私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ドレミファ君ソラシドさん (1963)

該当番組画像募集

今、正統的な教育番組をやる放送局なんて、
地上波ではNHK教育テレビに限られていると言って良いでしょう。
でも、昭和30年代のテレビ黎明期は違いました。
当時はテレビに対する風当たりも強く、それをかわすため、
教育にも利用できるという使途をちらつかせて、
うるさ型のお歴々の目を逸らすという時代でありました。
最後発のNET(現テレビ朝日)と東京12チャンネル(現テレビ東京)
に至っては、NHK教育テレビとそれほど変わらない、
教育専門局としてスタートせざるを得ないほど、世論は厳しかったんです。
そして、滑り込みセーフで一般局としてスタートした先行局も、
そうした空気を考慮する必要が有ったんでしょう。
この番組は関西テレビ制作でしたが、今では有り得ないくらい、
その内容は教育テレビの番組然としたものでありました。

昭和38年という古い番組でもありますし、毎週月曜の夕方
5時10分から40分までの30分番組で、時間的にも恵まれてはおらず、
しかも内容もほぼ完全に音楽教育番組だとあって、
おそらく観ていた人はそう多くないでしょうし、
ましてやネット上では更に限られてくるでしょう。
試みにググってみたところ、この番組に関する記述は完璧に皆無。
世界で初めて、ワタクシがこの番組について記述するという喜び(苦笑)。
当時実見していた人からのヒントも無く書くというのは、通常なら
困難な事なのでありますが、この番組は資料を持っておりますので、
それに基づいてどんな番組だったかを再現してみたいと思います。
まあ、こういうのは読んでも面白くはないだろうし、
やってても面白くはありません(笑)。
だからワタクシは資料性に縛られた作りではここをやりたくないのですが、
たまにはこういうテレビ文化史に寄与する稿も書いておくというのも、
ここの目的の一つではありますので、やってみます。
究極の目標は、昭和時代の全番組に触れる事ですしね。
絶対に不可能だとは思ってますけど(笑)。

この番組は『わたくしたちの音楽会』というシリーズの一つのようです。
で、そちらでもググってみましたが、勿の論でヒットは皆無(苦笑)。
わたくしたちの音楽会についてご存知の方がいらしたら、
是非お教え下さいね。まったく期待はしていませんが(苦笑)。
さて、この番組のオープニングですけど、
五線譜上の各音階の音符が点滅するという映像に、
出演者やスタッフのテロップがかぶるというものでした。
前奏の時に提供紹介とテキスト案内のナレーション。
この番組はチキンラーメンでお馴染みの日清食品の提供でお送り致します。
ドレミファくんソラシドさんのテキストが出来ました。
ご希望の方は五十円切手ご同封の上、大坂中央局区内、関西テレビ放送、
ドレミファ君ソラシドさんの係までお申し込み下さい。
という言葉に続いて、このテーマソングが始まります。

 ドレミファソラシド ドーシラソ ソラソラソラーシ
 おうたのおけいこ始めましょう みんなそろって123ハイ
 スタッカート ポンポンポン レガート スーイ
 クレッセンド クレッセンド だんだん強く
 フォルテ ピアノ フォルテ ピアノ 強く弱く
 リズムも弾むよ ソーラシド

 ドレミファソラシド ドーシラソ ソラソラソラーシ
 ゆかいな勉強はじめましょう みんなそろって123ハイ
 シロホン ポンポンポン フルート ピーイ
 クレッセンド クレッセンド だんだん強く
 フォルテ ピアノ フォルテ ピアノ 強く弱く
 リズムが踊るよ ソーラシド

作詞・内海一晃、作曲・田中正史、歌は京都カナリヤ児童合唱団。
田中の曲では、黄金バットのテーマが好きでした。
内海はこの番組の作家で、カナリヤ児童合唱団は現存しないようですね。
そしてテーマが終わるとドレミファ君たちの寸劇が始まるのですが、
ここがこの番組のちょっと変わったところで、劇中劇が有ったのです。
ドレミファ君やソラシドさんが見ているテレビの中で繰り広げられる
という設定の人形劇が、なぜか毎週、特に脈絡も無く挿入されました。
要するに、教育番組の体裁を取りつつ、NHKの人形劇に対抗して
視聴率もしっかり計算した作りになっていたんでしょう。
この人形劇の題名は『ドレミファ少年の冒険』といい、
主人公ムージと宿敵シャーペンフラットの対決を描いていました。
ムージが別名ドレミファ少年というわけですが、
どう考えても、そのままムージと言った方が呼び易いし、
劇中でもドレミファ少年なんて一回も呼ばれていないと思います(笑)。
シチュエーションは毎回替わって、ボクシング場だったり海だったり。
最初の頃はこじつけでも音楽の話題を出してたんですが、
そのうちに完全な独立人形劇になってしまいました。
むしろこっちを作りたかったんちゃうかと(苦笑)。

人形劇が終わると本当の番組スタジオに戻るのですが、
当初はきちんと劇中劇っぽくやっていて、ドレミファ君がテレビをつけて
劇が始まり、終わるとその劇の話をしたりだったのが、
これまた1クールも過ぎた頃には、そういう描写も無くなりました。
人形劇は唐突に挿入され、話から何から完全に独立した存在。
もうちょっと音楽にかかわる人形劇は考えつかなかったんですかね。
タイトルだけドレミファってつければええもんちゃうやろと(笑)。
そもそもこの番組タイトルのドレミファ君ソラシドさんだって、
番組中ではそんな名前では呼ばれず、役名で呼ばれるのでした。(爆)
登場人物は、一(はじめ)とよし子の兄妹が主人公で、
それぞれドレミファくんソラシドさんという事なんですが、
誰一人そうは呼ばず、はじめくん、よし子さんに過ぎません(苦笑)。
あとお父さん、お母さんがいて、それにお手伝いの孝子さんという、
三枚目的なキャラクターが加わった家族が舞台で、
そこに寄宿しているお父さんの従兄弟・大橋のおじさんというのが
音楽学校の先生で、二人の子にいろいろな音楽講義をする内容でした。
大橋のおじさんをやっていたのは、相愛女子大学助教授だった大橋博。
ゲスト的に他にも音楽が得意な教授とかが出演する場合も有りました。

人形劇が終わった番組後半は、大橋先生が一とよし子に
様々な音楽講義をして聞かせるという内容でした。
講義内容は本当に専門的なもので、音の高低大小や音色とは、具体的に
どのような事かというのを、サウンドレベルメーターという機械を用いて
音叉と楽器の音を測定し、その波形を比べるといったような実験を交え、
専門用語を用いて解説したりという、非常に高度な内容でした。
高い音というのは波形の波が細かいという事はおろか、
ピアノで一番低い音は27.5サイクルで高い音は四千サイクル
なんて事まで講義のたまうのです。
NHK教育テレビの音楽教育番組をはるかに凌駕する内容(笑)。
ゴリゴリの民放・関西テレビがこんな番組を制作していたなんて、
まさに時代の徒花と言う他は有りません。

軽いオチが付いて番組は終了。
提供はチキンラーメンでお馴染みの日清食品でございます
○月○日のこの時間には~~をお送り致します。どうぞご期待下さい。
なお、この番組に関するご意見ご希望をお待ち致しております
というナレーションによる締めで放送は終わりました。
ご期待下さいって煽るような番組でもないと思うのですが(笑)。
日清は後にちびっこのどじまんをやったり、こんな番組をやったり、
当時の社長さんが音楽好きだったんでしょうかね?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。