私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



テレビの旅 (1959)

該当番組画像募集

ずびばぜん(風大左ェ衛門風)。
いま教育番組特集って事でやってるんですけど、
こういう時じゃないとなかなか扱う機会が無いんで、
ちょっと無名・マイナー番組が続いちゃいますけど、
皆さんの方はお正月休みという事で(笑)。
これはNHK教育テレビの社会科授業として放送されたもので、
小学5年社会という位置づけだったようです。
が、理科番組や道徳番組はよく見た記憶が有りますが、
その他の国語・算数・社会・音楽なんてところは、
学校で観た記憶がほとんど有りませんし、他の皆さんもそうじゃないかな。
なぜなんだろうと考えるに、理科はやはり、実験の様子を
視覚的に確実に分かり易く見せてくれるからという事でしょうし、
道徳は先生が独自に授業をしづらいものですもんね。

が、ワタクシは尋常じゃないテレビ好きでありましたから(苦笑)、
これらの番組も大抵は目にしてきました。
夏休みは勿論、試験中で帰りが早い時なども、
勉強なんか勿論しないで(苦笑)、ず~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っとテレビを観てました。
昼間はそれほど面白い番組も無いんで、必然チャンネルを
ガチャガチャとクツワムシのように操作してアチコチ確認…
いや、べつに夜でもなんでも、やたらと替えてたな(苦笑)。
だからこそ、これだけの番組を実見してきているわけですが。
まあ、そんな感じで教育テレビの番組すら例外でなく見てきたのですが、
教育テレビの番組テーマって、以外と耳に残るのが多かったんですね。
これまで既述してきたものは全てテーマソングに惹かれいたんですけど、
これらは一般的にも有名というか認知度が高く、昨年発売された
教育テレビテーマ集CDに収録されたのも当然という感じです。

しかし、この『テレビの旅』のタイトルも並んでいるのを見た時、
ワタクシは沸き起こる喜悦に震えたもんです。
既に忘却の彼方に行きつつあった番組名。これぞ、
あの荘厳でかつ耳に残るあの大好きだったテーマではないか?
半信半疑で再生して聞こえてきたそのテーマに、
愉悦は最高潮となり絶頂の陶酔へと(笑)。
これ、当時は高校生の地理番組だとばかり思ってました。
だって、かなり荘厳なテーマ曲でしたからね。
他の小学生向け番組って、どれもポップな感じなのに、
なんでこの番組だけこうもシブいテーマになったのか謎です。

内容は、タイトル通り(笑)。
日本のあちこちをテレビカメラでルポルタージュするというものでした。
オープニング映像は、毎回のルポ対象地を映しているだけのものに、
サブタイトルや出演者・スタッフ名のテロップがかぶるものでした。
つまり、毎回毎回オープニング映像が違っていたんですが、
中・高学年の社会科って、皆そういうオープニングでしたね。
そう言えば、低学年向け社会科の『はたらくおじさん』だけは
学校でも観てたんですが、あれは同じオープニングの使い回しでした。
制作者が対象年齢によって別れていたのかもしれません。

いろんな地方の映像をカメラが映していくんですけど、
紀行ものではなくてあくまでも学習教材ですから、
地理・地学的な観点で対象を選んでいました。
特に昭和50年代に入ると、どういう力が働いたのかは知りませんが、
教育テレビは環境教育というジャンルの番組も制作しだします。
そうした方針の影響か、この番組でも公害問題が扱われるようになり、
河川などを紹介するのも、汚染などについて語るようになりました。
と言うか、よく考えれば、40年代は普通に川とか映していれば
それでその地方の紹介を終えても問題は無かったんでしょうけど、
だんだんと川の汚れなどが映像に映るようになってきて、
とてもそのままでは地理の教材に使えなくなってきたのかもしれません。

エンディングは、オープニングと同じ曲が違うかかり方で始まり、
オープニングと同じ様な映像を映しながら終わるという、
教育テレビの番組フォーマット通りのものでした。
たしかこの番組は午後の3時半とか、他局でもいい番組が無い時間帯で、
この番組のテーマがジャジャジャンジャジャッジャ~ンと壮大に終わると、
また観たい番組がしばらく無くなって、チャンネルをガチャガチャ回す
クツワムシ生活に堕ちていた思い出がありますので(笑)、
曲調も相まって、このテーマソングは無常観、
詫び寂びのイメージで記憶に仕舞われています(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ごいんきょ様はじめまして。春樹と申します。
私もこの番組を見ておりました。そしてもちろん件のCDも購入。CDの中でも、この曲だけ群を抜いて荘厳な曲ですよね。26年放送しても飽きの来ない、本当にいいメロディーです。
2007/02/13(火) 17:26:22 | URL | 春樹
おお
はじめまして。
いやー、嬉しいです、ようやっと知っている方がお見えで。
そうなんですよね。
いつ聴いても聞き惚れちゃう曲で、ついついチャンネル合わせちゃったんです。
オープニング曲ってそういう効果があるから大事ですよね。
2007/02/14(水) 06:45:07 | URL | ごいんきょ
この番組は
僕も小学校5年の社会の時間に見ました。主題曲のあの荘厳なメロディーは正にこれから旅をするぞーッて感じでした。

いろんなテーマが放送されて内容は見ては忘れ見ては忘れの繰り返しでしたが、そんな中で今も覚えているのは、下関から東京の築地市場まで白い冷蔵車を何両も連ねて走る貨物列車のことでした。
79年のことで、下関の鮮魚を冷蔵車に積んで丸一日かけて築地市場まで運ぶというもので、当時東京の貨物の玄関口だった汐留駅(今の汐留シティのところ)から引き込み線を経て築地市場まで直接貨車が乗り入れて鮮魚を卸していました。
分割民営化による合理化で汐留駅は大井埠頭の貨物駅に集約され、築地市場への引き込み線も廃止されましたが、細々ながら冷蔵コンテナで鉄道での鮮魚輸送は今も続いています。
2015/01/13(火) 21:52:33 | URL | リオ
いやー、この番組で覚えている回が有るなんて凄い。
ワタクシがなんとなく覚えているのは、
合掌造りっぽい映像だった気が。
2015/01/18(日) 17:25:45 | URL | ごいんきょ
合掌造りってことは
岐阜県の白川郷も紹介されたんですね。今や世界遺産。
2015/01/19(月) 20:21:45 | URL | リオ
いや。あまりアテにならないので(苦笑)。
2015/01/25(日) 05:55:37 | URL | ごいんきょ
よくよく考えたら
荘厳で広い世界観をイメージさせてくれるこのopテーマで有名なこの番組は昭和34年開始つまりオールデイズの年に始めたということではなかろうかな

後自然のアルバムの♪テーマとも似ているから同一人物の作なのかな
2015/08/26(水) 22:42:02 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
みどりの地球のテーマも似てると思うんですよね。
あの頃の教育テレビ主題歌は、どれも耳に残るものだったなあ。
2015/08/28(金) 01:09:41 | URL | ごいんきょ
テーマ曲の古いバージョン
みなさんご存知のテーマ曲の前に
初期バージョンがありました。
NHKのアーカイブ番組で知って
記憶がほんのり蘇りました。
古いほうも好きです。
2015/12/07(月) 01:31:16 | URL | ツェルマット
番組で曲が流れたんですか?
という事は、少なくとも音声は現存しているのかな。
2015/12/13(日) 20:10:48 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
先日、平積みしていたCDの山がとうとう崩壊いたしまして、CDラックの必要性を痛感いたしました。とりあえず1600枚程度収納できるラックを通販で購入したので、到着するまでCDの整理をしています。今日中に終わらせたいので、今日はこの辺で。ではでは。変形CDケースは整理に
2007/02/13(火) 17:11:18 | 春樹の小部屋
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ