私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ムーミン (1972)

該当番組画像募集

日曜夜の子供番組と言えば、タケダアワーから不二家の時間までの
TBS枠というのが1960年代でありました。
しかし70年代に入るとどちらも神通力が薄れてきて、
まず7時半からの時間帯で、フジのカルピス枠が強くなってきます。
で、本当ならそのカルピス→ハウス劇場の中から、順番通りに
第三弾のアンデルセン物語でもやろうかなと思ってたんだけど、
ここんとこムーミン繋がりのニュースが多かったんで、
一つ飛ばして、新ムーミンと言われるこちらをやる事にしました。
元祖ムーミンは既述でございます。

で、そのニュースとは何よと言うに、まずはミムラの結婚。
関係ないですか(笑)。
でも一応、ミムラ姉さんが名前の由来だし。
それと、仲谷昇さんの訃報が入ってます。関係ないですか。
でもこの人、ムーミンの声をやった岸田今日子と一時籍があったんです。
で、少し前のニュースなんだけど、ノンノン役の武藤礼子さんの訃報。
武藤さんと言えば他に思いつくのは、ハゼドンのシーランとか、
なんと言ってもど根性ガエルのヨシコ先生ですかね。
でもやっぱり、ノンノンが一番印象に残ってる。
ノンノンは好き好き うふふ ムーミンが好き好き なの
ちょっぴり 彼と 気が合うだけぇよ

前作の最終回は、雪がしんしんと振る中ムーミン谷は冬眠に入り、
スナフキンは一人で谷を出ていくというラスト。
声優達が一人一人、役の自己紹介をして終わるという、
子供番組の最終回としては非常に珍しい余韻ある終わり方でした。
それだけきちんと作られていた作品だったし、観ていた方も
大いに寂しさはありましたが、その終わり方に納得して
気持ちを整理し、新シリーズアンデルセン物語の世界に見入ったんですが。
それが、一年過ぎてアンデルセンが終わるや、早速の再スタート。
もちろん多くのリクエストが有ったからなんでしょうけど、
ワタクシは当時からリメイク嫌いの有終の美を重んじるタイプなので、
これにはかなりガッカリしたもんです。

で実際、リメイク作品って比べるとどうしても劣化します。
それはそうでしょう。基本的に水増しなんだし。
そうやってオリジナルのファンに失望と憤怒を振りまくパターンが多い。
でもこの作品は、一応最低限の水準は満たしていたと思います。
少なくとも絵はとてもよくできていました。
ストーリーはやはり水増しの悲しさで、オリジナルキャラが増えました。
なんだか正体不明の女の子(?)、おしゃまさんっていうのが
わりと重要なサブキャラとして出てきますが、これ、
かなりスナフキンとキャラかぶりだったと思います。
第1回はもちろん谷が冬眠から醒める描写で、
スナフキンは開始2回目だか3回目で再び谷に戻ってくるんですね。
この時はさすがに嬉しかったけど。やはり彼がいてこそのこの番組。
で、わりと最初の方でおしゃまさんがやってくるかと。
でもやはり、人間キャラを二人にしたのは失敗だったと思います。
だからスナフキンの魅力が新ムーミンではあまり活きなかったですね。
それとメソメソくんっていう、スニフが犬になったみたいなのがいたかな。

そんな数々の不満が有ったのと、この頃に年齢的に子供番組から
足を洗いだしたというのがあって、最後の方は観てません。
第1シリーズはけっこう再放送もされて録画も出来たんだけど、
なぜかこの第2シリーズは第1シリーズより放送機会が少なく、
かなり以前にテレビ東京で再放送したのを3倍で…録画してあるだけです。
予告は勿論、オープニングやエンディングも無いという悲惨さ。
なのであまり見返してもおらず、最終回もよくわかりません。
これが一応、本当のラストになるという事で、
それなりの最終回だったと思うんですけど、記憶に無い。
一体どのように終わったんでしょうか?
ともかくこの作品は、病的なオリジナル尊重派のワタクシ(苦笑)を除けば
わりと好評だったと思いますし、カルピス劇場を不動のものとしました。
そしてTBS不二家枠の衰退となるのであります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
おしゃまさん
おしゃまさんって
原作に登場してませんでしたっけ
透明になっちゃった女の子を
ムーミンママの処に預けにきたりとか
してなかったかしら
2006/12/04(月) 14:40:01 | URL | kir
原作版
原作は全部読んだかどうか忘れましたが、きっと全部は読んでないでしょう。
ワタクシが読んだ中では記憶に有りませんが、
おしゃまさんは原作にあるキャラなんですか。
なんて話に出てくるんでしょうかね。

原作ではスナフキンやパパの味わいもかなり違うし、
やっぱ東京ムービー版が一番好きだなあ(笑)。
2006/12/04(月) 23:33:49 | URL | ごいんきょ
おでぶさん
調べてみたのですが「ムーミン谷の冬」に登場するそうです
私が云っていた女の子を連れてくる云々は記憶違いだったのかしら
本によっては「おでぶさん」と訳されたりもしているそうです

アニメ版だとミィとスナフキンが実は異父姉弟等の下りとか、
主にスナフキン関連が変更されていますよね
でも旧アニメ版のスナフキンは私も好きですよ
2006/12/09(土) 10:53:43 | URL | kir
ああ、はいはい
思い出しました。
おでぶさんってたしかに原作で出てまして、
これがおしゃまさんの事だなと思ったですね、当時。
ムーミン谷の冬は読みましたけど、さすがに内容は忘れました。
言われれば思い出すんでしょうけど。

ミイとスナフキンが異父姉弟ですか。それも忘れてました。
そう言えば、ミムラとスナフキンって似てますけど。
日本版スナフキンを設定したのは誰なんだろう。
2006/12/09(土) 17:29:47 | URL | ごいんきょ
新ムーミン
新ムーミンって、新聞にもそう書かれてたこともあります。
 フジテレビは原作のトーベ・ヤンソンさんに激怒されたので、テレビ東京が後に原作に忠実に制作してましたね。コレ、山陰では「YAWARA!」の裏番組だったんですよ。湾岸戦争のときこれが通常番組として流れて話題を呼びましたね。
2006/12/14(木) 15:34:05 | URL | かじか
ヤンソンタブー
原作と肌合いの違う映像化なんて腐るほどありますが、
放送差し止めまでするのは横暴かと。
原作の世界を著しく歪めているとも思えないですし。
むしろ、原作への興味を惹くと思うんですよね。
2006/12/15(金) 02:14:18 | URL | ごいんきょ
岸田今日子さん(T T)
ラジオで岸田今日子さんの訃報が流れてきました。
ノンノンに続いてムーミンまで…
本当にショックです。
安らかにおやすみ下さい…
2006/12/20(水) 18:09:30 | URL | ワン
うーん…
とうとうムーミンの声優が逝ってしまったという喪失感は堪らないものがあります。
2006/12/21(木) 06:07:48 | URL | ごいんきょ
このあと
メルモちゃん?

ロッキーチャック?
2007/02/08(木) 00:17:25 | URL | ドリー
カルピス枠
どろろ→ムーミン→アンデルセン物語→ムーミン→
ロッキーチャック→ハイジ→フランダースの犬
じゃなかったですかね。
記憶だけで書いてますけど、ウィキペディア見ればわかると思いますよ。
メルモはまた別の枠ですね。
2007/02/08(木) 06:28:12 | URL | ごいんきょ
メルモちゃん
違いましたか!!

記憶違いでした。

ムーミン メルモちゃん

ロッキーチャックだと。。

まーだだよー、まーだだよ、一番はじめに見つかったー♪

2007/02/08(木) 22:58:41 | URL | ドリー
おそらく
メルモちゃんの服装とハイジの服装が被ったんでしょうか。
2007/02/09(金) 02:27:26 | URL | ごいんきょ
おしゃまさんって
初代ワカメちゃんの声優さんじゃなかったでしょうか??

ノンノンの足わっかのひみつの回が謎っぽくってよかったです。
ニョロニョロも・・・。
テレビ欄にムーミンってあったので、喜んでみたら例のテレビ東京版だったという・・・テレビ東京だから、再放送かしらと思ったのに!

ミーの声優の堀絢子さん、教育テレビのことばあって番組でおばあちゃん役してますよ。同じ声優の緒方賢一さんはご本人が登場してますけど、堀さんは声だけでことばあっていうおばあちゃんの人形の声してます。40年近くもたったんですね。声はすっかりおばあちゃん。

ムーミンも新ムーミンも、きっと今見ても見分けつかないと思います。ただ、おしゃまさんは新参者だったのは印象的ですね。ま、うちはどっちの時代もモノクロテレビだったんで。

メルモちゃんの赤と青のキャンディも区別つかなかったなー。
ぜひ、メルモちゃんもやってください!

2007/04/23(月) 23:23:43 | URL | くりお
ニョロニョロ
ワタクシって、ガキの時分から声優の判別がつきませんでね。
そう言えばおしゃまさんの声、初代ワカメちゃんですね。
ワカメちゃんのカワイイ声は大好きでしたが、
おしゃまさんのトッポイ声は好きじゃなかった。
まさか同じ人だとはなあ(苦笑)。

ノンノンの足環の回は忘れました。新ムーミンの方かな。
ニョロニョロ、好きな奴がいたんです。
そいつの影響でムーミンを再評価するようになったですね。
再評価ったって、当時放送終了2年後とかですが。

ことばあですか。堀さんもすっかりそういう年なんでしょうが、
まだ現役というのが何より嬉しいです。

ふしぎなメルモですか~。
アニメはしばらくやる予定無いんですよ。
かなーり先になるとは思いますが、覚えておきますね。
2007/04/24(火) 18:05:33 | URL | ごいんきょ
音声優先で
テレビって、CMにしても音声優先じゃないですか?アニメにしてもそれぞれの声は鮮明に覚えていても、姿形は???になっちゃって(オイラだけ?)おしゃまさんがどういういでたちだったか、表現できません。ミーとミムラだって、頭のカッコが同じとしか言えないし。ムーミンも、旧と新は微妙に違うんですよね。

ムーミンは飛び出す絵本を持ってました。飛び出す絵本は高くて、これしか買ってもらえませんでしたが、ベロを動かすとニョロニョロが飛び出してきたのは覚えてます。

またこの欄を使って申し訳ないですが、メルモちゃんはいいので、れいかんやまかんだいろっかんをゼヒ。
(ついさいきん、このテーマ曲が頭にのぼりましたので)
2007/04/28(土) 23:25:26 | URL | くりお
とびだすえほん
おしゃまさんは、おしゃまな格好してましたね。
これじゃ解説になってないか(笑)。
なんとなくフランス人っぽい感じでした。
新と旧が違うというか、東京ムービーと虫プロの違いなんでしょうが。

とびだすえほんは憧れでした。
が、高いので、買ってとねだった事は無いですね。
見たところ、すぐに飽きそうな気もしたし。
でもやはり憧れたので、児童館とかではよく見ました。

霊感ヤマカン第六感は、こないだのバラエティ特集の時も
どうしようか迷ったくらい、やりたい番組なんです。
が、その時にやらなかったので時機を逸してしまいました。
こちらもかなり先になっちゃいますね。
2007/04/29(日) 07:06:26 | URL | ごいんきょ
どうして・・・
最近(少し前かな?)映画にしろアニメにしろリ・メイクが異状に多いですよね。映画などの、パート2・パート3のような続きもののように初回作品をしのぐものはほとんどない!なぜなら、初回作品がすごく良いからパート2ができるのであってその良いものを超えることはすごく難しいことで・・・悪循環のようなものが、生じてくる。      私的に言えばムーミンも同じで、このパート2かリ・メイクかわからないけどこれはいかん!特に主人公以外の副重要人物のネーミングが変わってしまったこと。これは初代ムーミンを観ていた人間にとっては結構ショック!(私だけ?)観る気をはなから削がれてしまう。まあ、制作者としては、より良いものを造ろうとする所以なんだろうけど・・・  話がそれてしまうけど、リ・メイクといえば、日本ホラー映画の海外でのリ・メイク版はとんでもないのが多すぎると思いませんか?特に“JYUON”これは最悪だった!金返せーーー!!!
2007/05/21(月) 08:21:07 | URL | ゾロ
そうですね。
ワタクシもリメイクは嫌いなので、基本的に見ないようにしてます。
そうすれば腹も立たないし(笑)。
ムーミンの場合は、キャラ名は原作通りに戻ってたりするんですよね?
だからどちらがオリジナルかという判断は難しいです。
ワタクシにとっては東京ムービー版が最高ですけど。
2007/05/22(火) 06:39:00 | URL | ごいんきょ
リメイクは
私も基本的に、好きでない場合が多いです。最近たまたま見た番組でデューク・エリントンの言葉が紹介されていました。「初めて歌う時に自分のすべてを出すんだ。二度目は無い。三度目にうまく歌えても、せいぜい最初の自分の劣悪なコピーにすぎない」
(ゾロさんが憤慨しておられるのは「楽しいムーミン一家」でしょうか? あれのつまらなさの全責任はトーベ・ヤンソンにあると言えましょう)
とはいっても、元がムーミンですから、私はこの新ムーミンも好きです。スナフキンの帽子に花がついているのはイヤですが、面白い話がけっこうありました。
ジャコウネズミのムダ哲学をスナフキンが論破する話とか、
スニフが笑いの仮面をかぶってしまって取れなくなる怖い話が好きでした。
エンディングの歌、広川さんの「スノーク家のしつけ」以外にも、こんなのがありました。
きのうムーミンは 川に木の葉の舟を浮かべた
そろそろ今日あたり 木の葉の舟は海に着くでしょう
どこかに木の葉の舟が~流れて~い~たら~
ムーミン谷から~(ここがサビですね)
来たのだと思ってく・だ・さ・い~

歌詞を読むと、つまらないですよね。それでもムーミンの歌というだけで好きで歌っていました。
2008/03/19(水) 18:44:22 | URL | あぶもんもん
人それぞれ好きな作品も違うだろうし、
その作品の中でも、好きな回、好きな場面は違うでしょう。
但し、原作者への敬愛を忘れてはならないというのは、
最低限の事だろうと思うのですよ。
ワタクシはアニメでは東京ムービー版が突出して好きですけど、
原作のムーミンもまた違った味わいとして楽しんで読んでました。
アニメ版の新作は見てないのでなんとも言えませんが、
アニメ作品の責任は全て監督に有りますよね。
良いことも、悪いことも。

言われた話は、どれも思い出しますね。
最終EDの「スノーク家のしつけ」も見てみたら思い出したし、
この番組もなんだかんだで最初から最後まで見たのかもしれないです。
ロッキーチャックからは完全に見なくなりましたが。

特にスニフの仮面の話は、たしかに強烈でした。
あの仮面がまた不気味でね。
そう言えば旧ムーミンの第1回も似たような話ですね。

EDは、旧作ではOPとまったく同じ歌なのですが、
この新作では違う歌が使われていて、いくつか替わってますね。
ご指摘のは増山えいこさんが歌ってたと思いますが、
やはり広川さん自ら歌ってる「スノーク家のしつけ」にはインパクトで負けますね。
2008/03/20(木) 18:54:12 | URL | ごいんきょ
そうですね。たしかに「楽しいムーミン一家」のつまらなさを云々するより、69年版(と、72年版も)の素晴らしさが監督を始めスタッフ・声優すべてのたまものであったと言うべきでした。
私は原作の面白さが少しもわからなかったので、東京ムービーと虫プロのアニメだけがムーミンでした。
かつては空気のように普通に「いた」のに、DVDも発売されず、現在はムーミンといえば国内でも海外でも「楽しい・・・」しか知られていないということが残念です。原作には近いんでしょうけれど。
2008/03/20(木) 22:55:39 | URL | あぶもんもん
ヤンソンタブー
最近入手した本に、ヤンソンさんのNG内容が書いてありました。
ムーミンの世界はノーカー、ノーファイト、ノーマネーなのだそうです。
その3つとも、確かに東京ムービー編で使われている設定です。
しかしワタクシなら、ヤンソンさん側に提示できる商品化の案が有ります。
初期ムーミンをDVD化したい会社の方は、ワタクシを折衝に当たらせてみてはいかがでしょう。
ペアでのフィンランドまでの旅費・滞在費、休業保障を都合して下さい。
100%の保証は有りませんけども(笑)。
2008/03/22(土) 03:09:45 | URL | ごいんきょ
フィンランド航空なら
チケットも安いし10時間ちょいしかかかりません。あとは志の高い会社があるかどうかですね。
私はカーキチではありませんが喧嘩・暴力沙汰大好きで拝金主義者なので東京ムービー版が好きだったわけですね。スノークとノンノンの登場も、自動車に乗ってでしたっけ。田舎の凸凹道に文句を言いながらスノークが運転していたような気がします。途中でムーミンに逢った(道を訊いた?)んでしたっけ。うろ覚えです。スノークと自動車は実にしっくり合っていたと思います。でもマネーの話って出てきましたっけ。
新ムーミンのBGM、あの切なくなるようなメロディーがまた聞きたいです。
ラーーミラーシドーミレー
シーーミソーラシーレドー
ドーーラドーミラーソファー
ミーレドー シー ラー
(以下は上の音階で)
ラーラーラシーソーミー
ラーラーラシーソーシー
ドードードドー
レー シードレーシミー
(初めに戻る)
リコーダーで吹くと気分が出ます。
2008/03/31(月) 17:41:48 | URL | あぶもんもん
経済描写
お金に関する描写は日常的にあったと思います。
たしか列車強盗の話が有りましたね。
あれなんかヤンソン・タブーの三拍子全てが揃ってる永久欠番的話です(苦笑)。
ワタクシが好きな話では、ムーミン谷に彗星が近づいて、激突するかもっていう回ですね。
ムーミンパパは、絶対に大丈夫と言って悠然とし、
ムーミンは怖くてママに意見を聞くと、ママは、
「パパの言う事はいつも正しいのよ」みたいな感じで、
物凄い轟音と揺れの中、平然と編み物してるんですね(笑)。
ここら辺の、ママのパパへの絶対の信頼感が好きでしたね。
そして、騒動が終わったらハンドバッグを買いに行こうと夫婦で話して、
最後はママがハンドバッグ買ってもらってご機嫌で終わっていたと思います。
2008/04/01(火) 07:09:11 | URL | ごいんきょ
トロール
 昭和40年前後のNHKの幼児番組で、トロールという着ぐるみが出て来たのをご存知の方、いらっしゃらないでしょうか。思い出そうとすると『できるかな』のゴン太くんが出てきてしまうんですが、もしかしたら似たデザインだったかも知れません。番組の中では、ちょっと不気味だけど憎めないお化けという役どころだったと思います。
 ある名前を初めて耳にしたときに結びついたイメージというのは頑固に残るもので、ムーミンの中で何度か「ムーミントロール」という本名(?)を聞きましたが、そのたびに違和感がありました。トロールって苗字? トロールと全然似てないのに・・・と。
 当時は「トロール船」というのも、トロールが乗ってる船だと思っていました。
2009/07/24(金) 00:36:24 | URL | あぶもんもん
番組の方はわからないですねえ。
トロール漁船は、乗ってる船とは思わなかったけど(笑)、
なんか変な感じはしました。
2013/11/17(日) 11:21:36 | URL | ごいんきょ
新ムーミン
日曜7時半、ミラーマンの次に始まって、メソメソ、おしゃまさんが出てきた、私が見ていたのは「新ムーミン」だったようです。
皆さんのコメントを読ませていただいて、そういえば、スナフキンとミーは似ているな、と思っていたことなど思い出しました。
おしゃまさんは確か海に突き出た桟橋の先にあるボート小屋(?)にすんでいて、スカーフを巻いてベレー帽をかぶって、手回しオルガンだったかアコーディオンをひいていたと思います。
どちらかといえばたまーに出てくるキャラクターだったような気がします。ムーミンが相談事をしに行ったりしていた記憶がありますが、女の子だったんですね!(男の子だと思っていました(笑))そういえば自分のことを「私」って言っていたでしょうか?そんな気もします・・。
ごいんきょさんのおっしゃるように、「トッポイ」というしゃべりかたでした!!フランス風だったのでしょうか。なんだか不思議な感じのキャラクターでした。

2016/04/19(火) 12:49:05 | URL | Kyoko
そうですね、第二期の方です。
あ、そうか。ミラーマンの後か。
ワタクシも最初の頃はミラーマン見ましたけど、
そのうち子供番組から離れだして、アップダウンクイズになりました。
でも半からは、ムーミンまでは見てましたね。
終わったらロッキーチャックはもう見ず、スターものまねを見るようになりました。象印賞!

そうそう。なんか桟橋の印象が強いです。
洋風芸人っぽい人ですね、今考えると。
「おしゃま」というのだから女性だろうとは思ってました。
声もそうですしね。
ムーミン谷の住人ですから、スナフキンとかミムラねえさんあんかと同じで、
人間という感じもあまりしませんでした。
2016/04/29(金) 12:33:10 | URL | ごいんきょ
パイプ
 最近は原作者以外の方面から「ノーたばこ」という横槍が入るドラマやアニメが多いと聞きますが、ムーミンは今どうなっているのでしょうか。
 昭和47年版のムーミンを見ていた頃、たまたま見つけたパイプ煙草についての小冊子で、ムーミンパパとスナフキンのパイプがそれぞれフルベント、チャーチーワーデン(チーと伸ばさないのが正しいみたいですが、その本ではチーでした)というのを知り、よし、大人になったらチャーチーワーデンをふかそうと胸を膨らませていました。
 大人になる前に煙草を覚え、いつかそのうちチャーチーワーデンと思っているうち、やめてしまいました。死ぬまでにまた手を出すかもしれず、その時こそはと思っています。
 パイプを手にしないムーミンパパやスナフキンが何か言っても重みがないだろうなあと思うので、ぜひともそのままにしてほしいものです。
2016/05/17(火) 13:53:57 | URL | あぶもんもん
え。
あのパイプって実在するのですか。
そう言えばパパはマドロスパイプ加えてますし、
スナフキンもキセルみたいなの加えてますね。
今まであんまり意識してなかったけど(笑)、ムーミンの世界にそぐわない物だったかも(笑)。
2016/05/20(金) 00:21:34 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの作品に登場する、不思議な生き物・ムーミン。子供の頃からずっとカバだと思っていたのですが、妖精の一種だったんですね~(^_^;)日本でも原作とは違ったかわいいアニメが放送され、私の知り合いにもムーミンの大ファンがいるくらいとて
2006/11/23(木) 23:27:49 | chara★heart
 フジテレビ系 1969年10月5日~1970年12月27日 東京ムービー/虫プロダクション 製作 全65話 カルピス 提供(カルピスまんが劇場)  トーベ&ラルス・ヤンソンの『ムーミン』シリー...
2007/04/12(木) 17:44:06 | のすたるじっく動画館
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ