私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



笑ってる場合ですよ! (1980)

笑ってる場合ですよ!タイトル

THE MANZAI が火を着けた漫才ブームは凄かった。
いわゆるお笑いがメジャーな位置に来る切っ掛け、嚆矢でもありました。
それまでも個々の人間やグループで社会的ブームと言えるまでになった
存在は幾つも例が有りましたけど、あの番組に出た漫才コンビが、
ほとんど例外なく大ウケにウケた結果として、お笑いの社会的地位が向上。
当時はそこまでの大それた感想など勿論ないわけですけど、
今日あらためて振り返ってみるに、これは誰も否定し得ないでしょう。
今や、お笑いの要素をまったく抜きにした番組など概ね消えつつあります。

B&B、ザ・ぼんち、のりおよしお、紳介竜介。
みな関西初の若者向け番組、ヤングOh!Oh!出身。
紳介竜介と共に三枝の後の司会を任された明石家さんまがよく回顧するに、
前の3組はとにかく仲が悪かったと(笑)。
特にのりおとぼんちのおさむは、ひょうきん族でもネタになったほど。
そんな、ヤングOh!Oh!の楽屋で毎週確執を繰り広げた面々が(笑)、
揃って一気にスターダムに駆け上がるという奇跡。
勢いというのは本当に怖ろしいもので、全員に勢いが出たので、
全員を面白く感じてしまったんですな。あれ、一組一組で勝負し続けてたら、
絶対にあそこまでブレイクしてないでしょう。
そんな4組に、関東からツービートとなぜか落語の春風亭小朝が加わり、
月~金まで日本のお昼の一時間を笑いにくるんだ番組がこれでした。
勿論言わずもがな、笑っていいとも!の前番組であります。
日曜午前中に『もういちど笑ってる場合ですよ!』という
再編集版を放送するのも、いいとも!の前身ですね。

ワタクシは関東人には少な目の(笑)、幼少期よりのお笑い至上主義者。
そんなワタクシですので、THE MANZAI も毎回狂喜して観てましたし、
そんな彼らが大集結するこの番組も、第1回から可能な限り観てました。
当時は学校があったのでなかなか視聴は難しかったんですが、
やはり MANZAI 好きだった友人らと昼食を外で摂ったりして、
涙ぐましい努力で一回でも多くの視聴を心掛けてました。
月曜ぼんち、火曜ツービート、水曜が紳介竜介、木曜が小朝、金曜のりおよしお
という面々が最初のコーナーの司会を務め、一週間を通しての総合司会が、
ブーム中は一番勢いがあって一番面白かったB&B。
これは妥当な配置のようで、実は失敗だったかもしれないです。
B&Bは総合司会となってしまったため、逆にあまり目立てなくなった。
小朝をムリヤリ持ってきたりせず、B&Bも普通のレギュラーにしてれば、
番組もB&Bも、もっと面白くなっただろうにと思います。

そんな当初から違和感強かった小朝は、実際に面白くなかった(苦笑)。
大体、落語だってワタクシは、世間が言うほど上手いとは思わないんですが、
それは主観が強いのだろうとしても、この配置はやはり無理が有りました。
で、ただ一人早々に脱落、降板。
代わりに入ったのが、やはりヤングOh!Oh!組から、明石家さんまでありました。
当時、さんまは全然面白くなかった(笑)。
THE MANZAI でも後期には出てきてたんでしょうが、印象に有りません。
ただ、面白くなかったという印象だけは残ってる(笑)。
関西では人気もかなり有ったようですが、関東ではまったくで、
いささか荷が重いんじゃないのかなどと思っていたものでした。
彼の芸は雑談芸ですから、会話を上手くやり取りできる相手が必要だったんですね。
だからこの番組では、コーナーは一人で司会してたんで、やはりそれほどじゃない。
彼がやっていたのは、減点パパのパクリ企画(笑)、減点マネージャーという
コーナーだったんですが、これは企画の力でそこそこ面白かったものの、
まだこの頃、さんまトークは後の煌めきを発揮していなかったです。
しかしこの番組では、B&Bとか他の出演者との絡みもあるので、
そこが彼に幸いしたと思います。それと、生放送かつ生のやり取りがあった事。

この番組で強烈に記憶に残っているシーンが有ります。
さんまが電話で視聴者の男性と会話したんです。
相手の男性は、あちらこちらの女性を渡り歩いてるという人。
それをさんまがたしなめると、「いやー、愛を振りまいてるんですよ」
と、当時の素人にしてはなかなか洒脱な受け答え。
それを聞いた明石家さんま、間髪を入れず、「君はマザー・テレサか!?(笑)」。
時あたかも、聖女マザー・テレサ来日中でした。
この返しに、ワタクシは物凄い衝撃と感動を覚えたんですね。
ツッコミとボケとが見事に一体化した、空手の交差法のようなツッコミ。
受即攻!(笑) ワタクシはこれを、交差法ツッコミと命名しました。
この頃まで、お笑いに於けるツッコミというのは、相手をなぞるだけ。
「なんでやねん」とか「よしなさい」の世界ですよ(笑)。
ところがこの返しは、およそ初めて見た受即攻で、しかも時事に適応していた!
笑うのを通り越して感心、いや、大袈裟でなく、本当に感動したものです。

それはワタクシだけではなく、本職の人間こそ感じたでしょう。
なぜか受け持ち曜日が違うのりおよしおが一緒にいたんですが、
これは記憶違いではなく、絶対に間違いないという確信があります。
で、そののりおが目を丸くして、「おぉ~っ!」と感心してましたっけ。
すぐさまのりおは、さんまに両手で握手を求め祝福。
さんまは照れ笑いしてましたが、正にこの時、
彼に笑いの神の祝福が舞い降りてきた事を、ワタクシは実感しました。
果たして、それから間を置かずして明石家さんまは大ブレイク。
今や交差法ツッコミは明石家さんまだけの技ではなく、
お笑いをかじった人間なら誰でも、それこそ素人でも用いています。
しかし、誰もが意識せずに使っているその技法を、
最初に開拓した人間の事など、誰も振り返りはしないでしょう。
幸い歴史の目撃者となれたワタクシが、ここに広くご紹介する次第です。

第2コーナーが、日刊乾電池ニュース。
東京乾電池という変な劇団が、毎日毎日の時事ネタでこんとやってました。
ここからベンガルやカリアゲ高田、後の高田純次が巣立つわけです。
なぜか座長の柄本明は出てなかったんですね。
紅一点、元アイドルの大橋恵里子がエルという愛称で参加してました。
高田純次の無駄なハイテンションが懐かしいです(苦笑)。

最後のコーナーが、お笑い君こそスターだ!。
先に日テレで始まったお笑いスター誕生!!に対抗したコーナーで、
この辺はスター誕生!→君こそスターだ!の流れとまったく同じ。
これは毎日2人の素人が登場して、日本全国の奥様審査員の電話アンケートで
勝ち抜きを決定し、5日勝ち抜けばプロになれるという感じでしたか。
勝敗決定後、一人の奥さんに電話に出てもらって総評を聞くんですが、
中で東北の森?子さんっていう人がムチャクチャカワイイ声だった。
よく覚えてるなとお思いでしょうが(笑)、それほどカワイイ声で、
洋七は「奥さん、マンガみたいな声してるねー」なんて言ってましたし、
勝ち抜き者は翌日も、「(総評は)森さんお願いします」とB&Bに頼んでました。
さんまの交差法ツッコミと言い、きっとこんなの覚えてるの、
日本中でワタクシただ一人だけでしょうが(笑)。

このコーナーの出演者からプロになった人も多いです。
山田邦子。
サリーちゃんのマネとか、バスガイドのぶりっ子ネタとかやってましたかね。
当時は若い女の子のお笑い志望者なんてまずいなかったし、
そういう意味でアドバンテージもあったけど、キャラもたしかに良かった。

ダウンタウン。当時はそういうコンビ名じゃなかったですね。
彼らはお笑いオーディション番組、軒並み出てますけど、
この番組でも例の、「カモシカの脚のような脚」ネタやってました。
松本の顔は当時恐かったね(笑)。

ポップコーン。双子の兄弟漫才。
双子ならではの息の合った間で楽しめました。
地道にやれば長続きしたと思うんだけど、最近見なくなりましたね。
「もっと働け働け! そして動け動け!」と声を揃えてポーズを取るネタ。

斉藤ゆう子。
アラレちゃん眼鏡で第一印象から勝利という感じ。
山田邦子以来の若い女の子のお笑い志望という事で、ほぼ無条件合格。
内容は、正直、お笑いという観点からは弱かったです。


MANZAIブームも一段落すると、ブームの儚さと言うか、
あれほどミーハーに騒がれた漫才師達の人気凋落も激しく、
この番組は数年でその寿命を終えました。
その最後の週、最下部に流れたテロップが告知した新番組に、
ワタクシは、「横沢、気でも狂ったか?」と訝しんだものです。
天下の横沢彪・ひょうきん族プロデューサーも、その目が狂ったのかとね。
そこで報じられた新番組は、『森田一義アワー 笑っていいとも!』。
「森田一義アワーって… タモリだろ?
 タモリが一週間全部一人で司会すんの? 正気?」
当時タモリはマニアックな人気しか無いと思われてましたし、
実際そうだったろうと思いますし、それを聞いた誰もが、素人も玄人も、
昼からタモリ~?と訝しがっただろうと思います。
結果は… 今となっては言わずもがな。
横沢彪の眼は、ワタクシを含む凡百の節穴などとは異次元のものだった。
タモリは今や、お昼のリーダーと言われる存在となり、もう20年余。
かの交差法ツッコミの高祖・明石家さんまが、
笑ってる場合ですよ!当時に発揮しきれなかった素質を開花させ、
その礎をタモリと二人で築いた事も、もう昔話の類となりました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
公開番組、見に行ってもらえませんかぁ?
遠い昔、大学から自宅まで乗り換え駅が新宿だった女子学生の私は西武新宿あたりのブティックをウィンドーショッピングしていました。ウィンドー越しにディスプレイ覗いていたワタシの背後より声が・・。(ナンパ来た~)と思ったのは間違いで、「すいません、今、東口のアルタで『笑ってる場合ですよ』って公開番組やってるんですけど見に行ってもらえませんでしょうか?」とカジュアルな服装の男性が。午後より授業があったのと、(そんな番組知らないじゃん・・)と思ったのでお断りしましたが、行っておけば良かったですね~。正直、そのときは「フジテレビって大変ね~」と思ったのでした。なぜなら、その以前自宅にこんな電話がかかって来たことがあったのです。「すいません、今晩の洋画劇場で「若草物語」が放映されます。どうぞ御覧になって下さい。よろしくお願いします。」と女性が。電話でテレビを見て!ってお願いされたのは初めてですよ~フジテレビさん!!もちろん、我家にニールセンの機械なんて付いてませんよ。 視聴率に一喜一憂するテレビマンの事は当時わかりませんでしたが、今のフジテレビではとても考えられない事ですね。ちなみに公開番組と言えば、家の近所のNHKホールの歌番組と渋谷公会堂の紅白歌のベストテン、親戚の家から行ったロッテ歌のなんたらという番組の西城秀樹ショーとキャパの大きいところには中学生で行った事がありますが、TV局の中に入った事はないんですよね。今思えばもったいなかったかな~。

2006/11/23(木) 22:20:56 | URL | オバ
PS 公開番組
あっ、もちろん「アルタにこれから行って!」とお願いされたのは番組が始まったばかりの頃で「笑ってる場合ですよ」がまだ海のものとも山のものともわからなかった時です。
人気番組になってたら迷わず行ったかも。
2006/11/23(木) 22:36:14 | URL | オバ
是非お願いします!
って、ワタクシを誘ってくれたんじゃないんですか!?(苦笑)
すっかり逆ナンパスパムメールに慣れてしまっていて(笑)。

人気ない公開番組って、会場前で呼び込みやってるんですよね。
しかしあの当時、たしかに番組は海のものとも山のものともわからないでしょうが、
出演者は人気絶頂の漫才コンビばかりなのに、勿体なかったですね。
いやいや、学生は授業こそ本分(笑)。

そこまではわかるのですが、映画の呼び込み電話なんかやってたんですか!?
それは今ではとても考えられないですね。ワタクシは初耳です。
フジテレビというか、テレビ界自体でも考えられません。
下手すると社会問題(苦笑)。

うぅ… 公開番組は、とうとう紅白歌のベストテンに行けなかった悲しい思い出が…
その紅白はじめ、歌のアルバム(しかも秀樹ショー!)までご覧とは、羨ましい限りです。
2006/11/23(木) 23:47:32 | URL | ごいんきょ
浜田朱里さん
紳介竜介さんの日は、B&Bとお昼ご飯を一緒に食べるコーナーがあったと思います。

ある時、紳介さんがアイドル歌手のの浜田朱里さんが可愛いという話しを始めて盛り上がったところで、会場からキャーという歓声が湧きあがり、客席の端のほうに浜田朱里さん
がいました。

紳介さんは信じられないという顔をして、というか真っ赤になっていました。
浜田朱里さんも呼ばれて会食に参加するのですが、とにかく紳介さんが照れまくっていました。

でも客席の女の子のなかには紳介さんのファンが沢山いたわけだから、
ちょっと複雑な心境だったのではないかしらと思います。
観ていて会場の空気もちょっと変化したような気がしました。

考えすぎかしら(笑)。


2007/12/20(木) 19:45:14 | URL | モデラート
まあそんな偶然あるわけないから(笑)、
スタッフが浜田さんの話をするように指示してたんでしょう。
浜田朱里さんはワタクシも好きでした。
艶が有るというか、もうちょっとあけすけに言えば、
なんかエロイ顔してたんだよなあ(笑)。
2007/12/21(金) 06:23:25 | URL | ごいんきょ
オープニング
の元気なナレーションを水島裕さんがやっていましたね。
会場の前方の高いブース(笑)で喋っているのですが、ある時、B&Bに呼ばれて、舞台まで降りてきたことがありました。
もしかしたら最終回だったのかもしれませんが。

で顔を見てびっくりしました。
NHKの連想ゲームでいつも回答していた水島裕さんだったから。
あちらの水島さんとこちらの水島さんが結びつきませんでした(笑)。
2007/12/22(土) 13:06:19 | URL | モデラート
桂小つぶさん
モデラートさん、ごぶさたです。

水島裕さんが顔出しした回について。

私が覚えているのは、桂小つぶさん
(三枝さんの弟子)がゲスト出演した際に両人が見かけがそっくりだったために、ゲストコーナーで即興で漫才をやっていた覚えがあります。
(雰囲気だけならザ・たっちに近いものあり)

ちなみに私めは水島裕さんといえば
「ゼンダマン1号」
といったところです。
2007/12/22(土) 22:53:33 | URL | yig
● モデラートさん
連想ゲームにも出てたんですねえ。
なんか印象が薄くて。
何かで顔はよく見たんですが、それがこの番組だったか、
あの番組だったかが判然としません。
このっていうのは笑ってる場合ですよ!で、
あのっていうのは連想ゲームですね。
わざわざ書き加えるなら最初から書いた方が楽なのに(苦笑)。


● yigさん
よく覚えてるなあ(笑)。
そう。なんかそんなような時が有った気もしますが、
小つぶさんが出たなんて、まったく覚えてませんでした。
もっとあけすけに言えば、小つぶさん自体を忘れてました(笑)。
2007/12/23(日) 12:14:46 | URL | ごいんきょ
爽やかな笑顔
yigさん
 水島裕さんが何故舞台に下りてきたのかは全く覚えていないのですが、yigさんのお話を伺い、私が観たのもその時のような気がしてきました(笑)。
とにかく賑やかな会場と笑顔の爽やかな水島さんが印象的でした。


番組の終了後の時間帯に、アルタの先の交差点を渡るB&Bとすれ違ったことがあります。
普通に歩いているのでびっくりしました。
ただ回りを10人くらいの女の子達が取り囲み、小集団(笑)で歩いていました。
伊勢丹方面へ何しに行ったのかしら。
2007/12/23(日) 14:35:50 | URL | モデラート
桂 小つぶ改め
 その桂 小つぶさん、現在は桂 枝光(しこう)という名前で北海道にいらっしゃいます。
 子供さんのぜんそく治療のためにいらっしゃったそうです。道内で地道に落語会を開くかたわら、TVh(テレ東系)で「つぶよりモーニング」というテレビ番組もやっていらっしゃいました。(この頃はまだ小つぶを名乗っていた)
 札幌吉本の所属だそうですが、現在は大阪を中心に活動している、とウィキペディアにあったような。
 ちなみに「欧米か!」でおなじみのタカアンドトシも札幌吉本の出身です。
2007/12/23(日) 20:19:13 | URL | 北国の人
桂枝光さん
「お笑い屯田兵 ただ今奮闘中」という著書を図書館で借りたことがあります。
亡くなった桂文枝さんのお弟子さんで、TVでおなじみの桂三枝さんや小枝さんの弟弟子になります。
最近、この文枝さんの「あんけら荘夜話」という本を読んだのですが、小つぶさんのことも出てきます。
お弟子さんが個性豊かで、「ちりとてちん」の徒然亭一門の人数増やしたよ~な。

水島裕…ラジオたんぱの公開録画のコンサートへ行ったことがあります。
確か、共演はスラップスティック(声優さんたちの音楽グループ)。
第一次声優ブームの担い手だったかも。
2007/12/23(日) 23:34:34 | URL | 桃
● モデラートさん
うーん、どうなんだろう。
他にも水島さんが顔出しした回は有ると思うんですが。
B&Bが普通に歩いてましたか(笑)。
B&Bで思い出したので、記事タイトルと違いますが、
3時のおじゃまクイズの事を少々。
3時のおじゃまクイズも既に記事にしてありますので、
興味がある人は検索してみて下さい。
こんな番組を振り返るの、世界でここだけだと思いますし(笑)。
で、B&Bのネタで、B&Bというのはビューティフル(洋七)
&ブス(洋八)の略だというのが有りました。
そのネタを THE MANZAI でやって程なく、3時のおじゃまクイズで、
B&Bとはなんの略かという三択問題が出て、
正解がビューティフル&ブスだとしていたんですが。
でもこれは実はただのネタで、実際はバカ&バカの略だとか、
或いはなんの意味も無いという話なんですけどね。


● 北国の人さん
これは意外な情報を。
札幌吉本なんてのも知りませんでした。


● 桃さん
あ~。落語と言えば桃さんですね。
でも、小つぶさんの話が無いじゃないですか(笑)。

スラップスティックって有りましたね。
声優のアイドル化のはしりのような存在でした。
これも、その時の話を聞きたかったけど(笑)。
2007/12/24(月) 04:00:28 | URL | ごいんきょ
Boy & Boy
島田洋七氏が「徹子の部屋」にゲスト出演した時に話していたのですが、これがB&Bのフルネームだそうです。
「バカとバカ」というのは、「凸凹大学校」に二人がゲストで出た時に理解不能なヒント画を描いたことで、三波伸介先生が呆れて言い放った台詞でした。
2007/12/24(月) 23:26:19 | URL | うみがめ
へぇー。
そう言えばそんな節も聞いた事ありますが、
特に理由はありませんのやと洋七さんが言っているのを見た事もあります。
2007/12/25(火) 07:48:26 | URL | ごいんきょ
桂 枝光さん
北国の人さんが書いておられたように故文枝師匠のお弟子さんで、文枝師匠がお亡くなりになられたことから気するところがありやはり関西を拠点にと北海道を引き払って、大阪にもどってこられ活動しておられますよ。去年できた「天満天神繁昌亭」にも出演しておられましたよ。
水島裕なつかしいなぁ~。裕君やぁ。高校生の頃追っかけの友人がいて地元のスーパーの大月楽器のサイン会とかいった記憶がありますね。ラジオたんぱの番組も友人と交互に録音していましたね。スラップスティックも古谷さんとか曽我部さんとか懐かしい…。裕君は今は4Chの昼の「ピンポン」のナレーションぐらいでしか聞くことがないなぁ。
2007/12/26(水) 22:50:17 | URL | 南 うなみ
なーなーなーうなうなみさん。
すみませんねえ。
レスしている途中で眠っちゃって、翌日忘れてしまいました。

枝光さんの情報どうもです。
北と西を股にかける男。

ネット上で地元の固有名詞出すのは、なるべく控えた方がいいですよ。
世の中にはキチガイがいっぱいおりますからね。
そうかそうか。
うなみさんあたりがアニヲタ第一世代になるのか。
今や声優の副次活動なんて当たり前の話ですが、あの辺りがその嚆矢でしたね。
待遇改善求めてデモやったり、今の声優の地位の礎は、
当時の声優達が築いたものなんですよね。
そのバックには、史上初のTVアニメブームと、
アニヲタ第一世代の存在が有ったわけです。
2007/12/30(日) 06:18:34 | URL | ごいんきょ
マンザイブーム
ブスなんていうのを
コーナータイトルにつけるなんて今じゃ考えられないね。
俺、見てたもん当時この番組。
2008/07/09(水) 13:45:35 | URL | 梅吉
ブスコンテスト
ツービートのブスコンテストが好きでした。女性が登場するたびいやそうなリアクションをするのがたまらなく好きでした。
当時、B&Bがすごい人気でしたが、僕にはどうにも面白く無かったです。周りは面白い、面白いって騒いでいたけど、僕にはわからなかったです。多分、早口すぎて聞き取れなかったからついていけなかったのかな?って思うんですけどね。
確か一年くらいしか続かなかったんですよね、あの番組。その後の「笑っていいとも」は私も心配してました。「今夜は最高!」とかのイメージしかないタモリ(当時は気持ち悪い印象だった)で昼の視聴者(特に主婦)は大丈夫なのか?って思いました。でも、構成の良さなのかタモリの力なのか、そんな心配をよそに笑ってる場合ですよよりも楽しい番組になりましたよね。僕の好きだったのは「来たか長さん、待ってたドン」ですね。当時、川上のモノマネなんかする人は皆無だったので、すごく新鮮でした。学校を抜け出して近くの中華料理屋でモヤシそばを食べ、タバコを吸いながら友達と楽しく見たのが良い思い出となっています。
2008/07/09(水) 19:09:53 | URL | gaku
お笑い君スタ
いまは宮崎県知事の東国原英夫知事とダウンタウンなども
お笑い君スタに出てたよな。
各地方ごとに電話受付してさ、勝敗
決めるんだよね、確か。

あと、明石家さんまの減点マネージャーやザ、ぼんちの物まねグランプリ、のりおよしおのウグイス道場
ヒップアップのなりきりネタコーナー、紳竜の料理好きやねん
ビートきよし、山田邦子の料理コーナー
B&Bが出るコーナーよく見ていた。
最後のとき、ビートたけしがわめいてさ
お前ら大嫌いだ、バカヤロー
なんてわめいていたのはすごかったが、あれはたけしの芸なのかな。 
 
2008/07/10(木) 11:21:49 | URL | 梅吉
● 梅吉さん
たけしさんがねえ、見事にテレビに普及させちゃいましたよね。
ワタクシは女性の味方ですから(笑)、けしからんと思いますね。

東さんは、ツーツーレロレロとしてですかね。
ブランデー、水で割ったらアメリカンというCMをパロッて、
拓殖大、水で割ったら国士舘とか言ってました(笑)。

たけしさんの最後の絶叫は覚えてませんが(見てはいるはず)、
もちろんネタですよね。


● gakuさん
B&Bさんは漫才が面白くて、司会はまったくでした。
漫才の面白さは、そのたけしさんも認めてましたね。
ただ、急に面白くなくなっちゃったねとも言ってましたが(笑)。
たしかに旬が短かったです。
ドンさんはその昔、お笑いスタ誕に素人で出ておりました。
お笑いスター誕生の稿と、少年野球教室の稿を参照されるのも一興かと。
2008/07/15(火) 07:04:28 | URL | ごいんきょ
イモ欽トリオ
ぼんちが総合司会をしてたから
後期のころだと思うのですが。
イモ欽トリオが出てたのが
ようつべ、youtubeで見られます。
ともに当時は大ブレイクしてましたよね。欽ドンの宣伝のために
来たのかな。 
2008/07/15(火) 16:36:56 | URL | 梅吉 
ブス
この番組に先立つこと二年、桃井かおりが「ブス」という歌を歌ってました。
 ブスっ・・・誰が言い出したのかしら~
というような歌い出しで、最後に
 女に向かって ブスゥと言うような~
 あなたのブスさが 許せな~いのぉ~
 いーつかー あなたーの顔にー
 消ーえなーいシミがー 浮かぶーでしょおー
 母親たちはーあなたーを指してー
 子ーどもーにそぉっとー耳打ちしますー
 ほ~~ら~~ あれがブスだよ~~
顔のシミを持ち出すのは短慮と思いますが、言ってやって清々したという気持ちは伝わってきます。それからしばらくしてビートたけしがバイクの事故を起こした時、記者会見を見て真っ先にこの歌を思い出し、因縁ということを思いました。しかしB&Bのその後の消息はどうなったんでしょう。
2008/07/17(木) 22:05:02 | URL | あぶもんもん
ブス
ブスに山田邦子も出てた
と、なんかの本に書いてあった。

桃井かおりというと
世の中馬鹿が多くて疲れませんというCMが印象に残る。 
2008/07/17(木) 23:55:14 | URL | 梅吉
桃井かおり
>梅吉さん
そのCMは見ていないのでいつごろかわかりませんが、昭和末期ぐらいまでは、バカやブスはまだそれほど厳しく規制されてなかったですね。自分がそう言われた時に「俺はそうじゃないよ」と言い返せるような言葉は、不適切用語の中でもまだグレーゾーンの中だったんですね。「気違い」と言われると「そうじゃない」と言い返せない人がいるので、まずそういう言葉から狩られていったようです。今じゃ「片手落ち」もだめらしいですし、何年か前に冗談で「目くらまし」もダメになるんじゃないかと言っていたら本当に狩られました。次は「片手間」「固め」「外角高め」「目くじら」「ようつべ」あたりでしょうか。こういうバカなこと考えてると楽しいです。
2008/07/18(金) 01:35:55 | URL | あぶもんもん
● 梅吉さん
おそらくレコード宣伝に来たんでしょう。
邦子さん出たかなー。覚えてないですね。

● あぶさん
ワタクシもたけしさんの事故の時はバチという言葉が浮かびましたし、
それは本人も意識してましたね。
ワタクシが子供の頃は、「そんな事を言うと口が曲がっちゃうぞ」
という大人のたしなめが有ったものですが、たけしさん登場以後、
本音を隠さず言うのが美徳みたいになってしまいました。

桃井さんのCMについては、「馬鹿」バージョンと
「利口」バージョンが同時に作られていたようです。
つまり、馬鹿バージョンに抗議が来る事は織り込み済みだった、
利口な人たちによるCMなんですね(笑)。
お利口が多い世の中はたしかに疲れますし、どんどんそんな世界になってます。
2008/07/24(木) 05:25:04 | URL | ごいんきょ
まりちゃんズ
ブスにもブスの生き方がある
おもしろかったなー。
2008/07/24(木) 18:46:20 | URL | いくちゃん
尾崎家の祖母で後年ブレイクしたまりちゃんズですか。
2008/07/29(火) 05:27:18 | URL | ごいんきょ
おっしゃるとおり
尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)ですね。
以前買ったCDに前記2曲ともありましたが,ブスには・・・のほうは,「発禁」になったんでしたかね。
歌詞欄に,歌うたびに歌詞が変わるので記載を省略する旨書かれていました。
2008/07/30(水) 19:44:37 | URL | いくちゃん
ばばあって言葉も凄いしね。
タモリさんが笑っていいともの初期で「ババア」って言葉を使って、
抗議の葉書に対して「ババアはババア」とか言ってたような(笑)。
浄土宗だか浄土真宗だかの抗議にもブーたれたり、
笑っていいともですらも、初期のタモリさんはトバシてました(笑)。
2008/10/13(月) 23:36:03 | URL | ごいんきょ
桂小つぶさん
いらっしゃいましたねーそういえば。
関西の有名なラジオ番組にも出てらつしゃったような?

私はB&Bの洋八さん(カーリーヘアの)のファンでした。
2009/02/22(日) 22:20:12 | URL | 緑のおばさん
小野田さんが住んでる頭の人ね(笑)。
洋八さん、まさとさん、竜介さん、サブローさんあたりが女性受けしそうな漫才師でしたっけ。
サブローさん以外は面白くなかったですが(笑)。
2009/02/23(月) 21:16:02 | URL | ごいんきょ
サブローさん
サブローさん、私も好きでした、って今もファンです。
関東に住んでいるのでめったに見かけませんが、たまに見るとつい体を乗り出して見てしまう人です。
まさとさんも男前ですね。ちょっと前に亀山房代さんとコンビ組んでらっしゃったようですが。
竜介さんも好きでしたよ。残念でしたよね、彼は。合掌
2009/02/23(月) 21:36:24 | URL | 緑のおばさん
この番組の中で、「まさとさんファンです。顔は一番ハンサム」みたいな葉書が読まれた事があって、
本人は「ありがとうございます」と神妙に頭を下げてました。
後のさんまさんのようなキャラの人がいたら、
否定せえとツッコまれるとこですね(笑)。
2009/02/23(月) 21:47:54 | URL | ごいんきょ
まさとさん
まさとさんは高校時代軟式野球部だったそうですね。
さぞかしモテモテだったでしょうね。
2009/02/23(月) 21:53:48 | URL | 緑のおばさん
ワカマッチャ~ン!
コーナーの一つ、「あの人に聞け!」。
洋七さんが冒頭で叫ぶセリフを、みなさま覚えていらっしゃいますか?
「人は見かけによらぬもの、聞いてみなけりゃわからない!ワカマッチャ~ン!」でしたね。
この「ワカマッチャ~ン!」ですが、おそらく番組スタッフの若松さんの事ではないかと思います。

ところで、先程、フジの『ニュースJAPAN』では、若松誠解説委員長がメインニュースの解説をされていました。
あれ?・・・と言う事は、この解説委員長こそが30年前、洋七さんに毎日イジられていた「ワカマッチャ~ン!」ご本人なのでしょうか?
真相は如何に・・・。

おじゃましました。
2010/09/23(木) 00:07:02 | URL | 甚六
● 緑のおばさんさん
そうだ。なんか聞いたこと有ります。


● 甚六さん
業界人でしたっけ、甚六さん?
故か、いつも脳味噌ほじくりまくりのコメントを下さいますが、
今回のも懐かしかったな~。
有りましたねえ、そんな口上。
わかまっちゃーん、たしかにワケワカでしたが、
ハッキリ言ってまったく気にしてませんでした(笑)。
誰の事だったんでしょうね?
2010/10/25(月) 00:16:53 | URL | ごいんきょ
エイプリルフールで
昭和56年か57年のエイプリルフールで紳助、竜介さんが番組内でニセ中継の記者会見風に解散宣言しました。春休みでうどんを兄弟で茹でて食べていたんですが、なぜかすぐ下の弟がメチャメチャ動揺してました。そんなにファンでもなかったんですが。
2013/04/21(日) 20:33:06 | URL | とらお
いいなあ。
こういうコメントがワタクシの大好物でして。
等身大で伝わりますよね(笑)。

解散宣言、覚えてないんですよねえ。
見ていたと思うんだけどなあ、あの当時の春休みなら。
きっと、まだ肌寒かったんでしょうね(笑)。


>そんなにファンでもなかったんですが。
よくわかります、その感覚(笑)。
2013/04/22(月) 22:57:45 | URL | ごいんきょ
笑ってる場合ですよ!の時の全国放送
笑ってる場合ですよはいいともの前の番組だが開始がいいともより一昨年先で、当時のレギュラー陣が翌年にオレたちひょうきん族に一斉に出演したのを考慮したのか、場合ですよを放送していた時は全国ネットがFNS(フジネットワーク)専属局のみに限られていたからFNSのない地方地区は当時大阪で人気だったヤング!おー!おー!とオレたちひょうきん族が入れ替わりで放送されていたようなものだから、あまり場合ですよを知ってる人は全くいないであろう!
2014/04/03(木) 07:51:34 | URL | マシュー黒次郎
あ、関西では知名度低いのですね、これ。
2014/04/05(土) 22:24:52 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
このblogを読んでくださっている皆様の中で 「笑っていいとも!」(CX系)をご
2006/12/28(木) 12:29:08 | そんなこんなで3分経過。
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ