私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



テレビくん、どうも! (1985)

該当番組画像募集


日曜朝8時台と言えば、当ブログでは何回か書いているように、
昭和時代はおっとりと過ぎていた時間帯で、
記録フィルムのような番組ばかりだったような気がします。
しかしバブル前夜の日本経済最盛期ともなると、
だんだんと日本人の意識や生活スタイルも変わり始めたのか、
日曜朝の番組にもチラホラと派手めなものが現れ始めました。
このテレビくん、どうも!は8時半からの番組であるにもかかわらず、
機関銃のように切れ目無く言語を発する明石家さんまの司会。
昭和40年代なら絶対に有り得なかったでしょう(笑)。
いや、当時としても、さんまの番組としては異質でした。
そもそも彼は朝が大の苦手。
東京12チャンネルのときめきプレヌーンという番組では、
昼前の放送だったにもかかわらず、いつも寝ぼけ眼で出演してました(笑)。
その辺に関しては、この番組はどうせ収録だからどうにでもなるでしょうが、
そうだとしても、明石家さんまの朝の番組というのは異質な感じだった。
その後も、今に至るまで、他には無いんじゃないでしょうか。

そういう日曜朝の番組という事で、いつものような機関銃トークは、
さすがにこの番組では抑え気味で、落ち着いたトーンではありました。
さんまにしては(笑)。
その辺を意識してか、本名の杉本貴文名義で出演してましたね。
彼の左右には、鉄のゲージツ家と言われるクマさんこと篠原勝之と、
直木賞作家の長部日出男を配した、3人とゲストによるトーク番組でした。
毎週のゲストに対して、テレビに関する事でいろいろとトーク。
当時既に明石家さんまは人気絶頂でありましたから、
この番組の或る程度の成功は約束されていたようなものでしたが、
それを更に決定づけたのは、1986.4.6放送の秋野暢子の回。
冒頭で、ゲストのテレビへの思い入れ度を測るテレビくん度テストという
コーナーが設けられるようになったんですね。
これは、ゲストに対してテレビに対する姿勢などを20質問。
イエスノーで答えさせ、そのイエスの数によって診断してました。
上から、やったねテレビくん、なかなかテレビくん、そこそこテレビくん、
いまいちテレビくん、がんばれテレビくんとなり、
3個以下の場合でさよならテレビくんという具合でした。
これは毎週違った設問だったので、視聴者の我々も一緒になって考えられて、
その辺で食いつきが有ったと見え、視聴率が一気に上昇したと言います。

今でも続いているフジの24時間テレビ、第一回の総合司会は
タモリとさんまだったのは、当ブログの方々ならご記憶でしょうが、
その中で深夜、関口宏をゲストに迎え、この番組をやっていました。
その間、タモリは休憩だったと思われます(笑)。
篠原&長部の両人も出てました。ひょっとするとVTRだったのかな?
関口は既に司会者としての地位を確立していたんですが、
篠原勝之が、「なんで役者やんないの?」なんて、
子供みたいな直截な質問してましたっけ(苦笑)。
関口は、「だって(できる仕事が)無いじゃない!」と苦笑してましたが。
勿論このコーナーでも、きちんと冒頭のテレビくん度テストも有りました。

提供は味の素でした。
『愛燦々』をバックに美空ひばりがCMやってましたね。
小椋佳作曲のあの歌が、日曜朝にとても心地よく響いていたものでした。
紅白歌合戦降板以来久しく雌伏していたひばりが、
おそらくはこのCM効果により、この頃より再度注目を浴び、
歌謡界の女王としての位置を今度は揺るぎのないものとしました。
しかし、それからさほどの間を置かず、あの悲劇に蝕まれるのですが。
我が父は戦後間もなくの頃からの大のひばりファンであり続け、
そのおかげでワタクシは、幼少の頃より彼女の歌や番組には、
世間一般よりは慣れ親しんできておりました。
だから紅白降板前後の世間の彼女に対する眼もよく覚えているし、
だから愛燦々で復活以後、更には亡くなった後の
世間の手の平返しぶりには些か呆れたものですが、
それでもまあ、評価されないよりはされた方が本人だって嬉しいでしょうが。
当時のワタクシは明石家さんまの面白さに異常にハマッてたし、
ひばりとさんまの本編・CMコラボは、親子二代での
イチオシ芸能人コラボでもあったわけで、その辺は縁というものなんでしょう。
そういや、親父は味の素も大好きだった。
なんにでも味の素をかけていた(苦笑)。おしんこにまで(苦笑)。
そういう家って他にもあるんでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
おしんこに味の素
普通にやってました。
特に白菜のおしんこには味の素かけて、七味かけて醤油。

知り合いの日本そばやさんで教わった食べ方です。

最近は年齢のせいか、やらなくなりましたけれど。
2006/11/16(木) 08:35:37 | URL | nenkorhoads
やさしい悪魔。
こんにちは。
番組名を見た時「ん?」と思ったのですが、記事全文をよんで「おお!この番組かっ!」と判明いたしました。
(最初、NHKのどうもくん人形かと思ってしまった!)
意外と大昔の番組名はハッキリ憶えているけど、ビミョーな昔?(20年くらい前?)って忘れちゃってるものですね。

わりと好きな番組でした・・・ごいんきょさまがおっしゃる通り、日曜の朝にこの手の番組は新鮮でしたから。

私が印象にのこってるのはデーモン小暮閣下が出演した時。
予想通り(?)、テストはイエスの数が多く、かなりのテレビくんぶりが判明したのですが(回答数まではさすがにおぼえてません、すいません)、質問の中の
「テレビを見て泣く事がある?」
の問いに、ヒジョーに気まづそうに、照れ笑いしながら
「イエス」と答えていたのが印象的でした。

その回答に対してさんまさんが茶化して「いやぁ~、実はやさしい悪魔なんですね~」って。
今でこそ 閣下の人あたりのよさは周知のとこですが、このころはまだデビューしたてでしたからね。
私もこの番組をみて、「おもろい人!(←人、といってはダメですかね?)」と認識した記憶があります。
2006/11/16(木) 17:29:41 | URL | きなこ
● nenkorhoadsさん
ああ、やはり当時は一般的だったんですね。
考えてみれば味の素って、今ひとつ具体的な使用法がわかりません。
我が家ではおしんこに振りかけるくらいだったかな。
子供心にも、それじゃあおしんこの味が死ぬだろうと思ってましたが(笑)。

● きなこさん
あ。ワタクシの文を読んで初めて思い出せたというのは一番嬉しいですね。
自分でも時々、この文章じゃ通じづらいわなあと思いますもん(笑)。

閣下が出演した時も当然ワタクシは観ましたよ。
書かれている事も、なんとなくですが覚えてます。
でも、自分からは絶対に思い出せない。
皆様のコメントも貴重な財産であります。
2006/11/16(木) 21:38:38 | URL | ごいんきょ
テレビ欄から?
この記事にふたたびおじゃまさせていただきます(・・・と!またロート製薬提供的なご挨拶!)

デーモン閣下出演の回、(なんとなくでも)憶えててくださってうれしいです。
こちらにコメントを残される方は、ある程度裏づけをとって(?)記されている方も多い気がするのですが、私の場合、自分の記憶のみで書いているので(今のところ)。

と、いうわけで、今日も自分の記憶のみをたよりに・・・(すいません)。

ごいんきょさまの記事中にもあるように、テレビくん度の設問はゲストによってかわってましたけど、その他に毎回共通ってのもありませんでしたっけ?
「テレビに向かって話しかけますか?」とか。
「新聞はテレビ欄から見ますか?」とか。(思えばこの頃はまだ、朝夕刊ともテレビ欄が、最終面だったのかも???)

あと、ゲストにちなんだ質問でもうひとつ憶えてるのが永六輔さんの回。
「娘の番組はチェックしますか?」・・・と!この頃、永さんのお嬢さんってフジテレビのアナウンサーだったんですよね。
割とすぐ辞めちゃった気がしますが・・・今、どうしてるんだろうなぁ。(年の頃だとアベチヨさんくらい?)

PS・ごいんきょさまの記事はとてもわかりやすいです。
持ち得た情報、すべてを記述しつつも、散漫にならずまとまりがあって・・・いつも感嘆しまくりです!
この番組だって、すぐに思いだせましたし・・・。



2006/11/21(火) 13:57:04 | URL | きなこ
何度でもおいでませ
ああ、そう言えば日曜特集でアップダウンクイズやるの忘れてた (^▽^;
ロート提供番組のエンディングでもう一つ印象に残っているのが、
次週ゲストの呼び捨てです(笑)。
この辺も書きたかったんだけどなあ。

いや、コメントにせよワタクシの記事にせよ、記憶がほとんどですよね。
たまに資料を紐解く事もありますけど、それはここの本分ではありません。
生の記憶・言葉こそ、ここの要諦であります。

設問は、特に共通と決められていたものは無かったんじゃないかな。
ただ、ほとんど毎週あるような設問はたしかに有って、
それが20問目あたりでしたかね。他にも有ったかも。

永さんに関してはまったく覚えてないですね。
でも、自分とか家族の番組をチェックするかという質問はよく有った気が。
永さんの娘さんって見た事ないなあ(笑)。
その頃のフジアナウンサーやれるほど美形だったんだ。

あ。お気遣い要りませんよ。
このブログの最大のファンは他ならぬワタクシで(笑)、
何回も同じ記事読んで、コイツ面白ぇなーとか感心してますもん(笑)。
2006/11/21(火) 23:15:49 | URL | ごいんきょ
明石家さんまと玉置浩二
当時安全地帯の大ファンだったので、玉置浩二が出演したとき初めてこの番組を見ました。
数年後にはキャラがはじけて別人のようになった玉置さんですが、このときはまだミステリアスな雰囲気を漂わせてのトークでした(笑)
テレビくん度テストの結果は確か「そこそこテレビくん」でした。結果が記された丸いバッジをさんまが手渡すと、玉置自ら衣装につけたので、さんまが驚いていた記憶があります。
今にして思えばこの二人、「ふぞろいな秘密」つながりなんですね…
2007/06/05(火) 01:56:35 | URL | みゅう
あぁ~… 玉置さん、ミステリアスだった時期ありましたね~(笑)。
ふぞろいな秘密繋がりだったんですか~。
しかし、ニュースステーションの記事を書いて思い出しましたが、
テレビくん度テストって、あれの金曜チェックの完全パクリなんですよね。
今ならまず認められてないでしょう。
2007/06/05(火) 04:54:23 | URL | ごいんきょ
「このテレビくん、どうも!は8時半からの番組であるにもかかわらず、」とありますが、この番組は9時半からの放送でした。
2017/05/25(木) 21:31:14 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ