私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



君こそスターだ! (1973)

君こそスターだ!


ダラダラと続けてしまった土曜日特集も潮時ですか。
まだまだ土曜日の名番組はいっぱい有って、
素人民謡名人戦とか、ザ・ロンゲストショー、大江戸捜査網、
まんがはじめて物語、まんが日本昔話、仮面ライダーシリーズ、
暴れん坊将軍、YOU、サタデーナイトショー、海賊チャンネル、
ミッドナイトin六本木、クイズDEデート、ねるとん紅鯨団、
土曜ワイド劇場、少年探偵団、素浪人月影兵庫、池中玄太80キロ…

…キリ無いわ!!

ので(苦笑)、まあこの辺にしておきまして、
やはり名番組目白押しのためまだやり足りない感じだった日曜特集の
パート2の方に入りたいと思います。

第一弾にあたり、実はスター誕生スレで非常に沢山の情報を書いて下さってる
T&Cさんからリクエストメールが以前ありまして、
この番組も扱って欲しいという事なんですね。
んで、どうしようか迷っていたこの番組をやる事にしました。
なんで迷ってたかというと、ワタクシ、正直言って、あんま観てない(苦笑)。
でも、心強いと言うにはあまりに心強い援軍が出て下さりそうなので、
そんじゃあ取り敢えずスレ建てだけでもやってみっかと思い、
最低限の情報を仕入れようと検索してみて愕然…
ほとんど情報ない!(苦笑)
出てくるのはサザンの曲名ばかりで、なんとか工夫して上級的な検索法で
絞り込んでみても、本当に出てこないのです。
なんで? ナンデ?
たしかにスター誕生に比べれば地味だった。
でも、それなりにスターも輩出したし、それなりに注目されてた番組のはず。
なのにこの悲惨な状況はなんなのだろう?(苦笑)
て事で、最低限の事すら出来ないかもしれない。
あとはコメント欄での援軍にただ期待するのみです。


日本テレビのスター誕生で森昌子・桜田淳子・山口百恵らが出て来るや、
他局も焦って自前でスターを作りたいと思いだしたようで、
この手の番組がにわかに増えました。
なかでもこの君スタは、スタ誕の直前、日曜午前10時から放送という、
あまりにも露骨なスタ誕潰し(苦笑)。
ちなみに中部地区の日曜は、朝9時から
テレ朝系であなたをスターに!をやってたようですね。
たしかに2時間続けて素人歌手オーディションなんか普通は観たくない。
だからワタクシは、迷うことなくスタ誕を観てたんですけど(笑)。
ただ、この番組の第一回グランプリだかに林寛子…
子役時代から人気あった子なので、なんか出来すぎた話なんですけど(笑)…
まあとにかく彼女が出てきて、それで注目されてからは、
気が向いた時にチラ見くらいはするようになりました。
それでもその程度なんですけど(笑)。
カモン、ベイ、ビー かわいいの♪ なんて歌ってましたね。

司会はオールナイトニッポンでラジオ界では堂々たるスターだった
笑福亭鶴光と相本久美子とのコンビが印象に残ってますが、
その前は、そしてその後は誰だったんでしょうね。検索しても札幌稚内。
なんでこんなに情報不毛なのかと思ったら、
これだけの番組なのに関西では放送していなかったようですね。
しかもムーミンとかの再放送だったようで…。
そこまで関東の軍門に下るのが嫌か関テレ(苦笑)。
スターを作ろうという番組で関東ローカルじゃあ、そら成功するわけない。
とは言え、結構スターは出てます。一応名前だけは(笑)。

林寛子(第1回グランドチャンピオン)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/ha/hayasihiroko.html
当ブログでもコメント欄等でちょくちょく名前が出てます。
変身忍者嵐とか花は花よめなど、バリバリの子役スターから優勝(笑)。

石川ひとみ
http://www.fareastcompany.net/hitomi/
以前このブログのコメント欄で話題になったローカル番組、
どんぐり音楽会にも出ていたと返事してますね。
矢島洋子とともに第二回アジア音楽祭にこの君スタから出場。
その模様が番組中で流されたりもしました。

高田みづえ
http://www.cdjournal.com/main/artist/artist.php?ano=117626
硝子坂は本当に名曲だったなあ。その後もいい歌いっぱい歌ったけど、
なぜだか相撲取りの女将さんになっちゃった。

越美晴
http://oops-music.com/info/view.html?oid=2064
わりと名前は見るんだけど、曲は知らないって感じ(笑)。
細野晴臣とユニット組んだりしていたようで。

朝川ひろ子
http://www.bub.co.jp/asakawa/
平成版魔法使いサリーとか歌ってた人。
かなり末期の出演かな?

ピンク・レディー(静岡予選不合格)
http://www.aiesu.co.jp/teikei/pro5.htm
ミーは個人でスタ誕予選挑戦経験があり、ケイと『クッキー』という
デュオを結成してからも、この番組やスタ誕などで落選しているようです。

以上全て、信頼に足ると思われるWebサイトから、
各歌手と君スタの関係が語られてるものを並べてみました。


こうした出演者を審査するのは、鈴木邦彦、服部克久、橋本淳、
石坂まさをといった面々で、ネームバリューとしても
大きくスタ誕に後れを取っていた気がします(苦笑)。
しかも、歴代出身者のヒット曲を作曲してない感じだし(苦笑)。
朝川ひろ子のサイトに拠れば、彼女の頃にはなかにし礼もいたようです。
演奏は、フジテレビではお馴染みの、ダン池田とニューブリードでした。
初期はアシスタントにキャンディーズが出ていたらしいですが、
中期頃にはアパッチというB級アイドルが華を添えてましたね。

「君こそ、スターだ!」という鶴光と相本のコールで番組は始まり、
プロの歌手を目指す皆さんを、フジテレビがバックアップしてスターにする!
と高らかに宣言してました。フジテレビだけなんですね、やっぱ(苦笑)。
毎週第二次審査まであり、第一次審査で5人が歌って2人勝ち抜き。
続く第二次審査では前週からの勝ち抜き者2人が加わり、
その4人の中から2人が翌週への勝ち残りとなり、
7週勝ち抜くとスターへの道が開けるというシステムで、
この辺はスタ誕とは大きく違っていました。
参加者には銀座日本堂から君スタ時計が贈られたほか、7週勝ち抜き者には
森ミドリのCMでお馴染みのビクトロンが贈られてました。
ロンロンロンロンビクトロン♪
この情報は正しいので安心して下さい(笑)。

挑戦者紹介はスタ誕よりもはるかにアットホームで、
一人一人きちんと歌う前に軽いインタビューがあって、
しかも憧れの歌手からの励ましのメッセージまで流されたりしました。
最終審査発表では、二人の勝ち抜きの他に特別賞もあり、
鈴木邦彦ポップスクールの講座カセットが贈られてました。
スタ誕の欽ちゃんコーナーのようなバラエティ色はほとんど無く、
審査待ちなどの合間合間はプロのゲスト歌手が歌う感じでしたから、
一時間まるまる歌の羅列という感じで、構成も退屈な番組だった。
まあ、日曜の朝という事で、当時はあまり
派手にやりづらいというのは有ったでしょうけどね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
スタ誕に比べると.・・・。
こんにちは。
そうですよね~・・・この番組私も見ていたはずなのにあまり記憶に残ってないです。(←じゃ、コメントすんなよ!ですが)
同じスカウト番組のスタ誕みたいにハラハラ、ドキドキ感が希薄というのか・・・。

ただ、司会が鶴光さんだったというのは少し驚きでした。
なんか私の記憶だと三波伸介さんだったように思っていたのです。
(別の番組か、もしくは2代目以降だったでしょうか・・・)

司会者もうろ憶えなんて、かなりいい加減にみてたんですねぇ・・・スタ誕は戸倉俊一センセイのおキザなマイクの持ち方までおぼえてるのに・・・。


話は少しそれるんですけど。

サザンは「君こそスターだ!」ってタイトルを、この番組名が頭のどこかに残っててつけたんですかね・・・たまたま偶然?
たしかデビュー曲「勝手にシンドバット」は全員集合で、志村けんのギャグからとってつけたような記憶があるのですが・・・。
2006/11/14(火) 11:48:55 | URL | きなこ
そうですよね
いやいや、見ていたのが事実であれば、覚えてないってコメントもアリですよ。
まあ、ほんの些細な事でも何か覚えてる事を書いて戴ければ、
それが最上ではありますけど。

ドキドキ感が希薄。それだけでも当時を偲べるコメントです。
やはり7週勝ち抜きだからでしょうね。

しかし本当にこの番組の記述が不気味なくらいに少ない(苦笑)。
意外と、誰も見てなかったのか、これ?(笑)
しかしそんな中、非常に少ない記述を見るに、高田みづえさん選出当時は
三波伸介さん司会だったという話が複数見られます。
どうやら初代司会は三波さんだったようですね。
言われればなんとなくそんなような気もしますが…
都倉先生ってマイクをオカマ持ちしてたんですか?(笑)

桑田さんはよく遊びで歌のタイトルつけますよね。
みんなのうたなんて完全にそうでしょ。
勝手にシンドバッドって志村さんのネタであったんですか?
それは知りませんでしたね。
当時ドリフを見てるような連中からもそんな話は聞いたこと無かったし。
2006/11/14(火) 23:41:20 | URL | ごいんきょ
素人が少ない
林寛子は劇団いろはで子役としてすでに活躍していましたし、三純和子は小野木久美子という本名で『かしの木モック』の主題歌を唄っていましたし、堀智子はCM「タバコする~?」で有名なモデルでしたし、歌手デビューにちゃっかり番組を利用した感がぬぐえません。
2006/11/15(水) 07:36:17 | URL | T&C
玄人の中に
第1回グランドチャンピオン大会に出場した江利奈マヤは林寛子に敗れたものの、会場に来ていたプロダクション、レコード会社の中から、新栄プロにスカウトされ、東芝EMIからデビューとなりました。他に、ビクター芸能&ビクターレコードからのデビューが二人、和泉早苗、石田文子。
2006/11/15(水) 14:11:40 | URL | T&C
自分もほとんど見てませんでした・・・
中学の時の社会の教師が、石川ひとみを教えたとかで写真を持ち歩きかなり宣伝したました。
デビュー曲が「右向け右」2曲目の「くるみ割り人形」まああまりパッとしませんでしたねー
その頃NHKの「プリンプリン物語」やってたと思います。
そのあと位に「まちぶせ」で世にでましたね。

そうそう自分が高校のときに、ドラゴンズを応援するイベントで本人を見ました。
サインを頼んだら無視されて、「気取ってるねー」て言ったら「私気取ってません」て怒られました。
しかもあとからマネージャーが来て本人の部屋まで謝りに行く羽目になりました。
チョッとファンだったのでショックでした。悲しい思い出です(泣)
2006/11/15(水) 19:01:33 | URL | ZERO
貴重な体験
● T&Cさん
……あなた、本当に誰なんです?(笑)
なんでそんなに詳しいんだろう(苦笑)。

かしの木モックの歌は大好きでしたよ。
その後あまり聞かないような名前ですが、
本格歌手デビューしていたのですか。
あの辺のアニソン歌手じゃあ、やはりちびっこのどじまん出身なのかな?
「煙草、する?」 ありましたねー(笑)。
8時だヨ!全員集合の中でもよくネタに使ってました。
あれはなんのコマーシャルだったのかは思い出せませんが(苦笑)、
なんか懐かしいものを思い出させてくれました。
しかし、そのモデルさんがこれに出てたんですか。

7週勝ち抜くとグランドチャンピオン大会に出場できるんですか。
そこではスタ誕のように、プロのスカウトマンによる何かがあったんでしょうか。
それと、歴代司会者はわかりませんかね。


● ZEROさん
石川ひとみさんはワタクシも好きなタイプでした。
倉田まり子さんに似ているとよく言われましたけど、
倉田さんは別に好きじゃなかったんだけど(笑)。
プリンプリン物語やってましたね。
たしかに曲はパッとしてなかったけど(笑)、
この番組で顔と名前を売った感じですね。
まちぶせはひとみさんの声に合ってたと思う。

エピソード、なんかおかしかったです(笑)。
「私気取ってません」って、なんか言いそう(笑)。
でもまあ、サインをするのは義務でもなんでもないし、
しないからって雑言浴びるのは可哀想な気がします。
それと、本人の所に謝罪に行かされたと言うより、
直接会わせてくれる意味合いが有ったんじゃないですか。
大多数のひとみファンは羨んでると思いますよ。
客観的に、ZEROさんの方が分が悪いんじゃないかな、これは(笑)。
悲しい思い出と言うよりも、貴重な体験だったと思われますけど。
2006/11/16(木) 00:40:30 | URL | ごいんきょ
パターンの変更
4回程変更がありました。6人登場し、1対1の3回戦、最後に残った3人がもう一度唄い、最高得点者がその週のチャンピオンに。そして、グランドチャンピオン大会。プロダクション、レコード会社は、ただ会場の1区画にいるだけ。予選と同じことが行われ、ただ、120点以上の最高得点者がG.C.になりました。第4回グランドチャンピオン大会の後に、最初の変更が来ました。
2006/11/16(木) 06:30:15 | URL | T&C
歴代の司会者&アシスタント
三波伸介、おりも政夫、鶴光。&来栖あんな、キャンディーズ、林寛子、エバ、黒沢洋子、などなど。/スタ誕みたいに、5週にわたり唄うデビューコーナーみたいなのが全くないのが残念でしたね。
2006/11/16(木) 06:37:40 | URL | T&C
シンジラレナーイ
ヒルマン監督留任記念です(笑)。

しかし本当に信じられない。
なんでこの番組までそんなに詳しいんだ!?(苦笑)
この分だと、もう一つリクエストしていたあなたをスターに!も詳しそう。
一体何者なんだろう?(笑)

そんな根本的な疑問はさておき、貴重なお話を有り難う御座います。
うむ。やはり三波さんが初代司会だったのですね。
疑問がなんなく解決されてしまった。
おりも政夫さんやってたなあ(笑)。
言われて思い出しましたよ。
アシスタントの方は林寛子さん以外はよくわかりません。
エバもやってましたか。キャンディーズは本当にやってたんですね。
いつ頃なんでしょうか。

番組形式もかなり変遷があったんですね。
やはり後発で、出場者を確保しづらかったんでしょうね。
合格者にプロ・セミプロが多いのもそんな事情でしょう(笑)。
2006/11/16(木) 21:29:52 | URL | ごいんきょ
スタ誕だめでも君スタで
スタ誕!では、特別企画の全国縦断選手権で、福岡地区で優勝しましたが、決勝で優勝できず、その後、決戦大会に出場し、プラカードがあがらず(会場からは「え~?!あげてよ~!」の大ブーイングでした)、君スタ!ではグランドチャンピオンになりデビューを果たした、古賀栄子という娘もいました。
2006/11/17(金) 09:56:07 | URL | T&C
生き証人
毎度毎度、なんでそんなに詳しいんだというツッコミしたくなりますが(苦笑)、
これだけ詳しければオーディション番組のサイト作れますよねえ。
まあこちらでも、或る程度たまったらまとめページ作らせてもらいますけど。

決勝で優勝できなかったのに決戦大会進出というのもよくわかりませんが、
古賀っていうのは福岡で多い苗字なのかな。
古賀誠っていう代議士もいましたね。
2006/11/18(土) 02:50:31 | URL | ごいんきょ
そうですねー
まあ確かに本人に会えたのはラッキーだったかも。
意外と小さかったのには驚きでした。
話は変わりますが、歌番組つながりで「レッツゴーヤング」の特集はやりませんか?
後期に出演していた小出広美とは同じ学校だったのでよく見てましたので・・・よろしくお願いします。
2006/11/18(土) 06:06:10 | URL | ZERO
男性/他にもいろいろ
男性も何人かデビューしていて、乗附勝也(田辺エージェンシー&ビクター)、新田純一(新栄プロ&ビクター)/榊原郁恵と同じ時期にデビューした三谷晃代(ホリプロ&東芝EMI)、結構初期に、グランドチャンピオンにはなれませんでしたが、仁科ゆう子(田辺エージェンシー&キャニオン)、千田彩子(日活音楽芸能&キャニオン)という人達も。
2006/11/18(土) 17:23:56 | URL | T&C
新田純一さん
● ZEROさん
いやー、そう言えば、テレビ画面だと感じないけど、
ひとみさん小さそうですね。
レッツゴーヤングは既述ですよ。
検索窓をご利用下さい。

● T&Cさん
新田純一さんくらいだなあ、わかるの(苦笑)。
それですら検索しても、信頼性あるサイトでの既述が見つからなかった。
私的なサイトではチラホラありますけど。それでも少ないし。
この番組も新田さんも、まだまだ情報過疎です。
2006/11/19(日) 03:05:47 | URL | ごいんきょ
「スターへの道」なんて番組ないですよね?
子供の頃にグランドチャンピオン大会に
親類の子が出るというので
親戚一同で見た番組が君こそスターだったと
記憶していましたが
 その中での各自のアピールコーナー
で三波伸介さんとショートコントを
していたのを覚えています

結局優勝どころかビケだったのに
その後TVに出ていて・・
2,3か月前の雑誌に彼女の記事が出ていて
プロフィールを見たらオーディション番組
「スターへの道」と記載されていたので
アレっと思っていましたが
 三波伸介さんが司会って事は間違いないので
記事の方が誤りだったんですね
 すっきりした!
2006/12/05(火) 17:43:15 | URL | ちんしん
なんと!
なんか凄い体験談が来ましたね(笑)。
差し障りがなければ是非タレント名を教えて戴きたいとこですが、難しいかな。
三波さんとコントをやったりしてたんですか。
なかなか厳しい道だな(笑)。
2006/12/06(水) 07:34:20 | URL | ごいんきょ
名前挙げても問題ないと思いますが
間違ってたらアレなのと
誰だそいつって突っ込まれるのもイヤなので

ただ まだ半信半疑なので
(自分にとっての「君こそスターだ」の司会は
はおりも政夫のイメージしかなかったので
後みんなでTV見た時って夕方だったようなイメージ
もあるので やっぱ違うかなと思ったりしていて)

以下の情報でわかりますかね
その後 NHKの少年ドラマシリーズに出て
(主題歌を歌ってました)
で ライダーガールになって
太田胃散のCMをやっていた・・
あたりの情報で

T&Cさんあたりならわかるかな と
ついでに その娘は君スタには出ていなかったよ
とか 出ていたよ とか 判別までしていただけると
御の字なんですが
2006/12/06(水) 11:06:13 | URL | ちんしん
う~ん
ワタクシにはとんとわかりませんが、
これだけヒントが有ればわかる人もいそうですね。
タレント名は出しても大丈夫でしょうから、
おわかりの方は教えて下さい。
名前がわかればT&Cさんが解説してくれるでしょう、多分(笑)。
2006/12/06(水) 21:15:50 | URL | ごいんきょ
どなたか持ってないでしょうか?
第3回グランドチャンピオン、三純和子のデビュー曲『彼によろしく』(千家和也作詞・浜圭介作曲)のシングルレコードを持っている方いませんか?CBS・ソニーから発売されていました。所属事務所は雑誌のファンレター宛先にはいつも『東京都・・・・・・ロイヤルマンション内』で止まってたのでわかりません。ま、無難な線でソニー系列のエイプリルミュージック(現、ソニーミュージックアーティスツ)だと推測していましたが。「ど~ぞ~かれに~やさしくしてください、あなた~に~なら~すべてを~まかせら~れる~。わたし~かれが~いまでもすきですけど~、はなし~あ~って~おととい~わかれま~した~」。名曲なのです!
2006/12/21(木) 19:41:12 | URL | T&C
三純和子さん
ってわからないですね。
持っている人はかなり限られると思いますけど(笑)、
もしいらっしゃれば宜しくお願いします。
2006/12/22(金) 06:18:55 | URL | ごいんきょ
けっこうありました。
中古レコードコレクターのサイトをちょっと覗いたら、すごいすごい!君スタ出身者のEPジャケットがけっこうありました。三純和子、堀智子、石田文子、仁科ゆう子。
2006/12/23(土) 14:05:07 | URL | T&C
うわぁ
みんな知らないなあ(笑)。
2006/12/23(土) 22:43:00 | URL | ごいんきょ
第2回グランドチャンピオンは?
第1回グランドチャンピオンは林寛子、第3回は三純和子。・・・と、第2回グランドチャンピオンは一体全体誰だったんでしょうか?どなたか知りませんか?
2006/12/26(火) 23:19:46 | URL | T&C
おや?
T&Cさんがわからない?
という事は、該当無しだったんじゃないでしょうか。
2006/12/27(水) 01:57:57 | URL | ごいんきょ
なるほど
最初の段階で「この番組通してあなたをフジテレビと共に売り出すから・・・」みたいな、半分ヤラセくささのある番組でしたけどね。グランドチャンピオンの中で純粋に素人からデビューしたのは、高田みづえ、だけのような感が・・。石川ひとみ、でさえ最初から、名古屋地区の渡辺プロのオーディションに合格して、それから君スタ!を受けたわけですし。
2006/12/27(水) 11:04:00 | URL | T&C
後発の悲しさ
スタ誕が突っ走ってからのスタートですからね。
まともな人はあちらをまず目指すだろうし(笑)。
実際、デビューはヤラセでも、売れっ子になるかならないかは計算できないんですしね。
2006/12/27(水) 21:01:15 | URL | ごいんきょ
第2回
なんかのサイトに第2回は
「かおりくみこ」って
書いてありましたよ
2006/12/28(木) 17:29:03 | URL | ちんしん
はあ
あ、かおりくみこさんもこの番組出身ですか。
まあ、この場合も仕込みっぽいですが(笑)。

って事は、各大会で必ずグランドチャンピオンは誕生する仕組みだったのかな。
2006/12/29(金) 03:51:38 | URL | ごいんきょ
?!!!
三純和子とかおりくみこは同一人物ですが。
2006/12/29(金) 14:58:50 | URL | T&C
おや
そうだったんですか。
でも、それは有名な方の名をフォローしてなかったT&Cさんに問題ありかと(笑)。
2回と3回、どっちなんでしょう。
ちんしんさんのはおぼろな聞きかじりの感じですから、
T&Cさんの言う第3回というのが信憑性ありそうですが。

ただ、お気づきの点を気軽に書き込んで戴けるのは助かります。
検証は後から皆でしていけば良いのですからね。
2006/12/30(土) 07:33:25 | URL | ごいんきょ
そういえば
君スタより少し前にこんな番組がありました。日曜の午後。フジテレビ系列で、三波伸介司会。(三波が病欠してた時は、ケーシー高峰でした。)まず、東宝系ゴジラ関連の最新映画を紹介し、次いで、6人位の審査員、芸能関係の方々がいて(プロダクション、レコード会社の人達だけではありませんでした。)、小学高学年の女の子達が水着姿で出てきて、得意なことを披露したり、そのVTRが流れたり。そして、「行ってみよう!」(ケーシー高峰の場合は「行ってみっちょっちょ!」でした。)の司会者の掛け声で音楽がスタート。女の子は踊りだし、この子に興味があるという審査員が座っているボードのスカウトと書いてある文字盤が点灯(同時に『スカウト~!』の声も)すると合格というもの。毎回合格者が何人か出ていました。本格的に誰がデビューしたかは全くわかりませんが。
2007/01/08(月) 15:07:32 | URL | T&C
奥が深い
うーん、オーディション番組の鉄人ですな、正に(笑)。
これが、ちんしんさんが言っていた番組なんでしょうか。
しかし、小学校高学年の子が対象ですか。
しかも、なんで小学生を水着審査しますかね?(苦笑)
三波さんが君スタの司会になったのはその流れなんですね。
2007/01/08(月) 23:09:37 | URL | ごいんきょ
自分は
三純和子もかおりくみこも
知らないんですが(って同一人物か)

ただこのサイトに書き込んであったので
ttp://yasai.2ch.net/middle/kako/991/991044874.html
報告した次第で・・

他にかおりくみこさんのプロフィールを見ると
《「君こそスターだ」で第2回チャンピオン(「彼によろしく」EPでは第3回のグランドチャンピオン) 》
と記載されていたので 上記のサイトに書き込んだ方が勘違いされたのかも

ttp://www.tk.airnet.ne.jp/~mio/kumiko/kaori-profile.htm

ところで
三波伸介司会の番組 そんなのもあったんですか
それかなー
でも小学生ではなかったと思うし
小学生の水着のシーンがあれば鮮明に
覚えてるはずなんだけど・・
 ただ気になるのはゴジラ関連ですか
彼女84年のゴジラにもチョイ役で出ていたので
ひょっとして その時のコネで・・
 マスマス混乱してきた
2007/01/09(火) 16:04:00 | URL | ちんしん
第4回グランドチャンピオン大会
本当にテレビを見ている人を、何ともユニークに裏切りました。最後に残った三人の女性達。特に日本人二人はどちらがなってもおかしくない、という感じだったのですが、黒人の方がグランドチャンピオンになりました。
2007/01/09(火) 23:36:54 | URL | T&C
ははあ
● ちんしんさん
わかった。
かおりくみこさんが第2回第3回両方のチャンピオンなんだ。
それなら全ての辻褄が合う。って事で(笑)。

ああ、某巨大匿名掲示版ですか(笑)。
リンク張り、ここは h 抜きしなくても大丈夫じゃないですかね。
その時のコネって、どの辺からゴジラの話と繋がっているんでしょう?


● T&Cさん
その人はデビューしてないって事ですかね。
2007/01/10(水) 00:44:36 | URL | ごいんきょ
デビューはしたような、しなかったような
シングル曲は『それがどうしたの』というタイトルでエルナンド・クルスという人ではなかったかな・・・と。(自信、全くなし)
2007/01/10(水) 23:28:28 | URL | T&C
うわぁ
まったく記憶に無いですね(苦笑)。
オーディション番組で黒人がチャンピオンになったというのも
かなり印象的な事件のような気がしますが、
まったく話題になった記憶が無いんですよね。
2007/01/11(木) 01:11:32 | URL | ごいんきょ
はじめまして
「君こそスターだ」で検索してたどり着きました。
懐かしくなって書き込みさせていただきます。

おりも政夫さん司会の頃の「君スタ」に出たことがあります。当時高校1年生でした。
5週まで勝ち抜いたのですが、1点差で落っこちました。
実は、当時私が住んでいた地域では放映されていない番組で、何のオーディションか知らずに予選に向かったのでした。
…石川ひとみさんのことが書かれていましたが、私も渡辺プロの音楽学院に入って間もない頃で、そこからオーディションへ行くようにとお達しがあったのでした。
番組は出来レースではなく、結果はちゃんと(?)審査員の点数により決定していました。
ただ、下馬評はあったようで、勝ち抜いている時グランドチャンピオンになるだろうと確実視して下さり(って、変な表現ですが(^^;)、落ちた後もディレクターさん達が「フジテレビが責任を持って…」と地方の私の両親にご挨拶にいらっしゃいました。
(結局、高校入学したばかりということで両親の反対にあい、あっさり諦めた私なのですが)

スタッフ、審査員の方々、レギュラー出演者の方々、皆さんあたたかく接してくださったことが思い出されます。
毎回楽しみでした^^

…こんな書き込みでも良かったでしょうか?
失礼致しました。
2007/05/14(月) 02:36:56 | URL | Kei
やっと出てくれました、こんな方
Keiさんのコメント、とてもとても面白かったです~!もし諦めなかったらプロとしてデビューしてたんでしょうね。『スタ誕!』の方にも、例えば、『決戦大会でプラカードはあがったんですが、デビューの時期、契約の内容などで折り合いがつかず、結局はなかったことになったんです。』みたいなコメントがほしいなぁ。『君スタ!』は、グランドチャンピオン形式の人達、勝ち抜き形式の人達、それぞれちゃんとデビューした人達の率は『スタ誕!』より多いですもんね。
2007/05/14(月) 14:56:17 | URL | T&C
● Keiさん
いらっっしゃいませ。
君こそスターだで検索すると、サザンの歌がズラズラと出てきて腹立たしいです。
こういう風に無遠慮にパクる連中がいるから、
やれ商標だなんだという話になってしまうんですよね。
野島伸二もパクリ題名のドラマばかり作ってたし。

しかし、当事者の証言は貴重ですよね。
T&Cさんが待ち望んでいたようですけど(笑)。
放送地域が限られていたようで、しかも後発という事で
出場者確保も大変だったと推察してましたが、
やはり仕込みも有ったのですね。
なるほどねえ。プロダクションの養成所からですか。

審査まで出来レース、つまりこの人を通せとか落とせという指定は、
審査員に失礼ですからあまり無かったとは思ってます。
しかし、番組冒頭でフジテレビがスターにすると宣言してただけあって、
そのようにきちんと挨拶していたというのはいい話ですね。
そこまで行ってアッサリ断念したKeiさんの冷静さも凄いです。
また気が向いた時に当時の番組の様子など聞かせて下さい。


● T&Cさん
こういう人がコメントを下さるとは想像してませんでしたけど、
いつかはスタ誕の方でも出てきてくれるかもしれませんね。


ところで、三波伸介さん時代の君スタで、その後判った事を追加しておきます。
審査員は、鈴木邦彦先生と橋本淳先生が当初からいた他に、
浜圭介先生、山口洋子先生、井上忠夫先生らがいました。
番組冒頭ではビクトロンでの演奏に乗せて、その週の賞品を紹介。
番組協力企業としてビクターのビクトロンが当時から活躍してました。
勝ち抜きは、ABC3ブロックでそれぞれ二人が対戦し、
一人ずつ計3人が勝ち抜き、番組後半の決勝へと進出します。
予選が終わると、当時は『君スタなんでも専科』というコーナーが有って、
ゲスト歌手を講師に、その3人がいろんな実技に挑戦するというものでした。
また、ゲストには伊藤咲子さんのようなスタ誕出身者も出てたりします。
勿論、君スタ出身者も歌を披露してました。
後半の決勝では勝ち抜き3人が歌い、同時に採点されてトップが次週に勝ち抜き。
もう一人だけ、敗者復活と称して勝ち抜いてました。
提供は、東鳩、文明堂、天宝醸造、シスコ、丹平製薬、コカコーラなどです。
2007/05/15(火) 06:28:11 | URL | ごいんきょ
恐縮です
再度書き込みさせていただきます。
いきなりの闖入にもかかわらず、暖かく迎えていただきありがとうございます。

T&C様
もしもあの時…と考えてみると人生変わっていたかもしれませんね。
一発屋になって「あの人は今」とかで捜されてみたかった気もします(笑)
『スタ誕』出場者の中にもいろいろなドラマがあったんじゃないかなぁと思いますね。

ごいんきょ様
厚かましくまたやって参りました。
当時『君スタ』に関して、エピソードやら後日談やらがあるのですが、私的なことになったり本題から逸れてしまったりするかと思いますので、ここでは控えさせていただきますが、かなりレアな体験となりました。

で、当時の補足を。
私が音楽学院から出向(?)したことを書きましたが、その時一緒だった学院組は4人でした。本選出場は3人。そのうち私ともう一人の女の子が同時に勝ち抜いてしまったことで下馬評が崩れる結果になったそうです。
私が落ちた後も彼女は勝ち抜き、グランドチャンピオンになりました☆
その後上京した彼女は堀越へ進み、新人歌手として雑誌等でも紹介されていた…のですが、何でも素行の問題で敢え無く出戻って来てしまいました。
歌はとびきり上手く、ライバルとはいえ仲良しだったので、応援していたのですが…残念です。

後日談をひとつ。
収録はフジテレビのスタジオで公開の2週撮りでした。
何も知らないまま1週目を勝ち抜いてしまったので、持ち歌は1曲しか用意していなかった私は、楽曲も衣装も同じまま2週目へ…ちょっと情けなかったです(笑)
その後、私の住む地域でもオンエアされるようになり、地元でのオーディションに友人が応募しました。
付き添いで行って、ついでに受けてみたら予選通過してしまい…また本選に出ることになりました(_ _;
その時は、スタジオではなくどこか(失念)のホールでの公開録画でした。
司会は変わらずおりも政夫さん。
番組進行は変わっていたかもしれませんが、あまり記憶にないです…(><)
審査員の顔ぶれが少し変わっていたかな。
森雪之丞センセがいらっしゃったことは鮮明に覚えています。
あ、もちろん落ちました(笑)

最初に出場した時は、まだ家庭用のビデオもない時代。オンエアも観ていないので、一体どんな顔して歌っていたのか…!?
ただ、東京在住の親戚がテレビからカセットテープに録音してくれたものがまだ残っているので、聴き直してみたら当時の番組の詳細がわかると思います。

そうそう、すっかり忘れていた記念品のこと、思い出させていただけました。
「君スタ時計」懐かし過ぎます~(^^;
あと、「君スタ」オリジナルの歌唱指導LPなるレコードもいただきました。(たぶん、まだ持ってます)

長文になってしまい、申し訳ありません。
2007/05/17(木) 00:23:00 | URL | えな
HNを変えての投稿でしたが、ご報告を忘れてしまいました。
以後、えな名でよろしくお願い致します。
2007/05/17(木) 01:45:09 | URL | えな(kei改め)
また来て下さって嬉しいです。
ここは長文という概念は無いですよ(笑)。
まして中身が濃密なら尚更。
えなさんは女性という事でいいでしょうか?
私的とか本題からそれるってどの程度かわからないですけど、
気が向いたら書いて下さい。
気が向かなければべつに無理強いはしないですけど。

グラチャンの知り合いがいたとは。
名前を知りたくなりますよね(笑)。
T&Cさんもじゃないかな(笑)。

2本撮りはともかく、それが予め
出場者に知らされてないってのも凄いなあ(苦笑)。
衣装がみんな同じで、2本撮りミエミエですか(笑)。

2回も出演していたんですか。
その事はアナウンスされたんでしょうかね?
しかし、2回目は落ちるっていうのもなんかいい加減な審査?(笑)
歌唱指導LPなんて有ったんですか。鈴木邦彦先生かな。
後年はカセットになっていたようですけど。
そのLP、お宝ですよね。
2007/05/17(木) 04:13:26 | URL | ごいんきょ
やらせくさくない点
ゴンドラが上昇し合格者は風船が割れるパターンの時に、合格したにもかかわらず次のグランドチャンピオン大会に出場しなかった娘がいました。後に番組の審査員をしていた作詞家の千家和也さんにスカウトされ、CBS・ソニー、エイプリル・ミュージック(社名は共に当時のもの)からデビューした、園田ことり、という娘がいました。もし出来レースならその又次のグランドチャンピオン大会に出場させ、優勝者として売り出せばいいわけですが、そうはしなかったですもんね。ラジオ番組にゲスト出演した際に、「盲腸で出れなかったんですが・・。」とコメントしていました。
2007/05/17(木) 15:24:00 | URL | T&C
とても興味深いシーン
ゲストの和田アキ子さんと、番組出身者の3人、少し前にデビューした江利奈マヤ、その後に同時期にデビューした三純和子、千田彩子が会話していた所をなぜか鮮明に記憶しています。千田彩子から何か突っ込まれ、「彼女、せんだ(みつお)と何か関係あるんですか?!(笑)」とコメントしていました。その後、デビューコーナーみたいに3人続けてデビュー曲を披露し、『スタ誕!』でもデビューコーナーで披露するのは最多でも2人だったから、『君スタ!』、けっこう楽しかった時期がありました。
2007/05/17(木) 15:47:36 | URL | T&C
千家さんも審査員でしたか。
スタ誕と違って、審査員の変遷も激しいですね。
園田ことりさんって聞いたことも無いなあ(苦笑)。

ああ、和田さんとせんださんね(笑)。
スタ誕のデビューコーナーで二人歌ったってのも覚えてないですね。
三人っつーのも凄いですが、この番組は
欽ちゃんコーナーみたいのが無かった分、
ゲストの歌は多かったのかな。
2007/05/18(金) 01:02:34 | URL | ごいんきょ
林寛子と大場久美子の違い
『君スタ!』第一回グランドチャンピオンの林寛子は、番組出演以前から劇団いろは所属で、キャニオンレコードからデビュー後もそのまま劇団いろは所属でしたが、大場久美子は劇団フジから、『あなたをスターに!』第二回グランドチャンピオン大会審査員特別賞を経て、ボンド企画所属になりデビューしました。
2007/05/28(月) 16:31:11 | URL | T&C
こないだ九重さんのコメットさん見てたら林寛子さん出てました。
なんという芸歴!(笑)
2007/05/29(火) 05:25:29 | URL | ごいんきょ
最初だけ
第一回グランドチャンピオンの林寛子は番組出身者の中では早め、第三回が行われるすぐ前後あたりにデビューして、同じフジテレビ系列で当時放送されてた『ゴールデン歌謡速報』でも華々しく紹介され、優勝した時の様子も流れてました。その後の方々にはこんな紹介の仕方見たことない。スタ誕!みたいなデビューコーナーがないのは妙な感じでした。本当に番組あげてスターを作ろうとしてたのか・・・。
2008/03/12(水) 19:01:30 | URL | T&C
ジーンズが
刺繍されたタイプのをよくはいていましたね,林寛子さん。
薔薇の刺繍とか花系が多かったようですが,これがよく流行っていまして,・・・カモンベィ,ビィ,かーわいいのぉ・・・って腰振って,おいらを悩殺したのじゃ。
2008/03/12(水) 19:18:00 | URL | いくちゃん
ゴールデン歌謡速報もその頃は見てなかったからなあ。
フジテレビがスターにという触れ込みですから、他の番組でもいろいろプッシュしてたでしょうね。
デビューコーナーはたしかに欲しかったですよね。
それでいてスタ誕出身歌手がゲストで歌ったり(苦笑)。

そう言えば寛子さん、ミニスカとか履いていた記憶が無いですね。
足がふ… からかな(苦笑)。
2008/03/13(木) 07:25:55 | URL | ごいんきょ
他の番組で知る
仁科ゆう子、石田文子がデビューしたのを知ったのもフジテレビではなく、日テレ系の紅白歌のベストテンの新人コーナーでした。
2008/03/17(月) 20:02:50 | URL | T&C
あら。
またレスし忘れてますね。
たまーに有るんで、返信が遅れてもお許し下さい。

スタ誕出身歌手がこの番組で歌ったり、日テレとはバーターが成立してたんでしょうね。
NET包囲網だったのかな(苦笑)。
2008/06/02(月) 21:17:21 | URL | ごいんきょ
君こそスターだ
僕は鶴光師匠と相本久美子
なんだよね。

あ~い~もっと~くみこ~

でも、この番組から今も活躍してる
全国区のスターはいるのかな。
あと、三波伸介さんも司会者として出てたとは。 
2008/07/11(金) 00:39:53 | URL | 梅吉
相本久美子さんの名前を聞けば、大抵の人間が思いつく、
あーいーもっと久美子。
鶴光師匠のオールナイトではジングルにまでなってました(笑)。
そう言えば司会コンビだったんですね。
2008/07/24(木) 04:02:57 | URL | ごいんきょ
第四回グランドチャンピオンの敗者達
黒人女性がグランドチャンピオンになりましたが、惜しくも敗れた2人、共に福岡出身の女性達は、博多までの新幹線開業記念の歌を唄っていた2人だと思います。10代の娘はアップテンポの、年上の娘はしっとりした曲を唄っていました。間違っていたらどなたか訂正して!
2009/01/03(土) 23:43:42 | URL | T&C
割り込んで『あなスタ!』
変則的パターンがけっこうありました。初の番組出身者、岡田奈々は、『[うしろの正面]ヒロインオーディション』で優勝しましたし、他に男性のみで映画『[ラグビー野郎]オーディション』というのもありました。通常パターンのグランドチャンピオンには、『クイズドレミファドン』のアシスタントだった明石直子もいました。
2009/01/03(土) 23:49:40 | URL | T&C
第四回グランドチャンピオン大会の続き
レコードは両A面で東芝から発売されていました。普段の予選ならわかりますが、大会が福岡で行われたのも今考えれば不思議。アップテンポの若い娘が唄っていた曲の最後の部分は『あなた~と~♪わたしの~ふ~くお~か~#ゆ~めがふくらむわ~かい~ま~ち~♭』というものでした。
2009/01/04(日) 18:14:22 | URL | T&C
第三回グランドチャンピオン大会の・・・
3代目グランドチャンピオン、三純和子(本名 小野木久美子)は、観客席に座っていたレコード会社、プロダクションからの質問も余裕で流してました。ま、すでにレコードを発売していたプロなのだから当然か。『かしの木モック』の主題歌発売元、CBS・ソニー(懐かしい会社名)からのデビューでした。当時の新人紹介の雑誌記事では『君スタ!3代目のグランドチャンピオン』と紹介されていたので、デビューしなかったのかもしれませんが、やはり二代目がいたはず。
2009/01/04(日) 18:22:54 | URL | T&C
男性のグランドチャンピオン
何代目かのグランドチャンピオンかは忘れましたが、新栄プロ&ビクターからデビューした、スコッチという芸名の男性がいました。かなりの歌唱力でした。デビュー曲、結構好きだったな。
こう見てくると、ビクターは、スタ誕!からも君スタ!からも数多くデビューさせています。
2009/01/04(日) 18:28:13 | URL | T&C
君スタ!からスタ誕!へ
後にスタ誕!レギュラー審査員となった作曲家の森田公一さんは、最初は君スタ!のレギュラー審査員でした。デビュー第二号、江梨奈マヤのデビュー曲『ごめんなさいね』の作曲は森田さんでした。
2009/01/07(水) 01:03:22 | URL | T&C
沢山ありがとうございます。
岡田奈々さんってこの番組からでしたか。
森田公一さんが後年のスタ誕審査員になってたんですね。
なんか知らない事ばかりで、いろいろ面白いです。
2009/01/13(火) 07:12:20 | URL | ごいんきょ
誤解のなきよう&ここでも森田公一さん
 『決定版あなたをスターに!』に関してコメントする場所がないので、『君スタ!』に割り込みました。岡田奈々、映画「ラグビー野郎」オーディション、明石直子に関する部分は『あなたをスターに!』でのことです。
 『スタ誕!』デビュー第2号の三橋ひろ子のデビュー曲『私の花言葉』も、森田公一さんの作曲でした。
2009/01/13(火) 23:44:28 | URL | T&C
確かにハラハラドキドキがなかった
改めて読み直してみて、ごいんきょのコメントどおり、『構成が退屈』というのは本当に的確だと思います。単に『スター誕生!』の粗悪な模倣番組って感じでした。しっかりしたコンセプトの元に番組を作っていないようで、番組のパターンも何回も変わったし、グランドチャンピオン大会も「誰が優勝するんだろう~?」みたいに興味津々にはならなかったですね。ドキドキもなし。それなら、以前コメントした、三波伸介司会でやっていた、女の子が音楽に合わせて踊り、合格者には「スカウト~!」の声と審査員が座ってる席の装置が点灯する、名前忘れましたが、日曜の午後にやって番組の方がよっぽど面白かったですもんね。
2009/01/13(火) 23:59:19 | URL | T&C
ああ、あなたをスターにもいずれはやりますので、
そちらのはそちらで取っておいて下さい(笑)。

番組作りは、なんか気合い入ってない感じでした。
スタッフ側も後追い番組の後ろめたさが有ったんでしょうか。
2009/01/20(火) 07:05:47 | URL | ごいんきょ
20回グランドチャンピオン石川ひとみさん
初めまして。石川ひとみさんについて調べてたらこちらへ辿り着いた者です。

T&C様の詳しさ、愕然とします。レス進行は第一代目チャンプから進んでいるようですが、いきなり第20代(かな?)の石川ひとみさんについて、皆様、何か御記憶の片鱗でもおありでしたら、可能なだけお聞かせねがえませんでしょうか?(5代~いきなり20代に飛ばして恐縮ですが;。

彼女が岩崎宏美の「想い出の樹の下で」を歌っているシーンと優勝シーン(クス玉割れ)が近年の民報特番やった際に使われてて、それをYOU TUBE で見ただけです。少し寂しいもので。(その映像おりも正夫さん司会で写ってます。番組的には大分末期になりましょうね?)

えな様もおりも正夫さん司会時代にご出場とのことで、石川ひとみ嬢の直後っぽく察しられますが、まさか同次期ではないですよね??

少し思ったのは、ひとみさんが良く「収録の時に歌い間違えて「もう一回お願いします」と歌い直したけどチャンピオンになれた」と語ってますが、あれも最初からナベプロ側で優勝決めてたのかなあ・・なんて今まで思ったりもしてましたが、ここを読むと結構マジで審査していた様ですね。

本当は、南伸介さんとその演技を数分でもやっているシーンの映像なんかが見たいのですが、もちろん覚えてらっしゃるお話でも結構ですので
皆さま宜しくお願い致します。(T&C様もここまで後期になるとそれほど見られて無かったかもですが・・。それとマニアックなアイドルからハズれて退屈かもです。恐縮です!)

余談ですが、この番組でナベプロ入りしてるのって以外にも石川ひとみしか居ないんですね。これは何を意味しているのか?・・なんて

WIKIくらいしか情報源が無いのですが、こちらは非常に有り難いWEBです。ごいんきょ様、こちらはまだ生きている板の様でホッと致しました。
2009/02/22(日) 07:13:45 | URL | ひとみファン
ありがたい
林寛子、高田みづえ、と並んで有名な君スタ!出身者である石川ひとみは第何回のまたは、何代目のグランドチャンピオンだったっけ?と時折考えることがあるので、もや~が解けた感があります。
2009/02/22(日) 21:36:49 | URL | T&C
後期のあたりは・・・
越美晴、新田純一あたりがグランドチャンピオンになるのを記憶しています。司会は、おりも政夫。アシスタントは黒沢洋子でした。彼女、『独占女の60分』で爆笑を巻き起こしていましたが。
確かに、ナベプロ所属は石川ひとみだけですね。興味深い。
2009/02/22(日) 21:46:47 | URL | T&C
T&C様、レス大変有難うございます!! 当方リアルで見た記憶がゼロなもので。(スター誕生は記憶にあるんですけどねえ・・)

石川ひとみだけですね。飽くまでも記録上は。

えな様の記事から再考させて頂くと、その時期、全国の東京音楽学院生に君スタ出場することを、召集令状じゃないですけど、かけてたのかなあ・・(ナベプロの営業マンか何かが事実上全国で動いてた訳なんでしょうが)
なんてことも今想像しました。
2009/02/23(月) 07:47:30 | URL | (ハンドル未記入)
● ひとみファンさん
石川ひとみさんで検索されても当ブログはかなりの下方だと思いますが、
相当のファンでらっしゃるようですので、ここも見つけられたんでしょうね。
各出演者のファンの方は、番組から見る人間とまた違う情報や価値観を下さるので助かります。

ひとみさんに関するワタクシの個人的な記憶は、やはりプリンプリン物語、
そしてまちぶせのヒット、この二点になってしまいますね。
この番組はさほど見ておりませんでしたし、有名な歌手のデビュー前に関しては、この番組ではまず見ておりません。
ですので、ひとみファンさんの記述は新鮮でしたね。
えなさんはここを覗いてくれても本当にごくたまでしょうから、
そうすぐには知っている事も書いて下さらないと思います。

この番組もナベプロパージの一翼を担っていたんでしょうか?
その辺に関して触れている関係者コメントは、まだ見たことが有りません。
状況証拠からは非常に怪しいですが。
この稿を初めて書いた頃は、たしか Wikipedia にも記述されてなかったと思います。
まったく情報源が無い中で、T&Cさんだけを頼りに(笑)ムリヤリ記事にしてみました。
ここは皆さんのコメントがけっこう命綱なのであります。


● T&Cさん
新田純一さんもこの番組だったんですよね。
黒沢洋子さんねえ。女の60分で見たような見ないような。
2009/02/23(月) 20:23:04 | URL | ごいんきょ
ごいんきょ様 誠に有難うございます。
他にも「お化けのサンバ(もんもんドラエティ)」「夕焼けロンちゃん」という番組も同理由で見たいのですが(済みません脱線してしまいました。)

ファンになって日が結構浅いです。

意外と検索下方を探るとレアな情報が手に入る事多い気がします。

やはりごいんきょ様が持たれてるのが一般イメージでしょう。それプラス「石川ひとみ&倉田まりこ」これです(笑)。

そういえば新田純一さんはマッチのそっくりさんでしたよね。

高田みずえさんは18第チャンプと認識しています。新田さんは21代ってところですかね。何れにしてもひとみさんの後しょうね。

この番組が作られた経緯も大筋で知っていますし、怪しげな番組ってことも認識しています(笑)

今更張ってもつまらないかも知れませんが、一応御挨拶代りに

・君スタの映像
http://www.youtube.com/watch?v=a7okjvNBAsc&feature=PlayList&p=AF8B29C8EF87179B&playnext=1&index=11
00:57あたり~

6代~19代の方々のこともありますし、この辺で。あとは良い情報レス頂ければ、と思いながら、この場をお借りして待たせてもらいます。本当に有難うございます。
2009/02/23(月) 22:25:34 | URL | ひとみファン
ほー。お化けのサンバというのは知りませんでした。
夕やけロンちゃんとひとみさんって関係ありましたっけ?
ロンちゃんもスレ有りますので、宜しければそちらで教えて戴ければ。

そうそう。倉田さんとの件も書こうと思ったんですがね(笑)。
君スタの映像も残ってるんですねー。
フジは何故かあまり使わないですが、勿体ない。
2009/02/25(水) 05:59:03 | URL | ごいんきょ
夕焼けロンちゃん
あるのですか!超嬉しいです。早速寄らせて頂きます。

これらをwikiがスタートする以前から立ち上げられているなんて凄いですね。ビックリしました。

「お化けのサンバ」は1980年6月1日にテレビ東京でスタートしたコメディ&バラエティ番組です。ナベプロ系列のタレントが多数出てます。小柳ルミ子なんかも出てます。そこでひとみ嬢は「秋が燃える」「夢番地1丁目」というシングルをエンディングテーマとして歌わせてもらっています1981年3月26日に一旦終了します。これら「まちぶせ」という曲の大ヒットの直前期です。

例の曲のヒットも過ぎて直後の1981年10月位?に、名前が「もんもんドラエティ」に変更され再スタートします。1982年9月に終了します。

上記コメディ番組内で手塚眞(でしたかな?)がホラー短編を5分位コーナで受け持ってって、それだけを集めたDVDが今出てる様です。しかし自分は石川ひとみが演技しているのを見たいだけですので、多分そこには写ってないと思っているのでまだ買っていません(笑)。

「夕焼けロンちゃん」では1980年9月に「秋が燃える」という歌をエンディングで歌っているのが、まだ閲覧できます。(そちらはロンちゃんスレに貼らせて頂こうかと考えます。)

何れにしても動画を検索してもなかなかまだ出てこないので、言葉でいいから知っている方々から情報を聞きたくて集めているというところです。

石川ひとみ嬢って、歌的には例の曲以外イマイチのイメージが一般ですが、それ以外で植えつけられているイメージが色々と多い方のように思割れます。多分、ナベプロ得意のメデイア露出作戦で、自前番組にどんどんだ出させていたせいなんでしょうね。(と言いつつもNHKは無関係だったりする訳なんですけども。)

君スタの映像は、もう一個同じ様なシチュエーションで数十秒間使われたのがあったハズで(そこでおりも正夫さんが司会してて、石川ひとみが「思いでの樹の下で」を歌っている)のですが、昨日探したのですがあいにく見つからず、また出てきたら貼らせて頂こうかと思います。

まあ、彼女の場合は持病の闘病記的な特番が民報でちょくちょく組まれるせいで、その功罪で昔の君スタの映像が見れる、ということになりますよね!

だからもし高田みつ”ずえさんが女将じゃなくてテレビにどんどん出ていれば、君スタの映像がもっと見れたのに!(笑)と思うわけです。

2009/02/25(水) 08:12:10 | URL | ひとみ
会員制の方と勘違いされましたかね。
このブログでもスレが有るのですが。
今のところ右上に有る直近エントリーとして表示されています。
会員制の方にも有りますが、そちらは勿論、ひとみさんはかけらも出ておりませんので(笑)。
後ほどご案内致します。

もんもんドラえてぃは名前だけは知っています。
お化けのサンバも、当時は名前だけは知っていたかも。
同じ番組ですか。情報助かります。

NHKは昭和時代は、タレントの番組なんて作りませんでしたからね。
今は何故か作ってますけど、それだけ汚染されてるんだろうなと思います。
この点は至急に改めるべきだと指摘しておきます。

ひとみさんの闘病もそんなに大変でしたか。
君スタの映像はもっと出して欲しいですね。
さすがに林寛子さんの時代は現存しないかな。
2009/02/26(木) 07:10:25 | URL | ごいんきょ
レス有難うございます。
どうも会員制と間違えてしまいました;。(でもご案内お待ちしております。)早速右インデックスからエントリーして書き込みさせて頂きました。

ひとみさんは闘病は事実上は1年位なもので、安静にしていた程度だと認識しています。(本も出していてますがまだ読んでないのですが、古いのですが図書館にあり、貸出中が多いもので。)

林寛子さんは、君スタの映像ではありませんが、以前特番でデビューころを回顧している番組を見た記憶があります。2000年前後だったか、そのあたりと思います。エピソードを語りながら当時の白黒写真を織り交ぜて進行するようなスタイルでした。そこで君スタの優勝シーンもあったかなあ・・多分ひとみさんのそれとオーバーラップしちゃってます(笑)

その番組の中でアイドルになって売れて大金がが入り、親に家を買ってあげたとか、同時にスナックを開いた(あの年で、です)とか云ってた記憶があるのですが・・
2009/02/26(木) 10:05:14 | URL | ひとみファン
やはり怪しい!
ひとみファンさんのコメントに本当に何度も頷きます。本当に、元プロが多いですもんね。全日本歌謡選手権を少しかわいくした感じ。そう考えると、林寛子と同じ大会に出た、江梨奈マヤも怪しく感じます。三波伸介は「プロダクションからスカウトされまして・・・。」なんて番組初登場の際はコメントしてましたが。本名である近藤三容子さん、あ、結婚してもう旧姓になってるか・・・、コメントください。・・・ないか。
2009/02/26(木) 10:22:01 | URL | T&C
スタ誕と比べると 
スタ誕と比べるとちょっと地味かな。
こっちは普通のオーディションを
淡々とやっていた番組のような気がするのですが。

確か、おりも政夫司会でしたよね。
でも、おりもといえば
オールスター水泳大会の司会の
イメージが強い人なので。
その後司会が交代して
笑福亭鶴光師匠と相本久美子さん
司会でしてましたよね。
 
あと、登場テーマは
笑ってる場合ですよの
お笑い君こそスターだと同じ。
まあ、これはパロってると、いうか
パロディなわけですが。
パロってる場合ですよ。
と、いうシャレか、これは。

でも、この君スタから
現在も第一線で活躍してる
タレントってどのくらいいるのか。
誰がいるのか見当がつきません。 
 
2009/02/26(木) 14:31:25 | URL | 梅吉
T&C様 
自分にとってはタレント名さんがマニアック過ぎて何も答えられなくて恐縮です(笑)。

そうですか、司会の南伸介さんがそのような司会をしていたのですか。
番組のベースとなっている物のようなもの(簡単に言うと怪しさ)が見えてきますね。有難いです。要は、日テレとナベプロの抗争(というと大げさでしょうけれども)から生まれた番組ですよね?そう認識しています。
2009/02/27(金) 15:47:37 | URL | ひとみファン
梅吉様
笑ってる場合ですよのお笑い君こそスターだと同じテーマ曲ですか。参考になります。それを you tube で探せば君スタの登場テーマ曲が聞けますね。有難うございます。

番組の規模から言うと、以外に知名度高い人を排出しているように個人的には思います。

林寛子・高田みつ”え・石川ひとみ
・越美晴・新田純一・あとピンク・レディーの前身「クッキー」が1週で落選ですから、多くないですか?
自分はその程度しか分かりませんが。(ピンクレディを落とすとはもったいないですね。ナベプロもオーディションで釜池法子を、お美脚の形が悪いということで落としてますよね。スターを発掘するって本当に難しいのですね。

あと少し飛躍した話ですが、石川ひとみオフィシャルサイトとかにご本人からレス頂けるコーナが定期的に設けられていたのですが、現在は返答コーナは閉鎖されていますが、そういったところへ直接ご本人に番組の思い出などを質問してみるのも手ですかね。ちょっと勇気要りますが(笑); 
2009/02/27(金) 16:06:07 | URL | ひとみ
「お笑い君こそスターだ!」テーマ
これそのままのイメージで良いですか?

http://www.youtube.com/watch?v=Oy3rZWW5qqg 1:45~
2009/02/27(金) 17:50:33 | URL | ひとみファン
26代チャンピオン
スコッチさんの情報(直貼りしてしまいますが)

http://park17.wakwak.com/~nephila-clavata/boy31.htm
(上から2人目)

*私、外人の方かと思ってましたら、バリバリ日本人の方ですね。

26代まで続いていたというのもビックリしました。最終時で何代で終了となったのでしょうか。




2009/02/27(金) 18:49:19 | URL | ひとみファン
● ひとみファンさん
寛子さんの件は、いつみても波瀾万丈かな。
ワタクシも見ましたが、君スタの映像は無かったんじゃないかな。
カモン・ベイビーとかの映像は、TBSなどで残ってますね。
NET&渡辺プロ連合に、日テレとフジが徒党を組んで抗したという事なのかな。
それでこの番組は、スタ誕を本気で脅かさないように力を抜いてたんでしょうかね。
排出スターの数は、やはりスタ誕には質量とも劣っていると思います。
が、ほとんどフジの独力と考えれば、そこそこの数でしょうね。
ただ、仕組まれたような例が多いので当然とも言えるのかも。
ご本人への件は、ファンの方にお任せします(笑)。
スコッチさんのページ、世の中は広いなあと思いますね、色々な意味で(笑)。、

● T&Cさん
関係者コメントは難しいでしょうね(苦笑)。

● 梅吉さん
熱心和尚だの関心小坊主だのは、この番組のキャラなんですか。
有ったような気もするけど。
2009/02/28(土) 07:03:54 | URL | ごいんきょ
事の発端は1969年に始まった日テレ「紅白歌のベストテン」(ナベプロ歌手多数出演していた)に渡辺晋社長が、「うちのタレントは出さない」とか言い始めたのが切っ掛けらしいのですが、それで中が悪くなって引き金になってスタ誕が1971に開始されたそうですが、ナベプロはそれに対抗する為、遅れること2年の1073年、NETで「あなたならOK」というオーディション番組をまず打ち、(あいざき進也ってここから出てるらしいんですね。ナベプロ入りしてます。あとトライアングルのマミもそうらしいですが。年代的に納得できます。)

ともかく、その対抗番組は絶不調で
4か月位で終わり、ナベシンはまだ懲りずに直後1973すぐ君スタを作った、というのが今自分が認識している流れです。

こういうガタついた背景があるので、何かどうも勇み足でほぼ出来上がり系のタレントを最初から持ってくるというのが納得できます。それにしても当時から東京音楽学院は経営していたと思うのですがなんで20代目の石川ひとみくらいになるまで自前学校から引っ張ってこなかったのかなあ、とも思います。でも7年間もやってたんですね。このオーディション番組。

ファンサイトその他で質問など機会があったらしてみて、その結果当番組の有益情報が得られましたら、こちらへフィードバックさせて頂こうかと思います。
2009/02/28(土) 08:48:42 | URL | (ハンドル未記入)
1975年3月30日付けで11第G.C.c
懐かしの番組表
1975年3月30日(日曜日) その②

(他の方のサイトの様ですので一応h抜きしておきます。)
ttp://g-s.main.jp/1975330-n2.html

上から5段目「山陰中央テレビ」
午前10:00にあります。

この当時は司会鶴光だったことが分かりました。また、ゲストに郷ひろみなど大物も来てたのですね。
2009/02/28(土) 23:10:43 | URL | (ハンドル未記入)
朝川ひろ子さんという現役歌手の方
が「hirokoの笑time!」という自己サイトを運営なさっています。

そこのメニュー「20th Aniversary Concert」という項目の中で「まずは私が14歳の時に出場したフジテレビ「君こそスターだ」でのなかにし礼先生のコメント(注1)から予選・準決勝合格までの映像。
ちなみに歌は岩崎宏美さんの「あざやかな場面」と「二十才前」。」


というのを見つけました。(この映像を拝見することは困難でしょうけれども、この方は当時録画されていたのですね。

*上2つの書き込みも ひとみファン によるものです。ハンドルネームが時々抜けてしまい、済みません。
2009/02/28(土) 23:27:29 | URL | ひとみファン
感謝、感謝
ひとみファン様、スコッチに関する情報ありがとうございます。リアルタイムで見ていて、「ぽっちゃり太めなんだけど、声はいいし、唄うまいよなぁ・・」と感心してたらやはりデビューへと。デビュー曲もかなりいい曲でした。
2009/03/01(日) 13:08:31 | URL | T&C
林寛子さんに関して
2000年頃見た記憶があると申しましたが、ごいんきょ様、あれは波乱万丈でしたか。少し調べましたら、2001年放映分の「ようですね。ほぼ記憶が合っていました。

それと、なぜ林寛子さんが、その位の時期に、その番組をやっていたのか記憶がハッキリしていたのかと云いますと、

その頃で間違い無いハズですが、丁度林寛子さんが選挙に出馬された年だったハズでして、偶然にも私がその頃住んでいた場所に林寛子さんが出馬なさっていまして、住んでいた
町内のあちこちに林さんの出馬ポスターが貼ってあったんです。なので余計に記憶に残ってた訳です。(何党だったかは全然興味なかったので未だに知りません(笑)でも元芸能人の方だなあ、というのは分かってました。その時はその程度でした。
2009/03/01(日) 20:12:33 | URL | ひとみファン
● ひとみファンさん
情報いろいろありがとうございます。
朝川さんのサイトについては、ワタクシも本記事で触れています。

君スタはナベプロが作ったんでしょうかね?
それにしてはタレントが出てないですし、
日テレとの提携ぶりを見ても、むしろパージ側だったような気が。
と言うか、コウモリだったんでしょうね(笑)。
寛子さんって選挙に出馬しましたっけ。
まるで記憶に無いですね。町議ですか。

● T&Cさん
スコッチさんとかの話が通じる人が現れていいですね(笑)。
2009/03/02(月) 00:20:03 | URL | ごいんきょ
朝川さんの件
すでにガイシュツでしたか。

君スタはナベプロが作ったと認識していますが。違いますかね?局もフジテレビで連携とれてますし、初期にはキャンデイーズがアシスタントで出てたって話ですよ。T&C様、ご記憶御座いますでしょうか?

不思議なのが、推定トータル30チャンピオン位いる中で、現在確認されているナベプロ入りは20代の石川ひとみさんだけの様なのです。

寛子さんは市議会選だったかと思います。たしか選挙カーの中から手を振っていた記憶も今蘇ってきた感が・・(本当かな?)

とにかくも、当時「じゃあこの辺が地元なんだ。家どこなんだろう?」って思いましたし、お母さんが経営していたスナックも、その近辺にあったハズということになりますが、

会社内や寮内などで、そういう寛子さん関連の話が出ることは一切ありませんでした。
2009/03/02(月) 00:54:50 | URL | ひとみファン
ああ、そう言えばキャンディーズが初期アシスタントだったという話が出てますね。
しかし二代目アシスタント?のアパッチは、日テレ音楽学院。
やはりフジテレビは、コーモリ政策を取ったんだと思います(笑)。

ああ、市議会選か。なんか有ったような気も…
2009/03/02(月) 01:13:02 | URL | ごいんきょ
中野か阪本か・・・
グランドチャンピオンになったかどうかはわからないのですが、ホリプロ&ビクターから『ブラックホール』という曲でデビューした、中野知子あるいは阪本知子という娘がいました。
2009/03/02(月) 19:49:38 | URL | T&C
ブラックホール
T&C様、「中野知子 ブラックホール」と検索すると沢山出てきて少しビックリしました。早速、mazon のCD販売のコーナから「ブラックホール」試聴してみました。

疾走感のある曲です。最初どこがブラックホールと関係のある詞だろうと思っていたら、サンプルで切れる最期の方で「銀河の彼方~」とか歌い出しましたので、あーと思いました。
「風んなか夢んなか~」という歌い出しのですね。少し石川ひとみさんに似ている気がしました。

スコッチもサンプルあれば聴いてみたいところであります。ところで、このスコッチという名前は、太陽に吠えろのスコッチ刑事から獲ったのですかね?

2009/03/02(月) 21:29:45 | URL | ひとみファン
君スタはナベプロパージ番組だったのかも
しれませんね。少し認識が変わりました。まだ自分にとって検証が必要な段階ですが、新たな一面を見開かせて頂き感謝致します。

石川ひとみさんが君スタに出場したいきさつですが、ご存じの方もいるかもしれませんが、東京音楽学院に通っていた最中に月謝が上がり、親に「歌手になるわけじゃないから辞めなさい」と言われ、「じゃあ最後にナベプロ新人オーデイションだけ受けさせて」と頼んで受けたところ合格、その場に居たナベプロのスカウトマンに「君スタに出てみないか?」と言われ出場した  というストーリが一般的です。ここで私は、スカウトマンが自社番組の君スタに出てみないか?と誘ったかのように思いこんでいました。

日テレとナベプロのいがみ合いが解消するのが80年に入ってからですので、この76年頃はまだ抗争真っ只中です。ですのでナベプロ側が日テレのスタ誕に出せるハズは、どっちにしても無かったでしょう。(松本明子まで犬猿の中)だから君スタ側に出したということでしょうか。

でも、なぜ君スタを通してプロ入りとなったのでしょうか?一度はナベプロの新人オーディションに受かっているのに、そこから一度迂回させてわざわざパージされている君スタに出させるというのは何があったのでしょうか?

とりあえず出てみたら?位に誘ってみたけど、あれよあれよでチャンピオンになってしまったので、仕方なく(というと誤弊ありますが)ナベプロが引き取った(スカウトした)という感じかも知れません。そして、飽くまでも君スタはナベプロに侵食された番組ではなかったのでしょうね。ただその場を借りて石川ひとみを試したというか、なんというかそんな感じなのでしょうか。ちょっと退屈な話になって済みません。でもこの辺を追求してみたい気持ちです。ご存じの方いらしたら情報下さいませ。

2009/03/02(月) 22:26:22 | URL | ひとみファン
林寛子をごっちゃにしていない?
今更ですが,元保守党の扇千景の本名が「林寛子」・・・有名な女優さんです。
2009/03/02(月) 22:47:13 | URL | いくちゃん
いくちゃん様
有難うございます。
自分もそのような事を聞いたことがあります。少し心配になって、今軽く調べました。

でもやはりあの「~ラブリーボーイ~」を歌っていた君スタ初代G.
Cのあの林寛子さんのことで間違い無いようです。

埼玉選挙区から自由連合公認で出馬、落選とあります。

選挙ポスターの顔写真も割ともハッキリ覚えています。

でも、選挙カーから手を振っていたのは、うろ覚えということです。
2009/03/02(月) 23:04:18 | URL | ひとみファン
訂正があります。済みません。
石川ひとみの地元・名古屋でのナベプロ新人オーディションで、その場に居た人物はナベプロのスカウトマンではなく、君スタのディレクターの熊田さんという方だそうです。なので、実質、君スタ側から誘われたというのが現実の様です。以前えな様が話されたいきさつとは少し違うシチュエーションであることが判明してまいりました。

石川ひとみは映像から司会・鶴光時代、えな様はおりも正夫司会時代ですので、えな様のお友達がg.cに輝いたのはスコッチさんの少し前くらいか、などと想像しています。
2009/03/03(火) 10:18:06 | URL | ひとみファン
もう一人ホリプロ絡み
グランドチャンピオンになったかも、実際番組にきちんと出たかどうかも確かでないのですが、『絶交』という曲でホリプロ&東芝EMIからデビューした三谷晃代(てるよ)という娘がいました。
2009/03/03(火) 18:17:35 | URL | T&C
石田文子
何代目のグランドチャンピオンかは忘れたのですが、君スタ!番組内ではなく、日本テレビの『紅白歌のベストテン』の新人コーナーで5週唄っていました。変なの。デビュー曲、『私の恋はシャボン玉』い~い曲です。2曲目の『あそび』もいい。
2009/03/03(火) 18:29:48 | URL | T&C
和泉早苗
この人も何代目か忘れましたが、予選、グランドチャンピオン大会とリアルタイムで見ていました。アン・ルイスの『グッバイマイラブ』を唄っていました。福岡出身。
2009/03/03(火) 18:32:35 | URL | T&C
アシスタントのキャンディーズ
確かに、第4回グランドチャンピオン大会後、番組パターンが最初に変わった際にしばらく出ていました。一人一人で、オーディション出場者の紹介を行っていました。小阪まさるもではなかったかな・・・。
2009/03/03(火) 18:45:40 | URL | T&C
そうでしたか
ひとみさん,貴重な情報をありがとうございました。
私はそのようなこと,ちーっとも知りませんで・・・失礼なことを。
自民党から・・・ほほう。
2009/03/03(火) 21:47:29 | URL | いくちゃん
あ,訂正
自由連合ですか・・・,当時の森田健作氏もそこだったかな?違ったかな?
2009/03/03(火) 21:48:53 | URL | いくちゃん
当方
政治の話には全く詳しくなくて恐縮なのですが、どうもそんな感じです。

元旦那様の黒沢さんと近所のホームセンターで目撃されたりもしてるそうですね。私は街中で見かけた記憶は皆無です。

話が少し広がりますが、昔、寛子さんが主演(?)だったテレビドラマ「がんばれ!レッドビッキーズ」という野球ドラマっていうんですか?
ありましたね。

あれも、そのあたりで撮ってたらしいですね。そのあたりというのは、寛子さんが出馬した地元であり、かつ自分が以前住んでいた場所ということです。

その辺りに川が流れているのですが、その周辺の野球グランドなんかを使っていた様です。

ビッキーズは見た記憶が少しあります。
2009/03/03(火) 22:38:05 | URL | ひとみファン
三谷晃代
は結構ファンが多いですね。郁恵と同期で、影に隠れちゃった悲運のアイドルですよね。もっと売れててもおかしくないと評価する人が大勢います。
2009/03/03(火) 22:44:43 | URL | ひとみファン
私の恋はしゃぼん玉
なかなか良い曲ですね。しゃぼん玉の性質をうまく若者の恋愛に絡めて良い具合に表現されています。曲も今聞いても全く古臭さを感じないですね。
2009/03/03(火) 23:01:51 | URL | ひとみファン
キャンディーズ
そうしますと、デビュー1年か一年半後くらいになりますね。と同時に、年下の男の子でブレイクする一年か一年半前ですね。「年下」がヒットしてステータスが付いてからアシスタントは辞めてしまったのでしょうかね。映像あると良いですが。

2009/03/03(火) 23:14:30 | URL | ひとみファン
なぬ?!
ひとみファンさんの「なかなkいい曲ですね。今聞いても・・・」のコメントに仰天しています。曲が聴けるサイトでもあるのでしょうか。
2009/03/04(水) 20:53:38 | URL | T&C
第3回グランドチャンピオン大会
 ひとみファンさんの登場で、コメント意欲が倍増しました。
 小野木久美子さんは、会場客席一区画を占めていたプロダクション&レコード会社のスカウトマン達の質問、「いつもそんなにカッコよく決めているんですか。」に「と~んでもありませ~ん!!」と明るく強く否定していました。なぜか鮮明に記憶していて。
2009/03/04(水) 20:58:53 | URL | T&C
かなり経過しての訂正
2006/11/18の新田純一に関してのコメント、やはり間違っていて、彼の所属レコード会社はキングレコードでした。
2009/03/04(水) 21:08:46 | URL | T&C
私の恋はシャボン玉
T&Cさん,AOLのビデオで,レコード音は聞けるようですよ。
2009/03/04(水) 22:50:01 | URL | いくちゃん
小野木久美子(かおりくみこ=三純和子)さん
は「スーパーベスト」盤も出てる様ですね。でもアニソンオンリーみたいですが。自分が前期したレッド・ビッキーズや樫の木モック、それと999でも歌ってたのは知りませんでした。

君スタ以前からすでにアニソン歌手としてやってたということですよね。ですのでその受け答えは少しプライドがあったように自分にはイメージ出来ます。

AOLとか、アマゾンなどでB級アイドル(というと失礼かもしれませんが)の音源が出回っていますので、そのサンプルを聴いています。

石田文子さんの「~はシャボン玉」はYOU TUBEでフルコーラスで聞けます。欲を言えば、ご本人の動く映像が見れると最高なのですが。直貼りして大丈夫でしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=j1TvAkW2vd0

胸キュン系の名曲かと思います。
2009/03/05(木) 06:56:10 | URL | ひとみファン
T&C様
お陰様で自分としても、今まで知らなかったアイドルや、名の数々を知ることが出来まして感謝いたします。

●高田みつえ
出場の切っ掛けは、偶然テレビで同番組を見ていて、これだ!と思ったそうですね。でも滑稽なのは、スタ誕は見ていなったのでしょうかね?

51年1月出場し「目ン無い千鳥」を歌って週間チャンピオンを獲得し、続く2月17日の18回G.C大会で優勝とのことです。

2009/03/05(木) 22:54:35 | URL | ひとみファン
● ひとみファンさん
ワタクシも君スタに関してはほとんど調べてないんですよ。
初代アシはキャンディーズですし、パージ側というよりは、
双方うまく取り持ちたいって感じだったのかなあ。
この番組初期はナベプロはNETとの関係が良好だったと思いますし、
だからこの番組からナベプロ入りした人も当初はいなかったんでしょう。
ひとみさんに関しては、ひとみファンさんのコメントから推察するに、
ナベプロオーディションで見つけたので、義理でナベプロ預けという感じなんでしょうか。
NETがテレビ朝日になったのも関係してるのかな。
ちょっともう少し歴史的証言が欲しいとこです。
レッドビッキーズは寛子さんの地元で撮ってたんですか。
なんかより身近に感じますね。

● いくちゃんちゃん
はいはい。ありましたねー、林寛子ネタ(笑)。

● T&Cさん
ワタクシにはほとんどフォローできなかったと思いますが、良かったです(笑)。
2009/03/06(金) 00:43:45 | URL | ごいんきょ
スタ誕の話で済みません。
スタ誕の部屋の方を、最近になってやっと見始めさせて頂きました。プラカードやテロップ掲示時のレコード会社・事務所の話など、とても興味深く拝見しました。

スタ誕と君スタとの相違及び君スタとナベプロの関係について、見えてきたものがあり、有難く思います。
少し勘違いもしてしまっていた様です。

今後は、スタ誕の部屋でも少し触れられていますが、スタ誕とナベプロの関係についても知っていきたいところです。
2009/03/06(金) 05:11:51 | URL | ひとみファン
既出だったらすみません。
野中小百合さんも君スタ出身でナベプロ入りですね。でもG.Cになったかが定かではないのですが・・。

この方については「笑って笑って60分」でも触れられておりますね。
2009/03/06(金) 22:39:28 | URL | ひとみファン
スター誕生は、これはもうハッキリとナベプロの力を減殺するための試みで、
首謀者である阿久悠さんや日テレ側、ホリプロ社長などの証言が残ってます。
日テレの井原高忠という人がかなりの硬骨漢で、
彼とナベプロの間に何かが有ったんだろうと思うのですが、
具体的な発端はよくわかりません。
そう遠くない将来、あなだならOKもやる予定ですので、
そちらでもこの問題には触れる予定ですが、
その時にスタ誕や君スタも整理できればいいなと思ってますが…

本当だ。野中小百合さんって笑って笑っての方でいくちゃんちゃんが触れてくれてる。
竹とんぼですね。
この番組出身だったんだ。
思ったよりいるんですねえ。
2009/03/07(土) 07:01:21 | URL | ごいんきょ
そうでしたか。
スタ誕は阿久さんが作ったとは聞いてましたが、本やドラマも見てなくてアレなんですけど、そこまで考えてましたか。

井原さんという方はかなり有名な方ですね。本もプレミア付いてますね。例の抗争に絡んで「噂のチャンネル」作った方ですよね。

スタ誕には阿久さんと堀プロが提携強い感じしますが、その堀さんにしても井原さんにしても、後のアミューズの大里さんにしても、皆、大元では渡辺晋と何らかの良好な関わりがあった人達のハズなんですが、結果的に晋社長は打倒打ちされるキャラになっちゃってますね(笑)晩年は完全にヒール役ですもんね。
2009/03/07(土) 21:27:07 | URL | ひとみファン
この手の話題は
そうですね。あなたならOK を作って下さるとのことで、そちらで話題にするのが賢明と思われます。なにせ自分、少し勘違いしてたもので。君スタとナベプロをくっつけて考え過ぎてました(笑)。
2009/03/07(土) 23:03:59 | URL | ひとみファン
もう一つの君スタ映像は
日本テレビ「波乱万丈」で石川ひとみが出演した際に放送された分だったハズです。思い出しました。数十秒しか流れませんでしたが。

you tubeを見ましたが既に削除されてしまったのかな?どなたかもし発見されましたらご一報下さると幸いです。
2009/03/10(火) 21:07:18 | URL | ひとみファン
充実の展開
『いくちゃん』さん、『ひとみファン』さん、感謝です。
君スタ!出身者のデビュ-曲は実に名曲揃いです。林寛子、高田みづえを筆頭に、越美晴は自作だし、あと、堀智子の『シーサイドホテル805』も好きでした。
2009/03/11(水) 20:43:47 | URL | T&C
● ひとみファンさん
うわさのチャンネルも抗争がらみですか。
井原さんはナベプロの身内のような人だったと思うのですが、
元々が硬骨漢なので、それだけに許せない何かが有ったんでしょうね。
ただ、それが具体的に出て来ないので、非常に私的な理由かなとも思います。
あなたならOKもお待ち下さい。

● T&Cさん
オーディション番組はT&Cさんの独壇場みたくなってましたからね(笑)。
もっとアイドルファンの方とか、剛の者に証言して頂きたいです。
2009/03/24(火) 07:16:03 | URL | ごいんきょ
うわさのチャンネル
は、確か、井原氏がナベプロ用に、第2のシャボン玉ホリデーみたいな番組を用意していたのに、渡辺晋の発言で井原さんが激怒してしまい、その取っておいた枠を「噂のチャンネル」にしたんですよね。ホリプロと組んでっていうかそんな感じで。

でも井原さんも晋さんとは仲が良かったと言っていますよね。
 
2009/03/30(月) 20:19:01 | URL | ひとみファン
26代チャンピオン スコッチさん情報です。
デビュー作はアイドルを狙って自分らしくなくて歌ってて歯がゆったと言っていますね。

アマ時代から自作曲が多かったのでデビュー後もその自負は強かったようです。

スコッチというネーミングですが、実家が酒屋をやっていらして、スコッチが目に入り、そのまま自分のアマバンドの名前にしたそうです。

それがそのまま自分の名前になったそうです。
2009/03/30(月) 20:24:33 | URL | ひとみファン
ふーん。その発言ってなんだろう。
いずれにせよ井原さんは気難しく頑固な人物のようで。

当初の路線が自分の思い通りでないというのは、
多くの芸能人が歩んでいる道で(笑)。
それで売れればまだいいんでしょうが、売れないと悔いも有るでしょうね。
2009/04/01(水) 06:13:13 | URL | ごいんきょ
井原さん
の発言ですか? それは、やはり井原さんは私も気骨の激しいかたのようにお見受けしますし、最後はかなり晋氏に腹を立てたようですが、その本の話の前置きとして、「バンド時代はター坊と呼ばれていたりとか、美佐夫人とは遊び仲間で鎌倉のチョコレートショップ(でしたか?)で待ち合わせしていたりとか語っていたのを思い出しました。
井原さんの著書を読んだのでした。


スコッチさんの情報は、石川ひとみについて資料をあたっていたところ、見つかったものです。

「君はナチュラル」の販売促進用ポスターと「SCOTCH」のロゴマークもあり、今度出来たら画像をアップしたいと思います。
2009/04/02(木) 09:06:14 | URL | ひとみファン
井原さんを激怒させたという発言ですね。
画像につきましては、とても有り難いのですが、
BBSの方はもうスパムコメントが凄くてやる気ないんですよ。
会員制の方か、或いは新たなBBSを立ち上げるまでお待ち下さいね。
2009/04/02(木) 21:55:46 | URL | ごいんきょ
規制解除に感謝致します。
ごいんきょ様、久しぶりにお邪魔いたします。


解除に大変感謝いたします。ホッとしました。締めだしを食らってしまったのかと思っていました(笑)


少し心配なのですが、ことによると、私が書き込むとスパムが飛びはじめる、ということはないですか?


貼り付け関連は一応全て辞めておくことにしますので。




2009/04/25(土) 07:25:18 | URL | ひとみファン
敗者復活
第4回グランドチャンピオン大会までは、週ごとの予選で敗者復活者が選ばれ、翌週も挑戦できました。
2009/04/25(土) 15:31:41 | URL | T&C
● ひとみファンさん
感謝なんて言葉、よしてくださいよ。
感謝するのはワタクシの方であって、皆さんはこんなとこワザワザ書き込む義理なんて、
本来は無いんですから。
自由人大佐さんから催促メール戴いて気がついたんですよね。
考えてみたらかなりキツイ規制になっていて、こりゃ他にも影響あったかなと思ってましたが、
やはり他にもそういう方いそうですね。
本当に失礼しました。

URL貼り付けてスパムが増えるという事は有りません。
ここは直リンにもならないようにしてますし、その辺は無問題です。

● T&Cさん
基本、出場者枯渇の問題が常に有ったとは言え、
そういうシステムも本来はアリだと思いますよね。
敗者復活経験者からチャンピオンっていうのは、さすがにいませんか。
2009/04/25(土) 22:44:53 | URL | ごいんきょ
アジア音楽祭
 トラックバックのLeslie様に関連しての情報になります。 
 石川ひとみさんが20第グランドチャンピオンになった回は放送:日昭和52年3月6日の様ですね。
 同時にこの日は「’77アジア音楽祭出場者決定戦」と銘打っております。
 「代20回グランドチャンピオン大会」というタイトルにはなっていませんが、同一日だと思われます。
2009/04/26(日) 07:20:57 | URL | ひとみファン
新田純一さん
 決勝では「SACHIKO」を歌うも敗退。放送日は54年3月16日。
 応募は自分で。お父さんがトランペッターで、「君スタ」の最終審査員の中に父親の友達が何人か居たそうです。(誰なんでしょう?)
 しかし出場中それはお父様から知らされないで戦っていたそうです。
 
 この場お借りして済みません。石川ひとみファンサイト「feelin'石川ひとみ」という中の「ファン応援ページ」内で最近時々書き込みを始めました。そちらでの名前は「ひっくん」となっております。
2009/04/26(日) 09:17:15 | URL | ひとみファン
はあ。グランドチャンピオンはアジア音楽祭にも出られるという企画だったんですか。
矢島洋子さんってのはどんな経歴なんだろう。

新田さん、決勝で負けてもこの番組からデビューなんですか?
2009/04/27(月) 00:44:56 | URL | ごいんきょ
再び新田純一さん
 テレビで見ていて出場者が女ばかりだったので男もということで応募。履歴書を送り通知が来る。
 一次審査200人位。意外と男子が多いのにびっくり。
 10人ずつ一列になってピアノ伴奏で一人ずつ持ち歌を唄う。
 20人弱が残されもう一曲。
 3時審査は質問。
 テレビ出場の権利を得る。
 テレビでは一曲唄って次準決勝進出、それも勝ち決勝へ。
 決勝で負ける。(つまりテレビでは優勝までに3回唄うシステムであるように書かれています。)

 新田さんはもっと後の人の気がしていました。
 数年間役者やってからレコードデビューだったのですね。
2009/05/01(金) 20:32:32 | URL | ひとみファン
スコッチさんの画像遅れてすみません。
ロゴマーク
http://photos.yahoo.co.jp/ph/aurora0512/vwp?.dir=/ddfd&.dnm=398b.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t

デビュー曲の広告
http://photos.yahoo.co.jp/ph/aurora0512/vwp?.dir=/ddfd&.dnm=d986.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t

偶然にも新田さんと同じ新栄プロですね。

2009/05/01(金) 20:38:58 | URL | ひとみファン
敗者復活から
それを経てのグランドチャンピオンはいなかったように思います。
そういえば、男性出身者の中の乗附勝也さん(田辺エージェンシー、ビクター)は、以前、ホリプロスカウトキャラバンでも見かけました。
田辺・・・といえば、仁科ゆう子さん(田辺エージェンシー、キャニオン)は、グランドチャンピオンにはなっていないようなのですが、番組出身者としてデビューしてきました。予選などでの様子、ご存知の方いらっしゃいませんか。ひとみファンさん、如何でしょうか。
2009/05/03(日) 09:08:05 | URL | T&C
● ひとみファンさん
かなり詳しい記述ですが、新田さんの自著からですか?
画像、わざわざアカウント取ってまであげてくれたんですね、すみません。
なんとか連休中に自前の掲示板を作ろうと思います。

● T&Cさん
グランドチャンピオンでないのに番組出身というのも不透明ですね。
そう言えば阿久さん達がスタ誕を作ったのには、
タレント周りの透明性を高めるという大義も有ったらしいですが、
ならばなおの事、事務所決定の際のあれこれも教えて欲しいですね。
2009/05/04(月) 00:06:37 | URL | ごいんきょ
仁科ゆう子さん
T&C様
 今のところ仁科さんの情報は持っていません。何か分かったらレスします。

ごいんきょ様
 著書じゃないのですが、新田純一特集みたいのがたまたま見つかってです。

2009/05/04(月) 08:46:06 | URL | ひとみファン
はあー。そんな特集が有ったという事は、当時の雑誌ですね。
今、新田純一特集をやってくれる素敵な本は無いだろうからなあ(笑)。
2009/05/05(火) 07:39:39 | URL | ごいんきょ
不透明な部分
当時の明星か平凡の歌本、新人紹介のコーナーで、三純和子と千田彩子が並んで紹介してあり、三純さんには『君スタ!3代目のグランドチャンピオン』と紹介されていて、「おぉ!あの人やっと出てきたか。」と思ったのですが、千田さんには『君スタ!出身としてデビュー』と、今考えればよくわけのわからないコメントでした。
2009/06/06(土) 23:30:07 | URL | T&C
やはり間違えてた
かなり時間が経過しましたが・・・。
どうも、番組出身者で新栄プロの人達の所属レコード会社を、ビクター、キング、と思ってしまう傾向があり、間違えました。スコッチはテイチクでした。
2009/06/16(火) 15:18:16 | URL | T&C
ご無沙汰しておりました。
久しぶりにお邪魔します。

皆さんの書き込みに、いろいろ思い出すことがあり、コメントさせていただきます。

以前書き込みした通り、私は当時東京音楽学院生でした。
地方の…と書きましたが、名古屋です。
石川ひとみさんは少し先輩にあたります。

学院に入って半年経った頃、東京で行われるオーディションへ出るようお話があり、出向いた先がフジテレビでした。
(その後の流れは、前回、前々回のコメントの通りです)

当時、東京音楽学院vs日本テレビ音楽学院(スクールメイツvsバーズのような)という認識があり、東京音楽学院生が「スタ誕」に出場することはNGとされていました。
(その”掟”を破ったのが、川島なお美ちゃんでした(^^; 彼女とは同期です。余談ですが、私が出場していた時、彼女が観覧席で見学していたことがありました。まだデビュー前だったはずですが。)

「君スタ」の審査は、私の見た限りでは出来レースではありませんでした。
オーディション番組でチャンピオンになり、デビューという流れに宣伝効果があるということなのでしょうね。
実際、勝ち抜いていた時、東京で知らない人たちから声をかけられたこともありました(「がんばってくださいね!」とか)ので、テレビってすごいとビビった憶えがあります(^^;

私の後、学院から「君スタ」へ出場した人がいたかどうか…その記憶がないのですが、たぶんいなかったんじゃないかと…。
渡辺プロでは、圧倒的に自社との新人契約からデビューという形が多かったと思います。
ただ、当時の渡辺プロは、大きくなり過ぎで、小回りがきかないような状態でもあったのでは…?
新人契約後、飼い殺しになってしまったままで埋もれていった人たちもいます。

…と、本題からズレてしまい、申し訳ありません。
また何か思い出すこと等がありましたら、お邪魔させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。



2009/08/13(木) 20:17:26 | URL | えな
♪じてん~しゃ つうが~くぅー
141件もコメントがあるのに、一度も「壺井むつ美」の名前が出ないのが淋しい・・・。
2009/11/27(金) 00:39:01 | URL | 石毛零号
壺井むつ美さんのは
「高校野球」とかありませんでしたか?
4,5曲はレコードになっていた記憶ですが・・・。
2009/11/28(土) 17:03:06 | URL | いくちゃん
壺→坪
♪がんばぁーあて がんばぁーあて
 青春燃やすぅ 高校ー野・球ーぅ

残念ながら、むつ美ちゃんは「自転車通学」「高校野球」の2枚しかレコードを出していません。
「壺」の字が難しかったせいか、2ndでは「坪井むつ美」と改名していますが、実は「坪井」の方が本名だそうです。なんだってまた、難しくて馴染み辛い文字でデビューしちゃったのかねぇ。
2009/11/29(日) 09:39:44 | URL | 石毛零号
あー2曲でしたか
またまた,勘違いしてましたね。
A面・B面で4曲,シングルとしては2曲が正解ですねー。石井零号さんには,いつも迷惑かけてばかりいます。
ありがとうね。
2009/11/29(日) 21:52:10 | URL | いくちゃん
元アイドル候補のえなさんが折角書いてくれていたのに、こちらこそご無沙汰で申し訳ないです。
熟女に優しいブログだったのに(笑)。


● T&Cさん
「君スタ出身としてデビュー」=「そういう事にしておいて」
なんと馬鹿正直な雑誌なのでしょう(笑)。


● えなさん
内部からと言っても良い人だけに、なかなか興味深いお話、本当にありがとうございました。
日本テレビ対渡辺プロの対立は、外部の人間が想像する以上に深刻だったのですね。
おそらく渡辺プロ側とすれば、テレビの黎明期から手弁当で支えてきたのに、
原盤権だの出版権だのにまでテレビ局が手を突っ込んできたのが許せなかったのではと思います。
実際、1970年代に入るやテレビ局の箍が外れてきて、テレビ放送以外の商売をあれこれやり出すんですよね。
ひいては、これが現在にまで至るテレビ立ち腐れの遠因となっているわけなのですが。

対立して良くなるならまだしも、渡辺プロ全盛だった頃にはまだ考慮されていた
スター性というか、歌唱力とかそういうものがどんどん蔑ろにされていったのも、
テレビ局が力を持ちすぎた弊害として有ります。
尤もナベプロ側も、力を持ち過ぎていた頃はいろいろ問題点も多かったのは確かなんでしょう。
人間というものはそうした性向が有るものなので、システム構築の時点で
そうした事を考慮したチェック機構が絶対に必要となるわけですが、
大変不幸な事に、芸能界と、その延長であるテレビには、そうした物は出来ませんでした。
故にこれからも腐り続けていく一方だと思いますので、縁が切れて却って良かったのではないでしょうか。
無責任な第三者としましては、そうも感じるのです。


● 石毛さん
うーん。だって、聞いても判らないもの(笑)。
「坪」って、読めないと思ったんでしょうかね。「壺」は「つぼ」としか読みよう無いですもんね。
書きづらいけど(笑)。


● いくちゃんちゃん
ああ、やはり知っている人もいるんですね。
2013/11/17(日) 10:52:31 | URL | ごいんきょ
長年の疑問が・・・それでも不思議
第二回グランドチャンピオンは誰だとずっと考えていましたが、オークションサイトで江梨奈マヤのデビュー曲シングルがあり、ジャケット写真裏側も見れました。プロフィール欄に、なんと!!!〔君こそスターだ!第二回グランドチャンピオン〕とあるのです。厳密には二代目グランドチャンピオンなのでは?とも思ったのですが、なんとも納得がいかないです。
番組出演当初に、三波伸介が言っていた「第一回グランドチャンピオン大会で、グランドチャンピオンにはなれなかったのですが、プロダクションにスカウトされまして、東芝のほうからデビューとなりました。」のコメントは何だったのでしょうか?!
2015/01/05(月) 20:09:27 | URL | T&C
ふーむ。
総合すると、「第一回グランドチャンピオンではないけれど、
裏道からここに辿り着いたので、第二回グランドチャンピオンという事にします」
ってな感じなんすか?(笑)
色々予定調和臭の強い番組だとは思ってましたが(苦笑)。
2015/01/06(火) 00:36:40 | URL | ごいんきょ
古賀栄子さん
このブログで古賀栄子さんの事を知り検索していたら、動画サイトで夜のヒットスタジオに出演し「夕だち日記」を歌っているところを見ました。
初恋の人とのご対面もありました。
売れても良さそうな印象をもちましたがイマイチだったのでしょうか。
2015/01/21(水) 15:45:44 | URL | アネモネ
逢いたさ指数の動画も有るようですが、中国なので見られないという。
ちょっと特徴無いというか、アイドル全盛期で埋没したって感じですかね。
2015/01/25(日) 06:35:47 | URL | ごいんきょ
知りませんでした
お返事有り難うございます。
あの中国の動画サイトって見てはいけないものだったのですね。
だとすると先日の私のコメントを載せておくのは良くないですよね。
お手数ですが削除お願いします。
教えていただきありがとうございました。
2015/01/30(金) 09:10:17 | URL | アネモネ
いやいや。
日本からでは見られないという事です。
あの動画サイトが反日家なのでしょう(笑)。
2015/02/01(日) 05:51:06 | URL | ごいんきょ
zeroさま
Zeroさん
私も思います
悲しい思い出じゃなく
羨ましいほどの
貴重な体験です❤
もったいなーいわ
ひとみちゃん
素敵ですよね♪(^-^)
かわいくて歌声も美しい
自慢話ですね♪まるで
ですよ♪(^-^)
2015/12/15(火) 20:58:26 | URL | いちか
ですよねー。
あんなキラキラ輝いていたひとみさんを間近で見られたなんて。
2015/12/20(日) 11:00:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
1977年5月16日のアジア歌唱コンテストには8カ国16名の参加者があり、日本からも2名参加していました。当時の新聞では 汶萊??戴祖尼、麥慕漢。 曼谷??蘇?旺、簡莎妮杜。 馬尼拉??丁馬卡杜、狄李斯。 漢城??金永愛、李光錫。 雪梨??鍾妮嘉娜露、貝芙柏瓊頓?...
2008/06/01(日) 14:44:21 | The Four Seasons (Leslie Cheung Forever)
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ