ≒メルモって事でしょうか(笑)。
2006/12/17(日) 07:47:21 | URL | ごいんきょ
医学から出発し環境にも
手塚さんが亡くなったときって、もしかしてTBSはワンダービートSを再放送したのでしょうか。当時いた鳥取では関東の番組表も手に入ったのですが確認せずじまいでした。
 メルモとの共通点は、内容が医学的知識と関連するという意味です。環境への言及についても医学を学ばれだ故という気がします。
 そういえば「マリンエクスプレス」というテレビ映画アニメもありましたね。実は私、これをテレビ愛知で初めて見たのです。毎年テレビ東京は隅田川花火を中継しますが、正式なテレビ東京系では番組をほぼ毎年差し替えてます(岐阜放送ではネット(笑))。その1985年の代替が「マリン~」だったのですが、その存在だけは知ってた私はオープニングでNTVのクレジットが大量に出てきたので「もしかして24時間テレビのだった?」って思ったんですね。後日その通りだったことを知ったと同時に、どうりで同じ1979年にヒットした銀河鉄道999に比べて知名度が低いわけだ、と納得しました。
2006/12/18(月) 01:12:00 | URL | かじか
医学アニメ
なるほどね。そう言えば医学的アニメのはしりだったですかね。
日テレ24時間テレビでは第1回から手塚アニメが流されてました。
ブラックジャックとか写楽くんとか、当時映像化されてないキャラがゲスト出演するのが
ちょっとしたサービスだったですね。
2006/12/18(月) 07:04:03 | URL | ごいんきょ
おお、ミクロイドS・・・・
まさか、こんなにもかの作品のファンがいらっしゃるとは夢にも思いませんでした。さすがIT時代。
わたしもあのオープニング曲が大好きで、いまだに頭をよぎります。

アニメの記憶がほとんどないのですが、中学生のころに原作にはまり、マナブが主役でその後の日本を舞台にした続編を描こうと思い、毎日マナブの模写とストーリー作りに励んでおりました(結局頓挫)。

どなたかが、短編小説でミクロイドSを書いておられましたね。

いやー嬉しい。長くなってすみません。
2007/02/04(日) 19:32:26 | URL | estei
いやまあ
ファンと言うよりも、ただ見ていた人が多いんでしょうが(笑)。
ただ、最初のテーマソングは好きでしたよ。
短編小説なんてあるんですか。
まさか海賊版じゃないですよね?
一万部以上も売ってるとかだと許せないですが(笑)。


>長くなってすみません。
ここでは短すぎるくらいですし(笑)、
謝罪も禁止しています(笑)。
2007/02/04(日) 20:39:30 | URL | ごいんきょ
びっくり・・・
子供の頃、大好きでした。家庭用のビデオ機器はおろかカセットテープもなど普及していない時代、オープンリールのテープに番組を録音していました。(もう、なくなってしまいましたが・・・)
長野出身なので、ローカルバージョンでしたから、キー局であのEDがOPとして使われていたと今回はじめて知りました。
なんだか感慨深いなぁ・・・
2008/01/25(金) 00:16:50 | URL | ゆかりん
ミクロの仲間は、三勇士~ってやつですよね。
あれ、関東では2クール目からなんの前触れも無く、
いきなり新OP曲として使われました。
それも、地方版EDで流れる場合に比べて、かなりの早回しですよ。
無理やり時間合わせしていると、今ならわかるのですが(笑)。
2008/01/26(土) 23:38:44 | URL | ごいんきょ
ゴライアス
小さな時に観てました!
当時は、ヤンマの格好良さに痺れてました!
後年、漫画を探して買ってみたら・・・
思いのほか怖くて。
特に、ギドロンから差し向けられた刺客の
日本には居ないカブトムシの怪力ぶりに恐怖した思い出があります。

24時間テレビも、手塚アニメが目当てで、
日曜日の朝はテレビにかじりついていたものです。

この頃は、ザッピングが主流でしたので、
うちのテレビはチャンネルが取れてしまいました(笑)
2008/05/21(水) 09:19:50 | URL | 秋鈴
小さいながらもカッコ良かったヤンマ。
009と同じ声ですしね。
そう。漫画版は描写がややハードなんですよね。
手塚オリジナルアニメは、24時間テレビ当初の大きな目玉の一つでした。

よくチャンネルをあちこち替えてると、親が「テレビが壊れるじゃないの!」と怒りましたが、
本当に壊れるものなんですねえ(苦笑)。
2008/05/23(金) 06:58:46 | URL | ごいんきょ
ミクロイドS エンディング
前のコメント読んでいないので、重複御免です。

なんとなく覚えてる、インチキ記憶の歌詞
(調べてから書けよ〜)

明るいマーチ調の曲です。

♪ミクロの世界は 真っ暗だ
ギドロンと戦う ミクロイドS
水平飛行に 急降下
飛んでけ 戦え三勇士

ヤンマだ アゲハだ マメゾウだ

あ〜、記憶メチャクチャ
http://www.dailymotion.com/video/xhqthv_yyyyys-ed_creation#.UVn5kc1N7-k

2013/04/02(火) 06:19:21 | URL | Roma
蛇足ながら…
ヤンマ役の井上・五ェ門・真樹夫氏は、モノクロ009の、少なくともレギュラー出演はされていなかったのでは?
2013/04/02(火) 06:45:06 | URL | Roma
いまウィキペディアをチェックしてみて驚いたのですが、
この番組にセイコーのオープニング・キャッチが有ったと書いてますけど、本当ですかね?
ワタクシの記憶にはまったく有りません。
主題歌は2種類とも、冒頭から見ていた記憶が有ります。
だから、キー局本放送版のイントロもきちんと覚えてましたし。

単にワタクシが記憶していないだけか、それとも関東では無かったんでしょうか。
想像では、関東での放送はとにかく忙しかったので、おそらく後者だと思います。
関東以外の放送では、そういうものが有ったんでしょうかね。
どんなものだったのか、ご記憶の方はいらっしゃいますか。


● Romaさん
2番ですね。
という事は、関東の方ではなさそうですな。

あれ、本当だ。
なんで勘違いしたんだろう。
単に声が似ているので思い込んだだけかな。
009は田中雪弥さんだったんですよね。

わざわざ訂正ありがとうございました。
アニメに関してはここより凄いとこいっぱい有るので、ここをアテにしている人は少ないと思いますが、
もし恥をかいた人がいたらごめんなさい。
2013/04/02(火) 23:51:40 | URL | ごいんきょ
小学生の頃、再放送で見ましたが、オープニングの歌がかっこよかった以外あまり覚えていません。

後にタカラから発売されたトイ「ミクロマン」のヒットを考えると、マーチャンダイジングも考慮した展開もできただけに、惜しまれる作品です。
2016/09/17(土) 09:57:48 | URL | すーぱーぺるる
そうですよねえ。
まだこの頃は、それほど何が何でも商品展開という作りではなかったんですよ、子供番組も。
2016/09/18(日) 08:47:51 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
漫画界の大御所…手塚治虫 大先生のアニメ作品だい。何故、今まで手塚治虫 アニメを取り上げなかったんだろ不っ思議ぃ~と…、言う訳で、ミクロイドS ザンスオイラはアニメでデビューして、コミックを見た派なんだけどね アニメも面白かったけど、コミックもナカナカ骨太..
2006/11/06(月) 21:39:23 | 1965’s 盛上がりの夜空に ☆
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ