私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



宇宙怪人ゴースト (1967)

該当番組画像募集SPACE GHOST
Dino Boy


「宇宙怪人、ゴースト~」

チャーララチャララチャーララー チャーララチャララチャーララー
チャンチャチャン チャンチャチャン
チャンチャチャン チャンチャチャン

ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
果てしない 宇宙に 果てしないエネルギー
宇宙怪人ゴースト 闘えば勝つ必ず
腕に頼みのUバンド 溢れる力はこれだ
アランもケイトも付いて来い
ビッキー遅れるな~ 「ウキキキキ」
ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
宇宙怪人ゴースト 宇宙怪人 ゴースト~

チャッチャラッチャラ チャッチャラッチャチャチャチャ
チャ~~~ン


ハンナ・バーベラのお二人共に鬼籍に入られたという事で、
トムとジェリーをやってみましたけど、
やはりワタクシの世代が思い入れ有るのって、
NETでやっていた高桑演出シリーズだと思います。
主立ったものはかなりやってしまいましたけど、
まだまだ沢山あって、この作品もその一つですね。
ゴーストってのは一応正義の味方で、
いろんな悪役をやっつけるお話なんだけど、
なぜか黒覆面でゴーストって名前で、奇妙な感じがしました。
舞台はたしか地球ではなくて、宇宙の様々な惑星だったかと。
荒涼とした岩漠をスペース・カーで行き来してましたっけ。
エンディングでは未来の車って歌われていたけど、
どうも車と言うより宇宙船だろ?って違和感ありました(笑)。

相棒がいて、主題歌にも歌われているアランとケイトの少年少女。
それと宇宙猿ビッキーが後から付いてきていて、
みんなゴースト同様に覆面をしていて、空も飛べます。
これまた主題歌通り、ゴーストは腕にUバンドというのをしていて、
これが無いと力が無くなってしまうんですが、
こういう時にビッキーが敵のアジトに潜り込んで、
バンドを取り返したりしてましたっけね。
ゴーストには姿を消す能力もあって、これがタイトルの由来になっております。
本放送時の提供はホウトク金属でした。そう言えば、
ホ~ォトク ホ~ォトク 椅子はホートクホートク っていうCMソング、
どことなくゴースト ゴースト ゴーゴーゴーストとかぶります。

ハンナ・バーベラ作品には大きくふた通り有って、
可愛い絵柄のコメディー作品(動物主人公が多い)と、
アメコミ調の絵柄と内容のシリアスものとに分けられると思います。
この番組は後者の代表作品で、他にも電子鳥人Uバードとか、
宇宙忍者ゴームズ、怪獣王ターガンなどが同種で有り、
どれもこれも語ってしまいたいのですが(笑)、まあそれらはおいおいと。
それから、大抵の作品では各回二本放送されていたのですが、
これまた大きく2タイプ有って、間にその作品の小劇場みたいな
ショートストーリーを挟むものと、まったく別の作品を挟むものと有り、
このゴーストの場合は後者で、間には原始人の子供ター坊と、
そのペットの恐竜ロロの話を描いた『ター坊の冒険』が有りました。
が、ワタクシは何故か、こちらの記憶が有りません。
主題歌も絵も話も、まったく思い出せない状態です。

全18回の小シリーズなんですけど、印象に残っている人は多いと思います。
それはやはり、このNET制作時の主題歌がどれも良い出来だからでしょう。
つい歌ってしまい、主題歌とそのシーンが記憶に残っているんですね。
ビッキー遅れるな~の後の「ウキキキキ」までちゃんと歌ってました(笑)。
外国アニメの日本語版主題歌は、なぜかきちんとした歌詞本に掲載されず、
資料的な検証が難しいので、当時の視聴者の記憶も有力な文化資産です。
特に、オープニングは覚えている人は多くても、
エンディングはあまり振り返られないようです。
ちょっとネット上の記述を見ても、エンディングに言及しているものが
非常に少ないので、ここでこれまで既述してきた作品のEDを書いてみます。

まず大魔王シャザーンですが、OPは一番だけでした。
これがエンディングになると、3番も付け加えられてました。
  ジャラ~~~ン
  チャチャチャーチャチャチャ チャチャチャーチャチャチャ
  フィーヨフィロフィロフィロロ~ フィーヨフィロフィロフィロロ~

  とどろけー とどろけー 稲妻ゴーゴー
  出てこいシャザーン 大魔王シャザーン
  ヘンヘンヘンテコリンな怪物を トントントンコロリンと退治する
  「ホホホー オホホホホー」
  千人力が痛烈 ぼくらのシャザーン強烈
  ファイトでゴーゴー 行く手を守れ

  チャチャチャチャチャチャ
  チャーラチャラチャラチャララ~ チャーラチャラチャラチャララ~

  チャック ナンシー ブービー ゴーゴー
  出てこいシャザーン 大魔王シャザーン
  ヘンヘンヘンテコリンな国を トントントンコロリンと旅をする
  「ホホホー オホホホホー」
  千人力が痛烈 僕等のシャザーン強烈
  ファイトでゴーゴー みんなを守れ

  チャチャチャチャチャチャチャ
  チャッチャラー チャッチャラー
  ギュ~~~~~~~ン チャー~~~
映像はもちろん、名場面の編集です。
レコード収録されているシャザーンマーチというのは使われてません。

チキチキマシン猛レースのエンディングは主題歌カラオケをバックに、
フリップ上のスーパーで日本語版スタッフを紹介してました。
スカイキッドブラック魔王のエンディングはビデオ収録されたので略。
フルコーラス歌うという、かなり長いものでしたね。
逃げろや逃げろ大レースとラムヂーちゃんは、
日本語版オープニングというのが無くて、エンディングで両者の主題歌が
続けて流されてました。映像は場面を切り抜いて繋げた例のパターン。
スーパースリーはシャザ-ンと同じパターンで、
OPは1コーラス、エンディングは次のような長いバージョンでした。

  チャー チャー チャッチャッチャ チャッチャッチャ
  タラッタラッタ ドコドコドコドコ チャチャチャ チャチャチャチャ

  ラリホー ラリホー ラリルレロン
  ラリホー ラリホー ラリルレロン
  コイルはでぶっちょボヨヨノヨン
  フリーは気取ってスイースイースイー
  マイトの出番だバラッバラッバラッ
  スーパースリーは諜報部員 世界のためならエンヤトットドッコイショ
  ラリホー ラリホー ラリルレロン
  ラリホー ラリホー ラリホー

  タラッタラッタ タラッタラッタ ドコン タラッタラッタ
  ドコドコ タラタラッタ チャチャチャチャチャチャチャ

  ラリホー ラリホー ラリルレロン ラリホー ラリホー ラリルレロン
  コイルの駆け足ボヨヨノヨン
  フリーの攻撃スイースイースイー
  マイトが増えるぞバラッバラッバラッ
  スーパースリーは愉快な仲間 正義のためならエンヤトットドッコイショ
  ラリホー ラリホー ラリルレロン
  ラリホー ラリホー ラリホー

  ドコドコドコドコドコドコドコドコ ツチャチャチャチャチャチャ

  ラリホー ラリホー ラリルレロン ラリホー ラリホー ラリルレロン
  コイルは伸びるぞボヨヨノヨン
  フリーは飛んでくスイースイースイー
  マイトが乗りだしゃバラッバラッバラッ
  スーパースリーは天下無敵だ 平和のためならエンヤトットドッコイショ
  ラリホー ラリホー ラリルレロン
  ラリホー ラリホー ラリホー

  チャー チャー チャー~~~ン
これまた映像は名場面パターン。
間に挿入されていたフランケンロボには、主題歌は無かったと思います。
そして、かなり迂回してしまいましたが(苦笑)、
今回の作品ゴーストのエンディングも、シャザーンやスカイキッド同様、
長いバージョンのものでした。
こういうパターンばかりではなくて、中には怪獣王ターガンのように、
まったく違う曲をエンディングに使っていた場合もあり、様々です。
それでは、この宇宙怪人ゴーストのエンディングで締めたいと思います。


「宇宙怪人、ゴースト~」

チャーララチャララチャーララー チャーララチャララチャーララー
チャンチャチャン チャンチャチャン
チャンチャチャン チャンチャチャン

ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
果てしない 宇宙に 果てしないエネルギー
宇宙怪人ゴースト 闘えば勝つ必ず
腕に頼みのUバンド 力の秘密はこれだ
アランもケイトも付いて来い
ビッキー遅れるな~ 「ウキキキキ」
ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
宇宙怪人ゴースト

チャーララチャララチャーララー チャーララチャララチャーララー
チャンチャチャン チャンチャチャン
チャンチャチャン チャンチャチャン

ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
限りない 宇宙に 限りないエネルギー
宇宙怪人ゴースト 呼ばれれば来る必ず
直線ひと飛びスペースカー 未来の車はこれだ
アランもケイトも付いて来い
ビッキー遅れるな~ 「ウキキキキ」
ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
宇宙怪人ゴースト 宇宙怪人 ゴースト~~~

チャッチャラッチャラ チャッチャラッチャチャチャチャ
チャ~~~ン
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
基準がわかんない
スーパースリーって、先日コメントつけさせていただいたシャザーンと同じくCSで初めて見たのですが、どういうわけかシャザーンは日本語版OP・EDなしなのに、スーパースリーは流れていました。どういう基準なんでしょうね?
2006/12/23(土) 22:56:33 | URL | かじか
へえ
それは驚きです。
カートゥーンって日本語版OPはハナから無視していると思ってました。
その部分の原語放送はどうなってました?
あれはもしかすると、テーマソングが同じ曲かもしれません。
であれば、二ヶ国語でシンクロできるからという事なんだと思います。
2006/12/23(土) 23:12:05 | URL | ごいんきょ
副音声にはしてないのですが、その可能性はありますね。
 いちおう報告しておきますと、ちゃんと日本のアニメによくあるように歌詞がテロップで出てました。昔のアニメに今のテロップを載せたふうでもありませんでした。
2006/12/24(日) 23:52:33 | URL | かじか
エンディング
スーパースリーの日本語版OPは現存しているようですから、
きっと当時のものでしょう。
ただ、エンディングに関しては、シャザーンもスーパースリーも、
ビデオ収録されてない感じですね。現存しないんでしょうか。
2006/12/25(月) 02:10:29 | URL | ごいんきょ
情報部員ではないんですね・・・
諜報部員・・・そうなんだ。
スーパースリーって変身する前は
バンドで歌ってるんでしたっけ?
宇宙怪人ゴーストは歌は覚えております。それとお猿さんだけ・・・
シャザーンは子供に教えてもらいました。『サイショッから呼んどいたらいいのに・・・』
子供のコメントです。
2006/12/25(月) 10:12:22 | URL | はずれ
スーパースリーOP曲
 日本語版の作曲者は不詳だそうです。
 原語版はおそらく全く別のインストルメンタル曲なのではないでしょうか。『チキチキマシン猛レース』の原語版がそうですし、You Tubeでフランス語だかイタリア語だかのバージョンが見られますが、何となくリズムのテンポや効果音のタイミングがぴったりなので、アメリカのバージョンにナレーションだけを被せているように見えます。
2006/12/25(月) 18:13:44 | URL | 自由人大佐
スーパースリーのテーマ
● はずれさん
ああ、諜報って言葉、子供にはわからないから
情報部員ってムリヤリで聞いてましたよね(笑)。
そう。アイドルバンドなんですよね。
スーパースリーは既述ですので、お暇な時にでも最上部検索窓をご利用下さい。
最初からシャザーン呼んでたら、チャックとナンシーが二人で旅できないでしょ(笑)。

● 大佐殿
スーパースリーの歌はこの手の作品には珍しく、
オリジナルの曲に高桑さんが詞を乗せたものなのです。
高桑さんがそう書いているのだから劇中の曲はそうなんでしょうが、
OPがどうなっているのかはわかりません。
作曲者不詳というのはそういう事情によるのですね。
2006/12/25(月) 21:15:59 | URL | ごいんきょ
子供の国
関東圏では東京12チャンネルが夕方6:30から「子供の国」とか「漫画キッド・ボックス」という番組をやっていて、その枠内でこの手の外国アニメを放送していたのを記憶しております。この時間帯、他局はニュースや天気予報ばかりなので、我が家のチャンネルは「12」に固定しておりました。既述のもののほかには「ヘッケル・ジャッケル」という二人組みのカラスの押し売りの番組もあったかと思います。

あと、シャザーン、ターガン、ゴースト、スーパースリー等は東京12チャンネル以外では見た憶えがないのですが、冒険シンドバッドだけは日本TVでも5時か、5時半からの枠で見た記憶があります。
2007/01/19(金) 03:22:58 | URL | ザンジバル
まんがのくに
まんがのくにでっせ。
子供の国って、なんかの施設ですよね?
幼稚園の遠足とかでよく行くような(笑)。
キッドボックスは既に記事にしてますので、検索窓をご利用下さい。
そこでまんがのくにについても若干触れています。

あ、ヘッケルとジャッケルもまんがのくにでやってたかもしれませんね。
牟田悌三さんが語りのヤツね。
元は、大昔にTBSで放送していたものですが。

シャザーンはまんがのくにでやってました。
他は、元のNETとか日テレで再放送してましたね。
日テレでは午前中なんかでも再放送してました。

ハンナ・バーベラものでも、
NHKでやってたガリバーとかモビー・ディックとかは
たしか一度も再放送されておらず、覚えている人は格段に少ないでしょう。
2007/01/19(金) 03:30:45 | URL | ごいんきょ
まんがの国
そう、まんがの国だ!こどもの国は遊園地でした(笑)。

あと外国モノで記憶に残っているのは、親指トムとキングコングです。この二つは、朝の10時ころから日本立てでやってましたっけ。これを見て、続けてジャジャ馬億万長者を見てたっけなあ・・・。「○×▲爺さんが森に狩に行ってよ、鉄砲撃ったら・・・・」云々のOPの語りを思い出します。
2007/01/19(金) 04:19:50 | URL | ザンジバル
うーんと
前も話が出たんですが、キングコング&親指トムは、東映制作なんですね。
アメリカ向けだったようですが、それを日本に逆輸入した?という話も有りますが。
いつかは扱いたいですけど、アニメはしばらくやる予定ないんですよね。

ああ、夏休み、キングコングからじゃじゃ馬億万長者の繋がり有りました。
局は替わりますけどね。
じゃじゃ馬億万長者の方は、外国作品特集の時にやる予定です。
2007/01/20(土) 00:50:46 | URL | ごいんきょ
ゴーストの歌詞ですが
すごいサイトですね!皆さん、よくご存知で。
ところで、宇宙怪人ゴーストのエンディングの歌詞ですが、1コーラス目はOP同様、「腕にたのみのUバンド あふれる力はこれだ」、2コーラス目は「直線ひととびスペースカー 未来のスピードこれだ」です。
ゴーストに限らず、一連のハンナ・バーベラ作品は大好きでした!
2007/01/23(火) 21:49:14 | URL | Mr.テレビっ子
歌詞
うん、凄いと言えば凄いんです。
ワタクシはいろんな意味で凄い人ですけどね(笑)。
コメントの方は、お陰様で本当に凄いお話が聞けて嬉しいです。

歌詞なんですけど、確かに正規の歌詞はご指摘の通りのようです。
  呼ばれれば飛ぶ たちまち
  直線ひと飛びスペースカー 未来のスピードこれだ
ですね。
でも、未来の車はこれだで覚えてるんだよなあ。
それも、この部分は当時から覚えていたんですが。
2007/01/24(水) 01:03:37 | URL | ごいんきょ
あの姿
どう見てもバットマンの亜流だしアランはロビンの二番煎じみたいかも

バリバリの独自性の作品も認めつつもこうした作品もあるんは何故なのやら
2009/03/20(金) 15:23:01 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
うーん懐かしいなー !
宇宙怪人ゴーストの主題歌幼少のころよく口ずさんでいました。スーパースリーも、そうです。歌詞はうる覚えだったけど、思わずうれしくなってしまいました。
2009/03/22(日) 22:53:42 | URL | マサトネ
● ガッツさん
ハンナ&バーベラに関して言えば、貪欲なプロダクションだったと言えるでしょう。
これはバットマンとは多少違うと思いますけど、
いろんな要素をパクッた番組は有りますね。

● マサトネさん
ハンナ&バーベラ作品は、元の出来も勿論ですけど、
日本語版の出来も素晴らしくて、特に主題歌はたまらないものがありましたね。
2009/03/29(日) 08:06:55 | URL | ごいんきょ
なつかしーです
ふと思い出しヤフーで探してきました 超懐かしくてありがとうございました お気に入りになりました またゆっくり 見させていただきます
2010/02/19(金) 23:43:10 | URL | ふじょし
本当にYahoo!で上位表示されてますね、この記事。
極右ブログだからか(笑)、Yahoo!からは非常に冷遇されているのですが。
500番組突破した頃に申請して蹴られてからは、
二度とあそこの世話になるまいと固く誓っていたのですが(笑)。

今度は是非、どんな些細な事でも結構ですので、
ご自身の思い出話をお聞かせ戴けると嬉しいです。
2010/02/21(日) 20:20:06 | URL | ごいんきょ
むかし むかしそのまたむかし
だけどおとぎはなししまゃない
怪獣
2013/12/12(木) 14:06:17 | URL | (ハンドル未記入)
書き損じかな。
取り敢えず、時を見計らって消しますね。
2013/12/15(日) 21:11:27 | URL | ごいんきょ
懐かしのアニメ名作
こんにちは。
楽しく読ませていただきました。
私も『宇宙怪人ゴースト』直撃世代で特にこの作品は印象に残っておりまして大好きです。
古典的SFテイスト溢れる世界観。
未来的センスの良さ。
日本版のみだと思いますが、さあ、これから始まるぞと気合いの入る主題歌。

ほとんどが宇宙が舞台だったので独特の世界観がありました。

あの頃「宇宙パトロールカー」なるものがプラモでよくありました。
たいがい、ミサイル搭載、透明キャノピー、搭乗者は正義に燃える少年。
2014/04/27(日) 10:08:25 | URL | (ハンドル未記入)
気合いの入る主題歌ですけど、
ビッキーの声には少し拍子抜けしました(笑)。
プラモデルも有ったのですか。
2014/04/29(火) 03:47:54 | URL | ごいんきょ
怪獣ロロの歌
> むかし むかしそのまたむかし
> だけどおとぎはなししまゃない
> 怪獣

あー、これは『ター坊の冒険』の主題歌の歌詞を
書こうとして失敗したんですねきっと。
私もこちらの記憶はほとんど無くて、
唯一覚えているのは主題歌の最後のサビの部分のフレーズだけ。
♪かーいじゅーロロはー しーろナーンバー
 いまっでもーおせば じっかよおしゃー
 どっこまっでもー どっこまでもー
 おーのぞーみどおーり まーいりーますー

(前半分は、怪獣王ターガンの記事の2009年のコメントにも書き込みが
 ありますね。私もしろばんばだと思ってましたよ。)

そして冒頭の書き込みは、この歌の出だしらしいのです。
私も覚えていないのですが、「怪獣ロロの歌」は
カラオケにも入ってるので間違いないです。
2014/04/30(水) 23:50:11 | URL | 通りすがり
Uバンドの不思議
ほぼ、見てました。そのうえでいつも疑問に思っていたことがあります。それはUバンドです。それぞれ片手に3つのボタンがついてるわけで、両手で同じ光線出してることから、光線は3種類、まあ、拡大解釈して2個同時に押せば全6種類、3個全押し入れても7種類となります。なのに、ドラエもんのポケットのように、「冷凍光線」だの「ハンマー光線」だの、次から次へといろんな光線が湯水のように出てくるではありませんか。最終的に私は「両腕それぞれ別の効果があり、全14種類の光線が出る」ということで納得することとしました。累計いくつの光線をゴーストが実際に使ったかはわかりません。
2014/10/28(火) 00:27:23 | URL | みのモンタナ
● 通りすがりさん
みんな「しろばんば」と思ってたんだ。
井上靖さんも喜んでいる事でしょう(笑)。


● みのモンタナさん
ボタンは3つだったんですか。
多分、「1311」で冷凍光線、「2213」でハンマー光線なんでしょう(笑)。
2014/11/03(月) 09:08:27 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ